東大 生 サポート タブレット 学習。 【中学受験】タブレット学習を比較する”超”重要な3つのポイント

【元塾講師が探る】小学生の通信教育「RISU(リス)算数」を口コミレビュー

東大 生 サポート タブレット 学習

タブレット学習というのは「E-ラーニングシステム」というもので作られています。 E-ラーニングシステム=苦手解消につながると思ってください。 子供が取り組んだ勉強内容が分析されて、どの分野が弱い・正誤数や掛かった時間・苦手箇所などがすべて目に見える形で表示されるというもの。 優秀なE-ラーニングシステムほど「細かな勉強管理」ができます。 このE-ラーニングシステムの優秀さによって中学受験に向けた学習効果も変わってきますので、小学生のタブレット学習を比較するときの大きなポイントになります。 無学年制と聞くとあまり聞き慣れないかもしれませんが、世界のほとんどの国ではこの「無学年制」によって学校教育がなされています。 つまり 無学年制=さかのぼり・先取りのしやすさになります。 実際にこの「無学年制」のタブレット学習をやってみるとよく分かりますが、学年の枠に縛られないためスムーズに勉強が進みます。 たとえば 小学5年生の範囲はここまでだからこの先は勉強できません!という枠を超えて、無学年制のタブレット学習では勉強できるということ。 この「無学年制」というのも、タブレット学習を比較するときの大きなポイントになります。 タブレット教材は「標準・ハイレベル」の2タイプがある。 タブレット学習をチェックしてみても「偏差値」については触れられていません。 したがって自分で実際にタブレット学習を体験して、どれくらいの勉強効果があるのか?を探る必要があります。 そこで私が実際にタブレット学習を比較体験してみて、標準・ハイレベルそれぞれの偏差値で振り分けてみました。 無 東大生のサポートで算数に特化した勉強ができる 無 積み上げ学習3教科を徹底的に勉強できる 添削指導で深堀をした勉強ができる 標準・ハイレベル両方を勉強できる5教科教材 タブレット学習を比較する超重要な3つのポイント• 「映像授業」が搭載されているか?(わかりやすさ)• 優秀な「E-ラーニングシステム」が使われているか?(苦手解消)• タブレット教材は「標準・ハイレベル」の2タイプがある。 これで 「タブレット学習の比較」をしっかりと実践することができます。 私が実際に比較体験した上でご紹介したタブレット学習をなさるのもいいですし、ご自分で実際に体験なさってお選びになるのもいいです。 目標は中学受験合格または成績アップですので、しっかりと優秀なタブレット学習を利用することが大切です。 ぜひ参考になさってみてください。 人気記事.

次の

小学生「タブレット教材」厳選9社評価、徹底比較!2020年度入学準備

東大 生 サポート タブレット 学習

RISU リス の評判や口コミは? 実際に先生と対面で勉強を教えてもらう塾や家庭教師とは違い、自分だけでタブレットを使って算数を学習する、という部分にちょっと不安を抱いている人も多いはず。 実際のRISUの評判はどうなのでしょうか? RISUを実際に使っている家庭からの口コミを見ると、• しっかりと理解してから先に進めるので、間違ったまま学習を進めるということがないのが良いです。 算数を楽しみながら飽きずにゲーム感覚でできる上にリーズナブルです!• 東大などの一流大学の大学生の先生が丁寧にわかりやすくフォローしてくれるので、本人もとても楽しく学習しているようです。 など、子供自身がとても楽しんで学習しており、親子ともに満足度が高いことが伺えます。 RISU リス から専用タブレットが届く! 学習用のタブレットはRISUから支給されるので、持ってなくても心配はいりません!操作したことがなくても、説明書付きなのでこちらも心配ご無用。 ただし、学習はインターネットを使って管理されるため、 家にWifi環境があることが望まれます。 また、タブレットをほかのことに使うと困るな~なんて心配される場合があるかもしれませんが、 基本的にRISUのプログラム以外は使用できないので安心です。 まずは今の算数の実力を計測! 基本的な設定が完了したらチュートリアルで進め方を確認し、まずは現在の算数に対する理解度を計るためのテストからスタートです。 このテストは、やり直しが効かず、 スタートラインを設定する大事なテストなので「違うよ、よく見て!」と言いたくなってもぐっと我慢…。 テストが終わったら、1〜3年生の算数の学習内容が系統ごとに表示され、 子供が自分で選んで取り組めるようになっています。 子供が算数学習に飽きない工夫がいっぱい! イラストはかわいく、子供たちにも取り組みやすい感じですよね。 数字を選ぶだけで書く必要がないため、 小学校低学年でも意欲があれば取り組みやすい仕様になっています。 母には目もくれず、ドンドン1人で学習を進めていく息子。 すっかり夢中です。 正解すると、音や画面上で子供が喜ぶようなアクションがあるため、 飽きずにすすめる工夫がされているのはいいですね! 問題を解くと 「がんばりポイント」がもらえます。 これを貯めると商品などと交換できるのです。 うーん、 子供の好きそうなポイントを押さえていますね! ポイントだけでなく、たまに「スペシャルかぎ」をゲットできる 意外性も、また夢中になれる部分ですね! もう一つ、 子供を惹きつける秘密は、「鬼チャレンジ」!いつもの問題よりもちょっと難しい算数問題が突然でてくるので、 単調になりがちなダブレット学習にもメリハリが生まれるんです。 スペシャルキーを手に入れるとチャレンジできるスペシャル問題など、単調になることなく学習ができるのですが「頭使ったわ~」と報告にきて、「母ちゃんも解いてみて!」と迫ってくるので親も気が抜けません…。 学習に応じてポイントが貯まり、それも ゲーム感覚で楽しめるポイントのようです。 上の子はなんと1週間で8000ポイント以上貯めて本と交換ができるまでに! 我が家は兄弟そろって体験したので、ポイント貯め競争が発生!結果、さらに算数学習をすすめる速度が早くなる良いスパイスとなりました。 東大生の先生のビデオレターも良いスパイス! 時折フォローをくれる大学生の先生からのビデオレーターがやってきます。 「ビデオがきてる!」と嬉しそうに報告にきて何度も再生していました。 タブレットをポチポチしているだけだと心配な点もしっかりカバーされています。 息子は 「鬼チャレンジや、スペシャルキーの問題が解けると、やったぜ!って気分になる」と、学習というよりは、 遊び感覚でさくさく算数の学習を進めて行けるRISUを気に入った模様! また、登録したメールには親宛に学習状況や、 子供たちの学習をどうやって手助けしたらいいかなんてアドバイスが届きます。 親目線では? 学年に関係なく、理解してクリアしたら次々進めていけるので一見大変そうに感じる 算数の先取り学習も、無理なくすすめることができます。 科学的な根拠に基づいて復習問題もでてくるので、やったらやりっぱなしではなく 定着させる・自分の力にすることができるのは魅力ですね。 今回の体験では、見ることはできませんでしたがつまづきに対するフォローなんかもあって 子供たちをサポートする体制は万全なんじゃないかなと、感じました。 ただ、ポイント貯め競争の効果もあり、息子たちが一日にタブレットを利用する時間は1時間を超える日も…。 「学習するのはいいことだろう」と口出しはしませんでしたが、 親子で話し合って学習時間を決める必要があるかもしれませんね。 RISU、試してみたいなら ちょっと試してみたい!興味がある!なんて思ったなら、 まずは体験してみませんか? 実は、RISUのシステムは通常1年間の契約なんです。 しかし、 今なら先着50名様限定でコモリブ経由で申し込みした場合に限り、1週間の特別お試し利用(1980円+税)が可能に! 1週間試してから正式契約するか選ぶことができるので、我が子との相性もバッチリ測れちゃう! 1週間体験して そのまま本契約した場合にはお試しの料金は無料になる特典もあるので、ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね。

次の

【RISU算数】勉強は子供のやる気がすべて!タブレット学習+東大生らの個別RISU算数塾いいかも。

東大 生 サポート タブレット 学習

タブレット学習というのは「E-ラーニングシステム」というもので作られています。 E-ラーニングシステム=苦手解消につながると思ってください。 子供が取り組んだ勉強内容が分析されて、どの分野が弱い・正誤数や掛かった時間・苦手箇所などがすべて目に見える形で表示されるというもの。 優秀なE-ラーニングシステムほど「細かな勉強管理」ができます。 このE-ラーニングシステムの優秀さによって中学受験に向けた学習効果も変わってきますので、小学生のタブレット学習を比較するときの大きなポイントになります。 無学年制と聞くとあまり聞き慣れないかもしれませんが、世界のほとんどの国ではこの「無学年制」によって学校教育がなされています。 つまり 無学年制=さかのぼり・先取りのしやすさになります。 実際にこの「無学年制」のタブレット学習をやってみるとよく分かりますが、学年の枠に縛られないためスムーズに勉強が進みます。 たとえば 小学5年生の範囲はここまでだからこの先は勉強できません!という枠を超えて、無学年制のタブレット学習では勉強できるということ。 この「無学年制」というのも、タブレット学習を比較するときの大きなポイントになります。 タブレット教材は「標準・ハイレベル」の2タイプがある。 タブレット学習をチェックしてみても「偏差値」については触れられていません。 したがって自分で実際にタブレット学習を体験して、どれくらいの勉強効果があるのか?を探る必要があります。 そこで私が実際にタブレット学習を比較体験してみて、標準・ハイレベルそれぞれの偏差値で振り分けてみました。 無 東大生のサポートで算数に特化した勉強ができる 無 積み上げ学習3教科を徹底的に勉強できる 添削指導で深堀をした勉強ができる 標準・ハイレベル両方を勉強できる5教科教材 タブレット学習を比較する超重要な3つのポイント• 「映像授業」が搭載されているか?(わかりやすさ)• 優秀な「E-ラーニングシステム」が使われているか?(苦手解消)• タブレット教材は「標準・ハイレベル」の2タイプがある。 これで 「タブレット学習の比較」をしっかりと実践することができます。 私が実際に比較体験した上でご紹介したタブレット学習をなさるのもいいですし、ご自分で実際に体験なさってお選びになるのもいいです。 目標は中学受験合格または成績アップですので、しっかりと優秀なタブレット学習を利用することが大切です。 ぜひ参考になさってみてください。 人気記事.

次の