胆石 発作。 【胆石とは?】食後のみぞおち痛が代表的症状。胆石の種類やできやすい人を専門医が解説|カラダネ

胆石の原因は食べ物?治療方法は手術だけ?

胆石 発作

概要と症状 [ ] 胆石とは胆嚢や胆管にあるの事である。 では5人に1人が胆石を持っていると考えられ、その内の約半数は無症状であると言われているが、時に胆石発作の原因となる。 胆石発作とは鳩尾や右上腹部に激痛が起こる事である。 胆石発作は油ものを食べた後に起こる事が多い。 この症状が起きた場合には医療機関の受診が必要となる。 胆石発作の症状として突然、鳩尾や右上腹部に激痛が起こり、やを伴う。 また胆石が原因となり、やなどのや胆嚢に穴があいてを起こしたりする。 最悪の場合、胆石がの流れをせき止めるような事があれば、黄疸が出てくる事があり、この場合は治療を受けなければ生命に関わる事になる。 診断 [ ] 胆石は腹部超音波検査(腹部エコー)やコンピューター断層撮影()で診断される。 治療 [ ] 一般的な治療として、やで炎症を抑えてから胆石に対する治療を行なう事がほとんどである。 胆石の種類によってはので時間をかけて溶かしたり、以外に対外衝撃波結石破砕療法といって衝撃波を結石に当てて砕いてしまう方法がある。 手術をする場合は腹部を大きく切開して行なう場合と、腹腔鏡下胆嚢摘出術と言って腹部に小さな4個の穴を開けて傷が小さく目立たないようにする場合がある。 胆嚢に穴が開き、腹膜炎になれば緊急手術が必要になり、胆嚢が腫れた状態では超音波で見ながら細い針で突いて腫れをやわらげる処置を行なう。 黄疸の場合はにある胆汁の出口からチューブを入れたり、を針で突いて胆汁を体外に誘導しなければならない。 脚注 [ ] 註釈 [ ].

次の

胆のう結石(胆石)

胆石 発作

胆石症のうち痛みなどの明らかな症状がないものを「無症状胆石」といいますが、その場合は治療を行わずに定期的に経過を観察します。 胆のう結石は、お腹の痛みなどの症状がある場合には手術による治療が原則です。 胆石の手術は、胆石だけを取り除いても再発することが多く、再手術になってしまうことから、基本的に胆のうごと取り出します。 胆のうを取り除く手術は全身麻酔下で行います。 以前は開腹手術が行われていましたが、1990年以降、腹腔鏡下胆のう摘出術が導入され、第一選択となっています。 この治療法は傷口が小さく、術後の痛みが少ないため、日常生活への復帰が早いことが特徴です。 しかし、炎症などによる胆のうの癒着、あるいは胆のうがんの合併が疑われる場合など、腹腔鏡での手術が難しい場合は開腹手術となります。 傷口は大きくなりますが、直接手で触れながら治療できるので安全性に優れています。 手術以外にも胆石の状態などによっていくつかの治療法があります。 コレステロール石では、胆汁酸製剤(ウルソデオキシコール酸)の溶解効果が認められており、石の大きさが15mm以下・石灰化のないコレステロール石で胆のうの動き(収縮機能)が正常な場合に適応となります。 1年間内服を続けると24~38%程度溶解に成功しますが、そのまま放置すると60%ぐらいの患者さんで再発します。 このため溶けた後も胆汁酸製剤の内服を続ける必要があります。 体の外から衝撃波を胆石に照射して胆石を砕く方法もあり、これを体外衝撃波胆石破砕療法(ESWL)といいます。 単発(結節が1つ)・直径20mm以下・石灰化のないコレステロール石で胆のうの収縮機能が正常な場合、1年後の消失率は60~90%です。 しかし、10年間で60%ぐらい再発します。 ESWLは治療に時間がかかるという問題点もあります。 胆管内の胆石は放置しておくと胆管の出口(十二指腸乳頭部)に詰まって胆管炎を生じます。 症状として寒気を伴う発熱、腹痛、黄疸などがあげられます。 重症化することがあるので無症状でも治療をします。 治療法は大きく分けて内視鏡的な方法と外科的な方法があります。 胆管炎で体の具合がわるい場合には負担の少ない内視鏡を使って胆汁が流れるようにチューブステントなどを胆管に留置する方法が選択されます。 胆管結石を内視鏡で取り出すには十二指腸乳頭部を切開するかバルーンで拡張してからバスケットカテーテル(胆石を取り出す専用の器具)などで除去します。 また、外科的な方法には開腹手術、腹腔鏡下手術があります。 また、炎症が強いときには胆のうに管を入れて感染した胆汁を抜くこともあります。 どの治療法を行うかは、胆管結石の大きさや数、胆のう結石合併の有無、患者さんの状態などで異なりますので、専門医とよく相談してください。 Q6 胆石症は治る病気なのでしょうか? ほかの病気を合併することもありますか? 胆のう結石の治療として胆のうを取り除いた場合には、通常はそれで胆石症は治ります。 しかし、手術のあとに術前と同じような症状が続いたり、術前になかったお腹の症状が出現することがあり、これを「胆のう摘出後症候群」といいます。 また、胆管に胆石が残っていたり、新たに胆石ができることもあります。 胆のう結石を治療したあとは通院の必要はありませんが、気になることがあれば受診をお勧めします。 胆管結石は、治療したあとも再発することがあります。 とくに、胆のう結石を治療していない場合には胆のうの胆石が胆管に落ちてきたり、また胆石の再発などに伴って、胆管に炎症が生じて(胆管炎)発熱や黄疸、痛みといった症状が出たりします。 胆のうが残っている場合には胆のうに炎症を生じる(胆のう炎)こともあります。 胆管結石を治療したあとは、通常の健康診断の際には、一般検査に加えて、腹部超音波検査を行うことをお勧めします。 肝内結石は、ほかの胆石症と比べて治療が難しく、再発やさまざまな合併症が起こります。 胆管結石と同様に胆管炎を起こすこともあります。 さらに胆石の再発や胆管炎を繰り返すと、胆管のさまざまな部位が細くなり、胆汁の流れが滞るようになります(胆汁うっ滞)。 そうなると肝臓は次第に硬くなり肝硬変の状態となり、肝臓の働きがわるくなります。 また、肝内結石がある患者さんには肝臓の中の胆管から発生するがん(肝内胆管がん)が多く起こります。 治療後しばらく(数年~10年以上)経ってからがんができることもあるため、肝内結石の治療を受けたあとも定期的な通院が必要です。 採血検査、腹部超音波検査、CT、MRCPなどの検査を必要に応じ受けることが重要です。 Q7 胆石症を予防するにはどうしたらよいのでしょうか? 胆石症の一次予防:胆石の形成を未然に防ぐ目的• 生活習慣病:肥満、糖尿病、脂質異常などに気をつけましょう。 とくに、女性は40歳代になると、女性ホルモンが減少し、コレステロールの代謝がわるくなり、肥満傾向になり、胆石ができやすくなります。 また、日本では男性の胆石人口が増加しています。 肥満:肥満はコレステロール合成の増加、胆汁へのコレステロール分泌の増加、コレステロール過飽和胆汁の産生による胆石症のリスク因子とされています。 規則正しい食生活習慣:朝食からきちんと食事をとって規則正しい食生活に努めましょう。 過剰なダイエットは胆石の誘因となります。 適度な食事を規則正しくとり、無理のない適度な運動をし、ストレスを解消するのも大切です。 食事を見直しましょう。 2)脂肪(とくに動物性)が多く含まれるものは避けましょう。 青魚(タウリン、EPA(エイコサペンタエン酸エステル)などを含む)は多くとりましょう。 3)糖分(精製された砂糖など)のとり過ぎには注意しましょう。 4)食べ過ぎ、カロリーのとり過ぎに注意しましょう。 5)肉や魚、豆腐といった高蛋白の食品を積極的にとりましょう。 6)ビタミンCを果物・野菜からしっかり摂取しましょう。 7)食物繊維(とくに水溶性食物繊維)はコレステロールの吸収を抑えたり、コレステロールを含んだ胆汁を排泄させる働きがあり、胆石を予防します。 8)水分を十分に摂取し、便秘にならないようにしましょう。 9)適度のアルコールやコーヒーは胆石形成を抑制する作用があります。 過度のアルコール(肥満の原因となるほか、胃酸分泌を亢進させ胆のう収縮を起こす)やコーヒーは逆効果ですので注意しましょう。 何ごとも適度が肝心です。 胆石症の二次予防:胆石ができた場合に症状をコントロールする目的• 適度のコーヒーは有症状の胆石の発症が低いとの報告があります。 暴飲暴食に注意しましょう。 胆汁酸製剤による溶解療法が適応となる無症状の胆石ではウルソデオキシコール酸は一つの選択肢になります。

次の

Q14 胆石疝痛発作に対する NSAIDs 投与は急性胆胆嚢発症予防に有効か?

胆石 発作

胆石症を見つけるのが最も得意とされている検査は腹部超音波(エコー)検査です。 人間ドックや健康診断で 腹部超音波検査を受け、症状はないけれども胆石が見つかる(無症状胆石)人は少なくありません。 胆石症が疑われた人は、腹部超音波検査に加えてCT検査やMRI検査など、いくつかの画像検査を受けることになります。 検査では胆石の数や大きさ、種類などのほか、胆のうや胆管の状況を調べられます。 また、血液検査の結果なども合わせてみることで、胆石による胆のう炎や胆管炎が伴っていないか、別の病気が隠れていないかなども詳しく確認されます。 尿検査は必ずしも行われるとは限りませんが、黄疸の有無や尿路結石との区別などのために行われることがあります。 詳しくは「」で説明しています。 胆石症の治療について:手術や胆石を溶かす治療など 症状があるかないかで、胆石症の治療方針は大きく異なります。 胆石症が疑われた人は、さまざまな検査を受けて胆のうや胆管の状態のほか、別の病気が隠れていないかも確認されます。 とくにが隠れていないかは入念に調べられることとなります。 胆石による症状がない無症状胆石の人は、検査でを併せ持っていないと診断されれば、とくに治療は行わずに1年に1回程度の定期検診で様子を見ていくことになります。 胆石によってなんらかの症状がある人は、まず最初に手術をすすめられます。 胆石症の手術とは、胆のうを丸ごと取り除く胆のう摘出術です。 手術には開腹手術と 腹腔鏡下手術の2通りの方法がありますが、現在の日本では腹腔鏡下で胆のう摘出術を行われる治療が一般的です。 腹腔鏡下手術は身体の負担が少なく、多くの人は入院期間が3-4日ですみます。 ただし、以下のような人では腹腔鏡下手術よりも開腹手術を選んだほうが良いといわれています。 手術で胆のうがなくなったあとの生活について なんらかの症状がある胆石症の人は、基本的に胆のうを取り除く手術をすすめられます。 胆のうがなくなったら、その後の生活で困ることがあるのではと心配になるものです。 これまで胆のう摘出術を受けた数多くの人を調査した結果では、手術で胆のうがなくなっても、消化機能が影響をうけることはほとんどないといわれています。 一時的に下痢の症状が出る人もいますが、手術をうけておよそ3ヶ月ほど経つと、ほとんどの人が改善します。 手術前の日常生活とほとんど変わりないと感じる人が多いです。 ただし、が見つかった人や、手術で 合併症が生じた人の中には、手術のあとも継続して治療が必要になることがあります。

次の