サトウ の ご飯 そのまま。 レトルトご飯、登山に使える?注意点やメリット・デメリット&調理方法|YAMA HACK

レトルトパックご飯「サトウのごはん」は、そのまま食べれるのか?

サトウ の ご飯 そのまま

ページコンテンツ• 「サトウのごはん」は備蓄に向かない 備蓄用の白ご飯は「サトウのご飯」に代表される「レンジでチンして食べる白米」 パックのご飯 という選択肢が一番手軽でリーズナブルです。 しかし実は 「レンジでチンするご飯」は災害時のご飯としては不向きなのです。 電気が開通している条件+電子レンジのある環境であれば良いのですが、ライフラインが止まった状態で調理するには少し無理がある保存食なのです。 もちろん湯煎に対応している商品も販売されています。 しかし 「熱湯で15分以上」も加熱する必要がありますので、ガスが止まっている環境なら毎食貴重なカセットボンベを長時間消費し続けることになります。 体に良くないんですね。 温めないで食べた事のある方ならお分かりだと思いますが、味も酷い!我慢して温めずに何食も続けて食べたら心が折れて参ってしまいます。 Q, 加熱せずに食べることができますか。 必ず電子レンジで加熱調理してお召し上がりください。 ごはんの主成分であるでんぷんは、米の状態(生でんぷん)では人は消化できません。 これを炊飯による加熱でごはんの状態(糊化でんぷん)にすると、消化できるでんぷんとなります。 しかし、これを放置するとでんぷんは徐々に生でんぷんに近い状態(老化でんぷん)になり消化できなくなります。 「サトウのごはん」はこの状態で店頭に並んでいます。 老化でんぷんは再度加熱することで糊化でんぷんにもどります。 では備蓄用には絶対使えないのかと言うと、実は自宅内での備蓄生活している状態であれば少しの工夫で備蓄ご飯として使う事ができます。 自宅で備蓄食料生活を送っている状態であれば湯煎に使ったお湯を捨てず、そのままポットで保温しておきます。 次の食事に蒸発分の水を足して再度沸騰させれば、ガスを節約つつ水を効率的に再利用することができます。 お湯で温めて食べるレトルト食品も多いので、保温用のポットを1つは用意しておきたいですね。 備蓄にはアルファ米がベスト お米を炊き上げた後に、乾燥させて加工する「アルファ米」という保存食料があります。 このアルファ米は、パッケージ内にお湯か水を注ぐだけで、煮炊きせずに美味しいご飯ができあがるという便利なご飯です。 私も愛用している定番の「尾西食品のアルファ米」の場合、ご飯の作り方は簡単で、お湯を入れて15分待つだけ 水の場合には60分。 お茶碗に軽く2杯分のご飯 260g が炊き上がります。 チンするご飯が180g-200g程度ですので 結構なボリュームです。 私は登山でのテント泊をするのですが、周りの方を含め山での白ご飯は、ほぼ アルファ米一択 の状況です。 キャンプでは飯盒でご飯を炊いたり 「パックのご飯」を湯煎して食べる方を見かける事もあります。 しかし登山では、災害時と同じように 軽くて簡単・燃料コストが掛からない・ゴミが出ない、などの条件が求められます。 またメジャーなアルファ米の消費期限は5年間持つので、備蓄にも向いている保存食なのです。 軽いので防災バッグの中にも入れておくのにも向いています。 「レトルトおかゆ」という選択 別の機会に記事にする予定ですが、私はテスト的に備蓄食料だけで5日間暮らしてみた経験があります。 登山で連泊する事もあり、保存食だけでの単調で味気の無い食生活の厳しさを身をもって痛感しています。 しかし、それはあくまで最低限の備えで、実際にはその倍の14日分以上の備蓄が必要だとも言われています。 お米を多めに備蓄しているご家庭もありますが、震災時には ご飯を炊いた鍋を洗う水も無い ので現実的ではありません。 アルファ米は高価なので 家族人数 x 3食 x 14日数分 用意するとなると、コストが掛かります。 そこで我が家では、お粥や餅などを加え、コストを抑えた上でバラエティに飛んだメニューにしています。 また一度に期限が切れてしまうと、消費し切れずに廃棄することになってしまいます。 そこで私は、アルファ米を数ヶ月に5個づつ買い足して消費期限が切れるのをずらしています。 私は登山にも持ち出す事が多いので、図らずとも消費しながら備蓄する「ローリングストック」状態になっています。 備蓄食料は、実食せずに備蓄している方が多いのではないでしょうか?しかし実際に食べてみると、不味くて我慢しても食べられないような保存食もあります。 子供と登山した時には、子供が全く手を付けられないドライフードやレトルトカレーなどもありました。 備蓄用の食料は、実食してみる事をお勧めします。

次の

サトウのごはんは蒸してもおいしい?その味や温めなくても食べられるかも紹介!

サトウ の ご飯 そのまま

災害時にはサトウのごはんが最強!? 東急ハンズはホームセンターでも防災コーナーが設置されていることが多いので 最近メジャーになったアルファ米と呼ばれる乾燥したお米ありますよね? 味も、 ・白米 ・赤飯 ・わかめご飯 ・山菜おこわ ・五目御飯 ・ちらし寿司 ・きのこご飯 などなど たくさんの種類があって、しかも昔の質よりすごく良くなっているのでちゃんとした調理法(戻し方)をするとすごくおいしいですよね? そんなアルファ米ですが私も家にある防災グッズを入れるザックにいろいろな味を入れています。 仮に、何かあってもしばらくはどうにかなると思います。 なので、是非これを読んでくださっていて まだ防災グッズにアルファ米を加えていない方には 是非気が付いたときに対策していただきたいです。 がしかし、私の周りにいるある方が 「災害時はアルファ米じゃないよ!」 「サトウのごはんが最強だよ!」 とサトウのごはん最強説を唱える方がいます。 なるほどなー って思ったのでシェアしたいと思います。 アルファ米の食べ方 サトウのごはん最強説をお伝えするには まず、アルファ米の食べ方についてお伝えしますね。 まず、アルファ米は基本乾燥しています。 食べてて、こぼして数日たったような カピカピの状態です。 なので、お湯を沸かして ジップロック付きのアルファ米のパッケージにお湯を注ぎます。 そうすると、15分~20分後に ホカホカの美味しいご飯が出来上がる という食べ方です。 ちなみに水でもしっかり戻ります。 その場合の時間は約1時間かけます。 なので、 お湯が沸かせればいつでもどこでも 美味しいご飯が食べられる訳です。 で、サトウのごはん最強説を唱える方は 私にこう言いました。 「きれいな水が手に入らなかったらどうするんだ?」 って。 確かにそうですね。 私に限って言えば、 実は防災グッズに携帯サイズの濾過器を入れています。 なので、仮にきれいな水が無くても 川の水でもあれば実はアルファ米が食べれます。 始めは、「へぇ~」くらいにしか思ってなかったのですが 考えてみるとそうですね。 まず一番気になるのは 賞味期限です。 大体のアルファ米の賞味期限は約5年です。 それに比べサトウのごはんなどのタイプは約6カ月 と言うものが多いようです。 なので、ここだけ聞くと アルファ米でしょ! って思うのですが、 それはやり方ひとつでどうにでもなります。 例えば、6カ月たったら 夜食など小腹がすいたときや 普通のごはんとして食べて 新しいものに入れ替えればOKです。 コストが高くない? って思うかもしれませんが、 この手のごはんってスーパで5個とか6個で まとまってって結構安いですよね? それに比べアルファ米は 1個で300円~400円くらいです。 なので、あまり変わらないんじゃないかな? って思いました。 次に 重量です。 これは私はアルファ米に分があると思います。 アルファ米は乾燥してあるからすごく軽いです。 もし、10個くらい併せて比べるとやっぱりアルファ米が軽いですね。 後は、使う方次第かなと思うところがあります。 今までの話はガスバーナーと呼ばれるものがある前提で話しています。 でも、バーナーが無くっても 家にあるカセットコンロでも十分です。 なので、濾過器を持つか持たないか? そこですね。 濾過器までは常備しないなー と言う方も多くいらっしゃると思いますが でも、濾過器って言っても 最近はすごくコンパクトな濾過器が安く手に入ります。 私が使っているのはこれと一緒です。 マヨネーズのような容器を 手で握りつぶすだけです。 こうすると 口元のフィルターを通ってきた水は きれいに濾過されて出てきます。 これを持っているので私はアルファ米でいいかな? と今も思っていますが もしかして私の知り合いのように 「確かにサトウのごはんが最強だ!」 と思う方もいるかもしれないのでシェアしてみました。 ぜひ、参考にしてみてください。 さいごに 私は山をやるので アルファ米をたまに入れ替えています。 それでも、東日本大震災の時に買い足した アルファ米は賞味期限が切れていました。 準備しているよ と言う方ももしかして賞味期限が切れているかもしれません。 一度見直してみたほうが良いかもしれませんね。

次の

一人暮らし自炊で炊飯器は必要か?サトウのごはんで良くない?

サトウ の ご飯 そのまま

Sponsored Link レトルトパックご飯は、通常は電子レンジでチンしますが、それも面倒くさくてしたくない時があります。 冷えててもいいから、このまま食べられるのか?と思って食べてみましたが、パサパサしておいしくなかったです。 結論、レトルトパックご飯をそのまま食べる方法はありません。 電子レンジがあるなら、電子レンジで温めておいしく食べましょう。 でも、災害の時や緊急時に何とか食べたい時ってありますよね。 そこで、今回は電子レンジ以外を使って食べる方法をご紹介します。 レトルトパックご飯をお湯で温めて食べる方法! お湯で温める方法は、レトルトパックご飯の調理法によく見ると書いてあります。 各メーカーによって時間は多少異なりますが、約15分程度かかります。 野外のキャンプなどで、電子レンジはないけどコンロはあるという時には使える方法ですね。 レトルトカレーと同じで、ご飯の入っている容器はプラスチックなので、焦げないように注意しましょう。 ジップロックなどの耐熱性の袋があれば、中身のご飯を袋に入れ替えて、そのまま熱するのもOKです。 参考: レトルトパックご飯を防災グッズで温めて食べる方法! 食品を温めてくれる防災グッズがあり、それでご飯を温める事ができます。 加熱袋に発熱剤を入れる 2. 「1」にレトルトパックご飯を入れる 3. 「2」に発熱剤用の水を入れる 4. 「3」の外側をタオルでくるむ 4. 30分程度待つ 5. ご飯完成! おすすめのレトルトご飯 私の個人的なおすすめのご飯はアイリスオーヤマのご飯です。 何と言ってもコスパがいいです。 それと、電子レンジで温めてもプラスチックの嫌なニオイがいません。 しかも、おいしい!スーパーで割と一番安い値段で売っていると思うので、ぜひチェックしてみてください。 Sponsored Link.

次の