サガ スカーレット グレイス 緋色 の 野望 攻略。 ロール一覧|サガ スカーレットグレイス 緋色の野望 攻略の缶詰

【サガスカーレットグレイス攻略】竜鱗、輝く油、氷晶などの上位素材の集め方

サガ スカーレット グレイス 緋色 の 野望 攻略

スポンサーリンク 産業開発について• 産業開発は 北東界外 知られざる村を訪れることで開始される。 以降も藁がなくなったらここで補充可能。 緋色の野望では セレナイフ州の 海岸の箱からも藁を入手可能。 初回1回限り。 補充は北東界外でのみ可能。 産業開発は各地の街集落で特産品を開発しながら進める。 特産品を各地で集めて新しい特産品を開発する。 特産品を開発し続けると名産品が開発される。 リーア、アスワカン、ヌマディカ、南東界外では産業開発は行えない。 緋色の野望から 報酬が追加された。 特産品開発で 結晶以外の 素材類が貰える。 PL(キャラの強さ)に応じて内容や数が変化?• 一部の特産品開発時には 装備が貰える。 メグダッセ ニュウ族の集落の コンポスト1: ソードブレイカー• ヤクサルト トゥワイの 歌劇: 道化の靴• 北東界外 知られざる村の 全特産品開発: スリッジハンマー• 全特産品開発時: 伝説の皇帝液• 一部の特産品開発がの品揃えに影響する。 産業開発を進めないと下取り所のラインナップが増えない。 産業開発のコンテンツ 特産品・名産品 一覧• 産業開発コンプの方法(トロフィ「壮大なる道草」)• スポンサーリンク.

次の

【サガスカーレットグレイス 緋色の野望】主人公別オススメの仲間集めルート バルマンテ編

サガ スカーレット グレイス 緋色 の 野望 攻略

仲間が多くて困ることはない また別記事でも紹介予定ですが、本作ではキャラクターのHP以外の能力補正などは武具の強化以外に方法がないので、後半になると素材集めが必要になります。 素材を最も効率よく集めるのは戦闘ですが、合間で出せる「派遣」が以外にも優秀なので、各地で派遣に出せるくらいは仲間を増やしておきたい。 また、リワード項目で素材を入手出来る場面も多いので、女性キャラのみ、男性キャラのみで編成出来るような構成が理想ではあります。 おすすめの仲間キャラクター ()内はおすすめの武器。 オグニアナ(斧、槍、小剣) ウルピナ編では1章で仲間になる。 その他の主人公でも不死鳥シナリオ、緋の欠片シナリオで仲間にすることが可能。 初期の得意武器は斧なので斧のまま最後まで行くことも出来るし、集中力が高いので状態変化を狙うことも出来る(槍、小剣など) HPは低いものの、鍛えれば普通に900台までは伸びる。 レオナルド(大剣) 主人公の1人なので、レオナルド編以外で加入させられる。 ヤクサルト辺境州で参拝イベントを全てこなすと加入する。 高いHPとLPでプロテクト壁役にしやすく、火力もそこそこ高い。 HPはすぐ999まで上がります。 エリザベート(体術) レオナルド編は初期メンバー。 その他の主人公ではレオナルド編クリア後にキャライベントをこなすと加入する。 陣形のダブルコンバインがラスボス戦で活躍する。 集中力が強化されているので空気投げ要員としても活躍出来る。 ただし、ダブルコンバインを利用するとラスボスがヌルゲーになる感は否めません。 エリセド(術) 加入段階で召雷、超重力と全体術を覚えており、即戦力になる。 タリア編以外で加入させられるが、木の五行武器との選択性になる場合が多い。 序盤のうちに仲間に出来るウルピナ編ではかなりオススメ。 他の主人公で仲間にする場合で木の五行武器を取得予定であれば他の術士を育てるほうが良い。 ネヴァーン(術) ハイバーニア州の小屋にいる魔術師見習い(?)というか、登場段階ではギャグキャラ。 少し仲間にするまでのイベントが長めではあるものの、知力、集中力は最強クラス。 エリセドを離脱させる予定であれば、ネヴァーンを加入させると楽。 ホンスワン(弓) 圧倒的弓キャラ。 シナリオ状況によって仲間に入る環境が多少変化する。 基本的にはヌマディカの死海スライムイベントやシグフレイ、緋の欠片の進行状況に応じてアシナの村で仲間に出来る。 技術力だけ見ると、妖精グリフィンに惹かれるが、集中力が低すぎて影縫いが決まらないので、弓を使用する、五行武器で弓が入った場合はホンスワンがオススメ。 カーン(槍) ウルピナ編では1章の選択肢で加入(エルワカン) タリア編ではパートナーキャラ。 レオナルド、バルマンテ編ではキャライベントで5回会うと加入する。 平均的な能力が高くHPも高いので使い勝手が良い。 管理人のプレイでは槍技も全てコンプしてくれたので好き。 アングル(小剣、長剣) タリア編では未加入のキャラ。 他、3人の主人公でも少しずつ仲間になる時期が違うが、基本的にイルフィー海のサブイベントをこなしてニューワイズで仲間になる。 武器に関しては初期の得意武器である小剣でも良いし、長剣や斧などでも充分使える。 体力の低さは戦闘でHPを上げてカバーする必要はあるものの、比較的万能なキャラ。 一概には決められないパーティーメンバー 上で紹介しているキャラはほんの一部で スカグレには70人ほどの仲間キャラがいるので最強メンバーとなると条件付きで加入するキャラの起用が絶対になる。 例えば、クライサ(術、イベントクリアが必要)やサーシャ(ウルピナ編の限定キャラかつ条件付き)といった強キャラであったり、ツバキ(小剣)、アスラナ・メレク(体術)などなどイベントクリアが必要かつ、シナリオを調整する必要のあるキャラ達であったりする。 ただ、ほとんど初期のキャラであってもファイアブリンガー戦だけならばなんとかなるので 緋の魔物コンプなどを目指していない場合は愛着のあるキャラで良いと個人的には思われる。 参考までに管理人のとあるウルピナ編のファイアブリンガー戦のHP状態。 ウルピナですらHPは972。 結果的に戦闘をこなせば体力の低さは解消される。 2周目(主人公2人目)からは高速戦闘も出来るので、体力の低さはPS4版では少なくともハンデにはあまりならない。 最も大事なのはおそらくパーティーメンバーのバランス(同種武器があっても良いが攻守役を決める構成) また、緋の魔物などになると専用に対策を立てないと勝てないことも多いので、やり込みの場合は仲間は増やしまくっておくと、後から育成は出来るので大丈夫。

次の

【サガスカーレットグレイス攻略】竜鱗、輝く油、氷晶などの上位素材の集め方

サガ スカーレット グレイス 緋色 の 野望 攻略

大剣・長剣・小剣・槍・棍・体術と術全て使用可能で何をさせても強い。 固有ロールの魔封じ(味方の熱冷電耐性アップ)も強い。 術はハードファイアしか覚えてないため最初は少し育成が大変だが、運動性・体力も兼ね備えた術キャラ運用もオススメ。 モンド オススメ ウルピナ 条件付きで他主人公 [大,長,小,槍,斧,棍,弓,体] [LP4,筋11,技13,運8,体11,知10,集13] ウルピナの相方。 唯一低い運動性を装備品で補強すれば非常に万能なキャラ。 何をさせても強いので、パーティに足りない武器種で戦わせると良い。 ウルピナ編では序盤の弓キャラ不足を補うために弓を持たせても強い。 クミ オススメ ウルピナ タリア バルマンテ [長剣・大剣・斧] [LP7,筋12,技11,運12,体10,知8,集8] 海賊姉さん。 レオナルド編以外で不死鳥ルートを通ると加入、タリアは序盤に確定加入であるため特にオススメ。 高水準な万能キャラ。 筋力12,技術力11,運動性12と主要なステータスが高いのが特徴。 この性能でありながらLP7と高いのも見逃せない。 火力がありながらもプロテクト役としても機能するのがポイント。 今作の大剣はカタナ(宝刀系)で強力な斬攻撃技を覚えられるので、大剣運用する際のクミの評価はさらに上がったと言える。 オグニアナ オススメ ウルピナ タリア レオナルド バルマンテ [大剣・長剣・小剣・槍・斧・棍棒・体術] [LP4,筋9,技12,運12,体8,知5,集13] 斧使い・槍使い項目でも紹介。 弓と術以外ならなんでも扱える万能優秀キャラ。 高い運動性による行動順の早さと、高い技術力・集中力による状態異常成功率の高さから何をさせても強い。 槍や大剣を持たせるとプロテクト役を任されてしまうこともあるので基本は斧運用がオススメ。 基本は小剣か槍での高火力運用がオススメではあるが、高い技術力を活かしてステータスダウン効果を上げられる斧もアツい。 前作ではとにかくオススメされていたキャラだが、今作は緋の魔物を始めとした追加ボスの攻撃力が凄まじいので、チアーゴの低防御力で耐えるのはかなり厳しくなっている。 弓使いのような火力枠としての起用になるため、運用する際はパーティバランスに注意。 アングル ウルピナ レオナルド バルマンテ [長剣・小剣・斧・弓・体術] [LP5,筋12,技13,運10,体8,知9,集11] 船長。 小剣使いの項目でも紹介しているキャラ。 不得意武器は大剣と槍のみで、技術・集中力型でありながら筋力も高いので斧を持たせても強い。 ただしLP・体力共に低いので運用に注意が必要。 ウルピナ編序盤の弓キャラ不足の問題を解消するため弓運用されることも多い。 大剣 重要なステータス 筋力(技威力)、体力(HP成長率・被ダメ軽減) キャラ 主人公 解説 レオナルド オススメ ウルピナ レオナルド タリア バルマンテ [LP10,筋13,技7,運9,体13,知5,集12] 代表的な大剣使いで鉄板性能。 ただし今作から加入条件が変更されたようでちょっとした注意が必要に 参照。 技術力以外の全てのステータスが高く破壊力と耐久力を兼ね備えた優秀なキャラ。 本来この性能であれば運動性が極端に落ちるところだが、標準値の9と悪くない数値。 固有ロール「初期行動順アップ大・狙われやすさアップ」も非常に強力で、狙われやすさが上がっても問題の無いHPの高さ・LPの高さが魅力。 今作はしっかり耐えられるプロテクト役が重宝されているため、レオナルドの評価はさらに上がったと言える。 カーン オススメ ウルピナ タリア [LP7,筋12,技10,運10,体12,知8,集11] 槍使いとしても紹介しているキャラ。 タリアの相方。 HPも非常に高く、プロテクト担当の壁役が重宝される今作においてはかなりのオススメキャラと言える。 クミ オススメ タリア ウルピナ バルマンテ [LP7,筋12,技11,運12,体10,知8,集8] 万能枠として紹介しているキャラ。 今作の大剣はカタナ(宝刀系)で強力な斬攻撃技を覚えられるので、大剣運用する際のクミの評価はさらに上がったと言える。 長剣 重要なステータス 筋力(技威力)、運動性(行動順)、技術力(一部技威力・スタン成功率) キャラ 主人公 解説 ウルピナ オススメ ウルピナ レオナルド [LP8,筋12,技11,運13,体8,知7,集9] 高い運動性を活かしつつも、筋力・技術力も高く火力も申し分ない小回りの利くキャラ。 長剣の性質上、運動性が高いというのは大きなメリットになる。 高水準のステータスでありながらLPも高め。 主人公として使っている場合は宿星ボーナスでさらに補強可能で、二刀流を使うことができるため最強クラスの性能に。 武器を2本強化していくのは大変だが二刀流も修得可能で武器ガード率が高い。 エアライヒ ウルピナ タリア バルマンテ [LP7,筋11,技12,運10,体11,知8,集9] レオナルド以外で仲間にすることができる。 術使いのクライサとの2択で加入。 長剣使い不足のバルマンテ編での主力キャラ。 主要なステータスがどれも高く頼りになる性能。 固有ロールが「最大BPアップ・初期BPダウン」というゴミ性能なので外して運用を。 長剣用の陣形・バスタードウイング持ち。 運動性がやや低いので、装備で補強をすることで扱いやすくなる。 LPも7と高め。 コンパス オススメ タリア [LP4,筋9,技11,運9,体10,知11,集9] タリアの初期メンバー・タリア編限定。 LPも低めで平凡なバランス重視のステータスではあるが、固有ロールの「斬威力アップ特大」が非常に強力。 初期修得しているデミルーンは面倒な水棲系の敵と、今作では頻繁に戦うことになる人型の敵どちらにもクリティカルするため、今作ではかなり優秀な技。 斬威力アップ特大+デミルーンだけで存在理由が成立しており、デミルーンのランクアップをコツコツと進めていけば最後まで最主力。 小剣 重要なステータス 技術力 技威力・状態異常成功率 、集中力 状態異常成功率 キャラ 主人公 解説 アングル ウルピナ レオナルド [LP5,筋12,技13,運10,体8,知9,集11] ステータスのバランスもよく、小剣使いとして必須な技術力も13ある。 また、固有ロールにより狙われやすさは向上してしまうが「味方の全威力アップ小」がついた優秀なキャラ。 チアーゴ オススメ レオナルド タリア バルマンテ [LP5,筋9,技14,運9,体7,知11,集12] 槍使いとしても紹介しているキャラ。 全キャラ中屈指の技術力の高さと集中力の高さが売りで、状態異常攻撃中心の小剣と相性が良い。 知力が高いため、非物理系の技の威力にもやや影響を与えていると思われる。 固有ロール「斬打突の威力アップ特大・HPダウン大」により火力面も優秀。 敵より先に動いて状態異常攻撃を撃てるように、運動性を装備品で補強しての運用を。 ツバキ カメリア オススメ 全主人公 [LP5,筋10,技12,運11,体10,知12,集12] 万能枠としても紹介している新キャラ。 初期装備が小剣でそのまま持たせて使わせても良いし、他武器に切り替えても強い。 槍 今作は槍にプロテクト技追加、また多くの槍技の威力が上昇している。 重要なステータス 筋力 技威力 、集中力 技威力・状態異常成功率 キャラ 主人公 解説 カーン オススメ ウルピナ タリア [LP7,筋12,技10,運10,体12,知8,集11] 大剣使いとしても紹介しているキャラ。 タリアの相方。 今作では槍にプロテクト技が追加されており、火力とタンク性能を両立できる槍使いの代表キャラに。 ティシサック オススメ ウルピナ レオナルド タリア [LP6,筋11,技9,運10,体13,知8,集11] おそらく全主人公で加入させられる。 タフさが売りの槍使いで、固有ロール「素早さアップ小・初期行動順アップ小」が優秀。 性能としてはカーンに非常に似ているが、固有ロールの分だけこちらの方が動き出しが早い。 前作ではティシサックの方が優秀だったが、今作は「どちらが優秀」ではなく「どちらも優秀」になっている。 カーンに大剣を持たせれば両立も可能。 チアーゴ レオナルド タリア バルマンテ [LP5,筋9,技14,運9,体7,知11,集12] タフさを捨てて攻撃に特化したタイプ。 固有ロール「斬打突の威力アップ特大・HPダウン大」により火力面も優秀。 技術力と集中力の高さが全キャラ中屈指で、毒やスタン攻撃を使用する槍と相性が良い。 脳削りによる術力ダウンの効果量も大きい。 敵より先に動いて足払いを撃てるように、運動性を装備品で補強しての運用を。 モンド オススメ ウルピナ 条件付きで他主人公 [LP4,筋11,技13,運8,体11,知10,集13] ウルピナの相方。 元々火力特化の性能をしていたが、調整によりかなり扱いやすくなっている。 斧 重要なステータス 筋力(技威力)、技術力(命中率・ステータスダウン効果量) キャラ 主人公 解説 オグニアナ オススメ ウルピナ レオナルド タリア バルマンテ [LP4,筋9,技12,運12,体8,知5,集13] 筋力が低めなので斧本来の火力が活かせないような雰囲気があるが、固有ロールにより火力が上がっており、さらに技術力が高く斧を持たせても命中率が気にならないというメリットがある。 ウルピナ編の主力に。 LPが4と低いことだけ注意。 技術力が高いことで、斧の主力であるかぶと割り・かかと斬りによるステータス低下量も大きくなっている。 マリオン タリア レオナルド バルマンテ [LP4,筋10,技12,運12,体11,知5,集7] 重要となる基礎ステータスがいずれも高水準で揃っており優秀なキャラ。 オグニアナと似た性能ではあるが、こちらは体力が11と高いのが優秀な点。 オグニアナ同様に技術力が高いことで、斧の主力であるかぶと割り・かかと斬りによるステータス低下量も大きくなっている。 ステータス・初期スキルレベルの関係で斧以外はまともに扱えないので、バルマンテと併用する際は注意。 斧使いに必須とも言える技術力が大幅上昇したことでステータスダウン技の効果量、攻撃命中率が上がり斧適正は上がっている。 が、運動性が落とされてしまった影響で、ステータスダウン技をターン最初にかけることができないデメリットも同時に発生している。 単純に火力を出すことにおいてはぶっちぎりの性能であるため、ステータスダウンよりも火力重視の斧使いとして。 ポール ウルピナ タリア [LP5,筋11,技11,運10,体10,知8,集12] チュロス屋さん。 ステータスが全体的に高水準で揃っており、初期武器種が棍棒のキャラの中では一番マッチしている印象。 弓 重要なステータス 技術力 弓威力・状態異常成功率 、集中力 弓威力 、威力は特に集中力が重要 キャラ 主人公 解説 クィーン オススメ タリア [LP5,筋7,技12,運12,体7,知10,集10] タリア編の初期キャラ。 本来小剣使いとしての加入だが、タリア編に弓使いがいないことから弓を持たせて運用することになる。 スキルレベルを見ても弓の適正があり、全く問題無いどころかステータス・固有ロール 突威力アップ特大 とかなりマッチしている。 弓使いとして育てていくと頼りになる存在に。 アングル ウルピナ レオナルド [LP5,筋12,技13,運10,体8,知9,集11] 万能型キャラ・小剣キャラとしても紹介。 高い筋力が活かされなくなってしまうが、弓として重要な技術力・集中力の高さが魅力。 ウルピナ編で一旦弓使いを確保したい時にオススメ。 そのまま使い続けてもしっかり機能する。 ジゼル ウルピナ レオナルド タリア バルマンテ [LP6,筋7,技11,運12,体9,知8,集11] バルマンテ編で早い段階で仲間にできるため特にオススメしている。 バルマンテ以外だと少し遅めになるか、他に優秀な弓使いがいるため無理に仲間にしなくてもOK。 小剣使いとしての加入になるが、弓適正が高いので弓での運用がオススメ。 運動性の高さを活かして先手リザーブ解除できることと、地味ながらLPが少し多いのもポイント。 エイディル ウルピナ タリア バルマンテ [LP5,筋7,技10,運12,体9,知10,集14] 強力な弓使いではあるが、加入条件がやや複雑だったり限定的。 使うのであれば主人公タリアかバルマンテで第2シナリオ 1回目の選択シナリオ に緋の欠片編を選んだ場合がオススメ。 タリア編はクィーンでも十分強力ではあるがエイディルを使ってみたいというならタリア編は起用しやすい(優秀なクィーンがいるのでわざわざ使う必要は…)。 ウルピナ編は仲間にできるのが最終盤になるのでオススメできない。 体術 重要なステータス 筋力 技威力 、技術力・集中力 スタン成功率 、運動性 行動順 キャラ 主人公 解説 ルイース ウルピナ レオナルド タリア [LP7,筋11,技8,運13,体12,知7,集9] ウルピナ、タリアの場合メインシナリオ上で仲間にすることができる。 運動性が13と非常に高く、体力・LPも高いので動ける壁役として。 技術・集中が低いため体術の主力である空気投げのスタンが決まりにくいという弱点もあるが、それでも早く動けるというのは大きい。 レオナルド同様に、メイン運用しない場合でもリザーバーとして置いておくだけで意味がある。 オグニアナ オススメ ウルピナ タリア レオナルド バルマンテ [LP4,筋9,技12,運12,体8,知5,集13] 槍・斧などの項目でも紹介している万能強キャラ。 高い運動性による行動順の速さと、高い技術力・集中力による空気投げのスタン成功率を武器に戦う。 杖・術 重要なステータス 知力 術威力・状態異常成功率 、集中力 術性能 、運動性 術使いの運動性はかなり重要なステータス。 早く撃てた方が敵を無力化しやすい・詠唱妨害を受けにくい。 そもそも知力に関わらず詠唱さえしてしまえば術はどれも強いので、運動性を重視したキャラ選びというのも悪くない。 キャラの宿星属性と同じ属性術を育てるとランクアップしやすいメリットがあるが、正直あまり気にしなくてOK。 キャラ 主人公 解説 タリア レオナルド タリア [LP6,筋8,技12,運7,体8,知14,集12,宿星:水] 最初から毒霧を覚えているので運用しやすいのが特徴。 そのまま水属性だけを伸ばして吹雪を修得させたい。 運動性の低さを装備品でなんとかカバーを。 主人公として使う場合は序盤の選択肢の加護により重要ステータスが伸びるため強力だが、レオナルド編で仲間にする場合は特別強いというイメージはない(毒霧を持っているので運用・育成しやすいが)。 エリセド ウルピナ レオナルド バルマンテ [LP6,筋6,技9,運11,体6,知13,集14,宿星:水] ウルピナ・バルマンテで早い段階から加入させられる優秀な術キャラ。 性能も申し分なく、固有ロール効果で狙われやすさもダウン。 初期修得している召雷でしばらく戦える。 術使いでありながら運動性が高いのが特にオススメポイント。 早めに毒霧あたりでいいので全体攻撃術を修得させたい。 体力が極端に低いため、敵の攻撃が強烈な今作においてはやや痛手。 唯一難点として木の五行武器と2択で離脱してしまう可能性があること。 わずらわしいことを考えたくないならオススメできない。 アーサー オススメ バルマンテ 条件付きで他主人公 [LP5,筋8,技11,運11,体9,知13,集11,宿星:金] バルマンテの相方。 術使いの中では運動性がトップクラスに高く、体力も9とまずまず高め。 最初から毒霧を持っているので運用・育成しやすいのもポイント。 バルマンテ編で運用する際は""にだけ注意。 ミラーネ ウルピナ タリア レオナルド バルマンテ [LP4,筋8,技11,運7,体9,知12,集12,宿星:土] 特別オススメしているわけではないが、おそらく全主人公が早い段階で仲間にできる術使い。 生命の雨・アースヒールを最初から修得しており、どうしても急ぎで回復術が欲しいという場合にのみ価値あり。 術用の陣形であるマジカルシャワー修得にも。 クライサ 条件付きでオススメ ウルピナ タリア バルマンテ [LP5,筋6,技8,運10,体9,知13,集13,宿星:火] クライサを仲間にすると基本的に長剣陣形である「バスタードウィング」を入手できなくなるという問題がある。 有用な陣形を一つ落としてまで加入させる価値は正直ないが、 今作は周回プレイで陣形引継ぎがあるので、既にバスタードウィングを持っているならオススメ。 運動性もそれなりに高めで、知力・集中力がどちらも13と高い。 今作の火行術は一から覚えさせようとするとフラッシュファイア修得までかなり大変なので、最初からフラッシュファイアを修得しているクライサはかなり育てやすい。 ユリア ウルピナ レオナルド タリア バルマンテ [LP5,筋8,技6,運10,体9,知11,集13,宿星:木] 固有ロール「追っかけ」により初期行動順が大幅にアップ。 運動性もまずまず高めでトップクラスで早く動ける術使い。 威力よりも行動順を優先したい場合に。 大剣・長剣・小剣・槍・棍・体術と術全て使用可能で何をさせても強い。 固有ロールの魔封じ(味方の熱冷電耐性アップ)も強い。 術はハードファイアしか覚えてないため最初は少し育成が大変だが、順調に術を修得させていけば運動性・体力も兼ね備えた術キャラとして機能する。

次の