旦那のお小遣い。 夫/旦那の小遣い平均や年収の割合は?昼食代が足りない?内訳や使い道は?

旦那のお小遣いは年収の何割が相場?世間の金額や割合を調べてみた

旦那のお小遣い

あなたは 旦那の小遣いを決めるとき、どうしているでしょうか。 夫に初めて小遣い制を導入するときや、小遣いの金額を設定するとき、揉めてしまう夫婦も多いのではないでしょうか。 家計のお金の管理の方法を大きく分けると、給料を全部家計に入れてから小遣いを受け取るタイプと一定金額を家計に入れて、残りをお小遣いとして自由に使うタイプに分かれます。 節約したい家計では、夫から生活費をもらい残りは夫の自由とするよりも、夫の小遣いは固定とした方が貯蓄は多く貯まります。 また夫にどのくらい自由に使えるお金があるのかわからなければ、「私はこんなに頑張っているのに、夫は好きにお金を使っている」と不満を感じてしまうかもしれません。 そのため、夫の小遣いを固定とすることは必要な事項であると言えます。 家計を把握している妻にとって、「夫の小遣いを減額出来たら節約できるのに」と考える人は多いのではないでしょうか。 一方夫の方は、家計を妻に任せている場合は、小遣いは多くもらいたい考えていることでしょう。 では適正な小遣いはどのように決めていけばよいのでしょうか。 そこで今回は、旦那の小遣いを決める時のポイントをご紹介いたします。 金額を決める際の参考にしてみてください。 スポンサーリンク 旦那の小遣いを決める時のポイント• 手取り収入の1割が目安• どこまでを小遣いとして出すのか• 妻の意見を押し付けない• 夫の支出の把握• 家計の詳細を共有する• 毎月の貯蓄額を決定する• 小遣い設定後も定期的な見直しをする 手取り収入の1割が目安 一般的に夫の小遣いの目安は、手取りの1割程度と言われています。 これには明確な根拠はありません。 あくまで目安として、各家庭の収入と支出のバランスに合わせていきます。 もしローンなどの支出が多いなら1割より下げる必要があるかもしれません。 どこまでを小遣いとして出すのか 小遣いは自由に使い道を決められるもので、飲みに行く費用、趣味にかかる費用、タバコなどの嗜好品、雑誌・書籍費、洋服などに使われるでしょう。 それでは小遣いからどこまで出してもらうのか、小遣いに含まれる範囲を夫婦で決めておくことが必要です。 夫のランチ代はお小遣いに含めるのか、それとも1食あたりの金額を決めて家計費から別に出すのか。 例えば営業職などでお昼は外で食べざるを得ない場合、ランチ代も小遣いから出してもらうのは酷かもしれません。 また仕事の一環としての飲み会の全てを小遣いからまかなうことも難しいかもしれません。 資格取得などのキャリアアップ費用は、将来的に家計収入の維持・向上につながるもです。 仕事の一環としてとらえるものは、必要経費と考え家計費から出す配慮も必要です。 必要経費までもを小遣いから出すようにすると、趣味や息抜きのための飲み代を節約しなくてはならなくなるので、夫の仕事のモチベーションが下がってしまうことも考えられます。 他にはガソリン代や交通費をどうするのか。 交通費は必要経費なのですが、小遣いから出してもらうのか、家計から出すのか。 また夫が主に車を使っている場合、レジャー時のガソリン代はどうするのか、なども話し合っておきましょう。 どこまでがお小遣いの範囲かを話し合い、無理のない決め方をしていきましょう。 スポンサーリンク 妻の意見を押し付けない 節約をしたい妻からすると、夫の小遣いは出来る限り減額したいものです。 」と言ってしまうと、納得出来ない夫も多いのではないでしょうか。 家計全体の収入と支出が夫婦で共有できていないと、お互いに納得できる小遣いは決まりません。 収入と支出を計算し、数字を見せて適正価格を二人で話し合いましょう。 「自分で小遣い額を決めた」という印象を旦那に与えるといいでしょう。 出典 夫の支出の把握 夫の小遣いを設定し、その金額が適正かどうかを判断するためにも、夫の支出を把握していきましょう。 夫が無駄遣いをしていないか、責めるのではなくあくまで把握が目的です。 そこで削れるポイントや削れないポイントも出てくるかと思います。 例えばタバコに使いすぎている時、健康のためにも削って行きたいものです。 ポイント2でも記載していますが、夫の小遣いからランチ代を出していて、それは削ることができない項目ならばランチ代は家計から出したり、弁当を持っていくことができるなら、弁当を作ってあげるなどの譲歩も必要です。 家計の詳細を夫婦で共有する 家族会議のときに家計をあえてすべて旦那さんと詳細にわたって共有し、目的に対する方法を議論する。 これも重要な方法のひとつです。 家計の状況と目的のすり合わせなしに「節約」を課しても、なかなか実践してもらうことはありません。 「5年後までに家を買いたい。 そのためには諸費用、頭金、家具、あわせて500万円が必要です。 そのためには5年間どうやって家計を考えていけば良いと思うか一緒に考えて」と目的からすべてをオープンにするのです。 「じゃあ、収入を増やそう」なのか「節約しよう」になるのか、わかりませんが結果的に同じ目的に向けて役割分担して動くことで、家庭の結束も強くなるのです。 出典 スポンサーリンク 毎月の貯蓄額を決定する 「では、毎月どれくらい貯蓄に回したらいいか」を2人で考えましょう。 鍵は子供計画。 子供を2人作るとした場合、子育てにどれくらいの費用がかかるのか。 子供1人の場合はどうなのか。 子供を作らないとしても、夫婦2人で安心して生活ができて、不慮の事故や病気にも対応でき、さらに老後の資金まで考えた場合、毎月どれくらいの貯蓄、積み立てが必要なのか。 あるいは、どれくらい蓄えていけば安心できるのか、2人で時間をかけてじっくり話し合いましょう。 出典 小遣い設定後も定期的な見直しをする 家計の収入と支出には変動があります。 子供が増えた時や学校に入るなどにより支出はかさんでいきますし、昇給や転職により収入も変動していきます。 その時々で収入と支出に見合った小遣いなのかを見直していきましょう。 小遣いの減額が必要な時もあるでしょう。 逆に収入に比べて小遣いが少ない時は、夫の仕事へのモチベーションも下がってしまいます。 きちんと増額もしていくことは大切です。 話し合いの上お互いに納得できる金額を決めましょう 節約を目的にお金の話を夫婦ですると、どうしても暗くなりがちです。 小遣いを使いすぎている場合、相手を責めたくなってしまうこともあるかもしれません。 ですが、お金の話はなるべく明るく話せるように心がけましょう。 夫婦で共通のライフプランや目標を持っていれば、それに向けて貯金や節約をしていく意識は高まります。 夫婦でしっかりと話し合って小遣いを設定していくことが大切であるといえます。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

旦那さんのお小遣いの使い道知ってる?使い道を紹介します

旦那のお小遣い

旦那を小遣い制にする方法 旦那を小遣い制にする方法は以下の通り。 好きなようにお金を使えなくなる小遣い制は旦那さんにとっては良いことではありません。 しかし家族の将来を守るためにも、なんとか納得してもらいましょう! なぜ小遣い制にしたいのかを明確に伝える 小遣い制への変更する理由を旦那さんに納得してもらう必要があります。 何のために小遣い制になるのか分からないのに、小遣い制度への変更に 「YES」と答える旦那さんはまずいないでしょう。 また旦那さんが納得できていないのに無理やり小遣い制度にしてしまっては仕事に対するモチベーションが下がって大変危険です。 お給料が減ってしまっては元も子もありません。 小遣い制にして浮いたお金をどうするか具体的に伝える• 貯金がしたい?• マイホームが欲しい?• 生活が厳しい? 貯金ならいつまでにどれくらいしたいのか、マイホームならいつまでにどれくらいの価格の家が欲しいのか、生活が厳しいならどれくらい厳しいのか、あとどれくらいあれば楽になるのかなど・・・・。 小遣い制に変更して浮いた金額をどうするのか、できるだけ具体的に旦那さんに伝えてあげてください。 ハッキリとした理由が分かれば、まともな旦那さんであれば小遣い制度への変更を真剣に考えてくれるはずです。 家計簿をつける 旦那さんが小遣い制に反対でも、あなたには家計の詳細を知る権利があります。 パソコンやスマホのアプリ等で家計簿をつけることを提案するのもおすすめです。 夫婦どちらもアクセスできるようにして家のお金の流れをクリアにしましょう。 あなたが家計簿をつけることに拒否反応を示すようなら(その時点で怪しいですが)、旦那さん自身につけてもらうようにお願いしましょう。 何度もいいますが、あなたにも家計の詳細を知る権利があります! 最悪、小遣い制への変更が難しい場合でもお金の細かい流れが分かればあなたも安心できませんか? 旦那さんが家計簿を面倒くさがったらチャンス! 家計簿を面倒だからと拒否してきたらチャンス! 「それなら私が管理します」とあなたが家のお金を管理する流れにもっていけます。 あなたが家計簿をつけるのも嫌• そのくせ自分も家計簿をつけたくない 旦那さんが両方拒否する場合、なにか 「やましい理由」があるはずです。 そこを突けば小遣い制にもっていきやすくなります。 家族の生活用に別口座を作る どうしても無理なら家族の生活費用の口座を作るのがおすすめです。 毎月の生活費と貯金する金額をきちんと決めて、その金額を生活用口座に移すようにお願いしましょう。 もし共働きならあなたのお給料からもその口座に移してください。 ギリギリ生活出来る金額ではなく少し余裕のある金額にしておくのがポイントです。 あとは毎月決まった金額を旦那さんに入れさせるだけです。 お子さんが増えたり、支出が増えてきそうなら計算をしなおして、またあなたが妊娠などの理由で休職になったら、旦那さんの負担を増やして・・・。 これって実質お小遣い制度と代わりませんよね? しかも 「小遣い制度なんて絶対に嫌だ!」という旦那さんのプライドも守ることができます。 旦那と一緒に必要なお金を計算しよう 生活に必要な支出と貯金の計算は、必ず旦那さんと一緒に! 細かい生活費など無頓着な旦那さんが非常に多いです。 特に小遣い制に反対する旦那さんは 「これだけ渡していれば余裕で生活できるだろう」と甘く考えています。 食費がいくら、ローンがいくら、貯金がいくらなど、旦那さんにも分かるように一緒に計算することで、家族に必要なお金をキッチリ分からせましょう! まとめ:まずは小遣い制にする必要性を解らせるところから• なぜ小遣い制にしたいのかを明確に伝える• 家計簿をつける• 家族の生活用に別口座を作る 小遣い制にしたいなら旦那さんを説得するためにも、まずはなぜ小遣い制にしたいのかを明確に伝える必要があります。 小遣い制にするとどれくらい浮いて、そのお金を何に使うのかを具体的にプレゼンしてください。 またお金の流れの詳細を知るために必ず家計簿をつけましょう。 あなたがつけても旦那さんがつけてもどちらでも問題ありませんが、大事なのは夫婦がいつでも内容を確認できるようにしておくことです。 最悪小遣い制が無理でもお金の流れがわかればあなたも少しは安心できるはずです。 旦那さんが家計簿を嫌がるようなら、何かやましいところがないか詳細を探る必要があります。 やましいことがある=小遣い制にもっていくチャンスです!.

次の

旦那さんのお小遣いの決め方|【固定制】にして旦那さんのモチベーションアップ!家計の管理もしやすくなる!|カケマネl家計管理と投資で加速l

旦那のお小遣い

2018. 27 2019. 旦那さんのおこづかいの使い道は、どうなっているのでしょう。 聞くところによると、『年収から割合を出すといい』とか、『5万円は欲しいよね。 』とか。 いやいや、『10万円はないと困る。 』なんて旦那さんもいるとか。 あるサイトのトピックから、夫のおこづかい事情をまとめてみましたよ。 スポンサーリンク 目次• 夫(旦那)の小遣い平均や年収の割合は? あるインターネットサイトのトピックでは、夫のお小遣いの平均や年収などのお給料との割合は、このようになりました。 夫のお小遣いやご家庭の収入の使い道は、それぞれだと思います。 ここでは、それぞれの世帯収入はひとまず置いておいて、平均の金額を出しています。 旦那さんのおこづかいの相場で一番多かったのは、5万円でした。 以下の平均金額はこのようになっています。 5万円• 4万円• 3万円• 2万円・1万円• 6万円・7万円• 年収・月収の10%(1割) 4万円~5万円くらいが旦那さんのおこづかいの相場という感じですね。 中には、10万円を超えるお小遣いという方もいらっしゃいました。 年収や手取りの10%(1割)程度というご家庭も多いようでした。 食費や家賃や住宅ローンなどの住居費、光熱費を考えると妥当な割合な気もします。 ですが3万円以下のお小遣いという旦那さんもいらっしゃいました。 3万円以下の場合には、昼食代をそのお小遣いの中から出すというよりは、お弁当や缶コーヒーを持参して会社へ出勤するという方もいらっしゃいました。 別の40代の1,600万円の年収がある旦那さんのお小遣いは、10万円だそう。 50代の手取り年収約500万円の旦那さんは、12万円。 内訳は、タバコや飲み会など。 旦那さんのお小遣い平均は5万円程なのですが、中には、10万円を超える金額をお小遣いとしている旦那さんもいらっしゃるようです。 またボーナスの時には、7万円程を臨時のお小遣いにしているという旦那さんも。 夫の小遣いが足りない?小遣いの内訳や使い道は? 旦那さんのお小遣いの内訳や使い道は、どうなっているのでしょうか。 旦那さんのおこづかいの使い道は、昼食代、嗜好品(たばこ)、飲み代、趣味にかかる費用などが多いようです。 昼食代は、お弁当を持参しているご家庭もあるようです。 夫のお小遣いの内訳や使い道をまとめるとこのようになっています。 昼食代• 嗜好品(たばこ・コーヒー)• 飲み代• 趣味にかかる費用(資格の学校やジム、楽器)• 会社でのお付き合い• 散髪代• お茶やカップラーメン、ガムなど• 被服代• レジャー費• ゲームソフト• タクシー代• クリーニング代 ある管理職の方のお小遣いは、月に9万円だそう。 会社でのお付き合いや部下におごったりということもあるようです。 また、趣味の多い旦那さんは、資格の学校やジム、楽器を習ったりされていて、そのお月謝に4万円程かかるという旦那さんもいらっしゃいました。 趣味にかかるお金は、かかり始めたらきりがないところですよね。 管理人の夫の友達もヨットとか熱帯魚とかバイクとかが好きで、お給料のほとんどを使っているんじゃないかというご家庭もあります。 旦那さんの働いて稼いだお給料を、小遣いとか言って欲しくないなんて言う旦那さんもいらっしゃいました。 大体のご家庭では、妻(奥さん)が家計を切り盛りしていらっしゃるようです。 その中には、住宅ローンや子供さんの学費などの教育費、将来の住宅の建て替えのための貯金や教育資金の為に貯金をする。 という堅実な意見が多数みられました。 中には、共働きで家計はいくらか決まった額を出して、あとはそれぞれが自由に使うというというご家庭も。 子供さんがいるご家庭と夫婦2人のご家庭、様々な使い道があるのだなと思いました。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

次の