あいのり桃 ママすた。 あいのり桃不妊治療目撃の病院は?ママスタで実物の身長は?

あいのり 桃スレ

あいのり桃 ママすた

JAPAN KAWAII アイドルカルチャーを世界へ発信するコンセプトで活動している「わーすた」が、いま世界各国のアイドル内で注目されている。 わーすたは2015年に結成し、日本での活動がメインだが、グループ名が「The World Standard」の略称から「わーすた」となっていることからも伺える様に、「世界標準」を目指しているグループ。 結成から現在に至るまで上海・シンガポール・台湾・タイ・フランスとすでに8回に渡り海外でライブやイベント出演を重ねてきており、今年6月には、台湾でワンマンライブも成功を収めている。 結成時からスマートフォンでのライブ撮影を推奨しSNS公開をOKにしていることで曲やライブ映像が世界に届いていった。 まさに「世界標準」になりつつあって世界中でカヴァーされる様になったと推測される。 現在YouTube等に動画が公開されているのは、タイ(バンコク)のChone-Bi、Nekomata、Prin Dolls。 3組はダンスも衣装も完成度高い。 YouTubeではヒットしないが、中国(上海)のFlyCats。 インドネシア(ジャカルタ)では、衣装の完成度が高いNekoDachi、Choco Beam、2015年メジャーデビュー前、世界でいち早くわーすたをカヴァーしたLumina Scarlet。 着実に海外でのパフォーマンス経験もけん引していると思われるこれらの動画。 今年の7月、フランス パリにて開催さてた「JAPAN EXPO 2017」 に出演した事でさらにその勢いを加速した様に感じる。 JAPAN EXPOではメインステージでパフォーマンスした「KARASU STAGE」を含めて大きな3ステージに出演し、約1万人動員とも報じられた。 10月には4枚目のシングル・2ndアルバムの同時発売し、10月22日からは全国9都市で開催される全国ツアーを控えている。 関連記事.

次の

”JAPAN KAWAII アイドル”わーすた カヴァーグループが世界で増殖中(ドワンゴジェイピーnews)JAPAN KAWAII アイドルカルチャーを世界へ発…|dメニューニュース(NTTドコモ)

あいのり桃 ママすた

女優の長谷川京子(41歳)が、6月30日に放送されたトーク番組「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演。 話題のドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)でアユを演じている、女優・安斉かれん(20歳)へ恋愛のアドバイスをした。 長谷川は安斉に「今ちょっと彼氏どころじゃないって感じ? それとも両立できるならいいんじゃないですかって感じ?」と尋ねると、安斉は「全然、今は(恋愛が)ないですけれど、タイミングがあれば恋愛したいっていう感じですけれど」と回答。 すると長谷川は安斉に「1つ言えます。 自己肯定の低い人とは付き合っちゃいけないと思う。 引っ張られる。 負の方に。 ネガティブなエネルギーってすごい強いから」とアドバイス。 さらに長谷川は「男の人ってだいたいみんな一緒だと思うんですよ。 どの人もだいたい一緒」と大人の意見を安斉に伝えた。 【関連記事】•

次の

わーすた 結成5周年“渋公”ライブ、初の無観客で開催へ(ドワンゴジェイピーnews)3月28日(土)LINE CUBE SHIBUYAにてSOLD OU…|dメニューニュース(NTTドコモ)

あいのり桃 ママすた

すたコラさっさと、画像処理ソフトで、今やスマホからでも簡単にコラ画像ができる時代だ。 さらにそういった画像はSNSを通じてあっという間に拡散され出所すらわからなくなる始末。 いったん広まったものはそう簡単に消えることはない。 グルグルと世界中を旅し、いろんな荷物を背負わされた結果、全く別のサイドストーリーがつけられ戻ってくるもんだから、もうこうなると何が本当で何が嘘なのかわからなくなる。 以下にあげる画像は、近年ネット上に出回ったフェイク画像である。 何枚か見たことあるやつもあるんじゃないかな? ・1. パリス・ヒルトンのTシャツの文字 この写真のパリス・ヒルトンは、"貧乏人なんてやめよう"(Stop Being Poor と書かれたタンクトップを着ている。 彼女は誰もが知る大富豪の娘で、働かなくても食べていける境遇だ。 この写真が投稿されると、貧困者の窮状に対してあまりにも無神経だとしてたちまち炎上した。 だが本当は、彼女はこんな不愉快な言葉が書かれたTシャツは着ていない。 実際にTシャツに書かれていた言葉は"絶望するのはやめよう" Stop Being Desperate)であり、若者たちを励ます言葉だったのだ。 うちのクモがそんなにデカいわけがない こちらはフェイスブック上を駆け巡った写真。 この写真にはこんなコメントがついていた。 今朝、家の外の壁を何かがよじ登っているような音が聞こえたんだ。 最初は業者が修理工事をしている音かと思ったんだけど、外に出てみたらこんな巨大クモが! このハワイアンケーンスパイダーはめったにお目にかかれない珍しいクモで、2メートルくらいまで成長することがあるらしいけど無害だという。 とはいってもめっちゃコワいわ。 実際には、家のそばで一般的に見られるコモリグモを、とんでもない大きさに加工したもの。 確かに巨大なクモは存在するし、オーストラリアならもしや?と思うかもしれないが、こんな普通の場所では見つからないだろう。 ロシアでの睡眠実験と題された写真 このぞっとするような写真は、"ロシアでの睡眠実験が失敗して最悪の結果になった例"という不穏な裏話がついて、ネットでたちまち広まったものだ。 数人の戦争捕虜にガスを吸わせて15日間眠らせないようにしたという実験で、期間中に実験が失敗し、捕虜が恐ろしく変わりはててしまったという。 この写真はその捕虜のひとりらしいが、実際にはただのハロウィン用の不気味な人形である。 右と左の写真を比べてみると、不気味なセッティングと白黒フィルターによって、左のほうがいかにももっともらしく見える。 これは、不気味で恐ろしい話をシェアするサイト、「Creepypasta」からの引用だが、掲載されているものはほとんどがフェイク、あるいは実話に尾ひれがついたものだ。 YOUTUBEでも配信されており260万回以上再生された。 "The Russian Sleep Experiment" IReadCreepyPastas ・4. 『モンスターズ・インク』に隠された不適切な壁の絵? ディズニー映画「モンスターズ・インク」の一場面である。 さてここで問題だ。 上の写真と下の写真、主人公の寝室の壁に貼ってある子どもの絵が違うのだが、どちらがフェイクだろう? まあわかるよね。 フェイクは上の画像だ。 ロジャーおじさんとママがアレしてるもの。 だが、ディズニー映画はクリエーターが遊び心でなんかを仕込んでいたりするもんだから、本気にしちゃった人は結構いたみたい。 マリリン・モンローとケネディの密会シーン? ジョン・F・ケネディが妻に隠れてマリリン・モンローと熱く燃え上がっていたという噂は彼の大統領就任以来ずっとあった。 モンローは売り出し中のセクシー美人スターで、単なる友人以上の仕草で大統領にハッピーバースデーを歌ったことでも知られている。 ふたりの仲は相当怪しいと思われていたが、決定的な証拠はなかった。 そこで出てきたのがこの写真だ。 多くの人がこれが大統領執務室で抱き合うふたりの決定的な写真だと信じて疑わなかった。 だが、これは完全なでっちあげ写真。 空想を再現しようとしたひとりのカメラマンによって、大統領とモンローに不気味なほどそっくりなふたりの俳優を使って撮影されたものだ。 憑りつかれた修道女の首? 悪魔に憑りつかれた修道女の首として出回った写真だが、実はこれ工芸品である。 怖い系アートを作るのが好きなあるアーティストの作品だ。 すべて人為的に作られたものなのだが、写真だけが独り歩きし、信じてしまった人も多いようだ。 女性が初めてショートパンツをはいたせいで事故発生? この写真は何度か出回って消えてはまた出回るを繰り返しており、最近も出回っていたという。 そのエピソードはこうだ。 後ろ姿の二人は、世界で初めてショートパンツをはいた女性である。 彼女たちのむき出しの脚がまわりの人々が驚かせ、車を運転していた男性が見とれていて衝突事故を起こした もちろん嘘である。 歴史のある時点で、女性のショートパンツ姿がいろいろ議論になったのは確かだが、この写真が本物の衝突事故である証拠はない。 車はまったく壊れていないようだし、運転席の窓からのぞいている男性はいかにも俳優のようだ。 「Horse」という文字が体に浮き出た馬? 体に馬(horse)という文字が浮き出ている馬だというのだが、実はこの写真はフォトショップコンテストのための作品だった。 多種多様な模様の動物は確かに存在するので、この写真は本物として何度も投稿された。 かつて存在した巨大バッタ? 1900年代半ば頃に出回った巨大バッタ写真。 なんと、仕留めるのにショットガンが必要だという。 当時はコラ画像を作るのも大変な時代だった為もあり、多くの人々が信じた。 だがもし本物なら、この1枚の写真だけではなく、もっと証拠の写真がたくさんあるはずだ。 更に現代の我々は当時の画像加工技術水準をなめてかかっているので、時代を経て更にまた騙されてしまうのだ。 ・10. 結婚式に出席したカルト集団 写真自体は本物で、フォトショで加工したものではない。 結婚式を行っている会場の後ろをよく見ると、黒いマントを着た集団が、ひっそりとビルからそれを見つめている。 多くの人は、新郎か新婦が実は不気味なカルト集団に所属しており、メンバーたちは秘密裏に結婚式に参列したと信じていた。 だがこれらはビルの別の場所に設置されていたアート作品であり人ではない。 ・11. Amazonにあったホラーすぎるイヌが赤子に化けるコスチューム MommyMaker製 実物そっくりのイヌ用ベビーコスチューム 価格:39ドル99セント ・小児科医の30%をだませます。 ・イヌの赤ちゃんを産む妊娠中のお腹は別売り。 ・本物の赤ちゃんの髪の毛を75%使っています。 ・吠え声から赤ちゃんの泣き声まで、モデュレーター内臓。 ・チワワからマスチフまで、サイズは5種類。 なんでもそろうamazonだもの、あってもおかしくないと信じてしまうだろう。 犬好きで奇妙好きな人ならポチりそうだしね。 だもんだから、かなりの注目を集めて、さまざまなSNSで何度もシェアされた。 広告は細かいところまでこっていて、商品の詳細だけでなく、口こみや星評価までついている。 実際にはまったくのフェイクで、こんな商品は存在しない。 元になった広告はわからないままだが、アメリカのアニメネットワーク、アダルトスイムが作り上げたものではないかと言われている。 ・12. アラン・リックマンが生前に残した言葉 アラン・リックマンはたぐいまれな才能をもつ俳優だったが、非常に残念なことに去年亡くなった。 さまざまな役を演じていたが、中でも最高の役柄はハリーポッターシリーズのスネイプ先生だろう。 そんな彼が生前こんな言葉を残したとしてネット上に出回った。 わたしは80歳になっても、揺り椅子に座ってハリーポッターを読むだろう。 そして家族はわたしにこう言うだろう。 "今さら読んでるの?" そしてわたしはこう答える。 "ずっと読んでたんだ" ーーアラン・リックマン リックマンがこのシリーズを心から永遠に愛しているように思えるもっともらしい言葉だが、リックマンは実際にはこんなことは言っていない。 どんなインタビューにもそんな記録は残っていないし、実生活の中で誰かに話したこともない。 現実には、実は原作は読まないと彼は言っている。

次の