志村けん柄本明芸者コント。 柄本明 志村けんとの初共演は「地獄だった」→毎回定番のキャラみたいに活躍してますよね。

柄本明

志村けん柄本明芸者コント

俳優・柄本明さんと志村けんさんとの関係や、アドリブが多いと言われる2人のコントの裏側についてスポットを当てます! 3月2日放送のNHK『ファミリーヒストリー』は、柄本明さん(68)のルーツに迫る内容です。 祖父が織物工場を経営して倒産したことや、母親が戦時中に敵機の襲来を伝える「女子通信隊」に入隊していたエピソードなどが明かされるらしいですね。 詳細は放送を観るとして… 柄本さんといえば俳優としての実績も素晴らしいですが、私にとって最も印象的なのは、志村けんさんとの芸者コントなんですよね(笑) 2人の息がぴったりなので、プライベートでも仲が良いんだろうな~と思いきや……本当は交流は全くないってことはご存知でしたか? 「(志村けんさんとのコントは)緊張感があって大変な仕事」と語る柄本明さん。 ちょっと意外だったので、柄本明さんと志村けんさんとの関係などについて調べてみました。 Sponsored Link 柄本明のプロフィールについて!芸者コントが上手いのは祖父の影響? 独特なキャラクターで知られる柄本明さんのプロフィールをあらためて見てみます。 1998年の『カンゾー先生』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を、2004年の『座頭市』で第58回毎日映画コンクール男優助演賞を受賞をゲットしたのが記憶に新しところです。 両親が映画や演劇好きで、生家が銀座・歌舞伎座の裏手にあったことが俳優を志すきっかけになったとか。 子供のころは劇場に通い詰め、年間200本の作品を観ていたそうですね。 これこそが、柄本明さんの渋い芝居の原点かもしれません。 2日に1本くらいのペースで観ていれば、それはもう目が肥えて芝居も上手になるでしょうね。 また、母方の祖父がハコ屋(芸者の斡旋業)をしていたことも、重要なポイントかと思いますね。 これは勝手な私の想像ですが…… 柄本明さんは幼少期、たまに芸者さんの三味線を触らせてもらったり、歌や踊りを見せてもらったりしたんじゃないかな~と。 だから、あれほど志村けんさんとの芸者コントがハマってるんだと思いますね(笑) Sponsored Link 柄本明 志村けんとの関係…仲良しは嘘!コントはアドリブ?! たびたび『志村けんのだいじょうぶだぁ』や『志村けんのバカ殿様』に出演している柄本明さん。 代表的なのは芸者ネタですが、ほかにもバリエーションは色々あって、どれも面白いコントばかりですよね。 日頃から仲が良く、ネタ合わせも和気藹々…という雰囲気なんですが、実は交友関係のような付き合いは一切なく、スタジオでも「普段の会話はほぼ無い」というから驚きです。 柄本明さんがスタジオに入っても志村けんさんは他の撮影で忙しく、台本合わせをするとしても、食事の時間など空いている時にササッとやる感じみたいです。 「じゃ、そんな感じで」というノリでリハーサルも行わないとか…。 う~ん、細かな打ち合わせをしないであれだけの爆笑コントを作り上げてしまうんですから、2人ともやはりプロ中のプロですね。 カッチリした台本合わせやリハーサルを行わないからこそ、あの世界観ができるのかも…。 柄本明さんにとっては良い緊張感があるらしく、過去のインタビューでこのように語っています。 志村けんという天才と一緒にお仕事をやらせていただくのは光栄なことですが、実はコントは大変な仕事。 リハーサルなんかもないですし、怖いです ……怖いと言いつつ、それも楽しんでいる風も伺えませんか?笑 2人でコントをすることになったのは、志村けんさんが突然、『加トちゃんケンちゃん ごきげんテレビ』に柄本明さんを呼んだのがきっかけだったとか。 旅館のお客さん(柄本明さん)を相手にオバちゃんマッサージ師(志村けんさん)がボケまくるコントでしたが、台本ほとんど無しのアドリブだったようです。 ネタの内容はここでは細かく書きませんが、もう何となく展開が頭に思い浮かんでニヤニヤしませんか?笑 突然呼ばれて対応する柄本明さんも凄いですが……そのポテンシャル見抜き、何ら交流もない柄本明さんに声をかける志村けんさんも素晴らしいですよね。 やはり、プロはプロを見抜いてしまいますか。 今後、2人のコントを観るときはちょっと違ったアングルで観られそうです。

次の

志村けん 柄本明との異色コントコンビ誕生のきっかけは…「笑いとかやるにはすごい得な顔」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

志村けん柄本明芸者コント

昔から見ている番組で、毎回呼びつけるゲストが本当にバカ殿とうまくコラボして、相乗効果で番組がとても楽しくなるんですよね。 そんな中、今回のゲストの中で私が気になる人がいるのですが、まずはものまねの帝王コロッケさんですよね、バカ殿が腹を抱えて笑っている様子をみると、本当におもしろいのでしょうね、私も昔は良く学校の先生のものまねなんかをして、周りの友達を楽しませていたのですが、ものまね芸人の方の生い立ちは、意外と学校の先生のものまねをすることから始まっている人が多いですよね。 コントでは、非常に痛快なやり取りがされており、特におすすめの定食屋のコントは、志村けんが頼んだ定食を、真向いからドンドン根こそぎ食べて行くコントなのですが、今では食材がもったいないなどの理由で、批判がきそうなコントなのですが非常に見ごたえのあるコントですよ! そして、おそらくあんな芸者がどこかにいるんだろうなと思わせる、芸者コント、あの柄本明さんのほくろが本当に気になるのですが、どなたかモデルになる人がいるのでしょうかね 笑 柄本明は仕事中に志村けんと口を利かないのはやはり仲が悪いのか…? あれだけ仲が良さそうに柄本明さんは志村けんさんとコントをされていますが、特に芸者コントのあの距離感は仲が良くないとできない芸当だとおもわれますが、特に時折見せる「素の笑い」は恐らく台本に無い動きをお互いがしているからでしょうね。 現実問題、若手の芸人がやるとあそこまでのクオリティは出せ無いと思いのですが、そこは柄本明さん!絶妙なアドリブで場を盛り上げていますよね。 というのも、柄本明は志村けんのことをかなり恐れています。 それは単にコントが上手というところに留まらず、コントに対する熱意が端々から感じられるようで、 志村けんさんについて、柄本明さんは以下のようにコメントをされています。 「敵わない存在で怖い」 あの大御所の柄本明さんであっても、志村けんさんとの絡みは非常に怖いようです。 ですので、恐らく緊張という部分もあり、口は利かないというより、利けなかったのでしょうね! プロがプロを認めるというのは、本当に凄いことなのでしょうし、お互いがある一定の境地にまで達しているからこそわかるものなのでしょうね。 敵わない存在で怖いという言葉の重みが感じられますが同時に、志村けんさんへの愛情も感じますよね。 これからも多くのコントを志村けんさんと作り続けて欲しいですね!.

次の

柄本明

志村けん柄本明芸者コント

俳優の柄本明(70)が15日、日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・0)に出演。 2人は1987年にTBS「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」で初めてコントに挑戦。 柄本は、ほぼ面識のない志村からのオファーに、「何で僕を呼んでくれたんだろう」と当時からずっと気になっていたという。 収録の際、台本を渡された柄本は驚愕、設定だけ記載され、ほぼアドリブだったそうで、「後はおまかせみたいな。 それが地獄だった。 この人はどれくらいの腕なんだろうと、(志村が)腕試ししているような感じで。 怖かったですね、本当に怖かった」と振り返った。 その後もバラエティー番組で共演し、役者とタレントが奏でる異色の芸者コントなどで人気を博した。 志村との共演は、「毎回怖いです、毎回怖い。 緊張します」と柄本。 ここで志村がVTR出演し、32年前のオファーの理由について、「この人、実際そばで見てみたい。 笑いとかやるにはすごい得な顔じゃないですか。 ちょっとほしいなこの顔って」と直感で指名したことを告白した。 自身のインパクトのある顔が理由だったと明かされた柄本は、「ありがたいですね~」とだけ口にし、目尻を下げていた。

次の