ひま 部 新しい アプリ。 【ひま部の始め方】アプリをダウンロードしてから新規登録までを分かりやすく紹介!

ひま部の出会いはセフレもできる

ひま 部 新しい アプリ

2015年にサービスを開始したチャットアプリ『ひま部』が、2019年12月31日をもってサービス終了することを発表しました。 公式のTwitterがこちら。 ひま部から皆さんへ重要なお知らせです 本当に今までありがとう。 ひま部とは? ひま部とは、学生限定のオンラインチャットサービス。 Twitterのようにタイムラインに呟きを投稿することができたり、個人間のメールのやり取り、趣味などが同じ人同士で集まるサークル、ビデオ通話機能もできたりする、学生の間でも流行していたサービスのようですね。 学生限定にも関わらずその 会員数は800万人を超え、現在では毎日600万回以上の投稿があったのだとか。 同じ学校以外の子と出会えるので、学生にとっては非常に良いツールですね! なぜひま部はサービス終了に?その経緯を公式が語る ひま部公式のブログによると、今回サービス終了に至った経緯は下記の通り。 運営の手が届かない他社製アプリを交換してその中で犯罪行為を行ったり、実際に出会って乱暴をしたり。 個人情報をタイムラインに載せる嫌がらせや、なりすましが多く発生しました。 年齢を偽って登録する大人もいました。 良いつながりを生むはずだったこのサービスが、そうした悪意を持った人たちに悪用され、悲しみも同時に生んでいきました。 運営が行う対策も、やがてつながり自体を生みづらくするものにせざるを得なくなっていきました。 便利なツールができれば悪用される。 これは世の中で新しいサービスが配信され続ける限り延々と続くいたちごっこなのかもしれませんね。 おじさんが女子高生と出会うために年齢を偽って登録していたり、児童ポルノの被害なんかも発生していたようです。 ひま部で起きた事件とは? 上記二つの事件のように 未成年の女性が犯罪に巻き込まれるケースが多発しておりました。 もちろん未成年がチャットアプリを使えてしまうのは運営側の管理体制が悪かったのかと思いますが、実際にこのように使うユーザーがいるのは残念ですね。 ただ、今回の事件のように全てのアプリで犯罪が起こることはありません。 事件が起きてしまうようなアプリには特徴があります。 チャットアプリの危険性は本当。 でも、オンラインでの出会いが全て危険なわけではない 今回ひま部がサービス終了の理由は、運営の手の届かないところでの犯罪行為や暴行など、 セキュリティの甘さが原因で起こったものでした。 ひま部のような 年齢確認・本人確認のないアプリは、誰でも利用できる反面、学生以外が学生になりすまして良からぬことを企む悪質なユーザも入り込んでしまいます。 Tinderなんかも、誰でも利用できるアプリの一つですね。

次の

【無料アプリ】ひま部徹底解説!【体験談】

ひま 部 新しい アプリ

もくじ• 「Yay! (イェイ)」とは? メールアドレス等の登録なし!匿名でやり取りできるSNS 新しく誕生したYay! (イェイ)はシンプルに言うと 匿名でやり取りが出来る SNS となっています。 サービスを利用開始する時にメールアドレスなどの認証が必要なく、ニックネームと生年月日、性別を決定するだけで利用開始することができます。 もともと「ひま部」というコミュニティアプリのアップグレード版 唐突に「Yay! (イェイ)」というアプリが登場したかと言うとそうではなく、もともと学生限定コミュニティアプリとして存在していた「ひま部」というアプリが前身としてあり、そのアップグレード版として、今回ご紹介する「Yay! (イェイ)」が配信されました。 個別チャットは年齢確認が必要 匿名でのSNSと言うとどうしてもやり取りが幼稚になってしまったり荒れてしまったりすることがよくありますが、この「Yay! (イェイ)」は24時間の投稿監視体制の下、小学生以下のユーザーが利用できない規約になっています。 「Yay! (イェイ)」の使い方 では早速「Yay! (イェイ)」の基本的な使い方についてご紹介していきます。 上記でもお伝え致しましたが、 メールアドレスなどの認証で使用されるようなIDは必要なく、ニックネームなどの任意の文字列で開始が可能になっています。 ただし生年月日においては、 後々年齢確認をする際に実際の年齢と違う内容を入力してしまうとその時点で退会となってしまう可能性がありますので、後々個別チャットなども利用する方は、自分の身分証明書に記載してある正しい生年月日を入力するようにしましょう。 こちらがホームの画面になっていて みんなというタブの中に、公開されている既存ユーザーのコメントが付いて流れてくるようになっています。 VIPとは? Yayには「VIP」会員というものが存在します。 目に見える大きな特典としては広告の非表示やサークルを自由に作成できる点が挙げられます。 その他にも、かつて国内最大のSNSだった「mixi」に実装されていた足跡の機能などもありますが、それが細かい機能が以下に続く画面解説のところでご紹介して参ります。 Yay! ここにはフォロー外のユーザーも含めて様々な人たちの更新内容が表示されます。 サークルを簡単に言うと、いわゆるコミュニティの画面で、LINEのオープンチャットのような構造になっています。 この画面ではサービスに関わる重要な通知に加え、自分が投稿したコンテンツへの反応や、 自分のプロフィールを見たユーザーの一覧(足あと)、自分が訪れた他ユーザーのプロフィールページ一覧を表示させることができます。 自分の足跡のページについては自分の投稿コンテンツが多ければ多いほど多くのユーザーが来訪することになります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はひま部からアップグレードされた 「Yay! (イェイ)」についてその基本的な使い方をご紹介いたしました。 匿名というおっかなびっくりのリスクをはらみつつも、厳格な年齢確認によって場荒れをなくす最善の努力がなされており、このアプリのメインポリシーである「孤独の排除」 がシステムのみならずユーザーにも行き渡っている印象を受けます。 またアプリの利用開始直後からウェルカムな雰囲気が漂っていますので、初めて利用開始される方でも心理的なハードルがそれほど大きくない形で利用することができると思います。

次の

“学生限定”アプリ、「ひま部」の実態調査!|それちょう|note

ひま 部 新しい アプリ

みなさんこんにちは、お久しぶり、はじめまして! ひま部運営あらため、 Yay! 運営です! 【 重要】サービス運営の詳細については以下の記事をご覧ください。 さっそくですが皆さん、「Yay! 誠意が足りないですね。 けどきっとみなさんも「イェイ」って読んだんじゃないですか? なので しばらくは「イェイ」で行きましょう。 発音するときは「ヤイ」と「イェイ」の間にしたらいいんじゃないかなぁ。 (こういうところがひま部の運営らしさを感じるよね) まずはじめにこの記事を読んで、Yay! に込めた想いと、ひま部と部員たちへの感謝を感じてもらえたらうれしいです。 ぼくらの理想 まず、ひま部終了のお知らせを公開して以来、みなさんには心配をかけてしまってごめんなさい。 実はYay! を開発することは既に決めていたけど、いろいろな調整があって、いまのいままで言えませんでした。 大人の事情ってやつです。。。 かわりにに超エモいエンディングムービーを公開しました(見てね!!) ひま部が誕生したのは、2015年5月。 それから4年間、 「人の居場所を作りたい」という理想を掲げ、仲間たちと青春のような時間を過ごしながら全力で開発・運営に徹してきました。 やめようと思ったことなんて一度なくて、肉体的には辛いけれど、心はいつもワクワクして本当に幸せでした。 ひま部のような新しい居場所を作ることで、人とのつながりが広がり、これまで以上に いろんな人がお互いにつながることができます。 そこでは大きな可能性を秘めた出会いが生まれて、これまであった人間関係、たとえば学校や地域、家庭でのみ作られるそれよりも、はるかに大きな未来が創り出されていきます。 誰もが自分を表現できる居場所を持つことができるのがインターネットコミュニティの未来であり、僕たちの夢です。 そして僕たちの人生を使って、少しでも多くの居場所を作り出し、世界に笑顔を増やしていけたらと思っています。 それはとても小さいのに、あたかもそれが世界の全てだと思ってしまう。 そして、そうした小さい世界は、時として自分を攻撃し、否定して、命を奪ってしまうことがあります。 実際に学校では、毎日2人ずつ自殺が発生しています。 (日本で、ですよ。 学生以外も合わせると毎日60人くらい... ) 小さい世界が全てではないことを教えてあげられれば、どこかに自分を必要としてくれる人がいることを伝えてあげられれば、もっと誰かを助けられたんじゃないかなあといつも思います。 小さな世界では見つけられなかった、あるいは活かせなかったあなたの才能や想いが、 実は大きな世界で誰かの役にたち、未来につながることを知ってほしい。 勉強が嫌いすぎて浪人したくなくて、滑り止めで受けた東京の大学にたまたま進学したときから人生が大きく変わりました。 大学在学中に遊び半分でアプリの勉強をして、仲間が出来て、いつの間にか起業をして、ここまで7年間会社を続けてこれた。 そしてひま部を作って、集まってくれた部員のみなさんが支えてくれたからこそ、ここまで来ることが出来ました。 その過程でどんどん新しい人と出会い、そこから学び、できることが増え、社会に影響を与えることができるくらいに大きくなりました。 周りの人が僕をそう導いてくれました。 そんなひま部を運営していく日々のなかで、人間関係の多くが 「たまたま」作られる学校のクラスの30人で作られて行くことに気づきました。 そして、この30人以外の選択肢がないからだめなんだ、とも。 小さな籠の中だけで、自分の自信や人格や将来の夢を形成していくことは正しくないと思う。 いじめや迫害を許容するわけではないけれど、自分に合わない人と仲間はずれにしたり、自分の世界から拒絶してしまうことは人間の本能としてはどうしようもないことだよね。 そうしなければ僕たちの祖先は、外国からやってきた侵入者に絶滅させられてたかもしれない。 だから、インターネット上にもう一つの世界を作っていく。 ひま部がなくなっても諦めない。 Yay! を作って、これからまたみんなに広い世界を伝えていきたい。 そしてみんなの才能が発揮できる世界を作っていきたい。 でも、テクノロジーがその問題を解決し、近い未来に居場所を安心安全なものにできると、実際にひま部を運営していて、強く確信しています。 実際にひま部では、一人ひとりを守るために様々な対策を行ってきました。 たとえば 年齢確認やユーザーからの 通報機能、また AIを用いた不適切なコンテンツの監視、ユーザー同士のやりとりにおける 適切な利用権限の付与など。 考えられる安全対策は惜しみなく実装してきました。 もちろんこれからも、より安全なコミュニティプラットフォームを構築するため、あらゆるテクノロジーと僕たち運営の力をあわせて、みなさんを守っていきます。

次の