部屋の片付け 業者。 部屋の片付け業者を安い料金で頼むなら※40歳女性の汚部屋をキレイに

お部屋の片付け業者を正しく選ぶには?最低限確認するべき注意点やオススメ3社を解説

部屋の片付け 業者

ゴミ屋敷とまではいかなくとも、部屋が散らかりすぎて自分では片付け切れず悩んでいたりする方も多いのではないでしょうか。 またご家族や親せきの方が亡くなってしまった後の、遺品整理や退去時の部屋片づけなどしなくてはならないのに時間が取れず困っているという話もよく耳にするでしょう。 他にも急な転勤で部屋の片づけが必要なのに、仕事が忙しくて手が回らないといったケースもあるかもしれません。 このような場合には、お部屋片づけ業者などの専門家に片付けや清掃を依頼するのがベストです。 しかし、依頼する際にはいくつか注意点もあります。 本記事では、お部屋片づけ業者に依頼するときの、注意点と選び方について解説していきます。 ぜひ、部屋の片づけを業者に依頼するときの参考にしてみてください。 部屋の片付け業者はどのようなときに依頼されることが多いのか 自分の部屋の片づけを他人にお願いするなんてとんでもない、片付けや掃除くらいは自分ですべきだという方もいるかもしれません。 確かに、自分で散らかしてしまった部屋は自分で何とかすべきというのは、間違った意見ではないでしょう。 しかし場合によっては、遠慮することなく専門業者の手を借りるべきときもあるのです。 まずは、どのようなケースのときに、部屋の片付け業者が利用されるのか紹介していきます。 遺品整理のため業者に依頼する 依頼されるケースでもっとも多いのが、遺品整理のための部屋片づけ依頼です。 特に何らかの理由によって世帯主が急に亡くなってしまったというケースでは、日常生活に使用していたものなども含めて、そのままの状態で残っていることがほとんどです。 このようなケースでは、片づける必要があるもので、部屋中あふれかえっていることも珍しくありません。 ご家族の方や親せきの方が代わりに片付けをしたくても、その方にも生活があるため思うように時間が取れないというケースも珍しくはありません。 そういったときに、部屋の片付け業者を利用されることが多いのです。 賃貸などの場合には早急に退去しなくてはならないなど、片付けまでの期限が限られているケースもあります。 またそうでなくても、退去までの期間が長引くほどに賃料がかさむため、できるだけ早めに片付けて退去したいという方もいます。 生前整理として物を減らしたいという方も ご高齢の方が生前整理のために、専門の部屋片づけ業者を依頼されるケースもあります。 いざとなったときに自分が困らないようにということもありますが、あとのことを考えてあらかじめ物を減らしておきたいと考える方も少なくないのです。 生前整理で利用される方の多くは、中高年の方です。 年齢のこともあり大きな家具を動かしたり処分したりするのが大変な人も多く、人の手を借りなくてはどうにもならないというケースも多いのです。 また、生前整理のためのお部屋掃除に関しても同様です。 床のほこりを掃除機で吸い取るような掃除はできても、窓ふきや高い場所の汚れをきれいにしたりするのはむずかしいといった方も少なくありません。 片付けと合わせて、こうしたお掃除などのお手伝いをしてほしいという声も、多く寄せられるのです。 引っ越しや転勤などによる住み替え時に 次いで多いのが、転居時の部屋片づけやホームクリーニングなどの依頼です。 ファミリー向けの転居時の片付けや掃除にも業者を利用される方もいますが、単身赴任の方の転勤なども少なくありません。 仕事などで毎日忙しく部屋を片付ける時間が取れないけれど、転勤の日にちは決まっているので切羽詰まって依頼されるという方も多いのです。 部屋が散らかりすぎて手に負えなくなってしまった場合 部屋が散らかりすぎて自分ではどうにもならなくなり、業者の手を借りたいと考える方もたくさんいます。 最近ではTVや雑誌などのメディアで、ゴミ屋敷や汚部屋などが取り上げられる機会も増え、何とかしなくてはと思い利用される方も少なくないようです。 こうしたケースでは部屋の片づけだけでなく、汚れた個所のハウスクリーニングなどを必要とする場合もあります。 専門業者は部屋片づけのプロです。 数時間であっという間にきれいにしてくれるので、時間を無駄にすることなくきれいな部屋を取り戻せると人気です。 お部屋片づけ業者に依頼するときの注意点 部屋の片づけを業者に依頼する際や専門業者を選ぶ際には、料金以外にいくつか注意すべき点があります。 業者選びに失敗しないためにも、しっかりと確認したうえで利用することが大切です。 片付けの際に出た不用品を回収してくれるか 部屋の片づけの際には、さまざまなゴミが出てしまいます。 また、転居が伴う場合の部屋の片づけでも、多くの不用品や廃棄品などの処分品も出てきます。 業者を依頼する場合には、掃除や片付けだけでなく、こうした不用品も合わせて回収処分してもらえるかどうか確認が必要です。 せっかく片付けてもらったのに、粗大ごみや不用品は回収してもらえない…では困ってしまうことでしょう。 改めて回収業者に依頼しなくても済むよう、 掃除と片付け、そして不用品回収も一緒にお願いできる業者を選ぶことが重要です。 家電リサイクル法対象品も回収してくれるか テレビや冷蔵庫、エアコンなどの家電リサイクル法対象の家電製品を処分するには、正しい処分方法にとっとった処理や手続きが必要です。 また、こうした家電リサイクル法対象品を回収処分するためには、業者側が一般廃棄物収集運搬業許可もしくは産業廃棄物収集運搬業許可などの許可を受けている必要があります。 こうした許可を持っていない業者は、その家電が使える使えないに関係なく、家電リサイクル法対象品を回収することができません。 処分する予定の家電の中に、家電リサイクル法対象品が含まれる可能性がある場合には、その片付け業者が許可を持っている業者かどうか確認したほうが良いでしょう。 ハウスクリーニング(掃除)もしてくれる業者かどうか もしも依頼した業者が片付け専門で、掃除はサービス対象外の場合、掃除はやってもらうことができません。 部屋片づけをすると、それまで見えなかった部屋の汚れが目に付くようになることもあります。 片付けや整理のついでに、キッチンシンクやコンロなどの掃除もやってもらいたいと思うこともあるかもしれません。 そうした場合にも柔軟に対応してもらえるよう、あらかじめ片付けと掃除の両方を行ってくれる業者を選ぶと安心です。 ただし、お部屋片付けの料金プラン内には掃除は含まれていないことが多いため、見積もりの際にハウスクリーニングの必要があることを伝えておくことが大切です。 当日いきなり依頼した場合、スタッフの人数や時間の都合から対応できないといわれてしまうことが多いため注意が必要です。 あらかじめハウスクリーニングが必要となることや、その場合いくらかかるのかなど細かく打ち合わせておく必要もあるでしょう。 不用品と貴重品をしっかり分けて片づけてくれる業者か 片付け業者の中には、作業効率を上げるために処分品の分類を細かく行わない業者もいます。 あらかじめ個人の責任で貴重品などを分別しておくことを条件にして、片付けを請け負う業者もいるのです。 もちろん貴重品は人の手に触れないよう、依頼者がきちんと管理しておくことが大切です。 しかし遺品整理やゴミ屋敷などの片付けなどの場合、片づけはじめてみないとどこにどのようなものがあるかわからず、貴重品の有無すら把握できないケースもあります。 不用品なのか貴重品なのか、作業スタッフの判断で処分してしまったりせずに、しっかりと確認しながら片付けを進めてくれる業者が理想です。 見積もりは明確に出してくれる業者か とりあえず価格が安ければそれでOK!と、安易に業者を決めてしまうことについても注意が必要です。 しっかりと事前見積もりを行い、どのような作業に対して費用が掛かるのかなど、作業前に確認しておくことが重要です。 詐欺とまでは言いませんが、当日になって「ゴミの量が思っていたより多いから見積もりよりも金額が上がります」…などと言ってくるような悪質な業者も中にはいます。 格安プランなどの場合には、含まれていない作業などもあるため、あらかじめどのような作業内容なのかを把握したうえで依頼するようにしましょう。 料金トラブルを回避するためには、見積もり後には料金が変わらないことを約束してくれる業者が安心です。 おすすめの部屋片づけ業者は以下のポイントを抑えた業者 片付け業者を依頼する際は、手ごろな料金プランかどうかなども大切ですが、安心して任せられる業者かどうかも重要です。 確認すべきポイントは以下の通りです。 不用品も回収可能な業者を選ぶ• 家電リサイクル法対象品も回収可能な業者を選ぶ• 掃除もやってくれる業者かどうかで選ぶ• 貴重品などの分類をしっかり行ってくれる業者 片付けを依頼する規模や、依頼したい内容によっても注意点や条件が異なりますが、上記のような条件に当てはまる業者なら安心して片付けを任せられることでしょう。 粗大ごみ回収隊は片付け・掃除・不用品回収に対応している業者です 粗大ごみ回収隊は部屋片づけはもちろん、ハウスクリーニングなど片付け後の掃除にもしっかりと対応しています。 また、片付けで出た不用品やゴミなどは、しっかりと回収して適切に処分しています。 リサイクル法対象品家電も回収が可能なほか、まだ使えそうな製品に関しては買取にも対応しています。 回収した不用品は、その量に合わせたオトクなパック料金プランを用意していますので、リーズナブルな価格で処分が可能です。 片付けの際の貴重品の分類も、依頼主様に確認をしながら作業を進めていくので安心してお任せいただけます。 お見積もりは完全無料!現地出張やLINEを使っても可能 現地への出張見積もりも無料にて対応可能! 忙しくて時間が取れない方はの場合には、電話やLINEを利用したお見積もりもできます。 お見積もり以降は追加料金を一切いただくこともないので、料金面においても安心です。 片付けの規模や不用品の量に合わせて、オトクな料金プランをご提案させていただきます。 気になる点や不安に感じることがあれば、遠慮なくお申し付けください。 まずは、作業内容やご要望、片付けが必要な規模など、粗大ごみ回収隊までお気軽にご相談ください。

次の

お部屋の片付け業者を正しく選ぶには?最低限確認するべき注意点やオススメ3社を解説

部屋の片付け 業者

汚部屋になってしまうと、どこから何から手をつけたらいいかわからなくなります。 そこで、片付けのプロが初心者向けに、汚い部屋のゴミの処分や片付けのコツ、手順を解説します。 経験豊富だからこそわかる、ぜひ実践していただきたい内容になっていると自負しています。 YouTube「片付けトントン」チャンネルは、チャンネル登録者15万人、再生回数4,080万回(2020年4月現在)ですが、「動画を見て片付けをやる気になった」というコメントも、たくさんいただいています。 片付け始める前から、私には無理だと思って一切手をつけられなかったり、また、チャレンジしてみたけどすぐに挫折してしまったりしては残念です。 まずは、次の動画をご覧いただき、ちょっとだけテンションを上げてください。 【目次】• 汚部屋の片付けをやる気になれない理由とは? 先が見えないって、とても不安ですよね。 こんなにたくさんのモノ・ゴミが部屋を埋め尽くしているのに、はたして片付け切ることができるのだろうか? やれたとしても、どのくらい日数がかかるのだろう? 今までできなかったのですから、不安になるのは当然です。 ゴミを出す日や、出し方がわからない。 ダンボールや雑誌は、どうやって処分しよう。 洋服が多すぎる。 どのように片付けたら良いの? …などなど、問題は山積みです。 転勤や結婚のため引越ししなければいけないとか、火災報知器の点検に業者が入るとか、近所から苦情が出た、とかの理由でどうしても片付けなければいけない場合は、業者に頼むなり、家族に助けてもらうなりして、何とかするしかないでしょう。 そういった緊急の理由がない場合、どうするか迷った末、「しばらくはこのままでいいや」と先送りしてしまうことになりかねません。 でも、ちょっと待ってください。 先送りした場合、あなたのお部屋はどうなっていくと思いますか? はっきりと言えることがあります。 「なんとかしなきゃ」と少しでも思えた今が、片付けのチャンスです! これから「やる気」を出す方法を探っていきます。 汚部屋を片付けると、こんなに良いことがある 片付ける気持ちになるためには、片付けたらこんなに良いことがあるということをイメージしておく必要があります。 片付ければ良くなることを、ざっとリストアップしてみます。 ゴキブリがあまり出なくなる。 嫌な臭いがなくなる。 部屋が傷まない。 部屋でくつろげる。 急な来客があっても大丈夫。 部屋に人を呼べる。 探し物をするムダな時間が減る。 無駄な買い物が減る。 掃除がしやすくなる。 自炊するようになって、健康的だし節約にもなる。 自信が持てるようになる。 片付けると良いことがいっぱいあります。 その証拠に、片付けトントンのサービスをご利用のお客さまの声をご覧ください。 LINEでも、お客さまの声をいただきました。 ひょっとすると、人生が変わるレベルかもしれません。 片付けや掃除は、まず始めちゃうことが大切 まず、普通のお部屋の片付けについて考えてみます。 片付けや掃除が大好きでたまらない人は別として、大多数の人は「面倒だな」と思って片付け始めることが多いと思います。 でも、やっている内に徐々に苦痛ではなくなってきて、もう少しキレイにしようかな、と欲が出てきます。 そして、片付け終わると部屋も自分もスッキリ!そんな良い流れが起こります。 だから、次も片付ける気持ちになれると思うのです。 一方、汚部屋の片付けの場合はどうでしょう。 ゴミの分別・処分方法がわからない、どこから手をつけたらいいかわからない、ちょっと片付けたくらいでは部屋の様子はまったく代わり映えしない・・・。 これでは良い流れが起こるはずもなく、挫折しやすいのもわかります。 でも、うまいやり方をすれば、乗り越えられるはずです。 ここでは、まず片付け始めることが大切だと覚えておきましょう。 大きく分けて二つの片付け方法がある なるべく早く片付け効果が見えるようなやり方が良いでしょう。 効果が見えれば自信につながり、片付け続けることができるようになるはずです。 それには、大きく分けて二つの方法があります。 (1)エリアごとに片付ける これは他のホームページでも推奨の方法で、狭いエリアを決め、そこを徹底的に片付けていこうというものです。 例えば、ゴミ出しがしやすいように、まず玄関をキレイにし、続いてエリアを変えながらキレイな場所を増やしていきます。 【メリット】 片付け効果が目に見えて、とてもわかりやすいです。 最初の1箇所が上手くできれば、自分にもできるんだという自信につながります。 【デメリット】 エリアが狭くても多種多様のモノが出てくるので、ゴミの出し方、整頓の仕方、取っておくのか捨てるのかなど悩むことが意外に多く、混乱する場合があります。 例えば玄関なら…壊れた傘はどうしたらいいの?中身の入った靴クリームは?郵便物がいっぱい出てきたけどどうしよう? …などなど、すごく細かな部分に悩んでしまい、狭いエリアでも作業が進まない、ということが起こりかねません。 エリアごとに片付ける方法に向いている方 エリアごとに片付ける方法は、あまり悩まない方、ゴミの出し方がある程度わかっている方、つまり、ちょっと上級者向けの片付け方ではないかと思います。 いきなりこの方法で片付け始めると、挫折しやすいような気がします。 (2)種類や品目ごとに片付ける これは、服、ダンボール、可燃ゴミ、ペットボトル、缶など、その日のターゲットを決めて片付ける方法です。 【メリット】 ・悩むことが少なく、ひたすら同じ作業ができるので、効率的に作業ができます。 ・ゴミ出しが簡単です。 ・例えば、可燃ゴミの日の直前に可燃ゴミを片付けることにすれば、シンプルでわかりやすく、かつ、すぐゴミ出しができるので、スペースをうまく作れます。 【デメリット】 全体が少しずつ減っていくので、最初の内は効果がわかりにくいです。 種類や品目ごとに片付ける方法に向いている方 種類や品目ごとに片付ける方法は、どうしたら良いかわからないということが少ないので、効率的で、初心者にはとっつきやすい方法です。 また、スペースをうまく作ることができます。 片付けの基本を忘れないで! ちょっと話が逸れますが、ここで片付けの基本を確認しておきます。 汚部屋になってしまった原因は、モノが多すぎるかゴミが多すぎる。 たいていはその両方が原因でしょう。 原因を断てば改善に向かいます。 つまり、モノを処分する、ゴミを捨てるということです。 当たり前かもしれませんが、この基本を忘れないようにしてください。 中には、なかなか捨てられないで「あれもこれも取っておく」という方もいらっしゃいます。 今まで埋もれていたモノが、本当に必要ですか?できるだけ思い切って処分しましょう! プロが汚部屋を片付ける手順 ここで、汚部屋片付けのプロはどういう手順で片付けるのか、についてご紹介しておきます。 かなり大雑把な書き方をしましたが、だいたいこんなイメージです。 一人で汚部屋を片付ける場合の基本 プロが片付ける場合、スタッフが大勢いますから上記の方法で問題ありませんが、一人で片付ける場合はアレンジが必要です。 当たり前ですが、一人だと作業が長引きます。 部屋の中にゴミを抱えたままでは、作業がやりにくくなりますし、モチベーションもアップしません。 分別が済んだゴミは、なるべく早く回収場所に出すようにしてください。 【初心者向け8ステップ】• 道具類の準備• 汚部屋の原因となっている「邪魔ものベスト3」に注目• ゴミや資源を出す日を調べる• 害虫退治• 「邪魔ものベスト3」を片っ端から袋詰め• 細かなものにチャレンジ• 収納 【ステップ1】道具類の準備 片付けや掃除に必要とはいえ、最初からすべての道具を買い揃えるのは得策ではありません。 なぜならば、ただでさえゴミやモノが多くて困っているのに、使うか使わないかわからないモノを増やしてしまっては、さらに混乱しますし、片付けている内に掃除道具が出てくることもよくあるからです。 まずは、そのために必要なモノを準備してください。 【邪魔ものベスト3の例】 可燃ゴミ ダンボール、雑誌 ペットボトル、缶 しばらく着ていない多すぎる洋服 いかがですか?ベスト3は見つかりましたか? この時、「たくさんあるけど小さなもの」は気にしないようにしましょう。 例えば、郵便物、フィギア、アクセサリーなどです。 通常、不燃ゴミもたくさんはありませんから、当面は無視しておくほうが良いと思います。 【ステップ3】ゴミや資源を出す日を調べる 次は、邪魔ものベスト3の回収日を調べます。 ネットで調べても市役所で聞いても、どちらでもOKです。 ゴミ出し前日に片付ければ、翌日にはスッキリさせられます。 土日しか片付ける日がない場合は、少しの間我慢して、部屋の中かベランダなどに置いて置きましょう。 ここでちょっと問題となるのは、市や町の回収がない、または頻度が少ないモノの場合です。 古紙や古布類などが考えられますが、新聞紙、雑誌、ダンボール、古着などは部屋の中にたくさんある可能性が高いので、自分で古紙問屋、古紙のリサイクルセンターなどへ持ち込むことも考えましょう。 「古紙 名古屋」などで調べれば、持ち込み先がわかると思います。 洋服はリサイクルショップに売りにいけば、何がしかのお金になりますが、高価なものを除いて、ビックリするほど買取値段は安いので、苦労の割に実りが少ないかもしれません。 【ステップ4】害虫退治 バルサンやアースレッドなどを使って、ゴキブリやダニなどを駆除します(取扱説明書をよく読んで使ってください)。 隣近所に迷惑にならないよう、かつ、片付けの最中にあなたがビックリしないよう、最初にある程度処理しておきます。 【ステップ5】「邪魔ものベスト3」を片っ端から袋詰め あなたが見つけた「邪魔ものベスト3」を袋詰めしていきます。 これは「種類や品目ごとに片付ける」方法です。 可燃ゴミやペットボトルなら、市や町の指定ゴミ袋に入れます。 「邪魔ものベスト3」は、最初のうちは多いものから順番に袋詰めすれば良いと思います。 慣れてきたら、3つ同時にやっても問題ありません。 洋服、新聞紙、雑誌、ダンボールの処分 洋服は、取っておくか捨てるかの判断が必要ですが、今までゴミに埋もれていたものが必要でしょうか?極力思い切って処分しましょう。 取っておく服と捨てる服を素早く判断しながら、捨てるものは透明のビニール袋に入れておきます。 新聞紙や雑誌は、分別してヒモで縛るか、ダンボールに入れてください。 捨てる洋服、新聞紙、雑誌、ダンボールは、なるべく早くリサイクルに回します。 【ステップ6】細かなものにチャレンジ 「邪魔ものベスト3」をやっつけたら、少しずつ床が見えてくると思います。 それに伴って、あなたも少しずつ自信を取り戻してきているでしょう。 「細かなものにチャレンジ」のステップは、基本的に「エリアごとに片付ける」方法です。 中には、処分の仕方がわからないものがあるかもしれませんが、もうあなたは大丈夫。 ネットで調べたり、市役所に聞いたりして対処ができるはずです。 【ステップ7】掃除 長年にわたってゴミなどが堆積していたのですから、かなり汚れていることが予想されます。 床の半分を掃除した写真 まずは、 掃除する場所のホコリを丁寧に取り、水拭きだけで汚れが落とせないかチャレンジします。 ダメだったら、次は中性洗剤の出番です。 ネットなどで調べ、場所ごと素材ごとに適切な洗剤、適切な掃除方法で行なってください。 また、ふすまや畳などが損傷している場合もあります。 なるべく、この機会にキレイに直すようにしてください。 そうすることでお部屋が癒しの空間に変わります。 次は、お風呂掃除の方法についての動画です。 【ステップ8】収納 掃除が終わった場所から順に収納していきますが、この項では、収納の基本・チェックポイントについてお話します。 収納場所に隙間はできそうですか? 人生に隙間が必要なように、収納にも隙間がないと、いつか無理が来ます。 モノの量と収納スペースを比べてみて、収納後に2〜3割の隙間ができそうな感じならバッチリです。 その時・・・ ・モノが多すぎると思ったら、長い間使っていないモノを思い切って処分する。 ・いくら何でも収納場所が狭すぎると思ったら、収納用具を買う。 ・・・という判断をします。 適切なモノの置き場所を決めましたか? 出したらしまうができないと、部屋が散らかります。 モノの定位置を決める時は、そのモノを使う場所の近くで、どこにしまったのか想像しやすい場所を選びましょう。 次の画像をご覧ください。 文房具とリンゴを一緒にしまうなんて、あり得ないと思われるかもしれませんが、これと似たようなことをしてしまっているから、モノを探し回るはめになるのだと思います。 「出し入れしやすい」入れ方についても考えてみます。 上の画像では、4人分のコーヒーカップを取り出すのは面倒な感じです。 並べ替えてみます。 種類別に奥に向かって並べることで、取り出しやすくなりました。 次の動画は、整理収納の基本ワザの動画です。 コマ撮り風に、ちょっと可愛く仕上げたつもりです。 【リバウンドしないために】 ・ゴミ出しをさぼらない ・床にモノを置かない ・出したらしまう(モノの定位置を守る) ・無駄なモノを買わない ・モノを買う時は、必ず収納場所を考えてから買う ・部屋のカーテンやシャッターを閉めっぱなしにしない ちょっと大変そうに思えるかもしれませんが、汚部屋になってしまった時の苦労に比べれば、全然どうということはないレベルです。 ちょっとだけ我慢して続ければ習慣になり、綺麗な部屋を維持できます。 まとめ(自力で片付ける場合) 汚部屋になってしまった場合は、まず、たくさんあって場所を取っている「邪魔ものベスト3」を片付けます。 これができれば、徐々に床が見えてくるはずですし、自信も出てくるでしょう。 その次は、エリアごとに細かいものを片付けていきます。 エリアの決め方は、あなたが一番片付けたい場所で良いと思います。 業者にまかせるという選択肢もある 業者にまかせて早くリセットするという選択も、もちろんアリです。 それぞれのメリット、デメリットを比較して決めましょう。 自力で片付ける場合 【デメリット】 ・費用が高額になる ・業者選びに悩む ・簡単に片付くので、リバウンドの危険性が高まるかも 時間に余裕がない場合、体力に自信がない場合は、業者にまかせる方が良さそうです。 予算の範囲内で、部分的にやってもらうのもアリだと思います。 業者の選び方 ざっくりですが、業者選びのポイントをご説明します。 ホームページなどで実績を調べてください。 適正に処分されることを確認してください。 その市町村の一般廃棄物収集運搬許可を持っているか、許可業者と提携して作業をするなら大丈夫です。 キャンセルの取り扱い、追加費用が発生する条件も明確であるべきです。 おまけダウンロード「整理収納の基本技」 整理収納の仕方がわからないとお悩みの方のために、「整理収納の基本技」をダウンロードできるようにしてみました。 整理収納アドバイザー1級でもあるYouTube編集担当の作です。 片付けが成功し、あなたがステキなお部屋でステキな生活をお過ごしになれますように! もっと詳しく知りたいと思われた方は、次のブログもどうぞ。 片付けトントンは、ゴミ屋敷・汚部屋の片付けを承っています。 自力で片付けるのが難しい場合は、お気軽にお問い合わせください。 サービスエリアは愛知県内(一部地域を除く)です。 詳細は、をご覧ください。

次の

東京のお部屋片付け業者おすすめランキング 厳選10【口コミ有り】

部屋の片付け 業者

特に、 使ったものを元の場所に戻さないのは、部屋が散らかって「汚部屋」になる最大の要因です。 また、 もったいない精神が強すぎるのも、部屋に物が溢れかえる原因になることを覚えておきましょう。 ここで注意しておきたいのが、 ADHDやうつなどの発達障害・精神疾患の場合、「片付けられない」という症状がでることがあります。 その場合には、専門機関を受診することをおすすめします。 片付けられない汚部屋に住むのはデメリットしかない 冒頭でも述べたように、 汚部屋での生活はデメリットしか生まれません。 以下の例に思い当たる節がある場合、あなたの部屋はすでに「汚部屋」になっているかもしれませんよ。 特に引越し時には、荷物が多いと大きなトラックになったり、引っ越し作業員も増えたりと、費用がかさみます。 また、引っ越し作業の多くは、自分自身で荷物をダンボールに詰め込むため、物の数が多いとそれだけ荷造りの手間もかかってしまいますよね。 しかし、部屋がすっきりと片付いている状態だと、引っ越し時の負担はもとより、上記で挙げたデメリットをすべて回避することができます。 また、部屋が片付いていると掃除もしやすくなり、 アトピーやアレルギー、喘息などの病気を防ぐことも可能です。 毎日を過ごす部屋は、すっきりと綺麗で清潔な方が良いですよね。 ここからは、 部屋を片付けられない人が汚部屋から卒業するための「3ステップ」をご紹介していきます。 たった3つのことを意識して行うだけで、汚部屋から卒業できますので、ぜひ挑戦してみてください。 どうしても捨てるのが勿体無いというものは、 「メルカリ」などのフリマアプリを利用して売却しましょう。 フリマアプリは慣れてくるとお小遣い稼ぎができ、物の処分が楽しくなってくるのでおすすめですよ。 そして、物が減らせればもっと小さな部屋に引っ越して、家賃を浮かせることも可能です。 実際に、 片付けを極めて家賃を下げたライターがいますので、気になった方は下記の記事を読んでみてくださいね。 <関連ページ> 片付けのコツやポイントを解説 ここで、 片付けのポイントを具体的に伝授していきます。 汚部屋から卒業すると心に決めた方は、ぜひ参考にしてください。 「片付けを極める」には、不必要な物を把握することが大切です。 そして、「必要な物」と思っても、 半年〜1年以上使用していない物は処分しましょう。 それだけ長い期間使用していなければ、今後もほとんど使う機会はないと考えられるからです。 また、 新しく物を買ったら、すでに持っている何かを1つ処分するのも、物を増やさないための方法です。 具体的には、洋服を1着買ったら、古い洋服を1着処分するというように、同じジャンルの物を処分するとよいでしょう。 さらに、「人からもらった思い出の品だから捨てられない」「勿体無い」と考えているものに関しては、写真に収めるのがおすすめ。 大切な方からもらった手紙や品物は、ずっと残しておきがちですが、 スマホの写真に撮ってデータ化すれば、いつでも場所を選ばず見返すことができますよ。 下記の3記事は、『片付け』について深く学べます。 片付けに興味がわいてきた方は、チェックしてみてくださいね。 大切なのは、整理整頓して上手に収納することです。 ただし、 収納アイテムが多過ぎても、かえってごちゃごちゃしてしまうのでNG! ここで紹介する収納のコツやポイントを参考にして、すっきりとした収納を実践してみてくださいね。 ニフティ不動産では、以下で「片付け」に関するさまざまなコラムを紹介しています。 どの記事も写真付きで分かりやすく解説していますので、すぐに真似できるものばかりです! <関連ページ>をチェック 収納のコツやポイントを解説 「収納しなくちゃ」と分かっていても、 「何を」「どうしたら良いのか」分からない方も多いでしょう。 収納アイテムは便利ですが、使いすぎると収納アイテムだけで幅を取り、かえってお部屋が狭くなってしまう場合もあります。 自分に合わない収納方法だと長続きせず、綺麗な状態を保てません。 そして、収納する際には100円ショップや生活雑貨店などで販売されている 「収納ボックス」などを上手に活用しましょう。 収納ボックスは、色や形を揃えてお部屋に統一感を持たせると、スッキリした印象になりますよ。 この時に注意したいのが、 収納アイテムを用意しすぎて逆にスペースを取ってしまうこと。 収納アイテムは、小物を入れておくなど要所でのみ使用することをおすすめします。 さらに、床に物を置かないようにすると、部屋が散らかりにくくなります。 最近では、 100円ショップでも賃貸の壁につけられるフックなどが販売されていますので、活用してみてくださいね。 「きれいな状態を維持するのは難しそう…」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、先にご紹介した 「片付けのポイント」「収納のポイント」を徹底していけば、自然ときれいな状態が保たれていくはずです。 だからこそ、自分の生活習慣を大きく変えてはいけないのです。 毎日続けることが大切なので、慣れないことをするとすぐに疲れてしまいます。 まずはできそうなことから、チャレンジしてみましょう。 物が減って部屋の余白が広がると、きっと掃除も楽しくなりますよ。 ニフティ不動産では、掃除に関するコラムも公開していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 <関連ページ>をチェック 部屋をきれいに保つコツやポイントを解説 ここで、部屋をきれいに保つポイントをご紹介します。 そうすることで、「出しっ放し」が減り、部屋が散らからずに済みます。 そして、元の場所に戻すということは、 物の「住所」を決めておくということ。 具体的には、「リモコン類はテーブルの上」「財布はバッグの中」など、使った後の定位置を決めます。 物の「住所」を決めておけば、物を失すこともなくなり、探す手間も省けますよ。 また、 「床に物を置かない」というポイントも大切です。 床に物が置いてあると、それだけで部屋が散らかって見えてしまうからです。 「リュックやバッグは必ずクローゼットに入れる」などと決めて、床に置いておくのを避けましょう。 最後に、 「物を溜めない意識をする」のも重要です。 お菓子の缶をとっておく癖がある方は要注意! すぐに収納などに使用する場合は良いですが、半年〜1年経っても使用していなければ、今後も使用する可能性は低いので、どんどん捨てていきましょう。 以上のポイントを常に意識・実行すれば、部屋をきれいな状態に保てるはずですよ。 「どうしても物が増えてしまい、片付けられない・捨てられない…」という方は、 ネット宅配型のトランクルームを利用してみてはいかが? 一度部屋から物を出して、別の場所に保管しておけば、本当に必要なものなのか判断しやすくなりますよ。 <関連ページ> ・ ・ 片付けられないなら、家事代行や引っ越しという方法もある 【ステップ1】…本当に必要なものを見極めて、不要なものを「捨てる」 【ステップ2】…収納アイテムを活用し、上手に「収納する」 【ステップ3】…ステップ1と2を意識しながらきれいな状態を「保つ」 また、 「自分一人では片付けられない」「誰かに手伝って欲しい」と感じる方には、「家事代行サービス」をおすすめします。 家事代行サービスでは、通常の家事はもちろん、部屋の片付けも指定をすれば可能です。 業者によってサービス内容が異なるため、利用するときにはあらかじめ確認しておきましょう。 家事代行サービスは、 1回あたり5,000〜10,000円が費用相場で、時間制限がある業者がほとんど。 片付けに行き詰まった方や、きっかけをつくりたい方は、検討してみてくださいね。 思い切って収納の多い物件に引っ越しという手もある 「今の住まいは、収納スペースが狭くて上手く片付けられない…」とお悩みの方は、これを機に思い切って引っ越しされてはいかがでしょうか。 ニフティ不動産では、 142項目の「こだわり条件検索」が行えるようになっています。 「クローゼット2ヶ所」「床下収納」「ウォークインクローゼット」など、収納にこだわって物件を検索できますよ。

次の