エヴァンゲリオン マリ 死亡。 なぜ、シンジはアスカの首を絞めたのか?【エヴァンゲリオンFANさいと】

新世紀エヴァンゲリオンの登場人物

エヴァンゲリオン マリ 死亡

まず、物語冒頭では序で強敵、第6使徒を倒したNERVでも、来日するアスカでもなく、新キャラ、マリにスポットライトが当たります。 プロローグ マリ対第3使徒 舞台は北極NERV基地、封印していた第3使徒が突如覚醒し基地内を大暴れするところから物語は始まります。 第3使徒は原作に登場しない独特の形をしていますが、新キャラ 真希波・マリ・イラストリアス操る緑のエヴァ、仮設5号機が出撃し、暴走を食い止めようと奮戦、激戦の末、 仮設5号機は大破してしまうものの見事第3使徒のコアを破壊し、撃退に成功します。 墓参りと弐号機参戦 舞台は再び日本に戻り、 シンジと父、ゲンドウの墓参りから物語は始まります。 二人はシンジの母、綾波ユイの墓を参った後、ミサトと共に帰りますがそこで使徒が襲来します。 第7使徒は原作アニメに登場しない特殊な形状をした使徒ですが、来日した 式波・アスカ・ラングレーの乗るエヴァ弐号機と壮絶な空中戦を行い、キックによりコアを砕かれ消滅。 シンジはアスカと最悪の出会いをします。 その後、 アスカはミサトの家に同居、シンジのクラスメイトになりますが、シンジに裸を見られるなど印象は最悪のまま、日常パートは続き、シンジは空から密入国してきたマリとも不思議な出会いをします。 しかし、平和はいつまでも続かず、第8使徒、原作では第10使徒サハクィエルが空から落下してきます。 ミサトの作戦によりシンジ、アスカ、レイの三人は協力して使徒を受け止め見事撃退し、パイロット同士の確かな絆が構築されます。 暴走するエヴァと第9使徒 エヴァのパイロット同士の絆が深まった頃、エヴァ4号機の消滅事件の煽りを受けてエヴァ3号機が日本で起動実験が行われることになり、アスカがテストパイロットを志願します。 原作ではシンジの親友、トウジが乗り、悲劇を生むのですが、破ではアスカが乗り込み、やはり起動実験中に第9使徒に乗っ取られてしまいます。 シンジは一人でエヴァ3号機と対峙、アスカが乗っていることを知ると戦闘を拒否しますが、ゲンドウの命令により初号機のダミーシステムが起動。 シンジを乗せたまま初号機は第9使徒もろともエヴァ3号機も徹底的に破壊、 アスカが乗るエントリープラグまで砕いてしまいます。 そしてアスカ死亡を目の前で見たシンジはエヴァに乗ることを辞め、NERVを去ることを決意します。 そんな事を知らないシンジはアスカの死に絶望し、ミサトの家を出ますがそこで新たなる使徒、第10使徒が現れます。 第10使徒は最強の使徒ゼルエルとよく似た容姿をしており、無敵の力を発揮します。 アスカの代わりに弐号機に乗ったマリも奥の手のビーストモードを発動させるも敗北。 N2地雷で攻撃しようとしたレイの乗る零号機も第10使徒を倒すどころか捕食されてしまいます。 まるでアニメ版のゼルエル戦のような壮絶な展開が続く中、レイを救う為立ち上がったシンジは初号機に乗り、人の形に姿を変えた第10使徒を攻撃、覚醒した姿で使徒を圧倒、消滅させ無事レイの救出に成功します。 ですが、エヴァ初号機の覚醒はサードインパクトの引き金だったようで初号機は神のような姿へと変貌して、シンジとレイを飲み込んでいきます。 このままサードインパクトで物語は終わるのかと思ったその時、月から新たなるエヴァに乗った渚カヲルが現れ、槍で初号機のコアを攻撃、サードインパクトを防いだ事でラストを迎えます。 A post shared by shinq1111 on Jul 13, 2019 at 2:10am PDT エヴァ3号機といえば原作トウジは重症を負い、マンガ版では死亡と縁起の悪い機体ですが、テストパイロットとして乗り込んだアスカも初号機のダミーシステムによって全身を引きちぎられ精神崩壊を起こす程のダメージを負います。 しかし、破のラストに流れるQの予告特典でも片目に眼帯をつけたアスカが元気そうに叫んでいる事から死亡はしていません。 しかし、アスカが重症を負った後、シンジは一度もアスカと会えていなかった為、死を強く意識してしまったのではないかと思います。 また、エヴァンゲリオンQで発したアスカの発言からアスカはすでに人ではなく別の生物になっている事がわかっているので、アスカ生存の理由はこのアスカの身体に起こった変化が大きく関係しているとも考えられます。 しかし、続編Qではサードインパクトこそ防げたもののその被害がかなり大きかった事が判明しています。 エヴァンゲリオン破はこれ単体でもかなり楽しめる作品となっているので新作の前に一度見直してみるのも良いのではないでしょうか.

次の

【エヴァンゲリオン】エヴァンゲリオンのパイロットについて一覧形式でまとめてみた!|まんが人気考究

エヴァンゲリオン マリ 死亡

その謎の中でも、物語の終盤に出てきた「人類補完計画」とは一体何なのか?ゼーレが行おうとしたものとゲンドウが行おうとしたものは違うの?などと思う人も多かったと思います。 そんなエヴァの 謎の根源とも言える存在が碇ユイです。 女性の科学者でありながらエヴァとは深く関わっている人物のひとりですが、本編ではほんの僅かの登場しかありません。 碇ユイがいたからこそ、「人類補完計画」にかなり深く関わっていくことは事実なので、詳しく紹介していきます。 碇ゲンドウの相方でお馴染みの 冬月は、元々大学の教授で碇ユイとゲンドウとは教え子の関係でした。 そんな2人が出会って結ばれるまでにそう時間は掛かりませんでした。 冬月にも結婚したことを話すのですが冬月は 何かを企んでいるゲンドウを嫌っていました。 ゲンドウは六分儀ゲンドウが本名で、ユイの実家である碇家へ婿養子で入ったのです。 それは 自らの保身のためにユイの力を利用しているのではないか?と思わせる感じでした。 それからすぐに息子のシンジが生まれて、三人家族で過ごす時間が数年続くことになります。 碇ユイとは?その2:実験で起こった悲劇 碇ユイは、赤城リツコの母親である赤城ナオコたちとエヴァの研究を行っていて、最終段階にまでこぎつけることができました。 エヴァに搭乗するところをシンジにも見せたくて研究所へと連れていきます。 実験が開始されしばらくすると警告音が鳴り響きます。 そして碇ユイは息子シンジの目の前でエヴァの中から忽然と姿を消してしまっていたのです。 肉体がLCL化してしまい、彼女の体は消失してしまいました。 これには碇ゲンドウも予想外という形で動揺を隠すことができませんでした。 それ以降 サルベージ計画が行われてユイを引き戻すことを試みたのですが、ユイは初号機に留まることを選択したようで成功しませんでした。 人が生きた証を残すということを第一に考えていたユイは、 どんな場所でも自らが選択したところならそこは天国になると話しています。 彼女は、エヴァの中でも生き続けられるという自信もあったのです。 しかしそれを他者に強要する考えはなかったようで、 自分の未来は自分で切り開くという考えさえあればどこで生き続けても良いとすら思っていました。 そのためシンジが初号機に取り込まれた時も自らの選択で決めなさいという感じで、サルベージ計画か行われた時にここに留まるのか?それとも現実に還るのか?を選択させました。 結果、 シンジは還ることを選んで肉体は戻ることになったのですが、ユイはある意味初号機の中でどの世界を選ぶのかという番人のような感じになっています。 碇ユイとは?その4:サルベージとレイの誕生 今日は綾波レイと碇ユイの誕生日!! おめでとうございます!! そして碇ユイを取り戻すための計画として 初号機に取り込まれたユイのサルベージから綾波レイを誕生させました。 綾波レイはいわゆる人造人間でアダムから作られています。 半分は碇ユイで半分はアダムという遺伝子構造になっていて、魂はリリスのものを注入されました。 そして替えの肉体がいくつも存在して、以前の記憶もしっかりと次の肉体に引き継がせることができています。 そもそも綾波レイは何のために必要か、それは、 ゲンドウがリリスの魂を持つレイと融合を果たすためです。 そうすることで 神と同等の存在になれたのですが、結果はレイに拒絶されて自らの目的が未遂に終わってしまいました。 関連記事をご紹介! 碇ユイとは?その5:マリとの関係とは? 君、いい匂い、LCLの香りがする…君、面白いね。 【真希波• イラストリアス】 — エヴァbot takatanien10 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』では、真希波マリが登場しています。 碇ユイは、マリと意外な関係がありました。 それは 漫画版の方で描かれていた、 「夏色のエデン」というストーリーにあります。 マリは16歳で京都大学に飛び級した天才少女で、ユイとゲンドウの同級生となりました。 そこでユイには実力において、何も敵わないことを知ったマリが嫉妬をして眼鏡を隠してしまいます。 しかし、そんな出来事もユイは快く許してくれたので、2人の間には友情が芽生えることにもなりました。 マリは変わらない姿でエヴァのパイロットして劇場版で活躍していますが、それは エヴァに乗ることで年齢が止まるという副作用があるからだと思われます。 碇ユイとは?その6:全ての元凶だと思われる理由 エヴァの碇ユイが京都大学の研究者だったという設定はかなり嬉しかったりする。 よく使うのはどこの食堂だったんだろなあとか考えたりする。 「人類補完計画」とは、 全ての人類を1つの生命体にすることで完璧な世界を作り上げるというものです。 しかしゲンドウは全てを取り仕切っていたゼーレの考えている「人類補完計画」とは別の方向へ進んでいました。 それは自らの体にアダムとリリスを取り込むことによって神になろうとしたのです。 そして 自らの手でサードインパクトを起こし碇ユイとの再会を果たそうとします。 碇ユイのためならという考えがあらゆる原因を生んでいたことも事実です。 もしもユイがいなかったらどうなっていたか?ゲンドウは碇ユイ消失からすぐに「人類補完計画」を立案していたので、この計画そのものがなくなっていた可能性があるのです。 他にも 碇シンジが他者と生きることを選択したのもユイの言動が大きかったので、シンジの心に絶望しかなかったのならあっさりと人類は新たな進化と言える1つの生命体になったことでしょう。 様々な点から考えても元凶とも言うべき存在には違いありません。 そんな言葉を紹介していきます。 シンジが ゼルエルとの戦いで初号機に取り込まれそうになった時に碇ユイが現れます。 そしてシンジが初号機に取り込まれるのは自らの意思なのか?という意味でこの言葉を口にするのですが、こういった形でシンジをサポートするためでもあったのですね。 シンジは何度も現実から目を背けようとして逃げてしまう性格でした。 しかしこの母親の言葉によって現実に還ることができたのです。 旧劇場版で全ての選択を迫られることになったシンジでしたが、 誰も自分を傷つけない世界を選ぶのではなく、傷つけられても他者と一緒に過ごす世界を選びました。 ミサトやアスカの影響も大きいのですが、碇ユイの言葉も反映されていたのかもしれませんね。 赤ちゃんのシンジを目の前にしてユイはつぶやくのですが、ユイの望んだ明るい未来とは一体何か?と思います。 いずれにしても 人類は亡びる運命にあるかもしれないのですが、何かしらの方法が絶対にあるはずだとずっと模索していたのです。 それが研究にも反映されていたことも事実です。 そして自らが初号機に取り込まれたことで、 初号機と融合して永遠に生きるという選択をすれば回避できるとも考えました。 そのため還ることを選択しなかったのですが、こんな形の未来もあると確信していました。 碇ユイはどのような形であれ、人として生きたという証を残したかったのです。 碇ユイは確実にストーリーの最深部に関わっている! 碇ユイは「ネルフ」の前身の研究施設「ゲヒルン」の研究者で碇ゲンドウの妻となる人物です。 ゲンドウとの結婚の後にシンジが誕生することになりましたが、常に子どもたちの未来のために研究していました。 そして エヴァ初号機とのシンクロ実験の最中に初号機に取り込まれるという事故が起こります。 その出来事によって全ての歯車は崩れてしまったのです。 そこからゲンドウは「人類補完計画」を打ち出し、 ゼーレとは異なった結末で計画を進めていました。 碇ユイは初号機の中で 永遠に生き続けられることを知ったので、それを望む者はそれに従えばいいし、望まない者は別の生き方を持てばいいと考えていました。 そのためジンシが一度初号機に取り込まれた時に すぐに受け入れるのではなく、選択肢を与えていました。 その後は「人類補完計画」が発動してしまい、結果全人類はLCL化してしまうのですが、 他者と1つの生命体になることを拒んだシンジは現実の世界へと還ることになりました。 もしも碇ユイが存在しなければ、ゲンドウが壊れることなく違った結末になっていたのは事実です。 関連記事をご紹介!.

次の

【エヴァンゲリオン】可愛い女性キャラランキングTOP10!|まんが人気考究

エヴァンゲリオン マリ 死亡

『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する葛城ミサトとは? 葛城ミサトのプロフィール 葛城ミサトは 『新世紀エヴァンゲリオン』の登場人物の1人。 生年月日は1986年12月8日、年齢は29歳、血液型はA型、身長は163㎝、体重は47㎏です。 テレビ版では NERV(ネルフ)の戦術作戦部作戦局第一課課長、 新劇場版ではNERVの戦術作戦部作戦局第一課課長からWILLE(ヴィレ)の指揮艦長となっています。 葛城ミサトは 碇シンジと惣流・アスカ・ラングレーの保護者であり、上司でもあります。 エヴァンゲリオンの戦闘指揮官も務めており、シンジやアスカがエヴァンゲリオンに乗る際には指示を出しています。 指揮官として優秀な一方で、 私生活はずぼらでだらしがありません。 家事もシンジに任せており、レトルトカレーを作った際にもまずくなるというかなり料理下手です。 関連記事をご紹介! 葛城ミサトの過去 【セカンドインパクト】15年前、人類の半数を死に至らしめた地球規模の大災害。 その被害の爪痕は各所に残っている。 — アンク@金曜ロードSHOW! セカンドインパクトに遭遇した者の中では葛城ミサトが 唯一の生存者であり、その際に 大きな精神的外傷を受け失声症を患っている時期がありました。 また、胸部から腹部にかけて傷痕が残っています。 家族よりも、研究を優先して没頭する父にあまりいい想いを抱いていませんでしたが、セカンドインパクトが起きた際に命と引き換えにミサトを救い、それ以来ミサトは 使徒に対して復讐心を抱くようになります。 それでは、葛城ミサトの最後とその真相についてご紹介していきます。 『葛城ミサトの死』はTV版と劇場版で結末が違う! 平成最後の8月後半は、ふと思い立って、夜な夜なエヴァンゲリオンのテレビ版全話と旧劇場版を見直してしまった。 90年代に引き戻されて映画館で打ちのめされた精神破壊まで思い出したけど、最後のシーンが「救い」だと感じるくらいには大人になれてた。 つまり、葛城ミサトの最後もテレビ版と旧劇場版では違うということです。 葛城ミサトの最後を紹介する前に、テレビ版と旧劇場版の結末について簡潔にご紹介します。 テレビ版は人類補完計画が発動し、シンジの精神世界が描写されます。 エヴァンゲリオンも使徒も存在しない世界を見て、自分がここにいてもいいということに気付きます。 最後に登場人物たちに「おめでとう」と言われ、シンジは「ありがとう」と言って微笑んで終わります。 旧劇場版は全ての使徒を倒し終わり、ゼーレの戦略自衛隊との戦いが始まります。 シンジの絶望からサードインパクトが始まり、全人類の肉体が液化します。 EVA初号機は第2使徒リリスに取り込まれ、 シンジが全人類が1つになること望まなかったことでリリスを倒します。 葛城ミサトの死因は戦略自衛隊による爆破! 久々に好きな旧劇見てたら目線誘導がちゃんとなってて驚いた。 戦略自衛隊が構える銃の先に目が行くよう壁の線があったり、別画面でも同じように火炎放射の先にラインがある。 エヴァは画面レイアウトすげーな — OA omnifactory 葛城ミサトが死ぬことになるのは旧劇場版の方です。 全ての使徒を倒したNERVに対してゼーレは戦略自衛隊を用いて武力的占拠を開始します。 NERVの施設がどんどん破壊されていく中、 シンジが生きる気力を失ったまま戦略自衛隊に殺されそうになっているところをミサトによって救出されます。 ミサトとシンジはEVA初号機のケージへと向かいますが、その途中でミサトは 戦略自衛隊から銃撃を受けて負傷します。 その後のミサトとシンジの会話は非常に印象的で2人の人間性がよく表れています。 シンジをEVA初号機の元へと送り届けた後、ミサトは倒れます。 戦略自衛隊から受けた負傷は致命傷ではありましたが、 最後は戦略自衛隊による区画爆破によって命を落とします。 漫画版の葛城ミサトは戦略自衛隊を道連れに自爆して死亡 漫画版のここのミサトさんがさいこうにセクシーでかっこいいからみんなエヴァ買お? ? —? kawakilla 漫画版では若干ですが葛城ミサトの最後が違います。 旧劇場版では戦略自衛隊による区画爆破によって死亡しましたが、漫画版では 手榴弾で戦略自衛隊の隊員を道連れにして自爆します。 旧劇場版でも漫画版でも死亡してしまうことには変わりありませんが、どちらにしてもシンジを守って死亡していることから、 保護者としても上官としても使命を全うしていることがわかります。 人類補完計画が発動。 葛城ミサトを含む全人間はL. Lへ! あーそっか、こいつらもテレワークだったのか。 Lという液体と化します。 Lとは エヴァンゲリオンのエントリープラグ内に満たされるオレンジっぽい色の液体のことで、液体でありながらも肺に取り入れることで直接酸素を供給させることができます。 また、L. Lは 血液のような臭いがします。 生命のスープとも言われていることから重要なものであることがわかります。 戦略自衛隊による区画爆破で死亡した葛城ミサトですが、彼女もまた人類補完計画の発動と共にL. Lに還りました。 肉体がL. Lとなった後、 魂は「黒き月」に集められ、全人類が単体の生命になりかけます。 しかし、シンジがそれを望まなかったことで元の世界に戻り、シンジとアスカだけしかいない世界になります。 Lに還った全人類と葛城ミサト。 しかし、L. Lに還ったということは死んだということなのでしょうか。 その真相はいかに。 葛城ミサトは生き返ることは可能なのか? エヴァ。 テレビ版だと、ここなのか? 「おめでとう」 個人的には「笑えばいいと思うよ」 「笑えばいいと思うよ」は、テレビ版がイチオシ。 — 椿らい堂 raidotsubaki そもそも人類補完計画とは、 全人類をL. Lに還元して1つの生命となることが目的でした。 自分と他人の間には壁または境界線があり、これが ATフィールドです。 このATフィールドがなくなることで人類は1つになります。 シンジは他人と1つになることに葛藤し、最終的にはそれを拒みます。 これによって L. Lに還元された状態を再び他人との境界線がある状態にし、人間の姿に戻ります。 これを サルベージと言います。 Lから人間の姿に戻れるということは、 葛城ミサトや他のL. Lになってしまった全人類も生き返れる可能性があるということです。 なかなか難しい話ではあったかと思いますが、ATフィールドとサルベージが人間と大きく関係していることは確かです。 葛城ミサトはもう1人の主人公的な要素もあるキャラクター! 葛城ミサトの死亡フラグ ほんとにかっこいい? — ガンダムマイスターしゅん kawashun05 いかがでしたでしょうか。 葛城ミサトの最後とその真相について少しでも知ることができましたでしょうか。 葛城ミサトは旧劇場版にてシンジを庇って死亡し、サルベージによって生き返ることができる可能性があるということでした。 少々難しい内容ではありましたが、詳細は是非とも『新世紀エヴァンゲリオン』をご覧になって確認してみてください。 いろいろな解釈があるからこそ面白いかと思います。 関連記事をご紹介!.

次の