スマイルゼミ チャレンジタッチ どっち。 スマイルゼミとチャレンジタッチを比較!継続性はどちらが上?

「チャレンジタッチ」と「スマイルゼミ」タブレットの決定的な違い。子供にどちらが書きやすいか聞いてみた

スマイルゼミ チャレンジタッチ どっち

どーも、とーちゃんラボです。 進研ゼミ小学講座のチャレンジタッチを小学1年生からムスコが受講しています。 小学3年生になりましたが継続中してます。 タブレット学習で、比較検討のサービスとしてよくあげられるのが「スマイルゼミ」。 今のところ、我が家の目的は「学習の習慣づけ」なので、 チャレンジタッチで満足してるので変える予定はないですが、 「ガツガツ勉強させたい」ママパパさんにはチャレンジタッチでは、 物足りなさを感じることもあるようです。 共働きの我が家が、 タブレット学習、その中でも「チャレンジタッチ」を選んだのは、 ・自動丸つけや、音声進行などにより、自主学習が可能 ・ゲーム感覚の勉強アプリなどで、勉強をキライにならない工夫がされてる ・塾に通うよりもコストも安く、送迎などの手間もかからない といった理由から。 さらに、小学生の頃は学力アップよりも 「学習の習慣づけ」に優先順位をおいています。 簡単に言うと、 共働きで、平日もいそがしく、 子どもの「習い事」に時間を割くのはきびしいけれど、 勉強の習慣くらいは身についてくれるといいかなー、 って感じでチャレンジタッチのタブレット学習を選択しました。 <2019年追記> 小学3年生になりました! 我が家では、朝起きてから朝ごはんの準備ができるまでのスキマ時間(20分程度)を使ってチャレンジタッチを行なっています! 時間がかかる時は、キリのいいところでやめて、帰宅後行うようにしています。 帰ってきてからはなるべく遊びたいから、ムスコも積極的に朝のうちに終わらせようと努力しています、笑 そんな、 毎日いそがしい共働き家族目線で、 スマイルゼミとチャレンジタッチを比べた内容をまとめてみましたので、 同じような共働きパパママの、参考になればと思います。 詳しくはをご覧ください。 よく言われている、 スマイルゼミには英語が標準科目として入っているって点に関しては、 スマイルゼミは英語も入ってるらしいので、高学年になったらスマイルゼミってのもアリだと思います。 チャレンジタッチにもあるけど別料金だったと思う。 2018年4月から、チャレンジタッチにも 「英語」が追加料金なしで学習できるようになりました。 お次は、 その気になる料金について 徹底比較してみました。 スマイルゼミとチャレンジタッチの料金比較 お次は、料金比較の詳細。 若干、スマイルゼミの方がお得のようですね。 まあ、数百円の違いなので、 ここだけで選ぶポイントになるとは思いませんが。 当たり前ですが、 チャレンジタッチの方が若干お得になりました。 スマイルゼミのメリット 【学習内容について】• 間違えた問題などを全国のデータから分析し、その子 1人1人にあった問題を自動生成してくれるので苦手が克服できる• 「みまもるネット」で、学習の状況を知ることができる• 「みまもるトーク」で取り組んだ内容にスマホからコメントができる• 勉強後にご褒美としてちょっとしたゲームを楽しめるような工夫がされている• 1年生から英語が基本配信• 漢字検定の受験料が無料 【サービス全体の評価】• 会員の88. イード・アワード2015「子ども英語教材」最優秀賞受賞をした英語教材• 学習の成果に応じて楽しめる「スターアプリ」でモチベーションアップ• 全額返金保証制度がある 【タブレットについて】• 2016年11月より新タブレットになり、書きやすさがアップ!• タブレットの起動がチャレンジタッチより早い• Wi-Fi環境になくても使える チャレンジタッチのメリット 【学習内容について】• 年2〜3回の「赤ペン先生のもんだい」(赤ペン先生の添削付き)で記述力にも対応• 年2〜3回の実力診断テストがある- 漢字辞典やひらがな、かたかな、漢字や九九のポスターがもらえる• テストばっちり問題集(予想問題集)など紙媒体でのサポート有• 「がんばりもんだい」(応用問題)にもチャレンジできる。 スマイルゼミだと発展クラスは、別途料金が必要• 学習の進捗状況をおうちの人へメールでお知らせ• 追加料金なしで電子図書館「まなびライブラリー」が利用できる• 漢検・英検対策もできるようになりました!(2019年11月追記)• 英語も全2600レッスン収録、お子さんのレベルに合った活用が可能(2019年11月追記) 【サービス全体の評価】• 会員の91. 公立中高一貫校の合格者多数(平成29年度合格者数1,346名)• タブレット代が実質無料(6ヶ月継続にて)• 料金が安い 【タブレットについて】• タブレットが故障しても1年目は保証がきく• ゲーム感覚の学習アプリが無制限で遊べる• 利き手に対応している• タッチペンの感度がいい スマイルゼミとチャレンジタッチの比較まとめ ここまで、共働きパパママ目線で比較してきた結論!! タブレット学習に興味があるなら、 まずはチャレンジタッチ! 物足りなかったら、スマイルゼミに乗り換え!! です。 前提として、 やるのは子供なので子供が楽しんでるとか続けられるとかの方を選ぶのが当たり前なのですが、 チャレンジタッチは、 基本料金が安かったり、タブレット関連の費用もお得。 基本的には、一日10分程度の勉強量だけど、 基礎・応用・挑戦問題があったり、 記述式のパワーアップドリルや実力診断テストもあるので、 まあ最初はチャレンジタッチで始めてみれば良いのではないかと。 「みまもるネット」や「みまもるトーク」のサービスで学習状況がみれたり、 LINEのようにコメントが送れる機能の評価が高いので、 そのようなサービスが必要と思ったら、 スマイルゼミに乗り換えるって感じでいいんじゃないんでしょうか。 あくまで、 共働きとーちゃんの目線で、我が家の基準で、 比較してきましたので、 ホームページだけではわからないチャレンジタッチ、 紙教材のこどもちゃれんじなどの 詳細について見ることができるので、迷っている方はぜひパンフレットを 申し込んでみて確認してみてください。 valuecommerce. valuecommerce.

次の

チャレンジタッチとスマイルゼミを比較!我が家が選んだのはコレ♪

スマイルゼミ チャレンジタッチ どっち

スマイルゼミ と チャレンジタッチ で迷っています。 タブレット学習のスマイルゼミと チャレンジタッチで迷っています。 もうすぐ小3になる子がいます。 チャレタ>1年約4万円 (半年で辞めてもタブレット代金不要)、 スマイル>1年約4万8千円(半年で辞めたら追い金約4千円) チャレタ> 9. 7インチ A9-1GHz 16GB Android4. 2 で スマイル>詳細不明 チャレタのいいところは、 感圧式なので ペンで書いたところだけ認識するという子供向きなところ。 付属タッチペンもペン先細めに見えます。 一方、スマイルは、普通のタブレットと一緒。 なので、書いているときに、小指や手のひらが画面に触らないようにとyoutube動画で注意している。 タッチペンも今は付くみたいですが、先が太丸いので細かくなさそう。 チャレタは、英語が 超やさしい内容で年4回配信とのこと、ホント おまけっぽい気がします。 スマイルゼミは、1ヶ月に4単元送信してくるそうです。 4単元て、1つ10分なら40分てこと?でもチャレよりマシな気もする。 国語の書順判定は、どちらも同じぐらいのレベルのようです。 (HPのお試しと、動画で確認) なんとなく、内容はスマイルが良さそうですが、値段の差が納得いけるかどうか。 ・・・それとキャラクターのくれよんしんちゃんが一番許せません。 学習教材販売していて、しんちゃんがコンセプトに合致したイメージキャラなんだろうか。 入会特典しんちゃんの壁紙ってあってもそれにつられたかと万が一にも思われるのがイヤです。 なわとびCMは好きです。 さっき電話がかかってきて、スマイルゼミの返品OK期間は 15日ですと教えてもらいました。 試してみるのも手でしょうけど、いちど注文したら、返品なんてそうそうしないと思います。 むしろ、半年解約のペナルティを0円にしてくれた方が良い。 さて どっちが良いんでしょうか。 両方持っている方、もしくはチャレンジタッチ持っていて、スマイルゼミの「PCで体験」をやって比較してみた方などのご意見が聞けると幸いです。 補足チャレンジタッチまだ始まっていないと教えてくれた方ありがとうございます。 「あんだけ宣伝しておいて まだなんかいっ!」と思ってしまいました。 さらにスマイルゼミのページを見ていて、ふと気付いたのが いままで、新3年生だと思って、3年生の金額を見ていたけど、実は2年生のところを見ないといけないと言う事に気付きました。 それで比較してみたら チャレンジタッチとの差額が僅かであると言う事に気付きました。 あやうく 金額だけでチャレンジにするところでした。 全く同じ状況で悩んでいます。 うちも新三年生です。 違っていたらすみません。 ご褒美とかなんとか…。 個人的には、春から仕事を始めるので、家族間のコミュニケーションになれば、と思い、スマイルから検討し始めたら、チャレンジの存在を知り…と悩み始めました。 正直、私は教材より、家族でのやり取りの方を重視していたのですが、主人に相談したら、子どもの勉強の為に使うのだから、勉強重視ならチャレンジでは?やり取りは電話でも可能、と言われました。 チャレンジタブレットは、三月中にイオンなどで、体験会を開いているようですよ。 お近くなら実際触った方が分かるかもしれませんね…。 ちなみに、私は視力低下も気になるので、勉強時間にも制限をかけたいのです。 ほんと…悩みます。 結局24日までのスマイル申込も見送ってしまいました… ちなみに、チャレンジタブレットは一度申し込むと、やめてからもう一度、は出来ないと記載がありました。 多分タブレットを二回はあげられない、という意味からだと思いますが、それもちょっと躊躇する理由です。 うちも、長男が4月から3年生です。 そして、新一年生の妹・・・と続きます。 質問者様は、どういう結論に達されたのでしょうか。 我が家ではとてもとても悩んだ挙句、ずっと(0歳6ヶ月のときから)続けてきたチャレンジで継続することになりました。 ただ、4月号は様子見も兼ねて、従来型チャレンジでの継続です。 息子が、4月号のエデュトイがどうしても欲しいらしく・・^^; でも、本人の細かい希望から、5月からタッチに変える可能性が大です。 スマイルの「期間限定全額返品保障」は、確かに魅力でした。 このキャンペーンに乗じて、スマイルは様子見で入ってみようかな・・とも思ったのですが。 実際のところ、スマイルでは、 こどもが「おっっ??」と惹かれそうな点が優位な気がするんです。 チャレンジタッチと違ってネットに繋ぐことができる。 親の立場からすると、それは同時に心配な要素でもあります。 それを一時的にとはいえ子どもに渡してしまうと・・・、こどもがスマイルの方を気に入ってしまった場合、ますます天秤にかけてしまい、収集がつかなくなる気がして・・・。 しかしこの点に関しては、「思いっきり大人目線でみるとおもしろそうだけど。。。 、息子がスケジュールを活用できると思う??」という夫の意見で、私も疑問に思いました。 悩んだ末、我が家では上記の結論(チャレンジでの継続)に達しました。 実際に、両方のタブレットの体験会などに参加できればいいんですけどね。 残念ながら地方では開催がないようです。

次の

進研ゼミ中学講座とスマイルゼミ中学生コースを比較しました

スマイルゼミ チャレンジタッチ どっち

Contents• チャレンジタッチとスマイルゼミを簡潔に比較 チャレンジタッチとスマイルゼミの内容を簡潔に比較してみましょう。 会費、学習内容、タブレット代やサポートなど比較するポイントごとに、わかりやすく表にまとめました。 それぞれの違いを比較したものを解説していきますね。 会費は学年や支払いの仕方により違ってくるので、詳しいことは公式サイトで見積りをすることをおすすめします。 支払方法は年一括払いにするのが一番安くなります。 一度に年間費用がドンとかかるのは辛い場合は、毎月払いや6ヶ月一括払いもありますよ。 チャレンジタッチの会費 チャレンジタッチの月額会費を表にまとめました。 各学年の項目を参考にしてください。 毎月払い 6ヶ月一括払い 12ヶ月一括払い 1年生 3680円 3300円 2980円 2年生 3680円 3300円 2980円 3年生 4490円 4200円 3740円 4年生 4980円 4780円 4430円 5年生 5980円 5750円 5320円 6年生 6440円 6190円 5730円 スマイルゼミの会費 スマイルゼミの月額会費を表にまとめました。 各学年の項目を参考にして下さい。 毎月払い 6ヶ月一括払い 12ヶ月一括払い 1年生 3880円 3380円 2980円 2年生 4100円 3600円 3200円 3年生 4700円 4200円 3800円 4年生 5300円 4800円 4400円 5年生 6100円 5600円 5200円 6年生 6600円 6100円 5700円 タブレットの保証(あんしんサポート)の加入は3600円(税別)/年。 サポート期間中の故障は、1回あたり6000円で1回まで修理交換が可能。 保証期間はタブレットの到着から12か月目まで。 あんしんサポートに加入しない場合は、通常価格39800円での購入になります。 6ヶ月以上12ヶ月未満で退会した場合はタブレット代金6,980円(税抜)が、6ヶ月未満で退会した場合はタブレット代金29,820円(税抜)がかかります。 タブレットだけを見て検討するなら、チャレンジタッチの方がお得な感じがしますね。 サポート料金も安いですし、万が一故障した時の費用も安く抑えられます。 チャレンジタッチとスマイルゼミのタッチペンを比較 タブレット学習に必須のものと言えば「タッチペン」ですね。 チャレンジタッチにもスマイルゼミにも、専用のタッチペンが付属しています。 タッチペンについて比較してみますね。 チャレンジタッチのタッチペン チャレンジタッチのタッチペンはタブレットとお揃いの色です。 ちょっと写真ではわかりにくいんですけど、持つところがシリコン?っぽくなっていて滑りにくいです。 それ以外の部分はプラスチックです。 シリコン部分は持ちやすいように三角になっています(三角えんぴつを想像してもらえたら良いかと)。 万が一、チャレンジタッチのタッチペンが壊れた場合は、• 電話で申し込み、購入する(550円 税込)• 市販の感圧式用タッチペンを使う• 努力賞ポイントで交換する の3つの方法があります。 タッチペンの故障はサービス対象外とのことです。 スマイルゼミのタッチペン スマイルゼミは鉛筆と同じ感覚で書ける高性能デイジタイザーペンを採用していて、子供いわく、本当に書きやすいみたいです。 引用元:スマイルゼミ公式サイト しかもスマイルゼミのタブレットはタッチペンも指もどちらも反応する仕様になっていて、指タッチで動かすこともできます。 図形を動かす時などは指の方がやりやすいですしね。 引用元:スマイルゼミ公式サイト スマイルゼミのタッチペンは上の部分が消しゴムになります。 書いた文字を消せるようになっているんですね。 万が一、タッチペンが壊れてしまった時はみまもるネット(保護者用の会員サイト)から購入ができます。 チャレンジタッチとスマイルゼミのサポートを比較 次に、 チャレンジタッチとスマイルゼミの学習におけるサポート面を比較します。 まなび相談室(保護者向け)• 質問ひろば(子供向け) 家での学習がうまく行かない・・・と悩んだ保護者が気軽に電話で相談できるのが 「まなび相談室」です。 それぞれのお子さんの 学習状況に合わせて、個別に相談ができるのがメリット。 通話料無料のフリーダイヤルで相談できます。 また、チャレンジタッチ(国語・算数)をやっていてわからないところがあった!というお子さん向けのサービスが 「質問ひろば」です。 こちらは 個別質問はできませんが、自分が悩んでいることを解決するために「ギモンと解決」を閲覧することができます(タブレットから利用)。 スマイルゼミのサポート体制 スマイルゼミの学習サポート体制について解説します。 スマイルゼミでは入会後に不明な点が出た場合には サポートセンターに電話をする・メールで問い合わせるの方法があります。 ただサポートセンターに電話をしてもなかなか繋がらないとか、曖昧な答えしか返って来なかったという意見も見られるのであまりアテにはしない方が良いかも知れません。 チャレンジタッチとスマイルゼミのメリット・デメリット比較 いくら優秀な教材とは言っても、良いところばかりではありませんよね。 ちょっと気になる【悪い点・改善すべき点】はあるもの。 メリットはもちろんのこと、デメリットもきちんと知っておくと良いです。 事前に知っておくだけで後々これが気に入らない!となりにくいからです。 チャレンジタッチとスマイルゼミの メリットとデメリットを比較してみましょう。 チャレンジタッチのメリット・デメリット チャレンジタッチをうちの子供にやらせて3ヶ月が経ちました。 メリットとデメリットを挙げてみますね。 【チャレンジタッチのメリット】• 毎日のレッスン&学習アプリで楽しみながら勉強ができる。 目で見て、声を聞いて学ぶことができる。 ご褒美のジュエルやポイントが貯まる。 電子書籍が読める電子図書館が備わっている。 チャレンジイングリッシュのクオリティがすごい。 【チャレンジタッチのデメリット】• 音&声が出る場面が多いので充電がすぐなくなる。 学習に繋がるとはいえ、遊びの要素が強め。 電子書籍と動画を見過ぎてしまう恐れあり。 私が感じたメリット・デメリットは以上です。 チャレンジタッチは音や声で学習に誘い、楽しいアプリで勉強する習慣づけをするといった印象。 アニメーションの要素がすごく多いと感じました。 子供の興味を惹きつけるのが上手な教材と言えますね。 自分からはなかなか勉強しようとしないお子さまが学習の習慣をつけるために活用できる教材と言えます。 スマイルゼミのメリット・デメリット 我が家ではスマイルゼミを3年ほど使って学習をしていました。 その時に感じたスマイルゼミのメリットとデメリットを挙げてみます。 【スマイルゼミのメリット】• スタートの画面がシンプルでやるべきことがわかりやすい。 ムダな音声がないため、勉強に夢中になれる。 すべてがタブレットのみで完結するので気が散らない。 【 スマイルゼミのデメリット】• 応用力をつけるための発展コースが有料オプション。 英語力をさらにつけたい時の講座が有料オプション。 やるべきことが終わったら学習を終了してしまいがち。 私が感じたメリット・デメリットは以上です。 スマイルゼミは、チャレンジタッチに比べてシンプルな画面が特徴。 やるべきことが見えてわかりやすい反面、遊び要素が少ないため今日やるべきミッションが終了したら「ハイおしまい」となってしまう可能性が高いです。 ある程度、自分から進んで勉強ができる子• 限られた時間(15~20分)でタブレット学習を完了したい子• ご褒美に執着せず学習ができる子 シンプルな画面なのでやるべきことが一目瞭然なスマイルゼミ。 遊び感覚は無くても良いから、 しっかり学習したいお子さんにおすすめです。 気が散ることなく集中して15~20分の学習ができるため、限られた時間の中でしっかりと勉強をしたいご家庭にぴったり。 チャレンジタッチとスマイルゼミの比較【まとめ】 小学生のタブレット学習が人気とは言っても、どの教材にするべきかは本当に悩みどころだと思います。 チャレンジタッチとスマイルゼミ。 比較してみれば違いはありますが、どちらも素晴らしい教材です。 何をメインに考えるか?で選び方も変わってきますね。

次の