平成32年 は令和何年。 平成31年は西暦2019年です|令和何年は西暦何年

平成32年は令和何年?【解決】

平成32年 は令和何年

令和って万葉集から来ているんだって。 これは日本の元号が始まって以来初の事ですごいことなんだあ。 日本の元号って中国から来ているんだ。 中国って漢文とかあるよね、その漢文由来の二文字の言葉を探して元号としてたんだよ。 でも万葉集って日本の書物で奈良時代末期に成立した日本最古の和歌集なんだ。 しかも和歌は全て漢字で書かれているんだ。 だから、元号を持ってくるときにはちょうどよかったんだろうね。 令和はまだ始まってまもないけど西暦が共通に使われるようになってきているとはいえ、 日本に住んでいる限り就職や進学、会社などで使うことはおおいだろうし、ちゃんと覚えておいたほうがいいことは多いはず。 四の五の言わずに、西暦からレイワと令和で覚えちゃった方がいいよ。 あと、元号ってそもそも天皇が変わると変更されるってイメージがあるけど, これ間違いね。 もしそうだとすると、例えば、江戸時代があるから江戸天皇とかいることになるけど聞いたことないよね。 天皇が即位されると変更される場合もあるけど、基本的には時代の変わり目に元号は変わるんだ。 明確な定義はないけど、近年では明治とか大正とか昭和とか天皇が即位されたときに代わることが多かったってこと。 大体これは70年とか50年とかその辺だから時代が大きく変わるくらいの時間なんだ。 だから何がいいたいのかというと、 要は元号ってのは時代の節目だからそこからまた時代が変わるんだーなんて考えて生活の中に溶け込んでいかせたらいいなって思います。 今日は令和何年?について 現在は令和2年ですが、あの年は平成何年だったか思い出してみましょう。 なので各年毎の超ビックニュースを時系列でならべてみました。 これを見れば一目瞭然にいまのイメージがわくはずです。 平成01年 ソ連軍のアフガニスタン撤退が完了 平成02年 日本人初の宇宙飛行。 秋山豊寛さんがソユーズTM11に 平成03年 湾岸戦争勃発 平成04年 貴花田と宮沢りえさん婚約 平成05年 ビル・クリントン、アメリカ合衆国大統領に就任 平成06年 長嶋巨人日本一 平成07年 地下鉄サリン事件 平成08年 任天堂が「NINTENDO64」を発売開始 平成09年 ダイアナ元英皇太子妃、パリで事故死 平成10年 『七人の侍』や『用心棒』などで知られる映画監督の黒澤明が死去 平成11年 嵐が、ハワイ州ホノルル沖のクルーズ客船にてデビューの記者会見を行う。 平成12年 サザンオールスターズ、「TSUNAMI」発売。 CDシングル歴代売り上げ1位 今日の日が平成何年だったかの意味.

次の

平成32年は令和何年?!免許更新の期限に注意!

平成32年 は令和何年

その例に倣うと、 4月1日時点で平成31年であったので 「平成31年度」が正解となります。 ただ、やっぱり違和感がって声が出たりすれば変更もあるかもしれません。 それに正直なところ、国の公文書とかでない限りは従う必要もない… そもそも、決まり事を作っただけで法で明文化されているわけではないので臨機応変に変わるのではと予想します。 なので、「平成31年度」「令和元年度」どちらでも好きな呼び方でOKではないかと… 実際のところ 「平成31年度」「令和元年度」併記するという方法が一番スムーズではないでしょうか。 4月3日追記 政府は5月1日以降は「令和元年度予算案」というように表記すると発表しました。 やはり令和元年期間が長いからこの様な判断になったのかもしれません。 すでに平成表記の法令などを改正する予定はないなど、それぞれで臨機応変に対応するという事の様です。 政府がこの方針を打ち出したことで、令和元年度を使う組織や団体増えそうです。 なので この改元では「令和元年度」が正解という事ですね。 平成31年など平成表記はどうするの? でも厳密に明文化されて規定されているわけではないので、平成31年度も間違いではありません。 ただ 混乱を避けるために訂正印を押すなど臨機応変に対応していくとの事ですよ。 まだしばらくはその時々で確認しながらという事になりそうです。 過去の改元ではどうだったの? 過去の改元を見てみると、平成は1月7日からだったのでスムーズに平成元年4月1日からが平成元年度となりました。 なので 6日間しかなかった昭和64年度は存在しません。 では大正から昭和はどうだったのでしょう。 昭和元年って実は7日間しかないんです。 大正天皇が崩御されて昭和となったのが12月25日なんですね。 という事で、 昭和になった最初の4月1日はすでに昭和2年で、昭和は2年度からスタートしています。 まぁその年度が始まる4月1日時点の年号と決まり事をしたのは平成に改元された時なので、このとき明確な規定はなかったんですけどね。 でも卒業証書とかで考えると違和感ありますよね。 大正15年度の卒業証書なのに、卒業年月が昭和2年3月〇日とかになるわけで、あれ?昭和元年はどこ~~~?!となります(笑) 明確な規定がなかったこともあり、 大正15年度(昭和元年度)というように併記された例もあるようです。 西暦2030-2018=令和12年 令和元年が2019年なので2018を引けばいいんです。 今はそんなの当たり前って思うかもしれませんが、何年もしたら2018年(厳密には2019年4月)までが平成だったか記憶なんてあいまいになるかもしれません。 そんな時、令和に決まって「R18」がトレンドに入ったみたいに、このマジックワードを覚えておけばOKってわけです。 ちょうど 20 18の「18」とR「 18」ですね。 まとめ 平成に改元されたときに決めた決まり事に則ると、令和元年度というよりは平成31年度というのが正解! だけど、期間を考えると令和元年の期間が8カ月、1月からも令和…である事を考えると「令和元年度」の方がしっくり来る気はします。 法令で定められた決まり事ではないので今後臨機応変に変わるor発行する媒体によって自由に選んだり、併記するようなことになるのではないかと予想します。 そして話題になっている「R」か「L」か問題も、順当にいけば「R」で決まりかなと思いますね(笑).

次の

平成31年は西暦2019年です|令和何年は西暦何年

平成32年 は令和何年

免許証の更新日が平成表記なら変更するのは令和何年か? 現在、 運転免許証の更新日が平成表記の場合、次に書き換えるのは以下のとおりです。 私の場合も、昨年の平成30年に免許の書き換えをしたので、運転免許証を見ると平成35年まで有効と書いてあるんです。 元号って日本独自の制度で、個人的には気に入っています。 だから、西暦に統一した方が良いとは、特に思っていません。 ただ、今回のようなことがあると、もっと早くから西暦も一緒に表記してくれた方が混乱しなかったかなと。 ただし、上記を見てもらうとわかるように、 今回の改元はタイミングが良かったのか、一ケタ目が一致しているんです。 平成32年は令和2年というように、特別な計算をしなくても、一ケタ目を見ることで簡単にわかります。 前回の昭和のときは、昭和64年が平成元年ですから、今回と違ってわかりにくかったんですよ。 とはいえ、平成35年のときに、「あれ、いつだっけ?」と迷っているかもしれませんが・・・。 まぁ、基本的には警察から運転免許証の更新ハガキがくるから大丈夫でしょう。 だけど、私は一度だけ、理由はわかりませんがハガキが来なかったことがありました。 引っ越しなどをしていると、同じようなケースがあるかもしれないので気をつけてくださいね。 ここで、ふと思い出して、パスポートを確認してみたところ、有効期限は西暦表示でした。 世界で通用するのは西暦なので、考えてみれば当たり前ですが、ちょうど今年だったので、疑問に感じたことを確認して良かったです。 うっかり忘れるところでした。 免許証の有効期限を平成から令和に表記を変えられるのか? 今のところ、有効期限が平成の表記だとわかりにくいとか落ち着かないとか、そういった個人的な理由では令和への表記は認められていません。 現状の平成表記で何ら問題ありませんし、それだけの理由で変更していたら現場が大混雑してしまいます。 もし、 どうしても運転免許証を令和表記に変えたい場合は、紛失手続きをして再交付してもらうことです。 ですが、再交付のための手数料が3,500円かかります。 あと、警察署などに行って申請する手間(時間)もかかるので、かなり面倒くさいです。 それでも、令和にこだわる方は下記の書類が再交付に必要になります。 免許証の再交付に必要な書類• 4cm)• 本人を確認するための書類(パスポート、マイナンバーカード、学生証、健康保険証など)• 印鑑 本当に紛失した場合でなければ、これだけの書類を集めたり、わざわざ警察署に行かないとダメなので、私は変更したくないですね。 運転免許証をじっくり見ることもありませんし、平成のままでも困ることもありません。 それに、どこかに平成が残っているのも、いいかなと。 まとめ 免許証の更新日が平成表記の場合、令和では何年に書き換えれば良いのかを忘れないために、備忘録としてまとめました。 今回の変更はタイミングが良かったせいか、平成の一ケタ目と令和の年が同じなので、わかりやすいです。 それでも確認したいときには参考にして、更新期限を忘れずに免許の書き換えを行ってくださいね。

次の