香典郵送の仕方。 家族葬の香典は郵送できる?手紙は添える?送り方や金額相場も紹介!|終活ねっと

香典は郵送できる?送り先は?送るタイミングはいつ?

香典郵送の仕方

・小さいサイズは約11. 7cmで定型郵便物です。 ・大きいサイズは約14. 5cmで定形外郵便物となります。 この2つのサイズは郵便料金が異なるのでご注意ください。 香典を郵送する際の手紙は絶対に必要なの? 香典を郵送する際、手紙は必須ではありません。 というのも、既に香典袋に「御霊前」などの言葉が入っており、これがお悔やみの言葉を意味するからです。 ただ、現実的に考えると、直接香典を手渡しする場合には一言「この度はご愁傷さまでした」とお悔やみを言うものです。 だから、同じように 一言お悔やみの言葉を添えて送る方が丁寧な印象を与えるので、出来れば手紙を添える方が良いでしょう。 では具体的にどのような便箋や封筒に書くのが良いのでしょうか。 次に便箋や封筒についてお話しします。 香典郵送時の手紙で便箋や封筒のおすすめは? 香典に添える手紙は、 白色の縦書き無地の便せんを使います。 香典袋と一緒に現金書留封筒に入れるため、封筒は使わず香典袋と一緒に現金書留封筒に直接入れる方法で大丈夫です。 封筒に入れてから香典袋に入れても良いのですが、その場合には、 不祝儀におけるタブー「二重=不幸が重なる」ことを避けるためにも、内側に別の紙がついている二重封筒は使わないようにしましょう。 また、現金書留の香典とは別に手紙だけを郵送する方法もありますが、遺族への分かりやすさを考えると、同封する方が親切とも言えます。 便箋のサイズは一般的な便箋(ほぼB5サイズ)を使えば良いのですが、長い文章を書くのが苦手な場合は 一筆箋もおすすめです。 というのも、香典袋を現金書留封筒に入れると、サイズがギリギリなので、更にそこに手紙を入れるとなると入れるのがキツクて取り出す時に大変になる可能性があるのですよね。 また、遺族は葬儀中やその後四十九日を終えるまで慌ただしいものですし、あまり長い手紙だと煩わせることになりかねません。 ですから、手短に一筆箋で用件だけを伝えるほうが、相手に負担をかけずに済むのです。 また、便箋の折り方の決まりは特にありませんので、一般的な便箋(ほぼB5サイズ)の場合は三つ折りに、一筆箋の場合にはそのまま折らずに入れれば大丈夫です。 香典を郵送する際の手紙例文 香典に添える手紙を書く際、 拝啓、敬具などの言葉や、時候の挨拶などの前文は不要です。 必要なことは以下の5項目です。 1 お悔やみの言葉(悲しみ、驚きの気持ちを加えてもOK) 2 参列できないお詫びの言葉 3 香典を同封するという言葉 4 冥福を祈る言葉 5 遺族を気遣う言葉 以上を意識して書きましょう。 次に、香典を郵送する際の手紙例文をご紹介します。 葬儀に参列できない場合 〇〇様の突然の訃報に接し、ただ驚いております。 ご尊父様のご逝去に心よりお悔やみ申し上げます。 かねてからご療養中と伺っていたので回復されることを願っておりましたが この度の訃報、ご家族の悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 本来であれば弔問に伺うべきところですが、 やむを得ない事情があり(または「遠方にてかなわず」等でも可)、ご葬儀への参列が叶わないため お手紙を差し上げた次第でございます。 なにとぞお許しください。 心ばかりですが、回向のしるしにご香典を同封させていただきます。 ご霊前にお供えくださいますようお願い申し上げます。 ご家族の皆様には、くれぐれもご自愛くださいませ。 略儀ながら書中にて謹んで御冥福お祈り申し上げます。 つい先日になり訃報を知りました故、お悔やみが遅くなりました。 本来なら、すぐにお参りに行きたい所ですが遠方にて叶わず、お手紙を差し上げる次第です。 大変心苦しく存じますが、なにとぞお許しください。 ご家族の皆様にはお力をお落としのことと存じますが、くれぐれもご自愛下さい。 心ばかりを同封させていただきましたのでご霊前にお供えいただきたく存じます。 簡単に済ませたい場合(一筆箋) このたびは突然のことで、心からお悔やみ申し上げます。 本日、心ばかりの香典をお送りしますので、 御霊前にお供えいただきたく存じます。 まとめ 香典の郵送手順を整理すると以下のようになります。 1 香典袋を用意して必要事項を書き、現金を入れます。 2 郵便局で現金書留封筒を購入して、必要事項を記入します。 3 現金書留封筒に香典袋と手紙を入れて封をして、郵便局で現金書留として郵送します。 香典に添える手紙は何を書けば良いのか分からない人も多いのですが、一言お悔やみの言葉を添えるだけでも遺族の気持ちが和らぐことでしょう。 苦手意識は一旦横に置いて、ペンを持って相手のことを思い、書いてみてください。

次の

香典返しを郵送や宅配で送ってもいいの?

香典郵送の仕方

香典について 香典は、故人の霊前に供える金品のことで、故人への供養の気持ちを表現するものです。 香典に入れる金額の相場は故人との付き合いの深さや自身の年齢などによって、通常5,000円~50,000円の範囲内で変動します。 香典は不祝儀用ののし袋に入れ、通夜やお葬式の場に持参するものですが、何らかの事情があって参列できない場合は、郵送という形で送ります。 香典を郵送することは失礼には値しません。 むしろ、気遣ってもらえたことに感謝してくださることでしょう。 しかし、マナーを守らずに送ってしまうと遺族へ負担となってしまう場合もありますので、最低限のマナーは守って送るようにしましょう。 香典を送る際に気を付けるべきことは沢山ありますが、中でも守るべきは、現金書留の封筒に直接現金を入れない、ということです。 現金書留の封筒は、不祝儀袋もきちんと収まる大きさのものがあります。 新札を入れたり、逆にシワシワのお札を入れたりするのは失礼にあたりますので気を付けましょう。 不祝儀袋に現金を入れたら、表書きや中袋へ住所や氏名等を記入しましょう。 現金書留で送る場合、現金書留の封筒にも住所・氏名を記入しますが、不祝儀袋にも書く必要があります。 重ね重ねという意味にならないよう、便箋は一枚だけを使用します。 便箋を封筒に入れたい場合は、二重になった封筒ではなく、一重のシンプルな封筒を使用しましょう。 また、色のついた封筒を使用する場合は、明るい色や柄のついたものは避け、グレーや紫色、深緑色などの暗めの色を選びましょう。 お悔やみの言葉を記入する際は、ペンや万年筆でも問題ありませんが、墨を使用する場合は薄墨で書くのがマナーです。 また、重ね重ね、いよいよ、追って、再び、続くなどの忌み言葉は避けましょう。 また、故人とは親しくしていたが、そのご家族とは面識がない場合は、自分が誰で、故人とどのような関係なのかを記しておけば、受け取った遺族が「誰だろう?」と悩むことが無いので必ず記しておきましょう。 現金書留は、送る金額と重量によって郵送料が変動しますので、必ず窓口で計算してもらう必要があります。 多くの郵便局は平日しか開いていませんが、土日祝日にゆうゆう窓口が開いている支店へ行けば、平日以外でも郵送することができます。 香典を郵送する際に問題になるのは、斎場へ香典を送った場合です。 現金書留は日時の指定ができないため、香典が届いたタイミングで遺族の方が斎場へいない場合もあるからです。 現金書留は必ず受取主に手渡す必要があるため、受け取る人が不在の場合は持ち帰ってもらうことになってしまいます。 香典は、お葬式後1週間以内に到着するように郵送するのが無難です。 お葬式前後は非常に忙しいので避けた方が良いでしょう。 逆に、一月以上後になると、また迷惑をかけることになります。 お葬式の清算や香典返しなどの一連の作業は、おおよそ三十五日の前後で落ち着くため、遅くとも一カ月以内には到着するように送りましょう。 香典の送り方や注意事項を以下にまとめましたので、ご参考ください。 送る際は郵便局の窓口から郵送する。 香典の送り先 喪主の自宅へ郵送する。 香典を送るタイミング お葬式後1週間以内に送る。 お葬式のマナー• その他のマナー• 参列者のマナー• 喪主・施主のマナー•

次の

香典 郵送での送り方、封筒や料金、タイミングなどについて

香典郵送の仕方

Contents• 北海道は即日返しが基本! 香典返しの相場はどのくらい!? 最近は北海道も様々な形の葬儀が行われております。 少子高齢化や地方の過疎化によって、昔みたいに田舎で葬儀をせず、都会の斎場で葬儀を行うこケースも多くなっています。 このように、昔と違ってマナーや風習に若干の変化が見られている部分もありますが、香典の即日返しは今のところ変わっておりません。 では、具体的にどれだけのものを用意すればいいのかというと、ズバリ、 香典返しの相場としては千円から三千円の間とされております。 葬儀はさまざまな方が参列します。 そして参列者の立場や間柄によって香典の相場も違います。 いやあ、レミちゃんも成長したなあ・・・と思ってねー。 北海道における香典返しのシステム! 高額の香典返しをもらった場合 本州の一般的な葬儀は四十九日を終えたあとにまとめて、法事を終えたことの報告を兼ねて香典返しをするというのが一般的なようです。 ただ一部では負担軽減として、即日返しの方が遺族の負担にならないと即日返しを始めているところもあるそうです。 では高額な香典を貰った際北海道の場合は、何もしないでいいのでしょうか、 そんな不義理なお話はさすがにございません。 香典については一般的に 二万円以上から高額として扱われます。 北海道でもこのあたりは変わりません。 高額の香典を貰ったから貰いっぱなしで終わるという事はありません。 即日でお返しした香典返しと、別に香典返しをお返しする形になるんです。 この時に注意したいことは、すでに即日返しで贈った品物は避けるということです。 これを経験した道民T君いわく、郵送で無く持参して持ってきた場合、その場で他の弔問客と同様に香典返しを渡して終わりだったそうです。 ただ、 現金以外のお供え物の場合は、基本的にお返しは行わないことが多いようです。 この部分のマナーは海沿いや内陸などで、分かれる可能性がありそうですね。 北海道のマナーの特徴について• 地域ごとのマナーは本当に調べてみて始めて分かるもの。 住んでる人は当たり前にやってますが、引越しや転勤などで赴任した場合などは本当に自分の当たり前が当たり前じゃない場合が珍しくありません。 北国のマナーや儀式関連の根底はお互い様の意識からきている。 困ったことがあれば助け合いでお互い様の意識からきているものが根底にあります。 そのため、香典の即日返しなど、遺族の負担が少ないものや効率を重視したスタイルが根付いていたりします。 北海道は広いため、海沿いや内陸でまたマナーが変わる場合もある。 北海道は同じ日本海の海岸線でも食べるもの1つとって、食べる食べないが違うことがあります。 北海道は物凄く広いのです。 港町や海沿い、内陸でマナーの違いや微妙な差は普通に多々あると思ったほうがいいでしょう。 香典返し1つとっても、現物の物納に返す返さないのスタンスが分かれるので、本当にこの部分は地域で変わってきます。 また人によっても判断は変わるかもしれませんね。 まとめ 北海道は本州から見て独特に思われる葬儀やルールマナースタンスが、多いようですね。 実際、香典返し一つとっても四十九日後と即日返しと分かれてくるんですから、日本は狭いようで広いです。 ですが相場については即日返しなので基本額があって、後は頂いた額に応じて別にお返しして調整するというのが一般的な北海道のお返しのやり方です。 香典返しは即日返しの北海道は、香典返しの相場は千円から三千円が大体相場である。 その後、頂いた香典額により別に香典返しを贈って調整をする。 北海道は香典返しの別返しも四十九日以内に返す場合がほとんどである。 大体、 初七日までは家が寺の檀家の場合、お坊さんがいろいろ口出しをしてきたり田舎だと参列できなかった人が入れ替わり立ち代りで弔問に訪れるので、忙しさは継続します。 そのため別口の香典返しは初七日後から四十九日以内に返すのが北海道だと一般的です。 最近だとカタログギフトという選択肢もあるので、色々昔と葬儀に関るものが変わってきています。 また少子高齢化に伴い、これからは香典返しや葬儀に関るマナーも色々変わっていく可能性はありますね。 色々な風習や地域独特のマナーなど、地方にはまだ色々あるかと思います。 マナーは知らないと恥をかきますが、それと同時に相手への礼儀も欠いてしまいます。 この記事が皆さんのお役に立つ事を願っております、最後までお読み下さりありがとうございました。 香典返しにオススメのギフト専門サイト おこころざし. com 香典返しや、法事・法要返しに特化した専門オンラインショップです。 カタログギフトをはじめ、仏事の返礼にふさわしいタオル、食品等を多数ラインナップされており選ぶことができます。 おこころざしの三大サービスとして「挨拶状」「のしがけ」「送料」の無料サービスを実施していたり、出産・結婚等と異なり事前に十分に準備できるものではないためお急ぎの方でも、 安心して依頼することができます。 またマナーコンテンツなども充実しているため、情報だけでも十分に利用できるサイトです。 リンベル 予算に応じて自由に選ぶことができ、2,000円台から100,000円台までの豊富な 14種のコースラインナップと、国内外の有名ブランド、人気のセレクトショップをはじめ、リンベルだけにしかないこだわりの逸品まで、選りすぐりの「本当にいいもの」の圧倒的な品揃えが特徴です。 香典返しなど、弔事・法事の返礼品では定番のタオルやお茶。 リンベル 法要・香典返しカタログギフトでは、そうした定番品の品質などにも徹底的にこだわり本当に上質なアイテムだけを厳選掲載。 年間800万件以上のギフト承り実績があるからこそできる、品質を追求した「リンベルでしか手に入らない」オリジナル商品も豊富に取り揃えています。

次の