三 法師 その後。 清洲会議以降はどうなった?「三法師(織田秀信)」その後の人生を歴女が解説

【清須会議で担がれた三法師】清須会議で秀吉にだっこされていたあの赤ちゃんはその後どうなった?

三 法師 その後

信長の次男信雄は、賤ヶ岳の合戦をはじめとする一連の戦いで信孝を追い落として自害させ、三法師の後見役として収まりました。 しかし織田家の権威を徐々に簒奪しようとする秀吉と反目し、ついには徳川家康をも巻き込んだ戦いに発展します。 世にいう 【小牧の役】ですね。 戦いの最中、秀吉の甘言に乗せられた信雄は、 織田宗家の継承と領地割譲という条件によって秀吉と和睦。 秀吉に取り入ることによって織田家の家督を相続したわけです。 そうなると嫡流である三法師の立場は微妙なものとなりました。 1588年に三法師は岐阜へ入り、9歳にして元服し 「秀信」と名乗りました。 ちなみに織田家の人々の名乗りに関して、多くは「信〇」といったように、先に「信」が付くことが多かったわけですが、秀信の場合は先に秀吉の「秀」が付いていますね。 こんなところにも秀信の微妙な立場が表れているといえるでしょう。 とはいえ織田嫡流の血筋ですから名誉だけは与えられました。 元服と同時に 従四位下侍従という高位に任官し、同年には後陽成天皇の 聚楽第行幸にもお供しています。 1590年に起こった小田原の役の結果、徳川家康が関東へ移封することに決まり、織田家当主の座に収まった信雄は、家康の旧領への転封を命じられました。 ところが妙にプライドが高かった信雄はこの転封を拒絶。 逆に秀吉の怒りを買ってしまい改易の憂き目に逢ったのです。 もちろん織田家当主の地位も剥奪され、今度は秀信のところへ当主の座が転がり込むことになりました。 有名無実となった当主の座でしたが、秀信にとっては祖父や父が継いできた跡目にようやく収まったという安堵感でいっぱいだったのではないでしょうか。 1592年、秀吉の養子秀勝が死去し、その遺領も含めて13万石の大名となった秀信。 中納言に任官し 【岐阜中納言】と呼ばれました。 徳川家康や前田利家に次ぐ官位となったわけですが、秀信に対する秀吉の計らいが透けて見えますね。 仮にも秀吉にとって旧主の嫡孫。 その地位を重んじることで信長に報いようとしたのでしょうか。 ルイス・フロイスがそのことについて記録していますね。 関白は信長の孫息子(秀信のこと)に、高麗で死んだ甥の一人の遺産を渡した。 彼がさほどに大きな力の持ち主、かつ偉大な人にならなかったため、持っていたわずかな収入の半分は関白にとられてしまった。 引用元 「イエズス会日本報告集 V期2巻」より現代訳 のちの唐入り(朝鮮出兵)で明を倒した暁には、 秀信を朝鮮王として封じようという心積もりもあったそうです。 秀信はその後の朝鮮出兵でも海を渡って参陣しています。 第二次晋州城攻防戦では4千の兵を率いて戦いに加わりました。 とはいえ秀信のような貴人に継続的に戦いを強いることなく、同年には帰国していますね。 また秀信は祖父信長の血を引いているせいか、様々なことに関心が深く、キリスト教への理解もあったといいます。 1595年に弟秀則と共に入信し、洗礼名を 【ペトロ】といいました。 彼自身、表立った活動をした記録はありませんが、領内に教会などを建設し、積極的に保護に努めました。 そのためもあって美濃・尾張には爆発的に信者の数が増えたそうで、若年ながら政治にも大きな関心を示して善政を敷き、領民から大いに慕われていたそうです。 こうして秀信の地位は安定するかのように思えました。 しかし 秀吉の死を契機にまたもや彼の運命は暗転していくのでした。 当初は秀信も会津征伐軍に加わるために戦支度をしていました。 しかし軍装を整えるのに思ったより時間が掛かり、その隙を突くかのように三成から書状が届いたのです。 「西軍に味方すれば美濃・尾張二か国を進呈する。 」 秀信はすかさず応じました。 織田家と関わりの深い尾張・美濃を手に入れれば、必ずや織田家を再興し昔日の勢いを取り戻せるだろうと。 三成のほうも、かつての天下人 「織田家の嫡流」を味方に付ければ、必ずや態度を決めかねている勢力も西軍に靡くだろうと考えました。 三成が信州の真田昌幸に宛てた書状の内容からもうかがえますね。 「拙者儀、先づ尾州表へ岐阜中納言殿(秀信)申し談じ、人数出し候。 福島左太只今御理り申し半ばに候。 相済むに於ては、三州表へ打ち出すべく候。 もし済まざるに於ては、清須へ勢州ヘ一所に成り候て行に及ぶべく候。 猶異事申し承るべく候。 」 引用元 「真田昌幸・信幸・幸村宛石田三成書状」真田宝物館蔵 「私は岐阜中納言殿(秀信)と相談し、まず尾張へ軍を出そうと決めました。 福島正則に対しては今のところ調略している最中です。 うまく事が運んだならば三河へ打って出ようと思っています。 もしうまくいかなかった 場合は清洲や伊勢へ一緒になって打って出るつもりです。 良い返事をお聞きしたいと願っています。 」 織田家の旧家臣が多かった美濃・尾張あたりの大名たちがさっそく味方に入り、秀信は木曽川を防衛ラインとして自らの軍勢を布陣させました。

次の

本能寺の変さえなければ天下人だった?「三法師」の悲運を歴史系ライターがたどる

三 法師 その後

本能寺の変 ほんのうじのへん では、 織田信長 おだ のぶなが だけでなく、その後継者とみなされていた 織田信忠 おだ のぶただ も急死します。 そこで有名な「 中国大返し ちゅうごくおおがえし 」を行い、 明智光秀 あけち みつひで を討ち取って天下人に近づいたのが 豊臣秀吉 とよとみ ひでよし。 その秀吉は、信長死後の織田家の相続者を決める「 清須会議 きよすかいぎ 」の場で、信長の孫にあたる「 三法師 さんほうし 」という幼児を抱いて登場します。 それを見た、なみいる織田家の武将たちは、 「秀吉に頭を下げないと、織田家の跡取りに頭を下げていないことになる」がために、やむなく平伏し、心理的に「あたかも秀吉を後継者であるかのような図を作ってしまった」というのは、有名な話。 幼児を抱っこして登場した秀吉に、歴戦の名将たちがしぶしぶ頭を下げる絵は、ドラマや漫画でも「秀吉のみごとな心理作戦」が発揮された場として、よく描かれる名シーンですね。 ですが、よくかんがえると、この話は何かおかしくないですか? この記事の目次• 1ページ目• 2ページ目• でも、常識的に考えると、誰でもこう考えるのではないでしょうか? 「清須会議では、たしかに秀吉が、織田信長の孫の後見人のような顔をして出てきたので、みんな 恭順 きょうじゅん の姿勢をとった。 でもこれは、そこで恭順した武将たちに、後年になってから反秀吉で結束する根拠も与えてしまったのでは?つまり織田家の家臣団が、肝心の三法師が成人した後に、『秀吉さん、そろそろ織田家に天下の座を返却しなくちゃいけないのでは?』と言ってきたら、秀吉は何も反論できないのでは?」 たしかにその通りで、「私がまだ幼い三法師様を守ります」と出てきた人物を追い落とすには、その三法師が成人したときに抱き込めば簡単なハズです。 むしろ歴史では、こういう場合、「三法師が成人してから、その周囲に反秀吉の人材が集まり、そのために三法師と秀吉との間で深刻な闘争になる」のがパターンではないでしょうか。 しかし戦国時代については、その後の秀吉のライバルは 柴田勝家 しばた かついえ や 徳川家康 とくがわ いえやす であり、織田家の 跡目相続 あとめそうぞく の話は清須会議の後、どこかに吹っ飛んでしまいます。 いったい、秀吉に一度「信長様の正当な跡目」とかつがれた三法師は、その後どうなったのでしょう? 豊臣政権下で起こった「織田家の不幸の連鎖」 「もしかして、 三法師 さんほうし は秀吉に暗殺されたのでは?」と思った方は、なかなか鋭い!実は清須会議の後、たしかに織田家の血縁者には不幸の連鎖が襲い掛かります。 「ウラで秀吉が手をまわしたのではないか」と疑われる死に方の人もいれば、露骨に秀吉に 粛清 しゅくせい された人もいます(たとえば 織田信孝 おだ のぶたか の母と娘は、秀吉の命令で 磔 はりつけ にされたと疑われる記録があります)。 「人たらしの名人」で有名な秀吉は、いっぽうで「用済みになった人間はちゃっかり消す」名人でもあることを忘れてはいけません。 ところがこのパターンも、三法師にはあてはまりません。 実は三法師は、無事に成人し、「 織田秀信 おだ ひでのぶ 」という名前でしっかりと、豊臣政権下で 岐阜 ぎふ の大名に出世しているのです! 秀吉が着々と織田家をつぶしていく中、三法師こそまっさきに「不審死」で粛清されそうなものですが、いったいどうやって生き残ったのでしょうか?.

次の

三法師 その後

三 法師 その後

通常2巻。 作者不詳。 室町時代のか。 高野山で修行する3人の僧が,おのおのの遁世のいきさつを語る構成。 第1の僧は,に仕えていたで,を殺されたことを縁に出家した。 第2の僧は,第1の僧の妻を殺害した強盗で,殺された女の髪を得て喜ぶ妻のあさましさを見て出家した。 第3の僧は,楠木の一族で,楠木正儀(まさのり)が北朝に降参したのを機に,への愛をふり切って出家した。 同座する複数の僧が出家のを懺悔(ざんげ)する構成は,同じく高野山を舞台とする《高野物語》にあり,《沙石集》の,《》も,一つの殺人事件が2人の出家のであったことが懺悔の座で明らかになるというをもつ。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について の解説 室町期の物語。 作者不詳。 3人の高野聖 こうやひじり の懺悔 ざんげ による発心譚 ほっしんたん。 足利尊氏 あしかがたかうじ が将軍時代、そのお供をしていた糟谷 かすや 四郎左衛門は恋女房が惨殺されて出家したという第1話。 強盗荒五郎が、年末に女房に責められ高貴な女を襲い殺して戻ると、女房はその女の髪まで切りに出かける。 その業 ごう の深さに感じて発心したという第2話。 父が楠木正成 くすのきまさしげ に殉じて切腹したという篠崎 しのざき 六郎左衛門は、主君が足利へ降参したのを機に出家修行の身となったが、妻の死と遺児のことを耳にすると高野山に登ったという第3話(『西行 さいぎょう 物語』と同工)からなり、中世の現実を踏まえた作。 『太平記』巻35「北野通夜物語」の系譜にたち、江戸時代初期の仮名草子『七人比丘尼 しちにんびくに 』、尾崎紅葉『二人比丘尼色懺悔 いろざんげ 』の先蹤 せんしょう。 [秋谷 治] 『市古貞次校注『日本古典文学大系38 御伽草子』(1958・岩波書店)』 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説 …枠物語の形式は西欧文学にのみみられるものではなく,物語文学を持つ諸民族の文学に共通に存在するといえよう。 日本でも中世の説話や御伽草子などにこの形式がみられるが,たとえば室町期の小説《》は3人の高野聖のそれぞれの発心譚によって全体が構成される,枠物語のすぐれた小品である。 近年では,欧米を中心に,SFやファンタジーのジャンルも含めて,物語形式の復活による小説の活性化がさまざまに試みられており,枠物語の形式をとる作品が現れる一方,やウスペンスキーら現代ソビエトの記号論学者は,芸術テキストの生成の問題としてこの形式に注目する研究を発表している。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の