オセロニア コンボスキル。 【オセロニア】無効スキルを持つキャラ一覧

【PR】逆転オセロニア【攻略】: コンボスキルを使いこなすために知っておきたい4つのポイント

オセロニア コンボスキル

コンボスキル:2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃ダメージの1. 5倍の特殊ダメージを与える。 非常に凶悪なコンボスキルを所持。 相手の手駒次第では序盤から強引な攻めをされることもめずらしくないため、 もっとも警戒すべき駒と言える。 アズリエルとのあいだにシールド駒を挟んでいる、強力なデバフが発動している、特殊ダメージカウンター駒を仕込んでいるなど、対策を講じている場合をのぞき、なんとしても発動を阻止したい。 通常攻撃が2倍になる。 景光は素出しで大ダメージを与えてくる駒という印象が強いが、じつは コンボスキルも非常に強力。 たとえば試合の序盤、竜デッキにコンボを発動されてしまった場合は、取り返しのつかないダメージを受けてしまう。 絶対ではないが、多少盤面が不利になっても景光を返したほうが、結果的に勝利につながる可能性が多いことは覚えておこう。

次の

オセロニア 無課金でおすすめのキャラ10選

オセロニア コンボスキル

また、角マスの隣のマス(オセロでは「C」と呼んでいるマス)はBマスよりは少ないが、こちらは3方向からのコンボが期待できる。 このマスの場合は、斜め方向のルートを見落としている人が多いので、相手の意表を突くコンボが決まることもある。 そのため、ここになどの強力なコンボスキルを持つ駒を置いておくと終盤に役立つはずだ。 コンボスキルが発動しやすいマスに置いておきたい駒は以下のとおり。 名称 コンボスキル 発動条件 ハーピストエンジェル 通常攻撃ダメージの1. 5倍の特殊ダメージ 2枚以上ひっくり返す ファウスト 通常攻撃ダメージの1. 7倍の特殊ダメージ 3枚以上ひっくり返す レムカ 通常攻撃ダメージの1. 8倍の特殊ダメージ 3枚以上ひっくり返す X打ちでコンボ 手駒と盤面の状況によっては、強い駒を捨ててコンボスキルを誘発させることも大切だ。 放置しておくと怖いコンボスキルを持つ駒を置く(今回はファウスト)• 相手は、ファウストをひっくり返すためにX打ち• アルン(白駒)とのコンボルートができたので、を置いてフィニッシュ 画像とまったく同じ状況になるとは限らないが、相手にとらせることでコンボルートを作る戦術もあるということは覚えておこう。 コンボルートは自分でつぶさない 冒頭で紹介したコンボスキルが発動しやすいマスでも、コンボルートが相手か自分の駒で埋まっていれば発動できなくなってしまう。 相手にコンボルートをつぶされないように駒を置いていくのも大切だが、まずは自分でつぶさないように駒を置いていこう。 画像のような局面で、をとれるマスは2ヵ所ある。 画像左の青丸に置いた場合は、のコンボスキルを発動できるが、置いた駒のコンボルートは埋まっており、少ない。 そのため、置いた駒のコンボスキルを使いたいなら、画像右のサディエルの位置に置いたほうがコンボルートの選択肢が多く残されている。 ただし、この置き方はこちらのコンボルートを作ると同時に、相手の駒のコンボルート(緑の矢印)を作ってしまうので注意が必要だ。 画像ではコンボスキルに回復を持っただが、これが特殊ダメージが強力なコンボスキルを持つ駒だった場合は致命傷になってしまう。 青丸のマスに置いて、相手のコンボルートをつぶしてしまうのも手だ。 C 2016 DeNA Co. ,Ltd. and Megahouse 新着記事•

次の

【逆転オセロニア】スキル上げの方法やレベルアップ確率は?

オセロニア コンボスキル

また、角マスの隣のマス(オセロでは「C」と呼んでいるマス)はBマスよりは少ないが、こちらは3方向からのコンボが期待できる。 このマスの場合は、斜め方向のルートを見落としている人が多いので、相手の意表を突くコンボが決まることもある。 そのため、ここになどの強力なコンボスキルを持つ駒を置いておくと終盤に役立つはずだ。 コンボスキルが発動しやすいマスに置いておきたい駒は以下のとおり。 名称 コンボスキル 発動条件 ハーピストエンジェル 通常攻撃ダメージの1. 5倍の特殊ダメージ 2枚以上ひっくり返す ファウスト 通常攻撃ダメージの1. 7倍の特殊ダメージ 3枚以上ひっくり返す レムカ 通常攻撃ダメージの1. 8倍の特殊ダメージ 3枚以上ひっくり返す X打ちでコンボ 手駒と盤面の状況によっては、強い駒を捨ててコンボスキルを誘発させることも大切だ。 放置しておくと怖いコンボスキルを持つ駒を置く(今回はファウスト)• 相手は、ファウストをひっくり返すためにX打ち• アルン(白駒)とのコンボルートができたので、を置いてフィニッシュ 画像とまったく同じ状況になるとは限らないが、相手にとらせることでコンボルートを作る戦術もあるということは覚えておこう。 コンボルートは自分でつぶさない 冒頭で紹介したコンボスキルが発動しやすいマスでも、コンボルートが相手か自分の駒で埋まっていれば発動できなくなってしまう。 相手にコンボルートをつぶされないように駒を置いていくのも大切だが、まずは自分でつぶさないように駒を置いていこう。 画像のような局面で、をとれるマスは2ヵ所ある。 画像左の青丸に置いた場合は、のコンボスキルを発動できるが、置いた駒のコンボルートは埋まっており、少ない。 そのため、置いた駒のコンボスキルを使いたいなら、画像右のサディエルの位置に置いたほうがコンボルートの選択肢が多く残されている。 ただし、この置き方はこちらのコンボルートを作ると同時に、相手の駒のコンボルート(緑の矢印)を作ってしまうので注意が必要だ。 画像ではコンボスキルに回復を持っただが、これが特殊ダメージが強力なコンボスキルを持つ駒だった場合は致命傷になってしまう。 青丸のマスに置いて、相手のコンボルートをつぶしてしまうのも手だ。 C 2016 DeNA Co. ,Ltd. and Megahouse 新着記事•

次の