三洋 洗濯 機。 “空気”で洗う洗濯乾燥機、三洋電機から

三洋電機製ドラム式洗濯乾燥機 AQUA 品番AWD

三洋 洗濯 機

他社の製品との差別化を図るために、新しいアイデアや技術が惜しみなく投入され、興味深い製品が次から次へと登場している。 そういう新技術を搭載した製品を総称する「新家電」という言葉も普及し始めている。 しかし、新しい技術のキーワードはTV CMで植え付けられても、それが実際はどういう技術なのかはあまりよくわからないことが多い。 そこで、このコーナーは、メカ好きなPCユーザーの目で家電の新技術を取材し、その技術の面白さを探っていこうという趣旨だ。 専用のメールアドレス も用意したので、これを取り上げてほしいとか、もっとこういう事を聞いてほしい、などの声をぜひお寄せいただきたい。 三洋電機 洗濯乾燥機「AQUA」 ~水なしで洗える秘密 AQUA AWD-AQ1 3月11日発売 価格:262,500円 「空気で洗う洗濯機」という、衝撃的なキャッチコピーで2月にデビューした三洋電機の洗濯乾燥機「AQUA AWD-AQ1 」。 「空気で洗う」機能とはいったいなんなのか。 どうやって、その機能を実現しているのか。 また、なぜ水を使わないで洗える洗濯機に、水を意味する「AQUA」という名前が付いているのか。 実際に試してみるために、三洋電機におじゃました。 まずは目玉の「空気で洗う」というエアウォッシュを体験、ということで、三洋電機 コーポレートコミュニケーション本部 広報ユニットの石川ひとみ氏に話を伺いながら、検証用サンプルを洗っていただいた。 サンプルは2点。 1点目は、100円ショップで購入したアザラシのぬいぐるみ。 編集部の喫煙室に丸一週間放置したもので、ニオイを嗅ぐと「強烈!! 」とまではいかないが、ヤニの香りがただよってくる一品だ。 もう1つは、キレイに洗濯された無臭のYシャツを、実験直前にビニール袋に入れ、タバコでいぶしてニオイを付けたものだ。 時間にして10分近く、1本まるまる灰になるまでいぶしたもので、強烈なニオイがする。 検証に使用したアザラシのぬいぐるみ キレイな状態のYシャツを袋に入れて、タバコでいぶす AQUAの操作パネル エアウォッシュにかかる時間は30分間。 庫内に入れた衣類は、ヒーターで温められ、噴射されるオゾンとともに、ドラムの中で回される。 入れるものの制限は、衣類なら500gまで、靴ならば1足まで。 Yシャツのような型くずれのあまりないものであれば、そのまま放り込んでしまえばよいし、帽子やフォーマルな衣服など、型くずれしやすいものをエアウォッシュする場合は、専用の棚を設置し、その上に洗浄したいものを置けばよい。 石川氏によれば、「この棚を使えば、布や化学繊維以外にも、幼児が口に入れる可能性のある玩具など、固いものにも対応できる」という。 エアウォッシュにかかった時間は、スペック通りぴったり30分間。 エアウォッシュ中は、モーターを回す「ウィーン」と、ガスを吹きかける「プシュー」という動作音が聞こえる。 水を使わないこともあり、あまりうるさくは感じない。 個人差はあるだろうが、一人で読書や昼寝でもしていれば、多少は気になるレベル。 2、3人で会話をしているとほとんど気にならないレベルと表現すればよいだろうか。 そうこうして、エアウォッシュが完了すると、「ピー、ピー」と終了したことを知らせる電子音が鳴る。 【動画】ぬいぐるみをエアウォッシュ。 あえて棚は使用しなかった WMV, 5. 15MB 【動画】タバコでいぶしたYシャツをエアウォッシュ WMV, 1. 89MB さっそくAQUAから取り出し、ニオイ嗅いでみると、Yシャツからも、ぬいぐるみからもニオイがしない。 余談は置いておいて、肝心の消臭機能だが、強烈なタバコ臭のYシャツも、微妙に臭かったぬいぐるみも、まったくといっていいほどニオイを感じない。 が、1つ、気になったことがあった。 それは、エアウォッシュ直後のぬいぐるみとYシャツが、ほかほかと熱を持っていたことだ。 こうした、熱を加える関係もあり、エアウォッシュは、一部の革製品や金属製品、犬や猫といった生き物には対応していない。 シルクやビーズの付いた衣服など、熱に弱い素材を用いたものも、できれば避けた方がいいだろう。 原理的に、気体であるオゾンを吹きかけているだけなので、汚れをこすったり、水で溶かしたりといった物理的な洗浄作業は行なっていない。 実際、エアウォッシュにかけたぬいぐるみを手に取ると、たしかに無臭になっているのだが、手触りはエアウォッシュする前と同様、ヤニ特有のベタつきが感じられる。 アザラシのしっぽ部分にはタバコの黄バミも残っていた。 石川氏も「この機能のメリットは、バックパックや帽子、スーツといった簡単に洗えないものを、さっと消臭、除菌できることにあります」と説明しているとおり、エアウォッシュが「水の洗浄の代わり」になるものではなく、全く別の付加機能と捉えるべきだろう。 具体的な利用シーンとしては、焼肉や酒の席から帰った後、風呂に入っている間にスーツを消臭したり、これからの季節だと、蒸れた靴なんかを入れても良さそうだ。 棚を置けば、固形物や型くずれしやすいものもエアウォッシュにかけられる 洗浄後のぬいぐるみ。 ここからは、オゾンとそのオゾンを発生させる仕組みについて、技術的に掘り下げてみたい。 O 3という化学記号で表されるオゾンは、空気中にもわずかに含まれている、脱臭や脱色効果を持った気体。 分子構造的に不安定で、酸素原子 O を1個放出し、酸素 O 2 になろうとする性質を持っている。 この性質を利用し、ほかの物質を化学変化させることにより、脱臭や脱色、ウイルスの不活性化、有機物の除去などの効果が得られる。 AQUAでは、この働きを利用して、浄水、消臭を行なっている。 また、オゾンは基本的に酸素原子のみで構成されるため、化学変化を起こした後、残留物を残さないため、人体への影響もなく、東京都や大阪市で水道水の浄化に使われているほか、PC関連でいうと半導体の洗浄、家電分野でも空気清浄機や、エアコンの自動内部清掃機能などにも用いられている。 大きさは20cm四方くらいで、ユニットには、生成されたオゾンを洗濯槽と、浄化タンクに送り込むノズルが取り付けられている。 このユニットは、オゾンの生成方法としてはもっとも一般的な、放電を利用する方式を採用している。 高圧電流を流した2枚の電極板の間に酸素 O 2 を流し込み、O 2として結合していた酸素分子 O を分離。 さらに再結合させ、オゾン O 3 を生成する方法だ。 石川氏によれば、「オゾンは雷が落ちたときに発生する気体としても知られていますが、AQUAのオゾン発生装置も基本的に原理は同じです」という。 エアウォッシュでは、水を使わない代わりに、ここで生成されたオゾンを断続的に吹きかけて、消臭、除菌を行なっている。 本体下部に設置されている「オゾン発生装置」。 水なし洗浄で、水を節約するからだろうか、それとも、なにか深い理由があるのだろうか。 つまり、エアウォッシュは、「水を循環させる」ことの、副産物ということになる。 では、どうやって水を循環させているのかを追求してみよう。 このことについて、石川氏は「実は水の使用量が少ないと言われているドラム式でも、洗濯乾燥機って思ったよりも使用水量が多いのです」と切り出した。 はじめは、「あれだけ大きいドラムに水を入れて回すのだから、PCと同じように常に排熱の問題を抱えているのかな」と想像したが、そうではない。 実は洗濯乾燥機、水を使うのは、洗濯のときだけではない。 乾燥の時に発生する熱を冷ますためにも、水を使っているのだという。 水でジャブジャブ洗ったあと、脱水するとはいえ、水気を含んだ衣類をヒーターで乾かすのだから、洗濯機の庫内は非常に高い湿度になる。 しかし、その湿度を逃がせば、洗濯機を置いた部屋が湿気だらけになってしまう。 さりとて、洗濯機の中にとどめていては、いつまでたっても衣類は乾かない。 そこで、庫内の温度を下げて、湿気の元となる水蒸気を水に変えて吸収しなければならない。 そのために使われるのが、水だ。 石川氏は、「この水はドラム式でも、パルセータ式でも、洗濯機の機構にかかわらず、衣類を乾かすために必要なもので、洗濯乾燥機の宿命といってもいいものです。 洗濯に使用する水は、ドラム式になって削減できるのですが、この乾燥に必要な、水冷除湿の水は削減できません。 しかも、この水、パイプの中でチョロチョロと2時間以上に渡って流し続けるため、けっこうな使用量になるのです」と語る。 「もし、除菌と消臭機能が欲しいだけなら、2001年に発売された電解水技術でもまかなえますが、AQUAでは、水の浄化がポイントです」と石川氏も語るように、水を繰り返し使うというコンセプトが、オゾンを導入する直接の理由となっている。 一番はじめの洗濯と2回あるすすぎのうちの1回目に使った水は、再利用されることなく捨てられる。 これらの水は、汚れが激しいためだ。 石川氏によれば「技術的に決して浄化することは不可能ではないが時間がかかるため、商品化するのは難しいと判断し、見送った」とのことだが、同時に、「将来的にはずっと水を循環できるようにするのが理想」と意欲も見せている。 一方、2回目のすすぎ水は、汚れが8割方、1回目のすすぎで落ちているため、比較的きれいだ。 この水をフィルターにかけて残留物を取り除いた後、オゾンを微小な泡 マイクロバブル にして吹き込み、浄化する。 マイクロバブルにするのは、水全体にオゾンを行き渡らせるためだ。 2回目のすすぎ水は水中の残存物が限られているので、水とオゾンが混じり合うと、ほとんど時間がかからないうちに汚れやニオイが取り除かれるらしい。 石川氏によれば、「オゾンを吹き込む前に、フィルターを通過した細かいゴミや汚れの成分は、オゾンによって分解されてタンクの中で自然に消えていくので環境にもいい」という。 この点は、タンクの掃除が不要、メンテナンスはフィルターをたまに取り外して、残留物をゴミ箱に捨てるだけ、とユーザーにとってもうれしい仕組みだ。 こうして浄化された水が、次回の洗濯に、そして「洗濯乾燥機の宿命」である、乾燥時の湿気を抑えるために使用され、トータルの使用水量を削減する役目を果たす。 カタログスペック上では、最初の洗浄に水道水を利用して、乾燥まで行なった場合、78Lの水を使用するのに対し、浄化水を洗濯にも利用した場合、さらに50Lまで削減される。 なお、タンクに貯まったオゾン浄化水は、72時間使われない状態が続くと、自動的に排出される。 物理的に1カ月以上放置しても問題はないらしいが、石川氏によれば、「ずっと水が貯まっているのが気持ち悪い」というユーザー心理に配慮した結果だという。 実は取材時に、AQUAのオゾンによる浄水システムを再現するデモ装置を見せていただいたのだが、残念ながら機械の不調で、水が浄化される様子を観察することはできなかった。 AQUAには、外観もほかのドラム式洗濯機に比べて、一目でわかる違いがある。 それは背の高さだ。 他社のななめドラム式が概ね、高さ100~110cmの範疇に入るのに対し、AQUAは120cmを超えている。 これは、日本人女性の平均身長、157. 8cmのユーザーが台所仕事をするときと同じ感覚で洗濯物を出し入れできる高さ、85cmにドラムの中心を設定するためだという。 もう1つは、左右両開きのドアが用意されていることだ。 冷蔵庫で右開き、左開きの両方が用意されているのはもはや珍しくないが、意外なことにドラム型洗濯機ではまだ、左開きのものしか出ていなかった。 開く向きが一種類しか用意されていないと、マンションのように、隣室と左右対称の間取りになって、洗面所が配置されている場合、どちらか片方の家庭は、作業スペースを塞ぐかたちでドアが開くことになってしまう。 AQUAは左開き、右開きの双方を用意することで、この問題を解決している。 ただ、この件に関しては、石川氏は「すぐに競合他社が追いついてくるでしょう」と至って冷静だった。 実際に、ドアの開閉やシャツの出し入れを試してみた。 まず高さについてだが、かがみこむ動作が極端でなく、166cmの筆者にとってもさほどつらくは感じなかった。 販売店で見ると、高さがあるせいでスペック以上に大柄に見えるが、売り場に来ている人は、だいたいドアを開け閉めしたり、実際の動作を確かめて、慎重に選んでいる様子がうかがわれるので、さほど問題はないのだろう。 ドアについてだが、私の周りには、「洗濯機の前方にドアの開閉スペースが必要になる」という理由でななめドラム式を選ばなかった、という人が多い。 しかし、実際に見てみると、あくまでも個人的な感想だが、ドラムがななめを向いているおかげで、それほどジャマには感じなかった。 洗濯機の分野において、三洋電機は新しい試みにチャレンジし続けてきた開拓者だ。 国産1号機の名誉こそ東芝に譲ったものの、電気洗濯機の爆発的な普及のきっかけとなった、国内初の噴流式洗濯機1号機「SW-53」を'53年に発売。 '60年代には、二層式洗濯機の脱水槽に簡易乾燥機能を初めて追加したほか、'83年には、洗濯液を再利用して節約する「Lプール」のついた全自動洗濯機を開発。 また、従来の縦型洗濯機の使い勝手と、使用水量の少ないドラム式の双方の長所を兼ね備えたトップオープンドラム方式の洗濯機を日本に持ち込んだのも三洋が最初だ。 記憶に新しいところでは、2001年に世界初となる電解水を利用し、洗剤を使わないで洗える洗濯機も開発しており、その機能はAQUAにも受け継がれている。 近年、経営状況の悪化が伝えられる三洋電機だが、今回の取材では、技術力や製品の魅力を存分に感じることができた。 今後も、こうした革新的な製品や、それを生み出す開発力に期待したい。 取り上げて欲しい生活家電がありましたら、編集部までメールを送って下さい。 jp].

次の

【PR】洗濯機の名店ならぬメーカー「アクア」は想像以上に洗いのプロだった!

三洋 洗濯 機

, Ltd. )は、ののでの。 本社は、登記上の本店はに所在。 パナソニック傘下に入る以前には、大阪府に創業から68年にわたって本社を置いていた。 概要 [ ] の義弟(妻の弟)での創業にもかかわり、同社の専務取締役だったが、による指定に伴い、(21年)に松下電器を退社。 翌年、松下幸之助より、用発電ランプの製造権とにある北条工場(現在の「」敷地)を譲り受け、個人事業「三洋電機製作所」を創業し、自転車用ランプを製造。 当初は松下電器が三洋電機の名前を併記して「ナショナル」ブランドで販売していた。 のちに直販化した。 ((21年)まで存在した「サンヨーミュージアム」 には、「ナショナル発電ランプ:三洋電機株式会社製造」などという旨が書かれた当時の広告やブランドロゴが展示されていた。 )松下電器産業のも創業時に工場長として参加(後に副社長)。 (昭和24年)、三洋電機株式会社設立。 会社のに、源流企業である松下電器の「ナショナルマーク」に類似した円形にのとサンヨーロゴをデザインしたものを採用。 社名は・・を意味し、世界で活躍できる企業になるという意志が込められている。 (昭和28年)に開発した噴流式が大ヒットし、一躍有名になった。 その後、総合メーカーとして日本屈指の企業に成長。 本家である松下電器とも、国内、さらに海外で長年しのぎを削ることとなった。 しかし、度重なる製品の重大やで経営が苦しくなり、(平成23年)によりパナソニックの完全子会社となった。 この前後数年間で役員のほとんどが社外に去り、グループ10万人超の巨大企業が倒産を経ずに(経営統合で)事実上消滅するという、日本の経済史でも初めてのケースとなった。 なお、社名に「三洋」と付くが、、(に申請)や(にに吸収合併)、とは、資本・人材とともに一切無関係である(各社の項も参照)。 現在は、の紙パックなどの製品に限り三洋電機の商標の使用を継続している。 旧ロゴ(1976 - 1986) 沿革 [ ]• (昭和22年) - 三洋電機製作所として創業。 (昭和25年) - 三洋電機株式会社設立。 (昭和28年) - 事業開始。 「17-C231」発売。 (昭和34年) - 東京三洋電機株式会社設立(からの本体への吸収合併まで、本体とは別に、に上場)。 (昭和35年)放送開始に合わせ、カラーテレビ第1号機「21-CT5」を発売。 日本初の二槽式脱水乾燥洗濯機(SW-400型)発売。 (昭和41年) - 鳥取三洋電機株式会社(後の株式会社。 現在は三洋電機本体に吸収合併)設立。 モジュラーステレオ、システムコンポーネントステレオ OTTO(オットー)発売。 (昭和44年) - サンヨー薔薇チェーン SBC)制度発足。 (昭和45年) - 日本万国博覧会にサンヨー館出展、未来の家庭生活を展示。 なかでも人間洗濯機(ウルトラソニックバス)は注目を集める。 (昭和46年) - 日本初のワイヤレスリモコン操作方式テレビ発売。 サンヨーのテレビCMは、一世を風靡した。 (昭和47年) - サンヨーがで公式判定用として採用される。 (昭和50年) - の電機メーカー「」傘下の高級オーディオメーカー「」を買収。 (昭和59年) - のAV機器のスポンサーとして協賛。 (昭和60年) - 1986年まで石油ファンヒーターによる事故が続発( 詳細はを参照)。 (昭和61年) - グループ会社だった東京三洋電機を吸収合併。 これを機にを上記のもの(ブランド統合前のロゴ)に変更。 (昭和63年) - この年からの冠スポンサーとなる。 (平成2年) - 超軽量を動力源としたによる北米大陸横断に成功。 (平成6年) - ・の栄事達集団とで合肥三洋(当時は「合肥三洋洗衣機有限公司」、後に「合肥栄事達三洋電器股份有限公司」に改名)を設立。 (平成11年)• - と事業での業務提携を発表。 - 世界初となるアクティブマトリクス方式の、有機ELフルカラーディスプレイをイーストマンコダックと共同発表。 (平成13年) - を主に生産していた大日工場を閉鎖、東京製作所に機能移転。 跡地にはや高層「サンマークスだいにち」などが建設。 (平成14年) - 業界2位だった事業をに売却。 中国最大の家電メーカーであると提携、三洋ハイアールを設立。 ソーラーアーク設立。 (平成15年)• 1月 - 子会社の三洋電機ソフトウエアがと資本提携、に社名変更。 - との合弁会社であったジーエス・メルコテックへ出資し三洋ジーエスソフトエナジーに社名変更。 4月 - 子会社の三洋エナジー高崎と三洋エナジー貝塚(初代)が合併し、三洋エナジートワイセルへ社名変更。 (平成16年)• - 事業の子会社、三洋テレコミュニケーションズ(STEL)を吸収合併。 - と事業を統合。 に未加入だったことから、500億円超の被害が同年度決算にほぼそのまま損失として計上された。 (平成17年)11月14日 - して繰り返し使える()「」を発売。 ヒット商品となる。 (平成18年)• - イーストマンコダックとの提携を解消。 - 総額約3000億円の増資を実施。 ・・が引き受け、三金融機関が副社長を派遣( 詳細は)。 - 三洋半導体株式会社(後の)を設立。 - プロ野球オールスターゲーム冠スポンサーからの撤退を表明。 (平成19年)• - 日本向けのの製造をハイアールに委託する目的で、ハイアール三洋エレクトリック株式会社を設立。 (平成14年)に設立された三洋ハイアールは同年3月31日付けで解散。 - グループの「」の家電製品を共同で開発すると発表。 (平成20年)• - 部が()で悲願の初優勝を果たし日本一となる。 - グループの組織再編を行い、三洋電機の白物家電事業・車載機器事業および営業・販売部門を三洋電機コンシューマエレクトロニクス株式会社(同日付で鳥取三洋電機から社名変更)に移管、鳥取三洋電機の事業を三洋電機に移管。 洗濯機事業を子会社の三洋アクア(同日設立)に移管。 携帯電話事業をへ売却。 (平成21年) - パナソニックのによって過半数の株式を取得し、パナソニックの子会社となる ( 経緯については)。 (平成22年)• - パナソニック子会社化の影響により、主にを生産する三洋エナジートワイセルと三洋エナジー鳥取の全株式をへ売却。 ただし三洋エナジートワイセルの一部事業(リチウムイオン電池の製造等)は、三洋エナジー貝塚(2代)として分割され三洋傘下に残留した。 - との合弁会社であった三洋ジーエスソフトエナジーの解散を発表。 (平成23年)• - 子会社の三洋をに売却。 - 同社のテレビやなどに使用の技術のを侵害したとして、を相手取り提訴。 - ・・。 - この日の出荷分をもってごく一部の製品 前述 を除き「SANYO」の商標使用を終了。 - 株式交換によりパナソニックの完全子会社となる。 三洋系列店「」がへ吸収合併されることに伴い、この日から看板を「SANYO」から「Panasonic」へ掛け替える作業開始。 パナソニック以外の他社系列店へ衣替えする店舗も一部あった。 - 白物家電(冷蔵庫・洗濯機)事業を行う三洋アクア株式会社、ハイアール三洋エレクトリック株式会社などの子会社9社の株式を、中国家電製造大手のハイアールに約100億円で売却する旨を公式発表。 これにより親会社パナソニックと重複する三洋事業のリストラを推進。 - この日までにテレビ・・・・・・・・・FF式石油暖房機・・・・・・・・の生産を完全終了し、親会社「パナソニック」製品へ統合。 同時に三洋系列店「スマイるNo. 1ショップ」検索サイトをこの日をもって閉鎖。 なお炊飯器の「おどり炊き」技術はパナソニックに継承された。 - 中国の家電大手「ハイアール」に三洋の冷蔵庫と子会社「三洋アクア」製洗濯機の白物家電事業を売却する旨と、三洋グループの洗濯機・冷蔵庫生産部門の社員をハイアールへ移籍させる旨が正式決定。 - 中国の合肥三洋が自主ブランド「帝度」 DIQUA を発表。 - パナソニックショップへ衣替えした、旧「スマイるNo. 1ショップ」一部店舗が「スーパーパナソニックショップ」に新規認定され、スーパーパナソニックショップ検索サイトへの掲載開始。 - 大阪府守口市にある本社社屋より「SANYO」ロゴ看板を撤去。 - 「SANYO」看板が外された本社社屋に「Panasonic」看板取付。 (平成24年)• - 吸収合併を中心とした組織改編によるパナソニックグループ新体制発足に伴い、全国の三洋グループ営業拠点や工場の看板をそれまでの「SANYO」から「Panasonic」に掛け替え。 本社および三洋アクアなど売却予定の企業を除くグループ企業のWebサイトに表示される企業ロゴも「SANYO」から「Panasonic」に置き換えられた。 に関する業務を(吸収分割)によって親会社のパナソニックに承継、パナソニックグループの社債管理業務をパナソニックに一元化した。 - 三洋系列店「スマイるNo. 1ショップ」を廃止、パナソニックショップなどへの移行完了。 eneloop以外の製品で「SANYO」商標の公式使用終了。 - 完全子会社のを吸収合併。 - 及び事業の国内部門を三洋DIソリューションズ(現:)として分社化。 (平成25年)• - eneloopが正式にPanasonicブランドとしてリニューアル。 これによって国内でのSANYOブランドの商標は名実ともに終了した。 - 合肥三洋株をの家電メーカー、に売却することで合意したことを発表。 これにより中国での合弁事業から撤退する。 (平成27年)• - 守口第一ビルを守口市へ売却することに伴い、本店所在地を大阪府に変更、本社は大阪府大阪市中央区のに移転した。 守口第一ビルは守口市役所の新庁舎として改装され、(平成28年)に旧庁舎からの全面移転を完了、新庁舎での業務を開始。 - 三洋電機社員をパナソニックおよびパナソニックグループ会社へ転籍。 三洋電機の法人格は引き続き維持する。 (平成28年)• 上旬 - 市場で「SANYO」ブランドが8年ぶりに復活。 以降インド市場では、では「SANYO」ブランドを、家電量販店では「Panasonic」ブランドをそれぞれ使い分けることとなった。 2005年3月決算は1715億円の当期赤字。 このため(平成17年)6月には、創業以来長らく続けてきた井植一族によるの殻を破り、外部からのをとして招聘した。 野中はその後会長・(CEO)に就任する。 しかし(平成18年)2月に野中はCEO兼務を解かれる。 (平成17年)には、創業地である北條工場()の閉鎖を含む追加再建計画を発表。 同年、が「冷蔵庫などの家電から撤退しこれらを生産している工場を閉鎖する」と報道したが、三洋電機側はこの報道を全て否定、「白物家電からの撤退を考えている事実はない」として、当該報道への遺憾の意を表した。 しかし同年にから撤退を発表、今後は二次電池・太陽光発電といったに優しいクリーンエネルギー事業や、携帯電話をはじめとする関連事業を中心に経営再建を図る見通しとなった。 については完全撤退しないものの、日本国外メーカーとの合弁も視野に入れ、事業は大幅に縮小される見通しだった。 (平成17年)、再建に向けての重要課題とされてきた金融子会社のについて、米のに譲渡すると発表、株式譲渡と第三者割当増資によりゴールドマン・サックスが三洋に代わって筆頭株主となった。 また同日、不振のテレビ事業についても、アジアメーカーとの提携に向けて協議中であることを明らかにし、(平成18年)に台湾のと提携すると正式に発表。 クアンタ・コンピュータと薄型テレビ事業のための合弁会社を設立し、三洋ブランドの液晶テレビは新会社から発売されることとなった。 (平成17年)、再建に向けて三洋電機の資本増強計画についてのによる新株式(優先株式)発行の基本合意が株式会社(以下「大和証券SMBCPI」)、ゴールドマン・サックス・グループ、および株式会社(以下「三井住友銀行」)の中で達したと発表した。 この発表では、(平成18年)2月末までに総額3,000億円の優先株式を発行し、大和証券SMBCPI、ゴールドマン・サックス・グループ、および三井住友銀行がこれを引き受け、このうち大和証券SMBCPI及びゴールドマン・サックス・グループに各1,250億円を、三井住友銀行へは500億円を割り当てる予定 とし、(平成18年)に上記内容を予定通り正式に決定したと発表。 でのにて了承を得た後、に増資は完了した。 なお、の適用により、増資に伴う税金が一部軽減された。 また同時に人事変更の発表もあり、CEOと、およびは廃止し、9人の取締役のうち5人が今回の引受先の金融機関3社から就任する予定であることを明らかにした。 その後も12月には不具合による携帯電話機向け充電池130万個を回収、翌(平成19年)1月の洗濯乾燥機16万台リコール、さらに2月には不適切な会計処理が問題化するなど、野中のCEO解任後も財務・事業両面で立て続けにトラブルが続いた。 2007年度の再建に向けた動き [ ] (平成19年)、3期連続の赤字決算の責任と会計問題を処理する過程で野中が社外取締役を辞し会社を去る。 さらに同年4月2日には創業者・井植歳男の孫である井植敏雅が社長を辞して代表権のない取締役に退く。 代わって生え抜きの佐野精一郎執行役員総務人事本部長(当時)が社長に就任、同年6月正式に代表取締役となった。 その後佐野社長の下で(実質的には大株主である金融機関が主導)、不採算事業や関連性の低い事業の売却や太陽電池等主力事業の強化が行われた。 これにより、創業家が経営の一線から退いた。 なお、井植敏雅は後に企業であるLIXIL(リクシル)相談役を経て、(平成23年)4月より同社インターナショナルカンパニー(社内カンパニー)社長となった。 (平成19年)、2007年度9月中間連結決算は、人員削減などの効果もあり、最終損益が159億円の黒字と、中間期では3期ぶりに黒字に転換と発表。 また同日に来年度から3年間のマスタープラン「チャレンジ1000」も発表。 得意分野である二次電池(充電式電池)や太陽電池、電子部品などの部品事業に設備投資を集中し、特に太陽電池では岐阜事業所(岐阜県安八町)内に薄膜太陽電池の研究開発拠点となる「次世代太陽電池開発センター」を新設。 売却を断念した半導体事業も、子会社の三洋半導体に対し3年間で約3700億円を投じる方針。 不振の白物家電も「AQUA」など環境に優しい高級商品を中心に継続する方向とした。 (平成20年)に、同年4月1日付けでグループの組織再編を行い、三洋電機の事業・車載機器事業および営業・販売部門を、同日付で鳥取三洋電機から社名変更した三洋電機コンシューマエレクトロニクスに移管、鳥取三洋電機のフォトニクス事業を三洋電機に移管することが発表された。 (平成20年)4月に国内の家電量販店に出荷する液晶テレビの生産を中止し、地域系列店だけで販売しているが、優位性のある日本国外市場で事業規模を拡大しておき、競争優位に立てる生産規模になれば、再び国内市場の本格参入もあるとした。 テレビ事業は、2006年10月にの子会社に移管し、アメリカ市場ではの販路を活用している。 パナソニックによる買収と連携・再編の動き [ ] (平成20年)、(NHK)のテレビニュースにて「パナソニックが三洋電機を買収することを検討している」と報じられ、これに続いて、新聞各紙も同様の内容を報じた。 のちに友好的な株式公開買い付け(TOB)により過半数の株式を取得し、(平成21年)4月までに子会社化すると報じられていた。 (平成20年)、が三洋電機を化することで基本合意したことを発表。 この基本合意の時点では、(平成20年)12月を目途に雇用・事業・ブランド等についての大枠で合意した上で、2009年初めに、パナソニックが友好的(TOB)を実施し、3月末までに子会社化する予定だった。 (平成20年)12月に資本・業務提携契約を締結。 (平成21年)3月には過半数の議決権を持つ主要株主(三井住友銀行、大和証券SMBCPI、ゴールドマン・サックス・グループ)がTOB応募でパナソニックと合意した。 しかし、両社はでの市場で合わせて約8割に達するシェアを有する等、二次電池で高いシェアを占めることから、独占禁止(反トラスト)法上の手続が予想以上に長期化した。 (平成21年)、佐野精一郎社長が株主総会で、同年9月1日よりパナソニックの子会社となりの傘下に入ることを正式発表。 同年10月末までにニッケル水素電池部門の一部売却などを条件に世界各地域全ての関係当局から承認が得られたことから、(平成21年)11月4日にパナソニックが三洋に対する友好的TOBの実施、三洋がTOBへの賛同をそれぞれ決議した。 TOBは11月5日から12月7日まで行われ、12月8日成立。 にTOB決済とTOBに応募された優先株式の普通株式転換が行われ、パナソニックが全株式の50. 翌(平成22年)付でパナソニックから役員を受け入れ 、自社のHIT太陽電池をパナソニックにOEM供給し、が擁する強力な販売網に乗せて販売するなど、パナソニックグループの一員として本格的な連携が始まった。 三洋は買収される以前、ブランドビジョンとして「 Think GAIA(シンクガイア)」という言葉を掲げていた。 買収直後の2010年1月、パナソニックグループは創立100周年ビジョンを新たに公開した。 このため三洋は会社の方向性を示す表現を2つ持つこととなったが、混乱を招くとして、(平成22年)限りでブランドビジョン「Think GAIA」の運用取りやめを発表した。 (平成22年)、パナソニック社長が、同年3月期パナソニック決算発表記者会見の席上で「三洋の白物家電事業を将来的に統合する」と発表。 その後、同年にパナソニック・パナソニック電工・三洋電機の3社合同でパナソニックグループの抜本的再編を発表した。 3社がそれぞれ一定の独立性を持った現状の経営形態では、やといった急成長を続けるアジア系電機メーカーとの競争を勝ち抜くには不十分で、競争力強化と意思決定の迅速化を図るには、経営統合・細かく重複の多い既存事業の大胆な整理集約といった抜本的な再編が必要であるとパナソニック側から電工・三洋両社に打診し合意した。 まずパナソニックが(平成22年)8月23日から10月6日まで友好的TOBを実施。 TOBは10月7日に成立して10月14日付で決済が行われ、パナソニックは三洋の全株式の80. TOBに応募されなかった株式は株式交換によって取得、三洋は翌(平成23年)3月29日に上場廃止となり、同年4月1日付でパナソニックの完全子会社となった。 続いて(平成24年)1月1日付でパナソニックグループ全体で「コンシューマ」「デバイス」「ソリューション」の3事業分野を核とする事業再編を実施、三洋の強みである太陽電池・蓄電池などのエナジーシステムは主に「デバイス」事業で活用される見込み。 そして、事業再編が実施される2011年度中に、SANYOブランドが強く支持されている海外の一部地域・機器を除き「SANYO」ブランドを原則廃止し「Panasonic」へ一本化する事も決まった。 まず「SANYO」ブランドでの新製品発表は2011年3月31日付を以て終了。 翌4月1日以降三洋が生産・出荷する製品には原則として「Panasonic」ブランドを冠することとなり、「SANYO」ブランドを冠する既存製品の生産・出荷は1年後の商標公式使用終了に向けて縮小される。 そして(平成24年)4月以降日本国内の「SANYO」ブランド製品はだけとなり、それ以外の製品は「在庫・展示品限り」となって完売次第市場から姿を消す。 当面の間「SANYO」ブランド製品としてパナソニックのと併売されていたeneloopを除き、日本国内での「SANYO」ブランドの使用を(平成25年)4月25日を以て廃止。 それ以降、eneloopは発売元・ブランドを「Panasonic」に統合して発売を継続する方針となった。 「EVOLTA」の併売も継続されるため、事実上パナソニックは2つの蓄電池ブランドを構えることになった。 さらに全国に約1500店ある三洋系列店「」を「」に転換・統合する事も決まった。 (平成23年)10月1日から、三洋系列店看板を(「SANYO」ロゴ等を撤去して)「Panasonic」ロゴ等へ掛け替える作業が始まり、2012年3月末に完了予定。 これに先行する形で三洋系列店には、三洋グループ本体が生産体制を大幅縮小した製品を中心に、・等の一部でパナソニック製品の供給を始め、完全子会社化以降はパナソニックショップ転換に向けて、「Panasonic」ブランドを冠した三洋製品を含めて全分野の製品がパナソニックショップと同様の品揃えに置き換わっていった。 ただし全ての三洋系列店がパナソニックショップに衣替えするとは限らず、三洋・パナソニック以外の他社製品も併売する「」等の独立系や「ファミリーショップ」等の家電量販店系に移籍する店舗も出ている。 さらに一部地域・店舗では看板からの「SANYO」文字を外して「Panasonic」や「アトム電器」などへの掛け替えが予定より前倒しされ、(平成23年)4月1日より掛け替えをはじめている。 また完全子会社化に伴い、2011年4月から三洋電機公式のが、パナソニックの(panasonic. jp)の下に置かれることとなった。 なお、車載用以外のニッケル水素電池部門等(三洋エナジートワイセル等)は(平成22年)に(系)のに、一度は売却を断念した半導体事業(三洋半導体)も(平成23年)にのにそれぞれ売却された。 ただし前者は(平成23年)現在も、eneloopの製造元として引き続き三洋に製品供給を続けており、後者もオン・セミコンダクター傘下入り後最長3年間はSANYOロゴを使用する計画があるとされていた。 ちなみに車載用のニッケル水素電池事業は、三洋側ではなくパナソニック側の事業がのに譲渡される見通しとされる。 パナソニックと重複する洗濯機器・家庭用冷蔵庫の事業は、2011年にハイアールグループに売却された。 三洋とハイアールは家庭用冷蔵庫の生産で合弁会社・ハイアール三洋エレクトリック(後の)を設立しており、家庭用機器事業の売却先としては妥当といえる。 機器では国内市場をほぼしていたが、家庭用洗濯機だけでなくコインランドリーなどの業務用機器事業も売却した結果、日本国内でトップシェアを握っていたコインランドリー機器事業を外国企業に明け渡すことになった。 ハイアール売却前の2011年以前に製造された製品は、パナソニックグループがアフターサービスを行う。 製品・サービス [ ] が不要なモデルなどの洗濯機、、の高性能・高品質化、の商品化等の、などの領域では高い技術力を有する。 ドライブの書き込みエラー()防止機能「BURN-Proof(バーン・プルーフ)」を世界で初めて開発した。 (事業)の主要なメーカーのひとつであり、独自技術のHITで高いシェアを持つ。 の岐阜事業所内に巨大なモニュメントを兼ねた大規模システム「」()を設置。 のとの間で車内から見ることができる。 の分野では、ディスプレイを米社と共同で開発していたが、(平成18年)に撤退を表明した(コダック社は事業継続)。 、ではシェアは低いが、の技術協力を得て用であるZシリーズは国内で一番の売上である。 プラズマテレビ・液晶テレビではデザイナーのを起用し、革新的なデザインのテレビでシェア向上を狙っている。 の分野ではを除き、を含む国内全に対して端末(携帯電話端末)を供給した実績がある。 携帯電話開発は、三洋電機(大阪、旧三洋テレコミュニケーションズ、SA型番)と、子会社の(ST型番、後にSAへ統合)の2社により独立して行われていた。 (SonicSpeaker)や対応チューナー(/のブランド向け対応端末・W33SA)は携帯電話端末機としては世界で初めて搭載し、ほかにもなど、様々な技術の搭載に挑戦した。 携帯電話事業は(平成20年)、500億円で携帯電話事業のへの売却が正式発表され、同年4月1日付で売却された。 かつてはの世界市場でも高いシェアを有していた。 一般にはあまり認知されていないが、製品の実際の製造者に注目すると高いシェアを有する製品が多数ある。 など、自社ではなく供給、すなわち当社が製造し他社へと供給し、他社のを付けて消費者に供給される製品の比率も高い。 ・・パソコン等電子機器用など一部の電子デバイスや、などの完成品の供給ではトップシェアを持つ製品が数多く存在し、 「 縁の下の三洋(電機)」と言われることもある [ ]。 特にのOEM供給元としては世界トップシェアを有している。 またレコーダーなどは通常OEM供給のみである。 また実は「」「ムービーデジカメ」をとして登録している。 このため他社が自社製品をデジカメと呼ぶことはないが、ため、など第三者が他社製品をこの名で呼ぶことは黙認されている。 低価格競争の激しいよりも、地元密着型でアフターサービス重視の街のを優遇する傾向があった。 三洋系列の電器店として「」があり、専売モデルや購入した場合のみに適応する長期延長動作保証などの特典もあった。 コンシューマ部門 [ ] 以前使われていた商標、現在の商標もともに解説する。 現在はほとんどパナソニックなどに移管・売却されている。 映像音響機器• - 主に輸出向け(8割方)、国内流通では主に通販か一部大型量販店が主軸)• CAPUJO - 専売品• ポータブル - ムービッシュ(安定受信の内蔵)• - (三洋では「ムービーカメラ」と称している。 (平成15年)までは Multi-z(マルチーズ)ブランドで販売されていた。 パナソニックに移管後も、Xactiブランドは消滅したものの「デジタルムービーカメラ」として販売継続)• - BIGSHOW(大型業務用プロジェクタ、ビジネス用オフィス用プロジェクタ)、(ホームシアター用フルスペックハイビジョンプロジェクタ)、Xacti Projector(エントリータイプのハイビジョン対応16:9のプロジェクタ)• 家庭用 - HOVICA(外出先からチェックできる)• - Xacti(業務・放送用途でも使用されるリニアPCMレコーダーも製造)• 情報・通信機器• ・ - テ・ブ・ラ・コードるす(製) - パナソニックに移管。 ・ - 、 MMNAVI、 ミニゴリラ、 デカゴリラ(三洋電機コンシューマエレクトロニクス製) - パナソニックに移管後、を廃止してPNDの製品ブランドを「Gorilla」に統一した。 生活家電• - (水で洗えないものをで除菌消臭する) - ハイアールグループに売却(AQUAブランドは継続使用)。 - (電解水を使ってウイルスを無効化する) - パナソニックの同種技術「nanoe(ナノイー)」と競合するため事実上撤退状態だったが、「 ziaino」に引き継がれる。 - (平成21年)10月限りで欧州・中国向けを除き家庭用エアコンの自社生産撤退。 富士通ゼネラルからのOEM供給になったものの、こちらも(平成22年)9月限りで撤退。 - ・バイク、 エナクル(低価格タイプやモデルなど)• - airsis(空間清浄サイクロン)、 JetTurn(排気循環方式)、 マラソンサイクロン(三洋電機コンシューマエレクトロニクス製) - パナソニックに移管(airsisブランドのみ継続)。 - T-SOLID(シンプルかつパワフル)• 圧力ジャー - 匠純銅、 おどり炊き(圧力IHを世界で初めて実装、炊飯器シェア51%を持つ。 三洋電機コンシューマエレクトロニクス製) - パナソニックに移管(おどり炊き)。 - ((平成22年)11月発売) - パナソニックに移管。 三洋電機コンシューマエレクトロニクスとともに、のや、で扱うオリジナルブランド家電のOEM供給元でもある。 また洗濯機の生産では、ハイアールグループに売却されるまで二槽式・全自動式・洗濯乾燥機に至るまですべて日本製を貫いた。 生産は三洋アクア東京工場で行なわれた。 住宅用設備機器• - HIT太陽電池。 現在はパナソニックに移管。 コンシューマゲーム 1990年代に少量ながら・ゲームハードを発売していたことがある。 (平成22年)現在ではの品として、シリーズやリモコンなど任天堂ゲーム機向けに充電式電池をOEM供給している。 () - (平成7年)• (同) - (平成7年)• B(ネオ・オーガニック・バイオファーム)(同) - (平成7年)• () - (平成9年)(るみーずのキャラ、設定替え) その他の製品として、かつてを販売していたこともある。 も昭和末期ごろまでに10機種ほど製造販売していた。 コマーシャル部門 [ ]• 業務用機器• 業務用(電気・ガス)• 業務用冷蔵庫・冷凍庫 - パナソニックに移管。 同分野はパナソニックも松下電器時代にナショナルブランドで展開していたが、2008年の社名変更を機に撤退しているため、事実上の再参入となった。 業務用大型プレハブ• コンビニ・スーパーマーケット用ショーケース、 enegreen• 医療・研究機器• 医事コンピュータ(用コンピュータ)「 medicom( メディコム)」(パナソニック ヘルスケアに移管。 同社はパナソニックグループを離脱して現:)• SIP電話機(製) コンポーネント部門 [ ] 「」、「」、「」、および「」も参照 (昭和59年)に発売された「CFH-S221F」を使っていた45人がとなり、うち4人が死亡した。 原因は空気取入口が上に向いていたためで、そこにホコリがたまってを起こしやすくなっていたとされる。 の安全性が見直された重要な事件である。 事件が多発した(昭和60年)から(昭和61年)にかけて、三洋はその後のやなどので『 三洋電機からのお詫びとお願い』と題したにより回収を進め、提供番組では数ヶ月間通常のテレビCMを自粛した。 なお、このCMは我が国初の宣伝を目的としない「CM」とされており、事故を起こした製品の写真と()が表示され、男性が事故の報告と謝罪、製品の回収ならびに修理依頼のお願いを無しで淡々と語るのようなものだった。 さらに1986年1月には前年12月に起きた事故により新タイプのCMが制作され、CMの途中には「 人命に及ぶ重大事故の恐れ」という恐怖心を煽らせる文言が加えられた。 20年後となる(平成17年)以降に発覚した、・製による死亡事故が発覚した際にも、これに類似したCMが長期間放映され、製品リコール告知CMのとなっている。 この事故をうけ、当該ファンヒーターを製造した子会社の東京三洋電機を吸収合併すると同時に、ブランドロゴ()を一新し「第二の創業」に踏み切ることとなる。 2002年10月1日にも、リコール回収から漏れたと思われる「CFH-S221F」がで不完全燃焼による一酸化炭素中毒事故を起こしている また(平成6年)から(平成10年)にかけて、同社が生産・発売した石油ファンヒーターによって瞬間的に炎が噴き出るという事故もあった。 症状は、燃料検出センサーが故障した状態で運転を続けた場合、灯油を使い切る直前に温風吹出し口から瞬間的に炎が出てすぐに運転を停止してしまうというもの。 原因は、灯油を使い切る直前に灯油と一緒に空気が吸い込まれることで、燃焼状態が不安定になるために生ずる一時的なものである。 三洋で22機種販売したほか、(ユアサ)は4機種、(NEC)でも3機種、同様の機種を販売している。 これらの事故をきっかけに、三洋は(平成13年)にの製造を終了。 石油ファンヒーターからは撤退したが、は(平成19年)まで継続して製造された。 (平成17年)以降、未点検機種がまだあることが利用者からの修理問い合わせなどで発覚しているため、過去に事故が発生した上記2製品の回収告知を事業を承継したパナソニックで再び行っている。 発電パネル不正販売事件 [ ] ソーラーアーク(岐阜県安八郡安八町・岐阜事業所内) 事件による回収品を使って建設された。 中央の「SANYO」ロゴは2011年8月「Panasonic」ロゴに掛け替えられている 後半、子会社であるが販売してきたシステムのに、仕様より低い出力のものが多く含まれていた。 による再三に渡る事実確認にもかかわらず、(平成12年)に記者会見で不良品の存在を認めるまで、何度も事実を認めなかった。 さらにその記者会見でも、当初から低出力のパネルを販売していたことを認識していたにも関わらず同年9月に初めて発覚したと虚偽の発言をしたことから批判が集中、ついには三洋ソーラーインダストリーズのみならず親会社の三洋本社の社長までもが辞任に追い込まれる事態となった。 同年12月、通産省は三洋及び三洋ソーラーインダストリーズに行政処分を行った。 三洋は行政処分を受け該当するパネルを回収、製品品質に対する自戒の念を込め、それを用いて岐阜事業所内にを建設した。 全自動洗濯乾燥機発火事故 [ ] 子会社の「三洋アクア」が製造したトップオープンドラム式洗濯乾燥機で、3度のリコールと1度の再告知を行ったうえで修理対応を行ったものの、修理時の作業不備が原因の発火事故が1件発生したことを受け、再度の無料点検と一部機種の製品交換を発表した。 なお、現行機での交換に対応しきれない場合は市価から減価償却費を差し引いた所定金額での返金対応となる。 この事故に関し、三洋本社の専務執行役員、修理作業を行ったの代表取締役、並びに製品を製造した三洋アクアの代表取締役(いずれも当時)他数名の降格処分等が行われた。 その他の不祥事 [ ] (平成18年)、の携帯電話「(製)」などに使われている三洋ジーエスソフトエナジー製のバッテリー約130万個を不具合により回収。 (平成19年)、が「三洋電機の疑い」と朝刊一面で報道。 (平成19年)、・は、2001年3月期から2006年3月期までのを訂正したことが虚偽記載に該当するとして、三洋電機株をに割り当てた。 翌(平成20年)に監理ポストの指定を解除。 注意勧告が行われ改善報告書の提出が義務付けられた。 から9月の中間期に、同社の井植敏元会長ら旧経営陣が子会社の評価額を過少計上した上、違法に配当したことで同社に損害を与えたとして、在住の同社らが旧経営陣に対し同社に約287億円を賠償することを求め、にを起こした。 に同地裁は「経営判断が不合理だったとはいえない」などとして、株主側の訴えを棄却する判決を言い渡した。 主な事業所 [ ] 三洋電機研究開発本部、(2011年末事業終了、2012年3月末閉鎖)• 本店・大東事業所(大阪府三洋町)• 本店およびデジタルシステムカンパニー・電子デバイスカンパニーの拠点。 京セラへの事業譲渡後に京セラの事業所が併設され、引き続き開発拠点となっている。 2015年2月より本店がここに移転した。 東京製作所(:旧・東京三洋電機)• 空調システム機器、業務用食品システム機器、洗濯乾燥機・全自動洗濯機・衣類乾燥機、装置・蒸留装置・仕上げ機、コインランドリー機器、施設用洗濯・乾燥機器、自動洗髪機、器具洗浄器、収納式介護浴槽、工業用クリーニングシステム・ポンプ、前記機器に関連する付帯設備及び部品の生産拠点。 ハイアールアジアインターナショナル(旧ハイアール三洋エレクトリック)の事業部が併設され、三洋の事業所でありながらハイアール製品のみ生産している。 岐阜事業所(岐阜県安八郡安八町)• 大規模システム「」(前述のソーラーパネル出荷問題で回収されたパネルを流用し、製品品質に対する自戒の念を込めている)で有名。 AIS社(パナソニック法人内)の拠点。 徳島工場()• の基幹生産拠点。 二色浜工場()• 太陽電池事業(ソーラー事業部)の拠点。 関連企業 [ ] 現行の関連企業 [ ] 親会社 [ ]• 主要連結子会社 [ ]• 沖縄三洋販売()• 岐阜三洋販売()• 三洋アソシエイトサポート• 三洋エナジー南淡()• 旧・南淡電機• 三洋エナジー東浦(兵庫県)• - 大磯港のりば跡地に設立• 三洋オプテックデザイン()• 三洋昭和パネルシステム(東京都)• 三洋テレフォンサービス• 三洋電機サービス(東京都)• 三洋電機販売(東京都)• 三洋電波工業• 三洋東京マニュファクチャリング()• 三洋メディアテック()• 日本ビジネスエージェンシー 持分法適用関連会社 [ ]• 業務用空調機器の保守メンテナンス。 2011年(平成23年)までサンヨーの名称ならびにロゴマークを使用していたが、株式の3分の2近くを当社代表取締役が一個人として所有している。 過去の関連企業 [ ]• 三洋ENEOSソーラー - との合弁。 事業撤退• - 旧・リクルート三洋ヒューマンネットワーク。 それ以前は完全子会社の三洋ヒューマンネットワーク• - 旧・三洋エプソンイメージングデバイス、(平成18年)をもってが完全子会社化• 三洋電機クレジット - (平成19年)の関連会社へ株式譲渡。 (平成20年)に社名変更。 (平成21年)をもってに吸収合併され、同社の一部門に。 現在はのGEキャピタルに統合され、部門としても消滅。 三洋ハイアール - ハイアールとの合弁。 ハイアール三洋エレクトリック設立後、(平成19年)• - 旧・三洋エナジートワイセル、(平成22年)にへ株式譲渡• FDK鳥取 - 旧・三洋エナジー鳥取、:(昭和59年)から(昭和62年)まではとの合弁会社・三洋デュラセル。 (平成22年)にへ株式譲渡• - 旧・三洋電機ロジスティクス、(平成22年)、投資会社ロングリーチグループへ株式譲渡した後、(平成24年)にへ売却• 三洋半導体((平成23年)、に売却。 なお、売却後も最長3年間はSANYOロゴを使用予定)• (旧・三洋精密、:精密・小型モーター製造。 (平成23年)7月にへ売却 )• エヌティエス(旧・サンヨーティアンドエス、東京都文京区。 2011年(平成23年)に東京角田へ売却)• ((平成14年)へ売却)• (等へ売却)• (旧・三洋アクア。 2012年(平成24年)にへ売却)• (旧・ハイアール三洋エレクトリック。 2012年(平成24年)1月にハイアールへ株式譲渡)• 次の5社は2012年(平成24年)付での子会社となった。 パナソニック メディコム近畿(旧・メディコムコミュニケーションズ、)• パナソニック メディコム甲信越(旧・メディコム甲信越、)• パナソニック メディコムソフトウェア(旧・三洋メディコムソフトウェア、群馬県邑楽郡大泉町)• パナソニック メディコム東北(旧・メディコム東北、)• パナソニック メディコムネットワークス(旧・メディコムソリューション、東京都台東区)• (平成20年)に鳥取三洋電機から社名変更。 (平成23年)に完全子会社化 、2012年(平成24年)に吸収合併。 (旧 三洋DIソリューションズ、2013年3月31日にに事業譲渡)• 新生システムソリューションズ(旧 三洋電機システムソリューションズ。 2013年7月1日にグループ傘下へ。 2014年6月30日に現社名へ変更)• 三洋クリエイティブサービス 2015年6月30日にて解散。 (鳥取県鳥取市)• 2013年1月に現社名に変更。 2015年3月に株式会社ジェイ・ウィル・パートナーズ傘下となりパナソニックグループから外れる。 三洋ライフ(パナソニック保険サービスに統合) 部活動 [ ]• に所属する。 完全子会社化に伴い「三洋電機 ワイルドナイツ」から改称。 かつては東京三洋電機であり、に所属していた。 「パナソニック バドミントンチーム」。 完全子会社化に伴い「三洋電機 バドミントンチーム」から改称。 かつては・(の愛称でも知られた)、が所属した。 では、歴代女子最多の16回優勝、では、歴代女子最多の14回優勝を誇った強豪部であった。 2013年廃部。 に所属する。 大東事業所管轄で、正式名称は三洋電機女子バレーボールチーム。 かつては東京三洋電機もを持っており、(元日本代表選手)などが所属していた。 2012年5月20日をもって解散。 2000年廃部。 CM [ ] かつては『』『』などの一社提供など大々的にCMを放映していた。 現在はや親会社の提供番組での放映が多くなっている。 が発売する住宅用太陽光発電システム「HIT」シリーズに限定されるが、「HIT」の名称自体は三洋電機のでオリジナル技術である。 開催前までは、イメージキャラクターにバドミントン部所属のコンビ(小椋久美子・潮田玲子)を起用していた。 過去のCMキャラクター [ ]• (サンヨーカラーテレビ)• (エアコン、カラーテレビ) - 放映当時は人気絶頂の頃にあったためすぐ売り切れてCMが打ち切りになる事態に発展した。 (VHSビデオ「Hi-Fiマイコニック」、カラーテレビ「コスモ」)• (エアコン)• (ミニコンポ)• (エアコン)• (エアコン・石油ファンヒーター)• (冷蔵庫)• (冷蔵庫・洗濯機)• (冷蔵庫・洗濯機・電子オーブンレンジ)• (ミニコンポ、CDラジカセ「ズシーン」)• (ミニコンポ、CDラジカセ「ズシーン」、ビデオ)• (カーオーディオ「エクセディオ」)• (大画面テレビ「帝王」)• (時短ビデオ・家庭用電話機・家庭用ファクシミリ・エアコン)• (エアコン・洗濯機)• (ビデオムービー「ジーマ」「美撮るず」、S-VHSビデオ「3倍見太郎」ほか)• (電動アシスト付き自転車)• (ポータブルラジオシステム「U4」)• (エアコン「Drエアコン」)• (ドラム式洗濯乾燥機)• ()(デジタルムービーカメラ「Xacti」)• (洗濯機等=サンヨー夫人) 提供番組(全て過去) [ ] 一社提供 [ ]• (制作)• (同上)• (同上)• (同上) 系列• (制作)• など その他 [ ]• ロゴを参照。 子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」• - 2000年10月4日 ASCII• 日本語 プレスリリース , 日本電池株式会社, 2002年10月3日 , 2017年8月30日閲覧。 日本語 プレスリリース , 日本電池株式会社, 2003年2月26日 , 2017年8月30日閲覧。 三洋電機. 2010年1月4日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 三洋電機株式会社, 2010年8月20日 , 2017年8月30日閲覧。 産経新聞 2011年1月27日• 2011年11月30日. 2015年7月5日閲覧。 パナソニック株式会社・プレスリリース2011年8月31日• 2014年9月18日. 2017年8月30日閲覧。 パナソニック株式会社・プレスリリース2014年11月28日• 2016年9月29日. 2016年10月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年9月29日閲覧。 - 三洋電機ニュースリリース• - 三洋電機ニュースリリース• - 三洋電機ニュースリリース• - 三洋電機ニュースリリース• 三洋電機. 2010年1月4日閲覧。 三洋電機. 2010年1月4日閲覧。 - 三洋電機株式会社 ニュースリリース 2010年 ()• (平成22年)10月23日土曜付、1面及び10面記事にて報道。 - パナソニックニュースリリース (平成23年)• 放送より• SYDROSE 知識データベース [機械分野失敗百選 ]• 三洋電機株式会社 2006年12月8日. 2017年8月30日閲覧。 読売新聞 2012年9月29日 [ ]• ネット. 2012年2月16日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキニュースに 三洋電機に関するニュースがあります。 - 創業者一族の。 - 井植歳男の邸宅でのちに三洋電機の迎賓館となった「望淡閣」があるの高級住宅街。 開発する塩屋土地は井植家が現在も経営。 - 井植歳男が設立したフェリー会社。 現在も塩屋土地グループの一員として現存。 - 北米でのSANYOブランドの使用権を保有。 - の受託生産を行っていた。 - 三洋電機が所有していたビルを、2003年日本サッカー協会に売却。 - 大日工場跡地に建設されたショッピングセンター。 - 元本社ビルを市役所庁舎として使用。 - 大阪府守口市の局。 通称「FM HANAKO」。 同局に地元企業として出資し、同局専用のポケットラジオを企画・販売(FM HANAKOとAM全局が受信可能)。 購入はFM HANAKO本社のみで行っている。 - 所属の。 芸能界に入る前に勤務。 - シーズン4でジャック・バウアーが使用している携帯電話が三洋製。 外部リンク [ ]•

次の

AQUAのおすすめ洗濯機・洗濯乾燥機と特徴を解説 [洗濯機・洗濯乾燥機] All About

三洋 洗濯 機

沿革 [ ] 春にドラム式洗濯乾燥機として第1号機を発表。 から発売されている現行のドラム式洗濯乾燥機は第5世代である。 また、同年5月にはドラム式のノウハウを生かした縦型の洗濯乾燥機も発売されている。 に入って三洋が発表したのうちでは、、、と並んで、独自の開発力と、消費者からの人気を誇っており、同社の製品の筆頭格として挙げるべき存在である。 三洋電機(以下、三洋)は、戦後における家庭用洗濯機のパイオニアであるとともに、業務用(用および店用)洗濯乾燥機の日本国内のにおいて多くを占めている。 AQUAには、それらの長年にわたる開発を通じて蓄積された先進的な技術力が投入されており、をや・に利用する エアウォッシュ機能や(と共同開発された) アクアループ機能に、三洋独自の最先端技術が活かされている。 水機能による抜群の率、ゼロコース、カビガードコース、スチーム乾燥といった画期的な性能は、他社の追随を許さない。 オゾンによるこれらの・性能については、の試験によって、確かな効能が確認されており、各テレビ局など、マスコミが独自に分析・検証した結果でも、かなりの効果が期待できるとされている。 また、2008年4月1日に三洋電機テクノクリエイトの業務用洗濯機器事業と三洋電機の家庭用洗濯機器事業を統合して発足した三洋アクア株式会社の社名はこのAQUAに由来している。 2006年に新日本様式協議会により、「」の一つに選定された。 なお、三洋電機がに入り、「SANYO」ブランドで発売されていた製品が順次「Panasonic」ブランドに移行したが、「AQUA」が属する洗濯機はでは扱わず、三洋で発売されていた「AQUA」全モデルの生産が終了された。 その後、中国のへ売却され、三洋アクアもハイアール・グループの傘下に入り、2012年1月5日にハイアールアクアセールス(現:)に商号変更された。 移管後は同社が発売する洗濯機(同時に移管された冷蔵庫を含む)はすべて「AQUA」のブランド名を用いており、ブランドロゴも三洋時代から継続して使用されている。 製品の変遷 [ ] 2006年モデル [ ]• トップインタイプにもエアウォッシュ機能が付けられたが、形状や構造からアクアループ機能は付かず、「AQUA」の愛称も付けられなかった。 それでもフロントインタイプよりも小ぶりで安価であったため、設置しやすさも相俟ってそれなりに需要があった。 ただし2007年2月に、発火事故を起こしていたことが新聞各紙によって報道されて廃番商品となり、店頭ではその後ほとんど販売されていない。 2007年モデル [ ]• しかし新商品は新たな戦略にふさわしい特色を備えることになり、たとえば、初代から搭載されている最終すすぎ水を浄化して再利用する「アクアループ」を発展し、風呂水も除菌・浄化させる「アクアループ・ワイド」に進化したことである。 とりわけ変更点が多いのがエアウォッシュである。 1時間の連続使用ができるハイパワーコースが搭載されたこと、また(前年のソフト乾燥コースが低温乾燥コースに変更されたことに伴い)エアウォッシュの温度も前年の熱風から温風に切り替わったことにより、前年モデルでは対象にすることのできなかった製品や製品も洗浄できるようになった。 ゆえにAQ2000では、この機能に「エアウォッシュ・ワイド」という呼称が採用されている。 そのほかに、液晶パネルの「教えてウィンドウ」により、ボタンの操作性が向上したことも、前機種のAQ1000と異なる点である。 あわせて、AQ1の基本機能を継承しつつ、高さを低く(111. 9cm)し、48分のスピード洗濯を可能にした普及モデルAQ100を発売した。 2008年モデル [ ]• この「オゾンすすぎ」は普通に洗濯をするだけで洗濯槽内の防カビ対策にも効果を発揮する。 また、エアウォッシュにも改良を加え、「エアウォッシュ3. 0」に進化。 衣類の状態やニオイレベルに合わせ、10分~60分の10分刻みで細かく設定できるようになり、設定は本体にある「エアウォッシュ」ボタンと本モデルから新設されたジョグダイヤルで簡単に操作できるようになった。 また、新DDモーターの採用により、脱水時約35dbの低騒音も実現した。 普及モデルのAQ150は夜や早朝の洗濯に最適な「ナイトモード」が新設された。 2009年モデル [ ]• 合わせて、1回目のすすぎをためすすぎからドラムを高速回転させながらすすぎ水を衣類へ浸透させる業界初の高速シャワーすすぎに切り替えたため、高い洗浄力を保ちながらら、節水と時間短縮を実現し、洗濯時間は約39分となった。 2010年モデル [ ]• 5kg)• 縦型タイプでは深い洗濯槽に着目し、「エアウォッシュ」は新開発の「エアウォッシュハンガー」による吊り下げ式を採用。 小物などはハンガーを使わずにそのまま洗濯槽の底に置くことができる。 また、「オゾンすすぎ」や「アクアループダイレクト(TQ900のみ)」といったドラム式の機能を採用するとともに、乾燥においては業界で初めて水道水を使わず、循環した空気を使う除湿乾燥方式「エアループ乾燥」を搭載した。 さらにの「」やの「」等の超コンパクト液体洗剤向けにすすぎ1回に自動設定した「ECO標準コース」も新設。 このコースは標準コースでは"すすぎ2"に行う「オゾンすすぎ」を"すすぎ1"に行うことで洗浄力を保ちながら節水・節電・時間短縮に貢献する機能である。 特色 [ ] 日本国内で販売されているドラム式洗濯機の中では、幅が63. 9cmと長身でもあったため、の、、などの高さいかんによっては、設置することが難しく、購入希望者は、時に水周りの工事をせざるを得なくなっていた。 その後、AQ2000と同時期に登場した普及モデルAQ100は設置性を高めるため、高さが111. 9cmと低く設計されており、また、高級タイプにおいても2008年モデルのAQ3000はコンパクト化によりAQ100と同じ高さとなった。 アクアループ [ ] 最終すすぎ水を使い捨てにせず、本体下部に存在する貯水に溜めてオゾンで浄水し、次回からの洗濯に利用するという「水循環システム」。 洗濯機本体で水を循環させ、再利用することができる。 さらに2007年モデルからは、風呂水で取った残り湯も・除菌するようになった。 風呂水の再利用は気持ちが悪いと思う消費者にとっては、衛生面で安心できるというメリットがある。 ただし、を利用している場合は、薬剤によってはアクアループで分解できないこともあるため、確認が必要である。 それに対して2007年モデル(AWD-AQ2000)では、利用者が水道水コース、リサイクル水併用コース、浄化風呂水併用コースの3つから選択できるようになり、なかでも浄化風呂水併用コースの場合は、仕上げすすぎに水道水を用いるか、貯水タンクからの浄化水を再利用するかも選択することができる。 なお、購入して初めてアクアループを使うとき、貯水タンクの中はもちろん空である。 このため風呂水の採取と浄化にかかる時間はほとんど心配しなくてよい。 2008年モデル(AWD-AQ3000)では水路設計の構造を見直し、洗濯槽内で直接風呂水の浄化を行う「アクアループダイレクト」に進化。 さらに、構造見直しで浄化ポンプが無くなったため、本体がコンパクト化され、設置性の向上にも貢献されている。 なお、この「アクアループ」はドラム式並びに縦型タイプの高級機種のみに搭載される。 エアウォッシュ [ ] AQUAを人気商品に押し上げた最大要因の一つ。 や、やといった、なかなか洗うことのできないものを、家庭内で手軽に除菌・消臭できるという機能である。 注意すべき点は、あくまで洗えないものについて除菌・消臭を行うものであり、シミや汚れのように有水洗浄を必要とするものには効果がない。 水を使わない除菌洗浄コースを充実させているドラム式洗濯機はほかに、のとのしかない。 どちらも除菌・消臭のために洗濯物に熱風をかけ、匂い成分をさせて(もしくはを死滅させて)脱臭で漉し取るという方式をとるのに対し、三洋のエアウォッシュは、オゾンの高い力・浄化力によって洗濯物の軽い汚れや匂い成分を分解する。 したがって、エアウォッシュ方式による除菌・消臭には、工程終了後に洗濯物を槽内に放置しておいても、匂い成分の逆戻りがほとんどありえないのに対して、日立の「ナノ消臭・棚乾燥」方式や三菱の「デオドライ」方式は、洗濯槽の温度が下がるにつれて、匂い成分が逆戻りする余地を若干残している(ただしいずれも、洗浄完了後ただちに取り出すならば、そのような懸念は避けられる)。 ただしAQUAについては、とりわけネット書き込みなどにおいて、「エアウォッシュでオゾン臭が付着する」といった批判的な指摘も間々なされている。 特に2006年モデルでは、指摘された刺激臭が本当にオゾン臭だけなのか、つまり、30分では分解し切れなかったにおい成分が出て来ているのか(もしそうだとすればオゾン臭と混じっているのか)が問題視された。 それを受けて2007年モデル(AWD-AQ2000)からは、ハイパワーコースによって、デオドラントをより強力に徹底させる方向でひとまずの改良が施された。 さらに、2009年モデル(AWD-AQ4000)では新型オゾン発生器の搭載により約30分から約15分に短縮され、さらに、「クイック消臭」なら約8分でスピード消臭できるように改良。 また、2008年モデル(AWD-AQ3000)の発売時には、ブーツなど筒状のものに効果的にオゾンをいきわたらせることができる専用部品「エアウォッシュ アタッチメント(SW-AIR-1)」を同時発売。 これによって、洗濯物を取り出したときに、衣類同士のはり付きを抑えることができるだけでなく、衣類がして空気中のやを引き寄せることのないようにしている。 ななめバッフル [ ] ドラム式洗濯機には、洗濯中や乾燥中の衣類同士のからみつきを防止するため、バッフル(baffle)と呼ばれる状もしくは状のガイド(水流調節板)がドラムの中に固定されている。 多くのメーカーが細長い直線状のバッフルを付けているのに対して、AQUAに付いているのは幅広いバッフルで、しかも波打ったような傾斜によってえぐられている。 からみつき防止や偏り防止もさることながら、ななめドラムのによって衣類が少ない洗浄液からせり出てくることと、洗い残しや洗いムラができることとを防ぐために、三洋は斜線(または曲線)つきのバッフルを採用したのである。 結果的に、すべての洗濯物が洗浄液の中にしっかり漬かったまま、少ない水量の中を前後に循環(撹拌)できるようになり、洗浄力を向上させることにも役立っている。 カビガード [ ] ドラム式洗濯機は、タテ型洗濯機とは異なり、少なめの水量で洗うことから洗浄液が高濃度になるうえ、スペース上の理由などから蓋を開けっぱなしにして洗濯槽の外側に空気を取り込むことが難しい。 結果的に洗濯槽内は密封されて、蒸れやすくなる。 そのためドラム式の洗濯槽は、にとって絶好の餌場になりやすく、使用日数が経つにつれて、洗濯物の汚染や臭いの原因となる。 おのずとタテ型に比べてドラム式洗濯機は、一般的に、液体クリーナーによる頻繁な槽洗浄・槽乾燥が必要になる(ただし三菱電機のムービングドラムは、タテ型構造に加えて、によるカビ洗浄機能を搭載しているため例外である。 ちなみにAQUAは、有水洗浄による洗濯方式にマイクロバブルを採用し、衣類の汚れの逆戻りを防いでいる)。 そのような中でAQUAは、オゾンによるカビ殺しの性能を搭載して、槽洗浄の手間ひまを省いているだけでなく、液体クリーナーの購入も不要にしている。 (のみならず、オゾンによる洗浄方式やエアウォッシュ、オゾンすすぎ(2008年モデル以降)を利用していれば、自然にオゾンが洗濯槽の内と外に振り撒かれるため、結果的にかびにくい構造になっているといってよい。 ) 右開きドア [ ] 2006年12月に松下電器(現:)に追随されるまで、AQUAは通常の左開きドアと、右側にのついた右開きドアのいずれかを選択できる唯一の機種であった(松下はさらに、左開きドアにカラーバリエーションをつけるという点まで踏襲している)。 三洋がこのような扉を開発したのは、洗濯機置き場の室内配置と、利用者の利き手を考慮してのことであった。 問題点と今後の課題 [ ] パブリシティと報道 [ ] 「洗濯機は有水洗浄や溜め洗い」という常識にとらわれない特色から、とりわけ初号機が発表された2006年においてAQUAは、テレビ番組によって興味本位の偏った取り上げ方がなされてきた。 AQUAにこめられた三洋電機の「Think GAIA(地球環境や水資源の保全への取り組み)」という企業理念やメッセージが、マスコミに取り上げられるようになったのは、2007年になってからである(なお、「Think GAIA」は入りに伴い、2010年4月で運用を取りやめている)。 それでも、AQUAの普及が進んで落ち着くまでは"無水洗浄"や"臭い取り"といった特徴が独り歩きしていた。 商品展開 [ ] トップインモデルが発火事故によって生産中止に追い込まれてから、長らく、フロントインモデルのみが製造されていた。 よりコンパクトなデザインの他社製品(とりわけ脚幅の狭い製品)に比べると、設置や移設に難があり、転勤族にとって有難くない商品となっており、一方で一部の消費者からは、搬入経路や設置場所の確保といった観点から、小型モデルの開発を求める声も上がりつつあった。 このこともあり、2010年5月にAQUAのラインナップに縦型が追加された。 高さは101. 5cmとドラム式タイプよりも10. 7cm(現行モデルのAQ4500比)低くなっているほか、容量に関してもこれまで設定されていなかった8kgタイプが新設されており、ラインナップの拡大が図られている。 ハイアールアクアセールス移管後の製品展開 [ ] 前述のとおり、三洋が製造・販売していた「AQUA」は2011年に全モデルの生産を終え、同製品を製造していた三洋アクアは ハイアールアクアセールスに商号変更され、「AQUA」は同社が扱うすべての製品(冷蔵庫・洗濯機など)のブランド名として用いることとなったが、三洋で発売されていた「AQUA」に近い機種は同社へ移管後も洗濯乾燥機として設定されている。 一方、ドラム式のAQW-D500については「アクアループループダイレクト」が非搭載になっていることから、三洋で発売されていたAWD-AQ380の後継機種にあたり、「エアウォッシュ毛布コース」、「高速シャワーすすぎ」、「eco標準コース」は前機種から継続搭載されている。 2012年6月に発売されたAQUAでの2代目モデルとなるAQW-DJ6000はドラム式洗濯乾燥機として初めて、ドラム内部に状のバッフルを3枚配置することで手で揉んだり、擦ったりするように丁寧に洗うことが可能になったことで繊維の奥の頑固な泥汚れまでしっかり落とし、のを起こしながら洗うので天日干しでもゴワつきが抑えられる(なお、2013年モデルからは「トリプルアタック洗浄」という名称がつけられる)。 2013年5月にはAQUAでの3代目モデルとなるAQW-DJ6100を発売。 ドラム式洗濯乾燥機で初めて、オゾン水を用いた自動おそうじ機能を新搭載。 すすぎ水にマイクロバブル化したオゾンを注入することでオゾン水に変化。 最終すすぎの工程で水量を約4L追加し、すすぎ工程を行いながらドラムの隅々まで汚れを洗浄し、除菌・黒カビ発生の抑制効果がある。 すすぎと自動おそうじを同時進行で行うので洗濯時間は自動おそうじを設定しない場合と同じである。 同年10月にはAQUAブランド移行後初めて縦型モデルがモデルチェンジされた。 さらに、既搭載の「アクアループダイレクト」は「水道水ゼロ」設定時、最初に使用するときは呼び水に使用する約3Lのみとなり、2回目以降に「アクアループダイレクト」の「水道水ゼロ」を設定した場合、洗濯の全工程をお風呂の残り湯だけで賄えるようになった。 自動おそうじ機能はドラム回転数をアップすることでよりすみずみまで汚れを洗い流し、さらに、洗濯終了後に約20分の「エアウォッシュ」運転も行うことでドラムをより一層清潔に保つことができるようになった。 「おしえてウィンドウ」は液晶サイズをAQW-DJ6100の約2倍の大きさとなり、大きな文字と絵でよりわかりやすく操作をアシストできるようになった。 しかし、2014年以降は新型が発売されなくなったため、これがAQUAの系譜を持つ最終機種となってしまい、ハイアールアクアはドラム式洗濯機から撤退した。 2011年モデル•

次の