ちびまる子ちゃん 山田 声優 変わった。 ちびまる子ちゃんの山田は障害者?実在するのかや口癖と名言は何?

「サザエさん」花沢さん役声優が突然交代!?しかもまる子の母ちゃん?ネット上で話題に

ちびまる子ちゃん 山田 声優 変わった

ということで、ここでは ちびまる子ちゃんの山田のおもしろプロフィールと浮かれた名言5選についてご紹介していきます。 ちびまる子ちゃんの山田のおもしろプロフィール いつもお調子者で、クラスを賑やかにしている明るい 山田ですが、彼の詳しくて面白いプロフィールについてあまり知らないという方は多いと思います。 だれよりも大きなお口で豪快に笑う明るい彼に、とってもふさわしい面白いフルネームですよね! ちびまる子ちゃんの登場キャラクターたちにはそれぞれ個性豊かな名前が設定されていますが、山田ほど性格に ぴったりとマッチした名前を持つキャラクターは他にはいません。 情熱的でパワフル• 人から愛されるカリスマ性がある• 派手なものごとが好き• 目立ちたがりで若干ナルシスト さて、いかがでしょうか? たしかにいつでも パワフルで明るい山田は、失敗することも多いですが憎まれない愛らしさもあります。 このように、実際に山田は獅子座の特徴に当てはまる部分がたくさんありますよね。 たいていの場合はニコニコしているので、作品に登場すると周りの人をとても 明るい雰囲気にしてくれます。 まる子や他のクラスメイトたちもまだ小学生ではありますが、純粋で陽気な山田はまる子たちよりもさらに子供らしい愛嬌がありますね。 また、アニメちびまる子ちゃんの中では、喜びの感情が高まったりするとクネクネしたりぴょんぴょんしたり、体の 動きで感情を表すのも山田の特徴です。 ただの「だぞ」ではなくて、とっても個性的で特徴的な おもしろい口癖ですよね! 他にも、アニメ作品においては山田は鼻づまりしているような話し方をするのも特徴的なキャラクターになっています。 アニメ作品の中では山田が発言する「おれ」という言葉は「おで」という感じで、 にごって聞こえたりするのがその一例です。 山田もまる子も、かけっこしたり何かチャレンジしたり アクティブな性格が共通しているので、いっしょに遊んでいるととても楽しそうです! 裏表なくてアクティブな山田がいっしょだと、男の子も女の子も心から楽しんで遊ぶことができそうですよね。 また、まる子と山田が同時に登場するとだいたい何かしらの面白い ハプニングが起きる前兆になっていますので、ぜひご注目ください。 山田自身は、特定のクラスメイトと2人っきりで遊んでいたりすることが少なく、基本的には 複数の子供達がワイワイ集まっているシーンに登場することが多いキャラクターになっています。 ちびまる子ちゃんの山田の浮かれた名言5選 ヘラヘラ自由に生きているように見える山田ですが、じつはそんな山田は人を明るくしてくれるような浮かれた 名言を数々のこしています。 他のキャラクターでは決して思いつかないような浮かれた山田の名言は、クスッとくるけれどしかし同時に元気ももらえるような素晴らしいものばかりです。 恐らく彼にとっては、お家でひと息つくことよりも何よりも、楽しく 遊びまわっている時間が本当に大切なものなのでしょう。 このようなシーンから、山田はとっても パワフルで元気な小学生なんだということがわかります。 スポンサーリンク いざ蜂の巣を目の前にして、まる子や他のクラスメイトたちはハチに刺されてしまうことを 恐れてしまいます。 しかし、そんな時に山田ひとりだけは、 勇敢にもどんどん蜂の巣へと近づいて行きました! とてもじゃないけれど、普通なら他のクラスメイトたちのように蜂の巣へどんどん近づいて行くのは恐ろしくてできませんよね? この名言が生まれたのは、ハチに刺されてしまうと他のクラスメイトたちは慌てているのに、山田は刺されないように 逃げればいいと言って突っ込んで行った衝撃のシーンです。 もしハチに襲われても逃げ切ればいい!と果敢にチャレンジした山田は大物になること間違いナシでしょう。 さすがにハチに向かって行くのはとても危険ですが、山田のように他人が恐れる物事にも恐れずに立ち向かう姿勢は、大人も見習える部分がありますね。 他の子供達からすれば、我慢は体に悪いからと言って人前でもオナラをすることはなかなか難しいですよね。 でも、山田なら女の子でも大人でも目の前でオナラをしても笑ったり怒ったりせず 許してくれそうです! 自分にも素直で、そして他人にも 寛容な山田の素晴らしい魅力を感じられる浮かれた名言となっています。 普通の子供なら、バカにされたら落ち込んでしまったり、嫌な思いをすると思います。 しかし、さすが ポジティブな山田!バカにされても嫌な顔1つせずニコニコして、一緒にバカにされた子に「ワーイワーイ!同じ穴のムジナだってさ」と笑顔をみせました。 おそらくこのシーンでは、同じ穴のムジナというネガティブな言葉を「仲間」というポジティブなイメージに 変換して喜んだのでしょう。 人から言われたネガティブな言葉を、とっさにポジティブなイメージに捉えることができる山田は、本当に素晴らしいですね。 山田のように、嫌なイメージの言葉をポジティブなイメージに捉える 練習をすると、私たちも山田のように 明るくなっていけるかもしれません。 自分の気持ちに素直に行動する山田は、ときどき多くの失敗をしてしまって周りの人から怒られることも多いのですが、彼自身が他人を 責めるシーンはほとんど無いことをご存知でしょうか? じつは誰よりも何も考えていないように見えて、誰よりも人を 受け入れたり 許すことができるキャラクターなのかも知れません。 どんな事があっても他人を 責めないというのは、なかなかできない事だと思います。 大人でもなかなか難しいのに、小学生ならば余計すぐに他人に怒りを向けてしまいそうですよね。 それでも、決してそのような態度をとらない優しい山田は、ある意味誰よりも 大人のように感じられます。 まとめ 楽しんでいただけましたか? 今回はちびまる子ちゃんの山田のおもしろプロフィールと浮かれた名言5選についてご紹介しました。

次の

【声優】山本圭子さん

ちびまる子ちゃん 山田 声優 変わった

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2015年3月) やまもと けいこ 山本 圭子 プロフィール 本名 山本 圭子 愛称 ドドコさん 性別 出生地 ・ 生年月日 1943-08-07 (76歳) 血液型 身長 154 職業 、 事務所 公式サイト 活動 活動期間 - : 山本 圭子(やまもと けいこ、 - )は、の、 である。 以前は劇団泉座に所属していた。 代表作は『』(花沢花子)、『』シリーズ(バカボン)、『』(山田笑太)など。 概要 [ ] 特色 [ ] 声質は。 『サザエさん』(花沢花子)や『』(山田笑太)で演じるダミのかかった役が多いが、1960年代のでは、『』(オスパー)『』(ア太郎)など、でをすることもあった。 『』ではまで出演しており、・・第5作ではレギュラーキャラクターのを演じており、実質持ち役となっていた。 また、()の第1話「おばけナイター」では妖怪バットを拾う少年を演じたが、に放送されたの「おばけナイター」でも同じ役柄の少年を演じるなど、数十年間隔で同じ役を演じた。 第3作では砂かけ婆ではなく、シーサー役でレギュラー入りしており、このシーサー役は第5作でも準レギュラーとしてメインの砂かけ婆と二役で演じた。 『』のロボコンを演じた時にはロボコンの人気が高く、NET(現:)の番組はニュース以外全部出演し、丸一日ロボコンの仕事という日もあったという。 制作の『』で22年ぶりにロボコンの声を担当した。 人物・エピソード [ ] 役者間での愛称は「 ドドコ」 (名前の圭の字が「ど(土)」を2つ重ねたように見えることから)。 身近な人には「 圭子姉さん」と呼ばれている。 『サザエさん』の2代目磯野カツオ役のの見舞いに行った際、「高橋さん」と言っても反応しなかったが、花沢さんがカツオに話しかけるような口調で「磯野くん」と呼びかけたところ「はい」と返事をしたというエピソードがある。 出身であるため、が得意。 『ひみつのアッコちゃん(第3作目)』で共演したに関西弁を教えたこともあった(こおろぎ自身が自身の『ひので街探偵事務所』で過去に話題にしていた)。 少々うっかり者であることが知られており、駅のホームのベンチにを忘れたりするなどの失敗をしたことがある。 特技は「どこでもいつでも眠れること」。 当初『』の声はだけという話であったが、その声を聞いたの人間が気に入ったことから、でも声を入れることになった。 マネージャーはその報告を聞いて喜びの電話を送ったが、本人は「チキン・リトル」のことを忘れていたという。 テレビでの顔出し出演はあまり無い。 『』()での顔出し出演取材はNGだったが、『』(テレビ朝日)で『』で共演したとのゲスト出演、にされた『 ザックリいきまショー』()、に放送された『』()ではVTRでととともに顔出し出演、10月に放送された『』(TBS)のでと顔出し出演したことがある。 そのほかでは2015年の最初の『サザエさん』の放送では体調不良のため、この回のみ花沢花子役をが務めた(翌週からは山本が復帰)。 それ以降サザエさんにて他に演じていた、花沢のお母さんとマスオのお母さんがに変わっている。 出演 [ ] 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ [ ] 時期不明• (時期不明 - 、 〈2代目〉、花沢の母〈初代〉、アナゴ夫人〈2代目〉、マスオの母〈初代〉、タケオの母、キャッシー 他) 1963年• (ウォーリー〈2代目〉)• (マリー) 1964年• (ハンス・エンゲル ) 1965年• ( オスパー) 1966年• (チョロ松、カラ松、一松〈代役〉 他)• (花村カン太〈2代目〉) 1968年• (どん平、忠助、諭吉、カブト虫、尚子 他)• 1969年• (八木沢香)• (ガボテン〈2代目〉、五郎、次郎、ツヨシ、吉水三郎、郎太)• (第1作)(ガンモの母、守、純平、洋太)• (ケメ子〈代役〉)• ( ア太郎 ) 1970年• (西二) 1971年• (ダイコン 、マリの母)• (の恋人・ジェニー)• (塩原二郎、のぶ夫、アキ坊、ブー、松吉 他)• (1971年 - 1972年、 、忠太、三郎 他)• ( バカボン )• 1972年• (1972年版)( 赤胴鈴之助)• (ジェム)• (後藤新八〈初代〉)• (いじめっ子鬼丸、粕谷ひろし) 1973年• (ポチ校長 )• (あすなろ小僧、サブロー)• (チー坊)• (浅見信子 、栗本ジュン)• (バンブル) 1974年• (村の少年)• (ブータ)• (浩一、弘)• (神崎ラビ 、ロコ) 1975年• ( バカボン)• (克也、亀吉) 1976年• (トム〈少年期〉)• (ゴロー)• (飛田小太郎)• (トビー)• (神風弘) 1977年• (三太)• (太一)• (イイ・タロ) 1978年• (アーサー)• (フー子、吉川正、山谷かおる)• 1979年• (桜町小夜子 )• (トム)• (少年、新聞売のおばさん、砂山学、オカミサン、キクオ)• (ポンゴ、チコ)• (ジミー)• (少年A) 1980年• (フニャラ、ペング、プワプワ 他)• (定吉の母、おたき、チンドン屋、荒木)• ( ゴンベ)• (加瀬正治 )• (トルー、ルカ)• (1980年 - 1992年、トラえもん、本山、つげぐち)• (兄)• ( ピート ) 1981年• (トムキン)• (1981年 - 1985年、ウンチくん、アキコさん、ボクちん、カン太)• (オナー夫人)• (おかみ)• (月吉丸) 1982年• (老婆、アオモリ)• (エロース)• (増田増夫)• (山川立夫)• (パタババ)• 1983年• ( サム)• (カーメン25世)• (1983年 - 1986年、ナチグロン、キン骨オババ)• 1984年• (ナチグロン)• (スダレ)• 1985年• (1985年 - 1988年、蛇骨ばばあ、ざしきわらし、あかねの母、万年、おばあさん、葬頭河婆、火車、 シーサー、女子生徒2)• (右太郎 他)• (グレンチェン王妃) 1986年• (テレビ朝日版)(ヤスベエ)• 1987年• (玄太)• (花屋のおかみ、マギー)• (天子男ジャック、神帝男ジャック、聖遊男ジャック) 1988年• (ビーフン)• ひみつのアッコちゃん(第2作)(チカ子 、モコの母) 1989年• (1989年 - 1993年、八千代、刈野ヨネ〈初代〉、うめ、鈴子、園長)• (はっかけ婆さん) 1990年• (神帝男ジャック)• (1990年 - 2001年、くじらのクータン、バケルくん〈2代目〉)• (1990年 - 、ハマジのお母さん、大石先生、 山田笑太〈山田くん〉 、前田さんのおばあちゃん 他)- 2シリーズ• (カイザー) 1992年• (占い師ウラ)• (オバさん)• 1993年• () 1994年• (魔法オババ) 1995年• (長男) 1996年• (1996年 - 1998年、 砂かけ婆) 1997年• が見た戦争 1998年• (君沢ユリエ)• (イビリダ)• (良太)• ひみつのアッコちゃん(第3作)(チカ子 、モコの母)• (リリエル) 1999年• 2000年• (魔法オババ)• (バートル) 2001年• ( 山田まつ子) 2002年• (2002年 - 2005年、デビハムくん)- 2シリーズ• ( 神宮寺小梅、神宮寺うめ)• (エスカルゴンの母親) 2003年• (土鍋)• (アマゾン) 2004年• (2004年 - 2005年、江上タツ江、千住えり) 2005年• (リオウ) 2006年• (おばさん)• (院長)• (リトル・アートロ)• (おばちゃん) 2007年• (2007年 - 2009年、 砂かけ婆、シーサー、やし落とし)• (2007年 - 2008年、冴木のぶ子)- 2シリーズ• (黒コエムシ) 2008年• (にんにくのおかつ) 2011年• (ゆっこ母) 2015年• (虎太郎、宇宙人) 劇場アニメ [ ] 1967年• 1971年• (八木沢香) 1974年• (イサム) 1976年• (ネズミのチビ) 1980年• 1981年• (タカシの母、花山、公園の子供)• (タツノコC) 1983年• (雲隠才蔵) 1984年• (ナチグロン)• (ナチグロン) 1985年• (ナチグロン)• (ナチグロン)• (ナチグロン) 1986年• (ナチグロン)• (ナチグロン)• (蛇骨ばばあ) 1987年• (ワルナー王子) 1988年• (天子男ジャック)• ビックリマン 無縁ゾーンの秘宝(神帝男ジャック) 1989年• (チカ子)• ひみつのアッコちゃん 海だ! おばけだ! 夏まつり(チカ子) 1990年• (ブラック) 1991年• (アララ) 1992年• (くじらのクータン、クマ太)• (大石先生) 1993年• (ドドンガドン) 1995年• (東の界王)• (母親) 1996年• (ガボちゃん)• (砂かけ婆) 1997年• (玉王ナカムレ)• (砂かけ婆)• (砂かけ婆)• (下田ハナ) 2000年• (くじらのクータン、カユカユぼうや) 2002年• (吉乃) 2004年• (ゴンベ) 2005年• (ケロ子) 2006年• (おばさん ) 2008年• (砂かけ婆) 2014年• (くじらのクータン) 2015年• (山田くん) OVA [ ] 1990年• (聖遊男ジャック) 1991年• (ばば) 1992年• なにわ遊侠伝(マリ) 1993年• (ゼン) 1996年• (雪女ユキミダイフク) 2005年• (浅羽の祖母) ゲーム [ ] 1992年• (天使) 1994年• (山田くん)• (山田くん) 1997年• (、都)• (すなかけばばあ) 2001年• (レドリル) 2002年• (未来のリン) 2005年• (リオウ)• (チキン・リトル) 2007年• (トシコ) 2009年• (山田くん) ドラマCD [ ]• (占い師)• (メイ・ダンジャック) 吹き替え [ ]• (妃)• (ペパーミント・パティ)• ( チキン・リトル)• (トシュ) 特撮 [ ] 1974年• (キキーの声)• ( の声) 1976年• 僕らのヒーロー大集合(ロボコンの声)• (ロボコンの声) 1995年• (バラハングリーの声)• 劇場版 超力戦隊オーレンジャー(カボチャンプキンの声) 1999年• (初代ロボコンの声) テレビドラマ [ ]• (2003年、ミケの声)• 観月ありさ版ドラマ2(2010年、花沢の母の声) CM [ ]• ロボコン• ムヒパッチA(1990年)• かおりの蔵(1997年)• 冬のコツコツキャンペーン(2007年)• (2007年) ナレーション [ ]• 上記の通り、VTRで1度だけ顔出し出演している。 ・予告編ナレーター(1970年代)• (知っとこ! 世界の朝ごはん)• (テレビ朝日系、と共演)• その他 [ ]• 『もーれつア太郎』放映時、加藤みどりと。 のテレビアイドルえほん・「・ヤプール人のしんりゃく」(あきら少年• 出版のソノシート実写番組ドラマ『』(白鳥健一)• 「幼稚園」1971年7月号ソノシート・(坂田次郎)• (メロディさん)• (モグモグの声)• 決定版(ロボコンの声)• 「こぞうのおるすばん」(珍念)• 「」(栗)• 「」(一郎)• (スパスパくんの声)• の特別車輌「マンガッタンライナー」の車内放送(ロボコンの声)• (キャラクターの声)• (夏休み子供大会限定マスコットキャラクターの声)• マンガで見る環境白書『未来への循環』紹介アニメーション(ロボコンの声)• (ナレーションとキャラクター「レオン」の声)• (なんだろう君) 脚注 [ ] []• 『声優事典 第二版』、1996年、560頁。 goo人名事典. 2020年1月9日閲覧。 2019年6月9日閲覧。 2019年6月9日閲覧。 2020年1月9日閲覧。 2020年1月9日閲覧。 2019年6月9日閲覧。 ザテレビジョン. 2019年6月9日閲覧。 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』〈別冊〉、1979年10月30日、108頁。 RBB TODAY 2015年1月5日. 2020年1月9日閲覧。 手塚治虫公式サイト. 2016年6月12日閲覧。 途中まで鈴木富美子名義。 東映アニメーション. 2016年6月29日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月8日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月14日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月29日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月8日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月10日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月9日閲覧。 外部リンク [ ]• ジュニア.

次の

山本圭子

ちびまる子ちゃん 山田 声優 変わった

ちびまる子ちゃんといえば、日本のお茶の間を明るくしてくれる、国民的アニメですね! 長年、日本のお茶の間で愛されて来たちびまる子ちゃんの、キャラクターたちに命を吹き込んで仕上げているのは、彼らの声を担当する 声優さんたちです。 はたして、あの大人気なちびまる子ちゃんの、まる子とその周りの愉快な仲間たちを演じている声優さんとは、どのような方々なのでしょう? ということで、ここでは、 ちびまる子ちゃんの豪華な声優11人の、さくら家編と友人編についてご紹介していきます。 ちびまる子ちゃんの豪華な声優《さくら家編》まとめ アニメちびまる子ちゃんは、1990年から放送され始め、はやくも 30周年が近づいている素晴らしい作品です! そんな30年近いちびまる子ちゃんの歴史を、ちびまる子ちゃんのキャラクターたちと、二人三脚で歩んで来たのが他でもない 声優さんたちです。 おなじみの さくら家のメンバーを演じている声優さんについて知ることで、さらに深くちびまる子ちゃんを楽しむことができるはずです。 そんな豊嶋さんは、1994年から声優としてご活躍されているベテランです。 さらに、声優として成功しながらも、明治大学を卒業されているという、 華麗な経歴の持ち主です。 そんな豊嶋さんは、ラジオ番組などにも積極的に出演しながら、多くのアニメ作品にも出演している方です。 【豊嶋真千子さんの主な出演作品】 地獄先生ぬ〜べ〜 中島法子 役 名探偵コナン 遠藤紀子 ダーウィンが来た! それが、さくらすみれですね。 そんな良き母親であるすみれを演じているのが、 一龍斎貞友さんです。 なんと、一龍斎貞友さんは、ベテラン声優として活躍するかたわらで、 講談師としてもご活躍さらているユニークな方なのです! ちなみに、講談師になる前は、鈴木みえという芸名で活動されていました。 そんな一龍斎貞友さんは、昭和のなつかしの 名作に数々ご出演されています! 【屋良有作さんの主な出演作品】 ゲゲゲの鬼太郎 ぬりかべ、クモ男など複数役 聖闘士星矢 射手座のアイオロス ドクタースランプ 則巻千兵衛 ひろしは、どちらかと言うとおとぼけキャラですが、他作品での屋良さんの役柄は、どうやら決しておとぼけ役ばかりと言うわけではありませんね。 島田敏さんは、声優としてだけでなく、俳優さんとしても信頼を寄せられている素晴らしい方です。 なんと、現在は、日本俳優連合の常務理事を任されているというスゴい方なんです! 素晴らしい演技力で、多くの後輩たちから慕われているベテラン声優ということですね。 友蔵としては、やさしくてぬくもりある役柄を演じられていますが、じつは島田さんといえばカッコいい 悪役も素晴らしいと定評があります。 そんな島田敏さんは、数えきれないほど多くの作品に出演してきました。 まさしく、昭和から平成にかけての アニメ界を盛り上げてきた第一人者のひとりでしょう。 そんなこたけの、可愛らしく印象的な声を演じているのが、 佐々木優子さんです。 アニメ作品では、主に大人の女性を演じることが多いのですが、じつは子供から老婆まで 幅広い役柄をこなせる素晴らしい演技力の持ち主です! 驚くべきことは、70歳以上のおばあちゃんであるこたけ役に選ばれたばかりのころ、佐々木優子さんはまだ20代だったということですね! そんなズバ抜けた演技力で活躍されてきた佐々木優子さんは、年齢や性別に縛られない様々な役を演じてきています。 【佐々木優子さんの主な出演作品】 ガリバー旅行記(ダーシー・シルバーマン役 ターミネーター(サラ・コナー役 フルハウス(レベッカ・ドナルドソン役 2. そんなまる子の友人たちを演じていらっしゃる声優さんもまた、さくら家の声優さんたちと同様に素晴らしい方々ばかりです。 渡辺さんは声優としての実績だけでなくて、舞台出演の実績もたくさんお持ちな声優さんです! たまちゃん役の渡辺さんは、マルチな才能を持つ、素晴らしい方なのですね。 カシワクラツトムさんは、もともとは声優の道で活躍されていましたが、最近はどうやら声優からシフトチェンジして、音響の仕事に打ち込んでいるそうです! カシワクラツトムさんもまた、音の プロフェッショナルとして才能を発揮されている、スゴい人なんですね。 そんなカシワクラツトムさんも、やはり数々の人気作に出演されています。 【カシワクラツトムさんの主な出演作品】 それいけ! 菊池さんは、自らオーディションで声優としての成功を掴んできた、超 実力派なベテラン声優さんです! そんな菊池正美さん本人が、花輪くんはとても大切なキャラクターだと語っています。 そんな彼が、花輪くんを演じることで花輪くんは素晴らしいキャラクターとなっているのでしょう。 もし花輪くんの声優が、菊池さんじゃなければ、ここまで花輪くんの 存在感は感じられなかったのかもしれません。 そんな超実力派な声優の菊池正美さんも、じつにさまざまな名作に出演しています。 【菊池正美さんの主な出演作品】 天地無用! (柾木天地) ああっ女神さまっ(森里螢一) 金色のガッシュベル!! 次にご紹介します 田野めぐみさんは、長年あの野口さんを演じ続けているスゴい声優さんです。 田野めぐみさんは、画像の通り、キリッとして美しい女性声優さんですね。 そんな田野さんの声優としての出演作品をトータルしてみると、じつは少女の役は少なくて、実際は 少年の役が多いカッコいいボイスの持ち主です。 ちょっと低めなガラガラ声で、とてもインパクトのあるキャラクターですね。 そんなみぎわさんを演じているのは、人気声優の ならはしみきさんです! ならはしみきさんはなんと、有名なお笑い芸人の 田中裕二 爆笑問題 さんの、いとこです。 家族ぐるみでタレントの才能にめぐまれている、素晴らしい声優さんなのですね。 また、ご自身の声優としての実績も相当なものであり、日本ナレーション演技研究所で、先生としても活躍しています。 そんなならはしみきさんは、みぎわさんのような声以外にも、とても澄んだ美しい声のキャラクターも数々担当しています。

次の