あつし スープ。 【スッキリ】美腸スープの作り方・レシピ動画。Atsushiさん直伝!ごぼうスープ&トマト豆乳スープ(8月5日)

朝食にもぴったり♪豆乳で作る「半熟豆腐」のお手軽スープ【工藤詩織の「お豆腐」進化論 Vol.10】

あつし スープ

みなさんこんにちは! ボディメイクに勤しむ30歳。 都内OLのあやです。 今日は、 『Asushi(あつし)著書『#モデルが撮影前に飲んでいる魔法の即ヤセ低糖質スープ』について。 2018年11月26日(月)に発売されたばかりですが、既に注目を浴びているAtsushi(あつし)さんの著書『#モデルが撮影前に飲んでいる魔法の即ヤセ低糖質スープ』。 というのも、今回発売のAtsushi(あつし)さんのレシピ本は第3弾で、 痩せるシリーズはモデルをはじめとして多くの女性に読まれています。 今回のレシピテーマである「低糖質」はボディメイク・ダイエットをする女性は、見逃してはいけないキーワードになります。 ボディメイク・ダイエットにおいて「食事」は重要です。 ぜひ、チェックしてみてください。 人気野菜ソムリエプロのレシピ本第3弾 『#モデルが撮影前に飲んでいる魔法の即ヤセ低糖質スープ』 【引用: 】 2018年11月26日(月)に株式会社宝島社から、 野菜ソムリエプロAtsushi(あつし)著書 『#モデルが撮影前に飲んでいる魔法の即ヤセ低糖質スープ』が発売されました。 著者Atsushi(あつし)も2ヶ月で6kg痩せた即ヤセスープレシピ 【引用: 株式会社宝島社プレスリリース 】 野菜ソムリエプロ・Atsushi(あつし)さんのレシピ本第3弾は 「低糖質スープ」です。 ちなみに第1弾は「魔法のスープ」、第2弾は「ごちそうサラダ」です。 その名の通り「低糖質」で、タンパク質が豊富など美容に嬉しい成分がつまった野菜たっぷりの即ヤセスープです。 「撮影前にちょっと絞りたい」「体調を整えたい」などモデルがこぞって取り寄せているそう。 あつしさん自身も、 この即ヤセスープで2ヶ月で6kgのダイエットに成功しています。 そんな魔法の即ヤセスープレシピ全44品が紹介されています。 Atsushi(あつし)流スープはここがすごい! 《Atsushi流スープのすごいポイント》• 10分で作ることができる簡単レシピ とにかく簡単!身近な食材で、下ごしらえに時間がかかるものは使っていません。 体に嬉しい低糖質 ビタミン・ミネラルが豊富な野菜や豆類をたくさん使って、血糖値の上昇を緩やかにします。 タンパク質たっぷりで筋肉量を減らさず痩せやすい体に 野菜だけではなく、基礎代謝をアップさせる「肉・魚・豆」を使うのでタンパク質も豊富です。 にんにく&しょうがで体ポカポカ 体を温める「にんにく・しょうが」を必ず入れることで代謝もアップ!• うま味がぐんとアップ! うま味成分「イノシン酸・グルタミン酸」などをかけ合わせて美味しさアップ! 著者「Atsushi(あつし)」とは? みなさん、この男性はご存知ありませんか? 「シャツの前開きすぎ!」 そう思う方もいらっしゃるかもしれません・・・ 私のあつしさんの第一印象は「シャツの前が開きすぎな人」でした。 そんなことはどうでもよくて。 (きっとこれも自分のPRのための戦略・・・) 実はAtsushi(あつし)さんは多方面で活躍する多才な方。 オーストラリアで習得した堪能な英語力や海外経験を活かして、ファッション業界の第一線で活躍。 そのためファッションの歴史やトレンド、美容・食についても豊富な知識を持つ。 現在はファッション&ライフスタイルプロデューサーとして、ナチュラルスキンケアブランド「abotanical(アボタニカル)」を立ち上げて、テレビや雑誌など多方面で活躍している。 PRコンサルタントとしても様々なイベントに携わっており、イベント・パーティーをまとめている。 2015年には、漢方養生指導士初級を取得。 また、2016年に野菜ソムリエ中級の試験に合格して野菜ソムリエプロに。 集英社「Marisol ONLINE」では2010年からレシピ連載を開始して、8年続く人気連載になっている。 ファッションや美容など幅広い分野で活躍されていて、 今回は、野菜ソムリエプロとして書いた『#モデルが撮影前に飲んでいる魔法の即ヤセ低糖質スープ』が注目されています。 まとめ 野菜ソムリエプロのAtsushi(あつし)さん著書『#モデルが撮影前に飲んでいる魔法の即ヤセ低糖質スープ』は、ボディメイク・ダイエットをする女性は注目すべき食事法です。 ただ気を付けてほしいのが 「食事のバランス」です。 「低糖質」が良いからと食事全部を低糖質に変えればいいというわけではありません。 ボディメイクやダイエットにおいて「食事」はとても重要です。 トレンドの本を読んで実践するのもいいですが、一度プロにお願いして体作りのための食事法を学ぶのもおすすめです。 パーソナルトレーニングジムであれば、トレーニングと合わせて食事指導を受けることができます。 トレーニングと食事について基本を身に付けることができるので、トレンドや間違った情報に左右されることがありません。

次の

朝食にもぴったり♪豆乳で作る「半熟豆腐」のお手軽スープ【工藤詩織の「お豆腐」進化論 Vol.10】

あつし スープ

お豆腐は、なぜ固まる? 今回は、お豆腐が固まる作用「 凝固」のお話です。 化学や専門用語が苦手な方も、この仕組みを知っておくとさまざまな料理に活用できるので、ぜひ読み進めてくださいね。 豆乳を固めるために加える「凝固剤」の代表といえば、「 にがり」。 海水から塩(塩化ナトリウム)を取り出した後に残る副産物で、主成分は「塩化マグネシウム」。 漢字で「苦汁」と表すとおり、非常に苦い液体です。 加熱した豆乳ににがりを加えると、豆乳の「タンパク質」とにがりの「マグネシウムイオン」が化学反応を起こし、タンパク質同士がつなぎ合わさることでお豆腐が固まります。 この作用を「 塩(えん)凝固」と呼びます。 お豆腐を固めるのは「にがり」だけじゃない 日本のお豆腐の歴史をさかのぼると、「にがり」以外で固めたお豆腐が存在することはご存知でしょうか? その一例が「 すまし粉」と呼ばれる「硫酸カルシウム」を使ったお豆腐です。 昭和初期の日本では、軍需の影響で豆腐用の「にがり」の使用が制約され、代用として「すまし粉」と呼ばれる石膏の粉でお豆腐を固める製法が広く普及しました。 同じ「塩凝固」を起こす2つの凝固材ですが、 大豆の甘みを強く感じる「にがり」のお豆腐に対し、 保水力のある「すまし粉」のお豆腐は、みずみずしくツルっと仕上がるのが特徴です。 「にがり」が主流となった現代でも、「すまし粉」でお豆腐を作り続ける職人さんもいますし、「出汁」の食文化を持つ京都では、「すまし粉」の豆腐は湯豆腐との相性が良いとされ、長く支持され続けています。 また、日本でも人気の台湾・香港の豆腐スイーツ「 豆花(トウファ)」も、「にがり」ではなく保水力のある「すまし粉」で豆乳を固めることで、飲み込めるほどなめらかに仕上げるのが特徴です。 お豆腐を「酢」で固める半熟豆腐のスープ! さらに、お豆腐を「酸」で固める「 酸凝固」という製法もあります。 台湾で朝食として古くから愛されてきた半熟豆腐のスープ「 鹹豆漿(シェントウジャン)」も、この「酸凝固」を利用した料理です。 「豆漿」は豆乳、「鹹」は塩を指し、 豆乳に醤油や干しエビやザーサイなどで塩味を加えたスープを意味します。 「鹹豆漿」に必ず必要なのは、「 酢」。 あたためた豆乳に「酢」を入れると凝固反応が起こり、スープの中に ふるふるっとした半熟状態のお豆腐が浮かび上がるのです。 そこに、 パクチーや ラー油などのトッピングをのせ、うま味たっぷりのスープに 揚げパンを浸して食べるのが現地スタイルです。 台湾の有名店では早朝から大行列に並ぶ必要があるのですが、今回は皆さんのキッチンでも再現できるうれしいレシピをクックパッドからご紹介します。 酢を入れたら、全体をヘラでサッと混ぜて少し待機。 混ぜ過ぎると固まりかけたお豆腐がボロボロしやすいので注意してくださいね。 材料も工程もシンプルなので、忙しい朝にもオススメしたい朝食メニューです。 日本語教師を目指して勉強する過程で、食文化も一緒に伝えたいと「豆腐マイスター」を取得。 国内にとどまらず海外でも、手作り豆腐ワークショップや食育イベントを実施して経験を積む。 2018年より「往来(おうらい)」をテーマに本格的に活動を開始。 豆腐関連のイベント企画・メディア出演などを通して、各地で豆腐文化の啓蒙活動を行っている。 「マツコの知らない世界」(TBS系)、「ヒルナンデス」(日本テレビ系)、「ごごナマ」(NHK)等へ出演。 【 Facebook】 【Instagram】.

次の

【速報】#モデルが撮影前に飲んでいる魔法の即ヤセ低糖質スープに注目!

あつし スープ

ファッション&ライフスタイルプロデューサーAtsushiさん まず、以下の無理なく続けるためのやり方をマスターしよう。 ・夜だけスープにする 食べた食事が体脂肪になりやすい夕食は低糖質スープだけにします。 1杯で満足できなければ、2杯食べてもOKです。 ・1回に3食分作って残りは冷凍 3食分作って残りを冷凍すれば、毎回作る手間が省けます。 2種のスープを作り置きして交互に食べると、1週間続けやすい。 ・糖質23g以下の低糖質だから安心 糖質のとりすぎは体脂肪がつく最大の原因。 今回のスープは1食23g以下の低糖質だから、優秀なダイエット食といえます。 Atsushiさんが教えてくれるのは、低糖質キレイスリムスープのレシピ。 キレイにスリムになるには、ビタミンが豊富な旬の夏野菜と、たんぱく質を組み合わせたスープを。 美肌やエイジングケアも叶えます。 3つのポイントは以下の通り。 ・ポイント1:キレイ食材をまるごと食べる シミやしわなどの原因となる活性酸素を除去する抗酸化成分は、野菜の皮に多く含まれているもの。 よく洗って皮ごとスープに入れて栄養を全ていただきます。 スープならカサが減るから、野菜をたくさん食べられます。 たんぱく質もとれて代謝もアップ。 ・ポイント3:旨みを2つ重ねる Atsushiさんのスープのおいしさの秘密は、2つ以上の旨みを掛け合わせていること。 掛け合わせることで味にコクと深みが増して、おいしく続けられます。 【3大旨み成分】 ・イノシン酸…肉類や魚類、卵などに多く含まれる。 ・グルタミン酸…昆布、玉ねぎ、トマトなどの野菜や、チーズに含まれる。 ・グアニル酸…干ししいたけのほか、加熱したえのきたけにも含まれる。 低糖質スープにおすすめの食材7選 写真/アフロ 今回、使ったのは、以下の食材。 期待される効果別に見ていこう。 ビタミンCの働きで肌荒れ予防も。 利尿作用もあるので、体にたまった余分な水分を出してむくみの解消に。 軟骨からも成分が溶け出すのでスープも飲み干して。 ぷるぷる肌をサポートします。 殻には疲労回復やエイジングに役立つタウリンやカルシウムも。 「枝豆とズッキーニのむくみすっきり冷製豆乳スープ」レシピ 「枝豆とズッキーニのむくみすっきり冷製豆乳スープ」(左上)と「パプリカの美肌冷製スープ」 [糖質(1食分)11. 8g] 《材料》(3食分) 枝豆…200g ズッキーニ…1本 クリームチーズ…150g にんにく…2片 [A] 無調整豆乳…3カップ 固形コンソメ…2個 塩…少々 エクストラバージンオリーブオイル…大さじ1 粗びき黒こしょう…少々 《作り方》 【1】枝豆はさやから出し、中火で3分ほどゆでる。 ズッキーニは適当な大きさに切る。 【2】【1】とクリームチーズ、にんにく、Aをミキサーに入れ、なめらかになるまでかくはんする。 【3】【2】を器に注ぎ、エクストラバージンオリーブオイルと粗びき黒こしょうをかける。 「パプリカの美肌冷製スープ」レシピ [糖質(1食分)17. 5g] 《材料》(3食分) パプリカ(赤)…2個 セロリ…1本 アーモンド…20粒 ミックスビーンズ…150g にんにく…2片 [A] レモン汁…1個分 固形コンソメ…2個 エクストラバージンオリーブオイル…大さじ1 塩、粗びき黒こしょう…少々 水…3カップ 《作り方》 【1】パプリカ、セロリは適当な大きさに切り、アーモンドは砕いておく。 【2】アーモンドを除いた全ての材料とAをミキサーに入れ、なめらかになるまでかくはんする。 【3】スープを器に注ぎ、砕いたアーモンドを散らす。 食物繊維の働きで美腸をサポート。 「ミニトマトのカポナータ風美白スープ」レシピ ゴロゴロミニトマトとなすが食べごたえアリ [糖質(1食分)22. 2g] 《材料》(3食分) ミニトマト…15個 パプリカ(赤)…1個 なす…2本 ピーマン 3個 にんにく…2片 オリーブオイル…大さじ1 水…3カップ ミックスビーンズ…150g 固形コンソメ…2個 [A] バルサミコ酢…大さじ2 白ワイン…大さじ1 黒砂糖…小さじ1 塩…少々 バジル…適量 《作り方》 【1】ミニトマトはへたを取り、パプリカ、なす、ピーマンは種ごとそれぞれ1㎝角に切り、にんにくはみじん切りにする。 【2】鍋にオリーブオイルを入れて中火で熱し、にんにくを炒め、香りがたったらなすを加えて炒める。 火が通ったらパプリカ、ピーマン、ミニトマトを加えてさらに炒める。 ピーマンがしんなりしたら水を加え、沸騰したらアクを取り、固形コンソメを加える。 【3】【2】にミックスビーンズとAを加える。 塩で味を調え、バジルをのせる。 種ごと食べて栄養を丸どり。 免疫力アップや美肌効果も期待できます。 「手羽先と夏野菜のうるおい黒酢スープ」レシピ 鶏と野菜の旨みが溶け込んで栄養満点 [糖質(1食分)8. 3g] 《材料》(3食分) 手羽先(手羽元でも可)…200g パプリカ(赤)…1個 ピーマン…6個 しょうが…20g にんにく…2片 ごま油…大さじ1 水…3カップ [A] 鶏がらスープの素…大さじ1 黒酢…大さじ3 オイスターソース…大さじ1 酒…大さじ1 塩…少々 《作り方》 【1】パプリカは細切り、ピーマンは種ごと細切り、しょうがはせん切り、にんにくはみじん切りにする。 【2】鍋にごま油を入れて中火で熱し、しょうが、にんにくを炒める。 香りがたったら、手羽先、パプリカ、ピーマンを加えてさらに炒める。 【3】【2】に火が通ったら水を加え、沸騰したらアクを取り、Aを加えて味を調える。 「いかと野菜たっぷりのせイライラ解消スープ」レシピ 香味野菜の食感と香りでストレス発散 [糖質(1食分)5. 6g] 《材料》(3食分) いか(胴)…200g ズッキーニ…1本 セロリ…1本 しょうが…20g 大葉…10枚 にら…60g みょうが…5個 にんにく…2片 ごま油…大さじ1 水…3カップ [A] 固形コンソメ…2個 ナムプラー…大さじ2 酒…大さじ1 塩…少々 《作り方》 【1】いかは1cm弱の輪切りに、ズッキーニはへたを切り落として4cm長さに切り、縦6等分にする。 セロリは1cm幅に、しょうが、大葉はせん切り、にら、みょうが、にんにくはみじん切りにする。 【2】鍋にごま油を入れて中火で熱し、しょうが、にんにくを炒め、香りがたったら、いか、セロリ、ズッキーニを加えてさらに炒める。 【3】野菜に火が通ったら水を加え、沸騰したらアクを取り、Aを加えて味を調える。 スープを器に盛り、にら、みょうが、大葉をのせる。 香味野菜のいい香りは気を巡らせ、イライラを鎮める効果が。 「えびとトマトのエイジングケアスープ」レシピ 殻の栄養まで溶け込んだエスニック味 [糖質(1食分)11. 【2】鍋にオリーブオイルを入れて中火で熱し、しょうが、にんにくを炒める。 香りがたったら、玉ねぎ、ゴーヤーを加えてさらに炒める。 【3】玉ねぎがしんなりしたら、えび、ミニトマトを加えさらに炒める。 えびに火が通ったら水を加え、沸騰したらアクを取り、Aを加えて味を調える。 「ゴーヤーとなすのぷるぷるハリ肌スープ」レシピ さっぱりとした苦味と酸味が暑い日にピッタリ [糖質(1食分)7. 【2】鍋にごま油を入れて中火で熱し、しょうが、にんにくを炒めて香りがたったら、豚ひき肉、ゴーヤー、なす、セロリを加えさらに炒める。 【3】豚肉に火が通ったら水を加え、沸騰したらアクを取り、Aを加えて、塩で味を調える。 カリウムは水分代謝を促して、体の内側から細胞を元気にします。 毎朝のレモンウォーターで美肌を加速! 「無農薬レモン1~2個を輪切りにして前の晩にミネラルウォーターに漬けます。 毎朝飲むと、体も肌も軽くなります」(Atsushiさん) この人に聞きました:ファッション&ライフスタイルプロデューサーAtsushiさん 野菜ソムリエプロ。 簡単でおいしいスープが雑誌やテレビで話題に。 著書は『 モデルが撮影前に飲んでいる 魔法の即ヤセ低糖質スープ』(宝島社)ほか。

次の