ディーラー コロナ。 新型コロナ禍でディーラーを訪れるお客さんは激減した結果、大幅値引き続々になっているようだ

コロナでディーラーに異変!? 変わりつつある販売現場を直撃【未来モビリティ総研】(1/2)

ディーラー コロナ

自動車ディーラーのスタッフが新型コロナウイルスに感染していたことが判明し、営業活動を休止しなければならない事態が近づいてきた。 3月12日、メルセデス・ベンツ和歌山のスタッフが新型コロナウイルスに感染したことを、メルセデス・ベンツ日本(MBJ)の正規代理店シュテルン和歌山が発表した。 3月13日から3月27日まで、併設カフェレストラン「キュッヒェ」を含めたシュテルン和歌山、メルセデス・ベンツ泉佐野が営業休止に追い込まれた。 シュテルン和歌山は感染拡大を防止し、顧客と従業員の安全確保を行うために、保健所の指示を受けて店舗の消毒や濃厚接触者6名のスタッフのPCR検査など、対応策をすぐに実施した。 現在のところ、検査結果はいずれも陰性であることが確認されている。 自動車ディーラーに限らず、あらゆる営業行為では感染拡大の危険があり、防止策を適切に行っておく必要がある。 シュテルン和歌山の行動は適切であると言える。 しかし、ある「感染者を診察した街の医院」においては、感染の危険を避けるため、しばらくの間「薬の配布のみ」に限定したところ、「コロナ医院」など誹謗中傷が行われるなどの行為が起きている。 これは、まことに間違った認識である。 その医院は、診察時に医師自身やスタッフに感染した危険を考慮して保健所にPCR検査を申し入れた。 しかし、保健所に拒否されたことなどから、その後、他の患者に感染させないため「当分の間、診察を休止した」のだ。 それが「感染元」のように伝えられた。 当該保健所は、「マスクをしていたので濃厚接触者とは言えない」として検査を拒否しているが、マスクが「防疫策として完全でない」との認識が広まっている中での判断だろう。 「感染が確認されたら、症状がなくとも隔離入院」との法的定めは現在解除されており、「軽症者を入院させて医療崩壊を招かないため検査拒否」はありえない判断だ。 大阪府のシステムを参考にすべき時だ。 国や地方自治体は、早急にシステムを整えることをすべきで、誤認は許されない。 また、「珍しいもの」のように写真を撮りに来る者などがいるが、感染者、感染場所などは、既に市中に蔓延していると考えなければならず、このような他人事のような間違った危機感は「愚か」としか言いようがない。 専門家と称する医師資格を持つ者が、「やたらにPCR検査をすればよいものではない」、「検査を増やせば医療崩壊する」などと堂々とマスメディアで説明する姿が見られる。 だが検査は感染の「実態把握」のために必要なことと言えるのであり、こうした実際を捉えたデータなしに国や自治体の対策が決定されていくことを懸念しなければならない。 明確に「疫学的データ」と「医療のための検査」の認識を分けなければならない。 新型コロナウイルス対策のためにも、MR(市場調査)のような地方ごとのサンプリング調査が必要だ。 その上で、「医療崩壊」を起こさないシステムの構築を急がねばならず、「致死率3%」の日本の状況は正しく表示されていないことを認識すべきだろう。 ドイツは致死率「0. 2%」だが、6千人以上の感染者を出している時点でのことだ。 日本は1千人にも達していない。 母数の違いを認めるべきだ。 また、大阪府が組み立てた「トリアージ」のシステムはドイツの考え方に似たもので、全国で速やかに、地域性を考慮してアレンジして同じ動きを採ることが望ましい。 疫学的調査は地域でサンプリング調査すべきで、治療のための調査は、医師の判断の元で必要な人すべてに行う。 陽性と判明したなら、大阪府が計画しているシステムのようにトリアージを行い、4段階の対策のどのレベルで対処するべきかを判断すべきだ。 事態は命に関することであり、まだまだ政府を含めて日本国民全体の認識は甘いと言えるだろう。 (記事:kenzoogata・).

次の

39県での緊急事態宣言解除も、コロナウイルス対応を行う自動車ディーラーの現状

ディーラー コロナ

2020年4月7日、安倍首相が東京など7都府県を緊急事態宣言対象地域として発令を出しましたが、新型コロナウイルス感染者が全国で5番目に多い愛知県は対象地域となりませんでした。 このことで、Twitterなどのネット上で愛知県民から大村知事に対しての批判が殺到することとなりました。 しかし、愛知県民からの批判が殺到したせいか、大村知事は9日、緊急事態宣言対象地域に愛知県も追加指定する要請を国に出しました。 大村知事は、県内で新型コロナウイルスの感染者が増えているなどの理由で、10日から県として独自に緊急事態宣言を出し、県民に対して不要・不急の外出や移動の自粛を求める考えを示しました。 今、新型コロナウイルスの影響で経済にも大きなダメージを与えています。 愛知県と言えばトヨタ自動車本社がありますが、今回の緊急事態宣言によってどのような対応がされているのでしょうか? また、どのような影響が出ているのでしょうか?• 【緊急事態宣言】経済への影響はあるのか? 日本政府からの緊急事態宣言を受けて、自動車流通業界においても多くの企業で会議をウェブに変更したり、従業員にテレワークを推奨するなどで新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を加速しています。 業界団体では各委員会の会議を中止し、今春の通常総会でも書面での開催を検討する動きも出始めました。 また、大村知事が独自に緊急事態宣言を出す考えを示したことに関して、日銀名古屋支店の支店長はテレビ電話による会見で、 「大村知事のことばを借りれば、すでに緊急事態宣言が出ている地域と同じ形の自粛を求め、それに伴う財政対応もしっかりやると言っているので、愛知県だけに特殊な影響が出ることになるとは思わない。 ただ宣言が出れば、 サービス業などで影響が深刻化することは避けられない。 製造業に影響が出ないかも、追加的にしっかりみていく必要ある」と述べました。 【緊急事態宣言】トヨタのディーラーに聞いた話 愛知県が誇るトヨタ自動車。 新型コロナウイルスの影響、また緊急事態宣言が発令されたことによる経済悪化に関して、実際にトヨタのディーラーに電話をかけて聞いてみました! 私:「今、車はどのくらい売れているんですか?」 ディーラー:「売上は半分になっていますね・・・」 私:「今後どうなるとお考えですか?」 ディーラー:「もっと減ると思います。 車ももう入ってこないでしょうね。 」 現在、 工場が止まって生産ができない状態にあるとのことです。 すでに大きな影響が出ているとしか思えませんね。 愛知県は緊急事態宣言対象から外れると言う事はそれだけトヨタの影響が日本は凄いと言う事かな… 確かにトヨタが止まるとかなりの中小企業の仕事が減ると思う。 その保証までと考えると難しいところだろうから本当のギリギリまで待つつもりかな… — yuji. 世界で、コロナウイルスによる経済的なダメージが最も大きい国は、日本。 — Martin Fackler martfack 愛知県スルーとか愛知県独自の緊急事態宣言発出って言ってるけど、愛知県知事なんて実質的に豊田章夫だから、トヨタの内部でのプロジェクト進捗や操業制限による影響度についての確認が終わり、容認したって事やろねー。 トヨタが1日止まったらGDPどれだけ下がるんや?ってレベルやし。 — AyuMeijin2 AyuMeijin2 愛知県が緊急事態宣言対象地域から外れたのは、やはり 世界のトヨタ自動車があるからというのも理由の 一つだと考えざるを得ません。 しかし、それも時すでに遅し・・・ 愛知県に緊急事態宣言が出ようが出まいが、愛知県が誇るトヨタ自動車にダメージがあったのは事実で、経済悪化が進んでしまっていたのが現状だったというわけですね。

次の

コロナでディーラーに異変!? 変わりつつある販売現場を直撃【未来モビリティ総研】(1/2)

ディーラー コロナ

最近ではCMや病院の院内でよく目にする事が多くなってきたと思います。 このクレベリンというものは大幸薬品が 二酸化塩素分子のチカラという独自の特許を取得して生まれた空間やモノに付着した菌を除去する事が可能な商品でクレベリンのHPでも紹介いている 除菌の三原則の 「取り込まない、持ちもない、広げない」を用途にとって行うことができる商品になっています。 市販で販売している アルコール除菌などは部分的な滅菌効果は十分に発揮する事ができますが、空気中にいるウィルスには効果はありません。 特に車内はハンドルやシフトなど手が触れる場所はアルコール除菌で予防策を行う事ができますが、 車内という狭い密閉空間ではウィルスに感染するリスクやウィルスが溜まりやすい場所とも言えます。 今現在では 不要不急な外出を避ける、人混みが多い場所には近づかないなどの予防策が推奨されていますが電車での移動が多い場合は満員電車などで感染のリスクが高くなってしまいます。 この先どこまで感染が拡大してしまうかは皆目検討もつきませんが 電車での移動などが危険となった場合に車での移動がメインとなるのではないでしょうか? 電車と違って不特定多数の人間が乗る乗り物とは違いますが密閉空間であり人との距離が狭いという事にはかわりありません。 そんな車内での 危険を下げることが可能なのはクレベリンがかなり有効だと思います。 では「クレベリンがどれほど有効なのか、車内用のクレベリンの使用風景」を写真と共にご紹介致します。 自分自身が一番に気をつけていても周りが無関心では全く意味がありません。 確かな情報かは定かですが コロナウィルスが流行してからはインフルエンザの感染者が格段に減少しているという記事を見たことがあります。 普段の生活の中で 手洗いうがいやマスクの着用をする習慣の有無でここまで変わるのであれば、ちょっとした意識の違いで、自分が辛い思いをしないで済むのであればやるに越した事はありませんよね。 その手間や購入した後に施工する手順などをやる手間などを省きかつ安価で 除菌、消臭をする事が可能なのはディーラーでやってもらう事が一番だと思います。 ディーラーで作業をした場合の金額表はこちらになります。 施工費込希望小売価格 作業時間 施工間隔の目安 軽自動車、コンパクトカー、セダン 2750円 約 25分 約3ヶ月ごと ミニバン、SUV、ワゴン 4400円 約 25分 約3ヶ月ごと デメリット 値段が高い、施工の手間がある、 メリット ディーラーに行く手間が省ける、発生機本体は高いがクレベリンのカートリッジは比較的安い ディーラーでやってもらえば5千円もあればお釣りがくるのに、わざわざ5万円もだしてクレベリン発生機を買う必要があるのでしょうか? これに関してはメリット、デメリットを書きましたが、本人次第となってしまいますが、 一度購入してしまえば、クレベリンのカートリッジ本体は1000円程で購入できますので、定期的に施工したい方や一家に車が2台~3台と複数所有している方には 購入した方が安くなるとは思います。 また、 ディーラーで作業ができる=ディーラー以外で取り扱っていない可能性もあるため、作業が可能な店舗か予め電話などで確認が必要になります。

次の