吉本新喜劇 歴代座長。 吉本新喜劇座長の仕事は酒井藍で大丈夫?次期座長や引退座長予想!

よしもと新喜劇│MBS

吉本新喜劇 歴代座長

Contents• 吉本新喜劇の座長のお仕事 吉本新喜劇の座長の仕事というのは具体的にどういったことがあるのでしょうか? 普通の座員と違う点はどこにあるんでしょうか? やはり、新喜劇の座長はやはり 看板スターでいることです。 ただ、そんな華やかな仕事ばかりでなく裏方の仕事もあります。 まず、 新喜劇のシナリオの選択や時には 脚本を書かなくてはいけません。 座長になれば 人員を揃えスケジュールを組んだりギャラの分配もありますね。 そして、 宣伝も大切な仕事です。 団員をまとめるというのももちろん座長の仕事になりますので そのようにギャグがあるだけでなく、さまざまなことに気を配れる人でないと無理ですね。 収入は、歩合制なので客の入りがいい程収入になるようです。 面白いからだけでは、なれないのが座長です。 吉本新喜劇の座長は誰が決めるの? 現在の吉本新喜劇の座長を決めているのは新喜劇の運営をしている吉本の社員達、劇場の支配人や管理職の方たちのようです。 以前は社長が古参の座長を辞めさせたりして世代交代を図ったりしてましたが現在はそんな事はないみたいです。 しかし、基本的に劇団員には決める権利はないようです。 でも劇団員の評判は座長の重要要素ですね。 出演者からの信頼も厚いこと、 そして、 劇団員の個性も活かせる才能がないと座長には選ばれません。 うえでいったような新喜劇劇中以外でのさまざまな活動など 座長としての責任を全う出来るかどうかも判断されます。 酒井藍で座長は大丈夫なのか? このような座長の仕事はたいへんな部分が見えない部分でもたくさんあると思います。 未知やすえさんも会社から正式に座長にといった話があったけれど、断ったといっておられます。 未知やすえさんの場合は、旦那さんの内場さんが座長であるのでそれも断った理由になるかもしれませんが、 座長の大変さもあって断られたのでしょう。 酒井藍ちゃんは最年少で初の女性だということで期待も大きい分プレッシャーもあるのかと思います。 酒井藍ちゃんの座長就任の際、ベテランの新喜劇女優の浅香 あき恵さんも 「泣いて喜んでくれた。 」 といったように先輩の方々にもかわいがられているようですので、サポートなどもあるのでしょう。 座長になるとヒットを狙わなければいけません。 そして、劇団の決起の為にも若い劇団員に夕飯を奢ったりしたり、体力もお金の管理たいへんですね。 もちろん、そんなことは、今まで先輩座長をみてきて藍ちゃんも十分わかっていると思います。 それも覚悟のうえで、座長を受けたということでしょう。 スポンサードリンク 次期吉本新喜劇の座長の候補は? ずいぶん前から、酒井藍ちゃんの前にしみけんこと 清水けんじさんが次に座長になるのだと思われていました。 単独ライブはもちろん過去にも新喜劇で主役経験もこなしています。 清水けんじも「ずっと座長になりたい。 」 とおっしゃってますし、そういうイベントもされていました。 年齢的にも今度こそ、清水けんじさんといった説が有力ですね。 yoshimoto. でも川畑泰史座長とネタにもなっているように顔も感じもちょっとかぶりすぎな感じですね。 yoshimoto. アキさんの笑いのセンスはとても好きなのですが、辻本さんとの掛け合いが抜群におもしろいので座長といったのはまだ違うのかなと思います。 yoshimoto. 年齢から行くと内田勝則さんなのでしょうが、 小藪千豊さんがもしかして辞められるのかもと思いますね。 小藪千豊さんは新喜劇愛はとても強い方だと思いますが、東京への進出もされており、持ち前の器用さから多くのテレビにも出ています。 たよりになる後輩たちがでてくることによって後を譲るといったことも考えているのかなと思います。 酒井藍ちゃんに対しても、 「おもしろいだけでなく」 「愛されキャラだけでなく」 「人をよくみている」 「目配り気配りができる」 「正義の心というか公正さも持ち合わせている」 「保身に走らず自己犠牲する根性もある」 「まずイキらない」 「数年前から俺はボロ負け」 「とにかくすげー座長だよ」 などなど絶賛してます。 藍ちゃんも小藪さんに祝いの食事も誘われているともいっています。 この酒井藍ちゃんが成長することによって小藪さんはいったん新喜劇の座長をしりぞくといったことも念頭にあるのではと妄想的に思ってしまいました。 ま と め 吉本新喜劇が好きすぎて酒井藍ちゃんが座長になったことからどうなっていくかの期待と吉本新喜劇座長の仕事は多岐にわたるようなので大丈夫なのかといった心配がよぎきりました。 次期座長や引退するかもしれない座長の予想なども勝手にしてみたのですが、どうだったでしょうか? 新喜劇の座長は人数が増えていくことによって様々なカラーの新喜劇が見れて面白いのですが、これ以上座長は増えないのかなとも思ったので、引退をするかもなと思われる方も予想してみました。 座長というのは演目の選定から脚本に劇団員のキャスティングにスケジュール調整やら宣伝にチケットの手配などとにかく雑用から出演まで全てをしなければならないような大変なしごとなのですね。 誰にでもなれる仕事ではありません。 それでもなおかつ座長に選ばれた酒井藍ちゃんはすごいですね。

次の

小籔千豊 新喜劇再開に言及、他舞台のクラスター発生に「この後の状況によってはまた中止なんてことも」(2020年7月14日)|BIGLOBEニュース

吉本新喜劇 歴代座長

私が小学生の頃は、毎週土曜日のPM1時から始まる吉本新喜劇が見たくて駆け足で家に帰った記憶があります。 当時は岡八郎さんや花木京さんがおもしろいとゲラゲラ笑っていました。 でもギャグも構成もワンパターン化し会社が大改革を起こしたのが1989年のことです。 心斎橋2丁目劇場ができて若手が台頭してくる中、新喜劇の人気に陰りが見えてきたのですよ。 ファンだった岡さんや花木さん、それに原哲男さんも勇退されました。 「隙があったらかかってこんかい!!」 「学生時代ピンポンやっとったんや!!」 という岡さんの持ちギャグをもう一度見てみたいものです。 若者に受ける新喜劇を作るため、若手が入団しました。 今も活躍されている今田耕司さんや東野幸治さん、板尾創路さんと蔵野孝洋 現ほんこん)のコンビの他吉田ヒロさん他が新加入メンバーです。 Contents• 吉本新喜劇歴代座長一覧 吉本の歴史は古く詳細は不明ですが、確認できた順で並べてみますね。 花紀京 平参平 秋山たか志 財津一郎 岡八郎 原哲男 桑原和男 船場太郎 阿吾十朗 木村進 間寛平 伴大吾 谷しげる 室谷信雄 池乃めだか 今田耕司 東野幸治 板尾創路 蔵野孝洋 内場勝則 辻本茂雄 石田靖 吉田ヒロ 小籔千豊 川畑泰史 すっちー 酒井藍 「ピアノ売ってチョーだい」の財津一郎さんは吉本新喜劇出身の役者さんだったのですね。 座長ではありませんが藤田まことさんも新喜劇出身なんですよ。 座長の人気は? 現在の新生吉本新喜劇の座長は小籔千豊、川畑泰史、すっちー、酒井藍、辻本茂雄、内場勝則の6名です。 ちなみに私個人としましては 1)小藪さん 想像力が豊かで話を盛り上げる話術が優れていると思います。 何でもない話でも小藪さんが喋ると面白いですよね。 2)辻本さん ボケにつっこむタイミングが絶妙です。 連続したボケと突っ込みのかけあいはゲラゲラ笑ってしまいます。 3)内場さん 定番のボケや突っ込みをされても、毎回笑ってしまうのは内場さんが持つ魅力なのでしょうね。 4)すっちーさん 劇の笑いのツボをよく研究されているなあと感じます。 他人を引き立てつつ自分の持ちギャグを出していく技術は素晴らしいと思います。 5)酒井藍さん 他の女性では真似のできない笑いを提供してくれます。 益々、伸びていくのでしょうね。 6)川端泰史さん 1本のストーリーを地味に色付けし一つ一つの作品を仕上げていくように感じます。 茂造のアドリブって台本通りの噂 茂造こと辻本茂雄さんのアドリブについて話題になっていますね。 本当にアドリブで無茶ぶりをして個人攻撃をしているのかと。 実際に劇を見に行った知人に聞きますと、同じシーンで同じ無茶ぶりをしていたそうです。 つまり、いかにもアドリブに演出で見せているだけで本当は打ち合わせをしていることが推察できます。 確かに一字一句間違わないような打ち合わせ通りの演出ではなく、少しは台本にないことも言うかもしれませんが。 私も野外でお笑いの劇を見たことがありますが、その時も午前の部、午後の部とも同じ設定でやりとりされていました。 いかにも、この瞬間思いついたかのようなアドリブでしたが。 まとめ 私は幼いころから吉本新喜劇が好きでしたが、ただお年寄りに「あの世が近い」とか顔の欠点(あごが大きいとかブスだとか)を笑いにすることは、子供ながらにとても嫌でした。 しかし今ではそれが吉本なら笑えるという気持ちに落ちついてきました。 自分も成長したのでしょうが、吉本も「それが吉本のネタ」という風に受け入れられてきた証なのでしょうか。 坂シリーズで吉本坂も好調な様子ですね。 これからどんなエンターテインメントをみせてくれるのでしょうか?.

次の

吉本新喜劇

吉本新喜劇 歴代座長

吉本新喜劇の歴史について 昭和34年(1959年)のこと、うめだ花月の開場に合わせて吉本ヴァラエティがスタートしました。 これが吉本新喜劇の前身となります。 一回目の演目タイトルは「アチャコの迷月赤城山」で、メンバーは花菱アチャコに白木みのる。 そして東宝から芦屋雁之助に大村昆などコメディアンが出演し、開局してまだ間もない毎日放送がテレビ中継も行って徐々に人気が上昇。 京都花月が昭和37年(1962年)に開場する際に吉本新喜劇という名称になりました。 翌年にはなんば花月が開場し、こちらは朝日放送が中継をスタート。 うめだ、京都、なんばの3館の巡演をするようになり劇団員も3員に振り分けていきました。 しかし、1980年代に訪れる空前の漫才ブームにより吉本新喜劇には逆風が吹きます。 旧態依然のスタイルに見られた新喜劇の人気には陰りが見え、新喜劇は80年代後半にはうめだ花月のみの上演になっていくのです。 平成元年(1989年)、大きく若返りを図りながらもチャーリー浜や島木譲二、池乃めだからを再投入し人気を回復。 平成3年(1991年)には初の東京公演を開催し、平成9年(1997年)には「超!よしもと新喜劇」がTBS系のゴールデンタイムで放送します。 さらにはこの頃から海外公演もスタートし大盛況。 平成11年(1999年)には現在にもつながる座長制度がスタートし、座長のカラーによって個性を発揮した舞台を関西や東京、そして全国主要都市で展開しております。 スポンサーリンク 吉本新喜劇の座長とは 吉本新喜劇の座長は平成30年(2018年)現在6名おります。 平成7年(1995年)座長制度となる前身のニューリーダー制から担当している内場勝則、辻本茂雄。 そして平成18年(2006年)に就任している小薮千豊に平成19年(2007年)に就任している川畑泰史。 そして平成26年(2014年)に就任したすっちーと平成29年(2017年)に新たに就任した酒井藍の6名です。 なお、酒井藍は女性で初めての吉本新喜劇座長となりました。 では座長の役割はどのようなことなのでしょうか?座長の大切な仕事がまず人員を揃えスケジュールを組み、シナリオを決めるということです。 つまりは上演する内容のプロデューサー的な役割であり、メンバーを揃えてそれぞれの個性を活かしながら観客を喜ばせなくてはならないのです。 ちなみにギャラの分配も座長の役割となります。 したがってグループそれぞれで指名制で選ばれることから、座長になるには芸人としての実力はもちろんですが人望の厚さも認められた証となるのです。 吉本新喜劇の歴代座長のメンバーとは 前述のように実力そして人間性を兼ね備えた芸人が選ばれている吉本新喜劇の座長。 歴代座長は一体どのような人たちが名を連ねていたのでしょうか? 昭和37年(1962年)のスタート時の座長は平参平。 白木みのるとのコンビではテレビのコメディ番組にも出演し人気を博しました。 昭和38年(1963年)に就任したのは花紀京で、同じく後に座長に就任する事となる岡八郎や原哲男、桑原和男などとのコンビ芸で人気を集めます。 そして長きに渡って吉本新喜劇の顔として君臨し続けた間寛平も昭和49年(1974年)に座長に就任。 さらには現在も現役座員として活躍しているベテラン池乃めだかもかつては座長であった時期もあるのです。 また座長から一度退いたものの地方公演等で改めて座長となるケースも。 それが石田靖で、平成11年(1999年)に座長に就任後、一度退き座員からも籍を外しているもののルミネtheよしもとや地方での公演では座長を務めております。 いずれにしても吉本新喜劇の座長はまさに吉本の顔と言えるメンバー揃いであることがこれらの名前からもわかります。 吉本新喜劇の座席予約チケットの予約の仕方と料金は? では吉本新喜劇の座席予約チケットはどのように購入出来るのでしょうか?現在は幾つも方法があります。 まずはwebからの予約です。 チケットよしもとWEBからの購入であればチケット代金の他に手数料は必要なしですのでオトクとなります。 続いては電話での購入です。 予約をした後にコンビニのファミリーマートか劇場窓口で決済と発券を行います。 次はよしもとの劇場窓口で直接購入。 当日券はもちろん前売り券の購入も直接可能です。 さらにはプレイガイド購入。 チケットぴあとローソンチケットでの購入も可能となっております。 では最後に料金について、なんばグランド花月で行われている吉本新喜劇の本公演は1階席が前売りも当日も4,700円。 2階席は同じく前売りも当日も4,200円です。 なお特別興行期間は価格が変更となるケースもあり、加えて新喜劇以外の公演や他の会場についてはチケット料金がそれぞれで異なりますのであらかじめご確認ください。 なんばグランド花月の場合、吉本新喜劇の本公演は平日ですと午前と午後の1日2回公演。 土曜日と日曜日、祝日が1日3回公演。 いつも大盛況の館内でありますので、行く日程が決まっている際には早めのチケット購入をオススメします。 時代や制度が変わっても、ギャグで全員がコケるというのは吉本新喜劇の良き伝統。 世代を超えて楽しむことが出来るのです。 スポンサーリンク.

次の