更年期 脇 の 痛み。 更年期関連関節痛

乳首が痛い原因って更年期?それとも病気?

更年期 脇 の 痛み

肩こり(首こり) 肩こりや首こりも腕の付け根の痛みにつながります。 肩や首の筋肉は腕の付け根とつながっており、この部分が凝って筋肉が硬くなってしまうことで周囲の血管を圧迫します。 すると血液の流れが悪くなり、腕の付け根あたりの筋肉にも影響がおよび、痛みや凝りが生じてしまうのです。 肩こりは長時間のデスクワークやスマホの使用で生じやすいです。 パソコンやスマホを長時間使用するときは1時間に1回は軽く休養を入れるようにしましょう。 浴時に自分でマッサージをして揉みほぐしたりすると改善につながるのでおすすめです。 また、肩こりの場合は肩や腕を回すとゴリゴリと音がすることもあります。 詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 参考: リンパ節の腫れ:脇の下に腫れやしこりがあるとき 腕の付け根の痛みとともに脇の下に腫れやしこりなどの違和感がある場合は、リンパ節で炎症が起き腫れている可能性が考えられます。 リンパ節は首の横にある頸部リンパ節が有名ですが、 脇の下にもリンパ節がたくさんあり医学的には腋窩(えきか)リンパ節と呼ばれています。 リンパ節では、体内に侵入したウイルスや細菌が全身に広がる前に退治してくれる部分でこのときに炎症が起き腫れてしまうのです。 また、脇の下に腫れやしこりがある場合は乳がんの可能性も疑われますので注意しなければなりません。 詳しくは後述しますので、このようなしこりなどの症状があらわれる場合は必ずチェックしておきましょう。 腕の付け根が痛いときに疑うべき病気 心臓の病気:左腕の付け根が痛いとき 左腕の付け根に痛みがする場合に当てはまることですが、心臓の病気が影響していないかチェックする必要があります。 左腕の付け根と心臓はとても近くに位置し、実際には心臓で痛みが生じているのに感覚的には左腕の付け根で痛みを感じている場合もあるのです。 具体的には、自律神経失調症や心臓神経症、不整脈、狭心症などが原因となっている場合が考えられます。 以下の記事で心臓に痛みがする原因について詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考: また、反対に右腕の付け根に痛みがする場合は、後述するように肝臓の疲労が影響している可能性が考えられます。 肝臓の病気:右腕の付け根が痛いとき 右腕の付け根に痛みがする場合は肝臓の疲労や病気が影響していることが疑われます。 肝臓は大きな臓器で、肝臓が悪くなると右肩や右肩甲骨のあたりにも痛みがあらわれるのです。 肝臓は暴飲暴食によって大きな負担が与えられます。 なので、しっかりと生活習慣・食生活を見直すことが大切です。 ただ肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれていて症状がとてもあらわれにくい臓器です。 なので肝臓の病気で痛みが生じている場合は、症状がかなり進行してしまっていることが考えられるため早めに病院を受診するようにしましょう。 五十肩(四十肩、肩関節周囲炎):腕が上がらないとき 腕の付け根の痛みとともに、腕が上がらなくなるような症状がともなう場合は五十肩の可能性が疑われます。 五十肩と四十肩は、医学的には 肩関節周囲炎と呼ばれる病気で、肩の関節や筋肉で炎症を起こしてしまうことにより起こります。 名称の通り40代以降に起こりやすい病気で、加齢や生活習慣、ストレス、ホルモンバランスの変化などが影響して発症するとされています。 一般的には数週間〜半年の期間で自然に治るケースが多いですが、慢性化してしまうと完治までに1年以上の期間がかかってしまうので早めに整形外科を受診することをおすすめします。 参考: 石灰沈着性腱板炎 :腕が回らないとき 石灰沈着性腱板炎は五十肩ととても症状が似ていて、腕の付け根の痛みとともに腕が回しにくくなる症状があらわれます。 ただ、五十肩とは違い、肩の違和感などの前兆はなく突然痛みが生じることが多いです。 石灰沈着性腱板炎は、肩の筋肉に石灰(炭酸アパタイト)が生じてしまうことで起こりますが、石灰が生じる原因など詳しいメカニズムは未だ明らかになっていません。 上腕二頭筋長頭炎・烏口突起炎:肩の前側が痛いとき 上腕二頭筋長頭炎と烏口突起炎は、どちらも力こぶの筋肉である上腕二頭筋と近くの上腕骨がぶつかり、刺激し合うことで炎症を起こしてしまう病気です。 上腕二頭筋は長頭と短頭の2つに分かれており、このうち長頭で症状が起こる場合を 上腕二頭筋長頭炎、短頭で起こる場合を 烏口突起炎と呼んでいるのです。 これらの病気の痛み方の特徴は、肩の前側のあたりに痛みが生じやすいという点です。 筋肉の位置関係によりこの部分に集中的に痛みがすることが多く、後ろに手を回すなどの腕を動かす動作で痛みが激しくなるというのも特徴的です。 乳がん:脇の下にしこりがあるとき 腕の付け根に痛みあるときに、脇の下にしこりが見られる場合は前述したリンパ節炎が原因となっている場合と乳がんが原因となっている場合が考えられます。 乳がんは女性の病気で命にかかわる重大な病気なので、このような症状があらわれる場合は念のため病院で検査を受けることをおすすめします。

次の

更年期障害が原因かも?筋肉痛が起こる理由とは

更年期 脇 の 痛み

2年前の秋ぐらいから、たまに左脇の下のリンパ腺が腫れて、だるい痛みがたまにあり、左乳房にも痛みが出るようになったので、受診。 更年期のせいと言われ、EVENING PRIMROSEという更年期の乳房の痛みを和らげるハーブ系の薬をもらう。 症状が断続的に現れるので、翌年の夏、マンモグラフとスキャンをしてもらったところ、異常なしと言われる。 左腕の筋肉に変な感じを覚えることがあったが、それは胸からの影響とのこと。 その後も症状はなくならず、痛みはだんだんひどくなった。 冬になるころには、痛みで明け方目が覚めることもあるようになった。 痛む時期とやわらいで、ただ重い感じがするだけの時期があるのに気がつくが、生理の周期とは全然マッチしていない。 その後の検査で、疑いがいくつか晴れ、結局、胃に沢山のポリープがあって、食道にヘルニアがあるというのが新しい発見となったが、どれも脇と乳房の痛みとは結びつかない。 このときの乳房のマンモグラフは異常なし、スキャンは左乳頭の内側に影があるかも、ということで、定期的な観察を勧められる。 いろいろな、致命的な病気の心配を四六時中してしまうせいか、4月末には左脇の下と乳房の痛みに加え、心臓だか食道だかよく自分でも分からなかったが、その辺りが握りつぶされるような痛みをたまに感じるようになった。 イギリスで再度スキャンを受けるが、何にもないとのこと。 こちらの医者が言うには、乳がんでこんなに痛かったら、もう末期とのこと。 結局、最初の診断通り、更年期のホルモンバランスの乱れのせいということに落ち着き、鎮痛剤とEVENING PRIMROSEの服用で、自然に落ち着くのを待つということになった。 いったん落ち着いたものの、この6月の終わりごろから痛みが始まり、痛くて眠れない夜もある。 左手もしびれた感じが強くなったが、ものをつかむことはできる。 たまに左足もしびれた感じがするようになった。 左の二の腕は重く、これまたしびれた感じで、筋肉が硬く盛り上がった感じ(右手が利き手で握力も強いのに、左腕の力瘤の方が大きく出ます)。 左肩も重い。 ときに焼印を押されたような、ときにキリでぐりぐりと突き刺したような内側に響いていくような痛みで、思わず声を出してしまうこともある。 腕と胸の付け根の筋肉に違和感がある。 こんな状態で、受診。 手足の痺れ感があるので、ストロークの心配がないかどうかのチェックを受けるが(握ったり、圧力に抵抗したり)、こちらは心配なしで、やはり、ホルモンバランスのせいと言われる。 胸と肩、腕はつながっているから、神経が圧迫され、筋肉にも影響して、しびれたり、違和感が出たりしているのだと説明される。 どうして、左ばかりなのかという問いを対しては、人体の神秘はまだまだ解明されていなくて、よく分からないとのことだった。 こんなに痛いのに、ほんとうに単なる更年期障害なのでしょうか? 更年期障害を調べると、のぼせやほてり、肩こりなどが代表的な症状で、多種多様な症状があり、個人差が大きい、というようなあいまいなものです。 鬱っぽくなって、なんにもやる気がなくなるとか。 痛みと、それによって引き起こされている不眠とによって、からだ全体がだるいし、疲れているし、痛みのせいで気持ちは悪くなるし、鬱にさえもなりそうです。 それに、症状から検索をすると、恐ろしい致命的な病名がずらりと出てきて、読む気さえも出てきません。 それから、のぼせ、ほてりというのとは少し違うような気もするのですが、頭からホルモンかなにか出てきて、それがそのまま頭にたまって、頭だけが変な感じがすることがあります。 でも、頭痛はしません。 または、両肩から二の腕にかけて、じわっとなにか液体が走るような感じることがあります。 その後、たまたま医者が左肩がひどく盛り上がっているのに気がついて、フィジオセラピストに回されたところ、骨が盛り上がっていることを発見しました。 昔から肩こりがひどかったので、まったく気にしていなかったのです。 その骨を押さえたら(指圧みたいに)、すぐに刺すような脇の下の痛みがなくなりました。 この骨の盛り上がりは、生まれつきで、今ごろになっていろいろな症状が出始めたというのです。 これも加齢の結果ということかしら。 胸の張りや痛み(たまに)、手の痺れ、顔面が部分的にしびれたような感じになること(のぼせの一種?)はありますが、おっしゃるように、更年期の一種でしばらくの間はつきあっていかなければならないのかなあという風に考えるように努めています。 そうしないと、症状からつい極端に悪い方に考えてしまいますから。 欧州の田舎におりますので、東洋的な施療を求めることができないのですが、漢方薬はなんとか手に入るかもしれません。 同じような症状がある方がいらして、なんだか変な表現ですけれど、ほっとするような感じです。 私ひとりじゃないんだ、ほかにも似たような痛みや不安といっしょに暮らしていらっしゃる方がいる、というだけで、少し心強くなります。 書き込んでくださって、ありがとうございました。 乳房だけでなく、人間ドックもちゃんと受けられてるんですね。 もし更年期障害によるものならハーブ系だけでなく、ホルモン補充療法は、試されましたか? 友人の親は、これで様々な症状がかなり改善したと言ってました。 更年期障害から鬱にかかり自殺した知り合いもいるので、もし鬱が入るようならちゃんと心療内科も受診した方がいいかもです。 痛みで眠れないなら一時的に眠剤を処方して貰うのもいいかもしれません。 寝てても目が覚めるほど慢性的に痛いのは、辛いですよね。 更年期障害では、ないですが、私も整形外科的原因でこの数ヶ月寝てても痛みで目が覚めるので医師に言って眠剤も処方して貰ってます。 痛くて目が覚めて寝てられないと言ったら素直に処方してくれました。

次の

更年期障害で睡魔?良く寝たはずなのに…

更年期 脇 の 痛み

生理前に胸の張りを感じる場合 通常、女性は生理前になると女性ホルモンの1つである『プロゲステロン』が分泌されて、妊娠や出産の準備を始めます。 その過程の中で出産後に授乳するために乳腺が発達するので、胸に張りを感じるようになるのです。 なので生理前に胸の張りを感じるということに関しては、女性にとってごく自然なことであって、特別心配することはないでしょう。 生理後にも胸の張りや痛みを感じる原因とは? では、生理が終わった後にも生理前と同じ様な胸の張りや痛みがある場合は、何が原因となっているのか? その原因をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 ホルモンバランスが乱れている 睡眠不足やストレス、急激なダイエットなどでホルモンバランスが乱れてしまうと、生理後であっても女性ホルモンであるプロゲステロンが過剰分泌されてしまい、生理が終わった後でも乳腺が発達したままになり、胸に張りを感じることがあります。 更年期の影響 更年期特有の症状として、胸の張りや痛みが出てくる場合があります。 更年期を迎えることで次第に女性ホルモンの分泌量が低下していき、それでも分泌を促すように脳からの指令が出続けます。 その結果、ホルモンバランスが乱れてしまい、このような症状が現れてくるのです。 それ以外にもホットフラッシュと呼ばれるのぼせ・ほてりや急な発汗、倦怠感などは感じていませんか? もし感じているようであれば更年期が原因となっている可能性を疑いましょう。 妊娠初期の可能性 もしかすると新しい命を授かっている可能性も考えられます。 生理だと思っていた出血が不正出血で、妊娠していることもありえます。 妊娠している可能性を考え、ほかにも妊娠初期の症状がないか確認してみましょう。 念のために生理予定日の1週間後に妊娠検査薬を使って確認してみるようにしましょう。 疾患の疑い 胸に張りを感じる場合、その多くは生理前の症状であったり、更年期特有の症状が主に考えられますが、可能性の1つに『乳がん』や『乳腺症』などの乳腺疾患を疑う必要があります。 乳腺疾患にはいくつか種類があるので紹介していきます。 乳腺症 乳腺症の場合、乳房の張りとは別で乳房全体が硬く感じたり、痛みを感じます。 乳腺症は重い病気ではなく、女性ホルモンの影響を受けて発生する乳腺の変化なので心配はいりません。 この症状は閉経と同時に症状はなくなります。 乳腺のう胞 乳房に張りがあり、生理不順や生理前に乳房に痛みやしこりが発生するという症状が特徴です。 原因は乳腺の中に液体を含んだ袋のようなものができます。 その袋が大きくなるとしこりのようなものになることもありますが、良性のものであって心配はいりません。 乳腺症の1種なので閉経とともになくなることが多い症状です。 乳腺繊維腺腫 胸の張りや痛みを伴い、乳房に硬いしこりがあって触れると動く 乳腺にできる良性の腫瘍の1つです。 生理の周期で変化がなく、閉経後に年齢とともに小さくなっていきます。 押すと痛みを感じることもあるしこりで、急激に大きくなってしまう場合には良性であっても切除が必要なことがあります。 乳管内乳頭腫 胸の張りはあるけれど、痛みがなく乳首から液体が出てきます。 また、乳房を触るとしこりのようなものを感じることがあります。 乳管に発生する良性の腫瘍の1つです。 ただ、そのうちの2割ほどの女性は乳がんの可能性があり、乳首をつまむと血液を含んだ分泌液が出る場合は早めに検査をしたほうが良いでしょう。 葉状腫瘍 乳腺繊維腺腫とよく似た症状の良性の腫瘍です。 症状として、胸の張りや痛みにしこりが発生します。 そしてそのしこりが一気に大きくなります。 そのまま放置するとかなり大きくなっていき、痛みや皮膚を引っ張られているような症状が出てくる場合があります。 この腫瘍は良性がほとんどですが、稀に悪性のものもあるため切除してしまうのが通例のようです。 乳がん 胸の張りや痛み、硬く動かない石のようなしこりがあったり、乳房を引っ張られているような症状が出ます。 また、乳首から血液を含んだ分泌液が出てくる場合は乳がんの疑いがあります。 乳がんは乳管にできる悪性の腫瘍で、他の疾患と症状があまり変わりません。 痛みに関しては伴う場合もあれば友わない場合もあります。 更年期を迎えた女性の場合は触診だけでは判断が難しいため、マンモグラフィーやエコーといった医療機関での診察が必要です。 また出産経験のない女性の場合は乳腺にできる良性腫瘍という可能性も考えられます。 胸の張り以外にも痛みやしこりがある場合、一度病院で診察してもらうようにしましょう。 生理が終わっても胸に痛みを感じるときは… 生理後に胸の張りや痛みを感じるようであれば、まずは病院で診察してみて疾患がないかしっかり診てもらいましょう。 そのうえで、病気の心配がないのであればセルフケアで胸の張りや痛みを緩和するためにできることをしていきます。 胸の張りや痛みを緩和せせる方法 食生活を見直す まずは食生活から見直していきましょう。 動物性脂肪の摂りすぎは女性ホルモンのプロゲステロンの分泌を促進させてしまうので注意が必要です。 逆に摂らな過ぎても体にとって悪影響なので、程よく食べるようにしましょう。 そして食生活の改善をするときは様々な食材をバランスよく食べるように心がけ、栄養バランスのよい食生活を送ることが大切です。 ストレスとうまく付き合っていく ホルモンバランスに悪影響を与える1番の原因がストレスです。 日々の生活の中で完全にストレスを失くすというのはできませんが、ため込んだストレスを趣味・習い事などで晴らすことが出来ます。 定期的にストレスを発散させる時間を確保して、気分転換して気持ちにゆとりを持つようにしましょう。 ゆったりとした下着をつけよう 胸の張りや痛みがあるときにキツめの下着をつけることで、張りや痛みを増加させてしまうことがあります。 違和感を感じている間は、ワイヤーのないものやソフトカップのもの、カップ付きのキャミソールを着るようにして、胸をゆったりと包んであげましょう。 セルフチェックしてみよう 実際に症状が出ていないかセルフチェックしてみましょう! 頻繁に行う必要はないので、月1回くらいで問題ありません。 生理がある場合、生理中は胸が張ったりするので生理後に行なうと良いでしょう。 ではチェックしていきましょう!• 左右で差がないか?• 両腕を上げて胸にへこみなどの変形はないか?• わきの下や鎖骨周辺のリンパ節にしこりはできていないか?• 胸を引っ張られているような感じはないか?• ブラジャーなど、下着に分泌液が付着していないか?• 乳首をつまんだ際に分泌液がでないか? いかがでしたか・ 1つでも該当した場合は注意が必要です。 「私は大丈夫!」と油断せず、病院で検査してみることをオススメします。 また、あなたの血縁上で婦人科系の病気になったことがある人がいる場合は定期的に検診を受けると良いかもしれません。 更年期と胸の張り・痛みについて いかがでしたか? 胸の張りや痛みには更年期以外にも様々な要因があります。 まずは胸意外にも何か症状が起きていないか確認してみましょう。 もし更年期が原因となっているのであれば、規則正しい生活やストレスをためすぎないようにしてホルモンバランスを整えることを第一にすることが大切です。 人気の記事• あなたは「更年期」という言葉だけ聞いて、どのくらいの年齢の人を思い浮かべますか? きっと多くの人... 39,094件のビュー• 日本人女性の50代と言えば、更年期真っただ中の人が多い時期です。 特に50代前半となると更年期の... 33,691件のビュー• 更年期障害では、動悸やホットフラッシュなどの体の症状にスポットが当たりがちですが、あわせて気にしていき... 28,467件のビュー• もし、あなたが月経以外に不正出血を経験したら、恐らくあなたは「心配だな…(産)婦人科へ行った方がイイか... 22,033件のビュー• 更年期を迎えた時期に妊娠をすることはあるのでしょうか? それに閉経に伴う症状と妊娠した時の症状が似て... 13,119件のビュー.

次の