ゴールドエクスペリエンスは今発現する。 ジョセフ・ジョースターは最強?ジョースター家で最強なのは?独自1位を考察!

ゴールド・エクスペリエンス(ジョジョの奇妙な冒険)

ゴールドエクスペリエンスは今発現する

6歳になったとき、俺のそばに佇むように、それは現れた。 人型のマネキンのような滑らかな肢体は金色をしており、体のあちこちに謎の球体が埋め込まれたような丸みを帯びた外見をしている。 明らかに人間ではない。 これはスタンドだ。 その名の通り、いつもそばに寄り添う存在ーースタンド。 そうゴールドエクスペリエンスである。 あちゃー、とうとう出てきちゃったかぁ。 という感じだ。 ジョジョにおいてスタンドの発現は精神力に依存するため、人によりその時期はまちまちだという記述があった。 転生した俺は、精神はすでに成熟しているはずだから、最初からいるのかと思ったけどスタンドの姿は、これまで影も形もなかった。 なので、違うかもって期待していたのだが。 ーー神様だの芸能界の闇だの、俺がレクイエムされるだのとか、全部冗談だったのかも、と。 しかし、こうして記憶もって転生してるんだし、甘かったな。 楽観が過ぎたようだ。 神はいたし転生もした。 そしてスタンドもあった。 つまりこのままでは、俺は本当にゴールドエクスペリエンスレクイエムされてしまうのだろう。 転生後の俺の名前は、「円谷こがね」という。 そう、なぜか女の子になっていた。 いわゆるTS転生である。 は? なんで女!? なんでTSしてんの!? 意味のないTSはヤメロ!! 混乱しつつも泣き喚いた声は、オギャーに変換された。 最初はめちゃくちゃ混乱した。 しかし6年も経てば流石に慣れる。 というか達観する。 このTSに意味はあるんだろうか……とか考えたりもしたけど、あの神のことだから何も考えてなかったのかもしれん。 男の俺がメンバーに近づくのが許せん、とかいう身も蓋もない理由もありえる。 しかしバンドリ世界で行動することを思えば、女の子であるのが一番かもしれない。 作品の舞台は花咲川女子学園高校ーー女子校だ。 ゴールドエクスペリエンスを使ってポピパを守るというのなら、同じ高校に通えねば話にならんからな。 改めてゴールドエクスペリエンスをみてみる。 しかし俺を見下ろすその眼差しには、どこか優しさがある。 ゴールドエクスペリエンスは成長すると作中最強レベルのスタンドとなり、禁断の力・レクイエムを手にいれる。 軟弱な俺の心に、最強の力が宿ってしまったということか。 俺に黄金の精神とかないんだが……。 今は優しげだが、神のミッションに失敗したら、こいつにレクイエムされちゃうんだろうか。 憂鬱だ。 Q:レクイエムされるとどうなるの? A:永遠に死に続けることになるよ! 永遠に「死」を与えられるとはそのまんまの意味で、殴られて死んだと思ったら、次の瞬間トラックに轢かれて死亡。 と思ったら次の瞬間海に落ちて溺死。 と思ったら次の瞬間爆弾が爆発して爆死。 と思ったら次の瞬間ーーといった感じで、本当に永遠に死に続けることになる。 終わりのないのが終わりと評されるのは、伊達ではない。 いうまでもなく極刑よりひどい最期となる。 13階段登った方がなんぼかマシだよ。 ジョジョでこれを食らったのは、ラスボスのディアボロさんだけである。 ディアボロさんは外道ギャングであるからレクイエムされるのはしょうがないにしても、これをパンピーの俺に食らわせるとかのたまうあの神こそが、真の外道ーー吐き気を催すほどの邪悪って奴なのではあるまいか……。 気を取り直して、ゴールドエクスペリエンスの基本スペックでも思い出してみるか。 ゴールドエクスペリエンスはスタンドの一種だ。 スタンド、それはジョジョの奇妙な冒険に出てくる、ある種の特殊能力の総称である。 スタンドは基本的に人型をしており、本体であるスタンド使いは自由にスタンドを使役することができる。 自由に等身大のマネキンを操作できると思ってくれればいい。 そしてこのマネキンは他人の目には映らない。 スタンドはスタンド使いにしか見えず、スタンドはスタンド以外から触れられないという性質もあるためだ。 つまり俺以外にスタンド使いのいないこの世界では、やりたい放題というわけだ。 ゴールドエクスペリエンスは、ジョジョの奇妙な冒険第5部の主人公であるジョルノ・ジョバーナが使用するスタンドのことだ。 俺はときめきエクスペリエンスと掛けたとかいう、たわけた理由でこいつを与えられたということになる。 スタンドにはその在り方に応じて特殊な力が宿っており、ゴールドエクスペリエンスの場合、それは生命の操作と創造だ。 無機物を殴ると、命ある存在に変えることできる。 それがゴールドエクスペリエンスの基本能力。 例えば、岩を殴ってカエルにしたりウサギにしたりだとか。 いろんな漫画で禁忌とされている生命の創造が、あっけないほど簡単にできてしまう。 鋼の錬金術師たちにみせたら発狂もんだよ。 改めて考えても超然的な力だ。 前部主人公の承太郎さんは、どんなスタンドも失った命は戻らない的なことを言っていたが、こいつの力を考えるといてもおかしくないような……まぁ、それはいいか。 死者の蘇生とかは、できないみたいだしな。 その代わり部分的な生命創造もできるので、失った腕を再生するとかはできる。 しかしこんな力があるとはいえーーこれでポピパを守れか……。 芸能界の闇と戦うとかどーすりゃいいんだ。 「守る」の意味が気になる。 ただ側でボディーガードするだけとかじゃダメなんだろうな……。 幸い今は6歳児。 時間だけはたっぷりと与えられている。 とりあえず今後の方針を整理しよう。 ・メンバーに会う。 ・メンバーを守る。 ・バンドを結成する。 ・ときめきエクスペリエンスを演奏してもらう。 1点目のメンバーに会わなきゃいけないのは言うまでもないだろう。 原作に沿うなら、花咲川女子学園高校に入学しとけばオッケーと思うかもしれないが、ことはそう単純じゃない。 2点目にからめて考えて欲しい。 2点目ーーメンバーを守る。 これは生命はもちろん、おそらく純潔的な意味でも守らなければならない。 何を言っているかというと、 君たちは、花園たえがクライブに連れてきたのがウサギではなく、本当のボーフレンドだったとしても許せたかな? ということである。 多分アニメのあのシーンで、たえが連れてきたのが本物の彼氏だったとしたら、暴動じゃすまなかったのではないだろうか。 すなわち、ファンが暴れ出し、ネットは炎上し、DVDが物理的に割られた動画がようつべにアップされるのが火を見るよりも明らかだったろう。 これはアニメヒロインのいわば宿命なので、仕方のないことだが重要なことだ。 でも現実的に考えてーーつまり芸能界の闇さんが仕事したら、どうなるか? 神も言っていたが、あんな可愛い子たちが高校まで誰一人として恋愛を経験してないとは、とても思えない。 そんなメンバーを集めてポピパを結成できたとしても、それはポピパといえるだろうか? 「5人合わせてPoppin'Partyです!いぇ~い!!」ってライブ挨拶した時、俺は遺影になってる気がする。 全世界のバンドリファンが許さんのと同様、あの神も絶対許さんぞ……間違いなくレクイエム案件になる! だから彼女たちと会うのを、高校入学とか待ってられないわけ。 俺は一刻も早く彼女たちに会い、花につきまとう虫けらどもを、薙ぎ払わなくてはならないのだ。 そうして無事メンバー集結することができたら、ポピパを結成し『ときエク』を歌ってもらう。 そうすれば晴れてミッションコンプリートだ。 しかし集結したからって原作通りの流れでバンドって結成してもらえるんだろうか……ここは様子をみて、高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に対処するしかないな。

次の

【ジョジョ★】ジョルノのゴールド・エクスペリエンス・レクイエムってあれ以降常時発動してる事になるの?

ゴールドエクスペリエンスは今発現する

ジョルノと名付けられた子供は恐竜が遊び相手だ。 つかまり立ちを覚えた頃、ベビーサークルの中は知育おもちゃと小さな恐竜達と当たり前に入っていた。 絶対に噛むなと恐竜に命令する父は母と寄り添い平和な空間を見下ろすのだ。 両親に見守られながら広い屋敷の子供部屋のベビーサークルはジョルノだけの世界だった。 「さぁジョルノ、私の可愛い子、もうお昼寝の時間よ」 母の言葉で恐竜達は一斉にサークルから飛び出し父の下へ集まる。 ベビーベッドを新しいシーツに取り替えるまで待っていてねと洗い立ての清潔なシーツを準備して母が笑う。 普通なら乳母がやるような子供の世話は、この屋敷では妻が当たり前にやる。 自分の母乳で育てたし夜泣きもあやしておしめも取り替えた。 乳母はいるにはいるが、若い乳母より孤児院で大勢の子供を見ていた母の方が慣れていた。 なにより自分の手で育てたい母の気持ちを父は無碍にしなかった。 子供には母親の愛情や温もりが必要だと理解しているからだ。 とはいえジョルノのお昼寝タイムは夫婦の時間でもある。 父はお茶の用意を召使いに指示するため子供部屋を出て行った。 母がベビーベッドのシーツを整えていて、少しベビーサークルからほんの少し目を離していた瞬間、突然ジョルノが泣き声を上げた。 「ジョルノ!? 」 けたたましく泣く我が子の小さな腕に、恐竜が一匹噛みついていた。 ベビー服には血が染みている。 母はジョルノ以上に怒りの大声を上げた。 「ディオォーッ!!!!!! 」 恐竜を摘まむとどうやらスケアリーモンスターズではないことがわかった。 スケアリーモンスターズは本体に命令された事は絶対守る。 本体はもちろん恐竜達にはジョルノや妻を噛むなと命令しているが、この恐竜はジョルノを噛んだし、今も本体の事を噛みつこうとする。 それに元の生物に戻そうとしても戻らない。 有り得ないことだけど本物の恐竜ということになる。 どうしてここにいるのかわからないが元の生物に戻せない以上スケアリーモンスターズの餌にして処分した。 泣いていたジョルノは母に傷を治して貰い、おしゃぶりを咥えてベビーサークルの中で大人しくしている。 母は本物の恐竜がいるはずないと父を責めたが父はスケアリーモンスターズではないと確信が持てる。 ケンカになりそうな両親の気持ちを敏感に感じ取ったジョルノは、ベビーサークルを掴んで立ち上がった。 「あぅう…」 ジョルノの声にお昼寝を思い出した母はベビーサークルからジョルノを抱き上げようとして違和感に気付いた。 咥えていたおしゃぶりがない。 ベビーサークルの中にも落ちていない。 「おしゃぶりがない」 「落ちているんじゃないのか」 「落ちてるのはおしゃぶりじゃない、花が落ちてる」 ジョルノの足下には赤い花が一つ落ちていた。 本物の花は今の今までここになかった。 部屋にも飾っていない。 恐竜に続いて花まで現れれば父もその現象を危険に思う。 「まさかスタンド使いが!」 「スケアリーモンスターズ!! 付近に敵がいないか探せ!! 」 数匹の恐竜が父から飛び出す。 そして父は母をいつもとは違う知らない名前で呼んだ。 「ホットパンツお前はジョルノのそばにいろ!! 」 部屋の様子を警戒していた母がベビーサークルのジョルノの様子を見ると、ベビーサークルが蔓に囲まれていた。 その蔓はジョルノの小さい手から伸びている。 小さな小さな足で立っているジョルノの後ろには、黄金の赤ん坊のスタンドが見えた。 「まさか、これはジョルノが……ジョルノはスタンド使いッ!」 赤ん坊のころにスタンド能力が発現したジョルノは自分の力を制御することなくあらゆる物に命を与えて生物を生み出したが、その生物はジョルノを傷つけることもあった。 スタンド能力がない普通の人間に世話は任せられず、しばらくは両親のみで通常の世話とスタンド能力の始末をしていたが昼夜問わないジョルノのスタンド攻撃に耐えられず、何人かのスタンド使いがブランドー家の使用人に雇われた。 多数のスタンド使いに見守られながら成長するにつれて赤ん坊だったスタンドも姿が大人へ近付いて、もうジョルノがスタンドを暴走させることはない。 今では思い出したようにそのあたりの物に命を吹き込み焼却できないゴミを草木にして自然に返すことにしか使わない。 「マードレ!ここにある箱の中身を返せばいいんですか?」 母は思い立ったように掃除をし始めた。 いらないものが箱の中にあるから、自然に返すようにいわれて引き取りに来たが肝心の母は本棚の整理で忙しくハタキを振り回している。 貴族って普通は掃除しない気がするが、父が何も言わないのだから問題ないんだろう。 チェストの上の明らかなゴミが入った箱を持つと、隣にあった置き時計の影に黒い丸い物体があった。 何か動物の人形のようだが、真っ黒に汚れて結べるように付いていた紐もボロボロに千切れている。 箱から落ちた分だろうか。 「マードレ!これもゴミですよね?」 ハタキを振り回していた母はジョルノの手の中を見て黒い物体を、すぐさま取り返した。 「これはダメ!」 「ゴミじゃないんですか?」 「違うわ。 これは絶対に捨てられないの」 「汚いじゃないですか」 「古いものよ。 とても」 黒い物体は大事そうに母の手に包まれた。 もちろん黒い物体に興味が湧いた。 「それは何ですか?教えてください」 「……息子には教えられないわ」 娘だったら教えていたかも知れないわね、と母は黒い物体を鍵付きの引き出しにしまってしまった。 娘だったら教えて息子に教えられないとはどういうことだろう。 腑に落ちないままジョルノが箱を持って庭に出ると父が馬車から降りるところだった。 「お帰りなさいパードレ」 「ジョルノ……掃除か?」 「マードレがです」 ジョルノはあの黒い物体が何か父なら知っているかも知れないと思い、物体の話と母の反応と娘はよくて息子はだめだという話をした。 心当たりがあるのか、父は笑いをこらえてニヤニヤしていた。 「何か知ってるんですか?」 「あぁ、知ってる。 息子には話せないなんてアイツも可愛いな」 「教えてください!」 「知ってどうするんだ。 お前にはまだ早い」 「早い?どういうことですか?」 「口説きたい女が出来たら教えてやる」 父はそういうと屋敷の中に入っていった。 どういうことなのか全然わからないまま、ジョルノは人がいない庭の外れで箱の中身をひっくり返した。 あれはきっと両親の思い出の品なんだろう。 レースで必要だったものか、それで手に入れたものか。 まさか父に限って初めてのプレゼントがあんな物体だとは思えないけど。 まぁいつかまた聞けばいいか。 早く片付けて屋敷に帰ろう。 帰れば家族でアフタヌーンティーの時間だ。 「生まれろ…生命よ、新しい生命よ」 [chapter:ゴールドエクスペリエンス].

次の

人生はゴールドエクスペリエンス

ゴールドエクスペリエンスは今発現する

実際ニ起コル『真実』に到達スルコトハ決シテナイ! ゴールドエクスペリエンスもジョルノも説明が下手すぎて全然わかりません。 まるで読者が真実にたどり着けないようにしているかのような。 実は簡単な話しで、 真実を「 結果 」と言い換えれば肚落ちします。 実際、 ゴールドエクスペリエンスレクイエムのスタンド能力は「 結果にたどり着かせない 」こと。 ゴールドエクスペリエンスレクイエムだけでなくジョルノも説明が下手クソだし描写もややこしくてわかりにくい。 しかしスタンド能力としてのGERに焦点を当てればただこれだけのこと。 劇中に起こったできごとはすべて応用です。 具体的に、作中で使われたGER能力は下記のふたつの能力。 時間を巻き戻すことによる自動防御• 時間の巻き戻りを銃弾で表現したスゴいシーン。 ひとつめが ジョルノが攻撃されたとき「 攻撃された 」結果にたどり着けないよう時間を巻き戻す能力です。 どんな攻撃をしかけたところですべてが攻撃を開始する前に巻き戻されてしまいます。 自動的に発動する最強クラスの防御能力。 ジョルノが「 攻撃された 」結果にたどりつけないので、必然的にジョルノが敵に攻撃を受けることはありません。 攻撃そのものをなかったことにする完璧な自動防御システム。 ちなみにこの能力を使ったとき、ゴールドエクスペリエンスレクイエムはこう語っています。 死という結果にたどり着くことなく、死への過程を無限に繰り返される。 時間を巻き戻すのが防御能力に対し、もうひとつのGER能力は攻撃的なスタンド能力です。 死という結果にたどり着くことなく、「 死 」へ至る過程を永遠に繰り返す世界に閉じ込めること。 繰り返し繰り返し、死にたくなるほどの苦しさと死ぬほどの痛みを味わいながらも死ねない。 苦痛が無限に続く無間地獄のようなもの。 エグい。 終わりがないのが終わり、それがゴールド・E・レクイエム。 まさに、 終わりがないのが終わりのスタンド能力です。 推測ですが、これまでのゴールドエクスペリエンスの能力同様、対象を拳で殴る(手で触れる)ことで能力が発動する系統の能力なのでしょう。 この能力が発現する直前、ボスはゴールドエクスペリエンスレクイエムによって無駄無駄されています。 ブチャラティに一度だけ使って以来、なかったことにされた初期ゴールドエクスペリエンスのスタンド能力「 殴った対象は感覚が暴走して身体から意識が飛び出る 」に近いような。 アレもなかなか意味がわかりにくい能力でした。 今にも落ちてきそうな空の下で。 ジョジョ5部のテーマは過程 vs 結果です。 ボスを倒すために幹部になる「 過程 」で、殺されるはずだったトリッシュを見捨てられなかったブチャラティの精神は、まさしくなにより価値ある黄金の精神でした。 ほかにも作中のあらゆるところで過程を重視するブチャラティチームの黄金と例えられた精神が現れています。 過程というテーマがもっとも色濃くでているのが、アバッキオがメインのエピソード「 今にも落ちてきそうな空の下で 」です。 「そうだな…わたしは『結果』だけを求めてはいない 『結果』だけを求めていると人は近道したがるものだ… 近道した時、真実を見失うかもしれない やる気も次第に失せていく」 「大切なのは真実に向かおうとする意志だと思っている 向かおうとする意志さえあればたとえ今回は犯人を逃したとしてもいつかは辿り着くだろう? 向かってるわけだからな。 違うかい?」 実のところ、警官はアバッキオが警官だったころの相棒でした。 汚職のために窮地にたったアバッキオをかばい銃弾を受けて命を落とした彼です。 その彼が死んだアバッキオの前に現れ、君は立派にやったと称賛します。 ボスの正体を暴くために犠牲になったアバッキオはまさに、 勝ち目もなく無駄かもしれない正義の過程を志した者だったのです。 そして過程を飛ばし自分にとって都合のいい結果だけを拾ってきた無敵のボスは、過程だけが繰り返され死という結果にたどり着けない無間地獄に閉じ込められることになります。 ゴールドエクスペリエンスレクイエムのスタンド能力は、まさしくブチャラティチームの精神そのもの。 志半ばにして斃れた仲間たちにとって、これ以上ない レクイエム(鎮魂歌)になったのでしょう。 レクイエム化後もゴールドエクスペリエンスの能力は使える。 ちなみに、ゴールドエクスペリエンスはレクイエム化後もレクイエム化以前の能力、無機物に生命を与える能力も使えています。 殴った相手の意識を暴走される能力……? うっ、頭が…… つまり、いままで通り仲間の回復が可能ってわけです。 ジョルノ自身はゴールドエクスペリエンスレクイエムの自動防御があるから怪我することはないにしても、ファミリーの仲間はそういうわけにもいきませんからね。 やさしくして! 感じる!アッー! これで今後も安心して怪我できるよ! よかったねミスタ! いっぱいやさしくしてもらいな!! ちなみにレクイエム化によってスタンドパワーも各段に上昇し、ボスですら未来予測ができるキングクリムゾンのエピタフなしでは反応できないかレベルまでスピードもパワーも向上。 敵の攻撃は受け付けないし一発殴った時点で勝ちなんだから、そんなにパワーが必要なのか怪しいけれど。 まとめ:ゴールドエクスペリエンスレクイエムのスタンド能力+オマケ• ゴールドエクスペリエンスレクイエムのスタンド能力は「 結果にたどり着かせない 」ことの応用。 敵がジョルノに攻撃を仕掛けた場合、自動的に「 攻撃した 」結果にたどり着けない時を巻き戻される。 ゴールドエクスペリエンスレクイエムの攻撃を受けたボスは「 死 」という結果にたどり着けず、無限に「 死 」への過程だけを繰り返すことになった。 なんとも描写がわかりにくいGER能力と、同じくわかりにくいキングクリムゾンの時間を吹き飛ばすスタンド能力。 さらにワケわからないシルバーチャリオッツのレクイエム能力。 あまりにアクロバットすぎる矢の奪い合い。 これらがごちゃごちゃしてるせいでわかりにくいですが、意外とシンプルなんですよね。 ちなみに最後まで読んだけどやっぱわかんなかったってあなた、多分GERに殴られてますね。 アナタが理解トイウ真実ニダトリ着クコトハ決シテナイ! アリーヴェデルチ。 Advertisement 関連する記事• 2019. 11 本体死後に発動するとあるスタンド能力により窮地に追い込まれたジョジョ5部の主人公らジョルノご一行。 回復能力を持つジョルノの両腕ごと敵を飛行機の外へ追[…]• 2019. 11 ジョジョにおける最強スタンド候補の一角、キングクリムゾン。 しかし「 強いのはわかったけどなにがなんだかよくわかんねーよ! 」って方多いのでは? 人間[…]• 2020. 10 時を止める能力のザ・ワールドをスタンドに持つDIO。 同じ能力のスタープラチナに敗れ、のちに登場するゴールデンエクスペリエンス・レクイエムなどインフレ[…]• 2019. 本記事ではジョジョ4部のラスボス 吉良吉影のスタンド能力、バイツァ・ダストの対処方法と、仗助[…]• 2019. 01 新元号の令和が発表されて間もない今日このころ。 その陰で日本の重要文化財に新しく「 事情を知らない転校生がグイグイくる。 」が加わりました。 からかい[…] コメント (1件)•

次の