ゆるキャン△ ドラマ。 ゆるキャン△ドラマ1話の志摩リンの自転車ブランドは?値段や通販も

『ゆるキャン』が実写ドラマ化! 気になる出演者は?

ゆるキャン△ ドラマ

こんにちは、すきゃです。 四尾連湖キャンプ場での、しまりんとなでしこのデュオキャンプ後編でした。 そして 実に濃厚な飯テロ回 が活躍しましたね。 公式アカウントがツイッタープレゼント企画もやっているのでB-6君が欲しい人は応募して見るといいと思います。 (終了しました。 グビ姉の完成度が高いw というか原作よりヤバイキャラになってませんかね。 実際に会ったら結構ドン引きすると思うんですがw グビ姉のキャストはさんという方ですが、迫真の酔っ払い演技に恐れ入りました。 個人的に 「でもノンアルビールならもしや!」の時の表情が好きです。 グビ姉の妹さんの方は、 どうみても男性に見えないですね笑。 流石にしまりん眼科に行ったほうがいいんじゃない? 個人的に北原帆夏さんの声が好きなイケメンボイスで良かったです。 グビ姉妹の二人は(失礼)、なでしこがベテランキャンパーさんと称するように、 しまりんたちよりもおしゃれキャンプしているなーという感じでした。 個人的に、知っているキャンプギアが色々出て来たのは見ていて楽しかったです。 今回出て来たキャンプギアはいくつか最後に紹介しています。 飯テロ その11:キャンプ飯• 覚悟はしていましたが、 とても濃厚な飯テロ回でした w 今回出てきたキャンプ飯は、• ジャンバラヤ• たら鍋スープ• 豚串&豚串むぎ飯 の3連コンボ。 事前に飯テロ対策でおやつを食べておいて良かったです。 余談ですが、なでしこ役の大原さんが豚串むぎ飯をかきこむ時に動作がなんだか慣れてない感じでちょっと可愛かったです。 普段やらないんだろうな笑 牛のお化け 牛のお化けにシーンはアニメだとギャグですが、 ドラマだとちょっとしたホラーですね。 キャンプ場の夜、実際にあんな感じの怪しい人いたら牛のお化けじゃなくてもめちゃくちゃ怖いです。 あとグビ姉はお酒で気持ち悪くなってもビール缶を持っていたのは笑いましたw これの前のシーンの話に戻りますが、しまりんとなでしこがそれぞれのテントで「おやすみ」と言い合う場面は良かったなと思います。 二人は同じ色のシュラフなので、テントが違くても側にいる感じがしました。 寝るときにドラマの画面を横に置いて寝たら、福原さんと大原さんと添い寝してる体験ができそう(発想が気持ち悪い笑) 四尾連湖キャンプ場 水明荘 個人的に今回一番うなったシーンは、 EDに入るタイミングで林間から湖の方にカメラが移動していくところです。 素晴らしかった! 多分ドローンを林から湖の方に飛ばして撮影したんだと思うんですが、とても良かった!ここら辺のカメラワークは上手いなぁと思いました。 おそらく実際にキャンプ場でドローン飛ばすのはNGだと思いますが、こういう映像撮ってみたくなります。 特に最後の四尾連湖のカットが素晴らしかった。 上の感想で書き忘れたのですが、 秘密結社ブランケットの再現度も高かったですね。 はたから見たら完全に変な二人組です笑 今回出て来たグビ姉ですが、すぐに再会する予感がしますね。 今話のグビ姉はすごく良かったので、今度いつ出てくるかとても楽しみです。 来週は3話でラジオの声で出演したヒロシが登場するようなのでそちらも注目したいと思います。 ではまた。 今回登場したキャンプギア しまりんのキャンプギアはで紹介しているので割愛。

次の

【ゆるキャン△実写ドラマ】7話感想 四尾連湖の飯テロ回!グビ姉も完成度が高い!

ゆるキャン△ ドラマ

— 島 たかし またの名を「バルたん」 sdkfz184 撮影が行われているのは山梨県南巨摩郡身延町にある JR身延駅前です。 JR身延駅は、各務原なでしこ、大垣千明、犬山あおいが学校帰りに下車し、架空のアウトドア用品店でキャンプ道具を選んだり、みのぶまんじゅうを買い食いした場所です。 身延駅周辺の聖地巡礼は見どころ満載ですよ! 身延駅前しょうにん通りには みのぶまんじゅうのお店がたくさん立ち並んでいます。 キャンプ場のロケ地・撮影場所はまだまだ一部の情報しか入ってきていませんが、撮影が進むにつれて詳細がわかってくると思います。 ですが、キャンプ場を含め、ロケ地は原作に忠実に行われるようですので、ロケ予定地も含めて掲載しておきますね。 撮影状況は情報が入り次第、順次載せていきます~^^! 浩庵キャンプ場:第1話でリンとなでしこが出会った場所 ドラマ第1話の舞台、シーズンオフに志摩リンが一人でソロキャンをした 浩庵キャンプ場の受付があるセントラルロッジです。 原作の第1巻第1話とまったく一緒でした。 志摩リンと各務原なでしこが初めて出会った場所、浩庵キャンプ場の手前にある 本栖湖公衆トイレです。 富士山が見たくて自転車でやってきた各務原なでしこが、疲れて寝てしまった場所です。 確かにここから見る本栖湖越しの富士山はとてもきれいですね。 今年の〆となるしまりんコスできて楽しめました。 最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。

次の

【ゆるキャン△実写ドラマ】最終回12話感想 最後も飯テロ!キャンプしたくなるドラマ

ゆるキャン△ ドラマ

本当に撮影でA5ランク使ったかはわかりませんが 最終回にして、 一番最上級の飯テロが深夜の空腹を刺激してきて…鬼かこのドラマww あおいちゃんが鍋に具材を投入していく様子を丁寧にやるあたり分かってるなぁ 鍋といえば冬キャンプでも定番のキャンプご飯ですが、寒い外で温かいものを食べると外ご飯効果でいつもの数倍美味しく感じるんですよね。 あーキャンプ行きたい。 そしてだめ押しの飯テロとして、 トマトすき焼き! めっちゃ美味しそう…。 トマトすき焼きやってみたいなーと思いつつやったことなかったので今度キャンプでやってみようかな。 サンタ衣装も赤で、トマトすき焼きも赤でクリスマスキャンプっぽいですね。 話の中で、なでしこの年賀状のバイトの話が出てきますが… そういえばこの子たちは高校生って設定でしたね。 今の今まで忘れていました笑 ちなみになでしこがバイトをしたい理由は、第8話でアウトドアショップ エルクに言った時に一目惚れしたルミエールランタンが欲しいからでした。 ドラマの最後でしまりんとキャンプを行くときに購入したルミエールランタンが出てきたのは、いい演出だったなと思います。 そして、 年末戦士サンタクレンジャー! もしキャンプ場にこんなにサンタがいたら、確実にビビります。 今までソロキャンばかりやってきたしまりんですが、デュオキャンや野クルとのグルキャンをやって、少しだけしまりんも変わっていきます。 きっかけはなでしこですが、野クルとの間をつなぐ恵那ちゃんはやっぱりしまりんにとって重要な友人なんだなぁと改めて思いました。 うわあああああキャンプ行きたいいいいいいい!!! って思わず言ってしまいましたww ちょうどコロナウイルスで自粛しまくっているので辛い… 最終回でも本当に綺麗な景色を見せてくれましたね。 期待以上でした。 こういう風景を撮れるのはやっぱり実写ドラマの強みだなぁ。 絶対に富士山YMCAグローバルヴィレッジに行こうと思いました。 志摩リンというキャラクターは実際にクラスにいたら、冬に一人でキャンプをしていて少しだけ人と関わるのが苦手な女の子というすごく変な子なんですよね笑。 そういう難しいキャラクターを、 アニメに寄せつつでもドラマでのオリジナリティをうまく加えて演技をした福原さんは見ていて楽しませてくれました。 ちょいちょい顔芸を入れてくるのはもしかしたら賛否両論だったかもしれませんが笑。 個人的には良かったと思っています。 もちろん他の演者の方々も良かったです。 特に千明役の田辺桃子さんは画面に映るたびに何かやってくれそうで目で追ってました笑 でも一番出演回数が多かった志摩りん役の福原さんがうまくハマっていいドラマになったのかなと思いました。 まず始めにここまで12話見てきて、 私個人としてはこのドラマ化は成功だったのではないかと思っています。 最初から最後までキャンプの魅力を、アニメや原作とは違った形で表現してくれたかなと思います。 毎回見るたびにキャンプに行きたい衝動に駆られました。 そして飯テロもすごかったですねw 私がブログの記事で 少なめに数えて 18回飯テロがありましたw ある意味このドラマの見所の一つだったと思います。 そして ドラマの製作スタッフの原作のリスペクト具合には正直驚きました。 漫画やアニメの実写化は「 コレジャナイ感じ」がして炎上してきた作品が多いです。 そういう難しい原作をうまくドラマ化できたのは、原作にしっかりと向き合いつつ、ドラマでできる強みを把握してそれを十二分に生かしたからではないかなと思います。 特にキャンプ飯テロとドローンを使用したキャンプ場の風景は、実物を撮影できるドラマならではの強みだったと思います。 最後まで高いクオリティを維持したスタッフおよび演者の皆さん、本当にお疲れ様でした。 / ココロは止まっていられない。

次の