サマー セット モーム。 332夜『月と六ペンス』サマセット・モーム

月と六ペンス

サマー セット モーム

サマセット・モームの名言 この世には、愛する人と愛される自分になろうとする人がいる。 サマセット・モームの恋愛名言 愛ほど男の考えを変えさせるものはない。 新しい考えはおおかた新しい感動のせいなのだ。 それは思慮によってではなくて、情熱によって得られるものなのだ。 サマセット・モームの恋愛名言 もっとも永く続く愛は、報われぬ愛である。 サマセット・モームの恋愛名言 恋の悲劇は、無関心である。 The tragedy of love is indifference. サマセット・モームの恋愛名言 なぜ、美人はいつもつまらない男と結婚するんだろう? 賢い男は美人と結婚しないからさ。 そういう男が「もっとも面白い男」でないことは間違いない。 サマセット・モームの恋愛名言 恋人として男と女とが違う点は、女は一日中恋愛をしていられるが、男はときどきしかできないということである。 サマセット・モームの恋愛名言 女はいつも、機会さえあれば、自分を犠牲に捧げたがる。 あれは自己陶酔の一形式であり、しかも女たちのお好みの形式なのだ。 サマセット・モームの恋愛名言 愛とは、お互いに相手を知らない男女の間に発生するものである。 サマセット・モームの恋愛名言 大事なことは、愛されることよりも愛することだった。 The important thing was to love rather than to be loved. サマセット・モームの恋愛名言 人生の最大の悲劇は死んでしまうことではなく、愛することを止めてしまうことだ。 The great tragedy of life is not that men perish, but that they cease to love. サマセット・モームの恋愛名言 恋は、人間を何ほどか自己以上のものにし、同時に、何ほどか自己以下のものにする。 サマセット・モームの恋愛名言 どうやら美というものも、幸福や発明と同様、計画的に追求されない時の方が獲得しやすいようである。 サマセット・モームの恋愛名言 愛と芸術を求めるには人生は短すぎる。 サマセット・モームの恋愛名言 良い妻というものは、夫が秘密にしたいと思っている些細なことを常に知らぬふりをする。 それが結婚生活の礼儀の基本である。 サマセット・モームの恋愛名言 結婚生活はとてもよいものだ。 しかしそれを習慣にしてしまうのは誤りだと思う。 サマセット・モームの恋愛名言 — END —.

次の

サマセット・モームの映画作品

サマー セット モーム

謀略の応酬 は本書を会話の妙で見せる。 策略、謀略、智力を尽くした会話が繰り広げられる。 けれどもそこには堅苦しさはない。 イタリア男といえば恋である。 で忙しいも、合間を縫っては若き人妻を手に入れようとこちらも策略を張り巡らせる。 外交模様と恋模様、の思惑、何を考えているか分からないずる賢い登場人物たち。 様々な意図が入り乱れ、舞台はフィナーレを迎える。 は結局、自らの望んだ答えを手に入れられたのか。 それともに踊らされていただけなのか。 ここでは言わないでおこう。 これらのやりとりはどこか喜劇的である。 まるでなど、翻訳物の戯曲を読んでいるのに近い読書感を覚えた。 本と読者の位置関係が、舞台と客席とのそれに近いのではないか、と思った。 私たち読者はの奮闘を客席の立場から眺めることができる。 気づけば目の前では、をはじめめ登場人物が右往左往している。 日本の小説にはなかなかないのではないか。 この感覚、私は好きだ。 この感覚を蔭で支える訳も秀逸。 訳者は 天野隆司。 文庫書き下ろし新訳である。 もちろんこれらの活劇は、の人間観察力があってこそ。 人間のどうしようもなさまで生き生きと描いている。 皮肉、も強烈である。 民主主義や傭兵制への皮肉などは、今の日本の政治や安全保障と比べ、思わず考えさせられてしまった。 人間や社会への時に厳しく時にユーモアあふれる目線は、実はスパイだったという作者の経歴が生きているのだろう。 ちなみに本書は作者が70歳の時に書かれたものだそう。

次の

サマセット・モームの映画作品

サマー セット モーム

あらすじ [ ] 作家である私は、ストリックランド夫人のパーティーに招かれたことからチャールズ・ストリックランドと知り合う。 ストリックランドはイギリスの証券会社で働いていたが、ある日突然家族を残して消えてしまう。 私は夫人に頼まれ、ストリックランドがいるというパリへ向う。 私がストリックランドのもとへ向かうと、駆け落ちしたといわれていた女性の姿はなく、一人で貧しい生活を送っていた。 話を聞くと絵を描くために生活を捨てたという。 私は彼を批判するが、彼はそれをものともしない。 夫人は私からそのことを聞くと悲しんだが、やがてタイピストの仕事を始めて自立していった。 それから5年後、私はパリで暮らしていた。 以前にローマで知り合った三流画家のダーク・ストルーヴのもとを訪れ、彼がストリックランドの才能に惚れ込んでいることを知る。 ストルーヴに連れられストリックランドと再会するが、彼は相変らず貧しい暮らしをしていた。 それから私は何度かストリックランドと会ったが、その後絶縁状態になっていた。 クリスマスを前にしたある日、ストルーヴとともにストリックランドのアトリエを訪れると、彼は重病を患っていた。 ストルーヴが彼を自分の家に引き取ろうとすると、妻のブランチは強く反対した。 夫に説得されてストリックランドの看病をするうちにブランチは彼に好意を寄せるようになり、ついには夫を棄ててストリックランドに付き添うが、愛情を受け入れてもらえなかったために服毒自殺してしまう。 妻の死を知ったストルーヴは、ストリックランドへの敬意を失うことなく、故郷のオランダへと帰って行った。 私はストリックランドに会って彼を再び批判した。 その後私が彼と再会することはなかった。 我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか ストリックランドの死後、私は別の用事でを訪れていた。 そこで彼と一緒に仕事をしていたというニコルズ船長に出会い、彼が船乗りの仕事をしていた時のことを聞く。 貿易商のコーエンはストリックランドを自分の農場で働かせていたことを話す。 宿屋のティアレは彼にアタという妻を斡旋したことを話した。 彼の家に泊まったことのあるブリュノ船長は、ストリックランドの家の様子を話した。 医師のクートラはストリックランドがに感染した晩年のことを語り、彼の遺作は遺言によって燃やされたとしている。 私はクートラ医師の所有するストリックランドの果物絵を見て恐ろしさを感じていた。 ロンドンに帰った私は彼がどのような生涯を過ごしたのかを伝えようとストリックランド夫人に再会する。 タヒチでのストリックランドのことを話し終えた私の頭には、彼がアタとの間に儲けた息子が、大海原で船を操っている姿が浮かんでいた。 タイトルについて [ ] 新潮文庫 1959年初版 での訳者中野好夫の解説によると、タイトルの「月」は夢を、「六ペンス」は現実を意味するとされる。 しかし、新潮文庫 2014年初版 での訳者金原瑞人の解説では、「「 満 月」は夜空に輝く美を、「六ペンス 玉 」は世俗の安っぽさを象徴しているのかもしれないし、「月」は狂気、「六ペンス」は日常を象徴しているのかもしれない」と述べられている ゴーギャンとの相違点 [ ] ストリックランドはイギリス人として描かれているが、はフランス人である。 また作中でストリックランドは同世代の画家を知らないだろうとしているが、ゴーギャンはと交流があった。 しかし見方によっては、ストルーヴがゴッホをモデルにしていると考えることも出来よう(ストルーヴはゴッホ同様、オランダ人である)。 ストリックランドは印象派を全く評価しておらず、他の画家との交流もほとんどせずほぼ制作することにしか興味を持っていなかった。 ゴーギャンは印象派展に作品を出展しており、多数の印象派画家と交流するなど活発に活動していた点も大きな相違点だろう。 さらにいえば、ストリックランドがタヒチで亡くなっているのに対し、ゴーギャンはで亡くなっているなど、ほかにも数多くの相違が見られる。 ただし、画家になる前は証券会社で働いているなど、共通点があるのも確かである。 映画・舞台・テレビドラマ化 [ ]• 1942年に、アルバート・レウィン監督、ジョージ・サンダース主演による映画が公開された。 1958年にはオペラ「月と6ペンス」が、作曲で、ロンドンにあるで上演された。 1959年には、演出、主演によるがで放送された。 オリヴィエはこれがテレビ初出演となった。 日本語訳 [ ]• 『月と六ペンス』最初の訳書は訳で、1940年に〈現代世界文学叢書〉の一冊で刊行。 戦後は新潮社「全集」、で刊行され多数重版した。 2014年に同文庫は中野訳から訳に変わった。 ほかに、、、、、で翻訳刊行。 21世紀刊行の現行版は、訳のと、訳のがある。 註 [ ] []• 月と六ペンス. 新潮社. 2014年4月1日• 外部リンク [ ] ウィキソースに の原文があります。 - (英語) この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の