ダイナー。 連載漫画『DINER ダイナー』|週刊ヤングジャンプ公式サイト

『Diner ダイナー』豪華すぎる!キャスト&ビジュアルまとめ

ダイナー

ダイナー ジャンル 、アクション、 、スプラッター 小説:ダイナー 著者 出版社 ポプラ社 発売日 2009年10月22日(単行本) 2012年10月2日(文庫) ラジオドラマ:DINER(ダイナー) 原作 平山夢明 制作 NHK大阪 脚本 演出 小島史敬 放送局 番組 発表期間 - 話数 10 漫画:DINER ダイナー 原作・原案など 平山夢明 作画 出版社 掲載誌 レーベル ヤングジャンプコミックス 発表期間 週刊ヤングジャンプ 2017年36・37合併号 - 2019年2号 となりのヤングジャンプ - 巻数 既刊10巻(2020年4月現在) - ポータル 『 ダイナー』は、によるの。 により単行本が刊行された。 第28回、第13回受賞作。 NHK FMの「青春アドベンチャー」で『DINER(ダイナー)』のタイトルでラジオドラマ化され、からまで放送された。 また、により『DINER ダイナー』のタイトルで漫画化され、『』()にて、2017年36・37合併号から2019年2号まで連載された後、同社のWEBコミックサイト『となりのヤングジャンプ』に移籍して連載中。 には『Diner ダイナー』のタイトルで実写映画が公開された。 監督は、主演は。 からは「」にて、続編となる『ダイナーII』の連載が開始された。 あらすじ [ ] 金に困ったごく普通の女性「オオバカナコ」は、ある裏社会の仕事に関わってしまったがために監禁され、殺し屋たちが通い詰める会員制ダイナー「キャンティーン」のウエイトレスをさせられることになる。 カナコはそこでダイナーのシェフの「ボンベロ」や、殺し屋たちの人間模様に触れていくことになる。 登場人物 [ ] キャンティーン [ ] ボンベロ 「キャンティーン」のシェフ。 本人も元は腕利きの殺し屋であり、店の常連客である殺し屋達の多くと顔見知りである。 シュフとしても天賦の才をもち 、カナコには威圧的に振る舞う一方で料理の腕は一流であり、ハンバーガーからイタリアン、デザートまで一人でこなせてしまう。 オオバカナコ 「キャンティーン」の現ウエイトレス。 真面目に就職せず、携帯裏サイトにあった裏社会の仕事の募集で気軽に仕事を引き受けてしまったものの、犯罪組織を怒らせて監禁され、命と引き換えに次々と死んで入れ替わる「キャンティーン」ウエイトレスの仕事をさせられる。 客の殺し屋に対しても一般人の視点で接し、人間らしさを感じた相手には温情めいた態度も見せる。 菊千代 きくちよ ボンベロが飼っているブルドッグ。 殺し屋たち [ ] スキン 全身傷だらけの殺し屋。 コートに爆弾を仕込んでいる。 スフレが好きでよく注文するが、ボンベロがある理由で意図的に食べられない状態にしている。 それは、母の作るスフレに異常なまでのトラウマがあった為。 それにより、完璧なスフレを食べてしまうと、彼は狂人になってしまう。 ボンベロはそれを知っている為にあえて不純物(吸い殻、剃刀、チェスの城、10円玉など)を入れていたが、それの正体を知らなかったカナコが取り除いてしまいスキンは狂い、犬のボイルとファキールを撃ち殺す。 その後、落ち着いたかと思いきや自爆しようとした為にボンベロに射殺された。 キッド 少年の姿をしているが、実際は中年相当の年齢で、殺し屋の中で最も凄惨な女、子供を標的とする仕事を引き受けている。 母と祖母は淫売をしており、母は子どもができては堕ろし、できては堕ろしをくり返していた。 キッドができたときも堕ろそうとしたが、医者に「この子を堕ろすと2度と子どもはできない」と言われ、産むことにした。 売春宿を経営していた祖母と母に、赤ん坊の頃より身体を売らされていたために精神は歪み、殺し屋が避けたがる、女・子どもの殺害を好んで行うようになった。 ある日、彼は仕事に失敗し自棄になり助手の教授を殺害、カナコも殺害しようとするが菊千代に止められ頭を噛み砕かれる直前にボンベロが止めた為に一命をとりとめるが、その後に無礼図に捕まっていたことが発覚、手榴弾を咥えさせられ爆死した。 炎眉 えんび ボンベロの弟子であった女性の殺し屋。 ボンベロと肉体関係を持っており、子供が出来たが下ろした。 その後ミコトの毒を食らい死亡した。 無礼図の姪。 ブロウ チカーノ3人組の殺し屋のリーダー格。 ボイル ボンベロの顔見知りの殺し屋。 自分と同じ名前のドーベルマンを飼っている。 無礼図 ぶれいず ボンベロとは因縁のある殺し屋で、現在は組織の長老のひとり。 炎眉の叔父。 九十九九 つくも きゅう キャンティーンに連れてこられたアル中の鋸糞(大鋸屑)。 オヅ 白髪と白い口ひげの年配の男。 ボンベロの命の恩人で、菊千代の元の飼い主。 ソーハ 元産婦人科医で堕胎が趣味。 ミコトに毒を使われ死亡する。 名前の由来は掻爬。 ミコト ソーハに連れてこられた次のウェイトレス候補。 正体は毒を使う殺し屋。 ボンベロやカナコやソーハ、そして炎眉に毒を使うが結局殺害できたのはソーハと炎眉だった。 その後殺害される。 ジェロ レスラーのように巨大な大男。 外ではまともに仕事をするが、キャンティーンに来ると赤ん坊帰りする。 夏油 げとう 痩せぎすのスーツを着た黒縁眼鏡の髪の薄い男。 カナコに気付かれないうちに腿を何カ所切れるか、後から来る仲間と賭けていた。 尻焼 しりやき 、道珍坊 どうちんぼう 夏油そっくりの男二人。 同じ服、同じ体系、同じ眼鏡、同じ靴。 それ以外の登場人物 [ ] コフィ 「キャンティーン」のオーナーであり、組織の長老のひとり。 ボンベロの雇い主である。 デルモニコの甥。 デルモニコを暗殺した張本人。 そのことが無礼図にばれ、ディーヴァ・ウォッカを飲まされながらショットガンで顔面を射殺された。 デルモニコ 組織の先代長老。 登場時はすでに死亡。 ファキール コフィの側近。 スキンの流れ弾に当たり死亡する。 マテバ ボイルの雇い主で、組織の長老のひとり。 登場時すでに死亡。 カウボーイ、ディー・ディー カナコと一緒に裏社会の仕事を受けたカップル。 だが仕事に失敗、カウボーイは拷問され惨殺され、ディー・ディーは半身生き埋めで山中に放置された。 ゴリラ カナコ、カウボーイとディー・ディーを捕らえたとある組織の頭目。 書誌情報 [ ] 小説 [ ]• 平山夢明 『ダイナー』ポプラ社• 2009年10月22日• 2012年10月2日 ぽぷら文庫 漫画 [ ]• 原作:平山夢明、河合孝典 『DINER ダイナー』集英社〈ヤングジャンプコミックス〉 既刊10巻(2020年4月17日現在)• 2018年1月19日発売 、• 2018年1月19日発売 、• 2018年4月19日発売 、• 2018年8月17日発売 、• 2018年12月19日発売 、• 2019年4月19日発売 、• 2019年7月4日発売 、• 2019年10月18日発売 、• 2020年1月17日発売 、• 2020年4月17日発売 、 ラジオドラマ [ ] の「」でラジオドラマ化され、からまで22:45 - 23:00に放送された。 全10回。 主演は。 キャスト(ラジオドラマ) [ ]• 原田夏希• 有村茉佐子• 筒井敬子• 亀井賢二 スタッフ(ラジオドラマ) [ ]• 原作 - 平山夢明『ダイナー』• 脚色 -• 音楽 - 内山修作• 演出 - 小島史敬• 技術 - 惣田睦弘、西原毅• 4億円 『 Diner ダイナー』のタイトルで映画化され、に公開された。 監督は『』『』に続いて監督3作目となる、主演は。 は「 ようこそ 殺し屋専用の 食堂 ( ダイナー )へ。 」「 美味いメシを食うか? それとも死ぬか? 」「 客は全員、殺し屋。 キャスト(映画) [ ]• ボンベロ:• オオバカナコ:• スキン:• キッド:• ブロ:• カウボーイ:• ディーディー:• ブタ男:• マテバ:• マリア:• 無礼図(ブレイズ):• コフィ:• 教授:• アラーニャ:• ソロ:• ポリージャ:• 荒烈屈巣(アレックス):• 雄澄華瑠(オスカル):• 歴代ウェイトレス:、、、、マドモアゼル・ユリア、、• 旅行代理店のスタッフ:• 「」を読む女性:• お天気キャスター:• オオバカナコの祖母:• スキンの母親:• デルモニコ:() スタッフ(映画) [ ]• 原作:『ダイナー』(「」)• 監督:• 脚本:、、蜷川実花• 音楽:• 製作:、、池田宏之、井上肇、石垣裕之、瀬井哲也、谷和男、山本浩、千葉 均、吉川英作、、和田倉和利• エグゼクティブプロデューサー:伊藤響• プロデューサー:伊藤卓哉、甘木モリオ• アソシエイトプロデューサー:、金谷英剛• 撮影:• プロダクションデザイナー:enzo• 食堂の装飾美術:• 照明:佐藤浩太• 録音:• 編集:森下博昭• キャラクターデザイン:長瀬哲朗• ヘアメイクデザイン:ShinYa• フードクリエイション:• アクション監督:• VFXスーパーバイザー:• 助監督:川村直紀• プロダクションマネージャー:YANG MINJU、道上巧矢• 配給:• 制作プロダクション:シネバザール• 企画・製作幹事:• 製作:「Diner ダイナー」製作委員会(日本テレビ放送網、、ワーナー・ブラザース映画、、、、、、、、、シネバザール、ラッキースター、、、、、、) 脚注 [ ]• 2019年9月21日閲覧。 WEB asta. 2019年7月6日閲覧。 2019年6月22日閲覧。 2019年6月22日閲覧。 集英社. 2019年6月23日閲覧。 集英社. 2019年6月23日閲覧。 集英社. 2019年6月23日閲覧。 集英社. 2019年6月23日閲覧。 集英社. 2019年6月23日閲覧。 集英社. 2019年6月23日閲覧。 集英社. 2019年8月6日閲覧。 集英社. 2019年10月18日閲覧。 集英社. 2020年3月1日閲覧。 集英社. 2020年4月19日閲覧。 NHKオーディオドラマ. 2019年6月22日閲覧。 2020年1月29日閲覧。 2019年2月5日. 2019年4月20日閲覧。 2019年4月25日. 2019年4月25日閲覧。 2019年2月5日. 2019年2月5日閲覧。 シネマトゥディ 2019年4月23日. 2019年4月23日閲覧。 2019年4月22日. 2019年4月22日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年4月21日. 2019年4月22日閲覧。 クランクイン!. 2019年4月20日. 2019年4月20日閲覧。 モデルプレス. 2019年4月19日. 2019年4月20日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年4月16日. 2019年4月20日閲覧。 ナターシャ. 2019年5月16日. 2019年5月16日閲覧。 外部リンク [ ]• DinerMovie -• dinermovie -• - プレイリスト この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

ダイナー

ダイナー

Diner ダイナーの紹介:2019年日本映画。 大胆な色使いで知られる蜷川実花監督。 三作めとなるこの『Diner』では、初の男性主人公、初のヴァイオレンスアクションに挑戦している。 主役のボンベロを演じるのは、監督の父、演出家蜷川幸雄に見出された藤原竜也。 亡きボスとして、肖像画で登場する恩師に見守られながら、藤原は超豪華でぶっ飛んだ共演者たちと死のバトルを繰り広げる。 蜷川監督の次回作は、小栗旬主演の『人間失格 太宰治と3人の女たち』で、2019年9月に公開される。 監督:蜷川実花 キャスト:藤原竜也(ボンベロ)、玉城ティナ(オオバカナコ)、窪田正孝(スキン)、本郷奏多(キッド)、武田真治(ブロ)、斎藤工(カウボーイ)、佐藤江梨子(ディーディー)、金子ノブアキ(ブタ男)、小栗旬(マテバ)、土屋アンナ(マリア)、真矢ミキ(無礼図)、奥田瑛二(コフィ)、ほか 目次• Diner ダイナーのネタバレあらすじ:起 オオバカナコ(玉城ティナ)。 幼い頃、彼女の母は姉だけを連れて出ていき、ひとりぼっちのカナコはいつも自分の居場所を探しています。 あるとき、街で見かけた外国の祭りに魅せられ、その色彩豊かな土地に行ってみたいと思ったカナコは旅行代理店を訪れます。 代金は30万円。 カナコは日給30万円のあぶないバイトに手を出します。 運転手として雇われたカナコはギャングに追われ、雇い主とともにつかまってしまいます。 今にも殺されそうなカナコは命乞いをし、殴られて気を失ってしまいます。 極彩色に彩られた室内で目覚めたカナコ。 彼女は殺し屋専門のDiner(ダイナー)にウェイトレスとして売られたのでした。 店の壁には、過去にここで働いていたウェイトレスたちの写真が飾られています。 彼女たちは全員殺され、カナコも失敗すればそこに加わるだけだと言われました。 逃げようとあちこち走り回りますが、出られるところは見つかりません。 倉庫に入ったカナコは、金庫を見つけます。 適当にダイヤルを回してそれを開けると、中には美術品のような瓶が入っていました。 カナコはそれを隠し、殺されないための切り札にしました。 それは「DIVAウォッカ」という超高級酒で、1億以上の価値があるといいます。 どう脅しても隠し場所を教えようとしないカナコに、ボンベロは「扱いにくい女!」と忌々しそうに吐き捨てるのでした。 Diner ダイナーのネタバレあらすじ:承 いよいよ開店。 店に入るには3つのドアがあり、ボンベロがモニターで確認しながらロックを解除しなければ入れません。 しかしスキンが出てきて、カナコを助けてくれました。 カナコがスフレを持って部屋に入ると、スキンは母の写真を飾り、母の味を再現したというスフレをうれしそうに食べ始めますが、その中には異物が…。 慌てるカナコにスキンは、「いつもこうなんだ」と言って寂しそうに帰っていきました。 キッドは、一緒に逃げようとすり寄ってきます。 カナコが返事に困っていると、ボンベロがやってきて、キッドは全身整形をして子どもの姿になっているだけで、本当は残忍な殺し屋であると告げました。 案の定、キッドはブロたちを相手に大暴れ。 仲間のひとりを殺してしまいました。 怒ったボンベロが死体の処理を言いつけると、キッドは大喜びで死体を切り刻み始めるのでした。 そして、その席で「DIVAウォッカ」を開けるように、と。 この街は、もともと東西南北4つに分かれ、それぞれマテバ(小栗旬)、マリア(土屋アンナ)、コフィ(奥田瑛二)、無礼図(真矢ミキ)の4人が仕切っていたのをデルモニコが統一したのです。 しかし一年前にデルモニコが亡くなり、その一周忌が過ぎれば跡目をめぐって全面対決になることは必至。 その懇親会場にDinerが指名されたのです。 「DIVAウォッカ」が出せなければ、ボンベロでさえ殺されるかもしれません。 焦るボンベロにカナコは「懇親会の前に渡します」と約束しました。 恐ろしい殺人犬だという菊千代に見張りを任せ、ボンベロは外出します。 誰も入れないようにと言っていたボンベロでしたが、「キッドが来るから中で待たせておけ」と電話をかけてきました。 カナコがキッドを店に入れると、再びボンベロから電話が。 そして、さっきの電話はキッドがかけたニセ電話だったことが判明。 キッドはボンベロの留守を狙って、カナコを殺しに来たのです。 カナコは負傷したものの、菊千代の活躍によって守られ、戻ってきたボンベロがキッドを追い出しました。 別の日。 ひどい大ケガをしたスキンの手当てをしたボンベロは、カナコにその世話を任せます。 スキンはカナコに、もしもの時はボンベロを守るように伝え、いつも持ち歩いていた小箱を渡します。 ボンベロに、オーブンでスフレを焼き上げてスキンに出すように言われたカナコは、異物を取り出してスフレを焼きました。 初めて完璧なスフレを食べ終えたスキンは、大げさに喜び、異様なテンションで突然機関銃を乱射し始めました。 あわてて戻ってきたボンベロによってスキンはとりあえず乱射をやめ、カナコはスキンを救おうと彼を抱きしめます。 落ち着いたかと思われたそのとき、ボンベロの銃がスキンを撃ち抜きました。 スキンは自爆しようとしていたのです。 実は、異物の入っていない完璧なスフレを食べたことがトリガーとなり、スキンの繊細な心は壊れてしまったのです。 カナコが良かれと思ってやったことが、スキンの命を奪ったのです。 「死ね」 ボンベロに言われたカナコは素直に受け入れます。 でも、ボンベロはドアを開けてカナコを殺さずに追い出そうとしました。 カナコは納得しません。 そして、初めて自分の意志で「ここにいる!」と主張するのでした。 Diner ダイナーの結末 ボンベロは、意志を持ち始めたカナコに、厨房での仕事を見せるようになっていました。 そしてついに迎えた懇親会の日。 既に何者かに殺されたマテバ以外の三人がDinerにやってきました。 貴賓室で振る舞われる特別な料理を前にしても、三人は跡目が誰になるか、ボスの証しの指輪がどこにあるのか、そのことしか頭にありません。 真っ先に動いたのは無礼図。 ボンベロから情報を聞き出そうと、その左手にナイフを突き刺します。 さらに大事な右手を狙ったそのとき、たまらずカナコが声を上げ、スキンから預かった小箱を差し出します。 すかさずマリアが立ち上がり、コフィを撃とうとしますが、それを制した無礼図がマリアの喉をかき切り、ボスはひとりでいいと言い放ちます。 コフィをテーブルに乗せると、その口に銃身を押し込み、DIVAウォッカを流し込んでから引き金を引きました。 新しいボスとなった無礼図は、ボンベロに自分のために店をやらないかと誘いますが、彼のボスはデルモニコただひとり。 提案を断ると、無礼図の一味がボンベロたちを殺しにかかります。 店内に立てこもり、爆薬などを仕掛けて侵入に備える二人。 銃も用意し、次はどうするのかカナコがたずねると、こんな時にボンベロは「料理だ」と言い出します。 「一度しか教えない。 よく見てろ」 そう言ってボンベロはハンバーガーを作り、カナコに仕上げを任せます。 ついに無礼図たちが突入。 ボンベロはカナコを通路へと押し出し、菊千代とともに敵を迎え撃ちます。 しかし、人数も武器も圧倒的に不利な状況。 ボンベロはガスを使って爆発を起こし、一時的に無礼図たちを退け、その間に倉庫へ逃げ込みます。 そこの通風孔から逃げるようカナコに指示し、銀行口座と暗証番号のメモが入ったペンダントを手渡します。 二人で逃げようと抵抗していたカナコですが、ボンベロの覚悟を知ると、「いつか私のお店に来て」と彼にキスをして、ひとりで逃げることを選びました。 ついにボンベロと無礼図の決着のとき。 勝利を確信している無礼図と向き合い、ボンベロはスキンの自爆装置を起動させたのでした。 メキシコ・グアナファト。 色のあふるその街で小さな店を開いたカナコ。 その店の名は「Diner」。 死者の日のお祭りである今日、街は仮装した人々で賑わっています。 店の片隅、予約席のテーブルを拭くカナコが入口を見ると、そこには菊千代とボンベロの姿がありました。 カナコはボンベロに抱きつき、ボンベロもやさしい微笑みでそれに応えるのでした。 以上、映画「Diner ダイナー」のあらすじと結末でした。

次の

『Diner ダイナー』豪華すぎる!キャスト&ビジュアルまとめ

ダイナー

ウースター・ランチカー社製のケイシーズ・ダイナー(ウースター、1922年創業)はに登録されている ダイナーの起源は移動である。 世界初のダイナーは、ににて、 ()社の向けに暖かいを販売した馬引きのであるといわれている。 ワゴンの所有者ウォルター・スコットは以前から、新聞社で働いていた親しい印刷工たちに、家で準備したとをカゴで売り歩き、の足しとしていた。 、でトーマス・バックリーが移動屋台専用車のランチワゴンの生産を開始した。 バックリーの商売は成功し、彼は「ホワイト・ハウス・カフェ」ワゴンで知られるようになった。 にはチャールズ・パーマーが移動式屋台で最初のを得た。 彼は「ナイト・ランチ・ワゴン」の名称でそれを登録、までに「ファンシー・ナイト・カフェ」と「ナイト・ランチ・ワゴン」をウースター周辺に出店した。 フィリップ・デュプリーとアーヴィン・ストッダードは、1906年に ()社を設立し、現在「ダイナー」と呼ばれる形式の店を一帯に展開した。 19世紀後半にはアメリカ東海岸北部で座席付きのランチワゴンが現れ、高価な不動産を購入することなく、で営業した。 までは、「ランチワゴン」という名称に比べると「ダイナー」という名称はあまり使用されていなかったようである。 ウースター周辺には現在も多くのダイナーがある。 のジェリー・オマホニーが最初の「ダイナー」を作ったという説がある。 同州のジェリー・オマホニー・ダイナー社は、1917年から1941年に二千店のダイナーを製造し、そのうち現在も営業を続けている店舗が国内外に20軒残っている。 席数の増加に伴い、ワゴンを製造していた業者の多くがプレハブ建築式ダイナーを製造するようになった。 ランチワゴン同様に、プレハブ店舗に組み立て済み建築材と設備を使用することにより、ダイナーの経営者は飲食店業をすぐに開始できた。 ウェルズボロの、に製造されたダイナーの内装。 天井が曲面である。 まで、ほとんどのダイナー業者と顧客は合衆国北東部にあった。 ダイナー業も他の産業同様恐慌の影響を受けたが、どんなときでも人は食事をするものであり、高級なレストランよりも安価な料理を提供するダイナーは営業を始めるのにかかる費用も安いため、被害は他業種ほど深刻ではなかった。 後、が民需に戻りが発展するとともに、ダイナーは魅力的な小規模ビジネスの起業対象となった。 この期間に、ダイナーは部や小さな町といった本来の商業圏から郊外の沿いの土地へと広がり、ヴァレンタイン・ダイナーズのような製造業者と共に、にさえ達した。 に、多くの地域で店がダイナーを駆逐したが、ニュージャージー州、、、およびペンシルベニア州の一部では、個人営業のダイナーが今なお割合普通に見られる。 この時期に新たに建ったダイナーは、これまで主流だったステンレス製の細長い流線型の形状(後述)を捨て、大きな建物となったが、古くからのダイナー製造業者によるプレハブ式のユニットを組み立てて建てられている。 これらの新しいダイナーには、個人に多く用いられるケープコッド様式やコロニアル様式をはじめ、多種多様な建築様式が採用されている。 旧式の単一ユニットのダイナーは長いカウンターと小さなボックス席を持っていたが、現在ではより広い食事席、豪華な、、の、式彫刻が追加されるようになった。 古いプレハブ式のダイナーが普通の工法で増築され、元の構造がわからなくなるほど新しい増築部に覆われたり新しい外装を施されるにつれ、「ダイナー」という言葉の定義が曖昧になった。 ダイナーと呼ばれているもののプレハブ式でなく、敷地に普通の建築同様土台から建てられる店舗も現れ始め、これらのより大型の店舗はしばしば ダイナーレストランとして知られるようになった。 設計 [ ] ニュージャージー州サミットのサミットダイナー(オマホニー社、1938年製造)は典型的な「食堂車」様式のダイナーである。 と同様、初期の様式のダイナーは狭くて細長く、での移動が可能であった。 これは定位置での営業を想定していなかった最初の「本物の」ダイナーから受け継がれた特徴である。 「ダイナーワゴン」でない元祖ダイナーは、実際ののであった。 食堂車が耐用年数を超過した後に、駅の近くまたは線路沿いの定位置に置かれ、安価なレストランとして使われた。 その後、鉄道車両を製造するために設計された設備を流用して製造されたこともあり、伝統的にこの大きさと形状が保たれた。 初期のでは、サービスカウンターが内装の中心で、背面の壁に調理エリアがあり、前面には床に取り付けられた客用の椅子がある。 より大きなモデルでは前面の壁と後方にボックス席がある。 装飾は時につれ変化した。 からのダイナーはの要素を取りいれたり、食堂車の装飾を模した(実際に再度組み上げられた食堂車も僅かながらあった)装飾を施された。 外装はで、前面に店名が書かれたものやの帯飾り、縦溝飾りを入れたものが特徴である。 多くは「」の屋根を持ち、タイル張りの床が一般的であった。 のダイナーは、のパネル、琺瑯、ガラスのブロック、テラゾー(人造)の床、、の装飾を使用するようになった。 最近建てられたダイナーの構造はこれとは異なり、間取りはレストランに似ており、伝統的なダイナー設計の外観(通常、ステンレスとアール・デコ要素)を保持するものの、他の特徴(小さなサイズやカウンターを主としたレイアウト)は失われている。 文化的な重要性 [ ] 『』 、1942年、所蔵 ダイナーは幅広い性格の地元住民を引き付ける場所で、一般には小規模企業である。 半ば以降、アメリカの文化的多様性との特質を反映する、非常にアメリカらしい事物として見られるようになった。 の代表的な『』(1942年)は、深夜の孤独なダイナーと、その内部の客たちを描いている。 テレビと映画(例えば『』、『』『』および『』)の中では、ダイナーとが1950年代のアメリカ社会の繁栄と楽観主義の時代を象徴し、が放課後に集い、に不可欠な場所として描かれている。 テレビ番組の『アリス』は「ダイナー」を舞台とした。 ダイナーの文化的影響は今日も継続している。 のようなフランチャイズも含む多くのプレハブ式でないレストランが、1950年代のダイナーの外観を模してを誘い、はダイナーに由来する内装レイアウトを使用している。 マンハッタンのダイナー ダイナーは、と同様の方法で、全国的で、誰でもわかる、ほぼ均質な食事と会合の場を提供する。 供する料理のタイプはだいたい似通っており、特に狭い地域内ではその傾向が強く、価格も同様である。 例外として、が多い地区では、ダイナーとコーヒーショップは地域の住民に好まれる料理をメニューに加えている。 その一方でダイナーはファストフードチェーンと比べてはるかに個性が顕著である。 構造、メニュー、およびオーナーとスタッフも、それぞれある程度の類似性はあるが、厳密に標準化したフランチャイズチェーンやフランチャイズレストランよりはるかに多様である。 ダイナーは、特に都市部では24時間営業することが多く、バーやナイトクラブと並んで、都市文化に不可欠な要素となっている。 多くのダイナーは、昔から24時間操業する工場の近くで営業し、夜勤労働者を主要な顧客としていた。 料理と民族性 [ ] ブルックリンの小さなダイナー ダイナーでは、、、、サンドイッチ等、いわゆる一般的なアメリカ料理をメニューとして提供する。 初期のダイナーがで提供できる料理を主としたことから、多くの料理はである。 を含む料理、、、および等のの料理を売り物としていることが多々あり、これらの「朝食料理」を1日中提供するダイナーもある。 多くのダイナーには、カウンターの後ろにのショーケースがある。 新しいダイナーでは、回転するケースでデザートを陳列するのが一般的である。 の向け安レストランのように、典型的なアメリカのダイナーは多くのやグリル料理を供する。 例えば、、ハンバーガー、、、ワッフル、パンケーキ、オムレツ、、などである。 これに副菜として、しばしば、フライドポテト、、が添えられる。 ダイナーでは、その地域独特の料理を提供することがある。 、および系によって起業されたと流域のコニー・アイランド式レストランでは、コニー・ドッグ(チリドッグ。 のに肉だけの、刻みとをかけた)や、、、、、など数種のを供する。 では、ののサンドイッチがメニューにあることが多い。 北東部ではに重点が置かれ、ではとのフライが一般的である。 ペンシルベニア州では、・サンドイッチとスクラップルがほとんどのダイナーの定番である。 の州ではが定番である。 の定番料理には、、がけ、チキン・フライド・ステーキがある。 ニュージャージー州では、ポークロール、卵とのサンドイッチが定番である。 コーヒーは高品質とはいえなくとも常に販売されている。 は通常販売しないが、と安価なを提供するダイナーもある。 アメリカのダイナーで一般的なデザートはで、特におよびチェリーパイであり、ショーケースに陳列され、注文に応じてカットされる。 料理は通常かなり安価であり、でも1時間から1時間半ぶんのでサンドイッチ、副菜、から成るちゃんとした食事が取れる。 ダイナー業界は幾つかの民族から強い影響を受けている。 大多数のダイナーが系アメリカ人によって経営または営業されており、特にニュージャージー州、ニューヨーク、ペンシルベニア州、で顕著である。 、、およびに代表される、東欧系の経営者によるダイナーも多い。 も重要な存在である。 これらの影響は、ギリシャ料理から、スラヴ料理から、ユダヤ料理からボールの(アシュケナジム風のスープ)等といった民族料理がダイナーの定番メニューへ加わったことに見てとれる。 ダイナーが関連する作品 [ ]• 映画『』• 映画『スティング』 主人公がしばしば同じダイナーを訪れる。 サパーの価格やトイレの構造がわかる描写もある。 映画『ラスト・ショー』 さびれた街で営業するダイナーで、朝食時は満席だがそれ以外はガラガラ。 ジュークボックスが置いてある。 映画『追憶』 大学のそばで営業するダイナー。 ハンバーガーの注文客に対して「オニオンは?」と尋ねる描写がある。 映画『』• 映画『』• 映画『』• 映画『』• 映画『』• 映画『』- 冒頭の10分に渡るダイナーでの会話シーンがある。 映画『』• 映画『』- 予知能力をもつ主人公が予知で見た運命の女性(ヒロイン)をダイナーで待ち続ける。 映画『』- 冒頭で「ナイト・ホークス」という店名のダイナーが登場する。 映画『』• 映画『ギャラクシー街道』• 映画『ロード・トゥ・パーディション』• TVドラマ『』• 小説『』(著:)• 漫画『トゥルーブルーは決して色あせない』(作:) - ヒロインがダイナー経営者で物語の主な舞台になっている。 映画『』 脚注 [ ] []• Witzel, Michael Karl 1998. The American Diner. MBI Publishing Company. Diner restoration• , December 29, 2007. Hibbard, Christopher. Interview with George Schelling 2nd Generation Co-owner, Master Diners, Pequannock, New Jersey. 5 Aug. 1998• Baeder, John, Diners. Rev. and updated ed. New York: Abrams, 1995. Butko, Brian, and Kevin Patrick. Diners of Pennsylvania. Mechanicsburg, PA: Stackpole Books, 1999. Garbin, Randy. Diners of New England. Mechanicsburg, PA: Stackpole Books, 2005. Gutman, Richard J. American Diner: Then and Now. New York: HarperPerennial, 1993. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 、、、、•

次の