引用 リツイート と は。 Twitterの「引用リツイート」と「リツイート」の違いは何ですか...

リツイートについてのよくある質問

引用 リツイート と は

It's easy to express yourself by Retweeting with a comment. What if you could take it a step further and include media? Starting today, you can! Retweet with photos, a GIF, or a video to really make your reaction pop. Available on iOS, Android, and. 「コメントを付けてリツイート」に画像・GIFを添付する方法 やり方はスマホ(iPhone・Android)、パソコンどちらも同じ流れです。 リツイートボタンをタップしたら、「コメントを付けてリツイート」を選択。 アプリのバージョンが古い Twitterアプリのバージョンが古いと使えない可能性があります。 最新バージョンになっているかApp Store・Google Play Storeを確認しましょう。 アプリを再起動してみる 新機能がローンチされたときはまずコレ。 Twitterアプリを一度タスクキルして、再起動してみてください。 各ユーザーに添付機能を順次ローリングアウト中(かも) 筆者が持っているいくつかのアカウントでチェックしたところ、この機能を使えるアカウントと使えないアカウントがありました。 画像・GIFの添付機能は、各ユーザーに順次ローリングアウト中と思われます。 アプリの再起動やアップデートを試したけど使えない場合は、今しばらく待ってみましょう。 こちらの記事もおすすめ.

次の

Twitter引用ツイートのやり方まとめ【2018年最新版】

引用 リツイート と は

引用リツイートとは? 他 ユーザーのツイートに自身のコメントを付与して投稿する機能です。 公式 ページでも、外部サービスでも利用が可能です。 引用リツイートを使うと、元のツイートを変更することが出来ないので、改ざんなども心配する必要がありません。 例えば、外部サービスのTweetDeckで引用リツイートを行う場合は以下のようになります。 黄枠が可能入力文字数です。 本来ツイートの可能入力文字数は140文字ですので、116文字だと 24文字減っていることになります。 これはリツイート元の情報をリツイートに含まなければいけないため、その分の文字数が減っているからです。 これは仕様のようですので、 引用リツイートは116文字までと覚えてしまっても良いでしょう。 Twitter公式ページの引用リツイートの使い方 公式 ページの引用リツイート機能も同じような仕様となっています。 通常通り、リツイートボタンをクリックします。 次に表示される空欄にコメントを記入して「リツイート」をクリックすれば完了です。 今回は赤枠に「引用リツイートの機能をよく理解して欲しいですぞ!」と入力してみました。 実際にリツイートされたツイート 入力した文字が反映されています。 Twitter Twitterとは140文字以内の短文でコミュニケーションを取り合うコミュニティサービスです。 そもそもTwitterとは、「小鳥のさえずり」を意味する単語ですが、同時に「ぺちゃくちゃと喋る」、「口数多く早口で話す」などの意味もあります。 この意味のように、Twitterは利用者が思いついたことをたくさん話すことのできるサービスです。

次の

Twitterで自分のツイートが『引用リツイート』されたかどうかを確認する方法

引用 リツイート と は

Twitterには引用ツイートもしくは引用リツイートと呼ぶものがTwitterには存在します。 ただのリツイートではないことは字面から分かるとは思いますが、実際その通りです。 引用ツイート(引用リツイート)とは、自分のもしくは 誰かのツイートにコメントをつけて再投稿するツイート方法を指します。 引用ツイート(引用リツイート)のやり方は、ごくごく簡単である上に、ただリツイートして拡散するだけでなく、そこにコメントをつけられるため、パッと見て そのツイートへのコメントが分かりやすい形でツイートすることができます。 引用元のツイートを投稿した人に向けても通知が行くため、 リツイートにリプライが一緒についた機能といっても過言ではありません。 なお、スマホの場合のリンクのコピーのやり方はメニューから可能です。 ツイートのメニューに「リンクをコピー」が表示されていますので、それをタップすればコピーが完了します。 あとは、ツイートする際にそのURLを貼り付けてツイートします。 手動での引用ツイート(引用リツイート)になりますので、やり方としては少々手間がかかりますが、これで可能です。 鍵アカウントの人相手に利用したい場合はこのやり方で引用ツイート(引用リツイート)を行ってください。 ただし、その引用元の鍵アカウントをフォローしている人以外には下記の画像のように表示されます。 また、公開非公開にかかわらず、このやり方で引用ツイート(引用リツイート)を行った場合、 相手への通知は行きませんので、その点は理解しておいてください。 引用ツイート(引用リツイート)はやり方もその内容も非常に簡単かつ便利ですが、利用する際に注意する点もあります。 やり方が簡単な分、逆に引用ツイート(引用リツイート)を利用してリプライではない形で会話をすることもあります。 そんな、延々と 引用ツイート(引用リツイート)を重ねて会話をすることを良しとしない人もいます。 フォロー外の人との会話がタイムラインに表示されることにより、タイムラインの流れが速くなってしまう可能性もあり、そのためにツイートを見逃してしまうということもあります。 また、引用ツイート(引用リツイート)は普通のリツイートと違い、リツイートの履歴がそのツイートに表示されません。 引用元のツイートからは引用ツイート(引用リツイート)が確認できませんので、臨機応変に使い分けてください。

次の