赤ちゃん ミルク 吐き 戻し。 赤ちゃんの吐き戻しはなぜ起こる?原因や解決法、体験談をご紹介 [ママリ]

吐きやすい赤ちゃん。いつまで吐く?

赤ちゃん ミルク 吐き 戻し

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 赤ちゃんが突然吐くと、ママやパパはびっくりしてしまいますよね。 赤ちゃんの体は未発達で、吐くこと自体はあまり珍しくありません。 しかし、吐いたものや吐くときの状態によっては、病気の可能性もあります。 そこで今回は、赤ちゃんの嘔吐・吐き戻しの原因や対処法などについてご紹介します。 新生児・赤ちゃんが吐く原因は?病気との見分け方は? 新生児から生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんが吐きやすい理由は、胃がフタのない「とっくり」のような形をしていて、入り口を締める筋肉が弱いからです。 そのため、ちょっとしたことでも胃の中のものが逆流しやすく、ゲップと一緒に吐いたり、口から溢れるように吐いたりします。 赤ちゃんが「吐く」といっても、ミルクや母乳を飲んですぐに吐く「吐き戻し」はある程度自然なことですが、内臓に入った内容物を吐く「嘔吐」は病気の可能性があるので注意が必要です。 吐き戻しの場合 先述のように、月齢が低い赤ちゃんは胃が十分に発達していないことから、母乳やミルクの飲み過ぎると口元からタラリと垂れるように吐き戻したり、ゲップにつられて吐いたりすることは日常茶飯事。 ゴボッと一気に吐いても、そのあと機嫌が良ければ問題はありません。 関連記事 赤ちゃんの母乳やミルクの吐き戻しはいつまで? 赤ちゃんが母乳やミルクを吐き戻すのは、おおよそ生後3ヶ月頃までが一般的です。 首がすわってくる時期を目安に落ち着いてくることが多いようです。 なかには、生後6ヶ月や1歳くらいまで吐き戻す子もいますが、吐く量や回数は少しずつ減っていきますよ。 赤ちゃんが吐き戻しをしやすいと不安になることもありますが、徐々に少なくなっていくので焦らずに見守ってあげてくださいね。 赤ちゃんが吐く!下痢を伴うときの原因は? 赤ちゃんが吐いたときに、下痢をともなっている場合は、急性胃腸炎の可能性があります。 主に乳児にみられる「ロタウイルス」や、流行性の「ノロウイルス」が代表的です。 特徴 ロタウイルスの場合、白く濁った水様便が長引くのが特徴です。 予防接種を受けていれば軽度で終わることもありますが、下痢・嘔吐が続き脱水などになる場合もあるので注意しましょう。 対処法 いずれも嘔吐と下痢が主な症状ですが、特効薬はなく、嘔吐や下痢でウイルスを出し切ることが有効です。 脱水症にならないように、吐いたあとは1時間様子をみて、スプーン1杯程度から、5~10分おきに少しずつ水分補給してあげてください。 吐いた直後に無理に母乳やミルクを飲ませると、また吐いてしまい、逆に赤ちゃんの体力を奪ってしまうこともあるので注意しましょう。 関連記事 赤ちゃんが嘔吐しても熱がなければ問題ないの? ごくまれなケースですが、熱や風邪などの症状がなく吐いた場合、頭蓋内出血や脳腫瘍の可能性もあります。 嘔吐が続く、目つきがおかしい、顔色が悪いなどの症状があれば早めに病院を受診しましょう。 頭を打っていなくても、意識障害がある場合や、吐いた後にひどくグッタリしているような場合も、早めに病院を受診してください。 頭を強く打った心当たりがなく、吐いた後も元気で、それ以降吐くことがなく、気になる点がなければ、少し様子をみましょう。 赤ちゃんは母乳やミルクを吐きやすいものなので、食欲もあって機嫌が良ければ、過度に心配しないでくださいね。 子供がなる「アセトン血性嘔吐症」とは? 子供の嘔吐の状態で熱をともなわない病気のひとつに、「アセトン血性嘔吐症」と呼ばれる「自家中毒」があります。 主に2~10歳くらいにみられる病気で、赤ちゃんがなることはほとんどありませんが、子供を持つ親として調べたことがあるママやパパは多いかもしれませんね。 アセトン血性嘔吐症は、少し酸っぱい口臭がして、顔色も悪く、何度も嘔吐を繰り返します。 体をたくさん動かして疲れている場合や、ストレスがかかる、過度に緊張することがあった場合で、疲れて食事をとっていない時間が長く、体に糖が足りなくなったときに症状が出ることが多いものです。 栄養源として糖分より脂肪の分解が優位となり、血液が酸性寄りになることで、吐き気や腹痛などの症状が出るのが原因といわれてます。 症状は良くなっても、すぐに治るわけではないので、今後思い当たる症状がみられた場合は、小児科に相談しましょう。 関連記事 赤ちゃんが大量に吐く場合の対処法は? 赤ちゃんが大量に吐いてしまった場合、以下のような対処をしましょう。 母乳やミルクを飲まないときは、白湯や麦茶などを試してみてください。 嘔吐物がミルクそのままの色であればあまり心配はいりませんが、黄色や緑色だったり、噴水のように勢いよく吐いたりする場合は、症状が治まるまで無理に動かさず、落ち着いてから病院を受診しましょう。 関連記事 赤ちゃんの吐き戻し対策は? 赤ちゃんが母乳やミルクを吐くのはある程度仕方のないことですが、少しでも赤ちゃんの吐き戻しを減らしてあげたいですよね。 ここでは、赤ちゃんの吐き戻し対策をご紹介します。 ゆっくり飲ませる 赤ちゃんの胃の内容量は少ないため、母乳やミルクを一度に大量に飲んだ場合に吐き戻しが起きやすくなります。 赤ちゃんに母乳やミルクを飲ませるときは、休憩を挟みながら時間をかけてゆっくり飲ませましょう。 一口、数秒程度からはじめてください。 飲ませた後は縦抱きにする 赤ちゃんに母乳やミルクを飲ませたあとすぐには横に寝かせず、ゆっくりと赤ちゃんを縦抱きにしてあげましょう。 げっぷを出してあげる 赤ちゃんは、母乳やミルクと一緒に空気も吸っています。 胃の中に空気が溜まると吐き戻しやすいので、母乳やミルクを飲ませたあとは、ほどよい力で背中をポンポンと叩いてげっぷを出してあげましょう。 このとき、げっぷが出ないからと焦って何度も背中を叩かないようにしてくださいね。 関連記事 赤ちゃんがよく吐く場合は日頃の体重変化を把握しておこう 赤ちゃんが吐くと、その後元気であっても不安になりますよね。 そんなときのために、日頃の体重変化を把握しておくことも大切です。 特に問題のない吐き戻しであれば、何度か吐いていても体重は増えていきますが、体重が増えていなかったり減少しているようであれば、表面では見えない心疾患などの病気が潜んでいる可能性もあるので、病院に相談してください。 特定の時間に体重を図る習慣をつけると、少しの変化に気づくきっかけにもなりますし、成長の把握にもつながります。 体重と同時に、体調のチェックもしておくようにしましょう。

次の

母乳やミルクの吐き戻しはいつまで?原因と対策、吐いた後の処理

赤ちゃん ミルク 吐き 戻し

吐きやすい赤ちゃん。 いつまで吐く? 5ヶ月と10日になる娘がいますが、いまだによく吐きます。 新生児の頃は、飲んだ量全部じゃないかってくらいよく吐いてました。 検診のたびに心配して聞いても特に異常なし。 吐くのは、飲んだ直後~2時間後くらいまでがデンジャラスタイムです。 えりまわりが、びちょびちょになって着替えが必要かな、というくらい吐くことが多いです。 先月から寝返りが始まったんですが、デンジャラスタイムにやられると 乳の池ができてしまいます --; デンジャラスタイム中はたてだっこも吐きやすくほとんどできません。 なので飲んだあと2時間は寝かせて見張りです。 少しずつ吐く量は少なくなってきているので、吐きやすい子なんだとは思うのですが、 一体いつくらいまで吐くんでしょうか? また、このまま離乳食始めても問題ないでしょうか? 消化機能が調う5~6ヶ月頃からと本には書いてありましたが。 こんなに吐きやすいのに始めてもよいのかな。。 もちろん、個人差があるのでしょうが、吐きやすい赤ちゃんを 育てたお母さん、経験談を教えてください。

次の

寝返りで吐くのはいつまで続く? 原因と対策はこれ! 体験談も紹介します【小児科医監修】|Milly ミリー

赤ちゃん ミルク 吐き 戻し

赤ちゃんが母乳やミルクを吐き戻してしまうことを「溢乳(いつにゅう)」といいます。 赤ちゃんが母乳やミルクを吐いてしまうことはよくあることです。 溢乳という字からもわかる通り、母乳が溢れてしまっているだけで生理的なものとされています。 人間が食べ物を口から取り込むと胃に入り、逆流しないように胃と食道の境目に弁があります。 この弁が食べ物の逆流をせき止める働きをしていますが、赤ちゃんはこの機能がまだ正常に働いておらず、胃と食道のしまりがとてもゆるい状態です。 そのため、容易に母乳を逆流させてしまうのです。 赤ちゃんが母乳やミルクを吐き出すと心配になりますが、苦しそうな様子もなく、吐いた後もケロッとして機嫌が良さそうであればそれほど気にすることはありません。 身体の成長とともに、自然と胃と食道のあいだの弁も発達してきますから、気長に成長を見守りましょう。 専門家によっては、母乳を飲ませるときは右左のおっぱいを交互に飲ませることをすすめる場合もあります。 しかし、たくさん飲んでいるにも関わらず頻繁に母乳を欲しがるときは、片方が空になるまでしっかり飲ませてみるのも良いかもしれません。 赤ちゃんがおっぱいを吸い始めると、始めのうちはサラサラした「前乳」と呼ばれる母乳が分泌されます。 しかし、水分が多く脂質が少ない前乳ばかりを飲んでいてはいつまでたっても満腹感を得られにくく、結果として飲みすぎによる吐き戻しを引き起こす可能性があります。 授乳をして最後の方になると「後乳」という脂質の高い腹持ちが良い母乳へと変化するため、この後乳までしっかり飲ませることで、赤ちゃんへの頻回授乳を減らすことができるとされています。 赤ちゃんが母乳やミルクを吐いてしまったときは、焦らずに落ち着いて対処しましょう。 まずは、吐いた母乳が逆流しないように上体を起こします。 赤ちゃんの皮膚は敏感でかぶれやすいので、柔らかいガーゼで口周りや汚れた個所をしっかりと拭き取ってあげましょう。 必要に応じ、ぬるま湯に浸したタオルで身体を拭いても良いかもしれません。 濡れた服や布団のままでは、風邪をひいてしまったり赤ちゃんが落ち着いて眠れなかったりする場合があるため、すぐに取り換えてあげましょう。 しかし、赤ちゃんの吐き戻しのたびに着替えやシーツの洗濯をするのは一苦労です。 あらかじめ授乳の前はスタイをつけたり、布団は防水シート+バスタオルをかけておいたりなどして、ママの負担を減らす工夫をするのも大切です。 胃腸炎が懸念されるような大量嘔吐の場合は、ママへの感染を防ぐために、嘔吐物に触れるときはゴム手袋を使いましょう。 古いバスタオルなどを捨てずにとっておくと便利です。

次の