税込み計算。 消費税(10%)の計算方法

[EXCEL]エクセル消費税:税込み価格⇔税抜き価格の計算方法|EXCEL屋(エクセルや)

税込み計算

1.税抜き価格から税込み価格を計算する 税抜き価格から税込み価格を計算する方法を紹介します。 その前に、消費税の計算を複雑にしている税率と%について解説します。 例えば日本語で次のように解説します。 消費税は2019年10月1日に税率が8%から10%に上昇します 税率とは、税金の額を計算するときに使う数字です。 消費税の額は、商品やサービスの本体の値段(本体価格や税抜き価格といいます)に応じて変わります。 本体価格が高くなると消費税の額も上昇します。 消費税の額は次の計算式で出します。 次に、税抜き価格(本体価格)と税込み価格(消費税を上乗せした価格)の関係についてみていきます。 先ほどの消費税の額の計算式から、両者の関係はこうなります。 「%」は、計算をするときに数字を100分の1にします。 すなわち8%は8の100分の1なので0. 08で、10%は10の100分の1なので0. 1です。 したがって、上記の計算式は以下のようになります。 1 これで税抜き価格(本体価格)から税込み価格(消費税を上乗せした価格)を計算することができました。 2.税込み価格から税抜き価格を計算する 税込み価格(消費税を上乗せした価格)から税抜き価格(本体価格)を計算するとき、先ほどの計算の逆の計算をします。 したがって日頃の買い物では、本体価格と消費税の額がすぐにはわからないことがあります。 そこで本体価格と消費税の額を計算するコツを紹介します。 <消費税8%の税込み価格から本体価格を計算するコツ>• 08で割る• 926をかける このいずれの方法でも本体価格を出すことができます。 例えば「税込み価格1,080円」と表示されていたら、次のように計算すれば本体価格1,000円が出ます。 08=1,000円• 926=1,000. 08円 下の計算式は端数の「0. 08」が発生しましたが、大体1,000円になることがわかります。 端数については後で解説します。 <消費税8%の税込み価格から消費税の額を計算するコツ>• 108で割って8をかける• 5で割る このいずれの方法でも消費税の額を出すことができます。 例えば「税込み価格1,080円」と表示されていたら、次のように計算すれば消費税の額80円が出ます。 <消費税10%の税込み価格から本体価格を計算するコツ>• 1で割る• 909をかける <消費税10%の税込み価格から消費税の額を計算するコツ>• 110で割って10をかける• 11で割る 3.小数点以下の端数は切捨てが多い 消費税の額や税込み価格では、どうしても1円以下の小数点がついた金額が出てしまいます。 1円以下には銭というお金の単位がありますが、銭は日常生活では使いません。 銭の額のことを端数といいます。 つまり金額を計算した結果、銭が出てきたら銭の額を「1円とみなす」か「0円とみなす」か決めなければなりません。 「銭の額を1円とみなす」方法は切り上げといい、1銭でも発生したら1円とみなす方法です。 ちなみに100銭=1円です。 「銭の額を0円とみなす」方法は切り下げといい、99銭でも0円とみなす方法です。 切り上げと切り下げの中間の存在が四捨五入です。 四捨五入は50銭以上を1円とみなし、49銭以下を0円とします。 銭の額(端数)の処理方法は法律で定まっていません。 つまり小売店によって1銭でも1円とみなすこともありますし、99銭でも0円とみなすこともあります。 ただ端数を切り捨てたほうが客の利益になるので、 切り捨てを採用する小売店が多いようです。 また業者と業者の間での取引では、両者で端数処理の方法を決めます。 さらに詳しくは、「」をご覧ください。 まとめ 「消費税」「本体価格」「税抜き価格」「税込み価格」「税率」「銭(端数)」といった、消費税ならではの「特殊な数字や金額」をみてきました。 端数処理は自由に決めることができるだけに「しっかり決めておく」ことが重要になります。 なお、当サイトでは 消費税計算アプリ「Taxrator」を無料公開しています。 上記表の 計算が価格を入れるだけで簡単に出来る便利なアプリです。 もう計算式を調べたり、毎回電卓で計算する必要はありません。 是非ご活用ください。 Ad Exchange.

次の

エクセルで「消費税と税込/税抜き価格」を求める計算式【Excel関数】

税込み計算

08; System. out. 最初のうちはとにかく必要なものなのだと思えばよいでしょう。 セミコロンを忘れると、Eclipseが赤線を表示します。 赤線の上にマウスカーソルを載せると「構文エラーがあります。 この表示がでたら、セミコロンを入力してください。 (半角セミコロンです。 ) 変数は数値を入れておく箱をイメージするとわかりやすいと思います。 変数を使うには変数宣言という定めった書式からなる行を書く必要があります。 基本形は以下の形です。 6行目のintは整数を扱うときの型のひとつです。 intの他もありますが整数ならばintが基本です。 その次のpriceは変数名で自由につけられますが、今は目的がはっきりしているため分かりやすい命名にしました。 キャメルケースという表記に従って、先頭を小文字にしています。 6行目は整数を格納する箱で、箱の名前をpriceで定義し、100という数値を格納しているという意味です。 次の行も同じような読み取り方ですが、小数を扱う場合はdoubleという型が基本です。 次の図は大雑把に変数の格納のイメージを説明した図です。 変数名を使うと、その変数名を後で使うことができます。 (使える範囲については今は省略します。 )上記プログラムではprintlnの括弧の中の計算式で変数名を使っています。 使えるのは宣言した変数名ですので、スペルミスをするとEclipseが赤線を引きます。 (スペルミスというより、宣言されてない変数名を使用した場合と言った方が正確かもしれません。 )修正候補が表示される場合はそれをクリックすると修正されます。 計算結果を格納 変数に計算結果を格納することができます。 上記プログラムではprintlnの括弧の中に直接計算式を書いていますが、これを次のように書くこともできます。 out. 右辺の結果を左辺で指定した変数に格納することができます。 詳細は省略しますが、左辺はdouble型の変数taxRateがあるため結果が小数になります。 なので左辺の変数はdouble型である必要があります。 taxRateの型をintに書き換えるとEclipseが右辺に赤線を引きます。 double型の値をint型の変数に格納できないのでエラーがEclipseによって表示されます。 マウスカーソルを右辺の上に置くと内容がポップアップで表示されます。 ソースが次のように修正されたと思います。 実行してみると結果は整数で表示されます。 キャストといいます。 double型をint型に変換してくれますが、小数点以下は切り捨てになります。 変数の型としてint型とdouble型を紹介しました。 この2つはプリミティブ型と呼ばれる分類に属す型です。 プリミティブ型は箱の中に直接値が入っているイメージで良いと思います。 算術演算子は以下があります。 もし0にした場合、実行時にエラーが発生します。

次の

源泉徴収税・消費税の請求と計算例・仕訳例

税込み計算

消費税が2014年の4月から 8%になって もう4年経とうとしています。 国会では 消費税10%の増税が 2017年4月から 2019年10月へと変更になりました。 また、 本体価格に対して 消費税8%の価格は?と言っても、 計算するときに どのように 計算すればよいのでしょうか? まず初めに 消費税について 簡単にお話をさせていただいてから、 それぞれの計算方法のお話をさせていただきます。 消費税というものは、その「 間接税」になります。 スーパーはこの時に受け取った 消費税80円を、 消費者に代わって税務署に納付することになる ということです。 購入者の代わりに スーパーを通して、 「 間接的に」 消費税を納めたということになります。 スーパーも消費者同様、 その仕入れ先(食品メーカー)に、 消費税540円を支払わなければならないので、 仕入れ先(食品メーカー)も スーパーに代わって 受け取った40円を 納付する仕組みになっています。 この108%を 小数点の数字にすると、 1. 08になるので、 税込価格の計算をするときは、 税抜き価格から 1. 08をかけてやるということになります。 08=1080円 ということです。 08掛ける計算方法だったので、 税込価格から 税抜価格の計算方法は その 逆で税込価格から、 1. 08で割ってやるだけで計算できます。 08=1000円 になります。 続いて 消費税を割り出す計算も 紹介させていただきます。 08を掛けたり 割ったりして計算していました。 消費税のみを割り出す計算は 税額(8%)の 0. 08を 税抜価格に掛けることで、 その 商品価格の消費税を計算することが出来ます。 08=80円 ということになります。 小数点以下の数字が延々と続くような感じで…。 08=25,231. 481481481481… ¥27,250(税込価格)-¥25,231(税抜価格) = ¥ 2,019 (消費税 8 %) 表示価格:¥27,250(内税2,019) ということになり、小数点以下は 「 切り捨て」で計算します。 その 会社のルールによって決まっています。 また、 割り切れない場合には 「 切り捨て」「 切り上げ」「 四捨五入」の 3つの方法がありますので、 会社のルールに従って計算してくださいね。

次の