換気扇の掃除 重曹。 キッチンの換気扇掃除には何使う?重曹orセスキorクエン酸or漂白剤|ラディーチェ

キッチン換気扇の簡単な掃除方法!洗剤に重曹やセスキを使ったやり方と頻度

換気扇の掃除 重曹

この記事の目次• 【換気扇を重曹で掃除】重曹が換気扇の油汚れに最適な理由 テレビでもよく紹介されるので、 すっかり身近になったのが重曹です。 弱アルカリ性で肌にも優しいということで、普段の掃除で使われる方が増えています。 重曹はベーキングソーダとしても知られる食品添加物で、 炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)という物質からできた白い粉末です。 重曹はもともと食用や、医療品として使われているものなので、食品を扱うキッチンで、洗剤を使うのは少し抵抗がある人や、赤ちゃんや小さな子供がいる家庭でも、安心して使えます。 【換気扇を重曹で掃除】油汚れには中性洗剤より重曹がよく効く! 重曹はなぜ、換気扇の掃除に向いているのでしょうか? それは アルカリ性と、酸性による中和という化学反応で説明できます。 換気扇の主な汚れは、料理で空気中に蒸発した油汚れです。 油汚れは酸性なので、 アルカリ性の重曹を使うと油汚れが中和されます。 重曹のアルカリ成分を利用すれば、以下のような汚れや臭いのもとを簡単に落とせます。 重曹は油汚れを中和して汚れが落としやすくなる• 重曹は焦げ付き汚れが落としやすくなる• 重曹は臭いを元から消臭できる• 重曹はヌメヌメを落とせる このように重曹の得意な汚れが、換気扇にはたくさんあります。 【換気扇を重曹で掃除】重曹ペーストで換気扇を掃除する方法 それでは重曹で作ったペーストを使って、換気扇を掃除する方法を紹介します。 関連記事• 重曹でつけ置きす掃除をすると、換気扇についた油汚れが剥がれやすくなるので洗うときに余計な力を入れて洗わなくても、 簡単にキレイに換気扇の汚れを落とせます。 つけ置きをしている時間に、他の事もできるのでとても便利でオススメです。 【換気扇を重曹で掃除】汚れが落ちないなら最終手段を使おう! 重曹を使って換気扇を掃除しても油汚れがなかなか落ちない時は、 セスキ炭酸ソーダで掃除してみましょう。 セスキ炭酸ソーダは重曹より、アルカリ成分が少し強く汚れに適しているといわれています。 また、重曹よりも粒の大きさも細かいため水に溶けやすく、 汚れに染み込みやすいです。 セスキ炭酸ソーダも重曹と同じように、ペースト状にして換気扇の汚れた部分に塗ることで汚れを落としやすくします。 重曹よりも粒が細かく水に溶けやすいため、 ペーストを作るときは重曹よりも少なめな目の水分量で混ぜ合わせましょう。 つけ置きをする場合は、重曹よりも少しアルカリ成分を強いので、つけ置き時間を短めに設定しましょう。 つけ置きし過ぎると換気扇を傷つけてしまう恐れがあるので、セスキを使用する時は注意しましょう。 セスキ炭酸ソーダは、 重曹で落ちない汚れの時の「最終手段で使う」と、覚えておいて下さい。 重曹を使用する前にセスキ炭酸ソーダで掃除をすると、かえって換気扇を傷つけてしまうので注意しましょう。 【換気扇を重曹で掃除】重曹を使って毎日できる換気扇掃除 換気扇を掃除するのは、 少し大掛かりで頻繁に掃除するのは難しいですよね? 普段の掃除も、重曹が頼りになります。 色んな洗剤を購入しなくても、 重曹があれば十分です。 経済的にも、負担がかからなくてすみます。 関連記事• 重曹で換気扇の汚れが落ちない時はプロの業者に依頼しよう! 今回は、 重曹が換気扇に向いている理由や、重曹を使ってキッチンの換気扇の掃除方法について紹介しました。 様々な方法で試してみてもなかなか、換気扇がキレイにならなかったり、そこまで時間をかけて掃除ができない人は、 プロに依頼してみるのはいかがですか? プロに任せれば、キレイにしきれなかった部分をキレイにしてもらえます。 また、掃除の時間をとれない方にも安心して任せられるので、 自分の時間を有効的に使えます。 迷ったらプロに任せてみるのもいいのではないでしょうか? を探す時は、を使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。 まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。 換気扇クリーニングをプロに依頼するなら 換気扇クリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。 すまいのほっとラインなら、簡単にの業者を探すことができます。

次の

【写真付き】家事えもん流の換気扇掃除を実際にやってみた!

換気扇の掃除 重曹

換気扇掃除は重曹でつけ置き!重曹を使った換気扇掃除の手順 換気扇の掃除、料理の頻度や作るものによって汚れ方が変わってきますがベタベタした汚れが付くの変わりません。 油汚れはつけ置きが効果的 用意する物• シンクにふたをするため厚手のビニール袋• 重曹 100グラム• お湯50度くらい• ゴム手袋• 捨ててもいいスポンジ• 捨ててもいい軍手 手順• シンクにお湯を溜めて行うのでシンクの排水口にビニール袋をかけます。 その上についているふたをつけますが密封するとビニール袋が安定するためゴム製のふたがあるときはそちらを使いましょう。 大きなビニール袋を使うときは2重にし強度を増しましょう。 蛇口から出る温度を50度に設定しシンクの半分くらいまでお湯を溜めます。 お湯が溜まったら重曹を入れて、菜ばしなどの長いものでゆっくり混ぜます。 はずした換気扇のパーツをゆっくりお湯が跳ねないように入れます。 20分くらい浸けて汚れを浮かしましょう。 汚れが浮いてきたら用意したスポンジで汚れを落としましょう。 細かい部分はゴム手袋の上から軍手を履いて指の先を使って洗うと落ちやすいです。 重曹を使ってつけ置き!換気扇掃除をする時のポイント 換気扇掃除は気温が高い日が効率的 周囲の気温が低い時は換気扇に付着している油汚れが固まってしまい取れずらくなっています。 寒い季節の大掃除まで待たずに夏の暑い日に掃除を行うと汚れが取れやすいです。 また洗って綺麗になった換気扇を天日干しする事でしっかりと乾き太陽の熱で消毒効果もあります。 つけ置きはあわてず待つ時間が大事! 頑固に固まってしまった油汚れには、重曹の浸透に時間がかかります。 熱いお湯を使って油汚れを柔らかくし、重曹を浸透させることが取れやすくする方法です。 時間に余裕を持って換気扇掃除を始めましょう。 つけ置きできない換気扇本体の掃除は重曹ペーストで掃除を 細かな隙間がある換気扇の本体は、重曹に粘性を持たせて油汚れにしっかり密着させましょう。 換気扇掃除で用意する物• 重曹 100グラム• 水 50グラム• 洗濯用粉洗剤 15グラム• 紙コップ• 割り箸• 大き目の袋 手順• 紙コップをデジタルスケールに乗せてスイッチを入れます。 重曹を入れてゆっくり水を注ぎます。 一緒に洗濯用の粉洗剤も入れます。 割り箸を割らずに幅の広い部分を使って混ぜましょう。 掃除の時のへらにしたいため広い部分を使うと便利です。 換気扇を大きなビニール袋の中に入れます。 換気扇の汚れのひどい部分に重曹ペーストを割り箸でのせて行きます。 そのほかの部分も重曹ペーストを浸けていきましょう。 全体つけ終わったらビニール袋の口を縛り密封し蒸発を防ぎます。 なるべく空気を抜きましょう。 50分ほどそのままにして、時間が来たらスポンジを使ってこそぎ落としましょう。 重曹の粒の力を使って研磨しましょう。 この時点では水を含ませず重曹に含まれている水分だけで磨いていきましょう。 一通りこそぎ落としたら丸ごと水洗いして完了です。 重曹で落ちない汚れの換気扇掃除はセスキ炭酸ソーダで 重曹でも落ちない油汚れは洗剤の前にセスキ炭酸ソーダを試して見ましょう。 セスキソーダの特性 重曹よりも粒子が細かくサラサラした感触で水を含ませて使うときは溶けやすく使いやすいです。 油汚れに強く、頑固な汚れを柔らかく取れやすくするため掃除の前処理に使うといいです。 つけ置きの方法 用意する物• セスキ炭酸ソーダ(100均にもあります。 )70グラム• バケツ• お湯 (50度くらいで湯沸しから出るお湯でOKです。 ゴム手袋• スポンジ 手順• バケツに7分目ほどのお湯を張ります。 1の中にセスキ炭酸ソーダを入れて、菜ばしなど長いものを使って混ぜます。 粒子が細かいセスキ炭酸ソーダは早く溶けやすいです。 お湯が冷めないうちに油汚れが付いている換気扇のパーツを入れます。 入れ終わったらバケツのラップをかけてお湯が冷めずに汚れに浸透しやすい状態にしましょう。 30分くらいそのまま置きます。 ゴム手を履いて中から取り出したら、汚れている部分をスポンジでこすりましょう。 しっかりゆすいで拭いたら完了です。 換気扇の汚れを放置するデメリットと適切な掃除の頻度 ベタベタした油汚れをそのままにしておくと吸い上げた油を含んだ空気が付着しやすく、空気中のほこりも付きやすくなってしまいます。 次第に重なりあい厚みや重みが加わってしまうと、モーターやパーツに負担がかかってしまい。 破損してしまいます。 換気扇掃除を怠ると臭いが発生してしまう 油汚れをそのまま放置していると、油が酸化して嫌な臭いがしてきます。 そのまま換気扇をまわしてしまうと空気の清浄ができなくなり部屋の中に充満してしまいます。 定期的な掃除が必要 シーズンごとの年に3回は心がけたいところですが、しっかり分解せずこまめに拭き掃除や重曹でスプレーを作って掃除をして、しっかり換気扇掃除は油汚れが取れやすい温かい時期に2回ほどと考えておくとやりやすいのではないでしょうか?面倒になる前にこころがけてみましょう。 関連する記事• 2018. 18 大掃除をしようと思っても、どこから手を付けて良いのかわからないという悩みはあると思います。 ここでは大掃除をする部屋の順番や、掃除のやり方やポイ[…]• 2018. 14 カビとの戦い。 お風呂場、窓サッシ、玄関、トイレ、部屋の隅、キッチン、エアコンなどなど…。 家のいたるところに、いろいろな種類のカビが存在して[…]• 2018. 26 部屋を大掃除するコツ。 お掃除上級者から、とんでもない汚部屋の住人まで、掃除のテクニックやレベルの違いがあれど、共通して言えることがあります。 […]• 2018. 20 大掃除での窓拭きを簡単に済ませたいあなた。 掃除はまめにしていても、窓拭きはタイミングの見極めによって効率も変わってくるのです。 まずは上手に窓拭[…].

次の

換気扇掃除は重曹でつけ置き!汚れを綺麗にする掃除の手順を解説

換気扇の掃除 重曹

たったのこれだけで、ベトベトする換気扇フィルターがきれいになります。 なぜ、このように簡単きれいに汚れが落ちるのでしょうか。 油汚れが落ちる理由 重曹やセスキ炭酸ソーダは、油やたんぱく質を分解する性質があります。 換気扇を濡らしてしまった場合、油が乳化してさらにベタベタになってしまいます。 そうしてあちこち磨いたりこすってしまうと、綺麗な部分まで汚れが広がって飛び散ったりしてしまいます。 そのため、換気扇フィルターを濡らさずに、重曹やセスキ炭酸ソーダを大量に振りかけて放置するのです。 そうして、重曹やセスキ炭酸ソーダの性質を上手く活用して油や汚れを落とします。 スポンサーリンク <簡単な特徴> ・弱アルカリ性である。 ・水に溶けにくい。 ・加熱すると炭酸ガスが発生する。 ・常温で長期保存ができる。 ・弱アルカリ性なのでたんぱく質を分解することができる。 ・無機物で有機物の界面活性剤より環境には負担をかけにくい。 <得意なこと> ・水に溶けにくい特徴から磨き粉などのクレンザーとして。 ・ふくらし粉としてお料理に。 ・血行促進する入浴剤として。 ・冷蔵庫の消臭 ・靴箱の消臭 ・生ごみの消臭 ・キッチンの排水溝の消臭 ・鍋のこげや汚れ落とし <苦手なこと> ・洗濯には不向き ・ギトギトの油汚れ ・白い水垢の汚れ ・トイレの消臭 つまり、簡単に言いますと、 水に溶けにくく、油を分解する効果が高くて、環境にやさしい。 スーパーで簡単に手に入れられ、換気扇フィルターのお掃除にはもってこいです。 セスキ炭酸ソーダとは セスキ炭酸ソーダは重曹よりも使いやすく、使い道の多い弱アルカリ性の洗剤です。 洗浄力は重曹の10倍。 効果が高く万能なので、最近は重曹よりもセスキ炭酸ソーダを使う方も多いです。 重曹で汚れを落とせなかった場合にセスキ炭酸ソーダに登場してもらうのもありだと思います。 あるいは、初めから優秀なセスキ炭酸ソーダに頼るのもありかもしれませんね。 それでは、簡単にセスキ炭酸ソーダの特徴をご紹介すると・・・ <簡単な特徴> ・重曹よりも水に溶けやすい。 ・弱アルカリ性で洗浄力のわりには手荒れの心配が少ない。 ・変質しにくい。 ・常温で長期保存ができる。 ・重曹と同じ無機物で有機物の界面活性剤より環境には負担をかけにくい。 ・重曹よりも油を分解する効果が高い。 ・弱アルカリ性なのでたんぱく質を分解することができる。 <得意なこと> ・皮脂汚れの洗濯 ・垢など軽い汚れの洗濯 ・ひどい油汚れの下処理 ・血液汚れ ・台所のベタベタ汚れ ・取っ手やスイッチの汚れ ・器物の表面の手垢汚れ <苦手なこと> ・靴下の激しい泥汚れ ・スポーツユニフォームなどの激しい泥汚れ ・機械油の汚れ ・口紅などのガンコな油汚れ ・衣類のシミ つまり、簡単に言いますと、 重曹に比べて、水に溶けやすくて、油を分解する効果が高くて、環境にやさしい。 重曹で落ちない汚れをセスキ炭酸ソーダが簡単に落としてくれる優れた洗剤だということですね! スポンサーリンク.

次の