しあわせ の かたち。 │公益社団法人日本ジュエリーデザイナー協会│展覧会│

しあわせのかたち (アダルトゲーム)

しあわせ の かたち

この記事の主題はウィキペディアにおけるを満たしていないおそれがあります。 目安に適合することを証明するために、記事の主題についてのを求めています。 なお、適合することが証明できない場合には、記事はされるか、に置き換えられるか、さもなくばされる可能性があります。 ストーリー [ ] 登場人物 [ ] 杉沢 亮(すぎさわ りょう) 本作の主人公。 中肉中背の普通の青年。 神奈 水萌(かみな みなも) 声: 本作のヒロイン。 亮や美緒とは別の学校に通っている。 柊 美緒(ひいらぎ みお) 声: 亮の自慢の彼女。 性格は真面目で几帳面。 死神ちゃん(しにがみちゃん) 声: 名前はない。 身体もない。 地上とあの世の間を彷徨う「魂の回収者」。 柊 麻緒(ひいらぎ まお) 声: 美緒の双子の妹。 藤崎 成海(ふじさき なるみ) 声: 水萌と一緒に『ブルーコスモス』でアルバイトしている少女。 今居 こころ(いまい こころ) 声: 水萌と同じ学校に通っている少女。 森下 泉美(もりした いずみ) 声: 魂状態の亮がたまに会う、宙を彷徨うメガネ少女。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

│公益社団法人日本ジュエリーデザイナー協会│展覧会│

しあわせ の かたち

ファミコンブームをかけぬけた「しあわせのかたち」 そもそも桜玉吉という漫画家のことや「しあわせのかたち」という漫画を知らない人はこの記事を読んでいないと思う。 しかし、いちおうちょっとだけ説明しておくと「しあわせのかたち」はファミコン通信(現在ファミ通に改名)にて1986年〜1994年(昭和61年〜平成6年)まで連載された4ページほどのカラー漫画。 ファミコンブームまっただ中での連載だったので、まあまあなサブカル的な人気はあったと思う。 ただ当時はジャンプでドラゴーボールが連載中で漫画のメインストリームはあくまでそっちだったけれど。 時代の空気を感じられる「しあわせのかたち」 隔週販売だった創刊当時のファミコン通信(現ファミ通)を毎号楽しみにしていた筆者は、当然「しあわせのかたち」も読むようになりいつしかファンになっていた。 当時小学生の私にとって一番身近でおもしろい漫画はドラゴーボールではなく、まちがいなく「しあわせのかたち」だった。 しあわせのかたちの面白さはなんとも表現しがたい。 他のどのギャグマンガとも似ていないからである。 強いていうならドリフ大爆笑的なテイストかなーとは思う。 そんな懐かしさから25年ぶりにKindleの愛蔵版「しあわせのかたち」全3巻を購入し一気に読み終えた。 大人買いができるようになった自分がちょっと誇らしい。 平成28年のいま「しあわせのかたち」を読むと、リアルタイムとは違う客観的な視点で見ることができた。 しあわせのかたちの連載内容の変遷とバブル崩壊による景気後退とがかなりリンクしているように感じられたのです。 前半の明るい作風から後半のしあわせのそねみへ しあわせのかたちは連載当初、ファミコンゲームを題材にしたポップで明るい作風でした。 しかし作者体調不良(おそらくうつ病)により連載が終了するまでの後期には、明るい作風から徐々に桜玉吉先生自身の日記的な内容になっていき、最終的に暗黒舞踏を題材にした「ラブラブルート21(トゥウェニーワン)」や作者のダークな面が露出した「しあわせのそねみ」へとつながっていきます。 「しあわせのそねみ」は知る人ぞ知る、それまでの明るい桜玉吉の作風とは一線を画す作者のひねくれた視線で書かれた日記マンガであり、私は当時からヒジョーに好きなマンガでした。 おもしろくはあったものの、このころすでに作者の精神はかなり疲弊していたようで「しあわせのそねみ」が終わるのとほぼ同時にしあわせのかたちの連載も終了してしまいます。 この流れを25年後の今日からながめてみると、ちょうどバブル崩壊の時期と重なることに気がつき、景気悪化がマンガの内容にも影響したのではないかと推察せずにおれません。 バブル時代というのは桜玉吉先生のような自由人で、30すぎても無邪気にマリオカートで遊んでいる人が容認されてきた時代だったんだと思います。 それだけの余裕が社会にあった時代だったんだと。 それがバブル崩壊後はそんな子供のような無邪気さが容認されなくなった、余裕がなくなってきたんだと思います。 しあわせのかたちはその後の桜玉吉作品へとつながる 「しあわせのかたち」は連載を終了しますが「しあわせのそねみ」の作風はその後の桜玉吉作品へと引き継がれていきました。 そう、桜玉吉先生はしあわせのかたち以降も「防衛漫玉日記」「幽玄漫玉日記」「御緩漫玉日記」など長期にわたって日記マンガを書き続けてくれています。 ファンとしてはうれしい限り。 現在はなぜかあの週刊文春にて「日々我人間」という日記マンガを連載中です。 なぜ文春なのか?は謎だがその意外性もおもしろいです。 「しあわせのかたち」そのものの感想とは話しがずれますが、長期にわたって連載されている日記マンガというのは自分と重ね合わせて読むと感慨深い読み方ができるので好きです。 桜玉吉先生の場合20代から現在は50代にいたるまで日記マンガを書き続けており、例えば私なら30代のころ桜先生はどんな生活をしていたんだろう?どんなことを考えていたんだろう?なんて思いを馳せながら読むことができるのがよいです。 まとめ:「しあわせのかたち」を読もう 「しあわせのかたち」の感想という形で本記事を書いたけれど、あまりマンガそのものの面白さについて語ることはできなかった。 ひとつ言えることは「しあわせのかたち」はどのマンガとも似ていない唯一無二のおもしろさを持つマンガだということです。 まだ読んだことのない人はとにかく読んでみましょう。

次の

しあわせのかたちとは (シアワセノカタチとは) [単語記事]

しあわせ の かたち

しあわせのかたちとは、かつてに連載されていたである。 著者は。 概要 、現が「」として創刊されたと同時に連載開始。 や作を模索するような回が数回続いた後、内をとしたとなった。 その後「ゆうめい」こと編でおまえ・・べるのの「例の三人組」が登場した後は、が変わっても三人組を中心としたが役柄を変えて登場するという、のような形式が定着した。 連載開始時は2だったが、のちにが増えて4になった。 また、最初期の頃は「し・あ・わ・せ の かたち」のようにに点が入っていたが、この点は回によって消えたり現れたりを繰り返し、いつの間にか見かけなくなった。 の体調によりしばらく休止したあと、の週刊化とともに復活する。 以前から、に割り込む形でが載ることはあったが、連載再開後はがになり、数は2に戻った。 この頃になると、によりを載せるのは難しくなったらしい。 そのため、例の三人組の出番も減した。 主な登場人物• 初期の頃からちょくちょく上に登場しており、連載再開後はとなる。 にいを被って登場するが、場合によっては球体になったりムビになったりする。 途中まで書いていた話を「やめた、このお話なし!」と言っての別の話を始める、何の脈絡もなく「ート」という本格を始める、サプラのために(おそらくに断で)唐突にを増どかなりである。 やの飼育が。 が好物。 おまえ として登場。 初期の頃は熱血だったが、次第にな倒しになった。 の中を が飛んでいて、にしたり偵察に使ったりできる。 として登場。 者でお者。 頭ツンツン口ラッパと称されるが意見が特徴。 のためか戦になることはほとんどないが、作中では寄りであり役でもある。 「ゆうめい」ではがいたが、その後は登場していない。 べるの として登場。 のからかであるが、なぜ中途半端に混ざった姿になったのかは。 のもある。 「~お」、「~」といった口調が特徴。 ちょりそのぶ 玉吉の時代のであり、着色担当の。 頭にが生えたとぼけた人物だが、やは強い。 の色数を自慢していた玉吉に「はマー1本で階調くらい出せる」と言い放つなど、にはこだわりがある模様。 実は第一話にも登場している。 玉吉の時代のであり宿敵。 玉吉とは様々な嫌がらせの応酬を繰り広げる。 両には常にが刺さっている。 ナッ 週刊化以降の。 初期のは。 バングラディッシュからのをきっかけにに扮して以来、「を考えて」ずっとその格好をしている。 週刊化以降の担当者。 描きおろしの入稿が遅れたのをきっかけに気が狂い、以降は本人のもあって狂人が定着した。 吉 さんとも呼ばれる。 しあわせのかたちでは立たない存在だったが、のちにになる。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の