豆乳 ヨーグルト メーカー。 手作り豆乳ヨーグルトはまずい?失敗から学んだ美味しい作り方!|ヨーグルト刑事

豆乳ヨーグルトの作り方レシピと効果!危険性はある?【ヨーグルトメーカーで混ぜるだけ】 | ニュースらぼ

豆乳 ヨーグルト メーカー

ヨーグルティアで「ヤクルトヨーグルト」を作る話の音声ファイル ヤクルトヨーグルト作成の前置き タニカの「ヨーグルティア(YM-1200-NB)」のマニュアルに載っていた「 ヤクルトヨーグルト」を作ってみました。 単純に 「ヨーグルト」と「牛乳」と「ヤクルト」を入れて混ぜ合わせて40度で6時間程度発酵させる。 と載っていたのですけれども、ヨーグルトにヤクルトの風味が付いて美味しいのと、個人的にヤクルト甘すぎると思っていたので甘すぎないヤクルトヨーグルトが作れて満足でした。 非常に体に良さそうです。 そして調べてみたら、ヤクルトの味って粉ミルク(スキムミルク)を溶かした液の味とのことです。 高温殺菌した粉ミルクを培養タンクに入れて、そこに「乳酸菌シロタ株」(正式名称:ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株)を混ぜて発酵させて作るそうです。 疑問なのは、ヨーグルティアで作ってもヤクルトに含まれている「 乳酸菌シロタ株」がちゃんと増えているかどうかです。 菌を増やすだけなので理論上、雑菌対策と温度管理をしっかりすればちゃんと増えそうです。 ただ、以下がヨーグルティアのマニュアルに掲載されていた「ヤクルトヨーグルト」の作り方なのですが、設定温度が40度になっている点です。 通常のヨーグルトの発酵温度が40度であって 「ヤクルト」の製造時の発酵温度は37度です。 ヨーグルティアのマニュアルではヨーグルトの乳酸菌を増やすこと重視の温度設定になっているようですので、私的には「乳酸菌シロタ株」の発酵最適温度37度で作りたい所です。 それでも、材料にしたプレーンヨーグルトの乳酸菌メインで発酵しているのか「乳酸菌シロタ株」もちゃんと増殖しているのか完成品を調べた事があるわけでは無いので謎のままです。 おそらく増えているだろうという程度です。 正しく「乳酸菌シロタ株」を増やしたければヤクルトの製造方法通り作るのが間違い無いかと思います。 ヤクルトオーストラリアのサイト記載の作り方 に詳しく製造工程が掲載されています。 意外とオープンなんですね。 ここに 発酵温度37度で作っていると書かれています。 以下、翻訳してみた内容(誤訳はご愛敬でお願いします。 ) ヤクルトはどうやって作るの? ヤクルトの製造目的で作られたオーストラリア工場は、技術的に高度な製造施設です。 最新の食品加工設備を取り入れています。 ヤクルトの生産には厳しい基準が適用され、99%に近い飲料収量が保証されます(これは原材料の99%がボトルに収まることを意味します)。 副産物がなく、無駄がほとんどありません。 ヤクルト工場はビクトリア州ダンデノンに拠点を置き、オーストラリアとニュージーランド全体でヤクルトを作っています。 原材料の混合 脱脂粉乳(スキルミルク)、砂糖、デキストロスを濾過した滅菌水と混合して乳白色の溶液を作る。 滅菌 乳白色の溶液は、 高温で短時間滅菌され、存在する可能性のある細菌を破壊する。 このプロセスはHTST(高温、短時間)と呼ばれます。 次いで、この溶液をパイプおよびバルブの密閉系を介して6000リットルの発酵タンクに移す。 発酵槽 私たちの研究室で培養され、試験された生ラクトバチルスカゼイシロタ(Lactobacillus casei Shirota)株がタンクに加えられる。 ラクトバチルス・カゼイ菌の数が理想的な濃度に達するまで、溶液をタンク内で発酵させる。 コントロールパネル この機械は完全にコンピュータ化されており、生産の流れを制御しています。 異なる色のライトは、注意が必要な領域を示します。 フレーバータンク シトラスフレーバーが濃縮物に加えられる。 貯蔵タンク 味付けされた濃縮物は、冷たいシロップ溶液を含む12,000リットルの貯蔵タンクに移される。 水滅菌装置 ヤクルトは、逆浸透と呼ばれるプロセスによって、脱ミネラル化された水(溶存する塩化物およびフッ化物が除去される)を使用します。 水をUV滅菌した後、製造工程で使用する前に25,000リットルの貯蔵タンクに保管します。 混合タンク ボトリングの前に、濃縮物を濾過した滅菌水で1:1の比率で希釈する。 以降の工程は完成した「ヤクルト」内容物をボトル詰めして出荷して市場に流通行く工程や、品質管理の話等なので省略。 という事でちゃんと、ヤクルトオーストラリアのHPに材料と製造方法まで記載されているのです。 製造工程を見ますと、ヨーグルトを使わずに牛乳で作った方が完成度の高い「乳酸菌シロタ株」が出来そうですが、まぁここではヤクルトヨーグルトでいいやという結論で行こうかと思います。 プレーンヨーグルトの乳酸菌で固まってくれた方が私好みなのです。 そしてヤクルトって本当に効果あるのか?別に乳酸菌でもいいじゃん。 という「ヤクルト信仰」に対する身も蓋もない個人的見解に終着することになる訳であります。 ヨーグルティア説明書記載の作り方について 以下にヨーグルティアのマニュアルより抜粋(ご参考までに)して掲載しますので、ヤクルトオーストラリアのサイト記載の正式なヤクルトの作り方を踏まえた上で、ご自分でアレンジしてヤクルトヨーグルトを作成しては如何でしょうか?なお作成は自己責任でお願い致します。 【材料】 プレーンタイプのヨーグルト100g 牛乳900ml ヤクルト130ml(2本) 【作り方】 1. 消毒した内容器に牛乳を200ml程度入れ、その後ヨーグルトを入れ、しっかりかき混ぜます。 残りの牛乳とヨーグルトを入れながら、全体が均一になる様に十分かき混ぜます。 内容器に内ぶたをはめ、ネジぶたをしっかり閉めた後、本体に入れ、外ぶたをします。 出来上がったら、冷蔵庫で冷やしてお召し上がり下さい。

次の

豆乳ヨーグルト作りたい【ヨーグルトメーカー】レビュー

豆乳 ヨーグルト メーカー

ヨーグルトメーカーでの豆乳ヨーグルト(TGG)の作り方の音声ファイル ヨーグルトメーカーを使えば、簡単に豆乳を使ったヨーグルトを作ることができます。 市販品でも「豆乳グルト」や「豆乳で作ったヨーグルト」という商品がありますが、ヨーグルトメーカーを使って作った方がお得です。 なおかつ、種にするヨーグルトを自分で選べるので、より自分にあった豆乳ヨーグルトを作成することができお勧めです。 豆乳ヨーグルトは何が良いの? 豆乳ヨーグルトは一言でいうと「 豆乳を植物性乳酸菌で発酵させた物」です。 植物性由来なのでコレステロール0%。 乳成分や砂糖も0%。 カロリーも通常のヨーグルトより少ないといった特調があります。 また、豆乳を使うので女性ホルモンに似た働きをすると言われている「 大豆イソフラボン」も豊富だし、老化・がん化予防・肝機能障害の改善に効果があると言われている「 大豆サポニン」も豊富です。 また、牛乳から作るヨーグルトでお腹が緩くなる人には特に「 豆乳ヨーグルト」がお勧めです。 牛乳でお腹が緩くなるのは乳糖を消化する消化酵素「 ラクターゼ」が足りないためです。 日本人は乳製品を食べる歴史が浅いので、生まれつき消化酵素「ラクターゼ」を作り出し難い人が多いと言われています。 日本人には豆乳ヨーグルトの方が合っている所以です。 豆乳ヨーグルトの作り方 1. 消毒した容器に「豆乳」と「ヨーグルト」を入れてかき混ぜる。 ヨーグルトは自分の好きなヨーグルトを選べばOKですが、市販品の豆乳ヨーグルトを種にするのがお勧めです。 「玄米」に付着している乳酸菌を種として使う方法 市販のヨーグルトを乳酸菌の種として使う方法以外にも、「玄米」に付着している乳酸菌を種として使う方法もあります。 その場合「洗わない無農薬玄米」を使います。 「 豆乳グルグルヨーグルトで腸美人!」という本で紹介されています。 Amazonの書評で失敗して1回も成功しなかったとのコメントがありますが、おそらく温度管理と雑菌管理に失敗して腐敗菌が繁殖したのだと思われます。 ヨーグルティア等の発酵家電を使い、煮沸消毒した容器で乳酸発酵の適温40度を保てば成功率が上がるはずです。 また、玄米を使った発酵の場合、「乳酸菌発酵」ではなくて玄米に付着した天然酵母による「酵母発酵」なのではないか?とう指摘もあります。 天然酵母の発酵温度が27度程度で乳酸菌の発酵温度が40度程度なので温度管理に失敗しなければ乳酸発酵に成功するはずです。 この点も発酵家電を使えば温度管理の失敗が減るはずです。 もちろん、生きた菌を使った発酵なので失敗もあるかとは思います。 ご参考までに。 何にせよ、玄米に付着した乳酸菌を使うという方法も面白そうなので試してみる価値はあるのでは無いかと思う次第です。 まぁ腐敗菌が繁殖してしまったらご愛敬ということで「許せる方」のみチャレンジしてみてはいかがでしょうか? 豆乳ヨーグルト関連商品.

次の

豆乳ヨーグルトが固まらないは失敗ではない?!成功した作り方~常温ver.~ | アレルギー娘の腸活で私も発酵

豆乳 ヨーグルト メーカー

牛乳の種類とヨーグルトができる仕組み この記事ではヨーグルトメーカーで使用すべき牛乳や豆乳の解説をしていくわけですが、前知識として牛乳の種類と牛乳が固まってヨーグルトになる仕組みを解説します。 牛乳の種類をざっくり解説 スーパーに行けばさまざまな種類の牛乳が販売されており、ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作ろうと決めても、どの牛乳を選んで良いのか迷われることでしょう。 牛乳は成分調整の有無によって次のように分類されます。 牛乳から何故ヨーグルトができるの? まずはじめになぜ牛乳にヨーグルトを混ぜると牛乳全体がヨーグルトになるのかを解説します。 スーパーなどで売られている牛乳の組成は次のようになっています。 より引用 牛乳はほとんどが水分ですね。 牛乳に含まれる水分以外の成分を乳固形分と呼びます。 乳固形分は無脂乳固形分と乳脂肪分に分かれ、乳脂肪分が少ないものを 低脂肪牛乳、さらに少ないものを 無脂肪牛乳と呼び、ヨーグルトメーカーに低脂肪牛乳や無脂肪牛乳を使用するとあっさりしたヨーグルトができあがります(後述します)。 無脂乳固形分の中にはカゼインと呼ばれるタンパク質が含まれ、カゼインが凝固することにより牛乳が半固形のヨーグルトになります。 ではなぜヨーグルトを牛乳に混ぜるとカゼインが固まってしまうのか? それはヨーグルトに含まれる 乳酸菌のはたらきがあるからです。 ヨーグルトと牛乳を混ぜると起こる反応を化学式であらわすと次のようになります。 その過程で乳糖から 乳酸が発生します。 乳酸は「酸」という名前のとおり酸性の物質です。 そして タンパク質は酸性で固まるという性質を持つため牛乳に含まれるタンパク質であるカゼインが固まりヨーグルトが出来上がる、という流れになるのです。 勘の良い方は気づかれたかもしれませんが牛乳を乳酸菌で発酵すると、時間に比例して酸っぱいヨーグルトが出来上がります。 これは発酵が進むにつれて乳酸がどんどん発生し、ヨーグルトが酸性に傾くからですね。 ヨーグルトメーカーにふさわしい牛乳・ふさわしくない牛乳 これらの知識を元にヨーグルトメーカーにふさわしい牛乳・ふさわしくない牛乳が何なのかを解説します。 まずすべての種類の牛乳は生乳からできています。 生乳は牛の乳から出てきた液体ですねw。 すべては生乳から始まるのです。 ヨーグルトメーカーに低温殺菌牛乳は向かない 生乳はそのままで飲むこともできますが、スーパーなどで販売することはできません。 何故なら生乳には細菌が存在するからですね。 じゃあ細菌の数を減らさなきゃいけないってことになり生乳を殺菌するのですが、生乳を加熱殺菌しただけのものが 無添加無調整の牛乳です。 この無添加無調整牛乳(種類別:牛乳)の殺菌の方法は大きくわけて2種類に分かれます。 低温殺菌牛乳には次のような特徴があります。 低温殺菌も高温殺菌も成分の差はほとんどありませんが、風味と保存性が多少異なります。 低温殺菌牛乳は超高温殺菌牛乳(UHT殺菌牛乳)に比べて、生乳の風味に近く、 ホエーたんぱく質(熱により変性するたんぱく質)やカルシウムの変性度も少ない事が知られています。 しかし、これらの変化は栄養価の変化とは関係なく、牛乳本来に備わっている高たんぱく、高ビタミンの栄養価や高いカルシウムの吸収性は損なわれません。 UHT殺菌により、ホエーたんぱく質が熱変性しますが、これは生卵をゆで卵にするのと同じで栄養価は変化しません。 また、低温殺菌牛乳には微生物が多く残っている可能性があり、日持ちはよくありません。 より引用 低温殺菌牛乳はタンパク質の変性が少ないという点に注目してください。 先ほどタンパク質は酸によって凝固すると言いましたが、生卵を茹でると固まってゆで卵になるように、タンパク質は熱によっても凝固します。 しかし低温殺菌牛乳は牛乳に含まれるたんぱく質が凝固していないんですね。 何故なら熱が足りないから。 その結果ヨーグルトメーカーで低温殺菌牛乳を用いてヨーグルトを作ると次のようなことが起こります。 乳酸菌が乳糖を分解して乳酸ができ、たんぱく質が固まるのがヨーグルトです。 低温殺菌の牛乳ではたんぱく質の変性が足りないため、乳酸発酵しにくく固まりにくくなります。 また、低脂肪タイプでもうまくできないことが多いです。 より引用 つまり 低温殺菌された牛乳はタンパク質変性が足りないので、ヨーグルトメーカーで使用する牛乳としてはふさわしくない(固まらない)のです。 より引用 低温殺菌牛乳はごらんのようにパッケージに大きく 「低温殺菌牛乳」と記載されていることが殆どです。 また低温殺菌牛乳は表示が「賞味期限」ではなく「消費期限」で記載されており、期限が短いのが特徴です。 ヨーグルトメーカーに低脂肪牛乳や無脂肪牛乳は使用できるが、まろやかさが無い 次に無添加で調整した牛乳はヨーグルトメーカーに使用するヨーグルトとしてふさわしいのかを検討します。 その牛乳に含まれる乳脂肪分を調整することにより、牛乳の種類は次の3つに分類されます。 名称 無脂肪牛乳 乳脂肪分を0. 5-1. 5%にしたもの 低脂肪牛乳 乳脂肪分を0. 5-1. ただ無脂肪牛乳と低脂肪牛乳を使用してヨーグルトメーカーから作ったヨーグルトにはある特徴があります。 それは ホエー(乳清)が多くなること、そして脂肪分が少ないため出来上がったヨーグルトのまろやかさが少なくなることです。 「だったら普通の牛乳を使ったほうが良いよね?」と思われるかもしれませんが、世の中拾う神あれば捨てる神あり。 無脂肪牛乳や低脂肪牛乳は水切りヨーグルト(いわゆるギリシャヨーグルト)に適しています。 水切りヨーグルトは高脂肪・高タンパクのヨーグルトですが、無脂肪牛乳・低脂肪牛乳から水切りヨーグルトを作れば、高タンパク・低脂肪の水切りヨーグルトが出来上がり、筋トレなどを目的とする人にふさわしいヨーグルトを作ることができるのです。 低脂肪牛乳と低脂肪乳は異なる製品 ここで1個注意点があります。 先ほどの画像の真ん中に「低脂肪牛乳」とデカデカと書かれていますが「低脂肪乳」と非常に間違いやすいです。 どういうことなのかは次で解説します。 ヨーグルトメーカーに加工乳や乳飲料は不適切 次に添加した牛乳を見てみましょう。 結論から言えば両者は 添加物が含まれているため、加工乳も乳飲料もヨーグルトメーカーでヨーグルトをつくるには不適切と言えます。 ヨーグルトメーカーに加工乳は使わないほうが良い まず加工乳の定義を見てみましょう。 低脂肪乳、無脂肪乳と濃厚タイプがある。 より引用 簡単に言えば 生乳や牛乳に他の 乳製品を混ぜたものです。 スーパーで見かける加工乳は一般的な牛乳よりかなりお値段が安いはず。 なぜなら加工乳は安価な脱脂粉乳を混ぜたものだからです。 ヨーグルトを作るにあたり重要なのは引用最後の部分「低脂肪乳・無脂肪乳と濃厚タイプがある」という部分です。 「 低脂肪乳」と「 低脂肪牛乳」、とても似てますよね? 次の画像を見てくださいちょっとみると低脂肪牛乳だと思ってしまいませんか? より引用 それ罠ですからねw 種類別を見ると加工乳と書いてありますね。 このように低脂肪牛乳と低脂肪乳はパッケージがとても良く似ています。 加工乳にはバターなどの添加物が入っているため、加工乳を原料にしてもヨーグルトメーカーでヨーグルトを作れないことがあります。 ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作る際には加工乳は避けましょう。 ヨーグルトメーカーに乳飲料は使わないほうが良い 次に乳飲料の定義は次の通りです。 カルシウムなどを加えた栄養強化タイプや、いわゆるコーヒー牛乳、イチゴ牛乳、フルーツ牛乳、レモン牛乳など、また乳糖でお腹を壊す人のための乳糖分解乳もこちらに含まれる。 より引用 加工乳は牛乳に他の乳製品を混ぜたものでしたが、 乳飲料は牛乳に乳製品以外の添加物を混ぜたものです。 乳飲料も加工乳の理由と同じく、ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作れないことがあります。 ですので ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作る際には乳飲料は選ぶべきではありません。 また乳飲料も低脂肪牛乳と非常に間違いやすいので注意が必要です。 より引用 くどいようですが 「種類別」のところで確認するようにしましょう。

次の