食べ 過ぎ 背中 が 痛い。 食べ過ぎによって背中が痛い原因3つ

食べ過ぎで胃が痛い時の対処法!胃痛の原因とその解消法を紹介(胃に優しい食事・ツボ・ストレッチなど)

食べ 過ぎ 背中 が 痛い

食べ過ぎで腹痛になる理由 消化不良 食べ過ぎによってお腹が痛くなるほとんどのケースが胃で消化を十分に行うことができないことにあります。 口にした食べ物は胃に入って消化されていきますが、胃の消化機能以上のボリュームの食べ物を摂取してしまうと、消化が間に合わずに胃痛がしてしまうのです。 また、腹痛だけでなく下痢や吐き気といった症状もあらわれやすいので注意しなければなりません。 胃液の過剰分泌 これは特に普段から精神的な影響を受けやすかったり、ストレスを溜め込みやすい人に当てはまります。 胃に食べ物が入ると、それを消化しように胃液が分泌されますが、ストレスを溜め込んでいると必要以上に胃液が分泌されてしまい、胃自身の粘膜を傷つけてしまうのです。 これは、急性胃炎や胃潰瘍の初期症状であるともとらえることができます。 胃腸の機能低下 体調が悪かったり、風邪をひいていたり、あるいは加齢によって胃腸の機能は低下してしまいます。 つまり、消化できる食べ物の量が普段よりも少なくなってしまっているのです。 このような状態のときに食べ物を多く食べてしまうと、胃の過剰活動につながり腹痛につながってしまうのです。 食べ過ぎで腹痛になったときの対処法 安静にする 食事後や食べすぎた後に腹痛がした場合は、まずは椅子やソファに座り安静にすることが大切です。 詳しくは後述しますが、このとき横になってしまうと腹痛が悪化してしまうおそれがあるので、体の上半身は垂直に保ち重力に逆らわないようにするようにしましょう。 腹八分目の食事や体の不調を感じない場合は食事後に激しい運動をしなければ問題ありません。 しかし、食べすぎたと感じた場合や腹痛がする場合は少なくとも 30分〜1時間程度は活動せずに安静にしているようにしましょう。 深呼吸をする 満腹感や腹痛によって呼吸が乱れて酸素を体内に十分に取り込むことができずに、さらに痛みを助長してしまうおそれがあります。 なので、意識的に呼吸を十分に行ったり、深呼吸を行うことはとても大切です。 また、深呼吸をすることで精神的にもリラックスでき、胃痛を和らげることができます。 お腹を温める 体を温めることは、血液の流れを促進し胃の消化活動も助けることができます。 普段から体温が低い方、冷え性の方、体(特にお腹)が冷えていると感じている方は体を温めるようにしましょう。 室内にいる場合は暖房をつけたり、重ね着をしたり、毛布を体にかけたりすることで対処することができます。 また、ホッカイロやホットタオル(蒸しタオル)で腹部を重点的に温める方法でもいいでしょう。 特に腹痛の他にも下痢などの症状がある場合はお腹を温めるようにしましょう。 参考: ホットミルクを飲む 前述したように、食べ過ぎによる腹痛ではお腹を温めることで痛みを和らげることができます。 なので、温かい飲み物を飲むことも効果的です。 特に、ホットミルクはおすすめです。 牛乳は胃の粘膜を保護してくれる働きがあるので腹痛を和らげることができます。 ただし満腹感であまり飲み物を飲む気がしない場合は無理して飲む必要はありません。 お腹の締め付けを緩める 食べ物をたくさん食べるとその分、胃にたくさんの消化物が溜まりお腹が普段よりも膨れることになります。 そうすると、ベルトなどのお腹の周り締め付けがきつく感じ、腹部を圧迫してしまう状態になります。 このように、腹部を圧迫してしまうと腹痛の原因になり、胃の正常な消化活動も妨げてしまうため、お腹の締め付けは緩めるような対処が必要となります。 胃腸薬を服用する 腹痛がするときは、胃腸を保護したり消化を促す胃腸薬を服用するのも手です。 例えば、 ハイウルソ顆粒や 第一三共胃腸薬プラス細粒は胃腸での消化を助けてくれる作用があるので、食べ過ぎによる腹痛や胃もたれには最適です。 総合胃腸薬は飲み合わせに問題ないようにさまざまな症状を考慮して配合されているのが特徴です。 食べすぎた後に控えるべきこと 横になる 食べ過ぎで満腹感を感じると、ソファなどで寝そべりたくなる気持ちになりますが、食事後は原則、横にならない方がいいです。 特に食べ過ぎた後は、胃が活発に活動しているときなので、横になりお腹を圧迫してしまうと腹痛を助長してしまうおそれがあるのです。 ただし、体の右側を下にして横になる場合は胃の形状を考慮すると、消化を助けることができ適しているとよく言われています。 しかし、実はここには落とし穴があり、日本人の約3割は「曝状胃」という変わった胃の形状をしているのです。 この曝状胃の場合は胃の入り口が低い位置にあるので、体の右側を下にして横になる(右向きに寝る)と消化に時間がかかってしまったり、逆流性食道炎を起こしやすくなったりするので注意しなければなりません。 つまり、曝状胃ではない約7割の人は右向きに横になるべきで、曝状胃である約3割の人は左向きに横になるべきなのです。 ただしこのときの問題点は自分自身が曝状胃なのか、曝状胃ではないのか分からないことです。 自分自身が曝状胃なのか分かっている場合は、それに合わせて横になれば消化活動を促進させることができますが、多くの人はその判断をすることができません。 なので、そこでリスクを取って横になるよりも、上半身は垂直にしてソファや椅子に座り安静にすることが食べ過ぎによる腹痛を和らげるために適した対処法となるのです。 運動をする 常識的ですが食事後、特に満腹感を感じている場合は運動をすることは控えるようにしましょう。 特に食べ過ぎた後は、重い荷物を運んだり、ランニングをしたりすると腹痛が起こる可能性が高いので注意しなければなりません。 ただし、ウォーキングなどの軽い運動であれば胃の消化活動を促進させるため、行っても問題ありません。 食べ過ぎによる腹痛を予防しよう 食べ過ぎによる腹痛のさまざまな対処法についてお伝えしましたが、何よりも大切なのは食べ過ぎによって腹痛を起こさないようにしっかりとあらかじめ予防しておくことです。 例えば、 食事をするときは腹八分目になるように加減して食べる、脂っこいものや揚げ物など消化に悪い食べ物は食べ過ぎないようにする、といったようにあらかじめ対処しておくことで食べ過ぎによる腹痛は多くの場合で予防することができます。 万が一、お腹が痛くなってしまったら今回お伝えしたような対処法や控えるべき行動を参考にしてください。 また、ヨーグルトなどの特定の食品を多く食べ過ぎることによっても腹痛や下痢になってしまうことも多いので注意しましょう。 参考:.

次の

食べすぎと腰痛

食べ 過ぎ 背中 が 痛い

左の横腹が痛くなる4つの原因 左側の横腹が痛くなる原因は何かの病気が発症しているのではなく、便秘や筋肉の疲労が原因となって痛みが生じている可能性も高いです。 そこで、まずは病気以外のことが原因で左横腹が痛くなる要因についてお伝えしていきます。 便秘 痛みがする左横腹のあたりを指で軽く押してみてください。 普段より張っているような感じがする場合は便秘が原因で左横腹に痛みが生じていることが考えられます。 特に左横腹のあたりは大腸の終わりの部分なので、そこで便が溜まって固くなっていたり、ガスが溜まっていると張って痛みが生じてしまうのです。 左横腹の痛みとともに以下のような症状があらわれる場合は便秘が原因ではないか疑ってみましょう。 便が3日以上出ていない• お腹が張る• ガス(おなら)がよく出る• 気持ち悪い• 吐き気がする 体質的に一度便秘に悩まされてしまうと慢性的に便秘気味になってしまう方も多いです。 便秘を解消する基本は健康的な生活習慣にあります。 毎日2〜3リットルの水分を摂取するようにする• 納豆、ヨーグルトなどの発酵食品をよく食べる• 緑黄色野菜などから食物繊維をよく摂取する• 十分な睡眠を取り、ストレスを解消する このような正しい生活習慣を意識し便秘を解消していきましょう。 食べ過ぎ・飲み過ぎ 食べ過ぎたり、飲みすぎたりした後は腹痛が生じることが多いです。 特に冷たい飲み物を飲みすぎるとお腹が冷え、痛みや下痢が起こりやすくなります。 また、食べ物を一度にたくさん胃に入れていしまうと、消化活動を十分に行うことができずに横腹の痛みも生じてしまうことがあるのです。 食べ過ぎ・飲み過ぎに心当たりがある場合は、安静にしておくことが一番大切です。 下手に活動してしまうと後述するように、さらに横腹の痛みを促進してしまうので注意しなければなりません。 筋肉疲労 左横腹には多くの筋肉の種類があり、何らかの原因でその筋肉が疲労し、緊張したり凝ったりしていることで痛みが生じていることも考えられます。 例えば、デスクワークで長時間不自然な姿勢を取っていないでしょうか。 足を組む癖がついていないでしょうか。 このように体のバランスが左側に傾いていたりすると、左横腹には大きな負担がかかりその疲労が蓄積することで痛くなってしまうのです。 筋肉の疲労は気づかない間にたまっていきます。 適度にストレッチをしたり、十分な休養を取るようにしましょう。 食後の運動 ランニングをしていて横腹や脇腹のあたりがチクチクと痛くなってしまった経験がある方も多いはずです。 特に、食後は消化しきれていない食べ物が胃に残っている状態なのでこの横腹の痛みが起こりやすくなります。 つまり、食後の場合はランニングなどの激しい運動でなくても歩いたり少し活動しただけでも脇腹が痛くなってしまうことがあるのです。 なので、食後1時間くらいははできるだけ体を動かさないようにする、脂っこい食べ物など消化の悪い食べ物は避けるようにするなどの対処を行っていくといいでしょう。 左横腹が痛くなる病気 左横腹は上述したようなささいな原因だけではなく、内臓の病気を中心に初期症状のひとつとしてあらわれている疑いも持たれます。 そこで、ここでは左脇腹が痛くなる代表的な病気についてお伝えしていきます。 盲腸・急性虫垂炎 盲腸や急性虫垂炎は良くお腹の右側に痛みが出ると言われていますが、これはすべての人に当てはまることではありません。 なかには、盲腸によって左横腹のあたりに痛みが生じることもあるので注意しなければならないのです。 特に後述するように患部を押すと痛くなるような場合は盲腸ではないか疑ってみましょう。 盲腸にはさまざまな前兆があるのでしっかりとその症状を自覚することが大切です。 痛みがする部分を手で軽く圧迫して、離すときに痛みが強くなる• 仰向けで寝ながら左下腹部のあたりを押すと痛みが強くなる このようなチェックを行ってみて、盲腸ではないか確認してみましょう。 参考: 胃腸炎 胃腸炎とは、細菌やウイルスによって胃腸が炎症してしまい腹痛や下痢・嘔吐などの症状があらわれる病気です。 特に夏場と冬場に流行し、感染性胃腸炎の場合は人から人へとうつるので学校や職場で流行りやすい病気となっています。 胃腸炎の代表的な症状は下痢や嘔吐となっていますが、人によっては横腹に痛みが出てくるケースもあります。 また、ストレスによっても急性胃腸炎が起こることが知られています。 参考: 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 潰瘍とは、粘膜とその下にある組織が溶かされてしまいただれてしまう病気です。 この潰瘍が胃で起こると胃潰瘍、十二指腸で起こると十二指腸潰瘍といわれます。 胃潰瘍や十二指腸潰瘍になってしまう主な原因はストレスやピロリ菌の感染です。 お腹の痛み• 吐き気• 貧血症状• 食欲低下 このような症状があわわれるようであれば、胃潰瘍、十二指腸潰瘍ではないか病院を受診してみるようにしましょう。 肋間神経痛 肋間神経痛とは、肋骨のまわりにある肋間神経が刺激されて痛みが生じることを言います。 痛みは比較的広範囲に広がることも多く、肋骨よりやや下の左横腹のあたりに痛みを感じるケースもあるのです。 肋間神経痛になってしまう原因は以下のようにさまざまなことがあげられます。 悪い姿勢が身についてしまっている(猫背)• 運動不足• 帯状疱疹• ストレス 痛み方としては、チクチクと激しい痛みが生じるのが特徴的です。 参考: 急性膵炎 急性膵炎とは、膵臓の機能の低下により膵臓で炎症が起きてしまう病気です。 急性膵炎になると左横腹に痛みが生じたり、背中の痛み、吐き気、発熱、食欲不振などの症状もあらわれるのが特徴です。 急性膵炎になってしまう代表的な原因が過度の飲酒です。 アルコールにより膵臓に負担がかかり、急性膵炎につながってしまうのです。 帯状疱疹 帯状疱疹といわれると、体にぶつぶつとした赤い発疹が出てくる皮膚の病気だと思われている方も多いです。 しかし、帯状疱疹は 「痛みのある皮膚病」といわれていて、赤い発疹があらわれる前に初期症状としてチクチクとした痛みがあらわれるのです。 さらに、この痛みの症状は左右どちらかの片側のみにあらわれ、腹部や背中などに生じることが多いです。 つまり、帯状疱疹によって左横腹に痛みが生じることもあるので注意しなければなりません。 参考: 左横腹の痛みは正しい対処をして治そう! 左横腹が痛くなるさまざまな原因や病気があることをお伝えしました。 痛みを感じる位置や痛み方、その他の症状をしっかりとチェックして正しい対処をしていくことが治療には大切です。 特に胃や膵臓などの内臓の病気の疑いがある場合は内科などの病院を受診するようにしましょう。 また、多くの場合は日頃の食生活やストレス、姿勢の悪さが原因となって痛みが生じていると考えられます。 生活習慣を省みて改善していくことが重要です。

次の

駄)満腹になると肩が凝る(痛い?)

食べ 過ぎ 背中 が 痛い

忘年会シーズンがやって参りました。 つまり、食べ過ぎ、飲み過ぎのシーズンです(笑) 付き合いだから仕方ありませんが、つい忘年会を理由に、食べ過ぎてしまうことを許してしまう自分もいて、なかなか人間の心というのは複雑なものです。 一方で、時には食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまうことも、まぁ人間らしいといえば人間らしい話です。 そのかわり、そのツケはやはり自分で払わなければいけないもので、様々な体調の不良となって体に表れてきます。 残念ながら、誰かが代わりに払ってくれることはなくて、たとえば胃薬を飲んだり、病院に行ったりしても、実はそれは「立て替え」でしかなく、その影響はまだ体に残っているものです。 そして、意外な形…胃腸の不具合などとは全く別の形で表れてきます。 食べ過ぎるとまず、背中が固くなります。 というのは、胃腸の働きに影響する、背骨から出ている神経なんですが、そこが緊張するため、背骨の脇が腫れ上がるようになるんです。 これは自分では気づきませんが、ある程度整体などを勉強した人が見ればすぐに分かるはずです。 プロなら一目見ても分かります。 それくらい、はっきり形に表れるほどの硬直が起こるんです。 すると、背中がだるいとか、肩甲骨の周辺が凝る、などといったことが起こる可能性があるんですが、しかしその時点ではあまり感じられない場合も多いです。 しかしそれが続くと、その硬直の範囲が広がっていきます。 上の方では肩のコリや痛み、さらに続けば首や頭にまで到達し、首の痛み、頭痛などにも発展します。 意外にも、寝違えの原因が実は食べ過ぎ・・・なんていうこともあるんです。 硬直が下のほうに広がれば腰が痛くなります。 これも意外に思われるかもしれませんが、腰痛の原因になります。 慢性的な腰痛や、病院で「椎間板ヘルニア」と診断された人が、実は食べ過ぎが原因だったという例もあります。 手術を勧められていた人が、減食することによって回避できたという実例もあるほどです。 腰だけでおさまらなければ股関節、膝の痛みにもつながります。 また、首や頭にまで硬直が到達した人で、めまいや耳鳴りなどの症状を訴える人もありますし、五十肩などはかなり食べ過ぎている人に多いです。 ただ、こうした症状にまで発展するのは一時的な食べ過ぎではなく、慢性的な場合が多いでしょう。 または、普段から食べ過ぎてはいるけれど、年末年始に輪をかけて食べ過ぎた結果、悪化するということもあります。 また、食べ過ぎれば当然内蔵に負担がかかるわけですが、その内蔵というのは「胃腸」のことだけではありません。 意外にも、腎臓や肝臓、心臓などに大きく負担をかけているのです。 そして、そのことのほうが深刻です。 胃はすぐに痛くなったり、お腹が張った感じになったりして警告を出してくれるんですが、肝臓や腎臓はなかなか出してくれません。 肌があれたり、体がむくんだりと、違う形で警告が出てはくるんですが、それが腎臓や肝臓、心臓からの警告だとは気づきにくいものです。 これらを踏まえて考えてみると、やはり、食べ過ぎの「ツケ」は早めの段階で払っておいたほうがいいんです。 胃が重いなぁ、食べ過ぎて何となく食欲がないなぁ、体が重いなぁ・・・などという症状を感じたら、その時点で控えるようにすればいいんです。 それを胃薬やスタミナドリンクなどで立て替えていると、払いきれないツケがたまっていって、おまけに利子までついて、上記のような様々な症状に繋がってしまうわけです。

次の