海の幽霊歌詞。 米津玄師 海の幽霊

米津玄師 海の幽霊

海の幽霊歌詞

曲中では「大切なことは言葉にならない」というラインを含んだ歌詞をつづり、映画のキャッチコピーである「一番大切な約束は、言葉では交わさない」にも通づる世界観を表現しています。 そんな楽曲です。 「海の幽霊」のジャケットイラストは、原作者である、五十嵐大介さんが描き下ろしたとのこと。 今までのジャケットはすべて米津玄師さん本人が書き下ろしたイラストになっていましたが、「海の幽霊」だけは初めて依頼したそうです。 このイラストを見ただけでも、壮大かつ繊細な世界観を感じることができます。 何とも神秘的で、楽曲に引き込まれていきそうです。 他人とうまく接することができない中学生の少女・琉花が、ジュゴンに育てられた不思議な2人の少年・「海」と「空」に出会う海洋ファンタジーとなっています。 海で起きるほとんどのことは、誰にも気づかれない。 kaijunokodomo. この原作に、10代の頃から「海獣の子供」の原作に惚れ込んでいたという米津玄師さん。 それだけに、思い入れのある作品なんですね。 今読み返してもあの時の衝撃は全く古びず、更に新しい発見をもたらしてくれます。 もし映像化されるのであれば歌を作らせてほしいなあなんていうふうに思ってたことが、今日になって実現するというのはなんとも感慨深いです。 原作が持ってるものに負けないよう、それでいてうまく寄り添えるようなものが、果たして自分に作れるのかと、ここ数ヶ月は問答の日々でした。 今は映画館で流れる日を楽しみにしています。 長編アニメーション映画を担当するのは2013年公開のスタジオジブリ制作『かぐや姫の物語』以来なんだそうです。 米津玄師「海の幽霊」歌詞の意味を解釈! ここからは「 海の幽霊」の歌詞について解釈&考察をしていきたいと思います。 今回の楽曲は、あくまで「海獣の子供」の主題歌として米津玄師さんが書き下ろしたものなので、歌詞は原作のストーリーに沿っています。 私も実際に原作を読みましたが、なかなかここで全てを詳細に表現できるものではないかもしれません。 なので、断片的にシーン解説という感じになりますが、一部で「海獣の子供」のネタバレを含む場合があります。 原作をまだ読んでいないという方は、ご注意ください。 【初めに・・。 】 この曲は、「海獣の子供」の主人公である少女、 瑠花 るか の追憶であるということを前提に解説していきます。 ジュゴンに育てられた不思議な少年、 海 うみ は 「ある言い伝え」を瑠花に教え、それを試してみよう。 と言います。 海:「 幽霊は椅子に座りたがっているんだって..。 」 どこかの島では、先祖の霊が帰ってくる日に椅子を置き、先祖たちは、帰ってきた証拠にその椅子に何かを置いていくという..。 それとはまた別の国では、、、。 海:「 部屋に幽霊がいるかどうか、確かめるのに椅子を使うって..。 」 誰もいない部屋の真ん中に椅子を置いて、部屋を閉めきる…。 次に見たときに、椅子に変化があったら、そこには幽霊がいるという..。 この方法は、人間と幽霊をつなぐ一つの方法なのです。 このことが元になり、次の歌詞に繋がります。 きっと、光になって消えてしまった、空 ソラ のことを言っているのでしょう。 そして、時間の経過を感じさせる歌詞でもあります。 あの日から、いくつかの時がすぎ、「あなたに話したいことがたくさんありすぎて…」何から話していいのかわからない。 サビに入った瞬間、 まるで大海に飲み込まれるような壮大さを感じます。 星が降る夜に出会った不思議な少年。 」のことを表現していて、原作ではいくつかのシーンでそれが描かれています。。 というシーン。 「海獣の子供」の中で神秘的な体験をするとき「まるで星空のよう・・」というのはひとつのキーポイントになっているようです。 原作を読むともっと理解できると思います。 そして、「 本当に伝えたい感情や想いというのは言葉にならない…」ということ。 この曲の歌詞の中で最も神秘的で、深い表現ですよね。 そして、サビ最後の「思いがけず光るのは・・・」の部分。 この感情はどうやって言葉にしていいか解りませんが…。 懐かしいような、切ないような、夏の季節らしい独特の感情がそこにはあります。 梢 こずえ というのは、木の幹や先端の方を表現した言葉。 夏の木々は青々と茂って、鮮やかな緑ですね。 それが潮風に吹かれて、船を見送っているように表現されているシーンなのかもしれません。 ちなみに、MV中にも出てきますが、やはりヒマワリは夏を代表する花ですよね。 ひまわりは常に太陽に向かって咲きますから、夕焼け時、海に沈む太陽を向くヒマワリが船を見送っているように見えたのかもしれません。 風が吹くと、そしてそれらが擦れあって音を出し、それを歌のように表しています。 鮮明に残った思い出や記憶というのは、まるでそこに存在しているかのように感じさせる時がります。 そしてもう一つ鮮明に残った体温の想い出。 原作でも出てきますが、ジュゴンに育てられた少年、海 ウミ と空 ソラ は常に水で体を濡らさないと、火傷したように皮膚が熱くなってしまいます。 そんな彼の頬に触れた思い出。 それを思い出している部分かもしれません。 ここでは、音と温度という二つの感覚で、思い出を表現していますね。 そして、ねじれた道とは、海中の流れを表現していると思います。 MVでは2:58のシーンで海の生き物たちがが渦巻いて作った海の流れの先に、少年がいて、吸い込まれそうなほどの瞳でこちらを見ています。 同時に、開く「瞼 まぶた 」には不思議な世界への入口という比喩も含まれているようです。 そして、この後、間奏にはいり、ラスサビへ行くのですが、ぜひ注目して欲しい部分があります。 この動画のようにはっきりと聴き取れる音ではありませんが、それをイメージした音が含まれていて、まるで深海に潜っているような感覚にさせてくれます。 そして、そんな癒しから、また壮大なサビへと波が押し寄せるように一瞬にして包み込みます。 形として存在していなくても、未だにあの時の体験は心を高揚させるのでしょう。 だけど、あの時よりも「今は幸せ」胸を張ってと言える。 また、1番では「夏の日に起きたすべて.. 」という、 言葉に出来ない奇跡のような体験を表現していました。 ですが、2番では 「跳ねる光に溶かして」と、 言葉にならない想いを伝える手段として、表現している歌詞です。 命の光に、想いを溶かす…という何とも幻想的な表現ですよね。 そして、主人公である瑠花 るか の心情の変化も感じられるシーンです。 懐かしんでいるけども、決して後ろ向きではない、ポジティブな感情がそこにあります。 それと同時に「二度と会えることはない」と解っているからこその、「また会いましょう。 」なのですよね。 米津玄師「海の幽霊」歌詞の意味を解釈! まとめ いかがでしたか? 毎回そうですが、米津玄師さんは、考えさせる音楽を創作しますね。 とても深い歌詞と感情を揺さぶる音楽で、聴き手の過去の記憶や感情に語りかけてきます。 曲だけでも、ものすごく感動しますが、原作に触れ、さらに映画を見ることで、その感性は何倍にも広がると思いますので、ぜひ原作と併せて曲に触れてみてください。

次の

海の歌が聴きたい!「海の声」から最新曲、民謡・童謡までイチオシ海のうた

海の幽霊歌詞

歌詞は耳コピなので分かりにくい部分がありました。 母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。 琉花は彼らに導かれるように、それまで見たことのなかった不思議な世界に触れていく。 三人の出会いをきかっけに、地球上では様々な現象が起こり始める。 夜空から光り輝く彗星が海へと堕ちた後、海のすべての生き物たちが日本へ移動を始めた。 そんな二人を守る海洋学者のジムやアングラード。 それぞれの思惑が交錯する人間たちは、生命の謎を解き明かすことができるのか。 引用: 映画「海獣の子供」は、主人公の中学生「琉花」がジュゴンに育てられた不思議な兄弟「海」と「空」の出会いから始まる生命の物語です。 米津玄師の『海の幽霊』は、そんな映画「海獣の子供」の世界観を表現している歌詞だなと感じます。 「海の幽霊」のMVも『海獣の子供』のシーンを使っていて、より世界観を表現しているのがわかります。 また歌詞の内容から、夏のどこか切ない空気感というか雰囲気も感じ取れますね。 さんによる本作の主題歌『』について 監督「すごい主題歌ですね。 先に聞かせて頂いた時に胸が熱くなった。 自分の心は開いているつもりなのに、理解してくれる人がいない そんな自分の気持を上手く表現できない、琉花の寂しさや孤独を表現しているのではないでしょうか。 「何から話せばいいのか分からなくなる」は、戸惑っている気持ちが感じ取れます。 「あなた」ですが、これは主人公・琉花のことで、「海」か「空」が琉花に対する想いを歌っている箇所かなと思います。 予告動画を観ると、「海」も「空」も琉花に想いを寄せている印象です。 「海」なのか「空」なのか。 それともまだ仲が良かった頃の母親なのか・・・ 歌詞の主人公が琉花目線なのか、それとも海or空目線なのかで、意味や内容も変わってきますよね。 あの時とは、琉花と海や空が出会った時、そしてその後に不思議なことが起こる全ての時を忘れられないと表現していそうです。 また自らの居場所があった時の両親との思い出なのかもしれません。 映画「海獣の子供」のキャッチコピー 「いちばん大切な約束は 言葉では交わさない」 に通じる、世界観に寄り添った部分だと思います。 大切なことは、言葉で表現することができない感情を内包しているのでしょう。 琉花が触れた生命の謎や物語は、そして両親との思い出は言葉にできないものなのかもしれませんね。 ある夏の日に「琉花」「海」「空」の三人が出会ってから起きた様々な不思議なこと、生命の物語を指していると思います。 光を放ちながら海の生物たちが日本へ移動してきます。 海の幽霊とは、 地球上のすべての海の生物のことではないでしょうか。 「跳ねる光に溶かして」が少し聴き取りづらく、ちゃんと耳コピできていない可能性が・・・汗 1番のサビとほぼ同じなのですが、少しだけ違っています。 1番のサビの歌詞は 「あの夜」だったのに対して、2番の歌詞は 「あの時」と。 1番のときよりも時系列的に後で、 三人で過ごしたかけがえのない時間を振り返っている気持ちを表現しているのではないでしょうか。 もう離れ離れになってしまったけど、あの夏の日に起きたすべては言葉にならない大切なものとして3人の心の中に。 そんな心象を感じます。 また会えることを願っている、守られるか分からない約束という気がします。 もしかしたらもう会うことは叶わないのかもしれません。 だけどいつか会えることを信じている、そんな気持ちかもしれませんね。 歌詞を考察しましたが、この詩の場合は映画「海獣の子供」を観た後だと、意味や内容が変わってくるかもしれません。 今回MVが公開されたことで曲の全貌が分かりましたが、やはり 抽象的というか叙情的な表現の歌詞でしたね。 きっと 映画「海獣の子供」を観た後のほうが、より歌詞の意味や内容を掴み取ることができるのでないでしょうか。 泣きました。 ファルセットに行くまでは、力強い歌声なので• 力強さと繊細さ• 静と動• 海や海獣など大きなモノと思い出や命など儚いモノ など、歌声でも映画「海獣の子供」の世界観を表現しているのかなと感じます。 曲全体を通して聴いた時にも、かなり音程の高低差が激しい詩だと。 そしてピアノやストリングスで、夏のノスタルジックさを作り出しているようにも感じました。 米津玄師の『海の幽霊』の発売日はまだ公開されていませんがフルサイズ、つまりは発売日はいつになりそうでしょうか? 大ヒットアニメーション映画「君の名は。 」を参考に予想してみます。 主題歌はRADWIMPSの「夢灯籠」、「前前前世」、「スパークル」、「なんでもないや」の4曲。 まず映画「君の名は。 」は2016年8月26日に一般公開されました。 映画公開に先駆けて、主題歌4曲も収録された映画「君の名は。 」のサントラアルバムが2016年8月24日に発売されました。 また2曲の主題歌が収録されたRADWIMPSのアルバムが映画公開約3ヶ月後の2016年11月23日に発売。 これを今回の映画「海獣の子供」と米津玄師の『海の幽霊』を当てはめると… 映画「海獣の子供」は 2019年6月7日に劇場公開されるので、公開前後にサントラが出る可能性はあります。 また3ヶ月後の 2019年9月の上旬に米津玄師のアルバム、またはシングルが発売される可能性も。 個人的にはサントラ発売よりも、9月に米津玄師名義での発売の方が可能性がある気がします。 今読み返してもあの時の衝撃は全く古びず、更に新しい発見をもたらしてくれます。 もし映像化されるのであれば歌を作らせてほしいなあなんていうふうに思ってたことが、今日になって実現するというのはなんとも感慨深いです。 原作が持ってるものに負けないよう、それでいてうまく寄り添えるようなものが、果たして自分に作れるのかと、ここ数ヶ月は問答の日々でした。 今は映画館で流れる日を楽しみにしています。 米津玄師 【原作五十嵐大介 コメント】 米津玄師さんと初めてお会いしたのは何年前になるでしょうか。 それからの様々な人のつながりを経て、映画「海獣の子供」の主題歌を米津さんに…という話を伺った時、 来るべきものが来たような、不思議な昂揚を感じました。 心を高く深く拡げてくれつつ、同時に着地点を示してくれるような美しい歌に出会えて、今はただ感無量です。 五十嵐大介 引用: 最後に.

次の

米津玄師 ゴーゴー幽霊船 歌詞

海の幽霊歌詞

チャート順位• オリコン• 1位(週間デジタルシングル)• 4位(合算シングル)• Billboard JAPAN• 週間1位()• 週間1位(、2週連続)• 週間1位(、2週連続)• 週間1位(、5週連続、通算6週)• 2019年度年間30位()• 2019年度年間6位() の配信限定シングル 年表 海の幽霊 () () ミュージックビデオ - 「 海の幽霊」(うみのゆうれい,: Spirits of the Sea)は、のの楽曲。 デジタル配信限定シングルとしてより2019年6月3日に各音楽配信サービスにてリリースされた。 この他、9月11日に10thシングルとしてリリースされた『』にも収録されている。 発表と背景 [ ] 制作背景 [ ] 「海の幽霊」はより劇場公開される原作、制作の『』の主題歌として制作された。 インタビューにおいて、米津は原作を10代のころより愛読しており、映像化の話を知って主題歌をやりたいと制作陣へ依頼し、今回のコラボレーションが生まれたと語っている。 主題歌を担当する旨の報道がなされた後、原作者の五十嵐は、かつて米津がイメージソングを提供した「ルーヴルNo. 9 〜漫画、9番目の芸術〜」の頃より、米津と親交があったことに触れ、米津の起用について非常に好意的なコメントを残している。 プロモーション・ミュージックビデオ [ ] 楽曲のリリースに際して、米津のミュージックビデオ制作に度々携わってきた山田智和が撮影を担当した新たなビジュアルワークが公開された。 楽曲は2019年5月10日に公開された予告編の第2弾の内容で解禁された。 その後、5月27日に行われた100名限定の先行上映会にて楽曲のフルサイズとミュージックビデオが解禁された。 ミュージックビデオは上映会終了後にYouTube上に公開された。 チャート成績 [ ] 「海の幽霊」は2019年6月3日よりデジタルシングルとしてリリースされた。 オリコン調べによると、同曲はその日付で51967ダウンロード件数を記録し、2019年内のデイリーダウンロード件数の最多記録を更新した。 同日のデイリーデジタルシングルランキングでは1位に登場し、他各音楽配信サービスのチャートでも軒並み1位を記録した。 Billboard JAPANでは、6月10日付けのチャートに初登場した。 ではダウンロード、ストリーミングのポイントが結果に組み込まれていないにも関わらず、、、の3指標で好成績を残し、初登場9位を記録した。 販売が開始した翌週のチャートではダウンロード件数で12万回を超える数値を記録、2位以下に大差をつけて首位を獲得した。 2019年6月17日付のオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは初動126,715ダウンロードを売り上げ、週間1位にランクインした。 2019年年度での初週ダウンロード最高記録。 2019年6月24日付のオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは52,612ダウンロードを売り上げ、連続週間1位にランクインした。 2019年6月17日付のオリコン週間合算シングルランキングでは初動50,686ptを売り上げ、週間4位にランクインした。 2019年6月17日付のBillboard JAPAN HOT BUZZ SONGBillboard JAPAN HOT BUZZ SONGでは1位を獲得した。 2019年6月10日・17日・24日、7月1日・8日付のJAPAN Hot Animationチャートでは5週連続1位を獲得した。 プラチナ• 海の幽霊 [3:54]• 作詞・作曲・編曲:、編曲協力・オーケストラアレンジ:坂東祐大(Ensemble FOVE) 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• 音楽ナタリー 2019年5月20日. 2019年5月20日閲覧。 音楽ナタリー 2019年7月12日. 2019年7月15日閲覧。 909• アニメーション映画「海獣の子供」公式サイト 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会. 2019年4月24日. 2019年5月10日閲覧。 ナターシャ. 2019年4月24日. 2019年5月10日閲覧。 CINRA. NET CINRA. 2019年4月24日. 2019年5月10日閲覧。 com. 2019年5月10日. 2019年5月10日閲覧。 2019-2019-5-27. 2019年5月28日閲覧。 Qetic Qetic. 2019年6月4日. 219-6-5閲覧。 Billboard JAPAN Hanshin Contents Link Corporation. 2019年6月5日閲覧。 PR TIMES. 2019年8月20日. 2020年7月5日閲覧。 Ensemble FOVE Official「米津玄師さんの新曲「海の幽霊」に、Ensemble FOVEがオーケストラ演奏で参加させていただきました!オーケストラアレンジは坂東祐大 YutaBandoh が務めています。 坂東 祐大 「オーケストラアレンジを担当しました。 オーケストラ演奏は EnsembleFOVE です。 是非ご覧ください! 外部リンク [ ]•

次の