二本松 眼科。 眼科医に聞いてわかった、「メガネを買い換えるべき」3つのタイミング

口コミ・評判 9件: 二本松眼科病院

二本松 眼科

平松類医師 「視力が下がったり、メガネの度数が合わなくなっても、脳が自動的に補正してくれるので、日常生活で困るケースは少ない。 しかし、それでもモノが見えづらくなるということは、脳の補正能力を超えた状態が続いている証拠。 これが続くと脳が疲れてしまい、肩こりや頭痛、吐き気などの症状を呈することになります」 と語るのは、東京・江戸川区にある二本松眼科病院の眼科専門医、平松類医師だ。 視力が変化する「40から55歳あたり」 平松医師によると、人の視力はつねに変化し続けるが、中でも人生で2度、大きな変革期を迎えるという。 1回目は「10代」、2度目は「40から55歳あたり」だ。 「10代は、まさに成長期による変化。 人間の眼球の直径は生まれたときは16ミリ程度だが、成長すると平均24ミリ程度まで大きくなる。 この直径が長くなるほど近視に近づくので、人の目は成長とともに近視に向かっていくのです。 com 一方の40歳から55歳にかけては、老眼が急速に進む年代です。 加えて、45歳を過ぎると脳の補正能力も落ちてくるので、小まめにメガネを作り直さないと、すぐに度が合わなくなってしまうのです」(平松医師) 肩こりや頭痛に悩む人が、メガネを作り直すことでそうした症状が嘘のように消えることは多い。 そんな人たちは、目に合ったメガネをかけていたのではなく、メガネに目を合わせていただけのことなのだ。 人付き合いの難しさで疲弊する人が多い中、知らず知らずのうちにメガネにまで気を遣っていたとは、現代社会のストレスの闇は奥深い。

次の

網膜硝子体疾患について知る|二本松眼科病院

二本松 眼科

平松類医師 「視力が下がったり、メガネの度数が合わなくなっても、脳が自動的に補正してくれるので、日常生活で困るケースは少ない。 しかし、それでもモノが見えづらくなるということは、脳の補正能力を超えた状態が続いている証拠。 これが続くと脳が疲れてしまい、肩こりや頭痛、吐き気などの症状を呈することになります」 と語るのは、東京・江戸川区にある二本松眼科病院の眼科専門医、平松類医師だ。 視力が変化する「40から55歳あたり」 平松医師によると、人の視力はつねに変化し続けるが、中でも人生で2度、大きな変革期を迎えるという。 1回目は「10代」、2度目は「40から55歳あたり」だ。 「10代は、まさに成長期による変化。 人間の眼球の直径は生まれたときは16ミリ程度だが、成長すると平均24ミリ程度まで大きくなる。 この直径が長くなるほど近視に近づくので、人の目は成長とともに近視に向かっていくのです。 com 一方の40歳から55歳にかけては、老眼が急速に進む年代です。 加えて、45歳を過ぎると脳の補正能力も落ちてくるので、小まめにメガネを作り直さないと、すぐに度が合わなくなってしまうのです」(平松医師) 肩こりや頭痛に悩む人が、メガネを作り直すことでそうした症状が嘘のように消えることは多い。 そんな人たちは、目に合ったメガネをかけていたのではなく、メガネに目を合わせていただけのことなのだ。 人付き合いの難しさで疲弊する人が多い中、知らず知らずのうちにメガネにまで気を遣っていたとは、現代社会のストレスの闇は奥深い。

次の

二本松眼科病院の口コミ・評判(9件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

二本松 眼科

糖尿病による合併症のひとつ。 日本では失明原因の代表的なものです。 初期段階では、目の血管に出血が見られたりするものの、あまり自覚症状はありません。 しかし、中期になると目の中の血管が詰まって視界がかすむような症状が出始め、さらに進行すると視力低下や 飛蚊症が現れ、 末期では 網膜剥離や 緑内障を併発し、失明に至ります。 原因は、血液中の糖分にあります。 糖尿病になると、血中の糖分を細胞がスムーズに吸収できなくなるため血糖値が高くなりますが、その 血中の糖がやがて血管にさまざまなダメージを与えるようになります。 目の網膜にある血管は非常に細いため、こうした影響を特に受けやすく、出血したり血液の成分が血管から漏れだしたりし、それが視界のかすみや視力低下の原因となるのです。 網膜剥離は、その名称どおり網膜が眼球の内側の壁から剥離する症状です。 よくある原因は、眼球に対する物理的なショック(ボールが目に当たった、殴られたなど)ですが、 糖尿病網膜症や加齢などによっても網膜剥離は引き起こされます。 網膜剥離そのものには痛みがありません。 したがって気が付かないこともありますが、症状としては視野欠けや視力の低下、目の前にチラチラとした影が見えるといったようなことがあります。 また、何もないのに突然稲妻のような光が見えたりすることもあります。 網膜剥離で怖いのは、剥離が網膜の黄斑部と呼ばれる部位にまで及んだ場合です。 黄斑部は網膜の中心部分であり、ここに剥離が起きて放置しておくと、失明してしまうこともあります。 網膜の機能は目から入ってきた光を映像信号に変え、視神経に伝達することですが、 黄斑は、その網膜の中心に位置する非常に重要な組織です。 「加齢黄斑変性」は、その重要な黄斑が加齢によって変化し、正常に機能しなくなる病気です。 「加齢黄斑変性」には、加齢によって黄斑組織が萎縮する 「萎縮型」と、網膜の下に非常にもろい新生血管ができて出血や成分漏れを引き起こす 「浸出型」の2種類があります。 「萎縮型」の進行は比較的ゆっくりで、すぐに視力が低下するようなことはありませんが、「浸出型」の場合は新生血管からの出血や成分漏れが黄斑組織にダメージを与え、早期に視覚障害が出てきます。 主に50歳以上の男性に多く発症し、見ているものがゆがむ、暗く見える、視野が欠ける、視力が低下するといった症状が特徴です。 失明に至る病気として、糖尿病網膜症や緑内障とともに十分な注意が必要です。 黄斑上膜と 網膜前膜は、呼び方が違うだけで同じものです。 黄斑上膜とは、黄斑の上に膜ができる病気で、加齢による 「特発性」と、その他の原因で発症する 「続発生」がありますが、より一般的なのは加齢による「特発性」です。 視力低下、ゆがんで見える、目の前に霧がかかったようになるといった症状が出てきますが、突発的ではなく、多くは「いつの間にかそうなっていた」というケースです。 黄斑の上に膜ができる原因は、硝子体の加齢性変化にあります。 発症のメカニズムとしては、まず網膜黄斑部の上部にある後部硝子体が剥離し、このとき剥離した皮質の一部が黄斑上に取り残されてしまうことがあります。 この皮質が黄斑上膜となるわけですが、黄斑上膜はやがて収縮し始め、その収縮が網膜にいろいろな作用を及ぼして見え方に影響が出てくるということです。 硝子体自体は、目から入った光を網膜に届けなくてはならないので、本来血管のない透明なゼリー状の組織です。 しかし、そこに眼球内の出血によって血がたまってしまうと、光が通過しにくくなるので、視力が低下したり、飛蚊症や霧視などが引き起こされたりします。 出血そのものは、吸収されて元に戻るまでに2、3カ月かかります。 原因はいろいろですが、よくあるのは網膜にできる新生血管が破れること。 糖尿病などの疾患によって網膜内の既存血管の血のめぐりが悪くなると、栄養を補おうとする作用が働き、体は新たな血管をつくり出そうとします。 それが新生血管ですが、しかしこれは非常にもろいもので、すぐに破れて出血したり、成分漏れを起こします。 出血が多量のときは、「目の前を突然影が覆った」といったような声が聞かれます。

次の