やけ ぼっ くい。 長野県方言

福岡県の方言

やけ ぼっ くい

主な特徴 [ ] 静岡県の方言は、上はの(ナヤシ方言)に分類され、、の方言が最も近縁であると言える。 全国の方言の中では、に次いでに近い部類に属し、特にやに関しては一部地域を除いて共通語とよく似ている。 一方、語彙や文法に関しては、東部方言を基調としつつも、西に向かうにつれて連続的に西部方言の色彩を帯びていき、「いる・おる」や「ない・ん」で東西差が明確に現れる。 これらは全国の方言が東西に分かれる例として有名であるが、静岡県はその境界地帯に位置し、これらの境界線が走っている。 県内の地域差 [ ] 静岡県の方言は旧国の区分に沿って、、、に分けることが可能であるが、は次のようなものが提案されている。 以下の説明でも用いる。 東部方言-以東。 および東部。 意志・推量の「べー」や母音の無声化など西関東方言的特徴を持つ一方、「ずら」「ら」も併用しナヤシ方言の特徴を併せ持つ。 中部方言-以西、以東。 駿河西部および東部。 「べー」はない。 過去の「け」が特徴的。 西部方言-・以西。 東遠地方以外の。 勧誘には、中部の「ざー」ではなく「まいか」を使う。 外輪で、3拍形容詞第2類が頭高型になる。 -大井川上流の旧など。 古い表現の残る「」。 地帯である。 このほか、西部方言と中部方言の境界を大井川に引いて、東部・西駿河・遠江に分ける場合もある。 文法面で東日本方言と西日本方言を分ける指標とされる特徴のうち、否定の「ない」と「ん」の境界は・付近にある。 命令形の「ろ」に対し「よ」は以西(中部方言・西部方言)で聞かれる。 「降ってる」のようなには、おおむね以西で「…とる」を用いる。 県西部の方言についてはの項にも詳しい。 比較表 新居 浜松 掛川 井川 静岡 富士、富士宮 沼津、伊豆 アクセント 型の少ない 東京式 外輪 東京式 中輪 東京式 無アクセント 中輪東京式 母音無声化 活発 弱い 活発 弱い 活発 否定 …ん …ん、…のう …にゃあ、…ねぇ、…ない …ねぇ、…ない 過去否定 …なんだ …んけ …んけ、 …のーっけ …にゃあっき、 …ないっけ …なかった 居る おる いる 推量 だら ら 、ずら ら べー、ずら ら 、 だら ら 勧誘 …まいか …まいか、…ざあ …ざあ、…ずか …うか、…べぇよ 見ろ(命令) みょー みろ、みてこう みろ 音韻 [ ] 県東部を中心に、連母音の融合が広く聞かれる。 の変化と同様である。 連母音の融合は・大井川以西には一般に聞かれないが、周辺では融合が聞かれることがある。 おまえ - おめぁあ• 財産 - ぜぁあさん 母音のは、富士川以東の東部方言と、以西の中西遠で活発だが、奥遠州(・)や中部方言では弱い。 ただし大井川中上流域、安倍川上流域では活発。 県中西部では、格助詞の「を」を「うぉ[wo]」と発音することが多い。 アクセント [ ] ほとんどの地域でが用いられ、・中部方言の地域で東京と同じ中輪東京式、西部方言の地域で外輪東京式である。 旧の水川・上長尾地区、の旧地区周辺、周辺で、東京式よりも型の数が一つ少ない準東京式が分布する。 また、中川根に隣接する旧との山間部はである。 名詞 [ ] 一拍名詞は、無アクセント地帯を除く全域で、(子・戸など)・第2類(日・名など)は平板型(こ が)、3類(絵・手など)は頭高型( てが)である。 つまり共通語と変わらない。 二拍名詞では、県西部で「橋」「冬」「紙」「川」などの第2類の語が平板型(ふ ゆが)になるのが共通語との相違点である。 これは外輪東京式の特徴である。 浜松市付近が平板型になる語が最も多く、東に進むにつれて尾高型(ふ ゆが)が増え、大井川以東ではほぼすべての語が東京とおなじ尾高型になる。 準東京式のうち、水川・上長尾では第1・2類は平板型、第3・4・5類は頭高型である。 舞阪では第1・2類は平板型であるが、第3・4・5類は助詞が付くか付かないかで下がり目が移動し、助詞が付かなければ頭高型( あめ(雨))、付けば尾高型(あ めが)である。 新居では第1・2類は平板型、第3・4・5類は尾高型(あ めが(雨が))になる。 三拍名詞では、富士川以東の東部方言では「朝日・油・命・心・姿・涙・火ばし・枕」など、に属する語を「あ さひ」のように中高型とする。 富士川以西の中部・西部方言ではほとんどが「 あさひ」のように頭高型となる。 全国的に見れば東京式アクセントの地域では大半が中高型であるが、東京周辺および静岡県中部・西部で頭高型となっている。 準東京式の舞阪・新居では、三拍以上の語で浜松付近における頭高型の語が中高型になる。 また遠州中・西部では、東京で平板型に言う三拍名詞第六類(兎・雀・背中・ひばり・ねずみ…)・第七類(苺・後ろ・鯨…)が、地域により多少違いはあるものの、「 うさぎ」のように頭高型となる。 ただし「兎・背中・ねずみ」は平板型にも発音される。 東京で尾高型に言う三拍名詞第四類(頭・男・鏡…)が、浜松市の旧・、、旧、旧(準東京式地域を含む)など遠州の主として山間部で、「あ たま」のように中高型になる。 この現象は愛知県三河北部や長野県南部まで連続する。 時系列 [ ] 「時」などを表す場合はほとんど 平板式で発音する傾向が強く、「月」などは3拍の単語が 頭高型に、それ以上の場合は 中高型で発音する傾向がある。 月 語彙 共通語(名詞は尾高、副詞は平板) 静岡弁 一月 い ちがつ い ちがつ 二月 に がつ にがつ 十一月 じゅ ういちがつ じゅ ういちがつ 十二月 じゅ うにがつ じゅ うにがつ その他 語彙 共通語 静岡弁 午前 ごぜん ご ぜん 午後 ごご ご ご 昨日 き のう き のう 動詞 [ ] 三拍以上の動詞のアクセントは、共通語では大部分が中高型(な げる)か平板型(き える)であり、「 はいる」のような頭高型の語が少数ある。 静岡県では、東部方言では共通語と同様である。 しかし、富士川以西の中部方言・西部方言のアクセントは、3拍一段動詞で共通語で中高型のものを全て頭高型に発音する独特のものである。 ただし準東京式の舞阪・新居では中高型。 五段動詞では共通語と同様に平板型と中高型で、頭高型は「帰る」「入る」など少数である。 二拍動詞のアクセントは「い う」(言う)の形のものと「 あう」(合う)の形のものがあり、東京でも静岡でも変わらない。 三拍一段動詞のアクセント 活用形 東部・共通語 中部・西部 上げる あ げる あ げる 起きる お きる おきる 形容詞 [ ] 3拍以上の形容詞も、共通語では中高型(し ろい)と平板型(く らい)がある。 静岡県のうち、浜松市を中心とする中西遠では、三拍形容詞で共通語の中高型のものが「 しろい」「 たかい」と頭高型になる。 平板型の語は変わらない。 その他の地域のうち、以西の中部方言(東遠まで)および西部の湖西・湖北(旧・旧・)では連用形のアクセントが「し ろく」となる。 共通語・東部(以東)・奥遠州(旧・旧・旧)では、「し ろい」「 しろく」である。 三拍起伏式形容詞のアクセント 活用形 共通語・東部・奥遠州 中部・湖西・湖北 中西遠 白い し ろい し ろい しろい 白く しろく し ろく しろく 「無い」「良い」などの二拍形容詞は、東京でも静岡県でも頭高型である。 形容動詞 [ ] [ ] 文 章 語彙 共通語 静岡弁 嫌 い や いや 元気 げんき げ んき ひさしぶり ひ さしぶり(平板または尾高) ひ さしぶり 副詞 [ ] [ ] 単 語 語彙 共通語 静岡弁 いよいよ い よいよ い よいよ そこそこ そ こそこ(平板)、そ こそこ そ こそこ なかなか な かなか(平板) な かなか わざわざ わざわざ わ ざわざ 未然形 [ ] 中部・西部では「…ない」の「な」にアクセントが置かれる。 文 章 語彙 共通語・東部 中部・西部 出来ない で きない で きない 出ない でない で ない わからない わ からない わ からない しない し ない(平板) し ない 連体詞 [ ] 形容動詞の連体形は語尾から2番目の音節にアクセントが置かれる。 [ ] 文 章 語彙 共通語 静岡弁 大きな おおきな お おきな 小さな ちいさな ち いさな 疑問詞 [ ] 疑問詞(いつ、どこ、何、誰、どれ、等)は、西部(北遠を除く)では全て平板型で発音する。 その他 [ ] 該当語句 共通語 静岡弁 …(な)かった … (な)かった …(な) かった …の方 …のか た(尾高) …の かた 文法 [ ] 特に注記しない場合は、共通語化が進む前の伝統的な方言の文法を記述する。 否定 動詞の否定は、大井川あたりを境に東で「…ない」(「…ねえ」「…にゃあ」などもある)、西で「…ん」を用いる。 また静岡市北部の山間部(井川など)では「…のー」も用いる。 ほかに、西部では強意の否定(例:見やしない)には「…せん・へん・しん」も用いる。 また否定の中止「…ないで」にあたる「…なっこー」が県内各地にあり、「行かなっこー」のように用いる。 断定「行くだ」 断定の助動詞は「だ」を用いるが、「…のだ」という意味での強調で「行くだ」「赤いだ」のように用言に直接「だ」を付ける用法が県内全域にある。 との県境が有無の境界になっている。 意志・勧誘「べー」「ず・す」「っ・っか」 意志・勧誘には以東ので「行くべー」のような「べー」がある。 富士川以西の中部・西部に「行かず・行かずか」、以東の東駿河から中部・西部に「行かす・行かすか」があり、「す」は主に西部。 「行かっか」のような「っ・っか」が主に中部にある。 西部のうち湖西地区には「行かあよ・行かあか」のような形もある。 勧誘「ざあ」「まい」 「行かざあ」のような「ざあ」がから井川、中部方言(掛川市以東)にある。 また、主に西部方言に「行かまい(か)」のような「まい」があり、「行きまい(か)」の形も聞かれる。 推量「ずら」「だら」「ら」「つら」 県内全域で「ずら」「ら」「つら」を用いる。 「ら」「ずら」は現在推量・未来推量(…だろう)で、「つら」は過去推量(…ただろう)を表す。 東部では推量に「べー」を併用する。 また、確信の高い推量として「ず」(行かず)が主に中部・西部にある。 「ら」は動詞・形容詞には付くが名詞には付かず、「ずら」は両方に付くことができる。 動詞・形容詞に付いた場合の「ら」「ずら」に意味用法の違いがあるという研究もあるが微妙。 (例:「第二東名の開通はまあだまあだ ずら」(第二東名の開通はまだまだだろう)) 近年は、「ずら」の代わりに「だら」、「つら」の代わりに「たら」「ただら」が使われるようになってきている。 「だら」は言い切りの助動詞「だ」に「ら」をつけたものと考えられ、新しい語形である。 過去「け」 主に中部方言地区で、過去を表すのに「け」を用いて「行っけ」「赤かっけ」のように表現する。 ただし近年はこの形は衰退し、「行ったっけ」の形で過去を表す (必ずしも回想を表さない)。 また、西部のうち旧・旧では、過去を表すのに「つ」を用いて「行っつ」「赤かっつ」のように言う。 理由 理由・原因「…から」にはほぼ全域で「…で」が用いられる。 この表現はを中心とした広い地域で用いられており、「(だ)もんで」「もんだで」もある。 静岡市以東の中部・東部には「んて」もある。 「おれっち風邪引いちまった もんで、学校行けん」(俺風邪引いちゃったから、学校行けない) 逆接 逆接「けれども」には、中部で「けーが」を使うほか、「けんど」「けん」「けが」「が」などを使う。 命令形 一段活用をする動詞の命令形は、東部では「起きろ」のように語尾「ろ」を用い、中部では「起きよ・おきょー」のような「よ」と「ろ」が混在し、西部では「よ」を用いる。 可能 いわゆる「ら抜き言葉」であり、県西部ではさらに「れ足す言葉」も使う。 食べれない、食べれれない、食べれーない• 起きれる、起きれれる、起きれーる 語彙 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2010年4月) 語彙の特徴 [ ] 形容詞 [ ] 語尾に「 …ったい」が顕著に付く。 暗い - くらぼ ったい• (仕事などが)まめ - まめ ったい• だらしない - ぶしょ ったい 一人称、二人称 [ ] 語尾に「 …っち」が顕著に付く。 俺たち・俺の - おれ っち• 行き先を曖昧にする際に使用する。 「」の一節にも「きゃあるが鳴くんて雨づらよ」という歌詞がある。 を中心とした遠州地方から富士川以西でよく聞かれる。 「…だぞ」若しくは「…だろう」の意味になる。 若い世代は関東から逆輸入した「じゃん」も使う。 けえんべえ 帰ろうよ 主に伊豆地方で使われる。 最近ではほとんど聞かれない。 この言葉は長野でも使われる。 静岡弁を作中で扱う作品一覧 [ ]• - 内で放映された短編アニメ。 郷土の名産をモチーフにした犬たちが登場する。 静岡県は、お茶がモチーフの静岡犬として登場し、「喉がかわいたらぁ。 」「でも、もう失くなっちゃうかもら。 」など話す。 声優は、静岡県出身のが担当している。 - 旧静岡市を舞台にした作品、作中で静岡弁を使用するシーンがある。 - 登場人物の一人、国木田花丸は肯定文の最後に必ず「…ずら」を付けて話す。 脚注 [ ]• 『講座方言学 6 中部地方の方言』1頁。 山口幸洋「アクセントにおける移行性分布の解釈」• 157。 『講座方言学 6 中部地方の方言』p. 160。 『講座方言学 6 中部地方の方言』p. 157-158。 『講座方言学 6 中部地方の方言』p. 158, 160。 金田一 2005。 平山ほか編 2002 、44頁。 『講座方言学 6 中部地方の方言』p. 168。 166-170。 『講座方言学 6 中部地方の方言』p. 151-152。 『講座方言学6中部地方の方言』p. 174• 都竹通年雄「文法概説」飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 1 方言概説』国書刊行会、1986年。 参考文献 [ ] 全般• ・・編『講座方言学 6 中部地方の方言』(、1983年)• 「静岡県の方言」p. 141-p. 176• ほか編『日本のことばシリーズ22静岡県のことば』(、2002年) アクセント• 監修『新明解日本語アクセント辞典』(、2001年発行)- 標準語のアクセントはこの書籍に依った。 金田一春彦『金田一春彦著作集 8』(出版部、2005年)• 『日本語東京アクセントの成立』(、2003年)• 「アクセントにおける移行性分布の解釈」p. 83-p. 108• 「準二型アクセントについて」p. 295-p. 309 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

方言 松阪

やけ ぼっ くい

方言 松阪 松阪に生まれ、松阪に暮らし、松阪で仕事をし・・・。 生粋の松阪っ子としては、松阪弁を後世に伝えなくては、と思っています。 青い字は、小学館「国語大辞典」に記載の無い話です。 それだけ知っていれば、あなたも立派な「まっつぁか人」 笑 松 阪 弁 意 味 使い方の例 由 来 ・ 解 説 あい あゆ(鮎)。 あおじ 青あざ。 あがりはな 家の上がり口。 玄関、勝手口などを上がった所。 いけない。 「いかん」 を使う人もいる。 「ちゃんとせな、あかんのやんな」 =「きちんとしないと、いけないのですよ。 」 (明かん)「埒が明かぬ」の上を略した「明かぬ」から。 「あの人あたたいこと言うわ」 あたん 八つ当たり。 「あたんする」 =「八つ当たりする」 あっちゃ あっち。 あちら。 「こっちゃ」 =「こちら」 「そっちゃ」 =「そちら」 あっちゃこっちゃ あっちこっち。 あちこち。 「ああ、あっつ。 」 =「ああ、あつい。 」 同様の変化をした語に、 「あっか(赤)い」「かった(固)い」 「おっきい」「でっかい」「ちっさい」などがある。 あて 酒の肴。 つまみ。 あばばい まばゆい。 まぶしい。 「ばばい」 も、同様に使われる。 あめる (食品が)いたむ。 くさる。 「あめとる」 =「いたんでいる」 あらくたい 荒っぽい。 「あらせん」 、 「あれせん」 も、同じ。 あわいさ あいだ。 物の隙間。 あわい(間)。 あんご おろかなこと。 「あんごう」 =「馬鹿野郎。 」けんかの時に、相手を罵って言う。 「あんごしい」 =「おろかだ」 「暗愚」が変化した語か? あんた あなた(貴方)。 「こんだけ」 =「これだけ」 「そんだけ」 =「それだけ」 「どんだけ」 =「どれだけ」 あんばよう うまい具合に。 具合良く。 「あんばいよう」から「い」の落ちた形。 あんもん (餡物) 餡の入ったお菓子。 いがむ ゆがむ(歪む)。 いきしな 行く途中。 行くついで。 いきみち 往路。 行くときの道。 行く途中。 (対語の「かえりみち」は、辞典に載っている。 ) いける (埋ける) 土の中に埋める。 いごく 動く。 「動く」の変化した語。 いじくされ (意地腐れ) いじわる。 意地腐り。 いそまきずし (磯巻き寿司) 牛肉のしぐれ煮を巻いた寿司。 いばらまんじゅう サルトリイバラの葉で包んだ餅。 「いばらもち」 とも言う。 のあがりの時に、これを作って食べた。 いまし (今し) たった今。 ちょうど今。 今し方。 「いらわんときな」 =「さわらないでおきなさい。 」 「いろたらあかんよ」 =「さわっては、いけませんよ」 いらち (苛) せっかち。 「苛つ(苛立つ)」の名詞化した語。 いる 入る。 丁寧でないこと。 雑なこと。 「うざうざ」 は、重ねて、その意を強調した語か。 うざこい うざっこい。 わずらわしい。 若者言葉では、「っざってえ」 うそこく 嘘をつく。 「こく」=「ほざく、ぬかす」 うち わたし(私)。 「うちら」 =「私ら」「私たち」 主に女性の自称。 ええ よい(良い)。 「気持ちええ」「ええ人」「ええ天気」「ええかげん」 のように用いる。 「ええかな」 =「いいですか」 「ええやろ」 =「いいでしょう」 「ええとこ」 =「いいところ」。 「ええとこの子」 のように使う。 「ええもん。 」 =「いいもの」 えずく 吐く。 嘔吐する。 えせび あせび。 あしび(馬酔木)。 仏前、墓前に供える。 大変な。 つらい。 おいでになる。 いらっしゃる。 おおきに ありがとう。 「大きにありがとう」の略。 「おおきんな」とも言う。 おかいさん かゆ 粥 の丁寧な言い方。 「おかゆさん」とも言う。 おくどさん くど。 かまど。 くださる。 「よう来ておくれたなあ」 =「よく来てくださいました」 「よう来ておくんなしたなあ」 も、使われる。 いらっしゃいませ。 おじや 雑炊。 おせる 教える。 おたま おたまじゃくし。 馬鹿にする。 ふざけて、なぶる。 おっさん 和尚さん。 'お'にアクセントがつき、'さん'は下がる おっちゃくい 横着な。 横着だ。 おてり 日照。 「おてりが無いで、寒いわ」 のように使う。 おどかす おどろかせる。 びっくりさせる。 「こどもし」 という語もある。 重たい。 おまつ クロマツ(黒松)。 おめる (怖める) 恐れる。 気後れする。 人見知りする。 「おる」+「ない」 「おって(な)」 =「いて(ね)」 「おってさあ」「おってんかな」 =「いてよ」(強い依頼) おわえる 追う。 追いかける。 おんた おす(雄)。 子どもの時、カブトムシやクワガタに対してこの言葉を使った。 松 阪 弁 意 味 使い方の例 由 来 ・ 解 説 がい (我意)大きいこと。 立派なこと。 けたはずれなこと。 「かやい」 も同じ。 「ああ、かい。 」 =「ああ、かゆい。 」 かいだるい 疲れてだるい。 かったるい。 かいほり (貝堀り)潮干狩り。 「貝拾い」とも言う。 かざ (香)におい。 「えらいかざしてきた。 」 =「とんでもない臭いがしてきた。 」 「かざかいでみよ。 」 =「臭いを嗅いでみなさい。 」 かずいき (数行き)年寄り。 かずける 責任や罪などを転嫁する。 かなん かなわない。 たまらない。 迷惑だ。 がも クワガタムシ。 「がんが」 とも言う。 かやす かえす(返す、帰す)。 からげる たばねて、くくる。 〜がん 〜がな。 〜じゃないか。 (念を押す意、詰問の気持ちを表す。 ) 「昨日、電話したがん。 」 =「昨日、電話したじゃないか。 」 かんかち 固い様子。 かんかん。 かんかん 固い様子。 かんかん かん(缶)。 かんち(めし) うまく炊けておらず、炊きむらのある飯。 しんのある飯。 昔は、竈で炊いたので、火も回りが悪いと、かんちになった。 今は、水加減が悪いと、かんちになる。 かんとだき かんとうだき(関東焚)。 おでん。 かんぴんたん 小動物の干からびた死骸。 きい 木。 きい(黄)。 同じように、語尾が長音になる語に 、 「たあ(田)」、「ちい(血)」、「ちゃあ(茶)」、「とお(戸)」、「はあ(歯、葉)」、「ひい(日、火)」、「めえ(目、芽)」などがある。 きずつない 気をつかう。 気疲れする。 息苦しい。 (気術無い) きつねのまくら (狐の枕)ヒカゲノカズラ(日陰の葛)。 シダ植物の一つ。 (飯高の子どもは、これを「きつねのマフラー」と呼んでいたが、形状にあった大変うまい命名だと思う。 ) きょうび (今日日)今日このごろ。 今どき。 きょんきょん やせ細っている様。 ぎすぎす。 きる (着る) 「布団を着る」 =「布団をかぶる」 きんきん きれいな様子。 「きんきんにする」 =「きれいにする」 きんにょう 昨日。 くちなわ 蛇の異名。 「朽ち縄」が語源。 げす げす板。 (若者が使った言葉。 不思議。 けたい(卦体・怪態) けったくそわるい (卦体糞悪い) 非常に不愉快だ。 「けったくそ(卦体糞)」は、「卦体」(=「いやな感じ」)を強めた言い方。 けなりい (異なりい) うらやましい。 けなるい。 こうこ 香の物。 「こうこう(香香)の変化した語。 「おこうこ」 は、丁寧な言い方。 こうちく 頑固。 こうとい 地味だ。 高尚だ。 ごうばる かさばる。 しゃくにさわる。 腹が立つ。 こぎる 小出しにする。 けちくさいことをする。 共通語では、「小さく切り分ける」「値切る」「せびりとる」の意味。 みえる。 いらっしゃる。 「こそばい」も同様。 ずるい。 「ずっこい」 とも言う。 こないだ この間。 こわしない かたい。 こわ(強)い。 ごんた (権太)いたずらっ子。 いたずら。 ごんぼ 「ごぼう(牛蒡)」の変化した語。 松 阪 弁 意 味 使い方の例 由来・解説 さいこやく お節介をする。 「細故」「細行」=「些細なこと、取るに足らないつまらないこと」が語源か? さきっちょ、さきっぽ ものの先端。 松阪地方では、 「ささって」 の次の日を「しあさって」と言うが、「しあさって」=「あさっての次の日」という地域が多いらしい。 同様に音韻変化する語に「つぶる=つむる」、「つべたい=つめたい」、「ひぼ=ひも」、「けぶたい=けむたい」などがある。 さんしょ さんしょう(山椒)の変化した語。 なさる。 される。 しあさって あさって(明後日)の次の次の日。 〜しい 〜する人。 〜ばかりする人。 (非難の気持ちを含む。 ) 「ええかっこしい」 =「いい格好をする人」 「まねしい」 =「まねばかりする人」 「わりことしい」 =「悪いことばかりする人」 しきび しきみ(樒)。 仏前、墓前に供える。 「このマッチ、 しけっとるわ。 」のように言う。 ふさぎこむ。 しょげる。 ふさぎこむ。 ししばち (獅子蜂)スズメバチ。 やり損ない。 じっき じき。 じっちら おとなしく。 じっと。 じっと 何度も。 頻繁に。 しょっちゅう。 いつも。 「じっとおいでるがな。 」 =「よくみえるよ。 」 「しておく」が連声変化した形。 過去形は 「〜しといた」。 〜しなさいよ。 「おいない。 」 =「おいでよ。 」 「やめときなあい。 」 =「やめておきなさいよ。 」 しまいごと 仕舞事 食事の後かたづけ。 しもた 【感動詞】しまった(仕舞った)。 「しもて。 」 =「しまって。 」 「しもたって。 」 「しもといて。 」 =「しまっておいて。 」 「しまう」の過去形も、 「しもた」。 しもたる だめにする。 壊してしまう。 じゃこ ざこ(雑魚)。 食材の「ちりめんじゃこ」も、略してこう言う。 しゅむ 共通語では、「染む、染まる」の意味だが、「浸む」=「液体が染み通る」意で用いる。 「しゅんでくる」 =「しみてくる」 「しゅんどる」 =「しみてくる」 じょうおろす 錠を下ろす。 鍵をかけてしめる。 「しょうもな!」 又は 「しょうむな!」 と言う。 しょずくまる しゃがむ。 しょびたれ 不精者。 「しょびたれる」=「無精になる」 しょんがい 各地で、盆に踊られる踊り。 しりもり (尻漏り)液体をつぐ時、容器の口から底に伝わって垂れる事。 苦しい。 大儀だ。 難儀だ。 「心労」から変化した語か? しんどる 内出血している。 「しむ」 青い色に染む(染まる)ことからか?あるいは、血が血管の外に浸む(浸み出す)からか? すいすいごんぼ いたどり(虎杖)。 「すかんぼ」(酸模)とも言う。 すうて 「休んで。 」「くつろいで。 」 タバコをのむ意味の「吸う」から来ている。 「一服して。 」と同じ用法。 以前、松阪市と飯南町との境の歩道橋に、 「おこしなして飯南町。 まあすうてんか。 」 と表示されていたことがあった。 ずがに もくずがに(藻屑蟹)。 相手をとがめる時は、 「ずっこう。 」 とも言う。 ずっとか ずっと。 (大きな差があるさまを表す。 ) 「こっちの方が、 ずっとかええ。 」=「〜、ずっと良い。 」 ずつない (食べ過ぎて)苦しい。 (術無い) 共通語では、「術が無くて困る。 苦しみや悩みがあり切ない。 」 すほ 川魚のカマツカのこと。 口が窄んでいるからか? すま、 すまっこ すみ(隅)、すみっこ。 すんな するな。 「せんときな。 」 、 「しやんときな。 」 も同様。 より丁寧な言い方は、 「せんといて。 」 せこ 家々の間の細い道、狭い通路。 せっこい せこい。 ずるい。 「せっくい、へっくい」 とも。 「ようせん」 =「できない」 せんげさん せんげん(浅間)さん。 富士信仰(浅間信仰)のご神体か?市内立野の茶臼山山中に、 せんげさん を祀る祠がある。 せんど 何度も。 そばえる 慣れ親しんで甘える。 「店屋にぞめきに行ってこう。 」のように使う。 「三つそらや。 」 =「三歳年上だ。 」 ぞろひく 衣類のすそを引きずる。 ぞろ引く。 いい加減にすること。 適当にすること。 「たいがいやなあ。 」 =「いい加減だなあ。 」 「たいがいにしときな。 」 =「適当にしておきなさい。 」 「たいがいにしなあい。 」 =「いい加減にしなさい。 」 「たいがいにせえ。 」「たいがいにせんか。 」 も、同様に使われる。 だいこ 「大根」の変化した語。 「だいこば」 は、大根の葉。 だかえる 抱きかかえる。 たきもん たきもの(焚き物)。 だだくさ だらしない様子。 粗雑な様子。 だだもり、だだもれ めったやたらに漏る(漏れる)こと。 たつぼ たにし(田螺)。 たとむ たた(畳)む。 「洗濯もんたとんどいてな。 」=「洗濯物をたたんでおいてね。 」 たも 魚をすくいとる小型の網。 たも網。 捕虫網のこともこう呼ぶ。 たんご 肥溜め。 「こえたんご」 とも言う。 だんごばち (団子蜂)クマバチ(熊蜂)、又はスズメバチのことを言う。 大事ない。 問題ない。 かまわない。 たんま 一時中止を要求する言葉。 タイム。 手早く。 ちゃっと。 」を強めて言う語。 ちゃらちゃら 服装が、安手で派手な様子。 〜ちゃんこにする 〜たくる。 〜しまくる。 「なんちゅうても」 =「なんといっても」 ちょける ちょうける。 ふざける。 戯れる。 ちょっとも ちっとも。 少しも。 ちょぼっと 少し。 ちょっと。 ちょびっと。 ちりし ちり紙。 「おちん」 は、丁寧な言い方。 「おっちん」。 「つかえとる」 =「おなかがいっぱいだ」 つくねる (捏ねる)雑然と積み上げる。 ぐちゃぐちゃにためておく。 「電車がつんどった。 」 =「電車が混んでいた。 」「満員だった。 」 「道がつんどる。 」 =「道が混んでいる。 」「渋滞している。 」 つめぎる つねる。 「ちめぎる、ちみぎる」 の音も聞かれる。 つめむし (爪虫) はりがねむし(針金虫)。 線形虫類に属し、カマキリなどを宿主とする。 姿が人の寄生虫のようで、人の爪から体内に入ると誤解されたために、こう呼ばれていると思われる。 「窓で手えつめた。 」 =「窓で手を挟んだ。 「どんな服、着てく?」 =「どんな服を着ていく?」 てごこしい こまめだ。 かいがいしい。 てったう てつだう(手伝う)。 「てとてって。 」 =「手伝っていって。 」 てびら 小判型の投げ餅。 餅撒きの時に使われる。 「〜(し)てえな」も同じ。 「しといてな。 」、「しといてえな。 」 =「しておいてね。 」 てんてん (衣服などが)こすれて、てかてかになった様子。 掃除や草取りの後で、さっぱりときれいになっている様子。 〜(し)ておくれ。 「しといてんか。 」 =「しておいて。 「しとくに。 」、「しとくんな。 」 =「しておくよ。 「そのいす、どけて」=「そのいすをのけて」 どこいき 「どこいきやな?」 =「どこへ行くんだね?」 どこぞ どこか。 「どこぞへ行ったぞよ。 」 のように使う。 溶かした物が溶けきらずに残る。 とっしょり 年寄り。 とっとき (取置)とっておき。 どもならん、 どんならん どうにもならない。 活発すぎる。 腕白である。 「〜しといな。 」「〜しておいな。 」 =「〜しておいで。 」 「〜しとおくれた。 」 =「〜してくださった。 」 「〜しときな。 」 =「〜しておきなさい。 」(制止) 「何しとるん?」、「何しとんの?」 =「何をしているの?」 「何やっとんのね。 」 =「何をやっているんだ。 」(叱責) 「ちごとる」「まちごとる」「ねごとる」「こ(飼)うとる」 =「違っている」「間違っている」「願っている」「飼っている」 どる が(蛾)。 どろばい (泥鮠) アブラハヤ。 とんが とうがん(冬瓜)。 のろくさい。 「どんくっさいやっちゃ」=「のろい人だ」 どんと たくさん。 どっさり。 」 なぜる な(撫)でる。 「なっとしたん。 」 =「どうしたの?」 「なっとしょう。 」 =「どうしよう。 」 「なっとする。 」 =「どうする?」 「なっともならん。 」 =「どうにもならない。 」 なぶる いじくる。 いじりまわす。 さわる。 いろう。 なましい (生しい)生である。 (食品に)十分火が通っていない。 ならいもん (習い物)習い事。 「たかなる。 」「たこなる。 」=「高くなる。 」 「かたなる。 」「かとなる。 」=「堅くなる。 なるい 刺激が弱い。 アルコール度数が低い。 なんがい 長い。 「長い」の変化した語。 なんぞ (何ぞ)何か。 (驚嘆を表す。 ) 「なんやて」、「なっとな」、「なっとね」 「なんね。 」 =「なんだ。 」「なんてこった。 」(意外、失望を表す。 ) 「なんやな。 」 =「何だね。 「=南蛮黍」から来た言葉。 にかにかする 腹がしくしく(ちくちく)痛む。 にじくる なすりつける。 ぬりたくる。 ぬくい(温い)。 ぬくとい。 ねき (根際)そば。 かたわら。 ねそ 動作が遅鈍であること。 「ねそやであかんわ。 」 =「のろまだからいけないよ。 」 「ねそっとしとらんと。 」 =「のろのろしていないで。 」 「ねそねそ」から。 近世上方方言。 ねちこい しつこい。 くどい。 「ねちっこい」とも言う。 少しも。 「ねっから来んなあ。 」=「なかなか来ないなあ。 ねぶる なめる。 のあがり 田植え後の休み。 のう ねえ。 「のいで」 =「ぬいで」 のの(さん) 仏(さん)。 のんのん(さん)。 尊ぶべきもの。 のみすけ 酒飲み。 飲んべえ。 松阪弁 意味 使い方の例 由来・解説 ばいた 木ぎれ。 棒きれ。 はいねこ 一人前として扱われていない人。 のけ者になっている人。 「はいねこ(灰猫)」は、暖をとるために竈の中に入り、灰まみれになった猫のことだが、この語と関係があるのか?宮沢賢治の「猫の事務所」の「かま猫」が思い出される。 はきつかん はっきりしない。 はきはきしない。 挟まる。 「歯にはさかる」と言う。 こそばゆい。 要領がよい。 「はたまわし」 =「周り」、「近所」 ばた 単車。 オートバイ。 バッチ ももひき。 パッチ。 朝鮮語から変化した語。 「ばばっちい」とも言う。 ばば 大便。 幼児語の「うんちゃん」も、用いられる。 落ちる。 「穴にはまる」、「水たまりにはまる」のように使う。 はや オイカワなどの川魚。 「はえ」、「しらはえ」とも言う。 はらう 共通語の意味のほかに、「お櫃のご飯を残らずとる(食べる)」という意味でも使われる。 見栄えがする。 ばんがた 晩方)夕方。 日暮れ時。 はんぶ 半分。 はんまこく (半間)はぐらかす。 「はんまくわす」 とも言う。 びしゃける 壊れる。 つぶれる。 「ひしゃげる」の変化した語か? びしゃこ ひさかき。 仏前、墓前に供える。 ひつじ 稲刈りした後に、その株から生えてきた稲、ひこばえ。 一ヶ所。 ひらう 拾う。 「ひらう」は「ひろう」の古い形。 びんちょ びん(鬢)。 耳ぎわの髪の毛。 ふごむ へこむ。 田や湿地などで、足が沈んで地面がへこむ時に使う。 ふじ ふじゅ(諷誦)。 諷誦文の略。 追善供養の布施。 ふたす (蓋す)?ふたをする。 閉める。 ふたる ふた(蓋)ができる。 ぶぶ 「湯」の幼児語。 「ぶう」、「おぶう」も同じ。 ぶよ ぶゆ。 「ぶと」も、使われる。 へくる べこ 子牛。 へちゃ 容貌の醜いこと。 (女性の顔について言う。 「お馬鹿さん」のような、やや親しみの込められた言い方であろう。 へつる 少し削り取る。 少し減らす。 へずる。 (動詞の未然形に付く) 「買わへん」 =「買わない」 「食べへん」 =「食べない」 「起きへん」=「起きない」 「こ(来)うへん」「け(来)えへん」=「来ない」 ただし、「しない」の場合は、 「せえへん」 となる。 同様に、 「〜せん」 も用いられる。 「あらせん」 =「ない」 べんじょばち (便所蜂)便所で見かける蜂。 種類は特定できない。 へんばり くも(蜘蛛)の巣。 「ああ、ほうか。 」 =「ああ、そうか。 」 ほうぐ (反故)不用になった紙。 ぼさっと ぼんやりと。 (何もしないでぼんやりしている様子) ほぜくる ほじく(穿)る。 ほたえる 甘える。 つけあがる。 ふざける。 じゃれる。 ほだぎ シイタケ菌を打ち込む木。 クヌギ、コナラなどが使われる。 「ほた」「ほだ」=たきぎ。 朽ち木。 壊れている物。 役に立たない物。 「ぼっこい」 =ぼろい。 粗末だ。 壊れている。 「ぼっちい」 、 「ぼっさい」 も同じ。 」 のように使う。 捨ててしまう。 「ほにあかん。 」「ほにさっき」「ほにさ。 」 などのように用いる。 ほべた ほお。 ほっぺた。 投げる。 (=放る) ぼんち クワガタムシの雌。 「ほんでも」 =「それでも」 ほんな そんな。 「ほんなもん」、「ほんなん」 =「そんな物」 ほんなら それなら。 「ほなら」、「ほな」 も、同様。 松阪弁 意味 使い方の例 由来・解説 まいすこき 「まいす(売僧)」は、「嘘、偽り。 」 まき イヌマキ(犬槙)。 まくれてく 斜面を転がり落ちていく。 完璧だ。 「まだ」を重ねて強調した語。 「まだまんだ」から「だ」の落ちた形か? まったけ まつたけ(松茸)。 まつざか。 何はさておき、ともかく。 「まん見てみい。 」 =「まあ見てごらん。 「みじゃく」=「こわす」 みちしるべ (道標)はんみょう(斑猫)の異名。 みちおしえ(道教)。 めっこい 小さい。 めいぼ。 ものもらい。 めまつ アカマツ(赤松)。 おまつ(クロマツ)に対して言う。 めんた めす(雌)。 めんどこしい、めんどっこい 面倒くさい。 いずれも「面倒くさい」の変化した語。 もう 「牛」の幼児語。 転じて、上体を前屈みにした牛のような姿勢。 小さい子のお尻をふくときに、 「もうしな。 」「もうさんしな。 」 のように使われる。 もうち もじく もぐ。 「せや。 」、「そや。 」 =「そうだ。 」 「やけど」 =「だけど」 「せやけど」、「そやけど」 も同様。 「〜やなあ。 」 =「〜だねえ。 」 「〜やっじょ。 」 =「〜だぞ。 「やからきる」 とも言う。 やけつり やけど。 たやすい。 こわれやすい。 やまいちご ふゆいちご(冬苺)。 苦痛を感じる。 やらしい いやらしい(嫌らしい)。 〜やっじょ 〜だぞ。 「〜やぞ。 」 も同じ。 ) 逆に、松阪方言では、 「言うでやんしょ?」「言いますでやんしょ?」 の形は、聞かれない。 )〜さん。 〜ちゃん。 「おかやん」「おとやん」「ばあやん」「じいやん」「おじやん」「おばやん」 など。 人名にも付く。 「こ(来)やん」「食べやん」「食べられやん」「飲めやん」「できやん」 のように用いる。 過去形は、「(し)やんだ。 」 「こやんだ」 =「来なかった」 「 〜(し) やへん」「 〜(し) やせん」 も、同様。 「き(来)やへん」「食べやせん」 のように使う。 やんしょ 「やろう。 」「あげよう。 過去形は、「ゆうた」。 「ゆうたった。 」=「言ってやった。 」 「ゆうたろ。 」=「言ってやろう。 」 「ようゆわんわ。 」=「言えませんよ。 」「何をおっしゃいますやら。 」 ゆする 揺する。 揺らす。 「夕べ」の変化した語。 「ようおこし。 」=「よくお越し下さいました。 」「いらっしゃい。 「余計」に関係のある語か? ようなる 良くなる。 よくどしい (欲どしい)欲張りである。 欲どうしい。 よさり 夜。 「よせたらん。 」 =「入れてやらない。 」 子どもの頃、遊びの仲間に入る時、 「よせて。 」 と言った。 「入れて。 」「交ぜて。 」も使った。 なお、「〜させて。 」= 「〜さして。 苦労する。 往生する。 よのみ えのき(榎)。 よばれる いただく。 ご馳走になる。 「食べる」の謙譲語。

次の

方言 松阪

やけ ぼっ くい

2019-03-27 19:48:59 亭主 ていしゅ 関白 かんぱく : 亭主 ていしゅ とは 夫 おっと の 事 こと。 関白 かんぱく とは、 中古期 ちゅうこき 、 天皇 てんのう を 補佐 ほさ して 政務 せいむ をつかさどる 重職 じゅうしょく。 ここでは 威力 いりょく ・ 権力 けんりょく の 強い つよい 者 もの のたとえ。 夫 おっと が 関白 かんぱく のように 家 か 庭内 ていない で 威張って いばって いる 状態 じょうたい を 示します しめします。 この 逆 ぎゃく を「かかあ 天下 でんか 」という。 おしどり 夫婦 ふうふ : オシドリ おしどり の雌雄がいつも 一緒 いっしょ にいることから、 仲睦まじい なかむつまじい 夫婦 ふうふ の 事 こと をいう。 色気 いろけ より 食い気 くいけ : 色欲 いろよく よりも 食欲 しょくよく の 方 ほう が 先 さき である 事 こと。 転じて てんじて 、 見栄 みえ を 捨てて すてて 実利 じつり をとること。 内助 ないじょ の 功 こう : 家 か 庭内 ていない において、 夫 おっと の 外部 がいぶ での 働き はたらき を 支える ささえる 妻 つま の 功績 こうせき という 意味 いみ。 子 こ はかすがい: 夫婦 ふうふ 仲 なか が 悪くて わるくて も、 子 こ への 愛情 あいじょう のおかげで 夫婦 ふうふ の 縁 えん を 切らず きらず にいれるということ。 女 おんな 三界 さんがい に 家 いえ 無し なし :「 三界 さんかい 」は 仏語 ぶつご で 欲界 よくかい 、 色界 いろかい 、 無色界 むしょくかい のこと。 女 おんな は 幼少 ようしょう の 時 とき には 親 おや に、 嫁 よめ に 行って いって からは 夫 おっと に、 老いて おいて は 子供 こども に 従う したがう ものだから、 広い ひろい 世界 せかい のどこにも 身 み を 落ち着ける おちつける 場所 ばしょ がないということ。 惚れた ほれた 欲目 よくめ : 好き すき になった 相手 あいて の 事 こと なら、 何 なん でもひいき 目 め に 見て みて しまうこと。 また、 欠点 けってん さえも 長所 ちょうしょ に 思え おもえ てしまうこと。 女心 おんなごころ と 秋 あき の 空 そら : 変わりやすい かわりやすい 秋 あき の 空模様 そらもよう のように、 女性 じょせい の 気持ち きもち は 移り気 うつりき だということ。 割れ鍋 われなべ に 綴じ蓋 とじぶた : 割れた われた 鍋 なべ にもうまく 合う あう 修繕 しゅうぜん した 蓋 ふた があるという 意味 いみ から、 誰 だれ にでもぴったり 合う あう 相手 あいて がいることや、 似た にた 者 もの 同士 どうし が 一緒 いっしょ になればうまくいく 事 こと のたとえ。 焼け木 やけぼっ 杭 くい には 火 ひ が 付き つき 易い やすい : 焼け木 やけぼっ 杭 くい とは、 燃 も えさしの 切り株 きりかぶ や 焼けた やけた 杭 くい の 事 こと。 一度 いちど 焼けて やけて 炭化 たんか した 杭 くい には再び 火 ひ がつきやすいことから、すぐに 燃え上がる もえあがる 関係 かんけい 、とくに 男女 だんじょ の 恋愛 れんあい 関係 かんけい についていうようになった。 恋 こい は 盲目 もうもく : 恋 こい に 落ちる おちる と、 理性 りせい や 常識 じょうしき を 失って うしなって しまうということ。 夫婦 ふうふ 喧嘩 げんか は 犬 いぬ も 食わない くわない :じきに 仲直り なかなおり するから、 他人 たにん が 仲裁 ちゅうさい に 入る はいる のは 愚か おろか な 事 こと であるというたとえ。

次の