レジ 袋 有料 化 罰則。 レジ袋有料化はいつから?対象や罰則はあるの?

7月1日レジ袋有料化スタート!どうして7月から?罰則はあるの?気になること調べてみました♪

レジ 袋 有料 化 罰則

2019年5月に策定された「プラスチック資源循環戦略」において、プラスチックの資源循環を総合的に推進するための重点戦略の1つとしてリデュース等の徹底が位置づけられ、その取組の一環としてレジ袋有料化義務化(無料配布禁止等)を行うことで消費者のライフスタイル変革を促すことを目指す旨が記載された。 また、これに基づいて、「小売業に属する事業を行う者の容器包装の使用の合理化による容器包装廃棄物の排出の抑制の促進に関する判断の基準となるべき事項を定める省令」が改正されることとなった。 プラスチック製の買物袋の範囲 (第2条第1号~3号)• 消費者が商品を購入した際に商品を持ち運ぶために用いる、 持手があるものであって、 次のもの以外とする• プラスチックの重量に占める 海洋生分解性プラスチックの重量の割合が 100%、かつその旨が表示されているもの• ここで、小売業に属する事業を行うものとは、主たる業種が小売業ではない事業者(製造業、サービス業等)も、事業の一部として小売事業を行っている場合、その範囲において、本制度に基づき容器包装の使用の合理化による排出の抑制の促進に取り組む必要がある。 (例)製造事業者や卸売業者が、製品をショッピングモールや百貨店で販売 (例)美容サロンで、美容グッズを販売、等 価格設定の方法 プラスチック製買物袋の価格設定については、サイズ・用途や仕入れ主体・方法などにより、様々なケースが考えられることから、各事業者が消費者のライフスタイル変革を促すという本制度の趣旨・目的を踏まえつつ、 自ら設定することとする。 ただし、以下は 有料化に当たらない。 商品の価格とプラスチック製買物袋の 価格を一体として設定し、プラスチック製買物袋の価格が消費者に明らかとなるように 提示されていない場合や、袋を辞退しても袋相当分として設定した 価格が差し引かれない場合は、有料化には当たらない。 プラスチック製買物袋の1枚当たりの価格が 1円未満になるような価格設定をすることは、有料化には当たらない。 複数枚のプラスチック製買物袋を提供する際に、一定枚数を有料で提供しつつ、その他の袋は無料で配布するという価格設定方法(例:1枚目を無料で配布する等)は、有料化には当たらない。

次の

レジ袋有料化、20年7月から 全小売り店に義務付け :日本経済新聞

レジ 袋 有料 化 罰則

プラスチックごみによる海洋汚染防止を目指したレジ袋の有料化が始まる。 世界では有料化はもちろん、使用を禁じている国も多く、遅ればせながらの導入となった。 だが、今回の制度には、対象に多くの例外が認められるなど、さまざまな問題点が指摘されている。 環境汚染を引き起こす使い捨てプラスチックはレジ袋以外にも多数あり、有料化は海のプラスチックごみ対策の小さな第一歩でしかない。 これをきっかけに、行き詰まりが深刻な日本のプラごみ政策の根本的見直しに乗りだすべきだ。 7月1日からの新制度は、コンビニやスーパーなどでのレジ袋の無料配布を禁じ、1円以上の有料とすることを法律で義務付ける。 問題は、厚さ0・05ミリ以上の袋や、植物由来のバイオマス素材の配合率が25%以上の袋などが例外とされたことだ。 バイオマス素材を含むことを理由に、無料配布を続ける外食チェーンなどは少なくない。 だが、バイオマス入りの袋は原料となる石油の削減にはなるものの、環境に出た時の影響はさして変わらない。 逆に、微粒子状の「マイクロプラスチック」になりやすいとの指摘もある。 「繰り返し使える」というのが厚い袋を例外とした理由だが、厚いからといって使い捨てされないという保証はない。 もう一つの例外の「海洋生分解性プラスチック」については定義さえ明確になっていない。 「環境に優しい」といったうたい文句の例外は消費者を混乱させることになる。 フランスは今年2月に制定した新法で、消費者に適切な情報を与えるとの観点から「生分解性」や「環境を尊ぶ」といった文言を使うことを禁じている。 多くの例外を設けたことにはレジ袋削減にまじめに取り組む企業からも批判が出ている。 また、有料袋の価格は企業任せなので、削減効果のある価格設定がされるかどうかは未知数だ。 日本では年間約900万トンのプラスチックごみが出るが、レジ袋はそのほんの一部でしかない。 毎年約20億本が回収されずにいるペットボトルや、レジ袋以外の食品包装容器などの使用量を減らし、環境への悪影響を小さくする方策は手付かずのままだ。 しかも、日本のプラスチックごみの7割近くが焼却され、リサイクル目的で回収されたプラごみの多くが海外に輸出されているので、国内で真にリサイクルされているものは全体の10%にも満たない。 地球温暖化対策の観点から欧州連合(EU)などは安易な焼却を見直す方向に動いている。 海外へのプラスチック輸出も難しくなっており、大量生産と大量リサイクルを中心とする日本のプラスチックごみ対策は、完全に行き詰まっている。 廃棄物問題に関しては、製品の生産や使用時だけでなく、ごみになったときの費用にまで企業に責任を負わせる「拡大生産者責任」の原則が国際的な常識となりつつある。 だが、日本の法制度はこれが不徹底で、企業に使い捨てプラスチックの生産を減らし、再利用やリサイクルがしやすい製品をつくろうとの動機づけが存在しない。 全ての使い捨てプラスチックを対象に、拡大生産者責任の原則を徹底させる包括的なプラごみ削減法の整備が急務だ。 (共同通信・井田徹治).

次の

2020年7月~始まるレジ袋有料化の話 ウーバーイーツへの影響は

レジ 袋 有料 化 罰則

イオン九州は13年にレジ袋を有料化した(福岡県粕屋町) 経済産業省と環境省は25日、レジ袋の有料化を義務付ける制度の運用指針をまとめ、公表する。 スーパーやコンビニエンスストアなどすべての小売店を対象に、東京五輪・パラリンピックの開催直前となる2020年7月から始める。 消費者に身近なレジ袋を有料化し、プラスチックごみの削減に向けた意識改革を促す。 植物由来で環境負荷の小さいレジ袋などは有料化の対象から外す。 年内に容器包装リサイクル法の省令を改正し、全ての小売店でプラスチック製の買い物袋の有料化を義務化する。 レジ袋を含む容器包装を一定量以上使う事業者には取り組みを国に定期報告させ、必要に応じて勧告や命令を出す。 命令違反には罰則も適用される。 価格は各事業者が自由に設定できる。 指針では1枚あたり2~5円程度の先行事例を紹介し、1円未満は「有料化にあたらない」とした。 レジ袋を有料化した分の売り上げの使い道は「事業者自ら判断する」とした。 レジ袋の有料化は、地球規模の課題である海洋プラスチックごみ(廃プラ)対策の一環だ。 国連環境計画(UNEP)によると、レジ袋をめぐる法規制実施国は127カ国にのぼる。 20年は東京五輪があり、日本への国際的な注目が集まる。 日本の環境重視の姿勢を訴える狙いから当初は20年4月からの有料化をめざしたが、消費者への周知期間や小売店の準備期間が足りないとの意見が相次いだ。 最終的に五輪開催にぎりぎり間に合う同7月から実施する運びとなった。 現在、レジ袋の有料化は小売り各社の自主判断だ。 環境省によると、有料化に取り組んだ場合に消費者がレジ袋の使用を辞退する割合は平均8割近くにのぼり、値引きやポイント還元で不使用を促すより効果が高いという。 日本では富山県が08年に都道府県で初めて有料化し、これまでレジ袋15億枚超を削減した。 一方、環境負荷が少ないレジ袋は有料化の対象から除外する。 厚さ0. 05ミリ以上で繰り返し使える袋も対象から外れた。 バイオマスプラスチックを使ったレジ袋は一部の大手企業が導入済みだが、石油由来プラスチックに比べ製造コストが高く、原料の確保なども課題だ。 海洋生分解性プラスチックは開発段階でまだ実用化されていない。

次の