出産 祝い お礼 メール。 感謝を伝えたい!正しい出産祝いのお礼メールの書き方とは?

出産祝いのお礼状、書き方とマナー│上司・親戚・友人、送れてしまった場合の文例や無料テンプレートも!

出産 祝い お礼 メール

書き方のマナー メッセージカード・お礼状には、意外なマナーがあります。 「お返し」という言葉はNG。 もらったから返したような義務的なニュアンスを感じさせる表現は避けるようにします。 また、赤ちゃんを授かることのできない事情など、先様への配慮も忘れずに。 文面は感謝の気持ちを第一に伝え、「喜びをストレートに表現しすぎない」ようにしましょう。 書く時のポイント 以下のポイントをおさえて、文章を考えるとすっきりまとまります。 いただいた品物への感謝の気持ち• 赤ちゃんの名前 読み方 、性別や由来など• 母子の様子• しかし、かつて内祝いとは、お祝いをもらったかどうかにかかわらず、祝い事があった側が周りへ贈るのが一般的でした。 そのため、「お返し」という表現を使わずに、ただ感謝の気持ちを出すほうが望ましいとされています。 また、かしこまったお礼状を書くときには、句読点を付けないのがマナーです。 句読点は区切りや終わりを意味するため、「喜びが途切れる」というイメージを連想させます。 特に、年長者や目上の人へのお礼状では少し気を配ったほうが良いでしょう。 逆に、カジュアルな文面で作成する場合はあまりこだわる必要はありません。 忌み言葉の使用にも注意が必要です。 「終わる」や「破れる」、「切れる」といったわかりやすい言葉だけではなく、「帰る」のように一見してわかりにくいものもあります。 できれば用語集などで確認しておくようにしましょう。 また、「次々」や「再び」のような重ね言葉も使用を避けた方が望ましいといえます。 メッセージカード文例 ここでいうメッセージカードは、出産内祝いの品物に同梱するカードを想定しています。 もう少し長いメッセージにしたい場合は、後述のお礼状文例も参考にしてください。 文例 1 この度はお気遣いいただきまして、本当にありがとうございました。 おかげさまで母子ともに元気に過ごしております。 心ばかりの品をお贈りさせていただきましたので、ご笑納くださいませ。 今後とも、親子ともどもよろしくお願いいたします。 文例 2 この度は子どもの誕生に際し、お祝いをいただきましてありがとうございました。 ささやかですが、心ばかりの品をお贈りさせていただきます。 お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。 文例 3 この度は心温まるお祝いをいただきまして、まことにありがとうございました。 おかげさまで日々健やかに成長しております。 ささやかながらお礼のしるしに心ばかりの品をお贈りさせていただきます。 季節の変わり目ですので、くれぐれもご自愛くださいませ。 お礼状のマナー お礼状はメッセージカードよりあらたまった雰囲気になります。 お礼状は白い便箋にブラックかブルーブラックのインクで、縦書きで書きます。 封筒は白の無地を用い、テープ等ではなく糊で封をします。 封字は「〆」「締」「封」が一般的です。 差出人は夫婦連名にします。 いただいた品物についての具体的なお礼が書けるのは、お礼状ならではの長所です。 先様への感謝の気持ちもより届きやすいはず。 ぜひ書き添えてみてください。 仕事関係者へのお礼状 ポイント 目上の方や会社関係者の方には冒頭に時候の挨拶があるとより良いでしょう。 新しい家族のためにさらに仕事に励みたいという決意を述べるとまとまりの良い文章になります。 お礼状文例 残寒の候、風邪など召されずにお過ごしでしょうか。 平素は格別のお引き立てをいただき、まことにありがとうございます。 さて、先日は長女の誕生にあたりましては、ご丁寧なお祝いをいただきまして、まことにありがとうございます。 おかげさまで母子ともに健康に過ごしております。 我が子を胸に抱きますと、親になったのだという実感がわいてまいります。 喜びとともに責任の重さを感じ、気の引き締まる思いでおります。 今後はいっそう充実した気持ちで仕事に励む所存でございます。 どうぞ倍旧のご指導のほどをよろしくお願い申し上げます。 心ばかりではありますが、別便にてお礼の品をお送りさせていただきます。 ご笑納いただければ幸いに存じます。 まずは書面にて、御礼申し上げます。 新しい家族のためにも、仕事に精進する覚悟でおりますので、いっそうのご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。 親戚・知人へのお礼状 ポイント 堅苦しすぎず、かつ丁寧な文章を心がけましょう。 やわらかめな文体にすることにより、赤ちゃん誕生の報告にふさわしい雰囲気の文章になります。 お礼状文例 梅のつぼみがほころぶ季節となり、春の訪れが待ち遠しく感じます。 さっそく使わせていただき、毎日大活躍しております。 おかげさまで、すくすくと成長しています。 お近くにお越しの際には、ぜひ娘の顔と私どもの奮闘をご覧いただきたく存じます。 なお、ささやかながら内祝いをお送りいただきましたので、ご笑納ください。 季節の変わり目ですので、お風邪など召されませんように。 お会いできる日を楽しみにしております。 他の言い回し (子育ての経験がある先様へ) 落ち着いたら子どもを連れてご挨拶に伺いたいと存じます。 慣れない育児でとまどうばかりで、子育ての先輩であるお二人にご相談することもあるかと存じます。 どうぞご指導のほどよろしくお願いいたします。 すぐに内祝いが贈れない場合 内祝いは、1カ月以内に行うのがマナーとされています。 もし、何らかの理由ですぐに内祝いを贈れない場合は、電話で直接お礼の気持ちを伝えましょう。 なお、メールは年長者や目上の人を中心に失礼だと感じさせるケースもあるので、避けるべきです。

次の

感謝を伝えたい!正しい出産祝いのお礼メールの書き方とは?

出産 祝い お礼 メール

お礼メールは直ぐに送ろう!気を付けたい3つのマナー 昔は出産祝いのお礼といえば、手紙を添えた内祝いでした。 しかし今は、楽にやりとりできるメールを利用するのが当たり前に。 手紙を書く方が少ないかもしれませんね。 ただ、あまり機会がない出産祝いのお礼メールは、いつ、どんな内容で送れば良いのか迷いがち。 迷った時は、次の3つのことを守ればOKですよ。 【マナー1】お礼メールはすぐに送ろう 出産後は赤ちゃんのお世話で手一杯だったり、生活リズムが整わなくて時間の使い方が分からなかったり、産後の体調が優れなかったりで、余裕がないことが多いですよね。 そんな時にお祝いのお礼なんて大変!と思ってしまうかもしれません。 ですが、今は昔と違ってお互いの気持ちを伝え合う方法がたくさんあり、しかもタイムラグなしでやりとりするのが一般的になってきています。 お礼メールは、お祝いをもらったら直ぐに送るようにしましょうね。 【マナー2】メールは短くてOK! お礼といえば、以前は手紙でした。 手紙の場合は、季節の挨拶をもりこんだ序文、メインの内容の主文、締めくくりの文の末文、奥付という構成でそれなりの長さの文章を書きます。 しかし、メールは携帯電話やスマホといった、小さな画面で読むもの。 ダラダラ長い文章は不要です。 簡潔でサラッと読める文で大丈夫ですよ。 【マナー3】タイトルで内容がわかるようにしよう お礼メールを送る時に気を付けたいのは、タイトルです。 タイトルには必ず「出産祝いのお礼」といったメールの主旨が分かるものにし、送信者の名前も書いておきましょう。 「送信者なんてメールアドレスを見ればわかるし、そもそも携帯に登録されている」 こう思うかもしれませんが、メールは読む人のことを考えて書くもの。 パッと見た瞬間に、送り主と内容が分かるようにしておくと親切です。 メールの内容は3部構成で お礼メールは完結な内容でOKですが「ありがとうございました」だけでは味気ないもの。 内容は「お礼の言葉」「貰った物に対する感想」「今の状態報告」の3部構成にしましょう。 これなら簡潔だけど短すぎないメールになりますよ。 お礼の言葉 最初に書くのが、お礼の言葉です。 「お祝いを頂きましてありがとうございました」といった文は絶対に外せないもの! 相手によってはくだけた語調でもいいですし、誰に読まれてもかまわない丁寧な言葉もおすすめ。 手紙ではないので季語などを入れたはじめの挨拶は省き、お礼をはじめに持って来ましょう。 貰った物に対する感想 「ありがとう」だけでは形式だけのお礼になってしまいますが、いただき物に対する前向きな感想を書くと、贈り主は「贈ってよかった」と感じられます。 赤ちゃん宛のグッズ、兄や姉向けのオモチャ、ママをねぎらう物、そして現金や商品券といった自由度の高い物など。 お祝いの品も色々です。 それぞれの立場に立った感想を短く入れてみましょう。 今の状況報告 最後に、今の自分の生活がどんなものか書いて、締めの言葉にしましょう。 出産すると大きく生活が変わりますよね。 出産祝いの贈り主が身近な人であればあるほど、ママや赤ちゃん、家族のことが気になるもの。 ネガティブなことや、ナイーブなことは書かなくていいですし、詳しく説明する必要もありません。 ただ、簡単に「こんな日々を送っています」と書いて、お互いを身近に感じられるようなメールにしましょう。 相手別例文集 簡単にメールの書き方を紹介しましたが、すぐに使える例文を作ってみました。 メールを作る時の参考にしてみてくださいね。 義両親に送るお礼メール 実両親は簡単にメールを送れるけれど、義両親は気を遣いますよね。 仰々し過ぎてもおかしいですし、だからといって礼を欠くのも失礼です。 思い切って、配偶者に「お礼を言っといて」とお願いする手もありますが、自分でお礼の連絡をしたい方もいますよね。 次のようなものはどうでしょうか。 <お礼メールの例> (お菓子と上の子に色鉛筆&自由帳をもらった前提) 先日は、出産祝いを頂きありがとうございました。 頂戴しましたゼリーは家族でおやつに頂きました。 また、〇〇(上の子の名)は「色がたくさんある!」と喜んで早速、お絵かきをしています。 もうすぐ一か月健診ですが、小児科の先生に褒められそうな成長ぶりです。 涼しくなりましたら、家族4人でお礼に伺います。 日程などについて改めてご連絡いたします。 よろしくお願いします。 親戚に送るお礼メール 出産祝いを親戚からもらったものの、ほとんど面識がない場合も多いですよね。 しばしば顔を合わせる親しい仲であれば、先に紹介した義両親宛のようなメールでOKです。 ただ、年に1度顔を合わせる程度だったり、ほとんど会ったこともないような方の場合もありますよね。 目上の方で、ほとんど接点がないような親戚の場合は、出産祝いを貰った約1か月後に送る「内祝い」に手紙を添えてもOKですが、次のような内容でいかがでしょうか。 <親戚宛のお礼メールの例> 先日は、出産祝いを頂きありがとうございました。 お陰さまで産後の肥立ちもよく、母子共に健やかに過ごしております。 これからは家族4人で力を合わせ、これまで以上に明るい家庭を作っていこうと思います。 なお、ささやかではございますが、別便で内祝いを送らせていただきます。 ご笑納ください。 寒暖差の激しい季節の変わり目ですので、ご自愛ください。 まずは、お礼のみで失礼いたします。 職場の上司に送るお礼メール 出産祝いを職場の上司からもらうこともありますよね。 公私ともに仲が良い場合は楽にメールを送れますが、そうでない場合は今後のことも考えてしまって難しくなりますよね。 職場の上司の場合、私生活のことを細かく説明する必要はありません。 サラッと簡単にお礼と現状を書くだけでOKですよ。 長女の時とは異なる戸惑いや大変さを感じつつも、日々、成長する子どもの姿に癒やされています。 仕事の面ではご迷惑をお掛けすることもあると思いますが、これまで同様、よろしくご指導ください。 なお、ささやかではありますが別便で内祝いを送らせていただきますので、ご笑納ください。 季節の変わり目ですので、くれぐれもご自愛ください。 まずは、お礼申し上げます。 お礼メールは、早いタイミングで完結に.

次の

出産祝いをいただいた時のお返しの仕方とお礼状の文例

出産 祝い お礼 メール

出産祝いの文例 出産祝いのお礼状(1) 新緑が目にあざやかな季節になりました。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 先日は素敵なお祝いをありがとうございました。 おかげさまで、赤ちゃんも元気です。 春生まれなので、「春香(はるか)」と名づけました。 落ち着いたら、春香を連れて遊びに行きます。 まずはお礼まで。 このたびはベビーカーをありがとうございました。 息子と一緒に外に出られるようになったらすぐに使わせて頂きます。 落ち着いたら、息子を連れて遊びに行きます。 今年の夏は例年になく暑さが厳しいようです。 皆様どうかご自愛くださいませ。 略儀ながら書中にてお礼申し上げます。 ありがとうございました。 この度は、お心のこもったお手紙とお祝いをいただき、本当にありがとうございました。 私の体も順調に回復し、おむつ替えにもようやく慣れたきたところです。 いただいたベビー服はかわいらしいデザインで、さすが京子さんがが選んでくれたものは違うと、心から感謝しております。 これからもいろいろ教えていただくことがあると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。 もう少し暖かくなったら、ぜひ娘の顔を見においでください。 お待ちしております。 まずはお礼まで。 お茶 花子 出産祝いのお礼状(4) 拝啓 寒さがいちだんと厳しくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 さて、この度、一郎の出産に際しましては、お心のこもったお祝いを戴き、誠にありがとうございました。 おかげさまで産後の肥立もよく、母子共健全に過ごしております。 まずは書中をもちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます。

次の