ウィンドウズ10 動作が遅い。 【パソコンが重い】動作が遅い原因はコレ!PCを軽くする解消法・対処法ベスト10(最新版)

Windows10 動作が遅い。特にメールが。

ウィンドウズ10 動作が遅い

アプリがフリーズしてしまった場合には アプリがフリーズしてしまった場合は次の方法で終了し、トラブル解決のための対処方法を実施してください。 アプリや拡張ボードを使い始めたら、発生するようになった アプリや拡張ボードを使用し始めた後、頻繁に動作が遅い、重い、フリーズ ハングアップ を繰り返すようになったという場合は、そのアプリまたは拡張ボードが原因であることが考えられます。 アプリの再インストール、または拡張ボードのドライバーの再インストールを行ってください。 それでも現象が改善しない場合は、アプリまたは拡張ボードのメーカーにご連絡ください。 特に何も新しくしていないが、最近発生するようになった 現象が発生する前に、アプリをインストールしたり、拡張ボードを増設したりしていない場合は、次の作業を順番に試して現象が改善するかご確認ください。 2-1. 完全シャットダウンしてから再起動する Windowsの更新情報が反映されていない可能性があります。 パソコンを完全にシャットダウンしてからパソコンを起動してみて、現象が改善されるかご確認ください。 パソコンを完全にシャットダウンするには、Windowsの高速スタートアップを一時的に無効にします。 手順は下記コンテンツをご覧ください。 2-2. 常駐アプリを一時的に無効にする 常駐アプリとは、システム稼動中、常にメモリ上に存在しているアプリです。 これらのアプリが稼動していることにより、現象が発生している可能性があります。 問題の原因になっていそうな常駐アプリを一時的に無効にして、現象が改善されるかご確認ください。 常駐アプリを一時的に無効にする手順は、以下のコンテンツをご覧ください。 2-3. ハードディスク HDD のエラーチェックを行う 破損したデータの影響により、現象が発生している可能性があります。 HDDのエラーチェックを行って、破損したデータを修復し、現象が改善されるかご確認ください。 HDDのエラーチェックを行う方法については、下記コンテンツをご参照ください。 2-4. 不要なファイルを削除する 不要なファイルや各種一時ファイルなどの影響により、現象が発生している可能性があります。 下記コンテンツを参照し、不要なファイルを削除して現象が改善されるかご確認ください。 2-5. ウイルスやスパイウェア マルウェア に感染していないかチェックする スパイウェア マルウェア やウイルスによって、現象が発生する場合があります。 ご使用のセキュリティー対策ソフトでチェックしてください。 ウイルスやスパイウェアが発見された場合は駆除して、現象が改善するかご確認ください。 「Windows セキュリティ Windows Defender 」を使う Windowsには、スパイウェアやウイルス対策として「Windows セキュリティ Windows Defender 」が標準搭載されています。 セキュリティー対策ソフトを使用していない場合には、「Windows セキュリティ Windows Defender 」を使用してください。 詳細は下記コンテンツをご覧ください。 2-6. ファンの動作を確認する パソコン内部が高温になってもファンが回転しないなど、パソコンのハードウェアに異常が発生していると、熱暴走が発生する可能性があります。 ファンの回転は次の方法でご確認ください。 ただし、ファンが回転していても、動作条件を超える高い気温の環境で使用された場合には熱暴走が発生する可能性があります。 タワー型のパソコンの場合 タワー型のパソコンでは、パソコン背面からファンが見えます。 また、CPUファンは本体カバーを取り外すと見えます。 パソコンの電源を入れて、これらのファンが回転していることをご確認ください。 ただし、一部の機種では騒音を抑えるため、低温時ではファンが回転しない場合があります。 タワー型以外のパソコンの場合 タワー型以外のパソコンでは、ファンが見えない場合があります。 このような場合は、パソコンを起動し、風切り音がするかをご確認ください。 ただし、ノート型のパソコンでは、CPUの温度が高くなるまではファンが回転しない場合があります。 お手数ですが当社修理受付窓口にご連絡ください。 システムの復元を行う 「システムの復元」機能を使用して、パソコンが問題なく動作していた時点の状態にWindowsを復元することによって、現象が改善されるかご確認ください。 「システムの復元」機能の使用方法については、下記コンテンツをご参照ください。 2-8. 増設した周辺機器を取り外す 増設した周辺機器の影響により、現象が発生している可能性があります。 以下の順番でご確認ください。 お客様ご自身でご購入後に増設した周辺機器をすべて取り外し、現象が回避されるか確認します。 現象が回避できた場合は、取り外した機器を一つずつ接続して状況を確認し、原因となっている周辺機器を特定します。 原因となっている周辺機器が特定できた場合は、その周辺機器の最新ドライバーがないか、または現象に関する情報がないかを周辺機器の製造元メーカーにご確認ください。 2-9. 不要なアプリを削除する 不要なアプリを削除してHDDの空き容量を増やし、パソコンの処理効率を上げることで現象が改善される可能性があります。 アプリの削除方法については、下記コンテンツをご覧ください。 2-10. Windowsの設定を初期化する Windowsの設定に問題がある可能性があります。 下記コンテンツを参照し、Windowsの設定を初期化して現象が改善されるかご確認ください。 実行後に残るデータや設定、削除されるデータや設定については、下記コンテンツをご確認ください。 2-11. Windowsを再インストールする Windowsの設定を初期化しても問題が改善しない場合は、Windowsを再インストールしてパソコンを初期状態に戻します。 再インストール実行後に残るデータや設定、削除されるデータや設定は、下記コンテンツでご確認ください。 対処方法を行っても解決できない場合 お問い合わせ先 上記すべての対処を行っても改善がない場合、本コンテンツではトラブルを解決できません。 お手数ですが、当社テクニカルセンターにご連絡ください。 1 64bit, Windows 8. 1 Pro 64bit, Windows 8. 1 32bit, Windows 8. 1 Embedded 8. 1 Industry Pro 64bit, Windows 8 64bit, Windows 8 Pro 64bit, Windows 8 32bit, Windows 8 Pro 32bit.

次の

[Windows 10]パソコンが重い原因と簡単にできる高速化!2020年

ウィンドウズ10 動作が遅い

「Windows 10」は、さまざまなパフォーマンスが改善されて登場しましたが、中でもひときわすばらしいのが起動時間の短縮です。 使っているマシンの起動に時間がかかりすぎるという人は、この設定が有効になっているか確認してみましょう。 一挙にスピードアップするかもしれませんよ。 この機能は「高速スタートアップ」と呼ばれています。 その仕組みを説明しましょう。 Windows 10では、パソコンをシャットダウンするとき、RAMの内容をすべて破棄してしまうわけではありません。 シャットダウンの時点でのとドライバのイメージを「ハイバネーションファイル」に保存しています。 システムを再び起動させる際、このファイルを再読み込みするだけで良いので、起動時間を大幅に短縮できるのです。 この機能を有効にするには、以下の手順に従います。 「スタートメニュー」を「設定」>「システム」>「電源とスリープ」と進み、「電源の追加設定」を開きます。 ウィンドウの左側にある「電源ボタンの動作の選択」をクリックします。 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。 「シャットダウン設定」項目の「高速スタートアップを有効にする」にチェックを入れます。 クリーンインストールした場合、この設定は デフォルトで有効になっているはずですが、古いOSからアップグレードした場合、設定を以前いじっていると、それが引き継がれてしまっている可能性があります。 私が自分のマシンを確認してみたところ、この機能は有効になっていませんでした。 そんなときは、これをオンにするだけで、起動時間が目に見えて短縮されるはずです。 Make Tech Easier Eric Ravenscraft(/訳:阪本博希/ガリレオ).

次の

PCの動作が遅い<Windows 10>|サポート|dynabook(ダイナブック公式)

ウィンドウズ10 動作が遅い

(表現が大袈裟ですみません。 場合によっては、ユーザーがパソコンを使用中でもバックグラウンドで強制的に実行されることがあります。 パソコンの性能や動作が著しく低下した、と感じてしまうほどの負荷がかかってしまうことがあります。 (2)Windows Updateの適用後はトラブルが起きやすい Windows 10では毎月第二水曜日(日本時間)に定期的なWindows Updateが、春と秋には大規模なアップデートが配信されます。 このアップデートの適用前後には、「シャットダウンに時間がかかる」、「再起動に時間がかかる」、「画面が黒いままの状態がしばらく続く」、「使用中に動作が重くなる」、「動画再生が乱れる」、「HDDアクセスランプが点灯し続ける」などの症状が発生することがあります。 この更新作業中にイライラして再起動や強制終了などを行ってしまうと、システムをいったん元の状態に戻して、改めて更新作業をやり直してしまい、負荷がさらにかかります。 更新時のキモとなる作業中に強制的に電源を切ってしまうと、OSに深刻なダメージが生じてしまう場合もあります。 実は、弊社で対応させていただいているパソコンのトラブルの原因のほとんどは Windows Updateのトラブルが根本の要因となっています。 詳しく見てみましょう。 「更新の履歴」の確認 パソコンが起動可能でデスクトップにサインインが可能な状況であれば、まずはシステムの更新の状態を確認してみましょう。 「設定」>「更新とセキュリティ」から、「更新の履歴」を開きます。 次の画像のように、「・・・アップデートに失敗しました」という表記がいくつもある場合、Windowsアップデートが途中段階のまま完了していませんので、「更新プログラムのチェック」をクリックして、改めてWindowsアップデートを完了させます。 対応策について見てみましょう。 トラブルの多くは、この「ディスクのクリーンアップ」で解消できています。 以下に手順を詳しく記しておきます。 「ディスクのクリーンアップ」実施手順 システムがインストールされているドライブ(通常はCドライブ)のアイコン上で、右クリック。 「プロパティ」を開きます。 「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。 ディスク内をスキャンする間、時間がかかります。 続いて「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。 再びディスク内をスキャンするので待ちます。 相当動作が重いPCの場合、「システムエラーのメモリダンプファイル」がとても大きくなっている場合が多いです。 これが120GBに達しているPCもありました。 また、「一時ファイル」、「一時Windowsインストールファイル」が何十GBにまで達している場合もあります。 項目をマウスで選択すると「説明」が表示されます。 不要なものにチェックを入れていきます。 「ファイルの削除」をクリックすると、不要なファイルの整理が始まります。 「 システムエラーのメモリダンプファイル」というのがとても曲者で、これが肥大化しているとシステムの起動時に、とてつもなく無駄な動きをしますので捨てましょう。 念のため、一度再起動をかけてみて、起動が速くなっていれば成功です。 普段からの備えとして「ストレージ センサー」を併用する 今後、「ディスクのクリーンアップ」については、「設定」>「システム」>「ストレージ」のストレージ センサーに統合されていくようですが、 今の所は併用が可能です。 「ストレージ センサー」をオンにしておくと、不要なファイルが自動的に削除されます。 「今すぐ空き領域を増やす」をクリックすると自動的に不要なファイルを探し出してリスト表示されます。 不要な項目にチェックを入れて「ファイルの削除」をクリックすることでも不要なファイルを削除できます。 現状ではまだ上述の「ディスクのクリーンアップ」の方が、Windowsの動作に影響を及ぼしてしまうような不要なファイルを、より確実に見つけ出すことができそうです。 それでも治らない場合 これでも不具合が治らない場合には、以下の記事をご参考にしていただければと思います。 また、そもそもシステムがまともに起動しない場合、以下の記事が役に立つかも知れません。 関連記事 症状別のトラブル脱出法を下記の記事にまとめました。 併せてご覧ください。

次の