美容整形 危険。 美容医療に新時代到来!「美をカネで買う」老若男女が急増中【予告編】

ベトナムでの美容整形について。死亡することも

美容整形 危険

「美容整形」の技術は日進月歩で、手軽な「プチ整形」も数多く登場するなど、悩める女性たちに救いの手を差し伸べています。 なりたい自分になるための「理想の美容法」ととらえがちな美容整形ですが、決して万能の手段ではありません。 そこにはデメリットもあることを知っておきましょう。 整形をするまえにメリットとデメリットをよく考えて 昔の美容整形には「芸能人やお金持ちのためのもの」というイメージがあったようです。 整形技術もまだ十分に磨かれていなかったため、手術は大がかりになりがちで、費用も相応にかかりました。 それだけの負担をしたにもかかわらず、仕上がりは「いかにも作り物めいた」ものになりがちで、失敗する危険も今以上に高かったといいます。 技術が進歩した現在、費用や仕上がりについての心配はほぼ必要ありません。 メスで切開する本格的な手術だけでなく、注射を使ったプチ整形も広く行われ、ごく普通の人が気軽に受けられるものになりました。 しかし、美容整形はあくまでも「医療行為」ですから、リスクは存在します。 また、「きれいになる」「理想に近づく」「若返る」などのメリットだけでなく、いくつかのデメリットもあります。 美容整形を受ける際は、こうしたマイナスの部分にも目を向けて、その上で「整形するかどうか」を決めるべきでしょう。 美容整形のデメリットは? 顔や体を理想に近い形に整える。 大半の人はこのメリットに惹かれて美容整形を考えると思います。 しかし、良い面だけを見て決めるのではなく、以下のようなデメリットがあることも覚えておきましょう。 【美容整形のデメリット】 1. 費用が高い 2. 術後のダウンタイムが必要 3. 周りにばれる心配がある 4. 整形しても、元に戻ってしまう 5. 術後にトラブルが起こるリスクがある それぞれどのような問題が起こりうるのか、細かく見ていきます。 整形するなら、覚悟しなくてはならないこと まずは、美容整形には付き物となる、2つのデメリットを詳しく紹介します。 これだけは避けて通ることはできません。 費用が高い 美容整形は健康保険が使えませんから「100%自費診療」です。 一般的なケガや病気の治療と比較すると、料金は高くなります。 最もポピュラーな二重まぶたの埋没法でも、料金は片目で5〜10万円です。 脂肪吸引や豊胸術になれば、100万円単位になってしまいます。 特に若い女性にとって、この出費は大きな負担といえるでしょう。 しかし、逆に考えれば「その出費で理想の自分が実現するのであれば安い」という考え方もできます。 また、多くのクリニックでは、医療ローンやクレジットカードによる分割払いに対応していますから、経済的な問題がある場合は利用するといいでしょう。 術後のダウンタイムが必要 皮膚を切開したり、糸を通したりする整形では、程度の差こそあれ、術後の患部に腫れや内出血が起こります。 状態が落ち着くまでに、二重まぶたの場合は埋没法で3〜4日程度、切開法では1週間前後かかります。 お腹からウエスト、太ももあたりまで広く脂肪吸引したような場合は、1~3ヵ月ほどかかることもあります。 服で隠せる胸やお腹、足であればまだいいのですが、目元を含む顔の場合は簡単にはいきません。 眼帯やサングラス、マスクなどを利用し、人目に触れないように工夫する必要があります。 また、手術内容によっては、ダウンタイムの期間に強い痛みが出ることも考えられます。 そのようなときは我慢せず、ドクターに相談するようにしましょう。 メリットかデメリットかは、考え方次第 次に挙げる2つの項目も整形のデメリットではありますが、考え方次第ではメリットともいえるものです。 周りにばれる心配がある 目元や鼻筋は人目につきやすく、周りにばれやすいことが欠点ですが、「整形したことがわかってしまうのが嫌」という人もいるでしょう。 特にわかりやすい目元については、メイクやヘアスタイルを工夫するなど、自分に合った方法でばれないための工夫をしてください。 しかし、そもそも美容整形は「変わるため」に受けるものです。 今まで以上に美しく変身するのですから、「周りに知られてしまうのは当たり前」という考え方もできるでしょう。 むしろ「周囲の誰もが認めるほど、美しくなった」ということの裏返しと考えれば、ばれることはデメリットとはいえないのかもしれません。 整形しても、元に戻ってしまう ボツリヌストキシン注入によるシワ取りや、ヒアルロン酸注入による隆鼻術。 「プチ整形」と呼ばれるこれらの整形は、注射をするだけという気軽さもあり人気を集めていますが、その効果はあまり長くは続きません。 内容や人によって違いはありますが、だいたい数ヵ月から1年程度というところでしょう。 効果が薄れてきたら、また施術を受けなくてはならないのです。 こちらも見方を変えれば、「元に戻すことができる」というメリットになります。 肥満や加齢など体に変化があったとき「やはり元の顔がいい」ということになっても、新たな施術を受けなければ自然と元に戻るからです。 美容整形で発生するトラブルの危険は? 「世の中に絶対はない」ということは、多くの人が知っている事実です。 どんなに安全な乗り物でも事故のリスクはありますし、どんなに腕の立つプロが手掛けてもトラブルが起こる可能性はあります。 それは、技術が進んだ美容整形の世界でも変わりません。 術後にトラブルが起こるリスクがある 美容整形は医療行為です。 どんなに万全を期して手術をしても、術後に思わぬトラブルが発生する可能性はゼロではありません。 まず考えられるものが術後感染症です。 手術した部分に細菌が入り込み、患部が腫れ、やがて膿が溜まります。 例えば、鼻のプロテーゼ手術で感染症が起こると、鼻が大きく腫れ、場合によってはせっかく挿入したプロテーゼを抜き取らなくてはならない場合もあります。 もうひとつは全身麻酔によるトラブルです。 美容整形で使う麻酔の安全性は非常に高く、しかもトラブルにつながらないよう、事前に入念なチェックを行います。 それでも、全身麻酔の影響による心臓疾患やアレルギーによるトラブルが、実際に起きています。 その確率は非常に低いのですが、ゼロでないことは確かです。 美容整形を受けるのであれば、デメリットも理解しよう このように、美容整形にはデメリットやリスクも少なからず存在します。 整形を受けようと思ったときは、これらのマイナス部分にもしっかりと目を向け、理解しておくことが大切です。 とはいえ、ここで挙げた美容整形のデメリットの多くは、あなた自身の努力や考え方、工夫次第で解決できるものなのです。 それだけの努力をしてでも「美容整形を受けて新しい自分になる!」と強く思うのであれば、大きな障害にはならないでしょう。 「貯めたお金で美容整形を受ける!」と仕事をがんばれば、少しずつ増えていく貯金額はあなたを励まし、背中を押してくれるものになるはずです。 一方で、美容整形に伴うリスクについては、しっかり把握しておきましょう。 自分が受ける美容整形にどれほどのリスクがあるのか、万一の場合はどうなるのか、そのときどのような対処法があるのか…。 できるだけ多くの情報に触れ、それらを噛み砕き、理解しておくことが大切です。 トラブルを回避する、ドクターとのカウンセリング 美容整形のメリットとデメリットについてある程度理解できたら、いよいよクリニックに出向き、ドクターに相談してみましょう。 美容整形を受けるときは、このドクターとのカウンセリングがとても大切です。 ネットで検索を行うことで、多くの情報を短時間で集めることはできます。 しかし、それらはあくまで一般論であり、ほかの人の経験談ですから、あなた自身に当てはまるかどうかはわかりません。 例えば「手軽な埋没法で二重にしたい!」と思っても、まぶたの状態などから「切開法の方がきれいに仕上がる」と判断されるかもしれません。 これはあなた自身が、ドクターと直接話すカウンセリングを行わない限りわからないことです。 また、たとえ短時間で終わるプチ整形であっても、あなた自身の体を預けることになるのですから、信頼できるドクターに任せたいと考えるのは当然でしょう。 実際にクリニックを訪れ、ドクターのカウンセリングを受けることは、クリニックやドクターの「信頼度」を測る上でも大きな意味を持っています。

次の

コロナ禍でも美容整形はやめられない、危険なセルフ施術に手を出す者も

美容整形 危険

時間はとにかくたっぷりあるので、雑誌やSNSに載っているやり方を真似るのではなく、自分に似合いそうだなと思うメイクや女優さんの髪型の完成形を見て、試行錯誤しながら再現するということをやっています。 不要不急の外出は控えるよう呼びかけられる中、顔を変える美容整形をしたい人にとって、この自粛の期間はダウンタイムを誰にも見られなくて済む、マスクで隠せる、時間に融通がきくなど、「今が整形のチャンスだ」と感じる人はいるかもしれません。 また、家に籠もりっきりで、人とも会わないでいると、自分にゆっくり向き合える余裕が出てくる一方で、向き合いすぎて、「自分のここがいやだな」とか「これさえなければ」というコンプレックスが出てくる人もいるかもしれません。 私は、という本で、整形をしなければ生きられなかったと書きました。 当時の私は整形に生かされていて、「整形をやめろ」と言われるのは「死ね」と言われることと同義で、気づけば18歳のときから整形をやめる26歳まで1千万円を費やしていました。 YouTuberになる前、会社勤めをしていた頃は、整形をしないと人生が終わるというくらい暗い気持ちの状態が続いていました。 この時期に美容整形をするということは、整形を希望するその人だけでなく、たくさんの命を危険にさらすことになります。 外出でウイルスに感染するリスクもあれば、手術中に何かあったら、ただでさえコロナウイルスで逼迫している医療従事者の方たちにより大きな負担をかけます。 ただ、もし整形をしないと死ぬと思っていた時期の私が、今回のように外出自粛を求められている状況に置かれたと仮定して、絶対に美容クリニックに行かない、整形はしないと自信を持って言い切れるだろうかと考えてみました。 「今しかない!」は冷静な判断を狂わせる 外出における不要不急という判断のラインが人によってさまざまな上に、美容クリニックさんから送られる、今なら費用が安くなるといった売り文句のクーポンも、整形を検討している人にとってはかなりの誘惑になるので、「今、整形をするしかない」と焦る人もいると思います。 しかし、私の整形遍歴を振り返ってみると、「今しかない」と焦って適切な判断ができないままやった整形は、高確率で後悔しました。 「今しないと、これからもっと人生がダメになる」 「今を逃したら、もう整形できない」 私は整形依存だった時期、そう思い込むことがありました。 けれど、恋愛で「私にはこの人しかいない」とすがるのと同じで、時間が経つと気持ちは変わっていきます。 この自粛期間だから、今こそ整形をしなきゃと強迫観念にかられないでほしいのです。 いつも以上に時間がとれる今だからこそ、これまで以上に整形が自分にとって本当に必要かどうか切実に考えられるタイミングだと思います。 無理して外出をして、家族や身の周りで働いてくれている人たちを死の危険にさらしてまでも、整形をしたいのか? 整形をしないと、未来がまったく見えないのか? その疑問を自分に投げかけながら考える時間として、また考えるために必要な材料集めの時間として、今の時期を使ってもらいたいと感じています。 また、自分と向き合う機会が多いのは良いことでも、向き合いすぎると壊れてしまうことがあります。 真面目な人や将来を大切に考える人ほど、この隔離された環境では自分のことについて普段よりも考え込んで沈んでしまうことが多いと思います。 悪いことではないですが、私の経験から言ってそういう時は正常な判断ができなくなることがあります。 きれいになりたいけど、ここもダメ、あそこもダメと粗探しを徹底的にしたり、自分を誰かと比較しはじめたら、一旦その思考回路を切ってみるのもアリです。 今は、美と向き合える時間でもあり、美と離れられる時間でもあります。 マイナスな感情から少し「離脱」して、スッキリした後に、今一度何が大切かを考えてほしいと思います。 整形すると決めることも、やっぱり整形しないと決めることも、同じように重い決断です。 整形をしたから人生が良くなるとも限りません。 自分をより追い詰める結果になることもあります。 大変な時期ですが、強迫観念に駆られて未来の自分を苦しめることがないよう、今の自分をちゃんと息抜きさせてあげてください。

次の

韓国で日本人女性が整形手術後に死亡・・・!!韓国美容整形の裏事情|五本木クリニック院長ブログ

美容整形 危険

二重整形で注意したいリスクとは?• 2017年11月15日• 2017年11月16日 二重整形では理想のイメージ異なることやダウンタイムなどのリスクが考えられます 二重整形ではリスクもあると考えられます。 それは埋没法でも切開法でも同じです。 例えば術後は腫れが続く、内出血などが挙げられます。 ただ、これらは、半年程度で治まることがほとんどです。 他にも理想のイメージと異なるなど、見た目の問題もあるでしょう。 特にイメージが異なる場合は、医師とイメージの共有が必要です。 そのためにはカウンセリング時に、しっかりと相談してください。 埋没法では、理想のイメージと異なる場合は、やりなおしができます。 しかし、施術後、数年など長時間を経過していると困難になる場合があるといえます。 二重整形のリスクは複数あるといえます 二重整形を検討する際、リスクも考えなければなりません。 埋没法でも切開法でもそれは同じです。 例えば想像した以上に腫れが続くことがあります。 また、内出血が生じることもあるといえます。 ただ、基本的に腫れや内出血も、時間の経過と共に引いていくことがほとんどです。 一ヶ月以上経過しても腫れが引かないなら医師に相談してください。 他にも良くあるリスクは、埋没法の場合、埋め込んだ糸が見えるケースです。 これも半年ほどで目立たなくなりますが、気になってやり直しても、また見えてしまうこともあるといえます。 さらにまぶたの左右で、違いが出るケースも考えられます。 左右で二重まぶたの形や大きさが違うのかは、右目と左目がまったく同じではないことが理由として挙げられます。 特に切開術では、左右の差が出てしまうことも多いです。 埋没法では、皮膚を切除するわけではないため、二重のラインが緩むこともあります。 特に3~5年経過すると約半分の人が緩むという話もあるといわれています。 一般的に半年から1年ほどで目立たなくなるのですが、気になるなら、再び切除することもできます。 しかし二重のラインが変化することも考えておかなければならないでしょう。 他にまぶたの感覚が鈍くなることも、リスクとして考えておかなければならないといえます。 理想のイメージを明確に医師へ伝えましょう 埋没法でも切開法でも、一番のリスクは「自分が思っていたものと結果が違う」ことが挙げられます。 自分の中で描いていたものと異なる場合、医師の技術が未熟だったことが挙げられるでしょう。 医師の技術や知識、経験が不足している場合、理想の二重どころか思わぬトラブルを引き起こしかねません。 だからこそ、本当に信頼のできる美容整形外科などで施術を行わなければならないのです。 埋没法は簡単で、手軽だからと言っても、そこまで簡単な施術もありません。 切開法なら、なおさらです。 もう一つは、自分の要望が正確に伝わっていないことが挙げられます。 こればかりは、施術を決断する前にしっかりイメージを明確化することが肝心です。 ただ、言葉で説明をしようとしても簡単にはいきません。 その場合、自分のイメージを絵にしてみたり、自分がなりたい人の写真、例えば芸能人やモデルなどの写真を医師に見せたりすると良いでしょう。 そんなことは恥ずかしいと思う必要はありません。 確実に自分が理想とする二重にするためには、イメージに関する医師との共有は必須です。 施術後にはダウンタイムがあります 施術後のダウンタイムもきちんと考える必要があります。 周囲に二重整形をしたことを絶対に知られたくないという人も多いでしょう。 腫れや内出血が生じるダウンタイムは、二重整形の代表的なリスクといえます。 だからこそスケジュール調整はしっかり行わなければなりません。 例えば長期休暇を施術期間に当てる、あるいは休みを取ることが挙げられます。 女性の場合、埋没法なら比較的早期にメイクをすることが可能です。 そのため、メイクで隠すことも考えておいた方が良いでしょう。 ただ、社会人なら長期休暇を取りたくても簡単ではありません。 特に埋没法でなく、切開法の場合は、メイクをするのも難しくなりますし、ダウンタイムも長くなる傾向にあります。 その場合、目にケガをしたと言って眼帯などをするのも対策の一つでしょう。 自分のイメージと違った場合、埋没法なら、抜糸をすることで元に戻すこともできます。 しかし決断は早めにするのを意識しましょう。 糸が癒着をすることで、やりなおしが困難になるからです。 さらに、抜糸を行う際はどうしても目に負担がかかります。 どちらにしても、二重整形のリスクを最小限に抑えたいなら、施術前、医師とのカウンセリングがポイントです。 なおかつ本当に実績のある医師に委ねなければなりません。 (まとめ)二重整形で注意したいリスクとは?.

次の