くそ っ 貧乏 だ。 貧乏人ほど宝くじをたくさん買うことが判明…この結果に人々の反応は:らばQ

貧乏ゆすりが大っ嫌いなんです!

くそ っ 貧乏 だ

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます ナウルなどを「くそ貧乏長屋」 百田氏、勉強会で発言:朝日新聞デジタルはてなブックマーク - ナウルなどを「くそ貧乏長屋」 百田氏、勉強会で発言:朝日新聞デジタル プレビュー ナウルなどを「くそ貧乏長屋」 百田氏、勉強会で発言:朝日新聞デジタル の「」で、の氏がを持たない、、など... 続きを表示 の「」で、の氏がを持たない、、などを名指しして「。 とるも何もない」などと述べてとが、の出席者へので分かった。 出席者によると、氏はにも同様のをしたとの経緯の中で述べた。 「は防犯用の鍵だ。 を持っていない国はたった26カ国」と語り、のを強調。 その上で「の小島。 とかとか。 なんか、もう沈みそう。 家で例えれば。 とるも何もない」「は年中、氷。 もない。 そんな国、誰がとるか」などとした。 参加は笑いが起きた。 にはが出席。 氏はで「(氏の)講演が終わったところで退出した」と述べており、30日ののにも講演部分はまで出席していたと認めた。 ブックマークしたユーザー•

次の

ナウルなどを「くそ貧乏長屋」 百田氏、勉強会で発言(朝日新聞) 赤かぶ

くそ っ 貧乏 だ

いまさら御からいったい何を教えてもらおうというのか?という気もせんではないが、 まあ、百ちゃんから何か生産的意見を引き出そうという、正気を疑う勉強会に比べれば、まだはるかに人選は理性的ではある。 の若手議員らによる「過去を学び『分厚い保守政治』を目指す」が1日、国会内で勉強会を開き、約20人が参加した。 講師に政治学者の東大名誉教授を招き、冒頭のみ公開された。 共同代表のらによると、沖縄についての質疑があり、御厨氏は「沖縄には(1879年)から始まる、ベストな解決策を考えるには非常に難しい長い歴史がある」と述べ、沖縄の歴史を学ぶ必要性を強調した。 この勉強会を巡っては先月、漫画家の氏を招いて開こうとしたところ、党幹部から見合わせるよう要請があり、中止となった経緯がある。 しかし、この長ったらしい名前のセンスは何とかならんのか?という気はする 笑。 「」みたいに古典からカッチョイイ文言を引っ張ってくるとか、理想としてるかどうかは知らないが、オールドを気取るなら、あたりにちなんだネーミングとか。 対して「 文化芸術懇話会」も、そうとうカオ真っ赤なネーミングである。 もちろん政治に文化も芸術も無関係ではないけれど、近代政治とはまずは経済であり算術だ。 そもそも、いきなり 文化とか芸術とか言い出す政治家や政治評論家に限って、足し算掛け算の能力すら怪しいパターンが多い。 いや、知性に自信がおありなら、 文化でも芸術でも結構だが、じゃあ「」なり「文化」なり「イタリア」なりと「21世紀の日本政治」をからめた(ホンモノの)勉強会でもやってくれるというのなら、賞賛は惜しまない。 しかし、よりにもよって、呼んで来た先生が「永遠のゼロ」である。 21世紀日本における、 文化とか芸術とかは、こういうレベルを指すのか? その百ちゃんグループの発言も、保存を兼ねて張っておこう。 25日に開かれた文化芸術懇話会で出た主な意見は次の通り。 先生なら沖縄のゆがんだ世論を正しい方向に持っていくために、どのようなアクションを起こすか。 人がどう目を覚ますか。 あってはいけないことだが、沖縄のどっかの島でも中国にとられてしまえば目を覚ますはずだ」 「もともとは田んぼの中にあった。 周りに何もない。 基地の周りが商売になるということで、みんな住みだし、今や街の真ん中に基地がある。 騒音がうるさいのは分かるが、そこを選んで住んだのは誰やと言いたくなる。 基地の地主たちは大金持ちなんですよ。 彼らはもし基地が出て行ったりしたら、えらいことになる。 出て行きましょうかと言うと『出て行くな、置いとけ』。 何がしたいのか」 「沖縄の米兵が犯したレイプ犯罪よりも、全体で沖縄人自身が起こしたレイプ犯罪の方が、はるかに率が高い」 「政治家というのは、理念、信念、大事ですが、言葉が大事だ。 戦争と愛については何をしても許されるという言葉があるが、政治家もある程度『負』の部分はネグったらいい。 いかに心に届くか。 その目的のためには多少……もちろんウソはダメですが」 6月25日に行われた若手議員の勉強会「文化芸術懇話会」で、講師に招かれた作家の氏が軍隊を持たない、、ツバルなど南太平洋の数カ国を挙げ「くそ貧乏長屋」と述べていたことが分かった。 勉強会の出席者によると、百田氏は講演の中で「軍隊は防犯の鍵」と指摘した後、南太平洋の島国について「泥棒が入っても、とるものがない貧しい家」などと発言した。 出席したは6月26日、「(百田氏の)講演が終わったところで退出した」と国会で答弁した。 どうも、百ちゃんは、 、、ツバル、など、南洋の土人国がお嫌いのようだ。 「沖縄の米兵が犯したレイプ犯罪よりも、全体で沖縄人自身が起こしたレイプ犯罪の方が、はるかに率が高い」 もしも、この「 沖縄人」の正体が日本人ならば、日本人は米兵より強姦魔が多いことになる。 それこそ日本人への誹謗中傷、・発言である。 それはありえない。 つまり百ちゃんは 「強姦好きの 沖縄人 は、清廉潔白な日本人ではありえない。 別の民族である」 という認識である。 私も同意見だ。 私は百ちゃんのご意見に肯けないことが多いが、 、、ツバル、を劣等種族として同一視している部分は、大いに賛成である。 は、たまたま、文明と日本文化に近接していたから、影響をモロに受けて無理やり「文明化」したが、人の民族的本質は、 、、ツバルあたりの土人とほとんど変わらないと思う。 基本、フンドシ一丁で、椰子の実をゆすって、魚を銛で突いて、祭りの日にはブタを丸焼きにする、スコールが来たら昼寝する、2ケタの四則演算は不要な日常、嬉しいにしろ悲しいにしろとりあえずみんなで踊る 笑 、そういうライフスタイルがピッタリで、日本人のように、精密機器を大量生産したり、難しい学問をしたり、巨額の金銭を動かしたり、そういう高度なことにはまったく向いていない。 本来の人に2ケタ以上の四則演算は苦痛だ。 私の体を流れる祖先の血がそう語っている。 逆に御のご意見には若干異論がある。 御厨氏は「沖縄には(1879年)から始まる、ベストな解決策を考えるには非常に難しい長い歴史がある」と述べ、沖縄の歴史を学ぶ必要性を強調した。 とヤマトのややこしい関係は、その約270年前、1609年の「己酉の乱」、ヤマトでいう「入り」(薩摩島津家による侵略)から始まっているのだ。 戦争で薩摩に奪われた、にとっての()は、 ロシアに奪われた、ヤマトにとっての とはケタが違う。 の領土規模からいえば、北海道丸ごと奪われたまんま、みたいなもんだ。 本質は努力嫌いの南洋土人なのに、とヤマトに近い、という的な理由で、確かに恩恵も受けてきたが、アメリカ軍も受け入れざるを得なかった。 ある意味、とは「不幸な場所にある 、、ツバル」なのである。 踊って、食って、昼寝して、観光客の捨てゼニで暮らせていければ最高だったのに、政治なんていう厄介なモノを考えることを強制されてきた不幸な土人の末裔が、ここにもいる。 nationoflequio.

次の

百田尚樹氏、ナウルなどを「くそ貧乏長屋」 よく使う持ちネタだった

くそ っ 貧乏 だ

ナウルなどを「くそ貧乏長屋」 百田氏、勉強会で発言 朝日新聞デジタル 6月30日 火 22時36分配信 自民党の勉強会「文化芸術懇話会」で、作家の百田尚樹氏が軍隊を持たないナウル、バヌアツ、ツバルなどを名指しして「くそ貧乏長屋。 とるものも何もない」などと述べていたことが、複数の出席者への取材で分かった。 出席者によると、百田氏は過去にも同様の発言をしたとの経緯の中で述べた。 「軍隊は防犯用の鍵だ。 軍隊を持っていない国はたった26カ国」と語り、防衛力の必要性を強調。 その上で「南太平洋の小さな島。 ナウルとかバヌアツとか。 ツバルなんか、もう沈みそう。 家で例えればくそ貧乏長屋。 とるものも何もない」「アイスランドは年中、氷。 資源もない。 そんな国、誰がとるか」などと発言した。 参加議員からは笑いが起きた。 勉強会には加藤勝信官房副長官が出席。 加藤氏は衆院特別委員会で「(百田氏の)講演が終わったところで退出した」と述べており、30日の朝日新聞の取材にも講演部分は最後まで出席していたと認めた。 : どこぞの国の外務省という役所のサイトに 第7回太平洋・島サミット(PALM7) というのがある。 だそうだ。 とるものも何もない」 と名指しされた国の首脳と、そのどこぞの国の総理大臣でアベシンゾーというのが会談したとある。 官房副長官といえば、名前を直接言及することが憚られるときには「政府高官」と呼ばれ、逆に政府高官というだけで誰だか見当がつけられてしまうほどの重い身分だ。 百田の話の内容は、そのどこぞの国の国策を著しく貶めるているわけなのだが、それを黙って聞いていた「政府高官」様は、いまごろは責任を問われて公開処刑されているのだろうな。 なに、まだ処刑されてないとな? むむ、島サミットとは、そのどこぞの国の対中国戦略の一貫であると聞いておるのだが、かくも中国を利する政府高官がおめおめ生きておられるなど奇怪至極なことに見ゆる。 が、聞くところによると、そのどこぞの国はバカしか住んでないとのこと。 そうであるならば、妙に納得できる話ではある。 : 百田は「言論の自由」と言うけれど、「自由」と「勝手」は違う。 自由にはルールがある。 言っていいことといけないことがある。 相手国に対して、こんな失礼なことを言っていれば、いずれ国際社会で孤立することになるではないか。 せっかく親日国で、今やだんだん少なっている日本に対する友好国を失うことになるではないか。 安倍一派&ネトウヨは、アメリカだけに気に入ってもられえればいいと思っているのか。 アメリカの威を借りる日本なんて、世界中の嫌われ者になるだけじゃないか。 これから超少子高齢化国になり、どんどん国力が落ちていく日本なのだから、なぜ世界のいろいろな国と仲良くしようという気がないのかね。 本当に情けないし恥ずかしい。 この人は作家でありながら、そんなことも分からないのか。 逆のことを自分が言われれば、安倍一派のように「捏造だ」とか「レッテル貼りだ」と言って逆切れするのだろう。 百田の言っている事を聞いていると、ここでデマを毎日飛ばしている「4153」と同じに見える。 百田尚樹がマスコミに批判されているのを見て、「表現の自由」が侵されていると主張する人がいる。 これは間違っている。 百田尚樹が沖縄の新聞を潰せと言うのは、民間人が表現の自由を行使しているのだから勝手である。 だが、マスコミ・民間人がこれを批判するのも言論の自由を行使しているのだ。 民間人が民間人を叩くのは自由だから、在特会が罵詈雑言のヘイトスピーチで在日朝鮮人を叩くことを禁じることが出来ない。 サカキバラ元少年Aが被害者をあざ笑うのも言論の自由を楯にしているから困ったものだし、 当然、それを叩くマスコミも言論の自由を行使しているのだ。 わしはヘイトスピーチも元少年の出版物も、「公共の福祉」に反していると思うが。 つまり憲法21条の「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」という条文を守るのは、権力の側なのである。 憲法は国民が国家権力を縛るためのもの、という立憲主義の本質が未だに分かってない人がいるのが問題だ。 なんと、自民党議員の中にも、表現の自由を守るのは自分たち権力者だと知らない者が多い。 例の百田を呼んだ妄言勉強会の連中である。 自民党の議員はネトウヨがバッジつけてるだけのバカが実に多いのだ。 安倍首相からしてネトウヨがコアな支持者だから、その配下の議員たちが立憲主義を知ってるはずがない。 だから勉強会でマスコミの潰し方、言論の自由を抹殺する方策を出し合ったりするのだ。 大西議員のような権力者が、スポンサーを利用して、朝日新聞を潰せというのは、 政府批判を委縮させてしまう効果があるから、憲法違反なのである。 それでなくても、最近の大手新聞やテレビは、安倍政権批判を若干手控える傾向がある。 「NEWS23」は権力監視の使命をよく全うしていると思うが。 今の状況は、とことんマスコミへの権力の干渉を批判する論調が必要である。 百田が批判されるのは、権力と結びつく人間だからである。 ネトウヨ化した権力者たちを扇動する危険性があるからである。 立憲主義の何たるかを知らない権力者、言論の自由を弾圧しようとする者は、国民の敵だからである! 15. 権力者がメディアを「懲らしめようという気はある」と公言しているのだから、今後も警戒しなければならない。 こんな馬鹿は選挙民が「懲らしめる」べきだろう。 わしはイラク戦争を支持したメディアや言論人を「懲らしめたい」と思っている。 実際それは行動に移すし、先日、沖縄で放送された「朝まで生テレビ」でも森本敏と山本一太を懲らしめてやった。 今後もイラク戦争を支持し、そのことを未だに反省してない卑怯者を懲らしめてやるつもりだ。 わしは権力者ではないから、こんな発言をしても「表現の自由」で守られている。 御注進外交で日本と中韓の外交関係を歪めてしまった朝日新聞は、もう懲らしめ終わった。 また何か国益を害することをしたら、その都度、懲らしめる。 だがわしは「潰せ」とは絶対に言わない。 公的領域を担保するために「生き残れ」と言う。 朝日は先日も米プリンストン大学のリチャード・フォーク氏のインタビューなど、大変面白い記事を載せている。 このような知性が読売・産経新聞にはない。 イラク戦争以降は、わしが懲らしめるべきメディアは、読売新聞・産経新聞になったのだ。 奴らはイラク侵略戦争で膨大な無辜の民の命を奪うことを支持したことに、良心の呵責を一片も感じていない。 まるでサカキバラ元少年Aのような連中だ。 そしてイラクの崩壊によりイスラム国の台頭を許すことになった罪を、読売・産経は償わない。 さらにアメリカの経済を疲弊させ、今後10年で50兆円の軍事費削減の穴埋めを、日本に負わせる安保法制を支持している。 読売・産経は、「戦後レジーム」を完成させる「売国新聞」であり、国家の尊厳を傷つける「反日新聞」である。 このように「反日」も「売国」も、「懲らしめるべきメディア」も、視点によって違うのだ。 大西英男や百田尚樹ら、自称保守やネトウヨの視点など、劣化した感情論に過ぎない。 懲らしめるべきは、従米主義者どもである! 18. : 親は、わが子が殺人犯になるくらいなら、家に引きこもってくれる方がマシだろうな 貧乏長屋。 だから何? 一生払っても返し切れないような借金抱えて豪邸に住んで、家族はギスギス不仲で、家政婦だか主人だかわからないような暮らししてる奴、羨ましいか? 地元の選挙民、っていうか、投票する奴は相当馬鹿だと思うよ、 ぽっと出の新人じゃナシ、こういう奴だってわかってるから投票してんだろ? 最近、こばやしよしりんが時々かなり「まとも」に見える。 AKBオタなのはこの際だから大目に見よう。 ゴーマニズムが出だした頃は、お下劣おぼっちゃま君のくせに偉そうに、と思ってたが、大嫌いだったが、 どうしちゃっんだよしりん。 恋の病か?褒めてるんだよ。

次の