退職願 例文。 退職願・退職届の書き方ガイド

「退職願をメールで済ませたい」注意点や書き方を紹介【例文つき】|転職Hacks

退職願 例文

【退職願のフォーマット】退職する時に提出する一般的な書類 退職する場合、殆どの方が該当する退職願のフォーマットです。 縦型レイアウトでどのようなケースでも使用できます。 印刷用のPDFファイルとパソコンで編集可能なWordタイプの形式を用意しているのでお好きな方をダウンロードしてお使いください。 退職する為に必要な一般的な書類で、会社が受理した時点で退職日が決定します。 その為退職届と違い柔らかい印象のある書類になります。 会社や上司から指定がない場合はこちらの退職願を使用しましょう。 書き方がわからない方は一緒に記入例をダウンロードして、参考にしながら書くと失敗せずに退職願を書く事ができるでしょう。 【退職届のフォーマット】提出した時点で退職日が決まる書類 こちらは退職届のフォーマットです。 こちらも一般的な縦型レイアウトで、退職願との変更点はタイトルの「退職願」から「退職届」に変更されたことと、本文の「退職いたしたく、ここにお願い申し上げます」から「退職いたします」に変更された2点です。 一般的には退職願を提出するのですが、上司などに相談して退職届を提出する事になった場合はこちらのフォーマットを使用しましょう。 退職願と同じく印刷用PDFファイルとパソコンで編集可能なWord形式のファイルを用意しましたのでお好きな形式をダウンロードしてお使いください。 【辞表のフォーマット】会社役員や公務員の方はこちらを選択 辞表は会社の役職者や公務員の方が使用する「退職願」です。 変更点はタイトルが「退職願」から「辞表」に変更した1点のみです。 使用する方が限られるので一般的な会社員は辞表を使わないように注意しましょう。 退職願、退職届と同様に辞表のフォーマットもWord形式と印刷用PDFファイルから選択します。 記入例もあるので是非参考にしてください。 書類を書く時の注意点!名前は必ず直筆で書く事 退職願、退職届、辞表の全ての書類に共通する大切なことは• 名前は必ず直筆で書く事 書類を作成する時はこれを忘れないようにしましょう。 タイトルや本文など、名前部分以外の項目はパソコンで作成しても大丈夫です。 それぞれの書類を理解して円満退社をしよう 会社を円満退社するためには各書類の使い分けが重要です。 よく理解しないまま退職してしまうと後々トラブルになる可能性もあるので注意が必要です。 退職する前には上司などとしっかり相談して、退職日を決め、退職に必要な書類は退職願、退職届、辞表のどれを選ぶのかを確認する事が重要です。 会社や上司から特に指定がない場合は• 退職願 を選択するのが正解です。 同じ業界に再就職する場合は元の会社と付き合いがある可能性もあるので、特に気を配ることを忘れないで下さい。 提出する各書類を理解して円満退社をすることで転職もし易くなるでしょう。 もしも不安な方は、円満退職をサポートしてくれる転職のプロに相談してみましょう.

次の

退職届・退職願の書き方(テンプレ・例文付):退職届の添え状の書き方も徹底解説!

退職願 例文

ここがポイント• 一方、会社が退職願を承認し、退職が確定した後に使用するのが退職届となります。 事務手続きの記録として提出する場合がほとんどです。 もし、会社規定の書面があれば使用しましょう。 辞表は一般社員が使うことはまずありません。 会社の運営に関わるような役員や、公務員の方が使用します。 まれに、退職願や退職届を提出した後に、「退職を撤回したい」と会社にかけあう人がいますが、退職願が会社に承認される前であれば、撤回できる可能性があります。 会社に承認された後は、ほぼ撤回はできません。 ご注意ください。 意外と知らない!退職の違い ひとことで「退職」といっても、「自己都合退職」「希望退職」など、実はいろいろあります。 どのような意味なのか、このタイミングでチェックしておきましょう。 退職願・退職届の提出先・タイミング 退職までの一般的な流れ 「退職願・退職届は、いつまでに会社へ提出すればいい?」「退職すると言った後、どれくらいの期間で退職できるの?」他、退職までの一般的な流れをご紹介します。 2周間前取引先(社外)へ挨拶まわり 担当へ引き継ぎ• 退職日貸与品の返却 退職書類の受け取り 退職願・退職届の渡し方・タイミング・伝え方 退職願・退職届は、直属の上司の方に渡します。 人目のない会議室などで渡すと良いでしょう。 また、事前に退職日を交渉して決定しておくとスムーズに手続きが進むはずです。 その他、悩みがちな退職に関わるポイント 退職願・退職届の書き方 退職願・退職届を出す前の準備 ここでは、退職願と退職届を書き始める前に知っておきたいこと、実際に書く上で必要となる物について確認していきましょう。 最初に就業規則を確認 会社の就業規則には退職願や退職届を提出する期限が記載されている場合が多く、中には退職希望日の二ヶ月前までに提出する決まりのある会社もあります。 法的には、退職2週間前の申請で問題はないのですが、念の為、就業規則は必ず確認してください。 準備する物• 白い封筒• 白い便箋• 筆記用具(黒色)• クリアファイル 退職願・退職届は白色の無地の封筒に入れましょう。 便箋の色も読みやすい白色にし、黒色の筆記用具で記載します。 封筒は使用する用紙のサイズに合う大きさを用意し、持ち運ぶ際にはクリアファイルにいれておきましょう。 退職願・退職届の書き方・ポイント.

次の

退職願・退職届の書き方ガイド

退職願 例文

体調不良など何らかの理由で、手渡しができない• 内容証明郵便での郵送方法については、こちらの記事『』で詳しく解説しています。 「退職を拒否される」「退職届を受け取ってもらえず、辞めるに辞められない」などと困っている方はこちらを参考にしてください。 また、一緒に送る『添え状の書き方や例文』、『封筒の書き方』についても紹介しています。 退職届の用紙• 退職届を入れる封筒• 添え状の用紙• 郵送用の封筒 手渡しの場合には、『退職届の用紙』と『退職届を入れる封筒』の2つを用意すればOKですが、郵送する場合にはさらに『添え状の用紙』とそれらを郵送するための『郵送用の封筒』が必要です。 退職願・退職届を用意する まずは、退職願・退職届を用意します。 退職届(願)には、書き方や折り方、封筒への入れ方などいくつか注意すべきポイントがあります。 退職届のマナーについては、下の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてください。 check 『添え状』の書き方・例文 添え状の用紙 添え状の用紙は、この用紙でなければならないという決まりはありません。 一般的には「無地のコピー用紙」や「便箋」を使います。 用紙のサイズについては、「B5」または「A4」の大きさが一般的です。 添え状は『縦書き』か『横書き』か? 添え状を作成する際には、手書きでもパソコンでもどちらでもOKです。 最近では、パソコンで作成する方が多くなっています。 一般的に、 パソコンで作成する場合は『横書き』、手書きの場合は『縦書き』にすることが多いです。 『横書きパターン』の例文と書き方のポイント まずは、横書きパターンの「例文テンプレート」と「書き方のポイント」を紹介します。 こちらはあくまで例文なので、細かな文章などはあなたの状況に合わせて修正してください。 記載した日付ではないので注意。 今回の場合では「退職届の送付について」と記載する。 一般的には、「拝啓~敬具」を用いることが多い。 『縦書きパターン』の例文と書き方のポイント 次に、縦書きパターンの「例文テンプレート」と「書き方のポイント」を紹介します。 手書きで書く場合はこちらを参考にしてください。 『封筒』の選び方・書き方(例文あり) 封筒のサイズ 郵送用の封筒には退職届・退職願を入れなければならないので、 退職届・退職願のサイズよりも一回り大きい封筒を選びます。 一般的に、退職届用の封筒は「長形4号」「長形3号」を使うため、それよりも一回り大きいサイズの封筒を用意します。 まとめると、下の通りです。 上の通り、 退職届が「長形4号」なら郵送用封筒は「長形3号」、退職届が「長形3号」なら郵送用封筒は「角形5号」を選びます。 また縦書きの場合、番地や階数などの数字は『漢数字』にする。 文字が長くなるときは、部署と課を2行目に書く。 役職名は小さく、名前は大きく書く。 『親展』と書くことで、「封筒に書いてある人以外は開封しないでください」という意味で、他の人に開封されることであなたの退職が職場に広まらないための配慮。 〆は「封をした」という意味で、途中で他の人に開けられていないという証になる。 封筒への入れ方 添え状の折り方 添え状を封筒に入れる時の折り方は、下の通り、 下3分の1を折ってから、上3分の1を折って、三つ折りにします。 添え状と退職届を封筒に入れる 郵送用の封筒には、『添え状』と『退職届の入った封筒』の2つを入れます。 入れ方は、下の通りです。 郵送用封筒を表にして、 「添え状が前に、退職届が後ろになる」ように入れます。 添え状が前にあることで、後ろの「退職届」の文字が封筒から透けることを防ぎます。 退職届を『郵送する方法』 今回は、 退職届を郵送することを会社に認めてもらっている場合なので、郵送方法は「普通郵便」で問題ありません。 自分で切手を貼ると料金不足になる可能性もあるので、念のため郵便局から発送すると確実でしょう。 一方で、退職交渉で揉めていて、退職届を受け取ってもらえない場合などには、『内容証明郵便』で送ることもあります。 内容証明郵便の送り方は今回の方法とは異なるので、こちらの記事を参考にしてください。 check まとめ:退職届の正しい郵送方法 以上、『退職届の正しい郵送方法(添え状の書き方、封筒への入れ方)』の解説でした。 今回のように添え状の書き方や送り方にもマナーがありますが、『退職届(願)の書き方』にも細かなマナーがあります。 まだ退職届を書いていない方は、こちらの記事『』も参考にしてみてください。 少し面倒ではありますが、マナーをしっかりと守ることで無用なトラブルを避けて、スムーズに退職することができます。 これから転職する人は『転職エージェント』を利用しよう! 「これから転職活動をする・まだ転職先が決まっていない」という方は、退職の準備をすると同時に「転職活動」に力を入れましょう。 退職前から転職活動を始める人はたくさんいますが、 その多くの人が利用しているのが『転職エージェント』です。 『転職エージェント』では、求職者の転職活動を助けてくれるエージェント(担当者)が付いて、 『あなたにおすすめの非公開求人の紹介』や『応募書類のチェック』、『面接の対策』などのサポートをしてくれます。 また、「初めての転職活動」では分からないことだらけで不安になりますが、エージェントにはいつでも相談や質問ができるので、安心して転職活動に取り組めます。 エージェントの使い方は 「複数登録」して、しばらく利用した後に『併用する』か『絞る』かを選択するのがおすすめです。 その理由は、単純に紹介してもらえる求人が増えるというだけでなく、「エージェントの質を比べられるようにしておく」ためです。 エージェントは優秀な人もいればそうでない人もいますし、あなたとの相性が良い人もいれば悪い人もいます。 そのため、ひとつしか登録していないと比較できないので、そのエージェントが良いのか悪いのか分かりません。 「転職はエージェントの質によって結果が変わってくる」と言っても過言ではないので、初めに2~3つのサービスを利用して、自分に合うエージェントと出会ってください。 そこで最後に、おすすめの転職エージェントを2つ紹介します。 各転職エージェントは無料で利用できて登録もすぐに終わるので、まずは転職者に人気の大手サービスを利用してみるのがおすすめです。 1の『 』 転職エージェントで最大手のサービスが『 』です。 リクルートエージェントの特徴は 「求人数が圧倒的に多い」ことで、まずここに登録しておけば業界の大半を網羅した求人の中から自分に合う会社を紹介してもらうことができます。 また、 「非公開求人」もたくさんあり、他の転職サイトにはない求人を紹介してもらえるので、転職先の選択肢がぐんと広くなります。 リクルートエージェントは、 「転職成功実績No. 1」の最大手なので、転職を始める人がまず最初に利用しているサービスです。 1の『 』 『』は、 転職者満足度No. 1の大手転職エージェントで、転職者の多くが「リクルートエージェント」と一緒に利用しているサービスです。 DODAも求人数がとても多く、「非公開求人」も多数所持していますが、一番の特徴は 「転職者満足度No. 1」と言う通り、「エージェントがとても親切なこと」で、『おすすめの求人紹介』や『応募書類の書き方』『面接対策』の対応がとても細やかで丁寧です。 DODAは利用者も多く、実績十分の大手転職サービスなので、「リクルートエージェント」と併せてまず初めに登録しておいて間違いのないサービスです。 まずは、この2つの大手サービスに登録しておけば、あなたに合う求人を紹介してもらえる機会がぐんと増えます。 もしどちらかが「自分に合わない」と思えば、そちらの利用を止めて一つに絞るのがよいでしょう。 登録料はかからないので、気軽に登録してみてください。

次の