セレナ c27 後期。 新型セレナ(C27)ハイウェイスターにはどんな違いがあるのか?

カタログではわからない!C27セレナとC26セレナを徹底比較!

セレナ c27 後期

くるまや工房 オダジマです。 【日産・C27セレナ後期 e-power】 C27セレナ後期にC27前期用アルパインEX11Z-SE-E-AMの 加工取り付け、他にもアルパインで揃えた、 リアモニター、前後2カメラドライブレコーダー、 ETC2. 0、スピーカーパッケージ エコノミープラン 取り付けのご紹介です。 見た目は前期モデルと変わらないのですが後期モデルに変わり、 オーディオパネル形状など微妙に変わっております。 画像は当店で大ヒット中のC27セレナ後期9インチオパネル 使用取り付け時の画像です。 前期専用モデルを後期型に付ける際に一番ネックになるのが オーディオパネルに付属の5個スイッチ。 スイッチのデザインも違いますがコネクター形状も違い、 前期用スイッチはそのままでは付け替え出来ません。 当店ではマル秘加工にて問題点をクリア出来ます!! それでは、C27セレナ前期用アルパインEX11Z-SE-E-AM 取り付け完了後です。 後期型車両にジャストフィット 11インチの迫力大画面!! 良いですね~ 取り付け時に問題となるスイッチも問題無く取り付けでき、 もちろん使用にも問題ありません。 また、加工では純正ハーネスの切断等は致しませんので 安心してお使い頂けます!! 純正アラウンドビューもメーター横の小さい画面から、 大画面モニターに映せるので見やすくなり後退時や狭い所を 通る際も 安全に運転出来ますね。 ステアリングリモコンも連動してナビゲーションの 操作が可能です。 アルパインオプションのUSBケーブルは 助手席上段ポケットの中に 配線させて頂きました。 純正でのUSB出し口もこの位置になります。 リアモニターは アルパイン PXH12X-R-B 12. 8incWXGA LED液晶 LEDルームランプ付プラズマクラスターリアビジョン ナビ画面よりもさらに大きい画面で、後部席でも映像を お楽しみ頂けますね。 HDMI接続で映像も非常に綺麗です。 話題の多い危険な煽り運転などにあった際に効果を発揮する ドライブレコーダー。 アルパインDVR-C02Rフロントリア2カメラタイプの ドライブレコーダーを取り付けさせて頂きました。 フロントカメラは若干大きめになりますが… リアカメラは後方確認時でも邪魔にならないコンパクトサイズ。 ナビゲーションに連動することが出来、 フロント、リア、フロント+リア映像を選んで 録画映像を映し出す事が可能でとっても便利!! カーオーディオサウンドも純正より良くしたいとのご要望で、 当店スピーカーパッケージ エコノミープランから、 アルパイン X-170S 17cm セパレート2ウェイスピーカーを 取り付けさせて頂きました。 スピーカー交換をご希望の際には、スピーカーユニットから、 インナーバッフルや取り付け工賃コミコミの パッケージプランがお勧めです。 ツィーターはセレナ専用 ツィーター取付けキットKTX-N27SEを ご購入頂き、ピラー根元に固定しました。 専用マウントなのでピッタリ綺麗に取付け出来ます。 お支払いは現金、またはローンも大歓迎です。 ===================== くるまや工房 〒283-0048千葉県東金市幸田113-4 0475-58-1020 fax0475-58-1022 ホームページ: 板金塗装カスタムホームページ: 施工実績:.

次の

カスタムパーツの互換性はある!?|C27セレナ後期を速攻カスタム!

セレナ c27 後期

足まわりに変化なし!! いますぐにでも攻略可 「e-POWERとガソリン、それぞれ納車されましたよ。 もちろんハイウェイスター。 グリルとバンパー形状は当然違いますが、足まわりは前期と同じようですね。 とりあえず車高調入れて、ホイールもインチアップしてみます」。 サンヤード・大島さんから一報が届いた8月某日。 せっかくなので、レイズさんにもご協力頂き、ホイールマッチングもやっちゃいましょう!! と急遽決まった今回の企画。 早速お店に伺うと、すでにローダウンされた状態の新型セレナが店頭に。 「足まわりの構造は全く一緒のようです。 まだメーカー確認がとれていませんが、車高調、エアサス、恐らく前期と同じものが使えるはず。 今回はタナベのサステックプロ(前期用)で60ミリほどローダウンしてみましたが全く問題ありません。 ですので、ホイールサイズも前期のマッチングデータと一緒で大丈夫。 足まわりだけなら、納車後すぐに作業できますね」と大島さん。 というわけで、早速18インチ、19インチでリアルマッチング!! 乗り心地優先なら18インチ、見た目重視なら19インチ!! 16インチ(純正) 標準車、e-POWERの一部車両は純正15インチだが、今回用意したハイウェイスターVは純正16インチ。 セレナは、ご主人よりも奥様が運転する家庭が多く、乗り心地やガリ傷を心配して、18インチを選択するパターンが多い。 純正からインチアップしてくると、ホイールは大きければ大きいほど、足元の安定感が増し、カッコイイという事がよく分かる。 」 「後期はハイウェイスターを選択する人がほとんどだと思います。 これまでの傾向だとホイールは18インチが定番ですが、この顔とのバランスを考えると18インチだと迫力負けする気がします。 後期は見た目重視の19インチがオススメですね」 サンヤード 大島店長。 構造は前期・後期共通 FRONT REAR 今回装着したのはタナベの車高調キット、サステックプロCR(メーカー未確認)。 前後ともに約60mm程度のローダウン。 セレナ特有のハイインセットなども変わらず。 おすすめベース車両はハイウェイスターV 大きくマイルドハイブリッド(ガソリン)とe-POWERに分けられる新型セレナ。 さらにハイウェイスターのみダブルモーショングリルとなり、それ以外は前期と同じ顔つきになる。 これから後期を購入するなら、やはりダブルモーショングリルを選びたい。 現状、e-POWERハイウェイスターVの人気が圧倒的という話だが、金額的に少々高め。 予算を抑えてドレスアップ費用の捻出も考えるなら、純正エアロ付きのガソリン車、ハイウェイスターVがオススメ。 スタイルワゴン2019年10月号より [スタイルワゴン・ドレスアップナビ].

次の

【C27 セレナe

セレナ c27 後期

ズバリ!セレナハイウェイスター CC25 前期・後期はこう違う! 販売期間 前期型 H18年6月~H19年12月 後期型 H19年12月~H22年11月 まずは全体の雰囲気を見てみましょう。 ではもっと詳しく見ていきましょう! フロントグリル フロントグリルは前期・後期ともメッキの横四本バーで変わりないが、デザインが若干変更されている。 フロントバンパー・フォグランプ フロントエアロバンパーの形状が前期型の角ばった直線的なデザインから後期型は流線形へと変更、フォグランプのデザインも前期型が四角い淵の中に丸いメッキの縁取りデザインに対して、後期型はバンパーの面にフラットに組み込まれたデザインへと変更されている。 ヘッドライト セレナハイウェイスターの前期・後期の違いの最大の特徴の一つがヘッドライトのデザインの違いと言える。 前期型のフラットな四角いライト形状に対して後期型は吊り上がったデザイン。 さらに、ウィンカーターンランプが前期型の外側位置から後期型は内側へと変更されている。 リア外観 リアバンパーやテールレンズに変更は無し。 前期型にはリアスポイラーが後付けの大型タイプもある。 一列目・二列目のヘッドレスト 一列目・二列目のヘッドレストの大きさが前期型よりも後期型の方が大きくなっている。 また形状も変わっている。 メーターパネル メーターパネル形状とメーター内の表示方法やデザインが大きく変わっている。 前期型は薄いシャンパンゴールド色のパネルで縁取りされた形状。 それに対し、後期型はグレーと黒を基調に一体感のあるパネル枠デザイン。 さらに、メーター発光色の違いも。 後期型のメーターパネル中央部に「ファインビジョン」と呼ぶ燃費計なども付いた。 エンジン始動時からメーター発光までを動画撮影したので、動画を見ると前期と後期の違いが分かり易いと思います。 セレナハイウェイスター前期型 エンジン始動 画像と動画でセレナハイウェイスター CC25)前期型と後期型の違いが分かったのではないでしょうか? 「やっぱり後期型の方が見た目もカッコいいよね!」そんな声が聞こえてきそうです。 セレナに限らず前期と後期があれば当然、後期型の方が年式も新しいですし目新しさを感じ惹かれるのは当然だと思います。 「でも、後期型になると価格もだいぶ高くなるんでしょ?」 そうなんです。 後期型になると前期型と比べ価格はどうしても高くなります。 では、実際にどの位、価格が変わるのかご説明したいと思います。 セレナハイウェイスター CC25 前期・後期の相場 中古車相場(ボリュームゾーン) 前期型 30万円~90万円 後期型 60万円~120万円 2017年10月現在、分かり易くざっくりとセレナハイウェイスター CC5)の中古車相場、ボリュームゾーンと呼ばれる販売車が集中している価格帯を見てみると、前期型と後期型では平均30万円の価格差があります。 前期・後期とも基本的な装備はほぼ同等と考えると迷うところだと思います。 価格の安さをとるか、見た目の新しさをとるか、 予算的に厳しいのであれば無理して後期型を選ぶのではなく、前期型で程度の良い物件を選りすぐるのも一つの手ではないでしょうか? 家族みんなで遠出をしたり移動中楽しく過ごすためのミニバンだからこそ、ゆとりある購入計画を立て、余剰資金は家族のために使う。 そんなゆとりが欲しいところですよね。 パワースライドドアの有無をシッカリと確認 イメージ的に、標準装備で全車にパワースライドドアが付いているイメージがありますが、実際には、この型のセレナハイウェイスターには前期・後期ともに、 パワースライドドアが左右とも一切付いていないものも多くあります。 パワースライド一切無し• 左側のみパワースライドドア• 左右パワースライドドア この3パターンがあるので、価格が安いセレナハイウェイスターは特に注意が必要で必ず確認するようにしましょう。 電動格納式ドアミラーの作動不良に注意 前期・後期ともに意外と多いのが電動格納式ドアミラーの開閉不良。 中古部品を使用した場合でも、工賃含めて片側2万円~3万円は交換費用がかかります。 故障したまま現状で販売している中古車屋も多く存在しますので、購入の際は必ず動作確認を行いましょう。 移動式の肘掛けの前後スライド具合をチェック CC25型のセレナならではの装備の一つに「移動式肘掛け」というとっても便利な機能があります。 運転席と助手席の間から2列目シート中央まで自在にスライドすることで、2列目シート中央から移動式肘掛けを外せば左右独立したキャプテンシート仕様になり、また、2列目シート中央に移動式肘掛けをくっ付ければベンチシートとなりフルフラットシートも容易に可能です。 とても便利な移動式肘掛けですが、 床面のレールにゴミが多く挟まっていたりすると前後にスライドさせる時に動きが渋くなかなか動かない事もありますので、選ぶ際には必ず前後にスライドさせ動作確認をするようにしましょう。 なぜならば、セレナハイウェイスター CC25) 前期・後期とも装備面や内装に関して言えば、ほとんど変わらないので機能的には同等に近いと言えるからです。 最後に、中古車を選ぶ際には上記でも書いた通り、相場より格安なセレナハイウェイスターにはパワースライドドアが左右とも一切付いていないものも多く出回っており、悪徳中古車販売店では、『両側スライドドア!』や『PWスライドドア!』など、あたかもパワースライドドアが付いている様なダマシの表記や表現をすることもあるのでパワースライドドアの装備が必須なァミリーユーザーは注意が必要です。 今回の記事が、あなたの車選びに役立てばばうれしいです。 安いけど汚い車はイヤ、買った後すぐ修理代がかかったら目も当てられない・・と不安なパパママへ オゾン消臭された綺麗な車内と、手厚い保証が1年付いたコスパ最高の「セレナ」が、 コミコミ80万円以下で見つかります! ディーラーと同等の保証が付いて、ディーラーよりも最大50万円安く買えるセレナ中古車.

次の