格安スマホ mnp。 格安スマホから3大キャリアへ戻るには?乗り換え(MNP)手順とキャンペーン

3大キャリアから格安SIMへのMNPの手順とやり方

格安スマホ mnp

家電量販店や街中の携帯ショップで、「格安スマホ」「mvno」「乗り換え」、そして「MNP」というフレーズを見かけますよね。 こうしたフレーズを見て、 「月々の通信代金を安くするために格安スマホに乗り換えたいけれど、今の電話番号をそのまま使える?」 という疑問をお持ちの方もいるでしょう。 その答えは 「はい」です。 最近では、格安スマホへ乗り換える際に「MNP」というサービスを使って、電話番号をそのまま引き継ぐ方が多いです。 もし乗り換えるのが今話題の「格安スマホ」でも、 MNPをすれば電話番号をそのまま使うことができます。 今回は、MNPを使って格安スマホへ電話番号を引き継ぐ方法を知りたい方に向け、 前もってチェックしておきたいMNPの注意点や、賢く格安スマホに乗り換えて電話番号を引き継ぐ方法をご紹介します。 電話番号の引き継ぎは格安スマホでもできる? 携帯電話を他社のものに乗り換える際、 「MNP」というサービスを用いれば、電話番号を変えることなく乗り換えをすることが可能です。 これまで他の携帯会社への機種変更で電話番号を引き継いだことがない方に向け、まずはMNPの概要と、格安スマホについてご紹介しましょう。 電話番号を引き継げるMNPとは? 「MNP」とは、「携帯電話ナンバーポータビリティ」という制度を言い、これを利用すれば 携帯会社を格安スマホを含む他社に変更しても、電話番号を引き継ぐことができます。 昔は、他の携帯会社に変更をする度に電話番号が変わってしまう不便が生じていたため、2006年からMNPが始まりました。 現在では、 080・090・070から始まる電話番号のMNPが行われています。 docomo、au、softbankといった大手のキャリアではなく、キャリアから通信設備を借りて携帯電話事業を始めた様々な会社が提供しています。 皆さんが現在使っているキャリア端末でも、条件が合えさえすれば、格安simを挿すことで格安スマホに変えることが可能。 しかし、格安スマホは料金が安い分、 必要最低限のサービスしか用意されていないという面があります。 そのため、キャリアのように電話番号の引継ぎができないのでは、と心配する方もいるでしょう。 電話番号を自分で選ぶことはできず、070・080・090のいずれかから始まる電話番号になります。 また、格安スマホの1つである 楽天モバイルでは、 通話専用アプリ IP電話 で使える「050」から始まる電話番号を発行してもらうこともできます。 ただし、この電話番号では「110」「119」といった 緊急通話ができないなどのデメリットがあるため、覚えておきましょう。 ただし、乗り換え先の格安SIMのプランで、安くすむからといって データ通信しかできない「データ専用プラン」を選んでしまうと、電話番号を引き継ぐことができません。 電話番号を引き継ぐ際には、必ず通話ができる 「音声通話プラン」を選んでくださいね。 MNPは簡単!手順を解説 MNPによる電話番号の引き継ぎは、簡単な手順で行うことができます。 ここでは、手順を3ステップで解説します。 では、早速ステップ1から見ていきましょう。 MNP予約番号を発行してもらう まずは、現在契約している携帯会社(転出元)で、電話番号を引き継ぐための MNP予約番号を発行してもらいましょう。 docomoの場合 ドコモの携帯電話からは「151」、一般電話なら「0120-800-800」という電話番号へダイヤルします。 インターネットからは「docomoオンライン手続き」から取得できます。 auの場合 「0077-75470」の電話番号にかけると、手続きができます。 auの携帯電話・一般電話の両方ともOKですよ。 インターネットサイトもありますが、 EZwebのガラケーのみしか対応していないので、電話での取得がおすすめです。 auと同じく、インターネットサイトはガラケーのみの対応です。 電話での取得が確実です。 ココに注意!予約番号には有効期限がある 実は、 MNP予約番号には「有効期限」があります。 どのキャリアで予約番号を発行しても、 「予約日を含めた15日間」しか有効ではないと決まっています。 電話番号のMNPはキャンセルできる? なお、何らかの都合でMNP予約番号をキャンセルするときは、契約している携帯会社のお問い合わせセンターで手続きをしましょう。 もしキャンセル後に再度MNPをする際には、新しいMNP予約番号を発行してもらっても料金は発生しません。 2.乗り換え先で新規契約を申し込む(転入手続き) 乗り換え先の格安スマホの携帯会社で新規契約を申し込む時に、発行されたMNP予約番号を伝えてください。 ただし、その際には、次のような注意点があります。 乗り換え先にも予約番号の有効期限がある 乗り換え先の格安スマホ会社では、電話番号の引き継ぎをする際に、 MNP予約番号の有効期間に関する条件を設けています。 「MNP予約番号の有効期間が〇〇日間以上残っている状態」という形で提示されるもので、日数は会社ごとに異なります。 いくつか格安スマホの会社ごとに例をご紹介します。 申し込み時点で、予約番号の有効期限が7日以上: IIJmio• 申し込み時点で、予約番号の有効期限が10日以上: DMMmobile・楽天モバイル・mineo・LINEモバイル(Web手続き)• 有効期限が過ぎてもMNP予約番号の取得はできますが、手間が増えてしまいます。 スマートに格安スマホへ電話番号を引き継ぐためには、余裕をもって行動するのが吉です。 3.電話番号が格安スマホに引き継がれる あとは、携帯会社の方で電話番号の引継ぎ手続きを進めてくれるので、特にやることはありません。 転出元と乗り換え先とのシステム連携で、購入した格安スマホへ電話番号が引き継がれます。 電話番号を引き継ぐときの注意点! 格安スマホへの電話番号の引き継ぎを簡単に行える便利なMNPにも、 いくつか注意点があります。 でも、大丈夫。 いずれも、前もって知っていれば対応できるものばかりなので、ご安心ください。 ここでは、格安スマホへの電話番号引き継ぎ時に行うMNPにおいて、押さえておきたい4つのポイントをまとめました。 MNPを行うと、しばらく電話もネットも使えない? 1つ目の注意点は、 MNPの「空白期間」。 なぜ電話番号の引継ぎでこのような空白期間が生まれてしまうのでしょうか?その理由と、対処法をご紹介します。 電話番号の引継ぎに空白期間が生じるワケ まず、電話番号を引き継ぐためのMNPの手続きの流れを、改めて確認しておきましょう。 電話番号を引き継ぐために、現在契約している携帯会社(転出元)で「MNP予約番号」を発行してもらう。 スマホの携帯会社で新規契約を申し込む。 この時にMNP予約番号を伝える。 この手順のうち、 NPの転出手続きと格安スマホの新規申し込みの手続きを済ませた時点で、現在使っているSIM、電話番号が使えなくなってしまいます。 ちなみに、「MNP予約番号の発行」だけでは、もとのスマホを解約することにはならないので、ご安心くださいね。 格安スマホは即日MNPがおすすめ! 通常、 NPによる空白期間は2~3日前後言われています。 しかし、たった数日でもスマホが使えないのは非常に不便ですよね。 「即日MNP」とは、 「新しい格安スマホのSIMが届き次第、自分の好きなタイミングで切り替えができる」ものです。 (実際は、回線の切り替えのために少なくとも数十分のブランクは発生するものです。 ) 即日MNPで電話番号がすぐに引き継げる格安スマホの携帯会社を、一部ピックアップしてみました。 docomo回線の即日MNP: DMMmobile・U-mobile・楽天モバイル・NifMo・nuroモバイル・IIJmio・mineo• au回線の即日MNP: UQ-mobile• ソフトバンクの即日MNP: b-mobile・Y! mobile(ソフトバンク系列) もちろん、格安スマホのショップでMNPを行えば、空白期間は発生しません。 その場で新しい格安スマホのSIMカードが発行され、電話番号も即時引き継ぐことができるからです。 しかし、実店舗は待ち時間が長くなりやすいため、オンラインでの手続きをおすすめします。 MNPには費用がかかる 2つ目の注意点は、MNPにかかる費用です。 今回ご紹介してきた電話番号の引き継ぎにも、既定の費用が必要です。 電話番号引き継ぎに必要なMNPの 「転出手数料」についてまとめました。 無料にはならない?手数料として必ずかかるもの MNPには、大手キャリア間の電話番号引き継ぎ、格安スマホへの電話番号引き継ぎ、また、ガラケーから格安スマホへの電話番号引き継ぎなど、さまざまなパターンがあります。 いずれの場合も、電話番号の引き継ぎのための費用として 「MNP転出手数料」が必要。 この手数料は、MNPで電話番号の引き継ぎが完了した時点で課金されます。 金額は携帯会社・契約プランにより異なりますが、各社とも、 2~3,000円程度で設定しています。 rい MNP転出手数料はどのくらい? ここでは、現在多くの方が契約中の携帯会社(転出元)別に、MNP転出手数料をまとめました。 なお、いずれも格安スマホの通信会社とは異なります。 あくまで大手キャリアの金額です。 契約事務手数料 契約事務手数料は、乗り換え先の格安スマホ会社で必要な費用で、 3,000円 税抜 がかかります。 格安スマホの契約プランを要チェック 3つ目の注意点として、格安スマホに電話番号を引き継ぐときは、 乗り換え先となる格安スマホの契約プランに気を付ける必要があります。 というのも、 格安スマホのプランによっては、MNPができないこともあるからです。 格安スマホのプランとして一般的なのが、 「音声通話プラン」と「データ専用プラン」です。 このうち、「データ専用プラン」はそもそも電話をしない前提の方が契約するプランなので、電話番号を引き継ぐことはできません。 電話を使いたい、なおかつ電話番号を格安スマホに引き継ぎたいという方は、 必ず「音声通話プラン」を選んでくださいね。 引き継げるのは電話番号だけなので注意 最後の注意点は、 MNPで引き継げるのは電話番号だけと言う点。 まだまだ現代で使っている方も多いスマホのメールアドレスですが、残念ながら格安スマホにはこのメールアドレスを引き継ぐことはできません。 では、格安スマホでメールアドレスを利用するには、どうすればよいのでしょうか?対策法を解説します。 同じ回線でもメールアドレスが使えない理由 「〇〇@docomo. jp」のような、キャリアの名前が含まれたメールアドレスは「キャリアメール」と言われています。 大手キャリアが提供しているサービスの1つです。 一方、格安スマホの会社は、あくまで大手キャリアの通信回線をレンタルしているだけなので、このようなサービスを使うことができません。 そのため、 格安スマホに乗り換えると、電話番号は引き継げますが、キャリアメールは使えなくなってしまうというのが現状です。 格安スマホのメールアドレスはどうする? もしキャリアメールのアドレスしか持っていない場合は、 「フリーメールアドレス」を取得して事前に設定を整え、格安スマホでも使うという方法をおすすめします。 無料でメールアカウントが取得できるメールサービスは、下記が挙げられます。 Gmail:「〇〇@gmail. com」• Yahoo!メール:「〇〇@yahoo. jp」• Outlook. com:「〇〇@hotmail. com」「〇〇@msn. com」 ただし、格安スマホの中でも、Y!mobileのように乗り換え先で格安スマホ会社の専用アドレス Y! mobileでは~~ ymobile. jp を取得できる格安スマホもあります。 rい 格安スマホに乗り換えるときはMNPを忘れずに ここまで、格安スマホへの乗り換えでもMNPというサービスを使うことで、電話番号の引き継ぎを行えることを説明してきました。 MNPによる電話番号の引き継ぎ方法や手順、注意点はご理解いただけたでしょうか? MNPは、格安スマホに切り替える際に便利なサービスではありますが、注意点も同時に存在しています。 この記事を参考に、格安スマホへの乗り換え、電話番号の引き継ぎを無事に成功させて、快適な格安スマホライフを送ってくださいね。

次の

格安スマホに電話番号を引き継ぐ方法は?MNPの注意点を解説!

格安スマホ mnp

大手キャリアに加えて、格安SIMから他の格安SIMへの乗り換える場合も合わせて説明します。 MNP 乗り換え という手続きを行うことで、今まで使っていたスマホやガラケーの電話番号 070、080、090 を格安SIMでもそのまま使えます。 格安SIMから他の格安SIMへMNPする場合は、ネットでMNP予約番号を発行します MNPをする場合は、MNP転出手数料 番号ポータビリティ手数料 でドコモの場合は2000円、auは3000円、ソフトバンクは3000円かかります。 格安SIMから他の格安SIMへMNPする場合は、2000円〜3000円の転出手数料になります。 MNPの手続きを行わないで乗り換えることもできます。 この場合はMNP転出手数料もかかりませんが、格安SIMで使う電話番号は新しい番号になります。 直接ショップに行くと1時間くらい待たされる場合もあるので、電話をしてもらうのをおすすめします。 格安SIMから他の格安SIMへMNPする場合は、基本的に電話ではなくネット経由でMNP予約番号を発行します。 発行には少し時間がかかって、1日〜4日程度で予約番号が発行されます。 MNP予約番号には有効期限があるので、格安SIMや格安スマホを申し込む直前 当日または前日 にMNP予約番号をもらうのが無難です。 格安SIMへMNPする場合は、が必要です。 MNP予約番号をもらった後に、通話SIMを申し込みます。 通話SIMの申し込み時にMNP予約番号を入力する項目が出ています。 MNPをすると現在契約している携帯キャリアから2000円〜3000円のMNP転出手数料が請求されます。 通常の携帯電話代と一緒に請求されます。 クレジットカードで月額料金の引き落としが行われます。 一部の格安SIMで口座振替での支払いに応じていますが、時間がかかり選択肢も少なくなるので、クレジットカードで支払うことを強くお勧めします。 現在使っているスマホの名義、クレジットカードの名義、そして格安SIMを申し込む人が全て同じ人でないと契約できないので気をつけてください。 未成年の子供名義のスマホを格安SIMにしたい場合、スマホの名義を親名義にして、親名義で格安SIMを申し込む必要があります。 一部の格安SIMでは未成年の契約もできますが、選択肢がかなり少なくなるので、基本的には親名義で申し込むのがお勧めです。 免許証を持っている場合は、それを使ってください。 免許証がない場合、格安SIMごとに必要な本人確認書類が若干異なる場合があるので、申し込みを検討するときに事前に必要な本人確認書類を確認してください。 MNPをしない場合でも、通話SIMを申し込む場合に本人確認書類が必要です。 本人確認書類をスマホやガラケー、デジカメで撮って またはスキャナーでスキャンして 、その画像を格安SIMの申し込み時にアップロードします。 あまり高画質で撮ると容量をオーバーして申し込み時にエラーが出るので、低画質で撮ります。 事前にすることと注意点 月末近くになると手続きに時間がかる場合があります。 当月中の乗り換えたい場合は25日くらいまでには申し込むことをおすすめします。 Gmailからガラケーユーザへメールを出すと、メールが届かない可能性があります。 現在使っているキャリアメールから新しいGmailのメールアドレスを知らせるのが無難です。 格安SIMや格安スマホのほとんど全ては、MNPをする場合でもスマホが使えなくなる期間なしに手続きができます。 イオンモバイルとTONEモバイルだけが、新しい格安SIMカードや格安スマホが届くまで2,3日ほど電話やインターネットが使えなくなるくらいです。 クレジットカードには審査があるので、もし審査に落ちると別のクレジットカードを申し込んだりと手間と時間がかかる場合が少しだけあるので、早めにクレジットカードを申し込むことをオススメします。 クレジットカードは普通に使えばデメリットはほとんどないです。 お金は使えるだけ使ってしまえみたいな人にはクレジットカードは毒ですが、普通の人ならクレジットカードで支払ったほうがポイント還元があってお得に使うことができます。 クレジットカードの保有率も9割くらいです。 今まで使っていたスマホをそのまま格安SIMで使うことができる ドコモのスマホを使っている場合は、ドコモ系の格安SIMを使えば、今まで使っていたスマホをそのまま使い続けることができます。 写真や音楽、アプリのデータもそのままです。 同じようにauのスマホも基本的にau系の格安SIM、ソフトバンクのスマホもソフトバンク系の格安SIMで使えます。 ほとんどの場合で今使っているスマホを格安SIMでも使えますが、使えないパターンもあります。 使える格安SIMやSIMロック解除の必要性や細かいことは下記にまとめています。 自分のスマホが問題なく使えるかどうかは下記を参考にしてみてください。 今使っているスマホを使えば、わざわざ新しい格安スマホを買う必要もなく、写真もそのまま、今まで使っているアプリ キャリアの純正アプリ以外 もそのままで使えるのでとても簡単に安く格安SIMが使えます。 格安SIMでもiPhoneを使い続けることができる 格安SIMでもiPhoneを使い続けることができます。 iPhone 5以上なら使える格安SIMがあります。 今まで使ってきたiPhoneを格安SIMでも使いたい場合、格安SIMでできなくなることはキャリアメールが使えなくなるくらいです。 それ以外はできます。 格安SIMにするとキャリアメールが使えなくなるので、iPhoneで格安SIMを使う前に、でメールアドレスを作ってメールアドレスの変更を家族や知人に連絡をしておくことをオススメします。 ドコモのiPhoneを持っている場合 を申し込んでSIMカードを入れ替えて少し設定するだけで、格安SIMで今まで使ってきたiPhoneが使えるようになります。 アプリも撮った写真も、電話帳もそのままで使い続けることができます。 ドコモのiPhone 6s以上のモデルは、スマホ購入後100日経てばSIMロック解除ができます。 SIMロックを解除するとau系の格安SIMとソフトバンク系の格安SIMでも使えるようになります。 auのiPhoneを使っている場合 等 を申し込んでSIMカードを入れ替えて少し設定するだけで、今まで使ってきたiPhoneをそのままの状態で使うことができます。 auのiPhone 6s以上のモデルなら、スマホ購入後100日経てばSIMロック解除ができます。 SIMロックを解除するとドコモ系とソフトバンク系の格安SIMでも使えるようになります。 iPhone 6以下のモデルは制限があって色々面倒なので、iPhone 6s以上のモデルを使うことをおすすめします。 ソフトバンクのiPhoneを使っている場合 のソフトバンク回線等 を申し込んでSIMカードを入れ替えて少し設定するだけで、今まで使ってきたiPhoneをそのままの状態で使うことができます。 ソフトバンクのiPhone 6s以上のモデルは、スマホ購入後100日以上経っていればSIMロックの解除ができます。 SIMロックを解除するとドコモ系とau系の格安SIMでも使えるようになります。 iPhone 6以下のモデルは制限があって色々面倒なので、iPhone 6s以上のモデルを使うことをおすすめします。 iPhoneを格安SIMで使うのは少し難しいと思うかもしれませんが、実際にやってみると簡単にそして安くiPhoneを格安SIMで運用できることに気づくと思います。 詳しくは下記に記載しているので参考にしてみてください。 おまけ:格安SIMへのMNPは早ければ早いほどいい 早ければ早いほど、スマホ代の節約になります。 大手キャリアで支払っているスマホ代は月額7000円くらいになると思います。 最初の2年間は月額5500円くらいで使えて、その後は月額7000円から8000円くらい。 格安SIMなら月額料金を2000円くらいにすることができます。 格安SIMは月額料金を5000円くらい安くすることができますが、格安SIMにもデメリットがあります。 ただし、大多数の人にとって月額料金が安いメリットがデメリットを大きく上回る結果になります。 格安SIMのメリットとデメリットに関しては下記に詳しく記載しているので参考にしてみてください。 大手キャリアから格安SIMへのMNPしてしばらくすると、なんでもっと早く乗り換えなかったんだろうと思うと思います。 その他の格安SIMや格安スマホ関連のお役立ち情報•

次の

「解約?」「MNP転出?」なにが違うかわかりやすく解説!やめる前に確認しよう!

格安スマホ mnp

契約にもよりますが格安SIMは1年くらい使えば、違約金なしに他の格安SIMへ乗り換えることができます。 乗り換えるメリットは、キャンペーンで格安スマホが安く手に入ったり、キャッシュバックや月額割引などの特典がもらえることです。 MNP転出手数料で3000円かかりますが、キャンペーンで1万円〜2万円程度の特典をもらうことができます。 実際にやってみましたが、すごくあっさりMNPできます。 MNPをすることで、新しい格安スマホに割安に機種変できたり、キャンペーンで月額割引やキャッシュバックがもらえたりします。 格安SIMのサイズの変更は変更手数料が3000円程度かか理、新しいSIMが届くまでスマホが使えない期間が発生したりします。 他の格安SIMヘMNPすれば、キャンペーンで収支がプラスになり、指定のSIMサイズにすることができ、そしてスマホが使えなくなる期間なしに手続きができます。 SIMカードのサイズを変更したい場合も、どうせなのでMNPした方がお得で簡単です。 単に解約して、別の格安SIMを新規契約するだけです。 通話SIMの場合にMNPができます。 格安SIMから他の格安SIMへ乗り換える方法の目次• この間も今使っているスマホで電話やネットができる。 届いた格安SIMをスマホに入れてAPNの設定を行う。 SIMを入れ替えた時にスマホでネットや電話ができなくなる。 開通手続き後、数秒でSIMカードを入れたスマホでネットと電話が使えるようになる。 ステップ1:次に使う格安SIMを選ぶ お得なキャンペーンを探す まず最初に他の格安SIMへMNPする場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOを探します。 格安SIMを初めて使う場合、知っている会社だとか、友人や家族が使っているからと言った理由で選ぶケースが多いですが、格安SIMを使っている人の場合は、格安SIMがどんなものか大体わかっているので、キャンペーン重視で乗り換えが行われます。 格安SIMの場合、大手キャリアと異なり、他社からMNPする場合と新規契約との差はありません。 どちらも同じキャンペーンが適用されます 極一部のMVNOでMNPの場合によりお得になる場合がありますが、極一部すぎるので無視です。 ただし、格安SIMのみ申し込む場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOと、格安SIMと格安スマホをセットに申し込む場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOなどがあります。 下記のページでそれぞれの場合に分けて、よりキャンペーンのお得度の高いMVNOをランク付けしているので参考にしていてください。 格安スマホとセットで申し込んだ方が割引額やキャッシュバック額が多かったりするので、今使っているスマホを1年以内に買い替えが必要そうな場合は、格安スマホとセットに申し込むことをオススメします。 SIM替えにオススメ、BIGLOBEモバイル SIMのみ申し込む場合でオススメなのがBIGLOBEモバイルです。 BIGLOBEモバイルを選ぶのは、単純にキャンペーンのお得度が高いからです。 BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、月額料金は初月無料で翌月から6ヶ月間1200円引きです。 SIMのみの申込みなら月額料金の支払いに使える最大5000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを行なっています。 格安スマホセットなら1万7500円相当のポイントに大幅増額です。 初期費用込みでも、Redmi Note 9Sが実質9299円 税込 、OPPO Reno3 Aが実質2万4083円 税込 、ZenFone Live L1が実質2963円 税込 など、超お得に手に入ります。 2020年8月31日までのキャンペーンです。 通信速度の速い格安SIMを探す キャンペーンのお得度は大きな決め手ですが、それだけで決めるとあとあと通信速度が遅くて後悔する場合があります。 このサイトでは格安SIMの通信速度をリアルタイムで計測した結果を元に通信速度のランキングを行なっているので、検討している格安SIMの通信速度の参考にしてみてください。 少し遅いと評価している格安SIMは基本的には避けた方がいいですが、中には通信速度以外の強みがある場合もあるので、ケースバイケースで検討してみてください。 今回はIIJmioのタイプDからBIGLOBEモバイルのタイプDヘMNPすることにしました。 BIGLOBEモバイルを選んだ理由は、キャンペーンのお得度が高いためです。 BIGLOBEモバイルの通信速度は格安SIMの中で普通、可もなく不可もなくと言ったところです。 auのスマホはau系の格安SIM マルチSIM で使えます。 ソフトバンクのスマホはドコモ系とソフトバンク系の格安SIM ドコモ系の電波がやや不利 で使えます。 それ以外は、説明するのも超面倒な組み合わせになっているので自力で調べてみてください・・。 今使っているスマホのSIMのサイズがマイクロSIMの場合は、ドコモ系とソフトバンク系の格安SIMならナノSIMを選んで下記の変換アダプターを使うことをオススメします。 変換アダプターのご利用は自己責任でお願いします ステップ2:今使っている格安SIMでMNP予約番号を発行する MNP予約番号をオンラインで発行する 今使っている格安SIMでMNP予約番号を発行してもらいます。 MNP予約番号を発行する上での注意点は3つです。 発行するのに最大4日かかる場合ある• 発行するだけで手数料がかかるMVNOがある• 発行されたら2日以内にMNPの手続きをする必要がある とりあえずMNP予約番号を発行しておこうというのはやめた方がいいです。 必要な時にMNP予約番号を発行して、発行されたらすぐMNPの手続きをする必要があります。 ということを頭に入れて、MNP予約番号をオンラインで発行します。 IIJmioは会員専用ページにログインすると「MNP予約番号の発行・確認」というリンクがあります。 「MNP予約番号の発行・確認」をクリックすると、IIJmioで契約している通話SIMのリストが出てきます。 IIJmioの通話SIMはmicroSIM マイクロSIM で契約して、SIMカッターでnanoSIMにして使っていました。 接触が微妙に悪く、SIMを交換したいと思っていたのですが、どうせなのでMNPすることにしました。 MNPの場合はスマホが使えなくなる期間なしで手続きができます MNPしたい通話SIMを選択して次へ進みます。 確認画面が出てきます。 3年以上契約しているので、違約金もなしです。 IIJmioは2年以上契約するとIIJmioプレミアム特典[長得]として毎年3GBのプレゼントがもらえるのですが、それよりキャンペーンを行なっている他の格安SIMへMNPした方がお得です。 IIJmioだけでなく、ほとんど全てのMVNOが違約金がなくなったら他の格安SIMヘMNPしたほうがお得に使えます。 MVNOの中には、格安SIMを返却しないと罰金をとるMVNOがあります。 その場合は郵便局のミニレター 62円 に入れて郵送しておきます。 IIJmioは建前上お願いしているだけで、返却の必要はないのでMNPの手続きが終わったらゴミ箱へ捨てるだけです。 チェックボックスに全てチェックを入れて「申し込む」をクリックします。 これで発行手続きは完了です。 MVNOによっては発行手続きをするだけで手数料を取るMVNOが極一部でありますが、IIJmioの場合は発行手続きだけでは手数料は発生しません。 実際にMNPした時に、MNP転出手数料として3000円がかかります。 MNP転出手数料の相場は2000円〜3000円です 極一部のMVNOで5000円徴収したりします MNP予約番号が発行されるまでの実際の日数 どのMVNOでもMNP予約番号の発行完了まで4日程度かかると記載されていますが、IIJmioの場合は1日ちょとで番号が発行されました。 MNP予約番号はEメールで届きます。 有効期限は15日です。 23時に番号が発行されたので実質14日みたいなものです。 ちなみにIIJmioはデータSIM2枚と通話SIM1枚を契約しています。 このうち3年5ヶ月契約していた通話SIMをBIGLOBEモバイルへMNPです。 ステップ3:MNP予約番号を使って他の格安SIMヘMNPする MNP予約番号をもらったら、2日以内にMNP予約番号を使って他の格安SIMヘMNP手続きをする必要があります。 MNP予約番号には有効期限がありますが、ほとんどの格安SIMはMNP予約番号の有効期間が10日〜13日以上残っている状態で手続きをするようにとの記載があります。 この記載を無視して、有効期限が短くなったMNP予約番号で申し込んだ場合、どうなるのかわかりませんが、わざわざ不要なリスクを取る必要はないです。 MNP予約番号をもらったらさっさとMNPの手続きをすることをオススメします。 格安SIMの管理人はIIJmioからBIGLOBEモバイルへMNPしましたが、他の格安SIMでも基本的には同じような流れになります。 必要なのは、MNP予約番号、本人名義のクレジットカード、そして本人確認書類 免許証や保険証等 です。 必要な本人確認書類は格安SIMごとに微妙に異なったりするので、免許証を持っていない場合は必要な本人確認書類を確認しておいてください。 どの格安SIMでも免許証だけは本人確認書類として認められています。 MNPで乗り換える場合も、今使っている格安SIMは手続き中はそのまま使うことができます。 新しい格安SIMが届いて、開通手続きをすると、今使っている格安SIMが使えなくなり、新しい格安SIMが使えるようになります。 ステップ4:届いたSIMカードを入れて開通手続きをする MNP予約番号を使って格安SIMを申し込むと、2日程度で格安SIMが自宅に届きます。 そのまま何もせずに数日経つと自動的に開通手続きが完了して、今使っている格安SIMは使えなくなり、届いた格安SIMが使えるようになります。 自分で開通手続きをすると数分から1時間程度で、今使っている格安SIMが使えなくなり、届いた格安SIMが使えるようになります。 放置だと、いつ切り替えになるのかはっきりしないので、格安SIMが届いたら自分で開通手続きをすることをオススメします。 電話やネットで簡単に開通手続きをすることができます。 開通手続きのやり方は、格安SIMと一緒に届く書類に記載されています 開通手続きが終わったら、あとは必須なのはAPNの設定をするくらいです。 APNの設定も一緒に届いた用紙に記載されていると思います。 契約していた格安SIMは自動的に解約完了 開通手続きが完了すると、今まで使っていた格安SIMは自動的に解約になります。 実際にかかった費用 MNP転出手数料 3000円 IIJmioへの支払い 初期費用 3394円 BIGLOBEモバイルへの支払い 合計で6394円かかりました。 実際のメリット は時期によって微妙に変わりますが、だいたいは同じようなお得度になります。 今回の手続きでは下記の特典をもらいました。 SIMのみの変更でも6000円のプラス、格安スマホとセットで申し込むとキャンペーンのお得度が上がるので1万円程度はプラスになる感じです。 単純にSIMサイズを変更すると3000円の手数料がかかって、スマホが使えなくなる期間が2日ほど発生しますが、MNPして新しいSIMのサイズにすればスマホが使えなくなる期間なし&プラス収支で手続きができます。 通話SIMのSIMサイズを変更したい場合は、MNPすることを強くオススメします。 おすすめの格安SIM• BIGLOBEモバイルはYoutubeやAbemaTVをたくさん見たい場合に、最もオススメの格安SIMです。 BIGLOBEの3GB以上のプランだと、通話SIMなら月額480円のオプション料金でYoutubeやAbemaTVをデータ消費なしに無制限で見ることができます。 割安に使えるキャンペーンも積極的です。 UQ mobileはau系の格安SIMを提供しています。 通信速度が格安SIMの中でダントツに一番速く、そして安定しています。 auのスマホユーザや通信速度を重視する人におすすめの格安SIMです。 LINEモバイルはLINE、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータの消費なしに使えます。 LINEの年齢認証も行うことができるのでID検索もできます。 SNS系サービスを良く使う場合にオススメの格安SIMです。 高い信頼性、それがIIJmioの格安SIMです。 シェア上位のMVNOと比べて通信速度が比較的速いです。 通信障害に強く長期にわたって安定した比較的速い通信速度を維持しているので、信頼性を重視する人におすすめの格安SIMです。

次の