タジキスタン 対 日本。 今夜対戦…日本代表の相手、タジキスタン代表について知っておきたい10のこと

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)

タジキスタン 対 日本

サッカーワールドカップアジア2次予選、モンゴル戦、タジキスタン戦の2試合で9得点、無失点の2連勝。 スコアだけでなく、試合全体を振り返っても今回の10月の連戦で日本代表はきっちりと結果を残したと言えるでしょう。 日本はスコア通り、両チームとの実力差を見せつけたと思います。 日本が優勝した2018年のU-16アジア選手権、決勝の相手はタジキスタンでした。 タジキスタンはこの大会で準優勝したことで今月開幕のU-17W杯の出場権を得るなど、育成年代からの強化が実を結びつつある。 2026年のW杯出場を目指しているというのも、あながち間違いではないのかなと感じました。 「タジキスタンのボランチの脇」を見逃さない。 前半のタジキスタンはボールをつないでいく姿勢、そして守備から攻撃への切り替えの速さを徹底していた。 これに日本が手を焼く場面が何度かありました。 特に前半24分、ボールを奪われて鋭いカウンターを浴びたシーンは、権田(修一)のファインセーブでしのぎました。 もしこれが決まっていたらタジキスタンは守備を固めてきて、もっと難しい展開になったかもしれません。 だからこそ、ここで先取を許さなかったのがポイントとなりましたね。 後半に入って日本は、攻撃のテンポが明らかに良くなりました。 要因の1つは「タジキスタンのボランチの脇」を見逃さなかったからです。 タジキスタンは時間が経つごとに体力が落ちて、ボランチの両脇にスペースができてきた。 それとともに日本は前半1トップに入った鎌田(大地)とトップ下の南野(拓実)の関係性を少し変えた。 簡単に説明すると、鎌田が降りてきて、南野が前線に張り続けるようにしたんです。

次の

タジキスタン基礎データ|外務省

タジキスタン 対 日本

旧ソビエト連邦の一部で、1991年に「タジキスタン共和国」として独立した。 国土の東側は中国と国境を接しており、日本との時差は4時間。 今回の試合は現地時間17時15分、日本時間21時15分にキックオフ予定となっている。 なお、国土の半分が標高3000メートル以上という山岳国だが、試合が行われる首都ドゥシャンベは標高700メートルほど。 観光地として有名な「箱根の仙石原」と同じくらいの高さで試合が行われる。 5チームが同居するグループFでは、日本(31位)、キルギス(97位)に次ぐ3番目の順位となる。 タジキスタンサッカー連盟は1936年から存在していたが、国家の誕生が1991年だったため、FIFA(国際サッカー連盟)に加盟したのも1994年になってからだった。 「タジキスタン代表」としてW杯予選に参加したのは、日本が本大会初出場を成し遂げた1998年フランス大会から。 2018 FIFAワールドカップ ロシアはアジア2次予選で敗退し、今回で7度目の挑戦になる。 W杯はもちろん、AFCアジアカップの本大会に出場したこともないが、2015年に148位だったランキングは右肩上がりで上昇を続けており、決して侮れない存在だ。 1965年9月生まれの54歳で、森保一監督とは3歳違いだ。 ウズベキスタン代表歴を持つ元プレーヤーであり、引退後に指導者へ転身。 母国のA代表アシスタントコーチやU-17代表監督などを歴任したあと、昨年11月にU-23タジキスタン代表監督に就任し、その後A代表の指揮も託された。 U-23タジキスタン代表は東京オリンピック予選を兼ねたAFC U-23選手権タイ2020で予選敗退。 すでに東京オリンピックへの道を断たれているが、森保監督と同じ兼任監督という共通点を持つ。 現体制スタート後、今年行った8試合(親善試合を含む)の成績は4勝1分け3敗。 複数失点を許したのは1試合しかなく、守備の堅さが最大の特長だ。 今予選はここまで勝ち点6を稼ぎ、日本とグループ首位の座を分け合っているだけに、今回の一戦は次ラウンド進出をかけた大一番と言っても過言ではない。 対するタジキスタンは、9月10日のモンゴル戦以来、公式戦がなく、日本とのゲームが10月唯一の代表戦。 さらに長距離移動を強いられた日本とは対照的にホームで戦える。 ある程度の実力差があるのは否めないが、恵まれた日程と地の利を考えれば、日本も油断はできない。 2014 FIFAワールドカップ ブラジルのアジア3次予選で同グループだった。 2011年10月に行われた試合では、ハーフナー・マイク、岡崎慎司、香川真司が揃って2得点を奪うなど、日本がホームで8-0と大勝。 タジキスタンにとっては、史上最大点差での敗戦となった。 その翌月に行われたリターンマッチでも、日本が4-0の完封勝利を収めている。 なお今回の日本代表メンバーのうち、8年前のアウェイ戦を経験しているのは、川島永嗣、吉田麻也、原口元気(ベンチ入りも出場機会なし)の3人だけだ。 8年前の対戦でも使用されたスタジアム(当時の名称は『ドゥシャンベ・セントラル・スタジアム』)だが、土がむき出しだったピッチは人工芝へと生まれ変わった。 なお、このスタジアムはタジキスタンの強豪クラブで、多くの代表選手が所属するイスティクロル・ドゥシャンベの本拠地。 ダジキスタンの大半の選手たちにとっては大きなアドバンテージとなる。 ロシアの強豪ルビン・カザンの下部組織出身で、各年代別のロシア代表としてプレーした経験を持つ。 今年9月に行われたキルギス戦でタジキスタン代表デビューを果たすと、値千金の決勝点をマーク。 小柄な左利きのテクニシャンであることから、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシに例えられるアタッカーだ。 なお、今回のタジキスタン代表には10代の選手が5名含まれており、30代はDFダヴロンジョン・エルガシェフただ一人。 10代は久保建英のみ、5人の30代を抱える日本代表と比べると、非常に若いメンバー構成となっている。 タジキスタンサッカー連盟のエモマリ・ルスタム会長は、同国の大統領を務めるエモマリ・ラフモン氏の長男。 さらに、首都ドゥシャンベの市長も務める超大物なのだ。 実は、同都市を拠点とするイスティクロル・ドゥシャンベの共同創設者であり、過去には選手(ストライカー)として同クラブに在籍。 キャプテンまで務めていたという。 もっとも、ただの御曹司ではなく、ロシア語、英語、ドイツ語を自在に操る秀才で、アジアオリンピック評議会の委員やFIFA開発委員会のメンバーを務めたこともある実力者。 次期大統領の最有力候補とされるが、タジキスタンサッカーの将来を担う人物でもある。 昨年、マレーシアで開催されたAFC U-16選手権で準優勝。 決勝で日本に敗れて大会初制覇こそならなかったが、今月26日に開幕するFIFA U-17ワールドカップ ブラジル2019の出場権を獲得した。 タジキスタンにとって、同世代2度目の世界大会出場となる。 なお、今年2月からU-17代表のアシスタントコーチを務めているのが、日本人指導者の水島武蔵氏。 タジキスタンでは2010年から約3年間、鈴木隣氏が日本人指導者として初めてU-16代表監督を率いて、2018年からは島田信幸氏がタジキスタンサッカー連盟のフットボールアカデミー監督を務めている。 今回のW杯予選では敵として対戦するが、日本とタジキスタンのサッカーは深い縁で結ばれていることも知っておきたい。 (記事/Footmedia).

次の

タジキスタン基礎データ|外務省

タジキスタン 対 日本

日本は3連勝の勝ち点9で首位を維持した。 タジキスタン戦は3戦3勝となった。 日本は11月14日、敵地でキルギス(同97位)と対戦する。 アジア2次予選は40カ国・地域が8組に分かれ、来年6月まで対戦する。 各組1位と、2位のうち上位4チームの計12チームが最終予選に進む。 【ドゥシャンベ丹下友紀子】 試合後のコメント 森保監督 アウェーの中、選手たちが簡単な試合にならないと覚悟しながら、我慢強く戦ってくれて勝利をもぎ取ってくれた。 選手たちも(台風19号の)被災地、被災者への励ましになるプレーを届けるということ、応援してくださってる方々に勝利を届けるという強い気持ちを持って戦ってくれた。 南野 タジキスタンも2連勝で、難しい相手になることはわかっていた。 相手も激しくプレーしていて、前半は特に難しかった。 (自身のゴールについて)チームにとって貴重な先制点になった。 チームに貢献できてよかった。 浅野 まずは久しぶりに代表のピッチに立てたこと、勝利にゴールという形で貢献できたことは素直にうれしい。 目指すべきところは代表のピッチ、というのは変わらないので、それを目指していた分、(自身のゴールは)僕にとってプラスになると思う。 ただ、まだまだ課題の方が多かったので、もっと頑張らないといけない。 吉田 良いパフォーマンスではなかったが、前半よく耐えたと思う。 (後半は)サイドに揺さぶって相手を走らせて、僕らの強度についてこれないだろうという考えだった。 【試合終了】 後半45分+3 【日本】堂安がドリブルで右サイドから中央へ入っていく。 前を走る久保は交差するように斜め右に動いて相手を引きつける。 シュートコースがあくと、堂安は迷わず左足を振り抜いた。 強烈なシュートだったがGKが好反応をみせ得点は奪えない 後半45分+2 【日本】久保がペナルティーエリア右で相手に囲まれながらも巧みなタッチでキープ。 グラウンダーのパスを送るとゴール前で待つ浅野へ。 フリーの浅野はワントラップから左足で力強いシュート。 絶好機もクロスバーをたたいてしまう 後半45分 アディショナルタイムは3分 後半45分 【日本】右CK。 久保のインスイングのボールにニアサイドで味方が競る。 ファーサイド、相手の背後から浅野が競って頭で合わせる!豪快にゴール右にたたき込んで日本3-0タジキスタン 後半36分 【日本】堂安のパスを受けた南野がゴール前の浅野へ縦パス。 味方が待っていたが意図が合わなかったのか、手前でカットされてしまう 後半31分 【日本】鎌田がペナルティーエリア右で堂安のパスを受ける。 ペナルティーアーク付近から切り返して左足シュート。 やや当たりが弱くGK権田に阻まれる 後半16分 【日本】ペナルティーエリア手前やや右の位置で南野が倒されFKを獲得。 キッカーは堂安。 左足で直接狙ったがGKにキャッチされる 後半13分 【タジキスタン】ペナルティーアーク付近でA・ジャリロフが切り返しから左足シュート!ゴール左に外れる 後半11分 【GOOOOOOAL】 【日本】ペナルティーエリア右脇から酒井がグラウンダーの鋭いボールを中央へ蹴り込む。 走り込んだ南野が倒れながらも右足で巧みに合わせ、ゴール左に流し込んだ。 日本が追加点 後半8分 【GOOOOOOAL】 【日本】左サイドから中島が右足でクロス。 ファーサイドにいた南野がフリーでヘディング!GKは反応できず... ネットを揺らし日本、待望の先制点 後半4分 【日本】敵陣中央で鎌田がドリブル。 ペナルティーアーク付近まで持ち込むと右を追い越してきた南野へ。 南野はシュートを打たず、やや右に流れてゴールライン際からのクロスを選択。 これはGKに阻まれ味方につながらない 後半1分 【日本】鎌田がドリブルで運んでシュート!しかし、GK正面 【後半開始】 【前半終了】 前半45分+3 【日本】左CK。 中島のインスイングのボールはGKにパンチングでクリアされる 前半45分 【日本】スルーパスで裏へ抜け出した中島が左サイドから左足でピンポイントクロス!フリーで待っていた南野が頭で合わせたが、GK正面。 絶好機を逃してしまう 前半43分 【タジキスタン】D・エルガシェフにイエローカード 前半39分 【タジキスタン】自陣からボールをつないで攻める。 左サイドから右足でクロス。 わずかに合わず、GK権田にキャッチされる 前半36分 【日本】吉田がロングフィードで右サイドへ展開。 酒井の落としから柴崎がゴール前へ鋭いクロス。 前線の選手が絡むも得点にはつながらない 前半31分 【日本】右CK。 中島のボールに吉田が頭で合わせる!頭一つ分抜け出した打点の高いヘディングをみせるもゴール右外へ 前半29分 【日本】敵陣右サイドから酒井が鋭いアーリークロス!ニアサイドで南野が飛び込んだがDFに阻まれネットは揺らせない 前半26分 【日本】ペナルティーエリア手前中央付近から、堂安が左足でシュート!わずかにゴールの左へ外れてしまう 前半24分 【タジキスタン】敵陣でボールを奪うと前線へつなぐ。 ペナルティーエリア左からシュートを放ったが、これは左手一本、好反応をみせたGK権田に阻まれる 前半22分 【タジキスタン】敵陣中央からのFK。 ペナルティーエリア左にふわりとしたボールを送るもGK権田にキャッチされる W杯アジア2次予選【日本-タジキスタン】前半、ボールを競り合う日本・柴崎=ドウシャンベで2019年10月15日、AP 前半18分 【日本】中島の縦へのロングボールに敵陣右サイド高い位置で追いついた南野、中央で併走していた鎌田へ。 ベンチで交代選手が準備 前半12分 【日本】ワンツーで仕掛けて右サイドを突破する堂安。 CKを獲得。 右CK。 中島が蹴ったボールに吉田が右足ボレー!惜しくもGK正面 前半10分 【日本】敵陣中央からのFK。 中島がペナルティーエリア右に送ると、攻め上がっていた吉田が右足でシュート!クロスバーの上に外れる 前半8分 【タジキスタン】A・ジュラボエフがピッチに倒れ込む。 一時中断した中で選手たちは給水 前半7分 【日本】アタッキングサードに入るとタジキスタンの激しいプレス。 なかなかシュートまで持ち込めない 前半5分 【日本】右サイド高い位置から酒井がクロス。 ニアサイドで南野がヘディングしたが枠をとらえられず 前半3分 【タジキスタン】右CK。 インスイングの鋭いクロスはDFにはね返される 前半1分 【日本】最終ラインからのロングフィードは前線の選手に合わず、GKヤチモフにキャッチされる 【試合開始】 タジキスタンのボールでキックオフ タジキスタン戦に向けて練習する選手たち=タジキスタンのドゥシャンベで2019年10月14日午後5時7分、丹下友紀子撮影 サッカー日本代表は15日午後5時15分(日本時間同9時15分)からタジキスタンの首都ドゥシャンベで2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選第3戦でタジキスタンと対戦する。 日本代表の先発メンバーが発表され、長友佑都 ガラタサライ 、南野拓実 ザルツブルク 、堂安律(PSVアイントホーフェン)らが名を連ねた。 1トップには鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)が起用された。 森保一監督も「フィジカルの能力があり、推進力がある。 個々の技術がしっかりし、チームとしてもオーガナイズ(組織化)されている」と警戒した。 10日に試合がなかったタジキスタンに対し、日本はモンゴル戦から中4日、加えて長距離を移動しての試合になる。 「コンディション面で差はあるが、選手たちは連戦の経験は豊富。 中4日あればコンディションは回復できる」と強調。 人工芝でのプレーにも「基本コンセプトは変わらない。 戦いがあるピッチの環境に慣れ、ベストのプレーをすることを選手が考えてくれている」とこれまでと大幅に戦い方は変わらない。 【ドゥシャンベ丹下友紀子】.

次の