朝子 ブログ 炎上。 樹里咲穂

樹里咲穂

朝子 ブログ 炎上

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます LGBT検定炎上にみる「金儲けは悪」「当事者だけが正しい」って空気|ハッピーエンドに殺されない|牧村朝子|cakes(ケイクス)はてなブックマーク - LGBT検定炎上にみる「金儲けは悪」「当事者だけが正しい」って空気|ハッピーエンドに殺されない|牧村朝子|cakes(ケイクス) プレビュー LGBT検定炎上にみる「金儲けは悪」「当事者だけが正しい」って空気|ハッピーエンドに殺されない|牧村朝子|cakes(ケイクス) 先月、がはじめた「検定」。 検定料が約4万円ということもあり、一... 概要を表示 先月、がはじめた「検定」。 検定料が約4万円ということもあり、一部では、の声が上がってい。 牧村さんはこの検定についてどう考えているのでしょうか? 牧村さんが味わってきたのな、「金儲けは悪なのか」「だ正しいのか」ということについても、掘り下げていき。 言うか言わないか十日間以上迷ったんだけど、やっぱり、「言に隠れているのはが嫌われたくないでないんじゃないか」という気がするので、言う。 このに発表され、ニュースなどのにも取り上げられた、「検定」。 しても分かる通り、叩かれている。。 見た感じ、だいたいこういう• ブックマークしたユーザー•

次の

[B! LGBT] LGBT検定炎上にみる「金儲けは悪」「当事者だけが正しい」って空気|ハッピーエンドに殺されない|牧村朝子|cakes(ケイクス)

朝子 ブログ 炎上

来歴 [ ] 生い立ち [ ] に出身の母の父が当時会計事務所を構えており、その近くの産婦人科で城内は生まれた。 は父・の実家の浅田町だった。 城内の出生時、父の康光は長を務めており、を担当していたため家族に被害が及ばないよう、康光を除き城内家は東京都新宿区にしていた。 1965年から1968年は広島にて過ごす。 学歴 [ ] 1968年新宿区立淀橋第四幼稚園入園。 1971年ゴーテン小学校入学。 1975年編入。 1977年編入。 1978年横浜市立中田小学校卒。 、分科卒業。 外務省職員 [ ] 大学卒業後、に入省。 入省同期に事務次長補などがいる。 研修を受け、に勤務、にはやの通訳官となる。 アジア局課課員(担当)時代には、の試験にを新たに加えるよう、に働きかけた。 に外務省を退官。 政治家として [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年1月) 11月、にからで出馬。 当時、静岡7区は・の党首の選挙区であり、表向きの与党候補は熊谷であった。 しかし熊谷はを離党して与党入りした経緯が批判されていたこともあり、静岡県連は城内を支援、城内は熊谷やのらを破り初当選した。 のでは、自民党幹事長(当時)の再三の説得にも応じず、の採決において(当時)のの出身派閥である森派()に所属するのうち、唯一反対票を投じた。 そのため、直後のでは自民党の公認を得られずで出馬するが、刺客として送り込まれた自民党公認のに748票の僅差で敗れ、落選した。 選挙後、離党勧告を受けたため自民党を離党。 その後、を歴任。 8月、に静岡7区から再び出馬し、前回敗れた片山や民主党新人のを下し、国政に復帰した。 2009年9月15日、、と共に「」を結成した。 4月10日に結党した、平沼を代表とする政党「」には、地元後援会の調整を理由に参加せず、小泉龍司と共に「国益と国民の生活を守る会」に残留(同会会長は小泉が引き継いだ)。 同年9月12日、自民党静岡県第7選挙区支部が復党要請を行う方針を固めた。 7月、自民党に復党する方向で調整を進めることを自民党との間で合意し、時期と手順を党側に一任。 同年12月、「国益と国民の生活を守る会」は解散し、小泉龍司と共に自由民主党・に合流 [ ]。 、自由民主党党紀委員会により城内の復党が承認され、約7年ぶりに自民党に復党。 2012年9月のでは安倍晋三を支援し、推薦人にも名を連ねた。 2012年12月、に静岡7区から自民党公認で出馬し、斉木らを破り3選。 選挙後に発足したで、に任命された。 、でに就任(でも留任)。 2014年12月、に静岡7区から自民党公認で出馬。 若手への応援で本人も不在が多くなる選挙戦であったが、最後まで安定した戦いを続け、民主党新人の松本泰髙らを破り4選を果たした。 2016年9月、に就任。 2017年8月、自民党経済産業部会長と情報調査局長に就任。 同年10月のにおいて5選。 2018年10月、にて、に就任。 政策・主張 [ ]• に反対。 選択的制度の導入に反対。 ・に反対しており、人権擁護・人権侵害救済という名の下にのを過度に監視・管理することによって、期ののような法案のようなものに大化けする可能性があると述べた。 の機関誌「日本の息吹」においては、「人権擁護法案通しますか、それとも日本人やめますか」と書いている。 に変わる無宗教の国立追悼施設を設立することに反対。 「にも民主主義がある、反対すると思う。 見えないものに守られ動かされる感性がなんです」と述べる。 韓国語の導入に関して、自身が働きかけ実現したとしながらも、外務省アジア局北東アジア課課員として日韓関係を推進する立場にありながら、在日外国人の地方参政権の問題については、勉強すればするほど憲法上の理由と相互主義の観点などから極めて慎重にならざるをえなかったとブログで述べている も参照。 人物・エピソード [ ]• 1950年代のヴィンテージ・オーディオのマニアで、のコレクターでもある。 ブログで時折こうした話題に触れている。 また外交官時代には、ミニコミ誌『月曜評論』誌上に「SPレコード収集家」の肩書で、自身が所有するレコードについての連載を持っていたこともある。 自民党外交部会長を務めていた2013年12月、が成立した際に、ナバネセム・ピレーの「『秘密』の定義が十分明確ではない」という懸念・指摘に対して「なぜこのような事実誤認の発言をしたのか、調べて回答させるべきだ。 場合によっては謝罪や(の要求)、分担金の凍結ぐらいやってもいい」と批判した。 騒動 [ ] 第45回衆議院議員総選挙を控えた2009年7月に、自身の選挙区内での写真を載せたを掲載。 これに対して眞鍋が「無断で使用された」と主張。 城内は「事前に承諾を得た」と反論した。 城内は眞鍋のポスターを選挙区内に掲載し、また眞鍋から「心願成就まで禁酒されているそうですが、早く祝杯を挙げられる日が来ることを祈っています」との応援メッセージも届いたと発表した。 しかし、ポスターに使用された眞鍋の写真について、眞鍋自身の主張によると、かつて城内と対談した際に撮影されたもので、「何故その写真がポスターになってしまっているのかわからず困惑しています」 とのコメントを公表した。 また、眞鍋はこの件において特定の・政治家を応援することはありえないとした。 城内の選挙対策事務所側は眞鍋の所属事務所に許諾を得たと主張しているが 、所属事務所側は「全く聞いていないので、コメントできない」 と述べた。 なお、ポスターには眞鍋が演説会に出席すると書かれているが、選挙対策事務所は眞鍋に出席要請をしていないことを認めた。 また、眞鍋自身は否定しているが、特定政治家の支援者をテレビに出演させることは問題があると判断し、は自社の番組において眞鍋の出演を見送ることを決定した。 なお、城内のブログは炎上状態となっているとの報道がなされた。 城内は抗議を受けた後も「ポスターを撤去するつもりはない」としていた。 その後、眞鍋との対談を仲介した、城内の後援会幹部でイベント会社「オフィスプロペラ」の社長・木村正明が事情を説明、同年6月から後援会と同社との間で城内と眞鍋の2人を起用したポスターの制作の話が持ち上がり、同社が眞鍋の所属事務所から写真の掲載許可を取った上でポスターが作られたが、眞鍋側には正確な意図が伝わっていなかったと謝罪した。 また城内側も眞鍋のテレビ出演の見合わせを受け、芸能活動に支障を来すことは本意でないとして、ポスターの撤去と対談の動画の削除を行った。 これを受け眞鍋の所属事務所は公式サイトにおいて、オフィスプロペラ側に対しポスター・インターネット上での眞鍋の写真掲載許可は出しておらず、またオフィスプロペラにポスター使用のために眞鍋の写真を貸与した事実は無いという公式な見解を示した。 その後8月下旬、アヴィラの事実上のオーナー・牧野昌哉が容疑でされた際、牧野が事前にポスター掲載を了承していたものの、そのことが眞鍋に伝達されていなかったとする関係者のコメントがされた。 所属団体・議員連盟 [ ]• (はんこ議連・代表代行)• (事務局次長)• (事務局長)• (2018年11月に退会) 著書 [ ]• 脚注 [ ] []• 外務省• UNDP June 6, 2018• 『』、2010年1月13日。 nikkansports. com(共同)2009年9月15日• 2010年4月13日, at the. 日本語. 2010年9月14日. 2010年9月15日閲覧。 [ ]• 2011年7月30日. 日本経済新聞 2012年9月14日 2014年12月22日閲覧。 平成24年(2012年)12月18日静岡県選挙管理委員会告示第66号• 12-13• 平成26年(2014年)12月16日静岡県選挙管理委員会告示第63号• 日本経済新聞 2017年8月22日• 平成29年(2017年)10月24日静岡県選挙管理委員会告示第67号• 産経新聞 2018. 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。 第174回国会 法務委員会 第7号• 日本の息吹、2008年4月号• 、リテラ、2014年12月8日• 「戦後70年に向けて:いま靖国から」、毎日新聞、2014年6月14日• 城内実ブログ2014年7月6日• 毎日新聞2013年12月6日• 『』、2009年7月29日。 ,2009年7月31日• ,,2009年8月1日 2009年8月2日, at the. ,アヴィラ,2009年8月1日• 2009年8月26日• 城内 実(きうちみのる) オフィシャルサイト. 2020年4月18日閲覧。 産経新聞. 2018年12月3日. 2019年1月9日閲覧。 関連項目 [ ]• (後援会長) 外部リンク [ ]• - チャンネル• - 公職 先代: と共同 2018年 -2019年 次代: 先代: と共同 2014年 - 2015年 次代: 先代: と共同 2012年 - 2013年 次代: 議会 先代: 2016年 - 2017年 次代:.

次の

高木新平 vol.1 知り合いのブログが炎上したら、どうしますか?|道徳の時間|岡田斗司夫|cakes(ケイクス)

朝子 ブログ 炎上

来歴 [ ] 生い立ち [ ] に出身の母の父が当時会計事務所を構えており、その近くの産婦人科で城内は生まれた。 は父・の実家の浅田町だった。 城内の出生時、父の康光は長を務めており、を担当していたため家族に被害が及ばないよう、康光を除き城内家は東京都新宿区にしていた。 1965年から1968年は広島にて過ごす。 学歴 [ ] 1968年新宿区立淀橋第四幼稚園入園。 1971年ゴーテン小学校入学。 1975年編入。 1977年編入。 1978年横浜市立中田小学校卒。 、分科卒業。 外務省職員 [ ] 大学卒業後、に入省。 入省同期に事務次長補などがいる。 研修を受け、に勤務、にはやの通訳官となる。 アジア局課課員(担当)時代には、の試験にを新たに加えるよう、に働きかけた。 に外務省を退官。 政治家として [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年1月) 11月、にからで出馬。 当時、静岡7区は・の党首の選挙区であり、表向きの与党候補は熊谷であった。 しかし熊谷はを離党して与党入りした経緯が批判されていたこともあり、静岡県連は城内を支援、城内は熊谷やのらを破り初当選した。 のでは、自民党幹事長(当時)の再三の説得にも応じず、の採決において(当時)のの出身派閥である森派()に所属するのうち、唯一反対票を投じた。 そのため、直後のでは自民党の公認を得られずで出馬するが、刺客として送り込まれた自民党公認のに748票の僅差で敗れ、落選した。 選挙後、離党勧告を受けたため自民党を離党。 その後、を歴任。 8月、に静岡7区から再び出馬し、前回敗れた片山や民主党新人のを下し、国政に復帰した。 2009年9月15日、、と共に「」を結成した。 4月10日に結党した、平沼を代表とする政党「」には、地元後援会の調整を理由に参加せず、小泉龍司と共に「国益と国民の生活を守る会」に残留(同会会長は小泉が引き継いだ)。 同年9月12日、自民党静岡県第7選挙区支部が復党要請を行う方針を固めた。 7月、自民党に復党する方向で調整を進めることを自民党との間で合意し、時期と手順を党側に一任。 同年12月、「国益と国民の生活を守る会」は解散し、小泉龍司と共に自由民主党・に合流 [ ]。 、自由民主党党紀委員会により城内の復党が承認され、約7年ぶりに自民党に復党。 2012年9月のでは安倍晋三を支援し、推薦人にも名を連ねた。 2012年12月、に静岡7区から自民党公認で出馬し、斉木らを破り3選。 選挙後に発足したで、に任命された。 、でに就任(でも留任)。 2014年12月、に静岡7区から自民党公認で出馬。 若手への応援で本人も不在が多くなる選挙戦であったが、最後まで安定した戦いを続け、民主党新人の松本泰髙らを破り4選を果たした。 2016年9月、に就任。 2017年8月、自民党経済産業部会長と情報調査局長に就任。 同年10月のにおいて5選。 2018年10月、にて、に就任。 政策・主張 [ ]• に反対。 選択的制度の導入に反対。 ・に反対しており、人権擁護・人権侵害救済という名の下にのを過度に監視・管理することによって、期ののような法案のようなものに大化けする可能性があると述べた。 の機関誌「日本の息吹」においては、「人権擁護法案通しますか、それとも日本人やめますか」と書いている。 に変わる無宗教の国立追悼施設を設立することに反対。 「にも民主主義がある、反対すると思う。 見えないものに守られ動かされる感性がなんです」と述べる。 韓国語の導入に関して、自身が働きかけ実現したとしながらも、外務省アジア局北東アジア課課員として日韓関係を推進する立場にありながら、在日外国人の地方参政権の問題については、勉強すればするほど憲法上の理由と相互主義の観点などから極めて慎重にならざるをえなかったとブログで述べている も参照。 人物・エピソード [ ]• 1950年代のヴィンテージ・オーディオのマニアで、のコレクターでもある。 ブログで時折こうした話題に触れている。 また外交官時代には、ミニコミ誌『月曜評論』誌上に「SPレコード収集家」の肩書で、自身が所有するレコードについての連載を持っていたこともある。 自民党外交部会長を務めていた2013年12月、が成立した際に、ナバネセム・ピレーの「『秘密』の定義が十分明確ではない」という懸念・指摘に対して「なぜこのような事実誤認の発言をしたのか、調べて回答させるべきだ。 場合によっては謝罪や(の要求)、分担金の凍結ぐらいやってもいい」と批判した。 騒動 [ ] 第45回衆議院議員総選挙を控えた2009年7月に、自身の選挙区内での写真を載せたを掲載。 これに対して眞鍋が「無断で使用された」と主張。 城内は「事前に承諾を得た」と反論した。 城内は眞鍋のポスターを選挙区内に掲載し、また眞鍋から「心願成就まで禁酒されているそうですが、早く祝杯を挙げられる日が来ることを祈っています」との応援メッセージも届いたと発表した。 しかし、ポスターに使用された眞鍋の写真について、眞鍋自身の主張によると、かつて城内と対談した際に撮影されたもので、「何故その写真がポスターになってしまっているのかわからず困惑しています」 とのコメントを公表した。 また、眞鍋はこの件において特定の・政治家を応援することはありえないとした。 城内の選挙対策事務所側は眞鍋の所属事務所に許諾を得たと主張しているが 、所属事務所側は「全く聞いていないので、コメントできない」 と述べた。 なお、ポスターには眞鍋が演説会に出席すると書かれているが、選挙対策事務所は眞鍋に出席要請をしていないことを認めた。 また、眞鍋自身は否定しているが、特定政治家の支援者をテレビに出演させることは問題があると判断し、は自社の番組において眞鍋の出演を見送ることを決定した。 なお、城内のブログは炎上状態となっているとの報道がなされた。 城内は抗議を受けた後も「ポスターを撤去するつもりはない」としていた。 その後、眞鍋との対談を仲介した、城内の後援会幹部でイベント会社「オフィスプロペラ」の社長・木村正明が事情を説明、同年6月から後援会と同社との間で城内と眞鍋の2人を起用したポスターの制作の話が持ち上がり、同社が眞鍋の所属事務所から写真の掲載許可を取った上でポスターが作られたが、眞鍋側には正確な意図が伝わっていなかったと謝罪した。 また城内側も眞鍋のテレビ出演の見合わせを受け、芸能活動に支障を来すことは本意でないとして、ポスターの撤去と対談の動画の削除を行った。 これを受け眞鍋の所属事務所は公式サイトにおいて、オフィスプロペラ側に対しポスター・インターネット上での眞鍋の写真掲載許可は出しておらず、またオフィスプロペラにポスター使用のために眞鍋の写真を貸与した事実は無いという公式な見解を示した。 その後8月下旬、アヴィラの事実上のオーナー・牧野昌哉が容疑でされた際、牧野が事前にポスター掲載を了承していたものの、そのことが眞鍋に伝達されていなかったとする関係者のコメントがされた。 所属団体・議員連盟 [ ]• (はんこ議連・代表代行)• (事務局次長)• (事務局長)• (2018年11月に退会) 著書 [ ]• 脚注 [ ] []• 外務省• UNDP June 6, 2018• 『』、2010年1月13日。 nikkansports. com(共同)2009年9月15日• 2010年4月13日, at the. 日本語. 2010年9月14日. 2010年9月15日閲覧。 [ ]• 2011年7月30日. 日本経済新聞 2012年9月14日 2014年12月22日閲覧。 平成24年(2012年)12月18日静岡県選挙管理委員会告示第66号• 12-13• 平成26年(2014年)12月16日静岡県選挙管理委員会告示第63号• 日本経済新聞 2017年8月22日• 平成29年(2017年)10月24日静岡県選挙管理委員会告示第67号• 産経新聞 2018. 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。 第174回国会 法務委員会 第7号• 日本の息吹、2008年4月号• 、リテラ、2014年12月8日• 「戦後70年に向けて:いま靖国から」、毎日新聞、2014年6月14日• 城内実ブログ2014年7月6日• 毎日新聞2013年12月6日• 『』、2009年7月29日。 ,2009年7月31日• ,,2009年8月1日 2009年8月2日, at the. ,アヴィラ,2009年8月1日• 2009年8月26日• 城内 実(きうちみのる) オフィシャルサイト. 2020年4月18日閲覧。 産経新聞. 2018年12月3日. 2019年1月9日閲覧。 関連項目 [ ]• (後援会長) 外部リンク [ ]• - チャンネル• - 公職 先代: と共同 2018年 -2019年 次代: 先代: と共同 2014年 - 2015年 次代: 先代: と共同 2012年 - 2013年 次代: 議会 先代: 2016年 - 2017年 次代:.

次の