メタル サイボーグ。 【にゃんこ大戦争】宇宙編 第3章 N77星雲 攻略解説

【にゃんこ大戦争】宇宙編 第3章 N77星雲 攻略解説

メタル サイボーグ

概要 [ ] の医学者、 ()と ()らがに提唱した概念。 当初は人類の宇宙進出と結び付けて考案されたものである。 また、この提唱よりも前に小説でこのアイディアは使用されていた。 小説や映画では、人間の姿形によく似せた「型ロボット」である(男性形: 、女性形:)との区別が曖昧であったり、混同されている場合が多い。 例として映画『』の主人公「ロボコップ」は人間をベースに改造したため、アンドロイドではなくサイボーグである。 逆に、映画『』に登場する「ターミネーター」は、生体部品として人間の皮膚組織を持つ機種もあるが、元となるのは強化金属製のロボットであり、またそのロボットの骨組みの上に人間の皮膚等の生体組織を移植したものであるため、サイボーグではなくアンドロイドに分類される。 現実のサイボーグ技術 [ ] 現在、サイボーグ技術と呼ぶことができて、程度の差こそあれ実用化に達しているものには、や、、、(眼球・網膜・視神経などの代替)などが挙げられる。 近年、この分野はめざましい発展を遂げており、従来SFの中でしか語られて来なかった各種のサイボーグ技術が現実の物となりつつある。 の信号を読み取ることでを使用者の意のままに動かしたり、義手に取り付けたの情報を逆に神経へ送り返して感覚を取り戻したりするは、すでに実用段階に入っている。 また、へ直接を差し込み、・の情報を直接脳へ送り込んだり 、脳へ部分的に電気刺激を送り等の症状を和らげたり 、を治療したり する技術()も発達しつつある。 目的による分類 [ ] 医療目的 [ ] 主に、失われた四肢や臓器・感覚器の機能を代替・回復させるために用いられる。 代表的なものには、義肢や人工関節のほか、である人工内耳、人工網膜、人工腎臓、人工心臓などが挙げられる。 手足の震えを和らげたり、うつ病の治療に用いられる脳深部刺激療法もこれに含まれる。 人工臓器のうち、古くからあるものにはやのような単純な器具もあるが、サイボーグの場合は何らかの機構を持つ部品を人体に取り付けるという意味合いから、単なる器物(単体では機能しない)である義歯・眼鏡などはサイボーグの範疇からは外される。 機能強化目的 [ ] に用い、人間本来の機能を強化するために用いられる。 代表的な物には、(人工外骨格)、追加四肢(3本目、4本目の手足)、追加感覚器(より鋭敏な感覚が得られたり、後方や遠隔地の情報が得られる目鼻)など。 機能追加を目的とする埋め込み型の機器に関しては、に代表される機能(・など)の無線通信機能を持ったカプセル状機器の埋め込みが実際に行われているが、さらにのような、現在は道具を手などで操作しているものを直接的に身体の一部のように扱えるようにするなどの利便性を高めるものまでもが想定され、一部には以下に述べる非侵襲型のインターフェイスを備えた装置も開発・利用されている。 形態による分類 [ ] 非侵襲型 [ ] 人体の外部に取り付けて動作するタイプ。 取り外し可能な義手や、など。 侵襲型のような危険性がないため、比較的実用化しやすく、倫理面での問題もクリアしやすい。 侵襲型 [ ] 人体の内部に埋め込まれて動作するタイプ。 人工心臓やペースメーカー、人工眼球、人工内耳、脳深部刺激療法など。 これらのタイプは、故障や誤動作の際に使用者に危険が及ばないように、十分な対策を取る必要がある。 このタイプのものを インプラントと呼ぶことがある。 装置の接続のために人為的に人体を傷つける(侵襲)ため、感染や拒絶反応を起こす危険があり、技術的課題や倫理的問題が多い。 危険性や倫理上の問題 [ ] の発達により、生体の失った、あるいは弱体化した機能を補完するために、身体に機械を組み込んだ人間は今後とも増えるとみられるが、これはさまざまな危険性を抱えている。 生体内の異物は感染のリスクが高く、一度感染すると重症化しやすく治癒しにくい。 さらに、機械には自己修復性がなく、故障時は致命的事態になりかねないなどの問題があるからである。 また、脳刺激療法では患者の本来の性格を変えてしまいかねないという倫理的問題もある。 素材そのものに対する危険性も否定できない。 現段階では体内インプラントチップに発ガンの危険性が指摘されている。 これらの技術は人間の尊厳を犯す可能性が指摘されており、研究者達は倫理的な面でも議論を進めている。 軍事利用の可能性 [ ] アメリカ合衆国では、サイボーグ技術の軍事利用への研究もを中心にして活発に行われている。 兵士の身体能力を大きく強化する、戦闘において手足を失った兵士に義手義足を適用することで素早い戦場復帰を可能とする、の導入によりの脳と戦闘機のコントロール機能を接続することで、反応速度の向上を図る、などが考えられている。 他にも、小動物の脳を制御し、で偵察・自爆を行わせたりするへの応用や、ブレイン・マシン・インタフェースによる・無人戦車などのを遠隔制御する、などの研究も進められている。 フィクションとサイボーグ [ ] フィクション作品()ではしばしば好まれて用いられる概念のひとつであるが、日本では1970年代に入るまで、その概念は広く浸透していなかった。 のとが『』 1963年 のシナリオを巡り、作中にサイボーグを登場させるか否かでつかみ合いの喧嘩になりかけた時、側でおろおろしているスタッフのメモ書きに「 細胞具」と書かれたのを目にして脱力し、喧嘩が収まったとのエピソードがあるほどで 、その後『』や『』シリーズ(特に1970年代から1980年代にかけての作品群)などで、ようやくサイボーグの概念が世間一般に広く浸透したといえる。 人間としてのアイデンティティを持った改造人間が殆どである。 しかし、欧米では、『』など生体の一部を単純な部品として使用したアンドロイドというようなキャラクターもサイボーグとして存在している。 こういったフィクション作品では、単に「超人」を登場させるための理由付けである場合も多いが、「人間性の喪失」のほか「最新技術と人間の調和」という現代的な文学的・社会的テーマを「人間なのか、機械なのか」という極端な形で提示できることから、物語の主要テーマに関わる形で取り扱われることもまた多い。 ただ前述のロボコップも作中では「死亡した人間の臓器の一部を流用した(を持たない装置)」として、またターミネーターも『』で学習により人間らしさを獲得していく途上が描かれるなど、この境界が持つ曖昧性を作中のエッセンスとして強調する作品も見られる。 フィクションとブレインマシンインターフェイス [ ] ことさらなどの乗り物は、腕や脚のある動物や人間型の機械よりも構造が単純なため、乗り物などの機械装置を直接脳からの信号で操作しようという構想は、しばしば小説や映画などに見られる。 映画『』では上記のブレイン・マシン・インタフェース技術によりパイロットと機体を接続し、手足を使うことなくパイロットの思考で操縦や機器の操作ができる新型戦闘機が登場する。 また、『』ではパイロットの神経系を接続するが登場する。 『』ではパイロットとメカニックを直結し、機体の思考操縦を行うサイバーリンクシステムなども存在する。 これらはパイロットの肉体を機械化したり侵襲機器を着けているわけではないが、その技術はサイボーグの基礎的なものとなっている。 また、のゲーム『』シリーズでは「サイバネティック・リンク・システム(略称C. S 」と呼ばれる技術が登場する。 これはサイボーグの究極形ともいうべきもので、脳だけを攻撃機に組み込み、反応速度や加速、旋回の際の慣性力の問題を解決している。 ただ、作品中においても、上述のように倫理面の問題が指摘されている。 同様の技術が映画『』にも登場している。 また、テレビアニメ『』では敵であるベガ星人は、捕縛した他の惑星人を同様の技術を使って惑星侵略の尖兵としている(版では地球侵略用の「円盤獣」には主人公の同胞のフリード星人の脳が組み込まれている)。 サイボーグを主題にした作品 [ ] 小説 [ ]• 『イズミ幻戦記』 ()• 『』シリーズ()• 『宇宙年代記』シリーズ()• 『オイレンシュピーゲル』・『スプライトシュピーゲル』(「」)()• 『奥歯のスイッチを入れろ』()• 『終わりなき索敵』(シリーズ)()• 『サイボーグ逆亡命作戦』・『サイボーグ核配備作戦』・『サイボーグ大予言作戦』(「サイボーグシリーズ」)()• 『』()• 『()• 『天界の狂戦士』()• 『マン・プラス』()• 『』() 漫画 [ ]• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()- カーミ・サンチンと猪上裕子• 『』()• 『』()• 『』(原案・漫画)• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『』(石ノ森章太郎)• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『ベイビーG』()• 『無敵少女ラミー』(原作・作画)• 『』()• 『』()• 『』(原作・作画) アニメーション [ ]• 『』(第1作目)• 『』 ゲーム [ ]• 『』 - マイティ・ガゼル、デスボーン• 『』 - ダッチ・シェーファー、リン・クロサワ• 『』 - 兵士• 『』 - マキシマ• 『戦え!! 北出マン』() - 北出マン、南出マン、ブラック北出マン• 『』 - ブロッケン 映画 [ ]• 『』(1995年、日本、監督:)• 『』(1999年、アメリカ、監督:、主演:)• 『』(2003年、アメリカ、監督:、主演:)• 『』(2004年、日本、監督:押井守)• 『サイバーマン』(2002年、カナダ、監督:ピーター・リンチ):ドキュメンタリー• 『』(1989年、アメリカ、監督:アルバート・ピュン、主演:)• 『』(2009年、アメリカ、監督:(マックジー)、主演:)• 『』(1992年、アメリカ、監督:アルバート・ピュン、主演:オリヴィエ・グラナー)• 『』(2010年、香港・台湾・中国、監督:、主演:)• 『』(1988年、アメリカ、監督:、主演:)• 『』(2010年、アメリカ、監督:、主演:) テレビドラマ [ ]• 『』( )• 『 原題 』(アメリカ - 下記『地上最強の美女バイオニック・ジェミー』のリメイク)• 『』(系 )• 『』(系 ) 『』から『』まで。 ライダーに変身する主人公はもとより、敵組織の怪人や大幹部たちも一般に改造人間として設定されている。 ただしこの間の『』は古代の秘術による改造であり、近代的な機械技術によるものではない。 『』から『』はあくまでも遺伝子や肉体の改造をしたであり、機械を埋め込むなどの改造をされた「サイボーグ」とは言い難い者が多いが、ナレーションでは「改造人間である」と明言されている。 平成仮面ライダーシリーズには基本的にサイボーグや改造人間などの用語は登場しないが、『』には改造実験によりワームの力を持った登場人物が登場し、その後のシリーズにおいては暫定的に旧作を踏襲した設定やそれらしい描写に触れられる。 また、に制作された特別番組『』では再び改造人間という設定を採用している。 『』(系『』)• 『』(系『』)• 『』(系 )• 『』(毎日放送系 )• 『』(アメリカ )• 『』(系 )• 『』(イギリス ) 病を回避するべく肉体の一部分を機械へ置換した、として知られるのサイボーグがから登場している。 新シリーズではからにかけてパラレルワールド由来の地球に起源をもつサイバーマンも登場した。 『』(日本 東映Vシネマ)• 『』(日本)• 『新サイボーグしばたっ!! 』(2004年 日本)• 『』(日本 監督)• 『』(日本 東宝シネパック) 音楽 [ ]• 、『』『』『』および『』から『』までの『』を除く6作品。 これらの楽曲が演奏された『Requiem et Reminiscence』、『Requiem et Reminiscence II』に登場するプロト、ゼロが中のナチス武装親衛隊ダス・ライヒ内の架空の部隊「特務師団:第四独立遊撃部隊」に所属するサイボーグ兵士という設定である。 その他 [ ]• - が1970年代に販売した大ヒット玩具。 - 3代目から5代目までのミラージュに設定されていたグレード名。 関連書籍 [ ]• 、『肉体のヌートピア - ロボット、パワード・スーツ、サイボーグの考古学』、、• 、『猿と女とサイボーグ — 自然の再発明』• 、『超人類へ! -バイオとサイボーグ技術がひらく衝撃の近未来社会-』、訳、、• 高橋透、『サイボーグ・エシックス』、水声社、2006年• Kevin Warwick I cyborg University of Illinois Press. 2004年 脚注 [ ]• Manfred E. Clynes and American scientist and researcher Nathan S. Kline. 2018年7月11日閲覧。 Brown, David 2006年9月14日. 2006年9月14日閲覧。 (英語) - 世界初の筋電義手装着女性、• Design News Japan. 2006年2月. 2008年12月8日閲覧。 - 史上初の筋電義手装着者、ジェシー・サリバンとその機構• - 名古屋市立大学脳神経外科• WIRED. 2000年. WIRED VISION. 2006年. 豊田有恒『あなたもSF作家になれるわけではない』、昭和54年11月10日初版発行、7頁。 前述の『仮面ライダーカブト』には、『』からのゲストとして、サイボーグのらしき人物が登場している。 後述の『仮面ライダーG』と同年に制作された『』でも同様の技術の存在が劇中で語られている。 『』では登場人物が改造人間を主人公にした映画()を制作するというエピソードがある。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (Peter B Scott-Morgan) - イギリス人ので世界初のサイボーグ。 () - を補う装置をつけるイギリスのアーティスト。

次の

【にゃんこ大戦争】「メタルサイボーグ」 敵キャラ情報と倒し方

メタル サイボーグ

メタルサイボーグの特徴 メタル特性持ち 「メタルサイボーグ」は「メタル」特性を持っているため、クリティカル攻撃以外では1ダメージしか与えられません。 通常攻撃で倒すのは非常に時間がかかるため、クリティカル持ちのキャラで攻撃しましょう。 メタルにしては高体力 「メタルサイボーグ」はメタルな敵としては高めの体力をもっているため、クリティカル攻撃以外で倒すのは難しいでしょう。 攻撃回転が速く高火力 「メタルサイボーグ」は攻撃力・攻撃頻度ともに高く非常に攻撃的な性能を持っています。 高回転の範囲攻撃により壁キャラが次々と倒されてしまうため、前線を非常に崩されやすい厄介な敵です。 射程が非常に短い 「メタルサイボーグ」は射程が非常に短いため、ほとんどの味方キャラで射程勝ちができます。 ただし、「」のような壁キャラよりも射程が短いため、壁を生産し続けても少しずつ前進してくる点には注意が必要です。 移動速度が遅い 「メタルサイボーグ」は移動速度が遅いため、味方に攻撃し始めるまでにかなりの猶予があります。 比較的射程が短い量産型キャラでも攻撃機会が多くなりやすいため、妨害キャラによる足止めも有効です。 メタルサイボーグの対策・倒し方 クリティカルキャラが必須 「メタルゴマさま」はクリティカル以外の攻撃だと1ダメージしか与えられないため、クリティカル攻撃できるキャラが必須です。 ただし、通常の敵と比べると体力は低いため、クリティカルキャラの攻撃力よりもクリティカル発動率を重視したほうが倒しやすくなります。

次の

にゃんこ大戦争のレジェンドステージに出現する敵まとめ【全ステージ掲載】|にゃんこ大戦争攻略ノート

メタル サイボーグ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年6月) グレイ・フォックス( Grey Fox、 〜? [ ] - )は、(現、)のアクションゲーム、に登場する架空の人物。 元特殊部隊FOXHOUND隊員。 同じ軍人として主人公()をサポートし、また対立する人物として物語上重要な役目を果たした。 出生に不明な点が多く、正確な生年や国籍は不詳。 本名はフランク・イエーガーとされているが、これもあくまで戦場でつけられた名前である。 身長181cm。 1970年時点で工作員、後に隊員、その後はとして各地を転戦。 FOXHOUND在籍時は最高の隊員であることを示す「FOX」のコードネームを与えられていた。 なお、義妹にがいる。 詳しくは「」を参照。 経歴 [ ] サンヒエロニモ半島事件以前 [ ] 正確な出生は不明。 からアフリカで反ポルトガル支配を提唱するゲリラ組織、のとして、に従軍。 にこの独立戦争に参加していたと出会う。 そのとき彼と戦って敗れ、戦争の道具と化していたフランク・イェーガーはビッグ・ボスに保護される。 その後、更生施設に入れられたはずだったが、その資質の高さから「」に拉致され、完璧な兵士(絶対兵士)を作り出す計画の実験用の素材とされる。 サンヒエロニモ半島事件 [ ]• 『』(発売) 1970年11月2日。 特殊部隊FOX隊員。 当時のコードネームは「ヌル」。 彼は任務完了のたびに調整槽に入れられ、記憶を一旦リセットさせられる。 これにより、彼は超人的な速度で敵の動きを認識、学習できるようになった。 を武器として用い、俊敏な動きから敵を斬殺する。 銃弾を弾き飛ばすなど、後のサイボーグ忍者を彷彿させる並はずれた身体能力を身につけている。 ビッグ・ボスと再度接触したことにより、記憶と感情を取り戻し、ビッグ・ボス側へ加勢する。 アウターヘブン蜂起 [ ]• 『』(発売) 1995年。 命を助けられ、人間らしさを取り戻させられるという再三の恩義を受け、ビッグ・ボスを慕うようになる。 その後、ビッグ・ボスによる設立時に隊員として参加。 FOXHOUND在籍時は、最高の隊員である事を示す「FOX」のコードネームを与えられ、ビッグ・ボスの右腕として活躍した。 ()で、孤児の少女を引き取りと名付ける。 その後、ビッグ・ボス、ナオミと共にアメリカへ移住、ナオミが大学を出るまでの面倒を見続けた。 のではビッグ・ボスに命を受け、ソリッド・スネークに先駆けてアウターヘブンに潜入。 謎の兵器「メタルギア」の情報を入手した後、捕虜とされた。 その後ソリッド・スネークによって救出。 スネークにメタルギアの情報を提供するなどの支援を行ったが、アウターヘブン陥落後は行方不明となった。 ザンジバーランド騒乱 [ ]• 『』(発売) 1999年12月24日。 ビッグ・ボスの腹心として参加。 ソリッド・スネークに対して無線で接触し、「ファンのひとり」を名乗って陰から支援した。 しかし、これはソリッドを自らの場所までおびき寄せる意図があり 、に搭乗してソリッド・スネークの排除を試みるも、逆にメタルギア改Dを破壊された。 最後は地雷原でスネークと徒手格闘での決闘を行うも敗北、命を落としたかに思われた。 だが、実際には半死半生の状態で生き延びていた彼は、ザンジバーランドの陥落後に愛国者達に回収されていた。 クラーク博士(パラメディック)によって蘇生させられると、ゲノム兵の実験対象とされ人格を省みない実験を繰り返し施される。 また、アームズ・テック社のの研究素材としても用いられた。 本作において本名がフランク・イェーガーであることが判明する。 また、支援メンバーの一人である情報屋ジョージ・ケスラーとの無線によれば、西側ではフランク・ハンターと名乗っており、作中に登場したナターシャ・マルコヴァ(復刻版ではグスタヴァ・ヘフナー)とはかつて恋愛関係にあった。 ソリッド・スネークの妨害の為に渓谷の橋をメタルギア改Dのミサイルで吹き飛ばした際、スネークと行動を共にしていたナターシャ(グスタヴァ)を殺害している。 この時は表面上は意に介していなかったが、スネークに敗れ力尽きる際に彼女の名前を口にしており、内心では彼女を想い続けていた。 シャドー・モセス島事件 [ ]• 『』(発売) 2003年に、オセロット、EVA、ナオミの手で救出され、研究機関の責任者であるクラーク博士を殺害して逃亡。 事件発生当時はを追って、シャドー・モセス島に潜入していた(『MGS4』でオセロットとナオミの手引きで潜入した事が示唆された)。 無線を介してスネークと接触、「」 を名乗り、謎の支援者としてスネークにアドバイスをした。 この際、『地雷原の入り口で突如無線で警告する』『正体を追及された際に「ファンのひとり 」と名乗りはぐらかす』など、前作と似たシチュエーションによってその正体に関する伏線が張られている。 その一方で強化外骨格をまとった「サイボーグ忍者」 としてスネークの前にたびたび姿を現した。 一度はサイボーグ忍者としてスネークと交戦し、戦闘の途中で薬が切れた禁断症状から発狂して行方不明となったが 、の操ると対峙するスネークを援護するため参戦。 グレイ・フォックスはスネークに、「ナオミの両親を殺したのは俺だ。 本当の仇はこの俺だ」と打ち明ける。 そして、REXの攻撃で腕を切断される致命傷を負いながらも、スネークにナオミへ遺言を伝えるよう懇願し、最期はREXに踏み潰され死亡した。 さらにこの際にスネークに残した「俺たちは政治や戦争の道具なんかじゃない。 戦うことでしか自分を表現できなかったが、いつも自分の意思で戦ってきた。 」という言葉はスネーク自身やその後の彼の進む道に対して大きな影響を及ぼした。 スネークはナオミに、「俺(グレイ・フォックス)のことは忘れて、自分の人生を精一杯生きろ…」と嘘の遺言を伝え、ナオミにとってのグレイ・フォックスは、彼女の人生の最期 まで「良き兄」であり続けることとなった。 『』では、グレイ・フォックスが受けたVR訓練として、いくつかのミッションでサイボーグ忍者を操作できる。 スネークとは異なる超人的な動きが可能で、ステルス迷彩等、オリジナルの要素がある。 VR訓練での標的はスネークになっている。 本作のデジタルコミックである『』は、ゲームと展開が異なり、エピローグでナオミは、何らかの形でグレイ・フォックスが自分の両親を殺したという事実を知ることとなる。 恨み言を口にはしていなかったものの、「心の整理がつかない」と複雑な思いを打ち明ける。 ビッグ・シェル占拠事件(プラント編) [ ]• 『』(発売) 2009年4月29日。 雷電と大佐の会話の中で、名前だけではあるが登場する。 また、グレイ・フォックスがシャドー・モセス島事件でスネークに伝えた言葉を、スネークが雷電に伝える件がある。 なお、当事件においてもサイボーグ忍者が登場するが、こちらの正体はであり、シャドー・モセス島事件を模したを作るための演出であった。 担当声優 [ ] 『メタルギアソリッド』では、日本語版は、英語版はグレッグ・イーグルスが担当した。 『メタルギアソリッド』のリメイク版である『』ではが担当した。 『ポータブル・オプス』では、日本語版は、英語版はLarc Spiesが担当した。 デジタルコミック作品である『』では、塩沢の逝去に伴いが代役を担当した。 サイコ・マンティスにより洗脳が行われている描写がある。 その他の出演作品 [ ] 『』(コナミ) レーサーの一人としてサイボーグ忍者の姿で登場。 『』・『』() 「アシストフィギュア」と呼ばれるプレイヤーの援護キャラクターとしてサイボーグ忍者の姿で登場。 声優はで、(すでに塩沢が逝去しているため)音声は『MGS』からの流用で、ライブラリ出演という形を取っている。 『X』では初期状態では現れず、スネークが使用可能になると出現するようになる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ゲーム開始時の日付。 「ヌル」は独語で、無の意。 製造ナンバーさえ破棄された存在であることを意味する。 スネークいわく、「牢屋の中で出会ったにもかかわらず、捕虜の顔ではまったくなかった」。 戦士としてビッグ・ボスに勝利したスネークと戦ってみたい気持ちが強かった。 実験による苦痛を緩和する措置として麻薬を投与され続けたため、『MGS』では禁断症状から錯乱状態に陥る描写がある。 の告発者で、事件当時の副長官だったが用いた偽名と同じ。 ソリッド・スネークも作中で指摘している。 「忍者」という呼称は、刀を使っていたことと強化外骨格による驚異的な身体能力から、ソリッド・スネークが呼び始めたものである。 物語の進行によってはスネークが拷問部屋に拘束されている場面で、忍者がドアを壊し再登場することがある。 ナオミは、「シャドー・モセス島事件」の9年後に、「ガンズ・オブ・ザ・パトリオット事件」で亡くなった。 オープニングで日付が示されている。 『ザ・ツインスネークス』は音声は英語のみ。 出典 [ ].

次の