税理士 一般企業 転職。 税理士の転職と年齢 30代どころか40代、50代以上と何歳まででも転職できる

科目合格で一般企業経理という選択

税理士 一般企業 転職

監査法人にいる会計士の転職先について (1)公認 会計士の転職先で一番多いのは事業会社。 その理由とは? 会計士が監査法人から転職する場合、コンサルティングファーム、投資銀行、税理士事務所など多岐にわたりますが、なんといっても一番多いのは一般事業会社です。 一般事業会社の中でもいくつかに分類され、テクニカルに複雑な会計論点を扱いたい場合は大手上場企業、1人で会社全体の数値を俯瞰したい場合はIPO準備企業、IFRSや英語を使った仕事をしたい場合は外資系企業といった具合です。 ポジションについては、監査法人時代はシニアであっても、コンサルティングファームでは最初から高いパフォーマンスを発揮しにくいため、アソシエイトからスタートするケースが多いようです。 反面、一般事業会社の経理や内部監査部門に転職する場合は、監査業務の経験が直接活かせるため、同等のポジションで移れる可能性が高いです。 ただし、監査法人は一般事業会社と比較すると若くしてマネージャー職に就くため、年功序列色の強い会社ではランクが下がることもあります。 逆にインチャージ(主査)経験者は、マネジメント経験ありとみなされ、事業会社では管理職の求人にも十分チャレンジ可能です。 (2)事業会社での具体的な業務 最も考えられるのは、高度な会計知識を生かした決算業務、開示業務でしょうか。 また、内部統制監査の経験を背景に、内部監査業務の求人も多くあります。 根底に流れる理論から深く理解しているため、会計基準にない、新しい会計事象のあるべき処理を考える場面においては最も力を発揮できます。 また、上場会社の場合は監査法人対応を担当するケースがあり、専門的な議論をする場で特に重用されます。 そのため、将来もしくはすぐに管理職候補としての活躍が期待されます。 クライアントワークである監査法人は、どうしても急な案件で残業や休日出勤が発生しがちですが、一般事業会社の業務は安定的です。 特に大手企業は長期的就業を前提としており、また、様々な働き方を認めるだけの体力があるため、自分の私生活や体力にあったスタイルを選べます。 外資系企業やベンチャー企業は、監査法人同様に人の入れ替わりサイクルが早い傾向にありますが、出退社の時間を柔軟に設定していたり、私服での勤務が認められるなど、やはり働きやすさは監査法人よりも改善されるといえます。 ただし、近年は監査法人も働き方改革を推進しており、こちらのメリットは小さくなってくるかもしれません。 健康に配慮された食事が安価で提供される社員食堂や、税務上のメリットを享受できる借り上げ社宅、認可外保育園の差額保育料の補助など、金銭その他の面でありがたい制度がありますので、会社選びの際の1つの基準となります。 一方、 一般事業会社の経理は、自分のこととしてより興味をもって数値をみることができます。 またベンチャー企業のように小規模な会社は、営業や開発、マーケティング部門といった様々な人の話が聞きやすいため、会社に対する深い理解をもって仕事ができるのが魅力です。 ただし、上述のとおり、その分ワーク・ライフ・バランスは確保しやすくなりますし、福利厚生のメリットもあります。 また、メーカーの場合はジョブ・ローテーションの一環で工場経理として、地方や海外に赴任するのは比較的一般的なことかと思います。 この点、監査法人では転勤は原則なく、海外赴任は希望しなければいいので、同じ場所でずっと働くという意味では良い環境といえます。 ただし、有資格者をまったく関係のない部門に異動させるのは職務上のミス・マッチが容易に想像されますので、希望に沿わない異動のリスクは高くないでしょう。 それでいて管理部門は減点方式の評価のため、監査上は許容していたような些細なミスも無くすように神経を尖らせる必要があります。 事業会社に転職する際に気を付けるポイント (1)本当に事業会社でいいのか? 当たり前のことですが、事業会社への転職はいいことばかりではないです。 上に挙げたメリット・デメリットは誰にでも当てはまるわけではありません。 ワーク・ライフ・バランスを気にせずバリバリ働きたいという人や、自分で手を動かして作業するのが大好きという人はいるはずです。 ご自身の嗜好や人生計画に照らし合わせて、事業会社以外への転職や監査法人に残るという選択肢も検討するべきでしょう。 (2)組織内に公認会計士はいるか?採用実績はあるか? 面接の際に確認しましょう。 社内に会計士がいない企業は、会計士は数値が絡む仕事なら何でも詳しいと考えがちで、専門外の領域においても活躍を期待されることがあります(いわゆる期待ギャップ)。 そのため、会計士の採用実績がない会社に転職する場合は少し慎重になる必要がありますが、逆に考えると同じスキルをもつライバルがいないということになり、活躍のチャンスは広いともいえます。 (3)求められる役割は何か? 一口に事業会社の管理部門といってもその役割は会社によって様々です。 決算を少しでも早く正確に締めることを重視する守りの経理もあれば、会計や税務の視点から意見を発信し、事業のスキームにある程度影響を与える「攻めの経理」もありえます。

次の

会計士によくある転職理由と転職先|【マイナビ会計士】公認会計士の転職・求人

税理士 一般企業 転職

監査法人にいる会計士の転職先について (1)公認 会計士の転職先で一番多いのは事業会社。 その理由とは? 会計士が監査法人から転職する場合、コンサルティングファーム、投資銀行、税理士事務所など多岐にわたりますが、なんといっても一番多いのは一般事業会社です。 一般事業会社の中でもいくつかに分類され、テクニカルに複雑な会計論点を扱いたい場合は大手上場企業、1人で会社全体の数値を俯瞰したい場合はIPO準備企業、IFRSや英語を使った仕事をしたい場合は外資系企業といった具合です。 ポジションについては、監査法人時代はシニアであっても、コンサルティングファームでは最初から高いパフォーマンスを発揮しにくいため、アソシエイトからスタートするケースが多いようです。 反面、一般事業会社の経理や内部監査部門に転職する場合は、監査業務の経験が直接活かせるため、同等のポジションで移れる可能性が高いです。 ただし、監査法人は一般事業会社と比較すると若くしてマネージャー職に就くため、年功序列色の強い会社ではランクが下がることもあります。 逆にインチャージ(主査)経験者は、マネジメント経験ありとみなされ、事業会社では管理職の求人にも十分チャレンジ可能です。 (2)事業会社での具体的な業務 最も考えられるのは、高度な会計知識を生かした決算業務、開示業務でしょうか。 また、内部統制監査の経験を背景に、内部監査業務の求人も多くあります。 根底に流れる理論から深く理解しているため、会計基準にない、新しい会計事象のあるべき処理を考える場面においては最も力を発揮できます。 また、上場会社の場合は監査法人対応を担当するケースがあり、専門的な議論をする場で特に重用されます。 そのため、将来もしくはすぐに管理職候補としての活躍が期待されます。 クライアントワークである監査法人は、どうしても急な案件で残業や休日出勤が発生しがちですが、一般事業会社の業務は安定的です。 特に大手企業は長期的就業を前提としており、また、様々な働き方を認めるだけの体力があるため、自分の私生活や体力にあったスタイルを選べます。 外資系企業やベンチャー企業は、監査法人同様に人の入れ替わりサイクルが早い傾向にありますが、出退社の時間を柔軟に設定していたり、私服での勤務が認められるなど、やはり働きやすさは監査法人よりも改善されるといえます。 ただし、近年は監査法人も働き方改革を推進しており、こちらのメリットは小さくなってくるかもしれません。 健康に配慮された食事が安価で提供される社員食堂や、税務上のメリットを享受できる借り上げ社宅、認可外保育園の差額保育料の補助など、金銭その他の面でありがたい制度がありますので、会社選びの際の1つの基準となります。 一方、 一般事業会社の経理は、自分のこととしてより興味をもって数値をみることができます。 またベンチャー企業のように小規模な会社は、営業や開発、マーケティング部門といった様々な人の話が聞きやすいため、会社に対する深い理解をもって仕事ができるのが魅力です。 ただし、上述のとおり、その分ワーク・ライフ・バランスは確保しやすくなりますし、福利厚生のメリットもあります。 また、メーカーの場合はジョブ・ローテーションの一環で工場経理として、地方や海外に赴任するのは比較的一般的なことかと思います。 この点、監査法人では転勤は原則なく、海外赴任は希望しなければいいので、同じ場所でずっと働くという意味では良い環境といえます。 ただし、有資格者をまったく関係のない部門に異動させるのは職務上のミス・マッチが容易に想像されますので、希望に沿わない異動のリスクは高くないでしょう。 それでいて管理部門は減点方式の評価のため、監査上は許容していたような些細なミスも無くすように神経を尖らせる必要があります。 事業会社に転職する際に気を付けるポイント (1)本当に事業会社でいいのか? 当たり前のことですが、事業会社への転職はいいことばかりではないです。 上に挙げたメリット・デメリットは誰にでも当てはまるわけではありません。 ワーク・ライフ・バランスを気にせずバリバリ働きたいという人や、自分で手を動かして作業するのが大好きという人はいるはずです。 ご自身の嗜好や人生計画に照らし合わせて、事業会社以外への転職や監査法人に残るという選択肢も検討するべきでしょう。 (2)組織内に公認会計士はいるか?採用実績はあるか? 面接の際に確認しましょう。 社内に会計士がいない企業は、会計士は数値が絡む仕事なら何でも詳しいと考えがちで、専門外の領域においても活躍を期待されることがあります(いわゆる期待ギャップ)。 そのため、会計士の採用実績がない会社に転職する場合は少し慎重になる必要がありますが、逆に考えると同じスキルをもつライバルがいないということになり、活躍のチャンスは広いともいえます。 (3)求められる役割は何か? 一口に事業会社の管理部門といってもその役割は会社によって様々です。 決算を少しでも早く正確に締めることを重視する守りの経理もあれば、会計や税務の視点から意見を発信し、事業のスキームにある程度影響を与える「攻めの経理」もありえます。

次の

税理士が一般企業の経理に転職する場合[会計人材バンク]

税理士 一般企業 転職

公認会計士は、ストレスの多い職業だといわれています。 多くの株主がいる大企業の会計監査業務などでは、自分たちが出した財務諸表に基づいて株式の取引が行われるため、その企業の株価だけではなく、株式相場全体にも影響を与えます。 さらに日頃から多忙で、特に繁忙期には長時間労働が増え、休日出勤を余儀なくされることもあります。 責任の重い仕事に多忙な労働環境と、会計士の仕事は心身ともにストレスを感じやすい条件がそろっていて、転職希望者も多く存在します。 ほかの職業と比較すれば、確かに年収面では恵まれている部分もありますが、キャリアアップをするためには常に勉強が欠かせず、ワークライフバランスもとりづらいのが実情です。 そこで、公認会計士によくある転職理由をポジティブなものとネガティブなものに分けながら、いざ転職するときにはどんな転職先があるかについてご紹介します。 現在、監査法人では会計士の積極的な採用トレンドが続いています。 IPO(新規公開株)の伸びや日本版の内部統制報告制度(J-SOX)の導入、四半期決算の導入など、監査法人に対する新たなニーズが高まりを見せているためです。 しかし、大手監査法人では、必要な人材確保が終わったことや、離職者の減少、さらにはAI(人工知能)の発達などを受けて、人材獲得の動きは少し鈍化しています。 また、大手監査法人は、待遇や職場環境などが整っているため離職率が低く、採用を控える法人がある一方、積極的な採用を続けている法人もあり、採用の姿勢にも大きな違いがあります。 そして中堅監査法人では、常に会計士の採用に積極的な傾向があります。 大手監査法人の出身者を管理職待遇で迎え入れるケースも増加傾向にあるため、30代後半~40代の転職希望者には狙い目ともいえます。 会計士試験に合格した当時、監査法人は採用氷河期にあたり、一般事業会社の経理ポジションにて就業した会計士のケースです。 その後、会計士としての専門性を活かしたキャリアを形成していきたいという理由から、監査法人への転職にチャレンジし、見事に第一志望から内定を受けました <転職成功のポイント> この会計士はマイナビ会計士を活用し、面談の中でキャリアの棚卸をすることで、自分のキャリアパスが明確になったことがポイントになりました。 キャリアアドバイザーからの助言により、入社後のイメージを持って応募法人を絞り込んだことで、志望理由も明確になりました。 内定を獲得してからも、スムーズに最終的な入社の決断をすることができました。 ケース2 Big4監査法人から一般事業会社に転職し、内部から成長を支援 Big4と呼ばれる大手監査法人で、法定監査業務や内部統制報告制度の監査、財務デューデリジェンス業務に従事したというキャリアを持つ会計士のケースです。 会計知識や経験を活かして、企業の内側からその成長を支援したいと思うようになり、一般事業会社での転職を希望しました。 その結果、最終的に一般事業会社の経理や経営企画等を行う、管理部門への転職に成功しました。 <転職成功のポイント> 一般事業会社での勤務は未経験であり、前職が大手監査法人だったことで、大幅な年収ダウンや仕事になじめるのかといった不安が強くありました。 しかし、マイナビ会計士のキャリアアドバイザーの助言により、これまで培ってきたスキルや知識を活かすポジションに絞り込めば、新しい仕事も早期にキャッチアップでき、経験やスキルに対する高い評価から年収ダウンの幅も小さくて済むということがわかりました。 最終的には経理や経営企画等の管理部門に応募を絞り込んだことで、未経験ながら内定を獲得でき、年収ダウンも想定の範囲内に収めることができました。 ケース3 税務のスペシャリストとして、会計事務所の法人責任者候補に転職 会計事務所、監査法人、コンサルティングファーム、一般事業会社と一通りの経験があり、直近6年間は上場企業でのCFO候補、上場準備企業での財務部長といった経験のあるハイキャリアな会計士のケースです。 40代でしたが、税務を会計事務所で学び直した上で、スペシャリストになりたいという思いから転職を希望していました。 税務業務については、ブランクがあることから即戦力での入社が難しく、税務業務のみに従事する場合は年収が大幅ダウンしてしまうという課題がありました。 しかし、マイナビ会計士のキャリアアドバイザーの助言で、これまでのコンサルティングの実務経験を活かした上で、税務業務に携われる中堅規模の会計事務所の採用に応募し、見事内定を得ました。 <転職成功のポイント> 税務実務だけにフォーカスするのではなく、これまでのすばらしい経験を絡めながら転職活動をしたことが成功のポイントになりました。 結果としては年収がダウンするどころか、現職を上回る条件での転職となりました。 それが可能になったのは、マイナビ会計士の経験豊富なアドバイザーが、通常の人事経由による応募ではなく、法人代表者へのトップアプローチを図ったことによります。 転職したいという方の中には、明確な理由がなく、ただ漠然と違う働き方をしてみたいという理由から転職を希望し、活動を始めてしまう方もいます。 しかし、大切なのは自分の転職理由をきちんと見極めることです。 そして、転職を成功させるには、応募先に理解してもらえるだけの明確な志望理由が必要です。 それが明確でないと、成功する転職にはつながりません。 転職理由や志望動機を明確にする一番の近道は、マイナビ会計士などの転職エージェントを活用することです。 キャリアアドバイザーとの面談の中で、自分のキャリアの棚卸をすることでキャリアプランが明確になったり、自分では知らなかった多様な選択肢に気付いたりすることもできます。 公認会計士としてキャリアアップし、転職を成功させるためには、年代を問わず、積極的にマイナビ会計士をご活用ください。

次の