小規模企業共済 前納減額金 確定申告。 小規模企業共済とは?前納メリットや掛金の増額減額、解約手当金など

保険料控除申告書に記載する所得控除(小規模企業共済等掛金控除)|ブログ|礒部健税理士事務所

小規模企業共済 前納減額金 確定申告

小規模企業共済とは? 小規模企業共済とは、個人事業主や小規模企業の役員が共済金を積み立てて、 退職時などにそれまで積み立てた共済金を受け取れる共済制度のことです。 中小機構(独立行政法人 中小企業基盤整備機構)が運営しています。 月1,000円〜月70,000円の範囲で掛金を設定でき、払い込んだ掛金はとして全額を所得控除できます。 払い込んだ掛金は、解約をすることで解約手当金として戻ってきます。 ただし、掛金の納付月数が 240ヶ月(20年)未満の場合は、 任意で解約した場合に受け取れる解約手当金が掛金の残高を下回ります。 この共済は、基本的には長期でお金を積み立てていける方に向いたものです。 個人事業主の加入資格について 小規模企業共済は、小規模の企業役員、個人事業主が対象の共済です。 小規模企業共済に加入資格のある個人事業主は、以下のいずれかに当てはまる方です。 建設業、製造業、運輸業、宿泊業、娯楽業、不動産業、農業などで、 従業員の数が20人以下の個人事業主• 商業(卸売業・小売業)、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)で、 従業員の数が5人以下の個人事業主• 上記のいずれかに当てはまる個人事業の共同経営者 (個人事業主1人につき2人まで) 共済の加入資格に当てはまっていれば、個人事業から法人成りしても契約を引き継ぐことができます。 いずれは事業を拡大して個人事業から会社にするという場合でも、要件を満たしていれば契約内容をそのまま移行できるというわけです。 小規模企業共済の掛金月額 - 途中で増額・減額は可能? 小規模企業共済の掛金は月1,000円〜月70,000円の範囲で選ぶことができ、掛金の全額が控除対象になります。 年額にすると12,000円〜840,000円です。 これがとして、全額控除できます。 小規模企業共済に満期や満額はなく、途中で手続きを行うことで掛金の増額や減額を行うことができます。 500円単位で掛金の増減が可能です。 手続きを行うことで、月払い・半年払い・年払いに支払い方を変更することもできます。 加入時に1年分の掛金を一括で前払いした場合は、支払った掛金の全額を支払った年の控除対象にできます。 最初だけ1年分の一括払いにして、1年後から毎月払いに変更するということも可能です。 掛金を前納した場合のメリット - 0. 掛金月額の0. かなりの少額です。 01なので、0. 上の例では11ヶ月分を前納したことになるので、66をかけます。 「11ヶ月分を前納したので11をかける」ということではないわけです。 前納減額金は、毎年3月末時点の前納状況で計算し、 合計金額が5,000円以上になった場合に、その年の6月に指定の口座へ入金されます。 任意解約した場合の解約手当金について 共済を契約者の意向で解約した場合、それまで掛けた金額に応じて解約手当金が受け取れます。 任意で解約をする場合、掛金の納付月数が 240ヶ月(20年)未満の場合は、 受け取れる解約手当金が掛金の残高を下回ります。 (ただし、毎年所得から控除されるので、その間の節税効果はあります。 ) また、契約してから1年未満で任意解約をする場合は、解約手当金は全く受け取れません。 この点にも注意が必要です。 契約者の立場や請求理由に応じて、受け取る共済金の種類が異なります。 詳しくは、中小機構のウェブサイトをご参照下さい。 () 解約手当金は、受け取る際の年齢や、一括または分割などの受取方法などで、税法上の取り扱いが異なります。 例えば、65歳以上の方が任意で解約をする場合には、退職所得扱いとなり、 65歳未満の方が任意解約をする場合には、一時所得扱いとなります。 小規模企業共済のポイントまとめ• 零細企業の役員・個人事業主が加入できる、退職金の積み立てのような共済• 掛金は月1,000円〜月70,000円(年間にして12,000円〜840,000円)• 手続きで掛金の増減が可能• 掛金の前納をした場合には0. 20年以内に任意解約をすると、掛けたお金が全額は戻ってこない•

次の

小規模企業共済の掛金を減額するデメリット

小規模企業共済 前納減額金 確定申告

今日から確定申告(個人)。 中盤戦。 お客様の確定申告の業務をしていて気に なりましたので、調べて白黒はっきりさ せました。 小規模企業共済の証明書にある 前納減額金 これは、申告時に控除額から差し引かな ければなりません。 今まで実務をしてきてあまり見かけなか ったので、共済相談室に問い合わせまし た。 毎月払いではなく半年払いや年払いで掛 金を支払った場合に前納減額金が発生し 5000円を超える度に払い戻されると いうしくみと確認しました。 危ない危ない(笑)。 確かに説明書きにも書いてありました。 本当に細かい話ですが、控除過多であと で指摘されるのも気の悪い話。 これを機に気をつけたいものです。 ちなみに、今まで作成中の申告書では該 当はありませんでした。 やれやれ。 確定申告での参考まで。

次の

小規模企業共済で前納する2つのメリットと注意点まとめ

小規模企業共済 前納減額金 確定申告

2020年 2月 5日 確定申告や年末調整で所得控除を申請される際に必要となる、令和元年『小規模企業共済掛金払込証明書』(控除証明書)について、ご案内します。 発送時期やお届け先、年末調整・確定申告時の記入方法などについてご説明していますので、内容をご確認ください。 『掛金払込証明書』の発送時期およびお届け先 お客さまの掛金の納付状況により『掛金払込証明書』の発送時期が異なります。 また、お届け先は、ご登録の住所となります。 小規模企業共済に加入された日、ご登録住所については、お手元の『契約内容確認書』(様式 小 107—2)にてご確認ください。 令和元年11月発送分 ご対象者• 令和元年9月までに「現金あり」で加入し、同年1月~9月までに掛金を納付された方 (当期間が前納中であった方を含む。 令和元年7月までに「現金なし」で加入し、同年9月までに口座振替をされた方• 『掛金払込証明書』の地位別・発送エリア別到着予定日• 会社役員の方 〒00(北海道)~〒44(愛知県の一部) 令和元年11月13日(水曜)~18日(月曜) 〒44(愛知県の一部)~〒88(宮崎県の一部) 令和元年11月15日(金曜)~20日(水曜) 〒88(宮崎県の一部)~〒99(山形県) 令和元年11月19日(火曜)~23日(土曜) 個人事業主・共同経営者の方 〒00(北海道)~〒27(千葉県の一部) 令和元年11月19日(火曜)~23日(土曜) 〒27(千葉県の一部)~〒50(岐阜県の一部) 令和元年11月21日(木曜)~26日(火曜) 〒50(岐阜県の一部)~〒79(愛媛県の一部) 令和元年11月23日(土曜)~28日(木曜) 〒79(愛媛県の一部)~〒99(山形県) 令和元年11月26日(火曜)~30日(土曜) 『掛金払込証明書』のお届け先 ご登録の住所• 補足事項 令和元年11月にお送りする『掛金払込証明書』には、掛金の月額しか記載されていません。 年内に払い込んだ掛金合計額を記入し、10月~12月の払込状況については、掛金を払い込んだことが明記された(記帳された)通帳の写しを添付して申請してください。 また、前年に発生した未払掛金をその年に払い込んだ場合は、その未払掛金の額を加算して申告してください。 令和2年2月発送分 ご対象者• 令和元年10月~12月に「現金あり」で加入された方• 令和元年8月~10月までに「現金なし」で加入し、同年10月~12月までの間に初回の口座振替をされた方• 平成31年1月~令和元年9月に掛金の払込がなく、かつ平成30年12月以前に平成31年1月~令和元年9月分の掛金を前納していない方で、令和元年10月~12月にのみ掛金を納付された方 『掛金払込証明書』の到着予定時期 令和2年2月13日(木曜)~18日(火曜) 『掛金払込証明書』のお届け先 ご登録の住所• 補足事項 令和2年2月にお送りする『掛金払込証明書』には、令和元年10月~12月に払い込んだ掛金合計額が記載されていますので、その金額を確定申告書に記入してください。 『掛金払込証明書』のイメージ• 令和2年2月にお送りする『掛金払込証明書』は、レイアウトが若干異なります。 お問い合わせ• ご迷惑をおかけしますがご了承ください。

次の