フード レスキュー ヒーロー。 Androidアプリ 「Hero Rescue

【Jリーグ】フードレスキューの輪、北海道から九州に広がる。札幌荒野の呼び掛けで鳥栖、北九州、琉球へ

フード レスキュー ヒーロー

同じ年に入隊者は沢山おり、全員がKリーグ1の尚州尚武に入れるわけではありません。 代表歴や実力等が考慮されるのでソンユン選手は問題ないと思いますが。 直前まで海外でプレーしていた元代表選手が、兵役や社会服務の傍ら3部以下のアマチュアでプレーしなければならなくなった例も過去にあります。 — Wataru Funaki 舩木渉 watarufunaki さて、そのソンユン選手ですが、 兵役を終えたあとに札幌に戻りたいと話しており、クラブもそれを念頭に話を進めているとのこと。 三上GM「ソンユンとは兵役後、札幌に戻って来ることを念頭に話している。 順調なら、2022年のシーズン頭には戻って来る可能性がある」 ソンユンの未来に幸あれ! コンサドーレのゴールを守り続けてくれてありがとう。 また、戦える事を願っている! ソンユン 「〝また〟俺たちを助けてくれ チームを救ってくれ」|くろかわひろと — くろかわひろと kurohiro10 しばらく彼のプレーが見られないのは残念ですが、ソンユン選手とクラブはお互いに、兵役を終えたあとに戻ってくることを念頭に話している事実が嬉しいですね。 実はKリーグでプレーすることは初めてとのこと。 新たな経験を積んで成長した姿で、また札幌に戻ってきてほしいですね。 今後開催される試合の対戦カードは全て組み直し、感染予防の観点から近隣クラブとの対戦を優先的に実施します。 再開後の試合日程、対戦カードなどにつきましては、6月15日 月 の発表を予定しています。 さらに、報道によると、無観客試合は2試合程度で、7月11日(土)から観客動員の可能性もあるとのこと。 は6月1日から全体練習を再開する予定とのこと。 4月13日以来49日ぶりです。 お風呂はシャワーのみ使用可など、感染対策によるクラブハウス内での制限はあるようです。 一般客の見学や報道陣の取材は不可。 いよいよJ再開が現実のものとなってきました。 これから大きな第2波が来ることなく、予定通り再開できることを願っています。 その日まで健康で生活しましょう。 また、名称が「フードレスキューヒーロー」から 「レスキューヒーロー」となり、食品だけではなく多分野をレスキューしていくとのこと。 新たに参戦したJリーガーは下記のみなさん。 今週はこんな内容でした。 【グループ練習開始】サッカーは人数が増えるほどやれることが増えるので、みんな楽しそうにしている。 【ソンユン選手】半年前に韓国のチームでプレーしていないと、軍隊のチームに入れない可能性が出てくる。 入れなくても兵役には行かなくてはならず、1〜2年プレーできないとなると選手として終わってしまう。 それも考えての途中退団。 本人はすごく悩んでいた。 【ソンユン選手】札幌に来て伸びた。 年俸はサッカーを始めたころに比べて10倍。 クラブスタッフ、サポーターが育ててくれた。 夢がある。 【ロペス選手】帰りたい時に帰れるかは分からないが、家族のメンタルを優先した。 他の外国人選手の家族は、誰も来日できていない。 野々村社長 「本人も相当悩んでいた。 兵役だけ考えたら、今季頭から韓国に行った方がよかったのだが、コンサドーレでなんとか結果を残したいという思いから契約更新した。 しかし、特別なシーズンになってしまったのでそれならば少しでも早く兵役を終えて、戻って来たいとの思いで早まった」 ナルミッツ— くろかわひろと kurohiro10 今週はソンユン選手の話題が半分くらいを占めました。 チームの練習も徐々に人数を増やしていっているとのこと。 再開に向けて動き出している様子が感じられます。 コンサドーレ」 野々村社長出演、毎週土曜日7:30〜8:00に放送中のSTVラジオ「GO! コンサドーレ」。 今週は珍しく(?)サッカーの話題が中心だったとのこと。 これによりペースを乱された人も多かったようです。 グッチーさんの声を聴きながらさ。 数量限定で販売しており、 【残り4セット】です。 1)ぜひ、記事を拡散してください! 下記のアクションで記事がみんなに広がります。 ・note記事のページ下にある、 ハートマークを押す ・note記事の下にある SNSボタンを押して感想を書く ・記事紹介ツイートの いいね、RTを押す ・記事紹介ツイートの コメント付きRT、リプライで感想を書く 2)さらに、もっと応援したい、と思っていただけた方へ。 下記のサポートシステムを用意しています。 私のコンサ応援歴や、ウィークリーコンサを始めたキッカケや思いをまとめています。

次の

Androidアプリ 「Hero Rescue

フード レスキュー ヒーロー

「Rescue Hero」に名称変更、フードロスの問題解消と周知から様々な社会活動を展開へ。 J1リーグ北海道コンサドーレ札幌の荒野拓馬が『コールリーダー』となり、新型コロナウイルスの影響で社会問題化したフードロス問題の解消のため4月に立ち上げた「Food Rescue Hero」を、今後「Rescue Hero」と名称変更し全国のJリーグクラブの仲間と連携し、様々な取り組みを展開していくことを決めた。 そして今回荒野の呼び掛けに応じた九州エリアから、サガン鳥栖の高丘陽平、ギラヴァンツ北九州の永田拓也、FC琉球の上里一将の3選手が参加することになり、6月1日、札幌でこの取り組みに立ち上げから参加している菅野孝憲とともに記者会見を行った。 「Food Rescue Hero」は4月25日、新型コロナウイルスの影響で、多くのイベントが中止になり飲食店も休業を余儀なくされるなか、荒野が余剰在庫を抱えた生産者を助けるためウェブサイトを立ち上げた。 そのなかで、コロナ禍での食材廃棄の問題について伝えるとともに、生産品を割安な価格で出品。 札幌の鈴木武蔵、石川直樹、菅野もメンバーに加わり、アスリートの発信力も生かして、フードロス問題の認知を広げてきた。 そして5月29日、サイトを北海道版から全国版へ拡大。 サイトリニューアルに際し、フードロス問題のみならず、今後起こりうる問題(災害、人道支援など)の活動へ対応すべく、名称も「Food Rescue Hero」から「Rescue Hero」に変更した。 新サイトURLは。 商品を購入される方たちが「ヒーローー」となって店舗をサポート。 問題の解決を図るとともに、それぞれが身近なところで起きている課題について考える機会になっている。 フードロスに悩む生産者であれば、登録などは無料となっている。 これまで北海道8件、九州1件が登録され、1100件以上の取引があるなど好評を博している。 記者会見の冒頭、荒野は次のように経緯を説明した。 「いろいろな方にサポートをしてもらってきた自分が、今こそ何か力になり支えられないだろうかと思い、この活動を始めました。 北海道からはじめて土台も少しずつできるなか、全国展開に至りました。 今後は、全国で一人でも多くの方をレスキューしていければと思います。 また、手を挙げてくれる選手と一緒にいい活動をしていきたい。 フードのみならずいろいろな形で他分野でもレスキューできるのではないかと考え、名称をレスキューヒーローに変更しました。 各地域でできることを考え、実際に行動していきたいです」 また、北海道でこの活動に参加してきた菅野は「賛同してくれる選手が増え、日々前進していると実感しています。 スピードよりも、みんなが人の役に立ちたい、選手が主導で取り組むことに意味があると思うので、自分たちのペースで、一人でも多くの方たちを助けて、社会と関わる機会として、さらに成長させていきたいです」と語り、活動の広がりを実感していた。 そしてオンラインの会議システムを活用する機会が増えたことで、全国にあるJクラブがよりつなげっていける可能性も感じ取っていた。 鳥栖の高丘は荒野の活動に以前から関心を持っていて、一方、自身も鳥栖市内の医療機関への弁当配布などを展開してきた。 そうしたなか荒野と連絡し合い、今回の参加につながった。 鳥栖の守護神は「九州からの第一弾の商品も発表されました。 徐々に活動を広げていきたいと思います」と語った。 また、北九州の永田は「北九州では新型コロナウイルスの第2波が訪れていると言われ、一度活気を取り戻したものの再びお店が閉まってしまうなど、積極的には外出できなくなり、フードロストの問題も深刻化していると感じています。 北九州の生産者の方たちの力になりたい。 一人でも多くの人にこの活動を知ってもらえるように、微力ではありますがお手伝いできればと思います」と呼び掛けた。 札幌でも長年にわたりプレーしてきた琉球のキャプテンを務める上里は「沖縄では5月に入ってから感染者が出ていない状況ですが、観光面での影響は大きく、フードロスの問題も深刻だと報じられてきまたした。 いろんな方々の声を聞きながら、困っている方たちを助けられるように、活動していきたいです」と語った。 活動の輪は今後さらに広がっていく予定だ。 [取材・文:塚越始].

次の

【Jリーグ】フードレスキューの輪、北海道から九州に広がる。札幌荒野の呼び掛けで鳥栖、北九州、琉球へ

フード レスキュー ヒーロー

北海道コンサドーレ札幌のMF荒野拓馬(27)が行う「フードレスキューヒーロー」の活動に、FW鈴木武蔵(26)とGK菅野孝憲(36)が参加。 コロナ禍での食材廃棄の問題を、積極的にサポートしていく。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、イベント中止や飲食店が休業を余儀なくされている。 フードロスが社会問題化する中、荒野は4月25日に余剰在庫を抱えた生産者を助けるためのウェブサイトを立ち上げた。 割安な価格で出品し、自らの持つアスリートとしての影響力で発信し、認知を広げる。 鈴木と菅野が賛同し、サポーターとして加わった。 菅野は「素晴らしい活動で共感した」と話し、鈴木も「北海道のおいしい食べ物が現状だと消費されない。 そこはなくしていかないと」と一肌脱いだ。 荒野は「思いが強い2人なので心強い。 もっと多くの人をレスキューできると思う」と感謝した。 すでに3商品を取り扱い、完売した商品もある。 荒野は「生産者の方の感謝の気持ちが響いている。 レスキューして良かったなと思うし、そういった人たちと今後も活動できれば」とサポートを続けていく考えだ。 foodrescuehero. <道新スポーツ5月5日掲載>.

次の