運転 免許 証 の 種類。 運転免許の種類 運転免許証の更新、住所変更、再交付、失効など

【履歴書】運転免許の書き方|普通自動車から中型・大型・AT限定まで│#タウンワークマガジン

運転 免許 証 の 種類

運転者区分 ブルー免許の運転区分は、「初回更新者」「一般運転者」「違反運転者」の3種類があります。 免許取得後に初めて更新するのが「初回更新者」で、過去5年間で3点以下の軽微な違反(シートベルト着用義務違反や駐停車違反など)を1回しかしていない人が「一般運転者」です。 過去5年間で違反をしたことがある人が「違反運転者」です。 有効期限 グリーン免許から切り替わった初回更新者の場合、免許の有効期限は3年間です。 初回更新者は運転歴が3年間しかないため、有効期限も同じ3年間に設定されています。 一般運転者は、年齢により有効期限に違いがあります。 70歳未満は5年間で、70歳は4年間、70歳を超えると3年間です。 違反運転者の場合、有効期限は3年間です。 運転免許証の更新時に実施される講習時間にも、運転者区分による違いがあります。 初回更新者と違反者は2時間で、一般運転者は1時間です。 運転免許証の更新手続きが楽になる ゴールド免許を持っていると、免許更新手続きがとてもスムーズに済みます。 優良運転者の講習時間はわずか30分です。 一般運転者が60分で、違反運転者が120分の講習を受けることと比較すれば、その違いは一目瞭然です。 また、ゴールド免許所有者だけの特権で、近くの地元警察署で更新手続きを行うこともできます。 各都道府県によって指定された運転免許センターや運転免許試験場までわざわざ行く手間が省けるので、それほど時間がかかりません。 更新にかかる費用も安くなります。 都道府県によって異なりますが、東京の更新手数料は運転者区分にかかわらず一律2,500円で、講習手数料が異なります。 優良運転者は500円で、一般運転者の800円、初回更新者・違反運転者の1,350円と比べて安く設定されています。 任意保険の料金に割引が適用されることがある ゴールド免許を持っているドライバーは事故を起こすリスクが低いとみなされるため、「ゴールド免許割引」などの割引が任意保険に適用され、支払う保険料を安くしてもらえるメリットもあります。 割引率はおよそ3パーセントから10パーセントが相場で、保険会社によって多少異なりますが、10パーセント以上割り引いてくれることもあります。 金額にすると、多くて年間1万円程度安くなるため、今後長く付き合っていくことを考えるとだいぶお得です。 ゴールド免許を手に入れたら、契約している保険会社に問い合わせてみましょう。 自動車の任意保険料は、免許を取得したばかりで事故を起こす危険性が高い初心者ドライバー(グリーン免許)が最も高く、一般的なブルー免許、ゴールド免許と続きます。 また、保険会社の中には、グリーン免許とブルー免許を区別せず、ゴールド免許ドライバーだけを優遇するところもあります。 では、ゴールド免許割引はどのような場合に適用されるのでしょうか? 一般的には、保険の契約開始日の時点で、記名被保険者(主に運転する人)の免許証がゴールド免許であることが割引の適用条件となります。 契約期間中に免許を更新してゴールド免許になった場合でも、途中からゴールド割引を適用することはできません。 例えば、保険の契約を開始した時点でブルー免許だった人が、その後ゴールド免許へ変更になったとしても割引が適用されないため注意が必要です。 反対に、契約期間中にゴールド免許からブルー免許になった場合も、契約開始時点の免許証の色で判断されます。 契約開始時点でゴールド免許を取得していれば、契約後の更新で免許証の色が変わってもゴールド免許割引が適用されます。 ただし、ゴールド割引が適用されるのは保険の契約満期日までで、保険が次の更新を迎えると適用されなくなるので気をつけましょう。 保険会社によっては、家族の免許の色や年齢などで割引率が変わってくるところもあるため、実際の割引額については見積もりで確認することが大切です。 SD(セーフティードライバー)カードを取得できる 一般的にあまり知られていないゴールド免許のメリットとして、SD(セーフティードライバー)カードを取得できることが挙げられます。 SDカードは、「自動車安全運転センター」が発行する無事故・無違反の証明書です。 SDカードを提示するだけで割引してもらえるガソリンスタンドや店などが全国に数多くあるので、持っているとお得です。 その他、宿泊代などの割引、マイカーローンの金利などが優遇されるケースもあります。 SDカード優遇店は下記のURLで検索可能です。 ・SDカード優遇店検索 SDカードは最低1年以上の無事故・無違反から申請可能で、グレードがあります。 1年以上無事故・無違反であれば、グリーン免許やブルー免許の人でも取得できます。 もちろん、ゴールド免許ドライバーのように無事故無違反の期間が長いほど、SDカードのグレードは上がり、割引率も高くなります。 誕生日直前に免許を取得する ゴールド免許の取得条件「運転免許証の有効期限が満了する日の前5年間、無事故無違反」の中の「有効期限が満了する日」は、各個人の誕生日を基準にして判断されます。 新規で取得してから最短でゴールド免許を取得するためには、最初に免許を取る時期を工夫する必要があります。 もし誕生日直前に免許を取得すると、1回目の更新は2年+1カ月目ですが、誕生日直後に免許を取得する場合は、3年+1カ月目となり、更新までの期間に約1年の差が生じます。 これから免許を取る予定で、最短期間でゴールド免許取得を目指すのであれば、誕生日直前に免許を取得できるよう、計算してみましょう。 2回目の更新はさらに3年後となるので、それまで無事故・無違反を守ることができれば、ゴールド免許への切り替えに必要な5年間の条件を満たせます。 なお、「運転免許証の有効期限が満了する日の前5年間」とは、「更新する年の誕生日の41日前を起算日とした過去5年間」のことです。 ドライバーが無事故・無違反だったかどうかは、免許が更新される年の誕生日40日前に判定されます。 例えば、無事故・無違反で5年を迎える誕生日の30日前に違反してしまったとしても、次の更新ではゴールド免許を取ることができます。 しかし、その次の更新時には違反ありと判定され、ゴールド免許ではなくなります。 更新前に上位免許を獲得する 免許の更新をする前に、中型または大型免許などの上位免許を獲得することによって、通常よりも早くゴールド免許を入手する方法もあります。 上位免許の取得時点で5年間無事故・無違反の条件を満たしていると、ゴールド免許に切り替わります。 あらかじめ原付の免許を取得しておく 最年少でゴールド免許を目指すなら、原付免許を取得できる16歳からチャレンジできます。 あらかじめ原付免許を取得しておき、18歳になったときに普通自動車免許を取得して、ブルー免許をもらいます。 その後3年間無事故・無違反を守り、21歳になったタイミングで更新手続きをすれば、ゴールド免許に切り替わります。 無事故・無違反の徹底 ここまでさまざまな「最短ゴールドへの道」をご紹介しましたが、やはり安全運転を徹底し、無事故・無違反を最初の5年で達成することがゴールド免許獲得への近道と言えるでしょう。 日常的に運転している人の場合、5年間無事故・無違反を守り続けることはそう簡単ではありません。 日頃どれほど安全運転を心がけていても、ほんの一瞬の気のゆるみが交通違反や事故につながる可能性があるからです。 無事故・無違反を徹底するためにはいくつかのコツがあります。 ・車の定期点検 普段乗っている車のコンディションを把握しておくことは、安全運転する上でとても重要です。 特に、タイヤは知らないうちにすり減ったり空気が抜けたりしてしまうので、定期的に点検を行いましょう。 タイヤの溝がすり減ると、ブレーキが機能しづらくなり、雨の日にスリップしたり、ブレーキを踏んでから実際に止まるまでの距離(制動距離)が伸びたりします。 日頃の点検であらかじめ危険要素を排除しておけば、事故を起こすリスクも低くなります。 ・雨の日の運転をマスター 雨の日の運転には特に注意が必要です。 例えば、法定速度以上のスピードでカーブに差しかかると、スリップしてハンドル操作を誤り、事故につながる可能性があります。 また、雨の日は視界が悪くなるため、特に夜間の運転には気をつけましょう。 普段以上に歩行者や対向車に注意を払い、昼間でも辺りが暗いようであれば、ライトを点灯することをおすすめします。 ・3種類のよくある事故を未然に防止 自動車事故の中で多いものが、「交差点での事故」「追突事故」「バック時の事故」です。 交差点での事故には、右左折するときに歩行者や二輪車を巻き込んだり、見通しが悪く出会い頭で事故を起こしたりするケースなどがあります。 こうした事故を防ぐためには、たとえ人通りや交通量の少ない通りでも二輪車や歩行者を確認することと、信号がない交差点では一度車を止めて周囲の安全を確認することを徹底しましょう。 追突事故は急ブレーキや急発進が原因で起こるものなので、十分な車間距離を確保し、ブレーキとアクセルはゆっくり踏むよう心がけてください。 また、バック時の事故を未然に防ぐためには、車に搭載されているバックカメラやミラーだけに頼らず、必ず自分の目でも周囲を確認するようにしましょう。

次の

あなたの免許は、普通?準中型?中型?増え続けてきた運転免許証の種類(MOTA)

運転 免許 証 の 種類

コンテンツ目次• 【運転免許を書いた方が良い場合】 運転免許が応募条件になっている場合、運転免許は必ず記載しましょう。 運転というとドライバーのイメージがありますが、外回りの営業職なども車を運転する可能性があります。 業務に必要だと予想される場合は、記載しておいた方が良いでしょう。 【運転免許を書かなくても良い場合】 業務に運転が必要ない場合、あえて運転免許を書く必要はありません。 免許・資格欄はスペースが限られているので、業務と関連が深い免許・資格を優先しましょう。 運転免許以外に資格がない時は、仕事で使うか分からなくても記載して構いません。 普通自動車免許はどんな場面で役立つか分からないので、スペースがあるならとりあえず書いておくのもOKです。 【第一種運転免許の種類】 自動車やバイクを運転するのに必要な免許。 日本で最も一般的な免許です。 ・普通免許 ・大型免許 ・中型免許 ・大型特殊免許 ・大型二輪免許 ・普通二輪免許 ・小型特殊免許 ・原付免許 ・けん引免許 【第ニ種運転免許の種類】 バスやタクシーなどの乗客を乗せた車両を運転するために必要な免許。 一種に比べて取得条件が厳しく、第一種運転免許の取得後3年以上の運転経験がなければ受験できません。 ・普通第二種免許 ・中型第二種免許 ・大型第二種免許 ・大型特殊第二種免許 ・けん引第二種免許 ・仮運転免許 このほか運転免許には、路上での運転練習のために発行される「仮運転免許」があります。 仮運転免許では仕事での運転できないので、基本的には履歴書には書かないと考えてください。 ただ、履歴書の免許・資格欄には、これから取得予定の資格を記載して良いことになっています。 今後確実に免許を取得できる自信があれば、「普通自動車の仮免許を取得。 一種の免許については、「一種」とつけるのは必須ではありませんが、第二種と区別をつけるために書き入れても構いません。 また、マニュアル免許が必要でない職場ではあえてAT限定と書かなくても良いですが、記載する場合はカッコ内に表記すると良いでしょう。 詳しい書き方は、以下の例を参考にしてください。 免許の種類が多く書ききれない場合は、仕事に役立つものを優先的に記載しましょう。 優先順位の考え方としては、「普通」と「大型」だったら大型の方を書くという風に、より大きい車両のを記載すればOK。 大型と書けば普通自動車も運転できると判断されます。 ・ペーパードライバーはどうすれば良いか 運転免許を持っていることに違いはないので、履歴書に記載して問題ありません。 ただし、車を使う業務でペーパードライバーだと、入社してからトラブルなる恐れがあります。 記載する際は、ペーパードライバーである旨を書き添えておいた方が良いでしょう。 免許の種類は、免許証の左下に略称が記載されているので確認しましょう。 同じく、取得日も免許証の左下に記載があります。 ただし、取得日欄に関しては、「二・小・原(二輪・小型特殊・原動機付自転車の免許)」と「他(二輪・小型特殊・原動機付自転車以外の一種免許)」、「二(二種免許)」の3項目しかありません。 それぞれに該当する免許を複数持っている場合、一番古い取得日のみが記載される決まりになっています。 そのため、仮に「ニ・小・原」に該当する免許を2つ持っていると、古い方の取得日しか分からないため注意が必要です。 【運転免許の取得日を調べる2つの方法】 1. 運転免許経歴書で確認する 免許の取得日が分からない場合、自動車安全運転センターから交付される運転免許経歴書で確認できます。 警察署や交番、自動車安全運転センターで手に入る証明書申込用紙に必要事項を記入し、ゆうちょ銀行・郵便局、もしくはセンター事務所で申し込みをしましょう。 交付手数料は1通につき670円(2019年12月現在)です。 ICカード読み取り装置で確認する 警察署や運手免許更新センターにある「ICカード読み取り装置」に運転免許証を読み込ませることでも、取得日を確認できます。 その際、ICチップの内容は暗証番号を入力しないと読み取れません。 暗証番号を3回続けて間違えると読み取りができなくなるので注意してください。 暗証番号を忘れた場合は、各試験場や免許センター、警察署などで照会に応じてもらえます。 履歴書を作成する際は、運転免許の書き方以外にも注意をしておきたいことが多々あります。 「履歴書の書き方に不安がある!」「アドバイスをもらいながら書類を作成したい!」そう考えている方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。 ハタラクティブでは、就活アドバイザーがマンツーマンで自己分析、お悩み相談、履歴書や面接のアドバイスなどを行っています。 アドバイスや求人のご紹介だけでなく、面接の日程調整や就業後のアフターフォローまでサポートするので、就職活動が初めてという方も、安心して取り組むことができます。 ハタラクティブに少しでも興味を持たれましたら、お気軽にご連絡ください。

次の

運転免許の区分と種類について。免許制度の変更によって変わった点は?

運転 免許 証 の 種類

【履歴書】運転免許の書き方|普通自動車から中型・大型・AT限定まで 転職をはじめアルバイトやパートに応募する際に必要な履歴書。 自動車の運転免許を持っている人は、履歴書の免許・資格欄に運転免許の種類を記載する人が多いでしょう。 特にタクシー会社や運送会社のドライバーに応募する際は、運転免許の正式名称を書き込むことが大切です。 では、どのように書くのが正しいのでしょうか。 今回は運転免許の種類と履歴書への書き方についてご紹介します。 【目次】 1. 運転免許の取得年月と種類を確認 履歴書の資格欄に記載する前に、運転免許証の取得年月と種類を確認しておきましょう。 上から二・小・原(二輪・小型特殊自動車・原付)、他(一種二輪以外)、二種となります。 普通自動車免許のみを取得している場合は「他」を確認しましょう。 ただし、同じ種類で複数の免許がある場合は免許証だけでは判別できないため、運転免許試験場、運転免許センターで発行される「運転免許経歴証明書」を取得して確認してください。 運転免許は車種が複数あることや、自分だけで運転するなら第一種、お客様を乗せるなら第二種など細かく分かれています。 また、普通免許があれば、小型特殊自動車と原付自転車の運転が可能です。 このように、上位免許は下位免許の範囲を含む点が特徴です。 免許証には略称しか記載されていませんが、履歴書の記入する場合は正式名称を書かなくてはいけません。 そこで、運転免許の正式名称を紹介します。 履歴書の資格欄に記載する運転免許の正式名称 15種類ある免許について、履歴書の資格欄に記載する正式名称と、それぞれの免許で運転できる自動車の種類を説明します。 最も一般的な免許で、軽自動車やミニバンも含まれます。 2017年3月12日以前に普通免許を取得した方は変更前の条件で自動車を運転できますが、2017年3月12日以降に普通免許を取得した方は車両の総重量が3. 5トン未満、最大積載量は2トン未満の自動車しか運転できなくなりました。 乗車定員は10人以下のまま法改定後も変更ありません。 ・AT限定免許の場合 応募先の会社からマニュアル免許所持の有無を求められていない場合は、AT限定であることを省略できます。 AT限定免許であることを記載する場合は、「普通自動車第一種運転免許(AT限定)」、または「普通自動車運転免許(AT限定)」と表記します。 5トン以上、乗車定員が30人以上の自動車を運転できます。 例えば、大型バスやダンプカーが該当します。 2017年3月12日以降から車両の総重量が7. 5トン以上11トン未満、最大積載量は4. 5トン以上6. 5トン未満が新たな条件となりました。 乗車定員数に変更はなく、11人以上29人以下の自動車を運転できます。 マイクロバスや4tトラックが該当します。 また、ビッグスクーターを運転できるAT限定免許も人気です。 ほかにAT限定免許、小型二輪限定免許、AT小型限定免許があります。 7m以下、幅 1. 7m以下、高さ2m以下、最高時速15kmの車両を運転するための免許です。 5トン以上7. 5トン未満、最大積載量は2トン以上4. 5トン未満の車両を運転するための免許です。 21歳以上で、普通、中型、大型、大型特殊の各第一種免許を取ってから通算3年以上で取得できます。 21歳以上で、普通、中型、大型、大型特殊の各第一種免許を取ってから通算3年以上で取得できます。 21歳以上で、普通、中型、大型、大型特殊の各第一種免許を取ってから通算3年以上で取得できます。 ただし、旅客雪上車は現在ほとんど走っていません。 ただし、牽引自動車第二種は現在ほとんど走っていません。 その場合は、取得した時期が古いものから順次、なるべくすべて書きましょう。 平成25年3月 普通自動車第一種運転免許 取得 平成27年5月 普通自動車第二種運転免許 取得 ただし、運転免許以外にも多数の免許や資格を所持していて、履歴書に書ききれない場合は、仕事内容に関連しそうなもの以外、省略しても構いません。 例えば、普通免許と普通第二種免許を持っている場合は、普通第二種免許だけで大丈夫です。 免許区分の新設は約10年ぶりでした。 準中型自動車免許について解説します。 準中型自動車免許とは? 準中型自動車免許が登場した背景には、これまでトラック協会が抱えてきたドライバー不足などの問題があります。 これまでは普通免許でも5トン未満の小型トラック(貨物自動車)は運転可能でしたが、コンビニ配送や宅配便の集配などで使われる小型トラックは保冷設備などを加えると総重量が5トンを超えるケースが多く、運転には中型免許が必要でした。 しかし、中型免許の受験資格は普通自動車の運転経験2年以上、つまり20歳以上にならないと得られず、ドライバー不足にあえぐトラック業界にとっては痛手でした。 これに対し、準中型免許の受験資格は18歳以上です。 準中型免許の登場で2年の待機期間がなくなり、18歳の運転初心者でも小型トラックの運転が可能となりましたが、一方で、準中型免許の登場で、普通自動車の免許の範囲が狭まりました。 具体的には、これまでの最大積載量が3トン未満から2トン未満、車両総重量は5トン未満から3. 5トン未満に変更となりました。 乗車定員は10人以下のままです。 中型自動車と大型自動車の車両総重量と最大積載量の上限は変わりません。 正式名称は「準中型自動車第一種運転免許」なので、履歴書には「平成29年8月 準中型自動車第一種運転免許 取得」と記載しましょう。 履歴書には正式名称で記載する 運転免許を持っていると、宅配など、できるバイトの幅が広がり、営業サポートや不動産業界など、外回りをするバイトでは有利になることも。 取得した免許の種類を履歴書に書く場合は、正式名称にすることがポイントです。 今回の記事を参考に、正しく記載してください。

次の